image

逃げるは恥だが役に立つ, 逃げるは恥だが役に立つ#02 (01)

( 駒田 ) こんばん は ( みくり ) こんばん は

本日 の テーマ は 契約 結婚 です ゲスト に 森山 みくり さん を お迎え し ました

よろしく お 願い し ます つい 先日 契約 結婚 を された と か

はい きっかけ は 就職 活動 の 失敗 でした

《 クビ です か ?》

派遣 先 でも 契約 を 切ら れて 困って いた 時

家事 代行 の バイト を した んです。

《 私 が ? この 津崎 さん の お宅 に 行く の ?》

《 初め まして 森山 です。 》 《 津崎 です よろしく お 願い し ます。 》

その 時 家事 と いう 仕事 の 可能性 に 気づき ました。

《 いっそ 住み込み で 働き たい ぐらい です。 》

《 雇い ませ ん か ? 就職 と いう 形 の 結婚 と いう か 》

《 家事 代行 スタッフ を 雇う 感覚 の 契約 結婚 と いう か 》

この 提案 に 津崎 さん が 乗って くれた んです。

《 試算 した 結果 事実婚 と いう 形 で 森山 さん を ここ へ 住まわせ。 》

《 給与 を 支払い 主婦 と して 雇用 する こと は 》

《 僕 に とっても 有意義 である と いう 結論 に 達し ました。 》

そして 晴れて 専業 主婦 と して 就職 する こと に

こうした 雇用 形態 は 男女 が 逆で も 成り立つ と 思う んです。

需要 と 供給 が 結びつけば

どんな ところ から でも 仕事 は 生まれる と いう。

( 皆川 ) 先ほど お 話 に 出た 事実婚 です が。 これ は

婚姻 届 を 出して い ない 状態 で 同居 して

生計 を 同一に して いる 場合 を 指し ます。 何らか の 事情 で

婚姻 届 を 出せ ない 制度 に 縛ら れ たく ない と いった 理由 から

事実婚 を 選択 する ケース も 増えて い ます。

フランス で は わりと ポピュラー みたい です ね。 しかし 日本 に おいて は まだまだ

理解 が 得られ にくい ん じゃない でしょう か。

それ も あって 対外 的に は 普通の 結婚 と して

推し進める こと に 決め ました。

今回 の 雇用 契約 に ついて は

2人 だけ の 秘密 と いう こと で よろしい です か ?

はい なかなか 理解 され ない と 思う ので。

同感 です。 続いて 森山 さん の 労働 条件 に ついて です が。

その他 必用 な 項目 は その 都度 話し合って 決めて いき ましょう。

詳細 は これ を 持ち帰って 読んで ください。

確認 し ます。

で 問題 の 結婚 式 に ついて です が。

ウチ の 両親 する の が 当然 って 雰囲気 でした。

ウチ も です。 しかし 実態 は ただ の 雇用 関係。

挙式 や 披露宴 は 何と して も 避け たい です。

同感 です。 ご 祝儀 なんて 受け取れ ない し。

会社 でも 結婚 式 は し ない の か って 問い詰め られ ました。

なぜ か そのまま 結婚 式 を する か し ない か の 意見 交換 会 に

異論 ! 反論 ! OBJECTION

( 日野 ) そりゃ やる でしょう。 自分 が 主役 に なれる 日 なんて。

他 に ない んだ から。

えッ? やった よ 楽しかった。

いきなり ポジティブ です ね。 あんまり 参考 に なら ない 人 です。

( 風見 ) 結婚 式 って 自己 満足 です よ ね。

幸せな 姿 を 見せつける こと で 納得 する って 言う。 したい 人 は すれば いい。

見事な 突き放し。 この 人 も 極端で。

( 沼田 ) 俺 は する 派 だ な。

結婚 式 って いう の は いわば カミングアウト だ。

世間 に 向かって 私達 は 結婚 し ます と 宣言 する 儀式 だ。

宣言 した 以上 簡単に は 引っ込め られ ない。

覚悟 が 生まれる。

説得 力 あり ます ね。 基本 的に ふざけて いる 人 なんで

意外 でした。 裏 を 返せば、

結婚 式 を し ない ため に は それ 相応 の

覚悟 を 見せ なければ なら ない。

会食 で は 僕 の 方 が 主 と なって 話 を 進め ます。

でない と ウチ の 父 が 納得 し ない と 思う ので。

お 父さん …?

