image

逃げるは恥だが役に立つ, 逃げるは恥だが役に立つ#08 (01)

( 日野 ) あれ ? 今日 も 弁当 なし ?

奥さん 怒らせ ちゃった ? 俺 も ある

弁当 開けたら 白米 オンリー ➡

塩 昆布 すら 入って ない の

( 沼田 ) 日野 君 は 何も 分かって ない な

津崎 君 の 今 まで の 弁当 の からくり を まるで 分かって ない

からくり ? 津崎 君 の 弁当 は 今 まで

津崎 君 自身 が 作って いた

バレンタイン デー に 自ら チョコレート を 買って

自ら の げた 箱 に 入れる あれ と 同じだ

そんな こと し ない ( 津崎 ) し ません ね

ともかく これ で はっきり した

みくり さん は …

日雇い 妻 だった んだ

俺ら が 会う とき だけ 雇って いた に すぎ ない

( 風見 ) 沼田 さん 津崎 さん と みくり さん は ➡

こう 見えて ラブラブ な んです よ

またまた ~ よく ある 夫婦げんか だって

ねえ ?

< あの 夜 …>

< あれ から と いう もの みくり さん は …>

< 何も なかった ように 接して くれて いた >

《( みくり ) 行ってらっしゃい 》 《 行ってきます 》

< だけど その 夜 …>

< 家 に 帰る と みくり さん は い なく なって いた >

僕 も よく 知ら ない んです 月曜 に 家事 代行 で 来た とき は

何も 言って なくて

百合 さん が 最後に 会った の は ? ( 百合 ) 同じ

月曜 の 夜 あなた の と この 帰り に 駅前 で

《 みくり 》

もらった アイス ワイン を 返した いって

《 ごめん これ 返す 》

《 高かった って 言ってた し 》

《 いっぱい 残って る の に 捨てる の 忍びなくて 》

《 口 に 合わ なかった ?》 《 おいしかった 》

《 えッ じゃ 何で ?》

《 見て る と 死に たく なる 》

アイス ワイン に 人 を そこ まで 追い詰める 何か が ある と は 思え ない んだ けど

津崎 さん と 何か あった んでしょう ね

やっぱり ?

もし 相手 が 僕 なら ビジネスライク に 徹して うまく いった と 思い ます が

うん ? 何の 話 ?

簡単な もん だ 気持ち 以外 は

あなた さ そういう 意味深 に 意味深 を 重ねる ような 話し 方

やめ なさい ね 気 に なる なら 連絡 して みて は ?

( 携帯 着信 )

みくり ?

☎ うん

いつ こっち に 戻って くる の ?

☎ 今 は 帰れ ない

どうして ?

☎ 離婚 危機 だ から

離婚 危機 !?

やっぱり そう なっ ちゃった の ?

うん 思いのほか 深刻 みたい で

( 桜 ) どうして 一緒に 洗う の ? 書いて ある でしょ 色 落ち 危険 って

( 栃男 ) 一つ一つ 見て たら 日 が 暮れ ちゃう

分かって ない 人 は 見る の 見て 洗う の そういう もの な の

これ 高くて お気に入り だった のに

☎ みくり ? ≪( 桜 )10 年間 ボタン を 取り替えて ➡

大事に 着て た の ! ごめん あと で メール する

お 母さん そんな 言い 方 し なくて も

この 人 おととい も 同じ こと した の

うっかり して うっかり も ヘチマ も ない !

お 母さん

はい

気 に する こと ない って

お 母さん ちょっと イライラ して る だけ だ よ

ちょっと ? うん かなり だ けど

お 母さん 体 丈夫 で 今 まで ケガ 一つ した こと なかった から

自分 でも 戸惑って る ん じゃない か な

みくり が 来て くれて よかった

私 こそ 助かった よ

< あの 夜 …>

< あれ から と いう もの 私 は >

< 何も なかった ように 暮らそう と した >

< でも 何 を して いて も …>

< あの 夜 の 記憶 が …>

ああ~ッ

ああ~ッ

ああッ

< それ でも 何とか 乗り切ろう と 頑張って 妄想 した >

≪( 観客 ) 森山 !

ええ ~ 放送 席 放送 席 森山 みくり 選手 です

お疲れさま でした お疲れさま でした

試合 を 振り返って いかが です か ?

