image

JIN-仁-, JIN-仁- #01 (1)

〈( 未来 ) 私 達 は   当たり前だ と 思って いる 〉

〈 思い立てば   地球 の 裏側 に でも 行ける こと を 〉

〈 いつでも   思い を 伝える こと が できる こと を 〉

〈 平凡だ が   満ち足りた 日々 が 続く であろう こと を 〉

〈 闇 を 忘れて しまった ような 夜 を 〉

〈 でも   もし   ある 日   突然 〉

〈 その   すべて を 失って しまったら 〉

〈 鳥 の ような 自由 を 〉

〈 満たさ れた 生活 を 〉

〈 明るい 夜空 を   失って しまったら 〉

〈 闇 ばかり の 夜 に   たった 1 人 〉

〈 ほうり込ま れて しまったら …〉

〈 あなた は   そこ で 〉

〈 光 を 見つける こと が できる だろう か ?〉

〈 その 光 を つかもう と する だろう か ?〉

〈 それとも   光 なき 世界 に 〉

〈 光 を 与えよう と する だろう か ?〉

〈 あなた の   その 手 で 〉

≪( 救急 隊員 ) 錦 糸 公園 内 で 倒れて いる ところ を 発見 →

性別 は 男性   年齢 は 不明 顔面 は 殴打 さ れ   内出血 多数 →

右 前 額 部 から 頭 頂 部 に かけて 裂傷 あり

( 玉田 ) どうして   先生 が 執刀 して くれ ない んです か ?

ずっと 診て くださって いた じゃ ないで す か

いや   難しい 手術 なんで

どうしても   やって くださら ない んです か ?

杉田 先生 は   私 なんか より 腕 が 立つ 先生 だ し

絶対 に   その ほう が いい です 玉田 さん の ため です

( 野口 ) どうして   先生 が オペ し ない んです か ?

杉田 先生 は   すごい です けど 玉田 さん は   先生 を 信用 して …

アチッ !  熱い …

入れ すぎた

俺   結構   不注意で さ たまに   入れ すぎちゃ ったり して

そういう ヤツ な の は あ ?

( 博美 ) 南方 先生   救急 の 患者 診て いただいて も いい です か ?

は いはい   すぐ まいり ます

急性 硬 膜 外 血 腫 だ けど 変な もん くっついて る ね

( 医師 ) 松 果 体 部 から 脳 室 に かけて もともと 腫瘍 が あり ます ね

ハイドロ も 軽度 合併 して ます し ほか の 先生 は ?

脳 外科 は 先生 だけ です

先生 だったら   この 位置 の 摘出 朝飯前 でしょう

緊急 開 頭 して   血 腫 除去

術中 の 様子 で 脳 実質 に 損傷 が なければ

そのまま   腫瘍 を 摘出 し ます ( 一同 ) はい

麻酔 完了 し ました

では   まず   硬 膜 外 血 腫 の 除去 手術 を 始め ます

開 頭 し ます

パーフォレーター

クラニオトーム

血 腫   除去 しよう

では   続いて   腫瘍 の 摘出 を 行い ます   マイクロ 用意 して

吸引 管 3 号 と バイポーラー

よし   腫瘍 が 見えて きた

マイクロ 剪刀

これ   胎児 の 組織 成分 です か ?

頭がい 骨 内 の 封 入 奇形 胎児

いや   幼児 や 子供 に は こういう 例 も ある と いう が

この 患者 は   どう 見て も 成人 だし

ともかく   摘出 して 病理 診断 に まわそう

脳 実質 と 腫瘍 の 境界 を はく離 …

≪( 博美 ) どうかさ れ ました ?

いや   大丈夫だ

≪( 野口 ) 南方 先生 って どうして   ああ な んです か ?→

手術   全然   下手 と か じゃ ない の に 面倒くさい んです かね

ここ に 来た の って   今月 から ? はい

じゃあ   まだ 知ら ない の か 友永 先生 の こと は

何 す か ?

