image

JIN-仁-, JIN-仁- #01 (2)

息子 さん は   まだ 生きて る んです 生きて る !

すぐに オペ すれば 助かる 可能 性 も 高い

処置 に 入ら せて ください オ   オペ と は 一体   何 を ?

オペ と は   手術 の こと です しゅじゅつ ?

治療 です   この ケガ を 治す と いう こと です

あの   あなた さま は   一体 ? 南方 仁 と いい ます

外科 の 医者 です

あの 蘭 方 医 の 方 で ございます か ? 話 は 後 に して ください !

この 症例 は  30 分 から 遅く と も 1 時間 以内 に

処置 し なければ なら ない んです ほら   もう   あと 30 分 も ない

息子 さん を 助け たければ すぐに 部屋 に 運んで ください

お 願い し ます

失礼 し ます !

これ と   これ と   これ と これ と   これ   熱湯 で 煮て ください

金づち を 煮る ので ございます か ? できる だけ   早く お 願い し ます

こんな もの を どのように お 使い に ?

お 兄さん の 頭 の 中 に は 血 が たまって る

それ を   取り出す ため に 使う んです これ で   血 を ?

包帯 と か ガーゼ   あり ます よ ね ? ガ   ガ ?

これ だ !

これ も   すぐに 煮て   煮た 後 に 20 センチ 角 に 切って おいて ください

20 せ ん ちかく ?

これ ぐらい です   これ ぐらい

それ は   ガーゼ と いう もの の かわり に なり ます

これ が   ガーゼ なる もの に

それ から   これ 借り ます

消毒 薬 あり ます か ?

消毒 と は ? 焼酎 あり ます か ?

はい

言わ れた とおり に いたし ました が

このような   しつらえ で よろしゅう ございます か ?

暗い な   照明 これ だけ です か ? は あ ?

結構です   で は   この 部屋 から 出て 行って ください

ここ に いて は なら ぬ ので ございます か ?

息子 さん を 助け たければ 言う とおり に して ください

大工 道具 で は あり ませ ぬ か

このような もの を   いかに ?

存じ ませ ぬ が しゅじゅつ なる もの に 使う ので

煮ろ と 先生 が … あの 蘭 方 医

一体   恭 太郎 に 何 を する つもりじゃ !

よし

縫 合 用 針

持 針 器

替え 刃 メス

せっし   布 かんし

コッヘルペアン   注射 筒   クーパー

手術 用 手袋 に 縫 合 糸   注射 針

局所 麻酔 薬 キシロカイン まで

ありがたい

≪( 咲 ) ノミ と 金づち   やっとこ お 持ち いたし ました

ありがとう ございます

部屋 に は 入ら ないで そこ に 置いて ください

はい

ホントに   大工 道具 だ な

神 は 乗り越え られる 試練 しか 与え ない

≪( 咲 ) お やめ ください ませ   母上 先生 は 入る な と …

出て 行って ください と お 願い した はずです が

説明 も なし で は 納得 でき ませ ぬ ゆえ

室 内 は   なるべく 清潔に し と き たい ので

無礼な !  私 が 不潔だ と おっしゃる ので ございます か

そういう こと で は ない んです 蘭 方 医 など …

医者 を かたった 人殺し も 同然 信用 なり ませ ぬ !

≪( 栄 ) も し   恭 太郎 を 死な せたら

この 場 で   そ なた を 殺して

私 も   自害 いたし ます

いい でしょう

そのかわり   何 を 見て も 取り乱さ ないで ください

火ばし など で 何 を なさる ので ございます か ?

止血 です   血 を 止める んです

あ ッ   ああ …

よし

≪( 栄 ) そのような もの で   何 を !?

ああ …

あれ   割れ ない な

( 金づち で たたく 音 )

よし   あった

血 腫 だ

な   何 が …

何 が   しゅじゅつ じゃ !

頭 を   かち 割って 助かる わけ が なかろう !

息子 さん の 頭 の 中 に は 血 が たまって …

我ら に 何の 恨み が ある ! 取り除く ため に は …

人殺し ーー ! 人殺し じゃ なくて

話 を 聞いて ください !

何 を なさる か ッ お やめ なさい   何 を …

見え ます か ?

