image

JIN-仁-, JIN-仁- #01 (3)

チェッ   けちんぼ

馬 に けら れて 死に や がれ !

( 馬 の 足音 )

( 人々 の 悲鳴 )

待って !

おお   お まん は   さっき の

あの   あなた

わし か   わし は 土佐 の …

≪( 武士 ) 無礼 者   急に 馬 の 前 に   ふさぐ から →

こういう こと に なる のだ →

以後   気 を つけ い !

ちょっと   ちょっと 待って て ください ね

何 じゃ   せわ しか 男 じゃ のう

( 町人 A ) 額 が ザクロ みたいに 割れて る

≪( B ) こりゃ あ ひで え   喜市 かわいそうだ が   こりゃ 無理だ

お っ 母さん

お っ 母さん   死な ないで !

お っ 母さん   お っ 母さん !

≪( 喜市 ) お っ 母さん !

( 佐分利 ) ちょいと 見せて もらえ まっか

( A ) 何 だ   あんた 医者 か !?

医者 や なかったら わざわざ 出て くる か いな

こりゃ   厳しい な

どこ が 切れ とる ん や ?

ちょっと 失礼

何 し はる んで っか !?

STA の ブランチ が 切れて る な

え す ち ~  ぶら ?

ボク   お 母さん   すぐに 手当て すれば 助かる ぞ

ホントに ? ( 佐分利 ) ええ 加減 な こ と 言う な

こんな 血 い 出 とって 助かる わけ あり ま へん が な   私 の 経験 で は …

血 いが …  何で 止 まっ とる ん や !?

圧迫 して 止血 して る だけ です

この 人 を 手当て できる 場所 に 運ば なければ なり ませ ん

手助け して いただけ ませ ん か 運ぶ った って   どこ へ ?

≪( B ) 店先 を 汚さ れちゃ あ ≪( C ) 縁起 が 悪い ね

≪( 男 ) おい   どけ   どけ   どけ …

どけ   どけ   どけ   どけ …

おい   先生 そこ の 場所 で ええ かい ?

いい です   頼み ます ( 男 ) おお

野郎 ども   聞いた かえ とっとと 運ぶ んじゃ !

お まん そっち を 持つ んじゃ   そっち を

お 願い が あり ます お ッ   おお

湯島 の 樹木 谷 の   旗本 の 橘 さん の お ウチ に   手術 の 道具 が ある んです

しゅ   しゅじゅ ち ゅち ゅ ?

この 人 を 治す ため の 道具 です

それ を 取って きて もらえ ませ ん か 一刻 を 争う んです

もちろん じゃ !  けん ど   場所 が …

おい   そこ の 駕籠 の あん ちゃん

おんし ら や ったら 分かる ろう

湯島 の 樹木 谷 の   旗本 の 橘 さん ≪( 駕籠 かき ) へえ

どなた か 清潔な 着物 貸して いただけ ませ ん か ?

( 駕籠 かき A ) あの   乗ら れて は どう です か ?

一刻 を 争う んじゃ こっち の 方 が 速い じゃ ろ

ウオー !

先生   持ってきた よ ここ に 置いて ください

言わ れた とおり   お茶 わかした よ ありがとう ございます

どない し はる んで っか ?

お茶 に 含ま れる カテキン は 滅菌 作用 が ある んです

清潔 を 保ち たい ので   あまり 私 に は 近づか ないで ください

はい   はい

お っ 母さん   大丈夫だ よ ね ?

ああ   大丈夫だ

頼んだ ぞ   土佐 の 人

旦那   乗って くれ ませ ん か !

やかましい !

行け !

≪( B ) もしや   橘 様 の お 嬢 様 で いらっしゃい ます か ?

当 家 に ご用 で ございます か ?

ええ

お まん   しゅじゅ ち ゅ 道具 ちゅう が 分かる かえ ?