≪( 博美 ) 友永 先生 は 外科 の 優秀な お 医者 さん で →

仁 先生 の 恋人 だった 人 →

学生 時代 から 知り合い だった らしい んだ けど →

3 年 前   友永 先生 が この 病院 に 来た とき から →

付き合い が 始まって →

いよいよ 結婚 かって とき に なって →

脳幹 部 に 腫瘍 が 見つかった の

脳幹 部 に 腫瘍 です か ?

絶望 的だった んだ けど   南方 先生 は 手術 を する こと に した の よ

《≪( 杉田 ) 南方   これ は 絶対 に 無理だ ぞ 》

《 大丈夫です   サブオクシピタルアプローチ と トランスコンディラーアプローチ を …》

《( 杉田 ) 腫瘍 は   脳幹 部 に 食い込んで る んだ ぞ →》

《 これ は   手術 じゃ なくて 実験 だ !》

《 何も し なくて も 死 を 待つ だけ だ ろ !》

《 これ は   患者 の 望み で も ある んです 》

《 この 手術 が 成功 すれば 》

《 これ から   何 千 人 と いう 人 達 が 希望 を 持つ こと が できる 》

《 もし   成功 し なくて も …》

《 その 礎 と なれる なら   本望 だ と 》

《 そう 言って ました 》

≪( 博美 ) その ころ の   南方 先生 は 脂 の 乗りきった 状態 だった し →

友永 先生 も   南方 先生 を 信用 して いた し →

みんな が   奇跡 を 信じる こと に した

《 思った 以上 に 腫瘍 が 動脈 を 巻き込んで る な 》

《 どう する ?  南方 》

《 やめた ほう が いい んじゃ ない か 》

《 続け ます 》 《 南方 !》

《 主治医 は   俺 だ 》

《 小脳 を 切除 する バイポーラー  20 から 30 に あげて 》

≪( 博美 ) 結果 は 腫瘍 は 除去 できた んだ けど →

その とき に   動脈 を 傷つけて 大量 出血 を 起こしちゃ って →

その 結果   友永 先生 は 植物 状態 に なって しまった の

それ から   南方 先生 は 難しい 手術 は

ほか の 先生 に あずける ように なった の

でも   そのかわり   ほか の 先生 達 が 手術 に 集中 できる ように

数 を こなし 夜勤 を 代わる ように なって

私 は   南方 先生 を 責める 気 に は なれ ない な

未来   今日 さ

すごい もん 見つけた んだ よ

胎児 様 奇形 腫

見て みたいだ ろ

どう だ   起きて み ない か ?

