image

JIN-仁-, JIN-仁- #03

≪( 洪 庵 ) コロリ が 再び …

( 咲 ) 罪 も ない 子供 を 見殺し に せ ねば なら ぬ 道理 と は

いかなる もの に ございます か !?

( 仁 ) 神様 は な   乗り越え られる 試練 しか 与え ない んだ よ

( 龍 馬 ) 患者 を 触れ ん 医者 が どう いて コロリ を 治す がか ?

( 洪 庵 ) 南方 先生 山田 を お 願い し ます

はい

( 佐分利 ) なるほど   大事な ん は 患者 を 隔離 する っ ちゅうこ と と

消毒 なる もの を 徹底 する こと で んな

感染 を 広め ない こと が 一 番 です

≪( 佐分利 ) 沸騰 さ せた 水 1 升 に →

塩 2 匁   砂糖 10 匁 の 割合 で 加えた オーアールエス なる 液 を 飲ま せる

しかしながら コロリ の 患者 の 中 に は

すぐに 吐いて もどす 者 も また 多い で すな

細い 管 で 胃 に 直接 流し込む と いう 方法 も あり ます が

例えば   どのような ?

あん の かな ?

あの   ゴム 管 て あり ます か ?

あり ます ある んです か   ゴム 管 !?

はい あった んだ   この 時代 に

長崎 より 取り寄せ たる 物 が 医学 所 の 方 に

ちょっと 待って て ください

( 龍 馬 ) ある ある   何でも あるき !

銀 で   こういう 針 は 作れ ます か ? 中 が 空洞 に なって る んです が

腕 の よい かんざし 職人 が おれば でき ぬ こと は ございませ ん

できる …

≪( 洪 庵 ) はい

( 佐分利 ) ゴム 管 を 使って   直接 胃 に 流し込む 方法 っ ちゅう の は ?

あと で 説明 し ます

緒方 先生 は い

ご 相談 が ある のです が はい

点滴 を する ため の 道具 を 作って いただけ ませ ん か

「 てんてき 」 と は ?

すいません

明かり を

それ   何で っか 何で 墨 なし で 書ける んで っか !?

( 洪 庵 ) 静かに し なさい 点滴 と は

患者 の 血管 に 空洞 の 針 を 刺し

失わ れた 水分 を 補給 する 方法 です

針 を   直接 血管 に …

そう する こと で 吐き気 の 強い 患者 も

難なく 水分 を 吸収 する こと が でき ます

ですが   それ を 実現 する に は 専用 の 道具 が 必要な んです

やって みて は もらえ ませ ん か ?

コロリ の 患者 は この 道具 さえ あれば

助かる 確率 は 大幅に 上がる はずです

やって み ましょう

ありがとう ございます !

( 職人 ) 旦那 何 じゃ ?

どない した かえ ?

≪( 職人 ) 穴 が いっぱいに な っち まった

≪( 咲 ) 山田 先生 むちゃ で ございます

咲 さ ん   何 して る んです か ? 先生 が ご 説明 して る 間   看病 を …

( 山田 ) わし は 帰る

先生 が 歩けば   町 中 に コレラ 菌 を 振りまく こと に なる

キニイネ を 持って まいれ わし は   ここ で

自分 で 治す !

( 便 が 出る )

お 気持ち は 分かり ます が

私 は   緒方 先生 から あなた を 治す ように 頼ま れ ました

緒方 先生 の ご 判断 を 信じて 治療 を 受けて は もらえ ませ ん か ?

水 を よこせ !

ありがとう ございます ≪( 山田 ) 飲んで 飲んで 死んで やる

こんな 物 効か ぬ と わし の 身をもって 証明 して やる

咲 さ ん   戻って ください 少し は   お 母さん の 気持ち も …

母 に は 勘当 だ と 言わ れ ました

戻れ と 言わ れて も

戻る 所 も ございませ ぬ

それ に   これ は

私 の 戦 な ので ございます

手ぬぐい で 口 と 髪 を 覆って ください

それ から 動き やすい ように 袖 も 縛って ください

はい

( 医師 A ) 焼酎 持ってき ました

≪( 八木 ) 今 ある 焼酎 は   これ だけ か 酒屋 を 呼べ !

水 1 升 に 対し   塩 2 匁   砂糖 10 匁 や

間違え ん と いて くれよ

( 針 職人 ) これほど 見事に 作れ ます か どう か

何とぞ   よろしく お 願い し ます

緒方 先生   頭 を 上げて ください →

できる だけ の こと は   いたし ます

≪( 洪 庵 ) よろしく お 願い し ます

≪( 咲 ) 南方 先生   喜市 ちゃん が

脈 が 速い

よく ない な

何 を なさる ので ございます か !?

注射 で   直接 水分 を 体 内 に 送り ます 先生

あちら の 水 で お 願い し ます

こちら と   あちら で は 違う のです か ?

こっち は   飲む 専用 の 物 あっ ち は   点滴 用 の 物 で

生理 的 食塩 水 と いい ます

( 喜市 ) う う ッ !

痛い か   喜市 ? へっちゃらだ よ

すま んな こんな 方法 しか でき なくて

≪( 龍 馬 ) 先生 !

先生   クソ を 取り に きた ぜ よ

龍 馬 さん   帰った んじゃ ?

クソ を 埋める 穴 が いっぱいに な っ ちゅう ち 聞いた き

皆 と 空き地 を 探して 掘 っち ょっ た ぜ よ

《 ホントに 吉原 に 連れて って くれ ん だ よ な ?》

《 わし より 早う 掘った 奴 は おごっちゃ る き →》

ただ 掘れ で は   やる 気 が 出 ん が ぜ →

競争 に して みたら それはそれは 見事な 穴 が

出来上がった っ ちゅう わけじゃ

これ が

あの 龍 馬 か

けん ど   その コロリ 菌 ちゅう の は

埋め ん と いかん ほど 強い が かえ ?

強い んです よ

先生 は 怖く ない が かえ ?

わしゃ   うつる って 聞いて から は 内心   もう ヒヤヒヤ で

必死で 格好 つけ ちょ った ぜ よ

うつら ない ように 予防 して ます し それ に …

ああ   何 じゃ   先生 ?