やって しまい ました 痛恨 の ミス です

《 いい です よ 私 は 》

《 平匡 さん と なら そういう こと を して も 》

《 ごめんなさい 》

《 無理 です 僕 に は 》

あの 一言 さえ 言わ なければ

いい 雰囲気 の まま 一日 を 終わ れた のに

もっと 近づき たい と 欲 を かいて しまって

受け入れ られて いる と 思い込んだ 自分 が

痛い 女 だ な と …

頑張れ ! 頑張れ !

ごめんなさい

では 津崎 選手 に 対して 今 どんな お 気持ち です か ?

素晴らしい 方 で 尊敬 も して いる ので

今後 は 一定 の 距離 を 保って

慎重に 働いて いき たい と 思い ます

そう だ ! 頑張れ !

ありがとう ございました

< いける この 調子 だ >

< あの 夜 の こと は おもしろおかしい 出来事 と して >

< 妄想 で ちゃかし 倒して いけば きっと 乗り切れる >

< だけど ハグ の 日 は 容赦 なく やってくる >

ああーッ

行って らっしゃい 行って き ます

ああ ~

< 遠く へ 行き たい どこ で も いい 遠く へ >

( 携帯 着信 )

( ちがや ) 母さん 骨折 した って 脚立 から 落ちて 全治 2ヵ月

大変 じゃん 家 の こと は ?

☎( ちがや ) 父さん が やって る

足 以外 は ピンピン して る し 心配 し なくて いい から 来る なって

< バイト も 部活 も 学校 も 休んだ こと が ない >

< それ だけ が 自慢 だった >

< 生まれて 初めて の 職場 放棄 >

< せめて 準備 は 万端 に >

あッ

「 平匡 さん へ 」

「 母 が 骨折 して どうしても 帰って きて くれ と 言う ので 」

「 館山 に 行って き ます 」

「 冷蔵 庫 に 食事 が 入れて あり ます 」

< 何 だって よかった 逃げ 出せる の なら >

< 火曜日 から 逃げ 出せる の なら >

< 惨めな 自分 を 見 なくて 済む の なら >

< もう 戻れ ない かも しれ ない >

< それ も 人生 だ と もう 一人 の 私 が >

< うそぶいて いた >

♬~

≪( 桜 ) こんなに 何にも でき ない 人 だ と は 思って なかった

キャンプ で 料理 して なかった っけ ?

よくよく 考えたら 野菜 切って た の 私 だ し

カレー 作って た の 私 だ し

お 父さん 火 おこして 焼いて る だけ だった

だまされた わ

だまされた は ない でしょ

桜 さん が 勝手に 勘違い した だけ で

もっと 家事 やらせ とく ん だった

少し は 手伝って た よ ね ?

ゴミ 出し は して た

うん ? ゴミ 出し は 家事 と は 言わ ない よ

風呂 掃除 も した どれ ぐらい ?

月 2回 だった かな

( 葵 ) たま の 風呂 掃除 で ドヤ顔 されて も ね

葵 ちゃん

すいません つい ちがや さん を 思い出して

梢 ちゃん ジイジ だ よ

おいで 庭 から すいません

この 子 が 入っ ちゃって

お 義母 さん 足 大丈夫 です か ? ≪( 桜 ) 大丈夫 大丈夫

ねえ お 兄ちゃん 何も し ない の ? し ない し ない

家 に 帰ったら 「 疲れた ~ 肩 もんで ~」 って

こっち が もんで ほしい わ よ ね

まあ 今 は まだ いい んです けど 私 来月 から 職場 復帰 する んです

保育園 見つかった んだ ようやく

でも 仕事 して 梢 の 世話 して

ちがや さん の 面倒 まで 見る の は 自信 なくて

育て 方 が 悪くて ごめん ね ~ そういう つもり じゃ …

私 は 専業 主婦 だった し 家事 が 趣味 みたいな ところ が あって

やり すぎて た の かも 私 は やらされて た よ

みくり は 自分 から お 母さん の お 手伝い し ます って

そう だ っけ ? そう よ

( タイマー 終了 )