はい 名前 は …

よう 分から ん が 分から ん 医者 から 言い づ かった

しゅじゅ ち ゅ …  道具 っ ちゅう が を 持ってきて くれ ちゅう て

何 か あった のです か ?

馬 に けら れた 女子 が おって 一刻 を 争う そう じゃ

どうした の です   咲 ?

戻ったら   お 話し し ます

南方 様 の 所 に 行く のです か ?

勝手な まね は 許し ませ ん よ   咲 !

あと で 説明 いたし ます   母上

咲 !

早う   渡して くれ ん かい

私 も 一緒に まいり ます

信用 し ない と いう わけで は ございませ ぬ が

これ は   南方 先生 の 大切な 物 で ございます

私 も   ご 一緒に

ほ いたら   お まん は 駕籠 に 乗って くれ ん かえ

( 駕籠 かき 達 ) えっ ほ   えっ ほ えっ ほ   えっ ほ …

どう した のです か ?

降りて いただけ ます か ?

あれ で さあ あれ が 通りすぎる まで は 走れ ねえ

別の 道 は   ない ので ございます か ?

折り返す と   倍 か か っち まう

産婆 じゃ ち 言え

産婆 じゃ ったら 通して もらえる じゃ ろ が

ほら   早う 行か ん かい ! はい !

≪( 男 ) 草履   草履 →

ほれ

無礼 者   貴 様   何 奴 じゃ !

さ ッ   産婆 で ございます !

( 雷鳴 )

お っ 母さん   死んで ない よ ね ?

大丈夫だ よ ね ?

大丈夫だ   意識 を 失って る だけ だ

私 の 経験 で は このような 状態 の や から は 難治 …

このような 状態 に なって る の は 脳震とう です

脳震とう は   脳 が 衝撃 を 受けて 一時的に 意識 を 失って る だけ です

大丈夫です

しかし … 黙って て ください !

大丈夫   大丈夫だ から

早く して くれ   土佐 の 人

あ ッ !

( 勝 ) お 嬢ちゃん   大丈夫 か よ ?

番 所 を

相生 町 の 番 所 は   どこ です か ?

そりゃ よう …

勝 様   これ を

貸して やれりゃ よかった な

( タエ ) ここ は …

番 所 だ よ   おじさん が お っ 母さん を 治して くれる って

道具 が 着いたら すぐに 治療 し ます から

お 医者 様   どう か お やめ ください まし →

私 の ような 貧乏 人 に は

薬代 を 払う こと は でき ませ ん から

でも   このまま で は 死んで しまい ます よ

≪( タエ ) ならば …

それ が 私 の 寿命 な のでしょう

お 代 は   結構 … お 代 は   おい ら が 払う よ !

働いて   必ず

だから   どうか   どうか

お っ 母さん を

お っ 母さん を 助けて ください !

喜市 …

分かった

それでは 代金 と して

枝豆 を いただこう か な

届ける よ

おい ら   一生 でも 届ける よ

南方 先生   お 待た せ いたし ました 手術 道具 で ございます

咲 さん が   どうして ?

お 手伝い を

ささやか ながら   お 力 に なれる こと も   ある か と 存じ ます

助かり ます

清潔な 着物 に 着替え ます は い

あれ

どう なさった んです か ? キシロカイン が

キシロカイン … 麻酔 です

手術 の 痛 み を 感じ させ ない ように する 薬 です

これ ぐらい の 箱 に 入った 箱

駕籠 を 飛ばして もう 一 度 取って まいり ます !

どれ ぐらい かかり ます か ? 雨 が 降って いる ので   一刻 は

一刻 と は どの くらい の 長 さ です か ?

どの くらい と 言わ れて も 一刻 は   一刻

じゃあ   一 日 は 何 刻 です か ? ええ と …

すいません   イライラ して いえ

あの …

痛み を 感じ させ ない 薬 が ない と

手術 と いう の は でき ない のです か ?

