image

ご注文はうさぎですか?, Gochuumon wa Usagi Desu ka? Episode 9

待って 待って よ

こっち こっち

苦労 を し て 建て た 念願 の 喫茶 店 だ が

経営 が 軌道 に 乗ら ん の

いっそ

兎 に なれ たら どんなに 楽 か の

お じいちゃん こんにち は

こんにちは

お じいちゃん この も ふ も ふし た の 何

うち で 飼 っと る 兎 だ

いい 匂い が する

コーヒー の 匂い じゃ よ

うち は 喫茶 店 やっ とる から な

お じいちゃん の ご 注文 は 兎 さん に なる こと な の

聴か れ て た

お じいちゃん に お 呪い を かけ て あげる ね

いつか 兎 さん に なれ ます よう に

心 愛 もう 行く よ

待って お 姉ちゃん おい てっちゃ 嫌 だ

ほら 早く 行く よ 誰 と 話し て た の

兎 さん の お じいちゃん

兎 さん

同じ 兎 でも お前 み たい な の に は なり たく ない な

夏 は 暑苦しい そう だ 冬 は 暖か そう だ が

さて お前 が い ない と 智 乃 が 寂しい そう に する から な

帰る か ティッピー

また ティッピー 枕 に し て

お 姉ちゃん おい て いか ない で

そう だ わたし また バイト 休む かも

何 か 用事 な の

部活 の 助っ人 頼ま れ た ん だ 演劇 部 の

演劇 部 すごい

時々 助っ人 し てる 部活 って

演劇 部 だった です ね

理 世 ちゃん って 声 が 通る し 暗記 も 得意 だ し 役者 さん 向き だ よ

そ そう かな

演劇 童話 と か いい です よ ね

今度 やる の は そんな 可愛い もの じゃ ない けど

どう な ダーク メルヘン やる の

食らえ

どうして そう な る

普通 の やつ だ 普通 の

何 を 演じる の か 教え て ください

教え て 教え て

わ 笑う な よ

オペラ 座 の 怪人 の ヒロイン クリスティーヌ だ

嬉しい そう です ね

そ そんな わけ ある か

握り 過ぎ て お 皿 割れ そう だ よ 落ち着 い て リスティーヌ

日常 で その 名前 で 呼ぶ な

私 も 犬 の 役 なら やった こと ある よ

犬 じゃ ない

優雅 と お 淑 やか な 若い オペラ 歌手 の 役 だ

優雅 で お 淑 やか

す すまない 弁償 する

確かに 私 に は お 淑 や か の 演技 は 難しい かも しれ ない

お 淑 やか さ なら

千 夜 ちゃん と 紗 路 ちゃん が アドバイス し て くれる か も

心 愛 ちゃん から だ わ

うち の お 店 潰し に 来る の

と いう 訳 で

千 夜 に 学び に 来 た ん だ

せっかく 頼って くれ た ん だ から

本腰 入れ て 指導 し なきゃ ね

任せ て 魑魅 魍魎 も 恥 ら う 乙女 に し て あげる

ま 任せ た

まず これ を 着 て 髪 も 弄ら せ て ね

あと モデル カン は 没収

完成

これ なら どこ から 見 て も 立派 な 淑女 よ

この 格好 見覚え が ある

さあ 早速 練習 よ

まずは 小手調べ に この 花 は 愛で て み ま しょ う

yes sir . . . ところで

この 格好 に 意味 が ある の か

もちろん 形 から 入る の は 大事 よ

と いう わけ て

だめ です わ クリ スム さん

全然 腰 が 入って なく て よ

お前 は 役 に 入る の か

これ で 殴って 人格 変え た ほう が 早く ない か

その 考え 自体 が よろしく なく て よ

素晴らしい です

物事 に 全力 で ぶつかる その 姿

とても 花盛り の 少女 です

小説 家 の 青山 さん よ

ほら この 間 皆 で 見 に 行った 「 うさぎ に なった バリスタ 」 の 作者 さん

青山 さん は メニュー 名 を 考え の 時々 手伝って もらって る の

共犯 者 か

苦悩 の 果て に 素敵 な メニュー 名 を 思い つい た 瞬間

笑顔 を 咲か せる 千 夜 さん も また 素敵 な 乙女 です

詩人 だ

そい う 青山 さん だ

私 は まだ 苦悩 を し て ます

人 の こと 励まし てる 場合 か

理 世 ちゃん 踊ったり 歌ったり する の か な

それ は ミュージカル で は

夜 の バー タイム で 格好良く 踊れ ば

お 客 さん が 集まる かも

格好いい ん です か それ

超 格好いい よ

智 乃 ちゃん は 劇 で なんの 役 やった こと ある

私 は 木 の 役 を 積極 的 に やり まし た

渋い

木 は いい です

不動 の 在り 方 は 心 が 現れ ます

そう じゃ

そう か

踊る 木 って いう の も 新鮮 かも

木 は 動か ない から いい ん です

理 世 先輩 甘 兔 で 用事 が ある って なん だ ろ う

あいつ は 怖い けど

この くらい の 困難 . . .