洗濯 終わった ー

手伝う よ 手伝い ます

ダメ お 父さん の 仕事

お 父さん が やり まーす

シワ 伸びて ない

パンパン ! して

パンパン うん

平匡 さん は どう な の ? 家事

うち は わりと 手伝って くれる かな

いい な ~

< お 給料 を もらって 家事 を して いる だ なんて >

< 無料 奉仕 を して いる 人達 の 前 で 言え ない >

( ナツキ ) また 一人 減る んです か ? うん 産休 に 入る んだ って

( ナツキ ) 最悪 ( 柚 ) ぶっちゃけ 迷惑

そういう こと 言わ ない の 土屋 さん だって 仕事 増える でしょ

ムカつき ません か ? 悪い けど もう そんな 次元 に い ない

感謝

感謝

私 の 分 まで 産んで くれて ありがとう

そういう もん す か ?

この 年 に なる と ね もう 嫉妬 なんて 通り越して る

でも 言わ れ ます よ ね

女 に 生まれた から に は どうのこうの

気 に し なきゃ いい の よ だって その分 働いて る もの

税金 納めて る もの

だから ね あなた達 も ブーブー 言わ ない の

今どき 産休 に 理解 の ある 会社 の が いい でしょ

それ に ね 福利 厚生 が ある って いう こと は まだ 安泰 って こと よ

社長 本当 の ところ どう な んです か ?➡

うち の 会社 大丈夫 な んです か ? これ から

( 神原 ) 何で 沼田 さん が 知って ん の ?

( 渡辺 ) すいません 僕 が 挙動 不審 だった みたい で

怪しま れて 後 を つけ られて

( 竹中 ) サーバー を 全部 落とす って 脅さ れたら 逆らえ ません

クソッ インフラ エンジニア め

この 会社 の 命綱 は 俺 が 握って いる

沼田 さん って 昔 国 の インフラ 守って た んです よ ね ?

ハード な 仕事 だった

給料 は 今 の 倍 ストレス は 5倍

( 竹中 ・ 渡辺 ) ああ ~

大変だった よ な あの 頃 は 今 も 大変な んじゃ ? どう な の よ

単に さ お 得意先 の M 社 が 買収 される かも って だけ

もし そう なって うち と の 取引 が 切ら れたら

うち の 売り上げ の 4割 が なくなり ます

まあ ね

軽い な 何とか なる って

ヤバかったら リストラ くらい は する と 思う けど

くらい ? 今 すぐ サーバー 破壊 する ぞ この 社長 様 !

まだ 決定 した わけじゃない し みんな を 動揺 させる と まずい から

この こと は 内密に 内密 って 言わ れて も

社内 で 株 やって る やつ も 多い だ ろ

インサイダー で あげ られ でも したら 責任 取れる ?

お 口 チャック 社長 命令

何 して ん の ? パニーニ 食べ ない の ?

沼田 さん 頼綱

( 舌 を 鳴らす )

放っ といて くれ ない か

≪( 風見 ) 津崎 さん ?

( 携帯 着信 )

「( 知佳 ) 隣 の 松本 さん ち の お 孫さん !」

「 うち の 孫 は いつ じゃ ろ ね ~?」

< 母さん ごめんなさい >

< あなた の 息子 は 子供 を つくる どころ か >

< スタート ライン に すら 立てて い ません >

< ハグ を して キス を する まで が やっと >

< 進む べき じゃなかった あそこ から >

《 平匡 さん に 何 か あったら 》

《 私 は 平匡 さん の 味方 です 》

< あの まま ずっと いら れたら >

< みくり さん >

< みくり さん の ように 妄想 で 気 を 紛らわせ たい けれど >

< そんな イマジネーション 僕 は 持ち合わせて い ません >

< 平和 だ >

< だが この 辺り に 仕事 は ない >

< このまま ここ で 暮らす >

< もし そう なったら >

♬~

そう です ね ~

もう 半年 かな 外 出て ません

ハッピー です よ 三食 昼寝 付き で ゲーム 三昧

毎日 充実 して ます

< 仕事 だ >

< 仕事 を 探さ ねば >

この 手 が あった か

野口 まゆ さん ! ( 野口 ) はッ はい

お 会い し たかった です ああ …

どうも … はじめまして

( 安恵 ) これ で 全部

( 桜 ) 蝶 ちゃん は ? ばあちゃん が 見て くれて る

立派 な レンコン ( 安恵 ) でしょう ?