私 は 医者 です から

ここ で 死んで も 本望 ちゅう が かえ

カー   格好 ええ のう

わし に は   まだ 見 えんぜよ

真っ暗な 中 を   手探り で 歩 いち ょる ような 感じ じゃ

この ため なら 命 を かけて も いい と 思える

そんな 道 は   まだ 見 えんぜよ

〈 格好 つけて いた の は 俺 の 方 だった 〉

〈 本当 は   別に ここ で 死んで も かまわ ない 〉

〈 自分 は 本当 は   ここ に いる はず も ない 人間 だ から と 〉

〈 そう 言い そうに なった 〉

〈 数え られ ない ほど の 命 の たたか い を 目 に して 〉

〈 俺 は   どこ まで ごう慢な んだろう な 〉

〈 でも   心 の どこ か で 声 が する 〉

見つかり ます よ   龍 馬 さん

〈 死んだら 戻れる んじゃ ない だろう か 〉

きっと

ほり ゃあ   予言 かえ ?

《≪( 男 ) 戻る ぜ よ   あん 世界 へ 》

〈 君 の もと に 戻れる んじゃ ない だろう か 〉

〈 未来 〉

≪( 洪 庵 ) 何とか 空洞 に は できた もん の

あのような 細 さ は 難しく 今 も 工夫 を 重ねて る しだい です

いや   十分 使える と 思い ます

ありがとう ございます

これ の 使い 方 を 教えて いただけ ませ ん か ?

このように   ゴム の ひも を 心臓 に 近い 方 で 巻きつけ

患者 に 親指 を 中 に 入れて 手 を 握ら せ ます

これ が 静脈 と いい ます 静脈

脈 に は   動脈 と 静脈 が あって

脈 を 打って る の が 動脈 打って い ない の が 静脈 です

注射 針 を 刺す 部位 を 強い 焼酎 で 消毒 し

針 を 血管 に   なるべく 平行 に 寝かせ

ゆっくり 静脈 に 刺し

血 が 流れ出す の を 確認 して から

この ゴム 管 を つなぎ

しっかり 固定 し ます

すると   ここ に 入れた 生理 的 食塩 水 が   この 管 を 通り

血管 に 入る と いう わけです

もう 大丈夫だ ぞ   喜市

今朝   また 両 国 橋 が 洗わ れた そうです

え ッ ? 確か   棺 が 100 個 通る ごと に

洗い 清め られる んです よ ね ?

もう 一刻 の 猶予 も 許さ れ ませ ん な

( 玄 朴 ) で は   その 男 の 治療 法 を 医学 所 の もの と して

江戸 各所 で 治療 に あたる と ?

私 が 見た かぎり で は 山田 殿 の 容体 も   きわめて 良好 →

かの 者 の 治療 法 は 有効である と 思わ れ ます

いや   しかし え たい の 知れ ぬ 者 の 治療 を

医学 所 の もの と する の は … いえ …

( 良 順 ) 確実な 治療 法 が ない の も 事実 →

緒方 先生 が そこ まで 見込ま れて いる なら

いや   しかし …

お 願い いたし ます

≪( 幕 閣 ) 勝 殿 の ご 意見 は 分かり 申した が   幕府 に は 財源 が …

( 勝 ) コロリ は 異国 より 持ち込ま れた もの →

それ にて 苦しむ 江戸 は まさに   この 国 の 縮図

その コロリ を   見事 討伐 なされれば 朝廷 へ の 印象 も 芳しく →

攘夷 派 の 風向き も 必ずや 変わる こと と

上 様 の ご 威光 は いや ます ばかりで ございましょう

点滴   効いて る な

しかし 点滴 と は じれったい もの で ございます ね

一度に   もっと たくさん 入れて は なら ぬ のです か ?

そんな こと したら 体 が   びっくり し ます

緊急の 処置 で 大量に 入れる こと も あり ます が

このまま 液 を たくさん 流す のです か ?

いえ   別の 血管 から 打ち込み ます

大 腿 静脈 と いう 太い 静脈 が 股 の 付け根 に ある んです が

この 股 の 付け根 に ある 動脈 の 少し 内側 に ある 静脈 で …

股 の 付け根 に ある 動脈 の

少し 内側 に ある 太い 静脈 で ございます ね

そう です よ ね すいません   無神経で

いえ   あの

もう 一 度   教えて ください

はい

この   股 の 付け根 に 太い 動脈 が ある んです

で   その 少し 内側 に ある 静脈 が …

やった   出た   やった !

おし っこ 出たら もう 大丈夫な んだ よ ね ?

でも   まだ 完全に 治った わけじゃ ない から な

コロリ が   体 から 全部 出る まで は

≪( 喜市 ) お っ 母さん !

おい ら   治った よ →

お っ 母さん が 作って くれた 水 で 治った から

あと どれ くらい で会える ? 4 日 か な

あと 4 日 で 会える から !

お っ 母さん !

≪( 喜市 ) 聞こえて る ?

その ガキ も   わし も 薬 で 治った ので は ない

治る べく して 治った のだ

もちろん です よ

コロリ に 打ち勝った の は 山田 先生 と 喜市 の 生命 力 です

まあ   まあ   予定 より は 少し 早く 治った が な

≪( 橘 ) 咲   南方 先生 !

兄 上

( 橘 ) 勝 先生 の お 骨折り で

お上 が   コロリ 対策 の 援助 を する と 決まり ました !

医学 所 の 方 と 心 合わせて やる と いう こと で →

双方 で 相談 も 始めた そうです

では   針 や 器具 も 大量に 作れる のです か ?

もちろん です 職人 に 大 号令 を かける そうです

他 に も   石灰 や 高 濃度 の 焼酎

それ に 薬 と なる 水 も 援助 して くださる そうで

御家人   旗本 に も 同じく 下 知 が くだされ

私 も   その ため の 指揮 に 携わる こと に なり ました

まっ こと …

まっ こと   そな いな こと が

ありがとう ございます 恭 太郎 さん

最高の 知らせ です

ありがとう ございます

父上   ようやく コロリ の しっぽ を つかめ そうです

( 南方 が 吐く )

先生 が   コロリ !?