いや、 とにかく。

何と して も 双方 の 両親 を 説得 し ましょう。

両親 と 百合 ちゃん です。 百合 ちゃん ?

《( 百合 ) 結婚 !? はあ~ッ ? あなた 誰 ? どこ の 馬 の 骨 !?》

こないだ は ごめんなさい。

突然の こと に 驚いて。

伯母さん が 心配 する の も 無理 は ない です。

百合 ちゃん です。 えッ ?

百合 さん って 呼んで ください。

あ … 重ね重ね 面倒くさい 伯母 で ごめんなさい。

百合 さん や ご 両親 が 森山 さん を 大切に 思う の は 当然 の こと です。

津崎 さん も もう 分かって くれて る から。

あなた達 は 名字 で 呼び 合って る の ?

2人 の 時 は 名前 で。

今日 ちがや 来る ? うん、 来る けど。

( 舌打ち )

ちょっと メイク 直して くる。 うん。

ちがや ? あッ、 私 の 兄 の 名前 です。

小1 の 時 まだ ギリギリ 20 代 だった 百合 ちゃん に 向かって

伯母さん は 一生 結婚 でき ない と 思う そう 言い放った 兄 です。

それ より 呼び 方。 盲点 でした。

練習 し ましょう。 これ から は 名前 で。 みくり。

みく …

さん 付け でも いい です か ? 了解 です。

みくり さん。

平匡 さん。

何 か テレ ます ね。

気のせい です。 です ね。

平匡 さん。 みくり さん。

平匡 さん。 みくり さ~ん。

( 知佳 ) 何 し ちょる ?

こちら は … 初めまして 森山 みくり と 申し ます。

ふつつか 者 です が よろしく お 願い いたし ます。

( 栃男 ) みくり!

ウチ の 両親 と 兄 夫婦 です。

森山 みくり の 父 で ございます。

< ついに きた 両家 顔合わせ。 いよいよ 始まる。 >

< 初めて の 共同 作業。 >

< この 場 を どうにか 切り抜ける !>

♬~

以前 津崎 君 の 会社 に 市 の システム を 依頼 した んです。

( 宗八 ) 息子 が 大変 お 世話に なり ました。

お 世話に なって る の は こっち の 方 です。

津崎 君 が 今 の 会社 に ヘッド ハンティング さ れて から も

パソコン で 分から ない こと が ある と メール で 教えて もらったり して。 ねッ?

今 は お 仕事 は ? 3 月 に 定年 退職 し ました。

それ で 千葉 の 館山 に 中古 の 家 を 買って

先週 越した ばかり です。

みくり さん は ? ( 桜 ) 前 の 家 の 契約 を

少し だけ 延ばして もらって 今 は みくり だけ が そこ に。

一緒に 暮らす に して も 津崎 君 の ご 両親 に

ご挨拶 して から と。 ねッ?

≪( 知佳 ) みくり さん。 はい。

みくり さん は 平匡 の どこ が 良かった の ?

今 聞か なくて も。 いつ 聞く ん よ?

え … そう です ね。

《 掃除 は キッチリ して ください 水回り は 重点 的に 》

《 窓 拭き も お 願い し ます 》

指示 が 具体 的で 明確

無駄 が ない んです。

それ から ...

《 そこ から 時給 を 算出 し 》

《1 日 7 時間 労働 と 考えた 時 の 月給 が こちら 》

突拍子もない 提案 に 対して も

現実 的な 解決 策 を 探って くれる

非常に 好ましい です。

( ちがや ) 上司 を 褒めて る みたい だ な。

ちゃちゃ 入れ ない!

とても 信頼 できる 頼りがい の ある 人 だ と 思い ました。

そう? はい。

平匡 さん は みくり の どこ が 良かった の ?