こんにちは

なんで なんで

ごめん ね 紗 路 ちゃん

理 世 ちゃん の 役 作り の ため に

オペラ 座 の 怪人 の ファントム 役 に なり いき って い た の

やっぱり こちら ほう が ファントム っぽい かしら

そもそも 代用 品 と して おかしい

紗 路 ちゃん 理 世 ちゃん が 紗 路 ちゃん の 意見 を 参考 に し たい らし の

分かり まし た

それ を 使い 鬼 か 仏 の 気持ち に なって

先輩 に 指導 を しろ と いう こと です ね

お 面 は 関係ない ぞ

違う ん です か

紗 路 に 習い たい の は 上品 さ な ん だ

コツ を 教え て くれ

コツ と 言わ れ て も

これ は 生き抜く ため に 無意識 に 身 に 付い た

処 世 術 の よう な もの で

そんな 過酷 な もの だった の か

なるほど

最近 の ウェートレス さん は

世渡り する の は 大変 な ん です ね

この 前 公園 で 会った 変 な 人

小説 家 の 青山 さん よ

この 人 か

ウェートレス さん って

ホール を 舞う アイドル み たい な 者 です ね

そんな 風 に 見え てる ん です か

同時に ホール で 戦う ファイター で も あり ます よ ね

イメージ で 主に 私 じゃ ない です か

アイドル で ファイター

満 更 でも な さ そう

思った ん だ けど

理 世 ちゃん 本当 は 演劇 部 に 入り たい じゃ ない か な

それ は あり え ます ね

役 作り に 真剣 に 取り組む ぐらい だ もん ね

そ したら この バイト やめ て しまい ます ね

そんな の 悲しい よ

理 世 ちゃん

理 世 さん

私 CQC な ん で でき ない

理 世 ちゃん の 変わり に この 喫茶 店 を 守る こと なんて でき ない よ

理 世 さん は ガードマン です か

理 世 ちゃん の 本心 を 聞き に 来 た よ

あれ

ロゼ ちゃん

お 久しぶり です 魑魅 魍魎 も 恥じらう 乙女 です

クリスティーヌ が 降臨 し た わ

あの 台詞 を 教え た の 誰

ロ ぜ さ ん うち の 喫茶 店 に 来 て くれる の を 待って た ん です

ごめんなさい まさか 覚え て て もらえ た なんて 思わ なく て

当たり前 です ずっと ずっと 待って い ます

そう か 智 乃 ちゃん は 私 より

ロゼ ちゃん み たい な 人 に 憧れる ん だ ね

私 も 大人 ぽっ くに し って くる

心 愛 さん 待って 下さい 話 が 終わって ませ ん

な に し に 来 た

こんな 店 二 度 と 近づか ん

もう 止せ あっ 髭 痛い

こんな 声

マスター

齧る な

痛い じゃ ない か

お 元気 そう で なにより です

や っぱ こんな の 柄 じゃ ない よ な

クリスティーヌ は 断る よ

そ そんな やり ま しょ

やり たい こと を 諦める 必要 が どこ に ある ん でしょ う

言い たい こと を 取ら れ た

あ 青山 さん の 言う 通り です

その 格好 すごく 似合って ます

こんなに 可愛い の に もったいない わ

今更 だ が 恥ずかしく なって き た

ありがとう 私 頑張って みる よ

後 勢い で 来 て しまった けど

こういう の って 人 に 聞く もん じゃ ない な

聞く 相手 が 悪かった の よ

自分 で 言う

これ が 理 世 ちゃん の 演じ た クリステイーヌ か

銃 持って 怪人 と 戦って る

最初 から 脚本 を 私 の キャラ に 合わせ たかった みたい だ