筑前 煮 食べ たい

筑前煮 ? もっと 簡単 な のじゃ ダメ ?

やっ さん よッ

ホント 来る と は ね 来たら 野菜 ジャム 教える って 言った

来ない と 思った 私 の 機動力 な め んな よ

うん ?

契約 結婚 の こと は 内緒 だ から ね 分かった

人 多く ない ? ≪( 栃男 ) ちがや

早かった じゃない 何で みくり が いんだ よ

いい でしょ どうも ~

あッ 何 だ っけ

ヤンキー の やっ さん 安恵 だ から やっ さん

別に 似た ような もん じゃん

母さん 足 どう よ ?

兄貴 全然 変わ ん ない ね

壁 ドン して も いい よ 次 何 か 言ったら ね

壁 ドン ? ときめか ない 方

こういう ね ドーン って やつ ドン ?

津崎 君 呼ぼう はッ ?

明日 休み だ し 平匡 さん に も 予定 が ある し

電車 で ピューッ て 来たら ピューッ だ よ

擬音 で ごまかして も そんなに 近く ない

電話 で 聞く だけ なら タダ じゃない ≪( 栃男 ) そう しよう

電話 代 が かかる タダ じゃない

そういう 意味 じゃない わ よ ダメ 絶対

電話 の 乱用 禁止 ダメ ったら ダメ

まあ そこ まで 言う なら

旦那 と ケンカ して ん の ?

ああ~ッ それ で 家出

何 だ そっか そっか ➡

どうせ また 小 生意気 な こと 言った んだ ろ

もっと 優しく さ 疲れた 旦那 を 立て ない と

みくり お願い

いい加減 に

し なさーい !

ええ~~ッ

( ちがや ) 何で 俺 が こんな こと …

どうして お前 は こう 育っ ちゃった んだろう ね

えッ ? 俺 幸せ だ よ

周り の 人 も 幸せ に できたら いいね

自分 が 幸せ じゃない と 人 を 幸せ に でき ない よ

お前 いい こと 言う ね

父さん の 息子 です から

だから か うん



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

( 日野 ) あれ ? 今日 も 弁当 なし ?

奥さん 怒らせ ちゃった ? 俺 も ある

弁当 開けたら 白米 オンリー ➡

塩 昆布 すら 入って ない の

( 沼田 ) 日野 君 は 何も 分かって ない な

津崎 君 の 今 まで の 弁当 の からくり を まるで 分かって ない

からくり ? 津崎 君 の 弁当 は 今 まで

津崎 君 自身 が 作って いた

バレンタイン デー に 自ら チョコレート を 買って

自ら の げた 箱 に 入れる あれ と 同じだ

そんな こと し ない ( 津崎 ) し ません ね

ともかく これ で はっきり した

みくり さん は …

日雇い 妻 だった んだ

俺ら が 会う とき だけ 雇って いた に すぎ ない

( 風見 ) 沼田 さん 津崎 さん と みくり さん は ➡

こう 見えて ラブラブ な んです よ

またまた ~ よく ある 夫婦げんか だって

ねえ ?

< あの 夜 …>

< あれ から と いう もの みくり さん は …>

< 何も なかった ように 接して くれて いた >

《( みくり ) 行ってらっしゃい 》 《 行ってきます 》

< だけど その 夜 …>

< 家 に 帰る と みくり さん は い なく なって いた >

僕 も よく 知ら ない んです 月曜 に 家事 代行 で 来た とき は

何も 言って なくて

百合 さん が 最後に 会った の は ? ( 百合 ) 同じ

月曜 の 夜 あなた の と この 帰り に 駅前 で

《 みくり 》

もらった アイス ワイン を 返した いって

《 ごめん これ 返す 》

《 高かった って 言ってた し 》

《 いっぱい 残って る の に 捨てる の 忍びなくて 》

《 口 に 合わ なかった ?》 《 おいしかった 》

《 えッ じゃ 何で ?》

《 見て る と 死に たく なる 》

アイス ワイン に 人 を そこ まで 追い詰める 何か が ある と は 思え ない んだ けど

津崎 さん と 何か あった んでしょう ね

やっぱり ?