まあ、 取り柄 と 言えば 若さ だけ じゃ ない です か ?

( 葵 ) パパ ! ごめん ね、 みくり ちゃん。

いえ、 その とおり で。

いえ、 そんな こと は ない です。

みくり さん は 何でも できて 僕 に は もったいない 人 です。

むしろ 森山 家 の 皆さん に 申し訳ない と。

いや、 こっち こそ まさか 京大 出身 の 息子 が できる なんて。 ねえ?

うん。

それ で ? 式 は いつ 挙げる の ?

津崎 さん の ところ は 山口 だ し どこ で 挙げる に して も ➡

早く 頑張ら ない と。 洋装 ? 和装 ?

両方 って 手 も ある よ ね。 東京 と 山口 で 2 回 挙げて も いい し。

伯母さん の 結婚 式 じゃ ない んだ から

張り切る なら 自分 の 結婚 式 に し な よ。

パパ ! ちがや!

≪( 栃男 ) どうして お前 は そう … いつか 誰 か に 刺され ちゃう わ よ。

ごめんなさい、 百合 さん。 別に 気 に して ない から。

じゃあ、

お 父さん ビール でも いかが です ?

お 気遣い なく ありがとう ございます。

お父様 も … もう この 子 根 は いい 子 なん です けど ➡

ちょっと 口 が 悪くて ≪( 知佳 ) お母様 も どう です か ?

ぜひ … そんな とんでもない です。

結婚 式 は し ませ ん。

し ない と 2人 で 決め ました ...

2人 で。

《 入籍 した 夫婦 の 約 3割 が 結婚 式 を 挙げて い ない 》

《 と いう 統計 が あり ます これ を 根拠 に 説得 を 試み よう か と 》

《 ここ は 統計 より も 心理 に 訴える の は どう でしょう 》

《 片方 が ゴリ押し した 印象 を 与える と 》

《 もう 片方 の 両親 が 面白く なく 感じ ます 》

《 な ので 2人 で 決めた と いう 部分 を 強調 する んです 》

僕達 に とって 重要な の は

共に 暮らし、 共に 生活 する、 この 一点 です。

結婚 式 や 披露宴 など の 形式 張った もの は 必要 ない と

2人 で 決め ました。

でも … 2人 と も 初婚 な んだ し。 みくり ちゃん だって

ウエディング ドレス 着 たい でしょ ?

幸い そういう 憧れ は ない 方 な ので。 式 や 披露宴 に お 金 を 使う より も

その分 貯蓄 に 回した 方 が いい、 それ が 2人 の 考え です。

お 金 なら 少し ぐらい 出す ぞ。

古民家 で 退職 金 使っちゃ った でしょ?

2人 で やっていこう と いう 門出 から

ご 両親 の お 金 を あて に する の は 本意 で は あり ませ ん。

そう 2人 と も。 2人。 2人 って。

2人 に とって は それ で いい の かも しれ ない けど さ、

式 って いう の は 周り の 人 の ため に やる もん な んだ よ。

おっしゃる こと は もっとも です。

ですが、 あまり 付き合い の ない 知人 を 招いて

大々的な 祭り ごと を する より も

静か で ささやかな

そういった 暮らし を 大切に し たい。

それ が 僕達 2人 の 目指す 生活 です。

ですから どうか … はい

私 賛成。 2人 が 決めた なら いい じゃ ない。

周り の ため だけ に って いう なら やる 必要 ない。

まあ ね、 実際 披露宴 挙げて みる と 疲れる こと ばっかり で

何で こんな こと って 思ったり した けど ね。

それ どういう 意味 ? もっと 別の 言い 方 ある でしょ!

結婚 した こと ない から、 分かんない じゃん!

はーッ ? 3人 と も やめて !

百合 ちゃん。 うん ?

ありがとう、 おかげ で 流れ が できた。

寂しく なる なあ。 えッ ?