ここ に   血 の 海 が あり ます よ ね

これ が   血 腫 です

ほうっておく と この 血 が 脳 を 圧迫 し

あなた の 息子 さん を 死に 追いやる んです

あなた の 敵 は   私 じゃ ない

この 血 の 海 です !

すいません   時間 が ない ので

妹 さん   そちら に いらっしゃい ます か ?

はい

これ 以上 かかる と お 兄さん の 命 が 危ない

手伝って もらい たい んです が 血 を 見て も 平気な 方 です か ?

平気で ございます 咲 は   武士 の 子 で ございます

では   清潔な 着物 に 着替えて きて ください

南方 様

私 も   お 手伝い を

では   縫 合し ます

間に合った …

これ で   本当に 治った ので ございます か ?

頭 の 穴 は   開いた まま で は ございませ ぬ か

穴 は   問題 あり ませ ん 後 は   経過 次第

3 日   無事に 過ごせれば 助かり ます

3 日   無事に 過ごせれば 兄 は 助かる ので ございます ね ?

はい ありがとう ございます   先生

母上   兄 上 は   無事に 命 を …

まだ   助かった わけで は ございませ ぬ

3 日 は   分から ぬ と いう こと で ございます よ ね ?

父 は  4 年 前   コロリ で 亡くなった ので ございます

コロリ って … コレラ の こと です か ?

コレラ と も 言う ので ございます か ?

いえ   気 に さ れ ず に

西洋 から 来た   はやり 病 と いう こと で ございました ので

蘭 方 医 の 治療 を 受けた ので ございます が

よく 分から ぬ 処方 を さ れた あげく

命 を 落として しまった ので ございます

それ 以来   母 は   西洋 の もの は

何でもかんでも 毛嫌い する ように なり →

言い訳 に しか なり ませ ぬ が

母 の 無礼 を   哀れ と 思って お 許し いただければ …

気 が つき ました ?

これ は ?

昨日   先生   非常 階段 から 落ちて

急性 硬 膜 外 血 腫 の 手術 した んです よ →

覚えて ないで す か ?

覚え てるよ

階段 から 落ちて

その後   江戸 時代 に タイム スリップ して

斬ら れた 侍   手術 して …

は あ ?

ホントな ん だって

先生   聞いて ください よ 南方 先生 が …

未来

私 が 執刀 した の よ

夢 か …

≪( 咲 ) お 目覚め に なら れた ので ございます ね

あの …  今 は   何 年 です か ?

文 久 2 年 で ございます が

江戸 時代 です か ?

ここ は   江戸 で ございます が

将軍 様 の …

上 様 の お 名前 は ?

え ッ ?

黒船 は   もう 来 ました ?

ええ   確か  10 年 ほど 前 か と

お 食事 の 用意 を いたし ましょう か

これ が   普通な のです か ? は あ ?

いや   あの   おかず と か …

申し訳 ございませ ぬ

当 家 は   旗本 と は いえ 無 役 の 150 石 取り ゆえ …

いやいや そういう 意味 で は なくて

こんなに   ご飯 ばっかり 食べる もの な んです か ?

は あ ? いい です   いい です

いただき ます

うまい

釜 で 炊いて る から かな 全然   違い ます

釜 で 炊か ぬ 方法 が ある ので ございます か ?

うん

あ ッ

これ が   兄 の 部屋 に

どうも

それ は   何 を する 道具 な ので ございます か ?

まあ …

あの   まげ は   お 結い に なら れ ない ので ございます か ?

はい

あの 白い   お召し物 は 異国 の もの で ございます か ?

そう です ね   ある 意味

では   あの 長崎 の ほう に でも ?

( 栄 ) 恭 太郎 が 目覚めた ようで ございます

経過 は   良好です

このまま   もう 少し 安静に して いて ください

南方 様

この度 は   ありがとう ございました

これ は ? お礼 で ございます

結構です   そんな そのような わけ に は まいり ませ ぬ

いや   ホントに   私 も 恭 太郎 さん に 命 を 助けて もらった ので

ホントに …

では   せめて 駕籠 を お呼び いたし ます

お 住まい は どちら で ございます か ?