せっかく お 淑 やか さ の コツ が わかって き た のに

悔し から 別 の 役 で リベンジ して やる

そんな の ダメ

似合わ ない な 役 を やる だ と

すみません

思わ ぬ の 方向 へ 飛 ん で しまって

青山 さん いい ん です か

原稿 用紙 こんなに し て

その

やめ た ん です

小説 家

ごめん まだ 遅刻 し ちゃ った

私 の 制服 洗濯 中 だ っけ

お 帰り なさい ませ

心 愛 さん この お 店 で 働 い て い た ん です ね

今度 こそ リストラ か

失職 です か 実は 私 も 先 まで

制服 間違い て ます 青山 さん

青山 さん 小説 家 を 止め ちゃ った の

就職 先 に 困って た ので とりあえず うち に 来 て もらい まし た

すごく ぴったり です

まるで この 仕事 が 天職 か の よう だ

本当 に それ で いい の か

あの ところ で

白い お 髭 マスター は

私 ずっと お 会い し たく て

知ら なかった ん です か

智 乃 ちゃん の お 爺ちゃん は もう なくなら れ てる の

でも この 前

お 声 を 聞き まし た よ

こんな 店 二 度 と 近づか ん

会い た すぎ て 幻 聴 を 聞い て いる ん だ

変わり に こっち の 白い お 髭 を も ふ も ふし て 心 を 癒し て ください

勝手 に

青山 さん

この 子 気 に 入り まし た

特に 目 を 隠し て いる ところ が とても 共感 でき ます

よく 見 たら 毛 が すごい

ちょ い 悪 な 感じ が 気 に 入って る みたい です

マスター と 同じ コーヒー の 匂い

信じ られ ませ ん

本当 に い なく なって しまった ん です か

もう 小説 の 感想 を 聞か せ て くださる の こと は ない ん です か

青山 さん 最近 来 ない と 思 たら

Rabbit House で 働 い て い た の ね

小説 の 方 は スランプ 見 たい な ん だ

そう な の

昼間 も 時々 手伝って くれ て いる よ

この 受け付け よく 出来 て いる でしょ う

あの これ は 一体

この 店 に 貢献 する ため に

自分 しか でき ない この を やろう と 思い まし て

人 の お 話 し を 聞く の が 好き な の で

隆宏 さん が お 客 さん の 愚痴 を 聞い て いる の を 参考 に し まし た

隆宏 さん

父 です

素敵 とても いい 考え だ と 思う わ

千 夜 ちゃん の ため に こんな の も 作って み た よ

特技 を 活 かし て 何 ぼ だ よ ね

ねぇ

特技 を 活かせ る と いい の です けど

なぜ か 皆さん 愚痴 って くださら ない ん です

青山 さん で ミステリアス だ から

皆 一 歩 引 い ちゃ う かも ね

そういう 問題 じゃ ない だ ろ う

マスター は 人 の お 話 し を 聞く の が とても お 上手 で し た

私 も そんな マスター の よう に

一息 つける 存在 に なれ たら

そ っか

ファンシー さ が もっと 出 たら

学生 の 子 も 話 やすい かしら

縫い包み も 配置 し て み ま しょ う

こ . . . こんな 可愛い 物 に 見つめ られ たら

呪わ れる

呪わ れる

とにかく 数 を こなせ ば

相談 し 易い オーラ が 出る ん じゃ ない かしら

と いう わけ で 日々 思い悩 ん で い そう な 子 を 連れ て 来 た わ

日頃 の 鬱憤 を 発散 しろ って 言わ れ て も

よく いらっしゃい まし た

おもて なし の コーヒー です