先生 !→

ええ かい   しっかり せんかい !

誰 か   医学 所 に 行って 別の 医師 を !

( 橘 ) はい ! 大丈夫です

医学 所 も   他の コロリ 患者 の 対応 で 手 いっぱいでしょう し

自分 で 何とか し ます から

しかし 恭 太郎 さん

物資 や   患者 の 運搬 便 や 吐 物 の 処理 の 仕方

感染 を 防ぐ ため の 指導

指揮 し なければ なら ない こと は 山ほど あり ます

龍 馬 さん おお

コロリ の 処理 の 方法 は もう   ここ の 皆さん 分かって ます

まだ 知ら ない 人 達 に その 方法 を 教えて 回って ください

しっかり せ ん かえ

早く 行って ください !

行って   なす べき こと を なさって ください

国 の ため   道 の ため に

早く !

おっしゃ !

ホエー !

咲 さ ん はい

この 診療 所   お 願い でき ます か ?

はい

( 商人 ) 奥様   大変で ございます !

皆様 に 排泄 した 水分 量 に 応じて オーアールエス を 飲んで いただき ました

私 に も   それ を

何だか

いつも と   あべこべだ

ホントに

≪( 橘 ) 咲

兄 上

ありがとう ございます

少し 休んだ 方 が よい ので は ない か ?

先生 に   この 診療 所 を 守って くれ と 言わ れ ました ので

さ ような 様子 で は 診 られる 方 も 迷惑であろう

先生 を   お 助け し たい のです

咲 が

お 助け し たい のです

分から ん 奴 だ な

誰 も やめろ と は 言って おら ぬ →

いったん 家 に 戻り 休め と 言って いる だけ だ

≪( 栄 ) 戻る 家 など ございませ ぬ

( 栄 ) 戦 の 途中 で 戻る 家 など !

そのような 覚悟 で   勝てる 戦 が どこ に ある と いう のです !

勝ち なさい

勝って

戻って き なさい

3 人 で

母上

( 栄 )「 このような 衣 が あれば 治療 も 行い やすき か と 」

母上

作って …

パクリ と ゆけ

( 吐いて いる )

南方 先生

( 咲 ) 回数 も 量 も 多い

先生   点滴 の 量 と 速 さ は どのように すれば よい でしょう か

量 は   便 の 量 の 1 割 か 2 割 を 足して ください

速 さ は  30 分 半 刻 の 半分 で 2 リットル

1 升 と 少し を 目安 に

先生   大丈夫です か   先生 !?

これ が   コレラ か

すぐに 点滴 を 増やし ます から 頑張って ください   先生

《≪( 男 ) 戻る ぜ よ 》

≪( 咲 ) 先生 ?

《≪( 男 ) 戻る ぜ よ   あん 世界 へ 》

先生   どう さ れた のです か !?

先生   先生 !

先生

先生 !

先生 !

今   何 か 聞こえ ん かった かえ ?

いや

タエ さん   そんなに 急いで   何 ぞ ?

( タエ ) 南方 先生 が 危ない んです

正体 を なくさ れて

おい   わし も

《 龍 馬 さん   行って なす べき こと を なさって ください 》

《 国 の ため   道 の ため に 》

石灰 じゃ   石灰 で コロリ 菌 を 殺す ん じゃき

殺す つもり が 殺さ れる ような バカ は

見る が じゃ ない ぜ よ !

≪( 職人 達 ) オー !

暗う なって きた ぜ よ

火 い を たく ぜ よ !

これ で 大丈夫です から ね

医学 所 は   すぐ そこ です もう 少し の 辛抱 です

( 医師 B ) ここ で お 受け いたし ます

よし   次 は 神田 須田 町 だ

( C ) 病人 を   そこ の 天幕 へ 運べ →

汚れ 物 は   その 穴 へ 直接 入れる のじゃ

( D ) しっかり せい !

≪( E ) 病人 は   こっち だ !

この ゴム 管 の 先 に 寒天 を つけ 病人 の 鼻 から 押し 入れて

1 尺 5 寸 ほど 飲ま せ ます ええ な ?

( 医師 達 ) はい 緒方 先生   緒方 先生 !

あの   南方 先生 が

どう なさ い ました !?

〈 何 だ   これ は ?〉

〈 これ は   俺 の 勤めて いた 病院 か ?〉

〈 でも 何となく   少し 違う 気 が する 〉

〈 そう だ   未来 は 〉

〈 未来 は   どう なって …〉

( 洪 庵 ) いかんな

危篤 です

≪( 洪 庵 ) この お方 は   もしかしたら

コロリ から 江戸 の 町 を 救う ため に →

ここ に 来 られた の かも しれ ませ ん な

( 洪 庵 ) この 点滴 は   咲 殿 が ?

はい   大量に 体 に 入れれば 効果 が ある か と

《 別の 血管 から 打ち込み ます 》

《 大 腿 静脈 と いう 太い 静脈 が 股 の 付け根 に ある んです が 》

股 の 付け根 に ある   太い 血管

何 を なさって おる んです か ?

股 の 付け根 に ある 太い 静脈 を 探して いる のです

そこ に 点滴 を 打てば 大量に 水 を 送り 込める そうです

太い 静脈 ? 動脈 の 少し 内側 に ある

それ ならば   恐らく ここ でしょう 私 が やり ましょう

いえ   これ は 私 の 役目 です

《 注射 針 を 刺す 部位 を 》

注射 針 を 刺す 部位 を 強い 焼酎 で 消毒 し

《 針 を 血管 に なるべく 平行 に 寝かせ …》

針 を   血管 に なるべく 平行 に 寝かせ

ゆっくり 静脈 に 刺し

( 咲 ) 血 が 流れ出す の を 確認 して から →

ゴム 管 を つなげる

これ で 治る ので ございます よ ね ?

山田 先生 も   喜市 ちゃん も 皆   治った のです から

治る と 治る と 言って ください ませ   先生 !

未来 !

未来 !

何 やって る んだ   こんな とこ で ?

( 未来 ) そこ か

え ッ ? いい よ   仁 先生

きっと   また いつか 会える から

いい よ

未来

おい   未来 !

お 戻り ください   先生 !