でき ます が 頭 の 血管 を 縛る んです よ

気 の 遠く なる ような 痛み な んです 大丈夫です

私   辛抱 だけ は 得意な んです

痛み の あまり 死ぬ こと も ある んです よ

どうせ   このまま 死ぬ はずだった んです から

分かり ました

喜市 君   君 は 出て った 方 が いい

すぐ 終わる から おい ら 頑張る

お っ 母さん と 一緒に 頑張る

私 が   この 子 を 見 とき ます

分かった

じゃあ 一緒に 頑張ろう

あなた も お 願い し ます

コッヘル と   絹糸 で けっさ つ 止血 し ます

アー !

大丈夫です か ?

大丈夫です

咲 さ ん   タエ さん の 肩 を しっかり 押さえて いて ください

はい

ウアー !

( タエ の 悲鳴 )

タエ さん   終わり ました

あと 1 ヵ 所 です   あと 1 ヵ 所

はい

もう 少し です から

大丈夫 か ?

頑張って ください   タエ さん

頑張って

頑張って   タエ さん

ウワー !

すいません   手 が 滑って しまって

すいません

先生   タエ さん の 様子 が

痛み が 強 すぎる んです

やっぱり 麻酔 が ない と …

《 これ は 手術 じゃ なくて   実験 だ →》

《 腫瘍 が 動脈 を 巻き込んで る な →》

《 やめた 方 が いい んじゃ ない か 》

《 主治医 は   俺 だ !》

おい   どない した んで っか ?

先生

先生   タエ さん が

≪( 喜市 ) ち ちんぷ い ぷい

ち ちんぷ い ぷい

ち ちんぷ い ぷい   御 世 の おん 宝

ち ちんぷ い ぷい   御 世 の おん 宝

≪( タエ ) 喜市

≪( 喜市 ) ち ちんぷ い ぷい 御 世 の おん 宝

≪( タエ ) 喜市

これ は ?

痛み よけ の おまじない で ございます

言葉 の   麻酔 で ございます

≪( 喜市 ) ち ちんぷ い ぷい 御 世 の おん 宝

ち ちんぷ い ぷい   御 世 の おん 宝

≪( 喜市 ) ち ちんぷ い ぷい 御 世 の おん 宝

喜市

ち ちんぷ い ぷい   ち ちんぷ い ぷい ち ちんぷ い ぷい !