でも この あと バイト が

それ 私 が ブレンド し た ん だ

あれ なんか 涙 出 て き た

まさか ブレンド の 具合 に よって 酔い 方 が 変わる

そんな バカ な

いや 知ら ない です よ

また 今月 も 厳しく て

うさぎ に も 噛ま れ て

ま ぁ 落ち着け

私 も こういう の が やり たかった ん です

悩 ん で いる 相談 者 さん から お 手紙 が 届 い た よ

だんだん ご 意見 ボックス み たい に なって き た わ ね

妹 が 野菜 を 食べ て くれ ませ ん

このまま じゃ いつまで 経って も 小 っちゃ い 妹 の まま です

お 返事 は 書か なく て は いけ ませ ん ね

そのまま でも 全然 オーケー です が

セロリ が 嫌い な 子 でも 食べ て くれる お 料理 を 教え たら 嬉しい です

私 も お 手紙 もらって き まし た

自称 姉 が 自分 も 嫌い な の に

野菜 を しつけ て き て 困って い ます

お互い 直接 言え

急に 忙しく なった き まし た ね

あの そんな 簡単 に 小説 家 止め ちゃ って 良かった ん です か

本当 は 続け て い たかった ん です が

やり たい こと を 諦める な って 私 に 言った の は 誰 だ よ

理 世 ちゃん が 熱い

実は マスター に いた だい た 万年筆 を なくし て しまって 以来

さっぱり 筆 が 乗ら ない

他の 万年筆 じゃ だめ な ん です

確かに 手 に 馴染 ん だ もの じゃ ない と な

あの う どこ で なく し た の か わから ない ん です か

心 愛 さん と 初めて 会った あの 日 まで は

確かに 持って い た ん です けど

私 と 初めて 会った 日 に なく し た なら

ここ に 落ち てる ん じゃ ない か な

智 乃 ちゃん

見つかった

見つかり ませ ん

本当 に ここ な ん です か

兎 だ

探す 気 ある ん です か

ピン ポイント で ここ に 落ち てる なんて 思え ませ ん

ね ティッピー

もし かして これ です か

私 が 渡す ん です か

それ でも いい です けど

えっ と

お 爺ちゃん と ティッピー が こう なった 理由 は よく わかり ませ ん が

内緒 に する って 窮屈 じゃ ない です か

お 爺ちゃん と しか 話 そ う と し ない 私 の こと を 思って

内緒 に する 必要 は もう ない ん です よ

だから 励まし て あげて ください

せめて この 小説 だけ は 読 ん で 貰い たかった な

面白かった

が 主人公 より 息子 の 出番 が 多かった

大 大変 です

この ヌイグルミ から マスター の お 声 が

それ じゃ ない

こうして 万年筆 が 戻って き た 青山 さん は

小説 家 に 戻り まし た

バーテンダー も はまった らしく 時々 手伝って くれ ます

私 も 智 乃 ちゃん の お 爺ちゃん に 会って み たかった な

私 が 来 た ごろ は もう い なかった から な

マスター は いつも 見守って ます よ

困った 時 は ひょっこり 出 て き て 私 たち を 助け て くださる ん です

次 は ティッピー さん の 体 を 借り て 話し出す かも しれ ませ ん

ち ょ ちょっと 怖い な

そういう の を やめ て くれよ

智 乃 最近 心 愛 の 影響 を 受け すぎ て ない か

心配 じゃ

いい と も 思って た な

それ は わし の 孫 じゃ



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