もし 相手 が 僕 なら ビジネスライク に 徹して うまく いった と 思い ます が

うん ? 何の 話 ?

簡単な もん だ 気持ち 以外 は

あなた さ そういう 意味深 に 意味深 を 重ねる ような 話し 方

やめ なさい ね 気 に なる なら 連絡 して みて は ?

( 携帯 着信 )

みくり ?

☎ うん

いつ こっち に 戻って くる の ?

☎ 今 は 帰れ ない

どうして ?

☎ 離婚 危機 だ から

離婚 危機 !?

やっぱり そう なっ ちゃった の ?

うん 思いのほか 深刻 みたい で

( 桜 ) どうして 一緒に 洗う の ? 書いて ある でしょ 色 落ち 危険 って

( 栃男 ) 一つ一つ 見て たら 日 が 暮れ ちゃう

分かって ない 人 は 見る の 見て 洗う の そういう もの な の

これ 高くて お気に入り だった のに

☎ みくり ? ≪( 桜 )10 年間 ボタン を 取り替えて ➡

大事に 着て た の ! ごめん あと で メール する

お 母さん そんな 言い 方 し なくて も

この 人 おととい も 同じ こと した の

うっかり して うっかり も ヘチマ も ない !

お 母さん

はい

気 に する こと ない って

お 母さん ちょっと イライラ して る だけ だ よ

ちょっと ? うん かなり だ けど

お 母さん 体 丈夫 で 今 まで ケガ 一つ した こと なかった から

自分 でも 戸惑って る ん じゃない か な

みくり が 来て くれて よかった

私 こそ 助かった よ

< あの 夜 …>

< あれ から と いう もの 私 は >

< 何も なかった ように 暮らそう と した >

< でも 何 を して いて も …>

< あの 夜 の 記憶 が …>

ああ~ッ

ああ~ッ

ああッ

< それ でも 何とか 乗り切ろう と 頑張って 妄想 した >

≪( 観客 ) 森山 !

ええ ~ 放送 席 放送 席 森山 みくり 選手 です

お疲れさま でした お疲れさま でした

試合 を 振り返って いかが です か ?

やって しまい ました 痛恨 の ミス です

《 いい です よ 私 は 》

《 平匡 さん と なら そういう こと を して も 》

《 ごめんなさい 》

《 無理 です 僕 に は 》

あの 一言 さえ 言わ なければ

いい 雰囲気 の まま 一日 を 終わ れた のに

もっと 近づき たい と 欲 を かいて しまって

受け入れ られて いる と 思い込んだ 自分 が

痛い 女 だ な と …

頑張れ ! 頑張れ !

ごめんなさい

では 津崎 選手 に 対して 今 どんな お 気持ち です か ?

素晴らしい 方 で 尊敬 も して いる ので

今後 は 一定 の 距離 を 保って

慎重に 働いて いき たい と 思い ます

そう だ ! 頑張れ !

ありがとう ございました

< いける この 調子 だ >

< あの 夜 の こと は おもしろおかしい 出来事 と して >

< 妄想 で ちゃかし 倒して いけば きっと 乗り切れる >

< だけど ハグ の 日 は 容赦 なく やってくる >

ああーッ

行って らっしゃい 行って き ます

ああ ~

< 遠く へ 行き たい どこ で も いい 遠く へ >

( 携帯 着信 )

( ちがや ) 母さん 骨折 した って 脚立 から 落ちて 全治 2ヵ月

大変 じゃん 家 の こと は ?

☎( ちがや ) 父さん が やって る

足 以外 は ピンピン して る し 心配 し なくて いい から 来る なって

< バイト も 部活 も 学校 も 休んだ こと が ない >

< それ だけ が 自慢 だった >

< 生まれて 初めて の 職場 放棄 >

< せめて 準備 は 万端 に >

あッ

「 平匡 さん へ 」

「 母 が 骨折 して どうしても 帰って きて くれ と 言う ので 」

「 館山 に 行って き ます 」

「 冷蔵 庫 に 食事 が 入れて あり ます 」

< 何 だって よかった 逃げ 出せる の なら >

< 火曜日 から 逃げ 出せる の なら >

< 惨めな 自分 を 見 なくて 済む の なら >

< もう 戻れ ない かも しれ ない >

< それ も 人生 だ と もう 一人 の 私 が >

< うそぶいて いた >

♬~

≪( 桜 ) こんなに 何にも でき ない 人 だ と は 思って なかった

キャンプ で 料理 して なかった っけ ?