戻って くる ぜ よ   先生

ここ に は   先生 を 待って いる 患者 が いる のです

先生 の 信念 が   江戸 を 動かした ぜ よ

これ を 見 ん で   死んで し も うて

どう する が ぜ よ !

お 戻り ください   先生 !

先生 !

雨 が …

お 帰り なさい ませ

先生

はい

ほうか   戻って きた かえ

夜 が 明ける ぜ よ

夜 が 明けた ぜ よ !

〈 こうして   俺 は 生還 し 〉

( 茜 ) コロリ に も 負け ない 黒 米 いなり   並んで 並んで

〈 それ から   まもなく して 〉

〈 江戸 を 焼き 尽くす か に 思えた コロリ の 火 は 〉

〈 急速に その 勢い を なくして いった 〉

〈 隔離 と 予防 が 感染 を 弱めた ようだった 〉

〈 だが   点滴 に よる 治療 は 結局   手 が 回ら ず 〉

〈 多く の 命 を 救え なかった こと も 〉

〈 また   事実 だった 〉

喜市 !

お っ 母さん 先生 ん とこ 行って くる から

あの

ひと つ   お 聞き し たい のです が

どうして   あの とき 私 を 信じて くれた のです か ?

《 南方 先生   山田 を お 願い し ます 》

私 は   以前   種痘 を 広めよう と した こと が ございまして な

天然痘 の 種 を   少し だけ 植えて わざと 軽 めに 発病 さ せる

それ が 治療 法 に なる など はじめ の うち は

誰 に も 信じて もらえ ませ ん でした

思い出した んです わ

あん とき の 自分 を

( 洪 庵 ) 先生 に   もう ひと つ お 願い が ございまして な

え ッ   また 何 か 治す んです か ?

江戸 の 蘭 方 医 の 性根 を たたき直して ください

は ッ ?

昨日 の 話 お 受け に なれば よろしい のに

西洋 医学 所 で 講義 を する なんて すぐに は 決心 でき ませ ん よ

先生   て え へんだ !

タエ さん が   ゆ ん べ   辻 斬り に

ちょっと   ごめんなさい すいません

喜市 …

へっちゃらだ よ   先生

人 は 誰 でも 死ぬ もん だ し

けど

先生 に は 悪い けど

おい ら   助から なければ よかった よ

あちら で 待って おり ます ね

咲 さ ん

私 は

未来 から やってきた 人間 な んです

未来 ?

信じて もらえ ない かも しれ ませ ん が

私 は

自分 が 何 か を やる こと は

歴史 を 変えて しまう ので は ない か と 思って ました

だから   コレラ の 治療 法 を 言い 出せ なかった

未来 を 変えて しまう の が 怖かった

だって   それ は

未来 の 私 の 知って る 人間 の 運命 を 変えて しまう こと かも しれ ない

もしかしたら

生まれて 幸せに なる はずの 誰 か の 人生 を

奪って しまう こと かも しれ ない

神 を も 恐れ ぬ 行為 に 思えた んです

だけど

未来 を 変えて しまえる なんて

とんでもない 勘違い だった かも しれ ない

コレラ で 俺 が 助けた 人 達 は

俺 が 何も し なくて も 助かった の かも しれ ない

もしかしたら …

俺 さえ 来 なければ

コレラ に も かから なかった 人 な の かも しれ ない

馬 に けら れて   死んで しまう はずだった   タエ さん は

代わり に 辻 斬り に 切ら れた だけ な の かも しれ ない

歴史 は

俺 の やった こと 全て 帳消し に する の かも しれ ない

決して 何も 変わら ない ように

だ と したら

だ と したら …

俺 …

何 やって んだろう

先生 は

私 の 運命 を 変え ました よ

先生 と   先生 の 医術 と お 会い して から

咲 は   何やら いろんな もの が

以前 より も 明るく 見え ます

脈打つ 心 の 音 を 感じ ます

咲 は

生きて おり ます よ

あちら で 待って おり ます

〈 未来   俺 は 決めた よ 〉

〈 歴史 は   思う 以上 に 強大で 〉

〈 だったら   俺 は 憶 する こと なく 向かって いく よ 〉

〈 しょせん   人間 は 精いっぱい 生きる こと しか でき ない のだ から 〉

〈 できる かぎり この 手 で 人 を 助けて いこう 〉

〈 そして   少し だけ でも 医学 の 針 を 進め られれば 〉

〈 俺 は   君 の 運命 を 変え られる かも しれ ない 〉

〈 可能 性 は ゼロ に 近い 〉

〈 でも   きっと ゼロ じゃ ない 〉

〈 かすかな 蝶 の はばたき が 〉

〈 やがて 嵐 と なる こと も ある のだ から 〉

あの

まげ を 結う   ひも か 何 か …

まあ   異国 に 勝つ ため に は まずは 寝る こと よ

奴 ら の 手練 手 管 を 盗んで のどもと を   か っ 切る

かく なら 寝 首 っ ちゅう 寸法 さ

そんな もん   ぶら下げて ちゃ あ くる わに   あげて も もらえ ねえ よ

先生 の 話 に は   血 い が ある ぜ よ

肉 が ある ぜ よ

この 国 を 思う 誠 に 満ち あふれ ち ょる ぜ よ

どうか   わし を 弟子 に しとう せ

かまわ ねえ けど よ お前 さん は   今 まで の 仲間 を

裏切る こと に なる だ ろ ?

わしゃ   今 まで 世の中 を 変える ため に は

誰 か の 仲間 に なら ん と いかん と 思う ちょ った

けん ど   何 か 違う ち ょる 気 いが して

仲間 に なりきれ ん かった

今 は

自分 の 信じる 道 を 歩き たい ぜ よ

それ が 誰 も 歩いて おら ん 道 でも

正しい 道 じゃ ったら

仲間 は   あと から ついてくる ぜ よ

そう 教えて くれた 男 が おる き

〈 精いっぱい 生きて みよう 〉

〈 いつ の 日 か 再び 君 と 出会う   その 日 まで 〉

〈 この 江戸 で 〉

( 野 風 ) ほれ   模様 が →

美しい 蝶 の ように →

きっと

吉 兆 であり ん すな



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

≪( 洪 庵 ) コロリ が 再び …

( 咲 ) 罪 も ない 子供 を 見殺し に せ ねば なら ぬ 道理 と は

いかなる もの に ございます か !?