ち ちんぷ い ぷい ち ちんぷ い ぷい   ち ちんぷ い ぷい

ち ちんぷ い ぷい ち ちんぷ い ぷい   ち ちんぷ い ぷい

すいません でした

もう 少し です よ   頑張り ましょう

はい

ち ちんぷ い ぷい   ち ちんぷ い ぷい ち ちんぷ い ぷい   ち ちんぷ い ぷい …

〈 未来   信じ られ ない だろう が 〉

〈 俺 は 今   江戸 に いる 〉

〈 手術 を して いる と   人殺し に 間違わ れる ような 世の中 で 〉

〈 満足な 道具 も   薬 も なく 〉

〈 手術 を する は めに なって いる 〉

〈 とても 簡単な 手術 だ 〉

〈 今 なら まず 失敗 する こと など ない 〉

〈 でも   そんな 手術 に ここ で は 青 息 吐息 だ 〉

〈 これ まで 手術 を 成功 さ せて きた の は 〉

〈 俺 の 腕 じゃ なかった んだ よ 〉

〈 今 まで 誰 か が つくって きて くれた 〉

〈 薬 や   技術 〉

〈 設備 や   知識 だった んだ 〉

〈 そんな もの を なくした 俺 は 〉

〈 痛み の 少ない 縫い 方 ひと つ 知ら ない   ヤブ だった 〉

〈14 年 も 医者 を やって 〉

〈 俺 は   そんな こと を 知ら なかった 〉

〈 自分 が   こんなに ちっぽけ だって こと を 〉

〈 俺 は 知ら なかった 〉

〈 謙虚な つもりだった けど 〉

〈 俺 みたいな ヤブ が できる 手術 だけ を 選ぶ なんて 〉

〈 考えて みれば ずいぶん ふざけた 話 だ と 〉

〈 君 は   ずっと 〉

〈 そう 言い たかった の かも しれ ない な 〉

〈 もし かして   これ は 〉

〈 もの 言え ぬ 君 から の 〉

〈 俺 へ の 罰 な の か ?〉

どこ か へ 行って しまった の か と 思い ました よ

どうか なさった ので ございます か   先生 ?

ここ   よく 来る 場所 だった んです

先生 は   この 辺り に 住んで たって こと で ございます か

でも   ここ じゃ ない んです

ここ じゃ ない んです よ

こんなに …

こんなに 美しい 所 じゃ ない んです

こんなに 美しくて は

いけない んです

〈 だ と したら 〉

〈 もう   帰して もらえ ない だろう か 〉

〈 分かった から   もう 〉

〈 ここ の 夕日 が 世界 一 美しい こと も 〉

〈 もう 全部   分かった から 〉

〈 帰して は   くれ ない だろう か 〉

帰り ましょう

帰る ?

日 が 暮れる と やっかいで ございます から

あの … いつか   全て 思い出さ れて

ご 自分 の 家 に   戻って しまわ れる かも しれ ませ ぬ が

それ まで は   橘 の 家 が 先生 の 家 で ございます

はい

もし 何 でしたら   馬 小屋 と か

とんでもない 兄 の 恩人 に   そんな こと

でも   お 母 様 の 手前 も 母 は   私 が 何とか いたし ます

私 が   何 か ?

母上   私 は 母上 は 間違って いる …

間違って いる の は あなた で ございます

私 の !?

どこ が でしょう ?

客人 を   このような 場所 で お 待た せ する など   言語道断 !

どうぞ   中 へ

咲   湯 の 支度 を

はい   兄 上

≪( 男 ) 産婆 じゃ ちゆ うた まで は よかった けん ど

その あと   誠 か と 詰め られて のう

わしゃ 一応   脱 藩 の 身 じゃ きのう

はぐれて ばっかりじゃ のう お 主 は →

この ご 時世   一 人 で は 何も でき ん ぞ

分か っ ちゅう

わし ら は な 斬ろう と 思う とる んじゃ

誰 を じゃ ?

幕府 の ガン よ

軍艦 奉行 並   勝 麟太郎

ほう

どうして ん の かな   未来

ピース が 逆 ?

( 鈴 屋 ) 街 で   手品 師 の ような 医者 の 話 を 聞いた よ   野 風

( 野 風 ) 医者 の ような 手品 師 の 間違い で は あり ん せんか ?

おやじ 様

≪( 禿 ) 野 風 花魁   お 茶屋 から 呼び出し であり ん す

あい

〈 俺 は   この とき ある 可能 性 に 気づいた 〉

〈 本当だったら 死んで いた はずの 人 の 命 を 救う 〉

〈 もし かして   これ は 〉

はい   先生

ありがとう

〈 歴史 を 変える と いう 〉

〈 神 を も 恐れ ぬ 行為 な ので は ない だろう か 〉

早く 戻ら ない と な

あれ   何 か 人 が 少ない な

あ ッ

また 走って っちゃ った よ

〈 だ と すれば   早く 〉

〈 早く 戻ら ない と 〉

じゃ 何 かい こんなに 人 が 出 ない の は

本当 らしい ぜ また コロリ が 出て きた って

え ッ

コロリ ?

〈 だけど   この とき   すでに 俺 は 〉

その 医者   私 の 経験 でも

見た こと ない ような こと ばっかり やり おる んです わ

血 の 管 を な   糸 で 縛る ん や で

ほら吹き が

( 佐分利 ) 謎 の 手術 道具 なる 物 を …



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

チェッ   けちんぼ

馬 に けら れて 死に や がれ !