よくよく 考えたら 野菜 切って た の 私 だ し

カレー 作って た の 私 だ し

お 父さん 火 おこして 焼いて る だけ だった

だまされた わ

だまされた は ない でしょ

桜 さん が 勝手に 勘違い した だけ で

もっと 家事 やらせ とく ん だった

少し は 手伝って た よ ね ?

ゴミ 出し は して た

うん ? ゴミ 出し は 家事 と は 言わ ない よ

風呂 掃除 も した どれ ぐらい ?

月 2回 だった かな

( 葵 ) たま の 風呂 掃除 で ドヤ顔 されて も ね

葵 ちゃん

すいません つい ちがや さん を 思い出して

梢 ちゃん ジイジ だ よ

おいで 庭 から すいません

この 子 が 入っ ちゃって

お 義母 さん 足 大丈夫 です か ? ≪( 桜 ) 大丈夫 大丈夫

ねえ お 兄ちゃん 何も し ない の ? し ない し ない

家 に 帰ったら 「 疲れた ~ 肩 もんで ~」 って

こっち が もんで ほしい わ よ ね

まあ 今 は まだ いい んです けど 私 来月 から 職場 復帰 する んです

保育園 見つかった んだ ようやく

でも 仕事 して 梢 の 世話 して

ちがや さん の 面倒 まで 見る の は 自信 なくて

育て 方 が 悪くて ごめん ね ~ そういう つもり じゃ …

私 は 専業 主婦 だった し 家事 が 趣味 みたいな ところ が あって

やり すぎて た の かも 私 は やらされて た よ

みくり は 自分 から お 母さん の お 手伝い し ます って

そう だ っけ ? そう よ

( タイマー 終了 )

洗濯 終わった ー

手伝う よ 手伝い ます

ダメ お 父さん の 仕事

お 父さん が やり まーす

シワ 伸びて ない

パンパン ! して

パンパン うん

平匡 さん は どう な の ? 家事

うち は わりと 手伝って くれる かな

いい な ~

< お 給料 を もらって 家事 を して いる だ なんて >

< 無料 奉仕 を して いる 人達 の 前 で 言え ない >

( ナツキ ) また 一人 減る んです か ? うん 産休 に 入る んだ って

( ナツキ ) 最悪 ( 柚 ) ぶっちゃけ 迷惑

そういう こと 言わ ない の 土屋 さん だって 仕事 増える でしょ

ムカつき ません か ? 悪い けど もう そんな 次元 に い ない

感謝

感謝

私 の 分 まで 産んで くれて ありがとう

そういう もん す か ?

この 年 に なる と ね もう 嫉妬 なんて 通り越して る

でも 言わ れ ます よ ね

女 に 生まれた から に は どうのこうの

気 に し なきゃ いい の よ だって その分 働いて る もの

税金 納めて る もの

だから ね あなた達 も ブーブー 言わ ない の

今どき 産休 に 理解 の ある 会社 の が いい でしょ

それ に ね 福利 厚生 が ある って いう こと は まだ 安泰 って こと よ

社長 本当 の ところ どう な んです か ?➡

うち の 会社 大丈夫 な んです か ? これ から

( 神原 ) 何で 沼田 さん が 知って ん の ?

( 渡辺 ) すいません 僕 が 挙動 不審 だった みたい で

怪しま れて 後 を つけ られて

( 竹中 ) サーバー を 全部 落とす って 脅さ れたら 逆らえ ません

クソッ インフラ エンジニア め

この 会社 の 命綱 は 俺 が 握って いる

沼田 さん って 昔 国 の インフラ 守って た んです よ ね ?

ハード な 仕事 だった

給料 は 今 の 倍 ストレス は 5倍

( 竹中 ・ 渡辺 ) ああ ~

大変だった よ な あの 頃 は 今 も 大変な んじゃ ? どう な の よ

単に さ お 得意先 の M 社 が 買収 される かも って だけ

もし そう なって うち と の 取引 が 切ら れたら

うち の 売り上げ の 4割 が なくなり ます

まあ ね

軽い な 何とか なる って

ヤバかったら リストラ くらい は する と 思う けど

くらい ? 今 すぐ サーバー 破壊 する ぞ この 社長 様 !