そろそろ 飲んで くれ ませ ん か ねえ

あんなに 飲み た がって た くせ に

何とか 言えよ

無愛想だ な

《 私さ   ここ の 夕日 が 》

《 世界 で 一 番 きれいだ と 思う んだ よ ね 》

《 それ   言いすぎ だ ろ 》

《 南 の 島 と か   ヒマラヤ と か さ 》

《 もっと   すごい 夕日 なんて いくら で も ある だ ろ 》

《 分かって ない なあ   もう 》

《 あそこ で   いい 仕事 を して その 充実 感 を 感じ ながら 見る 》

《 だ から   きれいな んじゃ ない 》

《 そういう 話 》

《 これ が つく と   さらに きれいに 見える んだ けど 》

《 おい !》 《 ちょっと だけ 》

《 ダメ だって   明日   手術 だ ろ 》 《1 本  1 本 だけ 》

《 ねえ   付き合って よ 》 《 ダメ だって 》

《 いい じゃ ない !  これ が 最後 かも しれ ない んだ から 》

《 ごめん 》

《 仁 先生 を さ   信用 して ない わけじゃ ない んだ よ 》

《 でも   ほら   もしも って いう か …》

《 ごめん ね 》

《 ホント は   私 が 一 番 》

《 信じて て あげ なきゃ いけない のに 》

《 仁 先生 だって すごい プレッシャー な のに 》

《 必死で   平気な ふり して て くれて る のに 》

《 でも …》

《 でも   怖くて …》

《 こんなに 怖い んだ ね 手術 さ れる ほう って 》

《 私   今 まで 全然   分かって なかった よ 》

《 いい 勉強 に なった 》

《 俺 も   怖い よ 》

《 すげ ー   怖い 》

《 失敗 したら   どう しよう って それ ばっ か 考えて る 》

《 でも   そういう とき は アレ を 思い出す んだ 》

《 未来 の 好きな 言葉 》

《 神 は   乗り越え られる 試練 しか 与え ない ?》

《 そ っか 》

《 そう だった ね 》

《 あ ッ   手術 終わったら 新婚 旅行 》

《 ヒマラヤ に 夕日 でも 見 に 行く か 》

《 その 思い込み   正す ため に 》

《 ヤダ   ここ で 一緒に ビール 飲んで もらう 》

《 思い込み を 正す ため に 》

《 おい   ダメだ よ ちょっと   ダメ だって …》

《 冷たい !》

じゃあ   もう   帽子 は 大丈夫だ な

ちょ   ちょ   ちょ 返して ください って …

南方 先生

すいません でした

何も 知ら ないで 偉 そうな こ と 言って

でも   俺 は   やっぱり   玉田 さん は

先生 が オペ する べきだ と 思い ます

( 野口 ) こんな こと 考え たく ない です けど

もしも の とき   全然   知ら ない 先生 に 失敗 さ れた んじゃ

玉田 さん も 浮かば れ ない って いう か …

あんな こと が あって 怖い の は 分かり ます けど

医者 は   患者 の ため に   その 恐怖 と 戦う べきな んじゃ ない です か ?

一緒に 恐怖 と 戦う から 尊敬 さ れる んじゃ ない んです か ?

「 先生 」 って 呼ば れる んじゃ ない んです か ?

失敗 して 傷つか ない 人間 なんて い ないで すよ

先生 は   卑怯 です

先生 の やり 方 は   自分 の 代わり に

他人 に 傷ついて もらって る ような もん じゃ ないで す か

その とおり え ッ ?

その とおり だ よ

俺 みたいな 医者 に なる な よ な

( PHS の バイブレーター )

お呼び だ

はい

患者 の 傷 は   何 か 鋭利な 刃物 で

頭部 に 切りつけ られた もの と 思わ れ ます

頭がい 骨 骨折 と   急性 硬 膜 外 血 腫 を 起こして いた ので

緊急 手術 を 行い ました

顔面 に 無数の 打撲 傷 が あり 人相 は   はっきり し ませ ん が

年齢 は  30 代 から 40 代 身長 は  180 センチ 程度   中肉

血液型 は   A 型 の RH プラス です ( 刑事 A ) 意識 は ?

まだ 戻って ませ ん 当分 は   絶対 安静 が 必要です が

( 刑事 B ) 意識 が 戻り 次第 署 の ほう へ 連絡 して ください

どうして   彼 は 襲わ れた んです か ?

≪( 刑事 A ) まったく 分から ない んです →

身元 を 証明 する ような 物 が 何も なくて →

本人 から 事情 を 聴取 する しか ない 状態 で

ほか に   身体 的な 特徴 は なかった でしょう か ?

手がかり に なる か 分かり ませ ん が

腫瘍 が 見つかった ので 摘出 し ました

非常に 珍しい 胎児 の 形 を した もの です

もしかしたら 本物 の 胎児 かも しれ ない んです

大丈夫です か ?  先生 !

大丈夫です

最近   寝不足な んで

( 梅子 ) 意識 は   まだ 傾 眠 傾向 です

バイタルサイン は 安定 して ます そうです か

早く 自分 の 名前 くらい   言える ように なる と いい んです けど ね

何 か あったら   すぐ 連絡 ください は い

やる よ 杉田

こない だ   机 の 中 から 出て きた んだ

見て きた よ   例の 腫瘍

すごい だ ろ あれ   どう 見て も 胎児 だ よ な

斎藤 教授 も 興味 持って た みたいで さ

早く   組織 細胞 診断 に 出せ と か

学会 に 間に合わ せろ って うるさくて な

そう だろう な そう 言わ れた んだ けど さ

お前   やって みたら ?