( 馬 の 足音 )

( 人々 の 悲鳴 )

待って !

おお   お まん は   さっき の

あの   あなた

わし か   わし は 土佐 の …

≪( 武士 ) 無礼 者   急に 馬 の 前 に   ふさぐ から →

こういう こと に なる のだ →

以後   気 を つけ い !

ちょっと   ちょっと 待って て ください ね

何 じゃ   せわ しか 男 じゃ のう

( 町人 A ) 額 が ザクロ みたいに 割れて る

≪( B ) こりゃ あ ひで え   喜市 かわいそうだ が   こりゃ 無理だ

お っ 母さん

お っ 母さん   死な ないで !

お っ 母さん   お っ 母さん !

≪( 喜市 ) お っ 母さん !

( 佐分利 ) ちょいと 見せて もらえ まっか

( A ) 何 だ   あんた 医者 か !?

医者 や なかったら わざわざ 出て くる か いな

こりゃ   厳しい な

どこ が 切れ とる ん や ?

ちょっと 失礼

何 し はる んで っか !?

STA の ブランチ が 切れて る な

え す ち ~  ぶら ?

ボク   お 母さん   すぐに 手当て すれば 助かる ぞ

ホントに ? ( 佐分利 ) ええ 加減 な こ と 言う な

こんな 血 い 出 とって 助かる わけ あり ま へん が な   私 の 経験 で は …

血 いが …  何で 止 まっ とる ん や !?

圧迫 して 止血 して る だけ です

この 人 を 手当て できる 場所 に 運ば なければ なり ませ ん

手助け して いただけ ませ ん か 運ぶ った って   どこ へ ?

≪( B ) 店先 を 汚さ れちゃ あ ≪( C ) 縁起 が 悪い ね

≪( 男 ) おい   どけ   どけ   どけ …

どけ   どけ   どけ   どけ …

おい   先生 そこ の 場所 で ええ かい ?

いい です   頼み ます ( 男 ) おお

野郎 ども   聞いた かえ とっとと 運ぶ んじゃ !

お まん そっち を 持つ んじゃ   そっち を

お 願い が あり ます お ッ   おお

湯島 の 樹木 谷 の   旗本 の 橘 さん の お ウチ に   手術 の 道具 が ある んです

しゅ   しゅじゅ ち ゅち ゅ ?

この 人 を 治す ため の 道具 です

それ を 取って きて もらえ ませ ん か 一刻 を 争う んです

もちろん じゃ !  けん ど   場所 が …

おい   そこ の 駕籠 の あん ちゃん

おんし ら や ったら 分かる ろう

湯島 の 樹木 谷 の   旗本 の 橘 さん ≪( 駕籠 かき ) へえ

どなた か 清潔な 着物 貸して いただけ ませ ん か ?

( 駕籠 かき A ) あの   乗ら れて は どう です か ?

一刻 を 争う んじゃ こっち の 方 が 速い じゃ ろ

ウオー !

先生   持ってきた よ ここ に 置いて ください

言わ れた とおり   お茶 わかした よ ありがとう ございます

どない し はる んで っか ?

お茶 に 含ま れる カテキン は 滅菌 作用 が ある んです

清潔 を 保ち たい ので   あまり 私 に は 近づか ないで ください

はい   はい

お っ 母さん   大丈夫だ よ ね ?

ああ   大丈夫だ

頼んだ ぞ   土佐 の 人

旦那   乗って くれ ませ ん か !

やかましい !

行け !

≪( B ) もしや   橘 様 の お 嬢 様 で いらっしゃい ます か ?

当 家 に ご用 で ございます か ?

ええ

お まん   しゅじゅ ち ゅ 道具 ちゅう が 分かる かえ ?