ああ …

すいません

覚えて ない んです

覚えて ない と は どういう こと で ございます か ?

林 の 中 で 転んだ とき に 頭   打った せい かも しれ ませ ん

どうも 記憶 が なくて

そういう お 話 聞いた こと が ございます

お 名前 は 覚えて らっしゃい ました よ ね

ええ   まあ

何 か   覚えて たり 覚えて なかったり と いう か

ずいぶん 都合 の よろしい こと で

ハハハハ …

身元 を お 調べ し ましょう か ?

蘭 方 医 なら   そんなに 数 が 多い わけで も ございませ ぬ

調べれば   すぐに 分かる と …

いやいや 大丈夫です 私 は   蘭 方 医 で は ない んで

すぐ 思い出す と 思い ます んで

ホントに お 気遣い なく   お 気遣い なく

〈 そう いえば 〉

〈 どうして   あんな 物 を 持ち出そう と した んだ ?〉

《 戻る ぜ よ   あん 世界 へ 》

〈 あの 人 を 見つければ 戻れる の か ?〉

〈 あの 標本 は …〉

パッキン

≪( 栄 ) 南方 様 は   当分 ここ に いらっしゃる お つもりな のです か

お 住まい の 方 も 思い出せ ない と   おっしゃって たし

しばらく   ここ に いて いただいて は ?

嘘 な ので は ないで す か ?→

話 が おかしい で は   あり ませ ぬ か

名前 は 覚えて いる の に 住んで いる 所 は 分から ぬ →

身元 を 調べる の も あの 嫌がり よう

もしかしたら お 尋ね 者 な ので は ないで す か

そんな 方 に は とても 見え ませ ん が

たとえ そう であって も

私 に とって は 命 の 恩人 で ございます

お 世話 する の が 人 の 道 か と

ですが … 主 は   私 で ございます !

ならば 主 らしく   思慮 深い 行動 を して いただき たい もの です

して いる つもりです が ≪( 栄 ) そうです か

恭 太郎 さん が 襲わ れた の は

勝 と か いう   異国 び いき の 所 に →

通って いる から で は ございませ ぬ か ?

軽 佻浮 薄 な 流行 に 乗る から こういう こと に なる ので は !

勝 先生 の ご 主張 こそ   これ から の この 国 を 立ち行か せる

唯一 の 道 で ございます これ 以上

主 を 亡くして は 橘 家 の 行く末 が 危ぶま れ ま する

≪( 栄 ) 南方 様 に は 感謝 して おり ます

ですが   物騒な こと に かかわり たく は ございませ ぬ →

私 は 最期 に   父上 と お 約束 いたし ました

何 が あって も 橘 家 を 守り抜く と

しかし 母上   父上 なら …

いえ   何でも

南方 先生   お 忘れ物 が

「 お 食事   ありがとう ございました 」

「 身元 を 思い出した ので これ にて 失礼 致し ます 」

先生 …

〈 あいつが いれば 戻れる はずだ 〉

〈 あいつ に 連れて こ られた ような もん な んだ から 〉

おい   ホルマリン 君

どこ 行っちゃ った んだ よ

何で こんな 目 に あわ なきゃ いけない んだ よ

〈 ここ って …〉

〈 これ   神田 川 ?〉

〈 また 落ちれば 〉

〈 戻れる ?〉

≪( 男 ) やめ ん かえ !

《 戻る ぜ よ   あん 世界 へ 》

≪( 男 ) やめ ん かえ 何 しち ょる が ぜ !

( 男 ) お まん は   アホ か !

人間 は なあ   急が ん でも いつか 死 ぬる が じゃき

ほっ ちょ いて も いつか 死 ぬる が を

わざわざ 苦労 して 死 ぬる なん ぞ   アホ の する こと じゃ

違い ます お まん は   そんな こと も 分から ん か

死ぬ つもり なんか あり ませ ん この アホ   アホ

死ぬ つもり なんか ない って 言って る でしょ   離して ください !

ほ いたら   何 し とった が ぜ ?

死のう と し ゆう ふうに しか 見え ん かった ぜ よ

家 に 帰ろう と 思った んです よ

家 に ?