こんな 症例 に 当たる なんて さ

ぶっちゃ け すごい チャンス だ と 思う し

お前 の こんな 状態

未来 ちゃん だって 喜んで ない と 思う ぞ

現場 の 医者 は   いつも 足 ん ないし 介護 も ある し

論文 書く 余裕 あったら 正直   寝 たい よ

気 が 変わったら いつでも 連絡 くれ

痛 ッ …  何 だ   これ

チャンス か あ …

ウワッ

どうか して る な

先生   例の 患者 が 部屋 から い なく なり ました

は あ ?

≪( 博美 ) 薬品 棚 が 荒らさ れて ます

大丈夫です か ?  戻り ましょう まだ   安静に して ない と 危険です

どうして   こんな こと した んです か ?

どうして   これ を …

≪( 男 ) 戻る ぜ よ

戻る ぜ よ   あん 世界 へ

え ッ …

ちょっと … 待ち なさい   待て !

うわ ーーーーーッ !

どう なって んだ …

どこ な んだ よ   ここ

あの 男   何 だって   こんな 物 …

≪ 待て !  逃がす な

おい   誰 か ッ

助けて ください !

≪ 逃がす な !

時代 劇 ?

なんだ   撮影 か

覚悟 ー !

うわ   本物 …

そこ に おる 者 は 誰 か !

いや   私 は 偶然 … ( 浪人 ) 怪しい なり を し おって

見 られた と あって は 生かして は おけ ぬ   覚悟 !

ケガ は ? いえ

では   逃げろ   早く !

早く ! はい

≪( 浪人 ) 死ね !

≪ おい   誰 か 来た ぞ !

おい   そこ で 何 を して おる !?

まずい   水戸 藩 だ   行く ぞ   ひけ !

( うめき声 )

大丈夫です か ?

忠 兵衛 は …

そこ の 供 の 者 が …

残念です が …

そ   そ なた は … 私 は   医者 です

私 は   助から ぬ な

いえ   無理で は ない と 思い ます

助かる の か ?

手術 さえ できれば の 話 です が

どうか   侍 の くせ に

女々しい ヤツ と   お 笑い に なら ないで いただき たい

今   ここ で 私 が 死ねば お家 は   お 取り つぶし

母 も 妹 も   路頭 に 迷う

頼む

私 は   まだ   ここ で 死ぬ わけに は いか ぬ のだ

( 家臣 A ) 水戸 藩 家中 の 者 で ご ざる これ は 一体   どういう こと か ?

湯島 4 丁目   裏通り   樹木 谷 に 住む

小 普請 組   小笠原 順 三郎 支配 内

橘 恭 太郎 で ございます

3 人 の 見知らぬ 者 に 襲わ れ

供 の 者 は   斬ら れて しまい …

橘 殿   どう な すった !? しっかり なされ

( 家臣 B ) お 主 は   何 を して おる

( 家臣 C ) 奇 態 なな り を して おる が 西洋 人 か !?

私 は   医者 です ( A ) 蘭 方 医 か ?

この 人 は   急性 硬 膜 外 血 腫 の 可能 性 が 高い

30 分 から   最長 1 時間 以内 に オペ し なければ 手遅れに なり ます

オ   オペ ? 何 を 言って おる のだ   そのほう は

とにかく   一刻 も 早く 彼 を 運んで ください

〈 これ は   夢 か ?〉

〈 だ と したら   なんて 長い 〉

〈 生々しい 夢 な んだろう 〉

≪ さあ   ここ へ

忠 兵衛   恭 太郎 !