はい 名前 は …

よう 分から ん が 分から ん 医者 から 言い づ かった

しゅじゅ ち ゅ …  道具 っ ちゅう が を 持ってきて くれ ちゅう て

何 か あった のです か ?

馬 に けら れた 女子 が おって 一刻 を 争う そう じゃ

どうした の です   咲 ?

戻ったら   お 話し し ます

南方 様 の 所 に 行く のです か ?

勝手な まね は 許し ませ ん よ   咲 !

あと で 説明 いたし ます   母上

咲 !

早う   渡して くれ ん かい

私 も 一緒に まいり ます

信用 し ない と いう わけで は ございませ ぬ が

これ は   南方 先生 の 大切な 物 で ございます

私 も   ご 一緒に

ほ いたら   お まん は 駕籠 に 乗って くれ ん かえ

( 駕籠 かき 達 ) えっ ほ   えっ ほ えっ ほ   えっ ほ …

どう した のです か ?

降りて いただけ ます か ?

あれ で さあ あれ が 通りすぎる まで は 走れ ねえ

別の 道 は   ない ので ございます か ?

折り返す と   倍 か か っち まう

産婆 じゃ ち 言え

産婆 じゃ ったら 通して もらえる じゃ ろ が

ほら   早う 行か ん かい ! はい !

≪( 男 ) 草履   草履 →

ほれ

無礼 者   貴 様   何 奴 じゃ !

さ ッ   産婆 で ございます !

( 雷鳴 )

お っ 母さん   死んで ない よ ね ?

大丈夫だ よ ね ?

大丈夫だ   意識 を 失って る だけ だ

私 の 経験 で は このような 状態 の や から は 難治 …

このような 状態 に なって る の は 脳震とう です

脳震とう は   脳 が 衝撃 を 受けて 一時的に 意識 を 失って る だけ です

大丈夫です

しかし … 黙って て ください !

大丈夫   大丈夫だ から

早く して くれ   土佐 の 人

あ ッ !

( 勝 ) お 嬢ちゃん   大丈夫 か よ ?

番 所 を

相生 町 の 番 所 は   どこ です か ?

そりゃ よう …

勝 様   これ を

貸して やれりゃ よかった な

( タエ ) ここ は …

番 所 だ よ   おじさん が お っ 母さん を 治して くれる って

道具 が 着いたら すぐに 治療 し ます から

お 医者 様   どう か お やめ ください まし →

私 の ような 貧乏 人 に は

薬代 を 払う こと は でき ませ ん から

でも   このまま で は 死んで しまい ます よ

≪( タエ ) ならば …

それ が 私 の 寿命 な のでしょう

お 代 は   結構 … お 代 は   おい ら が 払う よ !

働いて   必ず

だから   どうか   どうか

お っ 母さん を

お っ 母さん を 助けて ください !

喜市 …

分かった

それでは 代金 と して

枝豆 を いただこう か な

届ける よ

おい ら   一生 でも 届ける よ

南方 先生   お 待た せ いたし ました 手術 道具 で ございます

咲 さん が   どうして ?

お 手伝い を

ささやか ながら   お 力 に なれる こと も   ある か と 存じ ます

助かり ます

清潔な 着物 に 着替え ます は い

あれ

どう なさった んです か ? キシロカイン が

キシロカイン … 麻酔 です

手術 の 痛 み を 感じ させ ない ように する 薬 です

これ ぐらい の 箱 に 入った 箱

駕籠 を 飛ばして もう 一 度 取って まいり ます !

どれ ぐらい かかり ます か ? 雨 が 降って いる ので   一刻 は

一刻 と は どの くらい の 長 さ です か ?

どの くらい と 言わ れて も 一刻 は   一刻

じゃあ   一 日 は 何 刻 です か ? ええ と …

すいません   イライラ して いえ

あの …

痛み を 感じ させ ない 薬 が ない と

手術 と いう の は でき ない のです か ?