( 仁 ) 神様 は な   乗り越え られる 試練 しか 与え ない んだ よ

( 龍 馬 ) 患者 を 触れ ん 医者 が どう いて コロリ を 治す がか ?

( 洪 庵 ) 南方 先生 山田 を お 願い し ます

はい

( 佐分利 ) なるほど   大事な ん は 患者 を 隔離 する っ ちゅうこ と と

消毒 なる もの を 徹底 する こと で んな

感染 を 広め ない こと が 一 番 です

≪( 佐分利 ) 沸騰 さ せた 水 1 升 に →

塩 2 匁   砂糖 10 匁 の 割合 で 加えた オーアールエス なる 液 を 飲ま せる

しかしながら コロリ の 患者 の 中 に は

すぐに 吐いて もどす 者 も また 多い で すな

細い 管 で 胃 に 直接 流し込む と いう 方法 も あり ます が

例えば   どのような ?

あん の かな ?

あの   ゴム 管 て あり ます か ?

あり ます ある んです か   ゴム 管 !?

はい あった んだ   この 時代 に

長崎 より 取り寄せ たる 物 が 医学 所 の 方 に

ちょっと 待って て ください

( 龍 馬 ) ある ある   何でも あるき !

銀 で   こういう 針 は 作れ ます か ? 中 が 空洞 に なって る んです が

腕 の よい かんざし 職人 が おれば でき ぬ こと は ございませ ん

できる …

≪( 洪 庵 ) はい

( 佐分利 ) ゴム 管 を 使って   直接 胃 に 流し込む 方法 っ ちゅう の は ?

あと で 説明 し ます

緒方 先生 は い

ご 相談 が ある のです が はい

点滴 を する ため の 道具 を 作って いただけ ませ ん か

「 てんてき 」 と は ?

すいません

明かり を

それ   何で っか 何で 墨 なし で 書ける んで っか !?

( 洪 庵 ) 静かに し なさい 点滴 と は

患者 の 血管 に 空洞 の 針 を 刺し

失わ れた 水分 を 補給 する 方法 です

針 を   直接 血管 に …

そう する こと で 吐き気 の 強い 患者 も

難なく 水分 を 吸収 する こと が でき ます

ですが   それ を 実現 する に は 専用 の 道具 が 必要な んです

やって みて は もらえ ませ ん か ?

コロリ の 患者 は この 道具 さえ あれば

助かる 確率 は 大幅に 上がる はずです

やって み ましょう

ありがとう ございます !

( 職人 ) 旦那 何 じゃ ?

どない した かえ ?

≪( 職人 ) 穴 が いっぱいに な っち まった

≪( 咲 ) 山田 先生 むちゃ で ございます

咲 さ ん   何 して る んです か ? 先生 が ご 説明 して る 間   看病 を …

( 山田 ) わし は 帰る

先生 が 歩けば   町 中 に コレラ 菌 を 振りまく こと に なる

キニイネ を 持って まいれ わし は   ここ で

自分 で 治す !

( 便 が 出る )

お 気持ち は 分かり ます が

私 は   緒方 先生 から あなた を 治す ように 頼ま れ ました

緒方 先生 の ご 判断 を 信じて 治療 を 受けて は もらえ ませ ん か ?

水 を よこせ !

ありがとう ございます ≪( 山田 ) 飲んで 飲んで 死んで やる

こんな 物 効か ぬ と わし の 身をもって 証明 して やる

咲 さ ん   戻って ください 少し は   お 母さん の 気持ち も …

母 に は 勘当 だ と 言わ れ ました

戻れ と 言わ れて も

戻る 所 も ございませ ぬ

それ に   これ は

私 の 戦 な ので ございます

手ぬぐい で 口 と 髪 を 覆って ください

それ から 動き やすい ように 袖 も 縛って ください

はい

( 医師 A ) 焼酎 持ってき ました

≪( 八木 ) 今 ある 焼酎 は   これ だけ か 酒屋 を 呼べ !

水 1 升 に 対し   塩 2 匁   砂糖 10 匁 や

間違え ん と いて くれよ

( 針 職人 ) これほど 見事に 作れ ます か どう か

何とぞ   よろしく お 願い し ます

緒方 先生   頭 を 上げて ください →

できる だけ の こと は   いたし ます

≪( 洪 庵 ) よろしく お 願い し ます

≪( 咲 ) 南方 先生   喜市 ちゃん が

脈 が 速い

よく ない な

何 を なさる ので ございます か !?

注射 で   直接 水分 を 体 内 に 送り ます 先生

あちら の 水 で お 願い し ます

こちら と   あちら で は 違う のです か ?

こっち は   飲む 専用 の 物 あっ ち は   点滴 用 の 物 で

生理 的 食塩 水 と いい ます

( 喜市 ) う う ッ !

痛い か   喜市 ? へっちゃらだ よ

すま んな こんな 方法 しか でき なくて

≪( 龍 馬 ) 先生 !

先生   クソ を 取り に きた ぜ よ

龍 馬 さん   帰った んじゃ ?

クソ を 埋める 穴 が いっぱいに な っ ちゅう ち 聞いた き

皆 と 空き地 を 探して 掘 っち ょっ た ぜ よ

《 ホントに 吉原 に 連れて って くれ ん だ よ な ?》

《 わし より 早う 掘った 奴 は おごっちゃ る き →》

ただ 掘れ で は   やる 気 が 出 ん が ぜ →

競争 に して みたら それはそれは 見事な 穴 が

出来上がった っ ちゅう わけじゃ

これ が

あの 龍 馬 か

けん ど   その コロリ 菌 ちゅう の は

埋め ん と いかん ほど 強い が かえ ?

強い んです よ

先生 は 怖く ない が かえ ?

わしゃ   うつる って 聞いて から は 内心   もう ヒヤヒヤ で

必死で 格好 つけ ちょ った ぜ よ

うつら ない ように 予防 して ます し それ に …

ああ   何 じゃ   先生 ?