気軽に 会え なく なる でしょ? いい よ 今 まで どおり で。

結婚 する んだ もん 、そう は いか ない わ よ。

みくり ちゃん、

結婚 は 始まって から が 生活 だ から ね。

頑張って ね。

あいつ の 嫁 の 言葉 か と 思う と 考え ちゃう わ ね。

あいつ って 甥 な んだ から。

じゃ、 お先。 じゃあね、桜。 あッ、 館山 遊び に 来て。

はーい。

お 父さん ガッカリ して た。 えッ ?

バージン ロード みくり と 歩ける と 思って た から。

予行 練習 まで して 新しい 家 の 廊下 で。

みくり が こんなに 早く 結婚 する と は 思わ なかった な。

お 母さん、 私 産んだ の 23 でしょ? 今 の 私 より 2つ も 下。

そう だ けど、 みくり は 昔 から 結婚 する より

バリバリ 仕事 し たい んだ って いう 子 だった でしょ。

仕事 って いう 幸せ も ある と は 思う けど、

私 は 嬉しかった な。 みくり が 結婚 する って 聞いて。

幸せに なって ね。

うわッ みくり …

みくり …

あッ、 お 父さん ちょっと お 手洗い。

そこ で 待っ ちょ って ね。

仕事 忙しい のに、 ごめん。

若い の に しっかり した 娘 さん じゃ な か。

うん。

若 すぎる ぐらい じゃ。

中身 は 老け てる よ。

本人 の 弁。 何 じゃ、 早速

尻 に 敷かれ ちょる ん か。 そんな ん じゃ ない よ。

男 が 家庭 を 持つ っちゅう こと は、

全て 背負って 責任 を 持つ っちゅう こと じゃ。

お前 に は でき ん の んじゃ ない か と 思い よった。

今日 は うまい 酒 が 飲め そう じゃ。

おめでとう。

父 も 母 も 想像 以上 に ガッカリ したり 喜んだり して くれて

結婚 と いう 言葉 の 重さ を

ズシッと 今さら です が

僕 は むしろ ホッと し ました

肩 の 荷 が 下りた

僕 は 父 の 望む ような 息子 に は なれ ない ので

たとえ 真実 じゃ なかった と して も 喜んで もらえた なら いい と



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

( 駒田 ) こんばん は ( みくり ) こんばん は

本日 の テーマ は 契約 結婚 です ゲスト に 森山 みくり さん を お迎え し ました

よろしく お 願い し ます つい 先日 契約 結婚 を された と か

はい きっかけ は 就職 活動 の 失敗 でした

《 クビ です か ?》

派遣 先 でも 契約 を 切ら れて 困って いた 時

家事 代行 の バイト を した んです。

《 私 が ? この 津崎 さん の お宅 に 行く の ?》

《 初め まして 森山 です。 》 《 津崎 です よろしく お 願い し ます。 》

その 時 家事 と いう 仕事 の 可能性 に 気づき ました。

《 いっそ 住み込み で 働き たい ぐらい です。 》

《 雇い ませ ん か ? 就職 と いう 形 の 結婚 と いう か 》

《 家事 代行 スタッフ を 雇う 感覚 の 契約 結婚 と いう か 》

この 提案 に 津崎 さん が 乗って くれた んです。

《 試算 した 結果 事実婚 と いう 形 で 森山 さん を ここ へ 住まわせ。 》

《 給与 を 支払い 主婦 と して 雇用 する こと は 》

《 僕 に とっても 有意義 である と いう 結論 に 達し ました。 》

そして 晴れて 専業 主婦 と して 就職 する こと に

こうした 雇用 形態 は 男女 が 逆で も 成り立つ と 思う んです。

需要 と 供給 が 結びつけば

どんな ところ から でも 仕事 は 生まれる と いう。

( 皆川 ) 先ほど お 話 に 出た 事実婚 です が。 これ は

婚姻 届 を 出して い ない 状態 で 同居 して

生計 を 同一に して いる 場合 を 指し ます。 何らか の 事情 で

婚姻 届 を 出せ ない 制度 に 縛ら れ たく ない と いった 理由 から

事実婚 を 選択 する ケース も 増えて い ます。

フランス で は わりと ポピュラー みたい です ね。 しかし 日本 に おいて は まだまだ

理解 が 得られ にくい ん じゃない でしょう か。

それ も あって 対外 的に は 普通の 結婚 と して

推し進める こと に 決め ました。

今回 の 雇用 契約 に ついて は

2人 だけ の 秘密 と いう こと で よろしい です か ?