まだ 決定 した わけじゃない し みんな を 動揺 させる と まずい から

この こと は 内密に 内密 って 言わ れて も

社内 で 株 やって る やつ も 多い だ ろ

インサイダー で あげ られ でも したら 責任 取れる ?

お 口 チャック 社長 命令

何 して ん の ? パニーニ 食べ ない の ?

沼田 さん 頼綱

( 舌 を 鳴らす )

放っ といて くれ ない か

≪( 風見 ) 津崎 さん ?

( 携帯 着信 )

「( 知佳 ) 隣 の 松本 さん ち の お 孫さん !」

「 うち の 孫 は いつ じゃ ろ ね ~?」

< 母さん ごめんなさい >

< あなた の 息子 は 子供 を つくる どころ か >

< スタート ライン に すら 立てて い ません >

< ハグ を して キス を する まで が やっと >

< 進む べき じゃなかった あそこ から >

《 平匡 さん に 何 か あったら 》

《 私 は 平匡 さん の 味方 です 》

< あの まま ずっと いら れたら >

< みくり さん >

< みくり さん の ように 妄想 で 気 を 紛らわせ たい けれど >

< そんな イマジネーション 僕 は 持ち合わせて い ません >

< 平和 だ >

< だが この 辺り に 仕事 は ない >

< このまま ここ で 暮らす >

< もし そう なったら >

♬~

そう です ね ~

もう 半年 かな 外 出て ません

ハッピー です よ 三食 昼寝 付き で ゲーム 三昧

毎日 充実 して ます

< 仕事 だ >

< 仕事 を 探さ ねば >

この 手 が あった か

野口 まゆ さん ! ( 野口 ) はッ はい

お 会い し たかった です ああ …

どうも … はじめまして

( 安恵 ) これ で 全部

( 桜 ) 蝶 ちゃん は ? ばあちゃん が 見て くれて る

立派 な レンコン ( 安恵 ) でしょう ?

筑前 煮 食べ たい

筑前煮 ? もっと 簡単 な のじゃ ダメ ?

やっ さん よッ

ホント 来る と は ね 来たら 野菜 ジャム 教える って 言った

来ない と 思った 私 の 機動力 な め んな よ

うん ?

契約 結婚 の こと は 内緒 だ から ね 分かった

人 多く ない ? ≪( 栃男 ) ちがや

早かった じゃない 何で みくり が いんだ よ

いい でしょ どうも ~

あッ 何 だ っけ

ヤンキー の やっ さん 安恵 だ から やっ さん

別に 似た ような もん じゃん

母さん 足 どう よ ?

兄貴 全然 変わ ん ない ね

壁 ドン して も いい よ 次 何 か 言ったら ね

壁 ドン ? ときめか ない 方

こういう ね ドーン って やつ ドン ?

津崎 君 呼ぼう はッ ?

明日 休み だ し 平匡 さん に も 予定 が ある し

電車 で ピューッ て 来たら ピューッ だ よ

擬音 で ごまかして も そんなに 近く ない

電話 で 聞く だけ なら タダ じゃない ≪( 栃男 ) そう しよう

電話 代 が かかる タダ じゃない

そういう 意味 じゃない わ よ ダメ 絶対

電話 の 乱用 禁止 ダメ ったら ダメ

まあ そこ まで 言う なら

旦那 と ケンカ して ん の ?

ああ~ッ それ で 家出

何 だ そっか そっか ➡

どうせ また 小 生意気 な こと 言った んだ ろ

もっと 優しく さ 疲れた 旦那 を 立て ない と

みくり お願い

いい加減 に

し なさーい !

ええ~~ッ

( ちがや ) 何で 俺 が こんな こと …

どうして お前 は こう 育っ ちゃった んだろう ね

えッ ? 俺 幸せ だ よ

周り の 人 も 幸せ に できたら いいね

自分 が 幸せ じゃない と 人 を 幸せ に でき ない よ

お前 いい こと 言う ね

父さん の 息子 です から

だから か うん


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.