私 は 医者 です から

ここ で 死んで も 本望 ちゅう が かえ

カー   格好 ええ のう

わし に は   まだ 見 えんぜよ

真っ暗な 中 を   手探り で 歩 いち ょる ような 感じ じゃ

この ため なら 命 を かけて も いい と 思える

そんな 道 は   まだ 見 えんぜよ

〈 格好 つけて いた の は 俺 の 方 だった 〉

〈 本当 は   別に ここ で 死んで も かまわ ない 〉

〈 自分 は 本当 は   ここ に いる はず も ない 人間 だ から と 〉

〈 そう 言い そうに なった 〉

〈 数え られ ない ほど の 命 の たたか い を 目 に して 〉

〈 俺 は   どこ まで ごう慢な んだろう な 〉

〈 でも   心 の どこ か で 声 が する 〉

見つかり ます よ   龍 馬 さん

〈 死んだら 戻れる んじゃ ない だろう か 〉

きっと

ほり ゃあ   予言 かえ ?

《≪( 男 ) 戻る ぜ よ   あん 世界 へ 》

〈 君 の もと に 戻れる んじゃ ない だろう か 〉

〈 未来 〉

≪( 洪 庵 ) 何とか 空洞 に は できた もん の

あのような 細 さ は 難しく 今 も 工夫 を 重ねて る しだい です

いや   十分 使える と 思い ます

ありがとう ございます

これ の 使い 方 を 教えて いただけ ませ ん か ?

このように   ゴム の ひも を 心臓 に 近い 方 で 巻きつけ

患者 に 親指 を 中 に 入れて 手 を 握ら せ ます

これ が 静脈 と いい ます 静脈

脈 に は   動脈 と 静脈 が あって

脈 を 打って る の が 動脈 打って い ない の が 静脈 です

注射 針 を 刺す 部位 を 強い 焼酎 で 消毒 し

針 を 血管 に   なるべく 平行 に 寝かせ

ゆっくり 静脈 に 刺し

血 が 流れ出す の を 確認 して から

この ゴム 管 を つなぎ

しっかり 固定 し ます

すると   ここ に 入れた 生理 的 食塩 水 が   この 管 を 通り

血管 に 入る と いう わけです

もう 大丈夫だ ぞ   喜市

今朝   また 両 国 橋 が 洗わ れた そうです

え ッ ? 確か   棺 が 100 個 通る ごと に

洗い 清め られる んです よ ね ?

もう 一刻 の 猶予 も 許さ れ ませ ん な

( 玄 朴 ) で は   その 男 の 治療 法 を 医学 所 の もの と して

江戸 各所 で 治療 に あたる と ?

私 が 見た かぎり で は 山田 殿 の 容体 も   きわめて 良好 →

かの 者 の 治療 法 は 有効である と 思わ れ ます

いや   しかし え たい の 知れ ぬ 者 の 治療 を

医学 所 の もの と する の は … いえ …

( 良 順 ) 確実な 治療 法 が ない の も 事実 →

緒方 先生 が そこ まで 見込ま れて いる なら

いや   しかし …

お 願い いたし ます

≪( 幕 閣 ) 勝 殿 の ご 意見 は 分かり 申した が   幕府 に は 財源 が …

( 勝 ) コロリ は 異国 より 持ち込ま れた もの →

それ にて 苦しむ 江戸 は まさに   この 国 の 縮図

その コロリ を   見事 討伐 なされれば 朝廷 へ の 印象 も 芳しく →

攘夷 派 の 風向き も 必ずや 変わる こと と

上 様 の ご 威光 は いや ます ばかりで ございましょう

点滴   効いて る な

しかし 点滴 と は じれったい もの で ございます ね

一度に   もっと たくさん 入れて は なら ぬ のです か ?

そんな こと したら 体 が   びっくり し ます

緊急の 処置 で 大量に 入れる こと も あり ます が

このまま 液 を たくさん 流す のです か ?

いえ   別の 血管 から 打ち込み ます

大 腿 静脈 と いう 太い 静脈 が 股 の 付け根 に ある んです が

この 股 の 付け根 に ある 動脈 の 少し 内側 に ある 静脈 で …

股 の 付け根 に ある 動脈 の

少し 内側 に ある 太い 静脈 で ございます ね

そう です よ ね すいません   無神経で

いえ   あの

もう 一 度   教えて ください

はい

この   股 の 付け根 に 太い 動脈 が ある んです

で   その 少し 内側 に ある 静脈 が …

やった   出た   やった !

おし っこ 出たら もう 大丈夫な んだ よ ね ?

でも   まだ 完全に 治った わけじゃ ない から な

コロリ が   体 から 全部 出る まで は

≪( 喜市 ) お っ 母さん !

おい ら   治った よ →

お っ 母さん が 作って くれた 水 で 治った から

あと どれ くらい で会える ? 4 日 か な

あと 4 日 で 会える から !

お っ 母さん !

≪( 喜市 ) 聞こえて る ?

その ガキ も   わし も 薬 で 治った ので は ない

治る べく して 治った のだ

もちろん です よ

コロリ に 打ち勝った の は 山田 先生 と 喜市 の 生命 力 です

まあ   まあ   予定 より は 少し 早く 治った が な

≪( 橘 ) 咲   南方 先生 !

兄 上

( 橘 ) 勝 先生 の お 骨折り で

お上 が   コロリ 対策 の 援助 を する と 決まり ました !

医学 所 の 方 と 心 合わせて やる と いう こと で →

双方 で 相談 も 始めた そうです

では   針 や 器具 も 大量に 作れる のです か ?

もちろん です 職人 に 大 号令 を かける そうです

他 に も   石灰 や 高 濃度 の 焼酎

それ に 薬 と なる 水 も 援助 して くださる そうで

御家人   旗本 に も 同じく 下 知 が くだされ

私 も   その ため の 指揮 に 携わる こと に なり ました

まっ こと …

まっ こと   そな いな こと が

ありがとう ございます 恭 太郎 さん

最高の 知らせ です

ありがとう ございます

父上   ようやく コロリ の しっぽ を つかめ そうです

( 南方 が 吐く )

先生 が   コロリ !?