お まん の 家 は この 谷 の 底 に ある が かい ?

そう です

ハッハッハッハッハッ !

ほうか   ほうか   そりゃ 邪魔 を して すま ん かった のう

いえ

お まん は 武士 じゃ ない が かえ ?

私 は   医者 です

医者

ほうか   医者 が 命 を 粗末に する わけ が ない のう

そう です よ いや   まっ こと   すま ん かった ぜ よ

アホ は   わし の 方 じゃ った のう

アッハッハッハッ

あの

名前   教えて もらえ ます か ?

いや   あなた の 声 が 聞こえた んです よ

あ ッ ?  ほり ゃあ   ほう じゃ ろう

そう じゃ なくて わ しか ?

わし は … ≪( 仲間 ) おい !→

どこ 行き ゆうが ぜ よ →

お まん は   それ やき どこ から も   はぐれる が じゃ

おお   すま ん   すま ん

ちょっと !

今度   お まん の 家   教えて くれ

わしゃ   しばらく 江戸 に おる き

あ ッ   違う か   ちょっと すいません

名前 !

あの !

どこ 行っちゃ った んだ よ

( にぎわい )

すごい

本物

毎度 ありがとう ございました

へ ッ ?

ど いた   ど いた ! あ ッ

はい   ど いた ! あいつ の 先祖   飛脚 だった の か な

≪( 茜 ) 旦那   変わった 頭 だ ね !→

何 だい   そりゃ 新しい はやり な の かい ?

いや

まあ   いい や 黒 米 いなり は   こっち だ よ

黒 米 いなり ?

黒 米 いなり だ ろ 食べ に 来た んだ ろ ?  ほら

≪( 茜 ) これ 食べ なきゃ 江戸っ子 と は いえ ない よ

ほら   並んだ   並んだ

ちょっと   私 は …

( 喜市 ) おじさん 枝豆 買って おくれよ

邪魔 す んじゃ ない よ   喜市 枝豆 の 方 が うまい よ

今   それ どころ じゃ ない んだ

じゃあ   ゆで卵 は どう ?  ゆで卵 は お っ 母さん が 売って る んだ

ごめん !



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

息子 さん は   まだ 生きて る んです 生きて る !

すぐに オペ すれば 助かる 可能 性 も 高い

処置 に 入ら せて ください オ   オペ と は 一体   何 を ?

オペ と は   手術 の こと です しゅじゅつ ?

治療 です   この ケガ を 治す と いう こと です

あの   あなた さま は   一体 ? 南方 仁 と いい ます

外科 の 医者 です

あの 蘭 方 医 の 方 で ございます か ? 話 は 後 に して ください !

この 症例 は  30 分 から 遅く と も 1 時間 以内 に

処置 し なければ なら ない んです ほら   もう   あと 30 分 も ない

息子 さん を 助け たければ すぐに 部屋 に 運んで ください

お 願い し ます

失礼 し ます !

これ と   これ と   これ と これ と   これ   熱湯 で 煮て ください

金づち を 煮る ので ございます か ? できる だけ   早く お 願い し ます

こんな もの を どのように お 使い に ?

お 兄さん の 頭 の 中 に は 血 が たまって る

それ を   取り出す ため に 使う んです これ で   血 を ?

包帯 と か ガーゼ   あり ます よ ね ? ガ   ガ ?

これ だ !

これ も   すぐに 煮て   煮た 後 に 20 センチ 角 に 切って おいて ください

20 せ ん ちかく ?

これ ぐらい です   これ ぐらい

それ は   ガーゼ と いう もの の かわり に なり ます

これ が   ガーゼ なる もの に

それ から   これ 借り ます

消毒 薬 あり ます か ?

消毒 と は ? 焼酎 あり ます か ?

はい

言わ れた とおり に いたし ました が

このような   しつらえ で よろしゅう ございます か ?

暗い な   照明 これ だけ です か ? は あ ?

結構です   で は   この 部屋 から 出て 行って ください

ここ に いて は なら ぬ ので ございます か ?

息子 さん を 助け たければ 言う とおり に して ください

大工 道具 で は あり ませ ぬ か

このような もの を   いかに ?