待って 待って よ

こっち こっち

苦労 を し て 建て た 念願 の 喫茶 店 だ が

経営 が 軌道 に 乗ら ん の

いっそ

兎 に なれ たら どんなに 楽 か の

お じいちゃん こんにち は

こんにちは

お じいちゃん この も ふ も ふし た の 何

うち で 飼 っと る 兎 だ

いい 匂い が する

コーヒー の 匂い じゃ よ

うち は 喫茶 店 やっ とる から な

お じいちゃん の ご 注文 は 兎 さん に なる こと な の

聴か れ て た

お じいちゃん に お 呪い を かけ て あげる ね

いつか 兎 さん に なれ ます よう に

心 愛 もう 行く よ

待って お 姉ちゃん おい てっちゃ 嫌 だ

ほら 早く 行く よ 誰 と 話し て た の

兎 さん の お じいちゃん

兎 さん

同じ 兎 でも お前 み たい な の に は なり たく ない な

夏 は 暑苦しい そう だ 冬 は 暖か そう だ が

さて お前 が い ない と 智 乃 が 寂しい そう に する から な

帰る か ティッピー

また ティッピー 枕 に し て

お 姉ちゃん おい て いか ない で

そう だ わたし また バイト 休む かも

何 か 用事 な の

部活 の 助っ人 頼ま れ た ん だ 演劇 部 の

演劇 部 すごい

時々 助っ人 し てる 部活 って

演劇 部 だった です ね

理 世 ちゃん って 声 が 通る し 暗記 も 得意 だ し 役者 さん 向き だ よ

そ そう かな

演劇 童話 と か いい です よ ね

今度 やる の は そんな 可愛い もの じゃ ない けど

どう な ダーク メルヘン やる の

食らえ

どうして そう な る

普通 の やつ だ 普通 の

何 を 演じる の か 教え て ください

教え て 教え て

わ 笑う な よ

オペラ 座 の 怪人 の ヒロイン クリスティーヌ だ

嬉しい そう です ね

そ そんな わけ ある か

握り 過ぎ て お 皿 割れ そう だ よ 落ち着 い て リスティーヌ

日常 で その 名前 で 呼ぶ な

私 も 犬 の 役 なら やった こと ある よ

犬 じゃ ない

優雅 と お 淑 やか な 若い オペラ 歌手 の 役 だ

優雅 で お 淑 やか

す すまない 弁償 する

確かに 私 に は お 淑 や か の 演技 は 難しい かも しれ ない

お 淑 やか さ なら

千 夜 ちゃん と 紗 路 ちゃん が アドバイス し て くれる か も

心 愛 ちゃん から だ わ

うち の お 店 潰し に 来る の

と いう 訳 で

千 夜 に 学び に 来 た ん だ

せっかく 頼って くれ た ん だ から

本腰 入れ て 指導 し なきゃ ね

任せ て 魑魅 魍魎 も 恥 ら う 乙女 に し て あげる

ま 任せ た

まず これ を 着 て 髪 も 弄ら せ て ね

あと モデル カン は 没収

完成

これ なら どこ から 見 て も 立派 な 淑女 よ

この 格好 見覚え が ある

さあ 早速 練習 よ

まずは 小手調べ に この 花 は 愛で て み ま しょ う

yes sir . . . ところで

この 格好 に 意味 が ある の か

もちろん 形 から 入る の は 大事 よ

と いう わけ て

だめ です わ クリ スム さん

全然 腰 が 入って なく て よ

お前 は 役 に 入る の か

これ で 殴って 人格 変え た ほう が 早く ない か

その 考え 自体 が よろしく なく て よ

素晴らしい です

物事 に 全力 で ぶつかる その 姿

とても 花盛り の 少女 です