でき ます が 頭 の 血管 を 縛る んです よ

気 の 遠く なる ような 痛み な んです 大丈夫です

私   辛抱 だけ は 得意な んです

痛み の あまり 死ぬ こと も ある んです よ

どうせ   このまま 死ぬ はずだった んです から

分かり ました

喜市 君   君 は 出て った 方 が いい

すぐ 終わる から おい ら 頑張る

お っ 母さん と 一緒に 頑張る

私 が   この 子 を 見 とき ます

分かった

じゃあ 一緒に 頑張ろう

あなた も お 願い し ます

コッヘル と   絹糸 で けっさ つ 止血 し ます

アー !

大丈夫です か ?

大丈夫です

咲 さ ん   タエ さん の 肩 を しっかり 押さえて いて ください

はい

ウアー !

( タエ の 悲鳴 )

タエ さん   終わり ました

あと 1 ヵ 所 です   あと 1 ヵ 所

はい

もう 少し です から

大丈夫 か ?

頑張って ください   タエ さん

頑張って

頑張って   タエ さん

ウワー !

すいません   手 が 滑って しまって

すいません

先生   タエ さん の 様子 が

痛み が 強 すぎる んです

やっぱり 麻酔 が ない と …

《 これ は 手術 じゃ なくて   実験 だ →》

《 腫瘍 が 動脈 を 巻き込んで る な →》

《 やめた 方 が いい んじゃ ない か 》

《 主治医 は   俺 だ !》

おい   どない した んで っか ?

先生

先生   タエ さん が

≪( 喜市 ) ち ちんぷ い ぷい

ち ちんぷ い ぷい

ち ちんぷ い ぷい   御 世 の おん 宝

ち ちんぷ い ぷい   御 世 の おん 宝

≪( タエ ) 喜市

≪( 喜市 ) ち ちんぷ い ぷい 御 世 の おん 宝

≪( タエ ) 喜市

これ は ?

痛み よけ の おまじない で ございます

言葉 の   麻酔 で ございます

≪( 喜市 ) ち ちんぷ い ぷい 御 世 の おん 宝

ち ちんぷ い ぷい   御 世 の おん 宝

≪( 喜市 ) ち ちんぷ い ぷい 御 世 の おん 宝

喜市

ち ちんぷ い ぷい   ち ちんぷ い ぷい ち ちんぷ い ぷい !

ち ちんぷ い ぷい ち ちんぷ い ぷい   ち ちんぷ い ぷい

ち ちんぷ い ぷい ち ちんぷ い ぷい   ち ちんぷ い ぷい

すいません でした

もう 少し です よ   頑張り ましょう

はい

ち ちんぷ い ぷい   ち ちんぷ い ぷい ち ちんぷ い ぷい   ち ちんぷ い ぷい …

〈 未来   信じ られ ない だろう が 〉

〈 俺 は 今   江戸 に いる 〉

〈 手術 を して いる と   人殺し に 間違わ れる ような 世の中 で 〉

〈 満足な 道具 も   薬 も なく 〉

〈 手術 を する は めに なって いる 〉

〈 とても 簡単な 手術 だ 〉

〈 今 なら まず 失敗 する こと など ない 〉

〈 でも   そんな 手術 に ここ で は 青 息 吐息 だ 〉

〈 これ まで 手術 を 成功 さ せて きた の は 〉

〈 俺 の 腕 じゃ なかった んだ よ 〉

〈 今 まで 誰 か が つくって きて くれた 〉

〈 薬 や   技術 〉

〈 設備 や   知識 だった んだ 〉

〈 そんな もの を なくした 俺 は 〉

〈 痛み の 少ない 縫い 方 ひと つ 知ら ない   ヤブ だった 〉

〈14 年 も 医者 を やって 〉

〈 俺 は   そんな こと を 知ら なかった 〉

〈 自分 が   こんなに ちっぽけ だって こと を 〉

〈 俺 は 知ら なかった 〉

〈 謙虚な つもりだった けど 〉

〈 俺 みたいな ヤブ が できる 手術 だけ を 選ぶ なんて 〉

〈 考えて みれば ずいぶん ふざけた 話 だ と 〉

〈 君 は   ずっと 〉

〈 そう 言い たかった の かも しれ ない な 〉

〈 もし かして   これ は 〉

〈 もの 言え ぬ 君 から の 〉

〈 俺 へ の 罰 な の か ?〉

どこ か へ 行って しまった の か と 思い ました よ

どうか なさった ので ございます か   先生 ?