存じ ませ ぬ が しゅじゅつ なる もの に 使う ので

煮ろ と 先生 が … あの 蘭 方 医

一体   恭 太郎 に 何 を する つもりじゃ !

よし

縫 合 用 針

持 針 器

替え 刃 メス

せっし   布 かんし

コッヘルペアン   注射 筒   クーパー

手術 用 手袋 に 縫 合 糸   注射 針

局所 麻酔 薬 キシロカイン まで

ありがたい

≪( 咲 ) ノミ と 金づち   やっとこ お 持ち いたし ました

ありがとう ございます

部屋 に は 入ら ないで そこ に 置いて ください

はい

ホントに   大工 道具 だ な

神 は 乗り越え られる 試練 しか 与え ない

≪( 咲 ) お やめ ください ませ   母上 先生 は 入る な と …

出て 行って ください と お 願い した はずです が

説明 も なし で は 納得 でき ませ ぬ ゆえ

室 内 は   なるべく 清潔に し と き たい ので

無礼な !  私 が 不潔だ と おっしゃる ので ございます か

そういう こと で は ない んです 蘭 方 医 など …

医者 を かたった 人殺し も 同然 信用 なり ませ ぬ !

≪( 栄 ) も し   恭 太郎 を 死な せたら

この 場 で   そ なた を 殺して

私 も   自害 いたし ます

いい でしょう

そのかわり   何 を 見て も 取り乱さ ないで ください

火ばし など で 何 を なさる ので ございます か ?

止血 です   血 を 止める んです

あ ッ   ああ …

よし

≪( 栄 ) そのような もの で   何 を !?

ああ …

あれ   割れ ない な

( 金づち で たたく 音 )

よし   あった

血 腫 だ

な   何 が …

何 が   しゅじゅつ じゃ !

頭 を   かち 割って 助かる わけ が なかろう !

息子 さん の 頭 の 中 に は 血 が たまって …

我ら に 何の 恨み が ある ! 取り除く ため に は …

人殺し ーー ! 人殺し じゃ なくて

話 を 聞いて ください !

何 を なさる か ッ お やめ なさい   何 を …

見え ます か ?

ここ に   血 の 海 が あり ます よ ね

これ が   血 腫 です

ほうっておく と この 血 が 脳 を 圧迫 し

あなた の 息子 さん を 死に 追いやる んです

あなた の 敵 は   私 じゃ ない

この 血 の 海 です !

すいません   時間 が ない ので

妹 さん   そちら に いらっしゃい ます か ?

はい

これ 以上 かかる と お 兄さん の 命 が 危ない

手伝って もらい たい んです が 血 を 見て も 平気な 方 です か ?

平気で ございます 咲 は   武士 の 子 で ございます

では   清潔な 着物 に 着替えて きて ください

南方 様

私 も   お 手伝い を

では   縫 合し ます

間に合った …

これ で   本当に 治った ので ございます か ?

頭 の 穴 は   開いた まま で は ございませ ぬ か

穴 は   問題 あり ませ ん 後 は   経過 次第

3 日   無事に 過ごせれば 助かり ます

3 日   無事に 過ごせれば 兄 は 助かる ので ございます ね ?

はい ありがとう ございます   先生

母上   兄 上 は   無事に 命 を …

まだ   助かった わけで は ございませ ぬ

3 日 は   分から ぬ と いう こと で ございます よ ね ?

父 は  4 年 前   コロリ で 亡くなった ので ございます

コロリ って … コレラ の こと です か ?

コレラ と も 言う ので ございます か ?

いえ   気 に さ れ ず に

西洋 から 来た   はやり 病 と いう こと で ございました ので

蘭 方 医 の 治療 を 受けた ので ございます が

よく 分から ぬ 処方 を さ れた あげく

命 を 落として しまった ので ございます

それ 以来   母 は   西洋 の もの は

何でもかんでも 毛嫌い する ように なり →

言い訳 に しか なり ませ ぬ が

母 の 無礼 を   哀れ と 思って お 許し いただければ …

気 が つき ました ?

これ は ?

昨日   先生   非常 階段 から 落ちて

急性 硬 膜 外 血 腫 の 手術 した んです よ →

覚えて ないで す か ?