何故   このような こと に …

兄 上 ! ( 栄 ) 咲   何 か   かける もの を …

そのまま   部屋 の 中 へ 運んで ください



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

〈( 未来 ) 私 達 は   当たり前だ と 思って いる 〉

〈 思い立てば   地球 の 裏側 に でも 行ける こと を 〉

〈 いつでも   思い を 伝える こと が できる こと を 〉

〈 平凡だ が   満ち足りた 日々 が 続く であろう こと を 〉

〈 闇 を 忘れて しまった ような 夜 を 〉

〈 でも   もし   ある 日   突然 〉

〈 その   すべて を 失って しまったら 〉

〈 鳥 の ような 自由 を 〉

〈 満たさ れた 生活 を 〉

〈 明るい 夜空 を   失って しまったら 〉

〈 闇 ばかり の 夜 に   たった 1 人 〉

〈 ほうり込ま れて しまったら …〉

〈 あなた は   そこ で 〉

〈 光 を 見つける こと が できる だろう か ?〉

〈 その 光 を つかもう と する だろう か ?〉

〈 それとも   光 なき 世界 に 〉

〈 光 を 与えよう と する だろう か ?〉

〈 あなた の   その 手 で 〉

≪( 救急 隊員 ) 錦 糸 公園 内 で 倒れて いる ところ を 発見 →

性別 は 男性   年齢 は 不明 顔面 は 殴打 さ れ   内出血 多数 →

右 前 額 部 から 頭 頂 部 に かけて 裂傷 あり

( 玉田 ) どうして   先生 が 執刀 して くれ ない んです か ?

ずっと 診て くださって いた じゃ ないで す か

いや   難しい 手術 なんで

どうしても   やって くださら ない んです か ?

杉田 先生 は   私 なんか より 腕 が 立つ 先生 だ し

絶対 に   その ほう が いい です 玉田 さん の ため です

( 野口 ) どうして   先生 が オペ し ない んです か ?

杉田 先生 は   すごい です けど 玉田 さん は   先生 を 信用 して …

アチッ !  熱い …

入れ すぎた

俺   結構   不注意で さ たまに   入れ すぎちゃ ったり して

そういう ヤツ な の は あ ?

( 博美 ) 南方 先生   救急 の 患者 診て いただいて も いい です か ?

は いはい   すぐ まいり ます

急性 硬 膜 外 血 腫 だ けど 変な もん くっついて る ね

( 医師 ) 松 果 体 部 から 脳 室 に かけて もともと 腫瘍 が あり ます ね

ハイドロ も 軽度 合併 して ます し ほか の 先生 は ?

脳 外科 は 先生 だけ です

先生 だったら   この 位置 の 摘出 朝飯前 でしょう

緊急 開 頭 して   血 腫 除去

術中 の 様子 で 脳 実質 に 損傷 が なければ

そのまま   腫瘍 を 摘出 し ます ( 一同 ) はい

麻酔 完了 し ました

では   まず   硬 膜 外 血 腫 の 除去 手術 を 始め ます

開 頭 し ます

パーフォレーター

クラニオトーム

血 腫   除去 しよう

では   続いて   腫瘍 の 摘出 を 行い ます   マイクロ 用意 して

吸引 管 3 号 と バイポーラー

よし   腫瘍 が 見えて きた

マイクロ 剪刀

これ   胎児 の 組織 成分 です か ?

頭がい 骨 内 の 封 入 奇形 胎児

いや   幼児 や 子供 に は こういう 例 も ある と いう が

この 患者 は   どう 見て も 成人 だし

ともかく   摘出 して 病理 診断 に まわそう

脳 実質 と 腫瘍 の 境界 を はく離 …

≪( 博美 ) どうかさ れ ました ?

いや   大丈夫だ

≪( 野口 ) 南方 先生 って どうして   ああ な んです か ?→

手術   全然   下手 と か じゃ ない の に 面倒くさい んです かね

ここ に 来た の って   今月 から ? はい

じゃあ   まだ 知ら ない の か 友永 先生 の こと は

何 す か ?