はい なかなか 理解 され ない と 思う ので。

同感 です。 続いて 森山 さん の 労働 条件 に ついて です が。

その他 必用 な 項目 は その 都度 話し合って 決めて いき ましょう。

詳細 は これ を 持ち帰って 読んで ください。

確認 し ます。

で 問題 の 結婚 式 に ついて です が。

ウチ の 両親 する の が 当然 って 雰囲気 でした。

ウチ も です。 しかし 実態 は ただ の 雇用 関係。

挙式 や 披露宴 は 何と して も 避け たい です。

同感 です。 ご 祝儀 なんて 受け取れ ない し。

会社 でも 結婚 式 は し ない の か って 問い詰め られ ました。

なぜ か そのまま 結婚 式 を する か し ない か の 意見 交換 会 に

異論 ! 反論 ! OBJECTION

( 日野 ) そりゃ やる でしょう。 自分 が 主役 に なれる 日 なんて。

他 に ない んだ から。

えッ? やった よ 楽しかった。

いきなり ポジティブ です ね。 あんまり 参考 に なら ない 人 です。

( 風見 ) 結婚 式 って 自己 満足 です よ ね。

幸せな 姿 を 見せつける こと で 納得 する って 言う。 したい 人 は すれば いい。

見事な 突き放し。 この 人 も 極端で。

( 沼田 ) 俺 は する 派 だ な。

結婚 式 って いう の は いわば カミングアウト だ。

世間 に 向かって 私達 は 結婚 し ます と 宣言 する 儀式 だ。

宣言 した 以上 簡単に は 引っ込め られ ない。

覚悟 が 生まれる。

説得 力 あり ます ね。 基本 的に ふざけて いる 人 なんで

意外 でした。 裏 を 返せば、

結婚 式 を し ない ため に は それ 相応 の

覚悟 を 見せ なければ なら ない。

会食 で は 僕 の 方 が 主 と なって 話 を 進め ます。

でない と ウチ の 父 が 納得 し ない と 思う ので。

お 父さん …?

いや、 とにかく。

何と して も 双方 の 両親 を 説得 し ましょう。

両親 と 百合 ちゃん です。 百合 ちゃん ?

《( 百合 ) 結婚 !? はあ~ッ ? あなた 誰 ? どこ の 馬 の 骨 !?》

こないだ は ごめんなさい。

突然の こと に 驚いて。

伯母さん が 心配 する の も 無理 は ない です。

百合 ちゃん です。 えッ ?

百合 さん って 呼んで ください。

あ … 重ね重ね 面倒くさい 伯母 で ごめんなさい。

百合 さん や ご 両親 が 森山 さん を 大切に 思う の は 当然 の こと です。

津崎 さん も もう 分かって くれて る から。

あなた達 は 名字 で 呼び 合って る の ?

2人 の 時 は 名前 で。

今日 ちがや 来る ? うん、 来る けど。

( 舌打ち )

ちょっと メイク 直して くる。 うん。

ちがや ? あッ、 私 の 兄 の 名前 です。

小1 の 時 まだ ギリギリ 20 代 だった 百合 ちゃん に 向かって

伯母さん は 一生 結婚 でき ない と 思う そう 言い放った 兄 です。

それ より 呼び 方。 盲点 でした。

練習 し ましょう。 これ から は 名前 で。 みくり。

みく …

さん 付け でも いい です か ? 了解 です。

みくり さん。

平匡 さん。

何 か テレ ます ね。

気のせい です。 です ね。

平匡 さん。 みくり さん。

平匡 さん。 みくり さ~ん。

( 知佳 ) 何 し ちょる ?

こちら は … 初めまして 森山 みくり と 申し ます。

ふつつか 者 です が よろしく お 願い いたし ます。

( 栃男 ) みくり!