覚え てるよ

階段 から 落ちて

その後   江戸 時代 に タイム スリップ して

斬ら れた 侍   手術 して …

は あ ?

ホントな ん だって

先生   聞いて ください よ 南方 先生 が …

未来

私 が 執刀 した の よ

夢 か …

≪( 咲 ) お 目覚め に なら れた ので ございます ね

あの …  今 は   何 年 です か ?

文 久 2 年 で ございます が

江戸 時代 です か ?

ここ は   江戸 で ございます が

将軍 様 の …

上 様 の お 名前 は ?

え ッ ?

黒船 は   もう 来 ました ?

ええ   確か  10 年 ほど 前 か と

お 食事 の 用意 を いたし ましょう か

これ が   普通な のです か ? は あ ?

いや   あの   おかず と か …

申し訳 ございませ ぬ

当 家 は   旗本 と は いえ 無 役 の 150 石 取り ゆえ …

いやいや そういう 意味 で は なくて

こんなに   ご飯 ばっかり 食べる もの な んです か ?

は あ ? いい です   いい です

いただき ます

うまい

釜 で 炊いて る から かな 全然   違い ます

釜 で 炊か ぬ 方法 が ある ので ございます か ?

うん

あ ッ

これ が   兄 の 部屋 に

どうも

それ は   何 を する 道具 な ので ございます か ?

まあ …

あの   まげ は   お 結い に なら れ ない ので ございます か ?

はい

あの 白い   お召し物 は 異国 の もの で ございます か ?

そう です ね   ある 意味

では   あの 長崎 の ほう に でも ?

( 栄 ) 恭 太郎 が 目覚めた ようで ございます

経過 は   良好です

このまま   もう 少し 安静に して いて ください

南方 様

この度 は   ありがとう ございました

これ は ? お礼 で ございます

結構です   そんな そのような わけ に は まいり ませ ぬ

いや   ホントに   私 も 恭 太郎 さん に 命 を 助けて もらった ので

ホントに …

では   せめて 駕籠 を お呼び いたし ます

お 住まい は どちら で ございます か ?

ああ …

すいません

覚えて ない んです

覚えて ない と は どういう こと で ございます か ?

林 の 中 で 転んだ とき に 頭   打った せい かも しれ ませ ん

どうも 記憶 が なくて

そういう お 話 聞いた こと が ございます

お 名前 は 覚えて らっしゃい ました よ ね

ええ   まあ

何 か   覚えて たり 覚えて なかったり と いう か

ずいぶん 都合 の よろしい こと で

ハハハハ …

身元 を お 調べ し ましょう か ?

蘭 方 医 なら   そんなに 数 が 多い わけで も ございませ ぬ

調べれば   すぐに 分かる と …

いやいや 大丈夫です 私 は   蘭 方 医 で は ない んで

すぐ 思い出す と 思い ます んで

ホントに お 気遣い なく   お 気遣い なく

〈 そう いえば 〉

〈 どうして   あんな 物 を 持ち出そう と した んだ ?〉

《 戻る ぜ よ   あん 世界 へ 》

〈 あの 人 を 見つければ 戻れる の か ?〉

〈 あの 標本 は …〉

パッキン

≪( 栄 ) 南方 様 は   当分 ここ に いらっしゃる お つもりな のです か

お 住まい の 方 も 思い出せ ない と   おっしゃって たし

しばらく   ここ に いて いただいて は ?

嘘 な ので は ないで す か ?→

話 が おかしい で は   あり ませ ぬ か

名前 は 覚えて いる の に 住んで いる 所 は 分から ぬ →

身元 を 調べる の も あの 嫌がり よう

もしかしたら お 尋ね 者 な ので は ないで す か

そんな 方 に は とても 見え ませ ん が

たとえ そう であって も

私 に とって は 命 の 恩人 で ございます

お 世話 する の が 人 の 道 か と

ですが … 主 は   私 で ございます !

ならば 主 らしく   思慮 深い 行動 を して いただき たい もの です

して いる つもりです が ≪( 栄 ) そうです か

恭 太郎 さん が 襲わ れた の は

勝 と か いう   異国 び いき の 所 に →

通って いる から で は ございませ ぬ か ?