≪( 博美 ) 友永 先生 は 外科 の 優秀な お 医者 さん で →

仁 先生 の 恋人 だった 人 →

学生 時代 から 知り合い だった らしい んだ けど →

3 年 前   友永 先生 が この 病院 に 来た とき から →

付き合い が 始まって →

いよいよ 結婚 かって とき に なって →

脳幹 部 に 腫瘍 が 見つかった の

脳幹 部 に 腫瘍 です か ?

絶望 的だった んだ けど   南方 先生 は 手術 を する こと に した の よ

《≪( 杉田 ) 南方   これ は 絶対 に 無理だ ぞ 》

《 大丈夫です   サブオクシピタルアプローチ と トランスコンディラーアプローチ を …》

《( 杉田 ) 腫瘍 は   脳幹 部 に 食い込んで る んだ ぞ →》

《 これ は   手術 じゃ なくて 実験 だ !》

《 何も し なくて も 死 を 待つ だけ だ ろ !》

《 これ は   患者 の 望み で も ある んです 》

《 この 手術 が 成功 すれば 》

《 これ から   何 千 人 と いう 人 達 が 希望 を 持つ こと が できる 》

《 もし   成功 し なくて も …》

《 その 礎 と なれる なら   本望 だ と 》

《 そう 言って ました 》

≪( 博美 ) その ころ の   南方 先生 は 脂 の 乗りきった 状態 だった し →

友永 先生 も   南方 先生 を 信用 して いた し →

みんな が   奇跡 を 信じる こと に した

《 思った 以上 に 腫瘍 が 動脈 を 巻き込んで る な 》

《 どう する ?  南方 》

《 やめた ほう が いい んじゃ ない か 》

《 続け ます 》 《 南方 !》

《 主治医 は   俺 だ 》

《 小脳 を 切除 する バイポーラー  20 から 30 に あげて 》

≪( 博美 ) 結果 は 腫瘍 は 除去 できた んだ けど →

その とき に   動脈 を 傷つけて 大量 出血 を 起こしちゃ って →

その 結果   友永 先生 は 植物 状態 に なって しまった の

それ から   南方 先生 は 難しい 手術 は

ほか の 先生 に あずける ように なった の

でも   そのかわり   ほか の 先生 達 が 手術 に 集中 できる ように

数 を こなし 夜勤 を 代わる ように なって

私 は   南方 先生 を 責める 気 に は なれ ない な

未来   今日 さ

すごい もん 見つけた んだ よ

胎児 様 奇形 腫

見て みたいだ ろ

どう だ   起きて み ない か ?