先生 !→

ええ かい   しっかり せんかい !

誰 か   医学 所 に 行って 別の 医師 を !

( 橘 ) はい ! 大丈夫です

医学 所 も   他の コロリ 患者 の 対応 で 手 いっぱいでしょう し

自分 で 何とか し ます から

しかし 恭 太郎 さん

物資 や   患者 の 運搬 便 や 吐 物 の 処理 の 仕方

感染 を 防ぐ ため の 指導

指揮 し なければ なら ない こと は 山ほど あり ます

龍 馬 さん おお

コロリ の 処理 の 方法 は もう   ここ の 皆さん 分かって ます

まだ 知ら ない 人 達 に その 方法 を 教えて 回って ください

しっかり せ ん かえ

早く 行って ください !

行って   なす べき こと を なさって ください

国 の ため   道 の ため に

早く !

おっしゃ !

ホエー !

咲 さ ん はい

この 診療 所   お 願い でき ます か ?

はい

( 商人 ) 奥様   大変で ございます !

皆様 に 排泄 した 水分 量 に 応じて オーアールエス を 飲んで いただき ました

私 に も   それ を

何だか

いつも と   あべこべだ

ホントに

≪( 橘 ) 咲

兄 上

ありがとう ございます

少し 休んだ 方 が よい ので は ない か ?

先生 に   この 診療 所 を 守って くれ と 言わ れ ました ので

さ ような 様子 で は 診 られる 方 も 迷惑であろう

先生 を   お 助け し たい のです

咲 が

お 助け し たい のです

分から ん 奴 だ な

誰 も やめろ と は 言って おら ぬ →

いったん 家 に 戻り 休め と 言って いる だけ だ

≪( 栄 ) 戻る 家 など ございませ ぬ

( 栄 ) 戦 の 途中 で 戻る 家 など !

そのような 覚悟 で   勝てる 戦 が どこ に ある と いう のです !

勝ち なさい

勝って

戻って き なさい

3 人 で

母上

( 栄 )「 このような 衣 が あれば 治療 も 行い やすき か と 」

母上

作って …

パクリ と ゆけ

( 吐いて いる )

南方 先生

( 咲 ) 回数 も 量 も 多い

先生   点滴 の 量 と 速 さ は どのように すれば よい でしょう か

量 は   便 の 量 の 1 割 か 2 割 を 足して ください

速 さ は  30 分 半 刻 の 半分 で 2 リットル

1 升 と 少し を 目安 に

先生   大丈夫です か   先生 !?

これ が   コレラ か

すぐに 点滴 を 増やし ます から 頑張って ください   先生

《≪( 男 ) 戻る ぜ よ 》

≪( 咲 ) 先生 ?

《≪( 男 ) 戻る ぜ よ   あん 世界 へ 》

先生   どう さ れた のです か !?

先生   先生 !

先生

先生 !

先生 !

今   何 か 聞こえ ん かった かえ ?

いや

タエ さん   そんなに 急いで   何 ぞ ?

( タエ ) 南方 先生 が 危ない んです

正体 を なくさ れて

おい   わし も

《 龍 馬 さん   行って なす べき こと を なさって ください 》

《 国 の ため   道 の ため に 》

石灰 じゃ   石灰 で コロリ 菌 を 殺す ん じゃき

殺す つもり が 殺さ れる ような バカ は

見る が じゃ ない ぜ よ !

≪( 職人 達 ) オー !

暗う なって きた ぜ よ

火 い を たく ぜ よ !

これ で 大丈夫です から ね

医学 所 は   すぐ そこ です もう 少し の 辛抱 です

( 医師 B ) ここ で お 受け いたし ます

よし   次 は 神田 須田 町 だ

( C ) 病人 を   そこ の 天幕 へ 運べ →

汚れ 物 は   その 穴 へ 直接 入れる のじゃ

( D ) しっかり せい !

≪( E ) 病人 は   こっち だ !

この ゴム 管 の 先 に 寒天 を つけ 病人 の 鼻 から 押し 入れて

1 尺 5 寸 ほど 飲ま せ ます ええ な ?

( 医師 達 ) はい 緒方 先生   緒方 先生 !

あの   南方 先生 が

どう なさ い ました !?

〈 何 だ   これ は ?〉

〈 これ は   俺 の 勤めて いた 病院 か ?〉

〈 でも 何となく   少し 違う 気 が する 〉

〈 そう だ   未来 は 〉

〈 未来 は   どう なって …〉

( 洪 庵 ) いかんな

危篤 です

≪( 洪 庵 ) この お方 は   もしかしたら

コロリ から 江戸 の 町 を 救う ため に →

ここ に 来 られた の かも しれ ませ ん な

( 洪 庵 ) この 点滴 は   咲 殿 が ?

はい   大量に 体 に 入れれば 効果 が ある か と

《 別の 血管 から 打ち込み ます 》

《 大 腿 静脈 と いう 太い 静脈 が 股 の 付け根 に ある んです が 》

股 の 付け根 に ある   太い 血管

何 を なさって おる んです か ?

股 の 付け根 に ある 太い 静脈 を 探して いる のです

そこ に 点滴 を 打てば 大量に 水 を 送り 込める そうです

太い 静脈 ? 動脈 の 少し 内側 に ある

それ ならば   恐らく ここ でしょう 私 が やり ましょう

いえ   これ は 私 の 役目 です

《 注射 針 を 刺す 部位 を 》

注射 針 を 刺す 部位 を 強い 焼酎 で 消毒 し

《 針 を 血管 に なるべく 平行 に 寝かせ …》

針 を   血管 に なるべく 平行 に 寝かせ

ゆっくり 静脈 に 刺し

( 咲 ) 血 が 流れ出す の を 確認 して から →

ゴム 管 を つなげる

これ で 治る ので ございます よ ね ?

山田 先生 も   喜市 ちゃん も 皆   治った のです から

治る と 治る と 言って ください ませ   先生 !

未来 !

未来 !

何 やって る んだ   こんな とこ で ?

( 未来 ) そこ か

え ッ ? いい よ   仁 先生

きっと   また いつか 会える から

いい よ

未来

おい   未来 !

お 戻り ください   先生 !