軽 佻浮 薄 な 流行 に 乗る から こういう こと に なる ので は !

勝 先生 の ご 主張 こそ   これ から の この 国 を 立ち行か せる

唯一 の 道 で ございます これ 以上

主 を 亡くして は 橘 家 の 行く末 が 危ぶま れ ま する

≪( 栄 ) 南方 様 に は 感謝 して おり ます

ですが   物騒な こと に かかわり たく は ございませ ぬ →

私 は 最期 に   父上 と お 約束 いたし ました

何 が あって も 橘 家 を 守り抜く と

しかし 母上   父上 なら …

いえ   何でも

南方 先生   お 忘れ物 が

「 お 食事   ありがとう ございました 」

「 身元 を 思い出した ので これ にて 失礼 致し ます 」

先生 …

〈 あいつが いれば 戻れる はずだ 〉

〈 あいつ に 連れて こ られた ような もん な んだ から 〉

おい   ホルマリン 君

どこ 行っちゃ った んだ よ

何で こんな 目 に あわ なきゃ いけない んだ よ

〈 ここ って …〉

〈 これ   神田 川 ?〉

〈 また 落ちれば 〉

〈 戻れる ?〉

≪( 男 ) やめ ん かえ !

《 戻る ぜ よ   あん 世界 へ 》

≪( 男 ) やめ ん かえ 何 しち ょる が ぜ !

( 男 ) お まん は   アホ か !

人間 は なあ   急が ん でも いつか 死 ぬる が じゃき

ほっ ちょ いて も いつか 死 ぬる が を

わざわざ 苦労 して 死 ぬる なん ぞ   アホ の する こと じゃ

違い ます お まん は   そんな こと も 分から ん か

死ぬ つもり なんか あり ませ ん この アホ   アホ

死ぬ つもり なんか ない って 言って る でしょ   離して ください !

ほ いたら   何 し とった が ぜ ?

死のう と し ゆう ふうに しか 見え ん かった ぜ よ

家 に 帰ろう と 思った んです よ

家 に ?

お まん の 家 は この 谷 の 底 に ある が かい ?

そう です

ハッハッハッハッハッ !

ほうか   ほうか   そりゃ 邪魔 を して すま ん かった のう

いえ

お まん は 武士 じゃ ない が かえ ?

私 は   医者 です

医者

ほうか   医者 が 命 を 粗末に する わけ が ない のう

そう です よ いや   まっ こと   すま ん かった ぜ よ

アホ は   わし の 方 じゃ った のう

アッハッハッハッ

あの

名前   教えて もらえ ます か ?

いや   あなた の 声 が 聞こえた んです よ

あ ッ ?  ほり ゃあ   ほう じゃ ろう

そう じゃ なくて わ しか ?

わし は … ≪( 仲間 ) おい !→

どこ 行き ゆうが ぜ よ →

お まん は   それ やき どこ から も   はぐれる が じゃ

おお   すま ん   すま ん

ちょっと !

今度   お まん の 家   教えて くれ

わしゃ   しばらく 江戸 に おる き

あ ッ   違う か   ちょっと すいません

名前 !

あの !

どこ 行っちゃ った んだ よ

( にぎわい )

すごい

本物

毎度 ありがとう ございました

へ ッ ?

ど いた   ど いた ! あ ッ

はい   ど いた ! あいつ の 先祖   飛脚 だった の か な

≪( 茜 ) 旦那   変わった 頭 だ ね !→

何 だい   そりゃ 新しい はやり な の かい ?

いや

まあ   いい や 黒 米 いなり は   こっち だ よ

黒 米 いなり ?

黒 米 いなり だ ろ 食べ に 来た んだ ろ ?  ほら

≪( 茜 ) これ 食べ なきゃ 江戸っ子 と は いえ ない よ

ほら   並んだ   並んだ

ちょっと   私 は …

( 喜市 ) おじさん 枝豆 買って おくれよ

邪魔 す んじゃ ない よ   喜市 枝豆 の 方 が うまい よ

今   それ どころ じゃ ない んだ

じゃあ   ゆで卵 は どう ?  ゆで卵 は お っ 母さん が 売って る んだ

ごめん !


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.