そろそろ 飲んで くれ ませ ん か ねえ

あんなに 飲み た がって た くせ に

何とか 言えよ

無愛想だ な

《 私さ   ここ の 夕日 が 》

《 世界 で 一 番 きれいだ と 思う んだ よ ね 》

《 それ   言いすぎ だ ろ 》

《 南 の 島 と か   ヒマラヤ と か さ 》

《 もっと   すごい 夕日 なんて いくら で も ある だ ろ 》

《 分かって ない なあ   もう 》

《 あそこ で   いい 仕事 を して その 充実 感 を 感じ ながら 見る 》

《 だ から   きれいな んじゃ ない 》

《 そういう 話 》

《 これ が つく と   さらに きれいに 見える んだ けど 》

《 おい !》 《 ちょっと だけ 》

《 ダメ だって   明日   手術 だ ろ 》 《1 本  1 本 だけ 》

《 ねえ   付き合って よ 》 《 ダメ だって 》

《 いい じゃ ない !  これ が 最後 かも しれ ない んだ から 》

《 ごめん 》

《 仁 先生 を さ   信用 して ない わけじゃ ない んだ よ 》

《 でも   ほら   もしも って いう か …》

《 ごめん ね 》

《 ホント は   私 が 一 番 》

《 信じて て あげ なきゃ いけない のに 》

《 仁 先生 だって すごい プレッシャー な のに 》

《 必死で   平気な ふり して て くれて る のに 》

《 でも …》

《 でも   怖くて …》

《 こんなに 怖い んだ ね 手術 さ れる ほう って 》

《 私   今 まで 全然   分かって なかった よ 》

《 いい 勉強 に なった 》

《 俺 も   怖い よ 》

《 すげ ー   怖い 》

《 失敗 したら   どう しよう って それ ばっ か 考えて る 》

《 でも   そういう とき は アレ を 思い出す んだ 》

《 未来 の 好きな 言葉 》

《 神 は   乗り越え られる 試練 しか 与え ない ?》

《 そ っか 》

《 そう だった ね 》

《 あ ッ   手術 終わったら 新婚 旅行 》

《 ヒマラヤ に 夕日 でも 見 に 行く か 》

《 その 思い込み   正す ため に 》

《 ヤダ   ここ で 一緒に ビール 飲んで もらう 》

《 思い込み を 正す ため に 》

《 おい   ダメだ よ ちょっと   ダメ だって …》

《 冷たい !》

じゃあ   もう   帽子 は 大丈夫だ な

ちょ   ちょ   ちょ 返して ください って …

南方 先生

すいません でした

何も 知ら ないで 偉 そうな こ と 言って

でも   俺 は   やっぱり   玉田 さん は

先生 が オペ する べきだ と 思い ます

( 野口 ) こんな こと 考え たく ない です けど

もしも の とき   全然   知ら ない 先生 に 失敗 さ れた んじゃ

玉田 さん も 浮かば れ ない って いう か …

あんな こと が あって 怖い の は 分かり ます けど

医者 は   患者 の ため に   その 恐怖 と 戦う べきな んじゃ ない です か ?

一緒に 恐怖 と 戦う から 尊敬 さ れる んじゃ ない んです か ?

「 先生 」 って 呼ば れる んじゃ ない んです か ?

失敗 して 傷つか ない 人間 なんて い ないで すよ

先生 は   卑怯 です

先生 の やり 方 は   自分 の 代わり に

他人 に 傷ついて もらって る ような もん じゃ ないで す か

その とおり え ッ ?

その とおり だ よ

俺 みたいな 医者 に なる な よ な

( PHS の バイブレーター )

お呼び だ

はい

患者 の 傷 は   何 か 鋭利な 刃物 で

頭部 に 切りつけ られた もの と 思わ れ ます

頭がい 骨 骨折 と   急性 硬 膜 外 血 腫 を 起こして いた ので

緊急 手術 を 行い ました

顔面 に 無数の 打撲 傷 が あり 人相 は   はっきり し ませ ん が

年齢 は  30 代 から 40 代 身長 は  180 センチ 程度   中肉

血液型 は   A 型 の RH プラス です ( 刑事 A ) 意識 は ?

まだ 戻って ませ ん 当分 は   絶対 安静 が 必要です が

( 刑事 B ) 意識 が 戻り 次第 署 の ほう へ 連絡 して ください

どうして   彼 は 襲わ れた んです か ?

≪( 刑事 A ) まったく 分から ない んです →

身元 を 証明 する ような 物 が 何も なくて →

本人 から 事情 を 聴取 する しか ない 状態 で

ほか に   身体 的な 特徴 は なかった でしょう か ?

手がかり に なる か 分かり ませ ん が

腫瘍 が 見つかった ので 摘出 し ました

非常に 珍しい 胎児 の 形 を した もの です

もしかしたら 本物 の 胎児 かも しれ ない んです

大丈夫です か ?  先生 !

大丈夫です

最近   寝不足な んで

( 梅子 ) 意識 は   まだ 傾 眠 傾向 です

バイタルサイン は 安定 して ます そうです か

早く 自分 の 名前 くらい   言える ように なる と いい んです けど ね

何 か あったら   すぐ 連絡 ください は い

やる よ 杉田

こない だ   机 の 中 から 出て きた んだ

見て きた よ   例の 腫瘍

すごい だ ろ あれ   どう 見て も 胎児 だ よ な

斎藤 教授 も 興味 持って た みたいで さ

早く   組織 細胞 診断 に 出せ と か

学会 に 間に合わ せろ って うるさくて な

そう だろう な そう 言わ れた んだ けど さ

お前   やって みたら ?