ここ   よく 来る 場所 だった んです

先生 は   この 辺り に 住んで たって こと で ございます か

でも   ここ じゃ ない んです

ここ じゃ ない んです よ

こんなに …

こんなに 美しい 所 じゃ ない んです

こんなに 美しくて は

いけない んです

〈 だ と したら 〉

〈 もう   帰して もらえ ない だろう か 〉

〈 分かった から   もう 〉

〈 ここ の 夕日 が 世界 一 美しい こと も 〉

〈 もう 全部   分かった から 〉

〈 帰して は   くれ ない だろう か 〉

帰り ましょう

帰る ?

日 が 暮れる と やっかいで ございます から

あの … いつか   全て 思い出さ れて

ご 自分 の 家 に   戻って しまわ れる かも しれ ませ ぬ が

それ まで は   橘 の 家 が 先生 の 家 で ございます

はい

もし 何 でしたら   馬 小屋 と か

とんでもない 兄 の 恩人 に   そんな こと

でも   お 母 様 の 手前 も 母 は   私 が 何とか いたし ます

私 が   何 か ?

母上   私 は 母上 は 間違って いる …

間違って いる の は あなた で ございます

私 の !?

どこ が でしょう ?

客人 を   このような 場所 で お 待た せ する など   言語道断 !

どうぞ   中 へ

咲   湯 の 支度 を

はい   兄 上

≪( 男 ) 産婆 じゃ ちゆ うた まで は よかった けん ど

その あと   誠 か と 詰め られて のう

わしゃ 一応   脱 藩 の 身 じゃ きのう

はぐれて ばっかりじゃ のう お 主 は →

この ご 時世   一 人 で は 何も でき ん ぞ

分か っ ちゅう

わし ら は な 斬ろう と 思う とる んじゃ

誰 を じゃ ?

幕府 の ガン よ

軍艦 奉行 並   勝 麟太郎

ほう

どうして ん の かな   未来

ピース が 逆 ?

( 鈴 屋 ) 街 で   手品 師 の ような 医者 の 話 を 聞いた よ   野 風

( 野 風 ) 医者 の ような 手品 師 の 間違い で は あり ん せんか ?

おやじ 様

≪( 禿 ) 野 風 花魁   お 茶屋 から 呼び出し であり ん す

あい

〈 俺 は   この とき ある 可能 性 に 気づいた 〉

〈 本当だったら 死んで いた はずの 人 の 命 を 救う 〉

〈 もし かして   これ は 〉

はい   先生

ありがとう

〈 歴史 を 変える と いう 〉

〈 神 を も 恐れ ぬ 行為 な ので は ない だろう か 〉

早く 戻ら ない と な

あれ   何 か 人 が 少ない な

あ ッ

また 走って っちゃ った よ

〈 だ と すれば   早く 〉

〈 早く 戻ら ない と 〉

じゃ 何 かい こんなに 人 が 出 ない の は

本当 らしい ぜ また コロリ が 出て きた って

え ッ

コロリ ?

〈 だけど   この とき   すでに 俺 は 〉

その 医者   私 の 経験 でも

見た こと ない ような こと ばっかり やり おる んです わ

血 の 管 を な   糸 で 縛る ん や で

ほら吹き が

( 佐分利 ) 謎 の 手術 道具 なる 物 を …


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.