戻って くる ぜ よ   先生

ここ に は   先生 を 待って いる 患者 が いる のです

先生 の 信念 が   江戸 を 動かした ぜ よ

これ を 見 ん で   死んで し も うて

どう する が ぜ よ !

お 戻り ください   先生 !

先生 !

雨 が …

お 帰り なさい ませ

先生

はい

ほうか   戻って きた かえ

夜 が 明ける ぜ よ

夜 が 明けた ぜ よ !

〈 こうして   俺 は 生還 し 〉

( 茜 ) コロリ に も 負け ない 黒 米 いなり   並んで 並んで

〈 それ から   まもなく して 〉

〈 江戸 を 焼き 尽くす か に 思えた コロリ の 火 は 〉

〈 急速に その 勢い を なくして いった 〉

〈 隔離 と 予防 が 感染 を 弱めた ようだった 〉

〈 だが   点滴 に よる 治療 は 結局   手 が 回ら ず 〉

〈 多く の 命 を 救え なかった こと も 〉

〈 また   事実 だった 〉

喜市 !

お っ 母さん 先生 ん とこ 行って くる から

あの

ひと つ   お 聞き し たい のです が

どうして   あの とき 私 を 信じて くれた のです か ?

《 南方 先生   山田 を お 願い し ます 》

私 は   以前   種痘 を 広めよう と した こと が ございまして な

天然痘 の 種 を   少し だけ 植えて わざと 軽 めに 発病 さ せる

それ が 治療 法 に なる など はじめ の うち は

誰 に も 信じて もらえ ませ ん でした

思い出した んです わ

あん とき の 自分 を

( 洪 庵 ) 先生 に   もう ひと つ お 願い が ございまして な

え ッ   また 何 か 治す んです か ?

江戸 の 蘭 方 医 の 性根 を たたき直して ください

は ッ ?

昨日 の 話 お 受け に なれば よろしい のに

西洋 医学 所 で 講義 を する なんて すぐに は 決心 でき ませ ん よ

先生   て え へんだ !

タエ さん が   ゆ ん べ   辻 斬り に

ちょっと   ごめんなさい すいません

喜市 …

へっちゃらだ よ   先生

人 は 誰 でも 死ぬ もん だ し

けど

先生 に は 悪い けど

おい ら   助から なければ よかった よ

あちら で 待って おり ます ね

咲 さ ん

私 は

未来 から やってきた 人間 な んです

未来 ?

信じて もらえ ない かも しれ ませ ん が

私 は

自分 が 何 か を やる こと は

歴史 を 変えて しまう ので は ない か と 思って ました

だから   コレラ の 治療 法 を 言い 出せ なかった

未来 を 変えて しまう の が 怖かった

だって   それ は

未来 の 私 の 知って る 人間 の 運命 を 変えて しまう こと かも しれ ない

もしかしたら

生まれて 幸せに なる はずの 誰 か の 人生 を

奪って しまう こと かも しれ ない

神 を も 恐れ ぬ 行為 に 思えた んです

だけど

未来 を 変えて しまえる なんて

とんでもない 勘違い だった かも しれ ない

コレラ で 俺 が 助けた 人 達 は

俺 が 何も し なくて も 助かった の かも しれ ない

もしかしたら …

俺 さえ 来 なければ

コレラ に も かから なかった 人 な の かも しれ ない

馬 に けら れて   死んで しまう はずだった   タエ さん は

代わり に 辻 斬り に 切ら れた だけ な の かも しれ ない

歴史 は

俺 の やった こと 全て 帳消し に する の かも しれ ない

決して 何も 変わら ない ように

だ と したら

だ と したら …

俺 …

何 やって んだろう

先生 は

私 の 運命 を 変え ました よ

先生 と   先生 の 医術 と お 会い して から

咲 は   何やら いろんな もの が

以前 より も 明るく 見え ます

脈打つ 心 の 音 を 感じ ます

咲 は

生きて おり ます よ

あちら で 待って おり ます

〈 未来   俺 は 決めた よ 〉

〈 歴史 は   思う 以上 に 強大で 〉

〈 だったら   俺 は 憶 する こと なく 向かって いく よ 〉

〈 しょせん   人間 は 精いっぱい 生きる こと しか でき ない のだ から 〉

〈 できる かぎり この 手 で 人 を 助けて いこう 〉

〈 そして   少し だけ でも 医学 の 針 を 進め られれば 〉

〈 俺 は   君 の 運命 を 変え られる かも しれ ない 〉

〈 可能 性 は ゼロ に 近い 〉

〈 でも   きっと ゼロ じゃ ない 〉

〈 かすかな 蝶 の はばたき が 〉

〈 やがて 嵐 と なる こと も ある のだ から 〉

あの

まげ を 結う   ひも か 何 か …

まあ   異国 に 勝つ ため に は まずは 寝る こと よ

奴 ら の 手練 手 管 を 盗んで のどもと を   か っ 切る

かく なら 寝 首 っ ちゅう 寸法 さ

そんな もん   ぶら下げて ちゃ あ くる わに   あげて も もらえ ねえ よ

先生 の 話 に は   血 い が ある ぜ よ

肉 が ある ぜ よ

この 国 を 思う 誠 に 満ち あふれ ち ょる ぜ よ

どうか   わし を 弟子 に しとう せ

かまわ ねえ けど よ お前 さん は   今 まで の 仲間 を

裏切る こと に なる だ ろ ?

わしゃ   今 まで 世の中 を 変える ため に は

誰 か の 仲間 に なら ん と いかん と 思う ちょ った

けん ど   何 か 違う ち ょる 気 いが して

仲間 に なりきれ ん かった

今 は

自分 の 信じる 道 を 歩き たい ぜ よ

それ が 誰 も 歩いて おら ん 道 でも

正しい 道 じゃ ったら

仲間 は   あと から ついてくる ぜ よ

そう 教えて くれた 男 が おる き

〈 精いっぱい 生きて みよう 〉

〈 いつ の 日 か 再び 君 と 出会う   その 日 まで 〉

〈 この 江戸 で 〉

( 野 風 ) ほれ   模様 が →

美しい 蝶 の ように →

きっと

吉 兆 であり ん すな


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.