ウチ の 両親 と 兄 夫婦 です。

森山 みくり の 父 で ございます。

< ついに きた 両家 顔合わせ。 いよいよ 始まる。 >

< 初めて の 共同 作業。 >

< この 場 を どうにか 切り抜ける !>

♬~

以前 津崎 君 の 会社 に 市 の システム を 依頼 した んです。

( 宗八 ) 息子 が 大変 お 世話に なり ました。

お 世話に なって る の は こっち の 方 です。

津崎 君 が 今 の 会社 に ヘッド ハンティング さ れて から も

パソコン で 分から ない こと が ある と メール で 教えて もらったり して。 ねッ?

今 は お 仕事 は ? 3 月 に 定年 退職 し ました。

それ で 千葉 の 館山 に 中古 の 家 を 買って

先週 越した ばかり です。

みくり さん は ? ( 桜 ) 前 の 家 の 契約 を

少し だけ 延ばして もらって 今 は みくり だけ が そこ に。

一緒に 暮らす に して も 津崎 君 の ご 両親 に

ご挨拶 して から と。 ねッ?

≪( 知佳 ) みくり さん。 はい。

みくり さん は 平匡 の どこ が 良かった の ?

今 聞か なくて も。 いつ 聞く ん よ?

え … そう です ね。

《 掃除 は キッチリ して ください 水回り は 重点 的に 》

《 窓 拭き も お 願い し ます 》

指示 が 具体 的で 明確

無駄 が ない んです。

それ から ...

《 そこ から 時給 を 算出 し 》

《1 日 7 時間 労働 と 考えた 時 の 月給 が こちら 》

突拍子もない 提案 に 対して も

現実 的な 解決 策 を 探って くれる

非常に 好ましい です。

( ちがや ) 上司 を 褒めて る みたい だ な。

ちゃちゃ 入れ ない!

とても 信頼 できる 頼りがい の ある 人 だ と 思い ました。

そう? はい。

平匡 さん は みくり の どこ が 良かった の ?

まあ、 取り柄 と 言えば 若さ だけ じゃ ない です か ?

( 葵 ) パパ ! ごめん ね、 みくり ちゃん。

いえ、 その とおり で。

いえ、 そんな こと は ない です。

みくり さん は 何でも できて 僕 に は もったいない 人 です。

むしろ 森山 家 の 皆さん に 申し訳ない と。

いや、 こっち こそ まさか 京大 出身 の 息子 が できる なんて。 ねえ?

うん。

それ で ? 式 は いつ 挙げる の ?

津崎 さん の ところ は 山口 だ し どこ で 挙げる に して も ➡

早く 頑張ら ない と。 洋装 ? 和装 ?

両方 って 手 も ある よ ね。 東京 と 山口 で 2 回 挙げて も いい し。

伯母さん の 結婚 式 じゃ ない んだ から

張り切る なら 自分 の 結婚 式 に し な よ。

パパ ! ちがや!

≪( 栃男 ) どうして お前 は そう … いつか 誰 か に 刺され ちゃう わ よ。

ごめんなさい、 百合 さん。 別に 気 に して ない から。

じゃあ、

お 父さん ビール でも いかが です ?

お 気遣い なく ありがとう ございます。

お父様 も … もう この 子 根 は いい 子 なん です けど ➡

ちょっと 口 が 悪くて ≪( 知佳 ) お母様 も どう です か ?

ぜひ … そんな とんでもない です。

結婚 式 は し ませ ん。

し ない と 2人 で 決め ました ...

2人 で。

《 入籍 した 夫婦 の 約 3割 が 結婚 式 を 挙げて い ない 》

《 と いう 統計 が あり ます これ を 根拠 に 説得 を 試み よう か と 》

《 ここ は 統計 より も 心理 に 訴える の は どう でしょう 》

《 片方 が ゴリ押し した 印象 を 与える と 》

《 もう 片方 の 両親 が 面白く なく 感じ ます 》

《 な ので 2人 で 決めた と いう 部分 を 強調 する んです 》

僕達 に とって 重要な の は

共に 暮らし、 共に 生活 する、 この 一点 です。

結婚 式 や 披露宴 など の 形式 張った もの は 必要 ない と

2人 で 決め ました。

でも … 2人 と も 初婚 な んだ し。 みくり ちゃん だって

ウエディング ドレス 着 たい でしょ ?