こんな 症例 に 当たる なんて さ

ぶっちゃ け すごい チャンス だ と 思う し

お前 の こんな 状態

未来 ちゃん だって 喜んで ない と 思う ぞ

現場 の 医者 は   いつも 足 ん ないし 介護 も ある し

論文 書く 余裕 あったら 正直   寝 たい よ

気 が 変わったら いつでも 連絡 くれ

痛 ッ …  何 だ   これ

チャンス か あ …

ウワッ

どうか して る な

先生   例の 患者 が 部屋 から い なく なり ました

は あ ?

≪( 博美 ) 薬品 棚 が 荒らさ れて ます

大丈夫です か ?  戻り ましょう まだ   安静に して ない と 危険です

どうして   こんな こと した んです か ?

どうして   これ を …

≪( 男 ) 戻る ぜ よ

戻る ぜ よ   あん 世界 へ

え ッ …

ちょっと … 待ち なさい   待て !

うわ ーーーーーッ !

どう なって んだ …

どこ な んだ よ   ここ

あの 男   何 だって   こんな 物 …

≪ 待て !  逃がす な

おい   誰 か ッ

助けて ください !

≪ 逃がす な !

時代 劇 ?

なんだ   撮影 か

覚悟 ー !

うわ   本物 …

そこ に おる 者 は 誰 か !

いや   私 は 偶然 … ( 浪人 ) 怪しい なり を し おって

見 られた と あって は 生かして は おけ ぬ   覚悟 !

ケガ は ? いえ

では   逃げろ   早く !

早く ! はい

≪( 浪人 ) 死ね !

≪ おい   誰 か 来た ぞ !

おい   そこ で 何 を して おる !?

まずい   水戸 藩 だ   行く ぞ   ひけ !

( うめき声 )

大丈夫です か ?

忠 兵衛 は …

そこ の 供 の 者 が …

残念です が …

そ   そ なた は … 私 は   医者 です

私 は   助から ぬ な

いえ   無理で は ない と 思い ます

助かる の か ?

手術 さえ できれば の 話 です が

どうか   侍 の くせ に

女々しい ヤツ と   お 笑い に なら ないで いただき たい

今   ここ で 私 が 死ねば お家 は   お 取り つぶし

母 も 妹 も   路頭 に 迷う

頼む

私 は   まだ   ここ で 死ぬ わけに は いか ぬ のだ

( 家臣 A ) 水戸 藩 家中 の 者 で ご ざる これ は 一体   どういう こと か ?

湯島 4 丁目   裏通り   樹木 谷 に 住む

小 普請 組   小笠原 順 三郎 支配 内

橘 恭 太郎 で ございます

3 人 の 見知らぬ 者 に 襲わ れ

供 の 者 は   斬ら れて しまい …

橘 殿   どう な すった !? しっかり なされ

( 家臣 B ) お 主 は   何 を して おる

( 家臣 C ) 奇 態 なな り を して おる が 西洋 人 か !?

私 は   医者 です ( A ) 蘭 方 医 か ?

この 人 は   急性 硬 膜 外 血 腫 の 可能 性 が 高い

30 分 から   最長 1 時間 以内 に オペ し なければ 手遅れに なり ます

オ   オペ ? 何 を 言って おる のだ   そのほう は

とにかく   一刻 も 早く 彼 を 運んで ください

〈 これ は   夢 か ?〉

〈 だ と したら   なんて 長い 〉

〈 生々しい 夢 な んだろう 〉

≪ さあ   ここ へ

忠 兵衛   恭 太郎 !

何故   このような こと に …

兄 上 ! ( 栄 ) 咲   何 か   かける もの を …

そのまま   部屋 の 中 へ 運んで ください


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.