幸い そういう 憧れ は ない 方 な ので。 式 や 披露宴 に お 金 を 使う より も

その分 貯蓄 に 回した 方 が いい、 それ が 2人 の 考え です。

お 金 なら 少し ぐらい 出す ぞ。

古民家 で 退職 金 使っちゃ った でしょ?

2人 で やっていこう と いう 門出 から

ご 両親 の お 金 を あて に する の は 本意 で は あり ませ ん。

そう 2人 と も。 2人。 2人 って。

2人 に とって は それ で いい の かも しれ ない けど さ、

式 って いう の は 周り の 人 の ため に やる もん な んだ よ。

おっしゃる こと は もっとも です。

ですが、 あまり 付き合い の ない 知人 を 招いて

大々的な 祭り ごと を する より も

静か で ささやかな

そういった 暮らし を 大切に し たい。

それ が 僕達 2人 の 目指す 生活 です。

ですから どうか … はい

私 賛成。 2人 が 決めた なら いい じゃ ない。

周り の ため だけ に って いう なら やる 必要 ない。

まあ ね、 実際 披露宴 挙げて みる と 疲れる こと ばっかり で

何で こんな こと って 思ったり した けど ね。

それ どういう 意味 ? もっと 別の 言い 方 ある でしょ!

結婚 した こと ない から、 分かんない じゃん!

はーッ ? 3人 と も やめて !

百合 ちゃん。 うん ?

ありがとう、 おかげ で 流れ が できた。

寂しく なる なあ。 えッ ?

気軽に 会え なく なる でしょ? いい よ 今 まで どおり で。

結婚 する んだ もん 、そう は いか ない わ よ。

みくり ちゃん、

結婚 は 始まって から が 生活 だ から ね。

頑張って ね。

あいつ の 嫁 の 言葉 か と 思う と 考え ちゃう わ ね。

あいつ って 甥 な んだ から。

じゃ、 お先。 じゃあね、桜。 あッ、 館山 遊び に 来て。

はーい。

お 父さん ガッカリ して た。 えッ ?

バージン ロード みくり と 歩ける と 思って た から。

予行 練習 まで して 新しい 家 の 廊下 で。

みくり が こんなに 早く 結婚 する と は 思わ なかった な。

お 母さん、 私 産んだ の 23 でしょ? 今 の 私 より 2つ も 下。

そう だ けど、 みくり は 昔 から 結婚 する より

バリバリ 仕事 し たい んだ って いう 子 だった でしょ。

仕事 って いう 幸せ も ある と は 思う けど、

私 は 嬉しかった な。 みくり が 結婚 する って 聞いて。

幸せに なって ね。

うわッ みくり …

みくり …

あッ、 お 父さん ちょっと お 手洗い。

そこ で 待っ ちょ って ね。

仕事 忙しい のに、 ごめん。

若い の に しっかり した 娘 さん じゃ な か。

うん。

若 すぎる ぐらい じゃ。

中身 は 老け てる よ。

本人 の 弁。 何 じゃ、 早速

尻 に 敷かれ ちょる ん か。 そんな ん じゃ ない よ。

男 が 家庭 を 持つ っちゅう こと は、

全て 背負って 責任 を 持つ っちゅう こと じゃ。

お前 に は でき ん の んじゃ ない か と 思い よった。

今日 は うまい 酒 が 飲め そう じゃ。

おめでとう。

父 も 母 も 想像 以上 に ガッカリ したり 喜んだり して くれて

結婚 と いう 言葉 の 重さ を

ズシッと 今さら です が

僕 は むしろ ホッと し ました

肩 の 荷 が 下りた

僕 は 父 の 望む ような 息子 に は なれ ない ので

たとえ 真実 じゃ なかった と して も 喜んで もらえた なら いい と


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.