小説 家 の 青山 さん よ

ほら この 間 皆 で 見 に 行った 「 うさぎ に なった バリスタ 」 の 作者 さん

青山 さん は メニュー 名 を 考え の 時々 手伝って もらって る の

共犯 者 か

苦悩 の 果て に 素敵 な メニュー 名 を 思い つい た 瞬間

笑顔 を 咲か せる 千 夜 さん も また 素敵 な 乙女 です

詩人 だ

そい う 青山 さん だ

私 は まだ 苦悩 を し て ます

人 の こと 励まし てる 場合 か

理 世 ちゃん 踊ったり 歌ったり する の か な

それ は ミュージカル で は

夜 の バー タイム で 格好良く 踊れ ば

お 客 さん が 集まる かも

格好いい ん です か それ

超 格好いい よ

智 乃 ちゃん は 劇 で なんの 役 やった こと ある

私 は 木 の 役 を 積極 的 に やり まし た

渋い

木 は いい です

不動 の 在り 方 は 心 が 現れ ます

そう じゃ

そう か

踊る 木 って いう の も 新鮮 かも

木 は 動か ない から いい ん です

理 世 先輩 甘 兔 で 用事 が ある って なん だ ろ う

あいつ は 怖い けど

この くらい の 困難 . . .

こんにちは

なんで なんで

ごめん ね 紗 路 ちゃん

理 世 ちゃん の 役 作り の ため に

オペラ 座 の 怪人 の ファントム 役 に なり いき って い た の

やっぱり こちら ほう が ファントム っぽい かしら

そもそも 代用 品 と して おかしい

紗 路 ちゃん 理 世 ちゃん が 紗 路 ちゃん の 意見 を 参考 に し たい らし の

分かり まし た

それ を 使い 鬼 か 仏 の 気持ち に なって

先輩 に 指導 を しろ と いう こと です ね

お 面 は 関係ない ぞ

違う ん です か

紗 路 に 習い たい の は 上品 さ な ん だ

コツ を 教え て くれ

コツ と 言わ れ て も

これ は 生き抜く ため に 無意識 に 身 に 付い た

処 世 術 の よう な もの で

そんな 過酷 な もの だった の か

なるほど

最近 の ウェートレス さん は

世渡り する の は 大変 な ん です ね

この 前 公園 で 会った 変 な 人

小説 家 の 青山 さん よ

この 人 か

ウェートレス さん って

ホール を 舞う アイドル み たい な 者 です ね

そんな 風 に 見え てる ん です か

同時に ホール で 戦う ファイター で も あり ます よ ね

イメージ で 主に 私 じゃ ない です か

アイドル で ファイター

満 更 でも な さ そう

思った ん だ けど

理 世 ちゃん 本当 は 演劇 部 に 入り たい じゃ ない か な

それ は あり え ます ね

役 作り に 真剣 に 取り組む ぐらい だ もん ね

そ したら この バイト やめ て しまい ます ね

そんな の 悲しい よ

理 世 ちゃん

理 世 さん

私 CQC な ん で でき ない

理 世 ちゃん の 変わり に この 喫茶 店 を 守る こと なんて でき ない よ

理 世 さん は ガードマン です か

理 世 ちゃん の 本心 を 聞き に 来 た よ

あれ

ロゼ ちゃん

お 久しぶり です 魑魅 魍魎 も 恥じらう 乙女 です

クリスティーヌ が 降臨 し た わ

あの 台詞 を 教え た の 誰

ロ ぜ さ ん うち の 喫茶 店 に 来 て くれる の を 待って た ん です

ごめんなさい まさか 覚え て て もらえ た なんて 思わ なく て

当たり前 です ずっと ずっと 待って い ます

そう か 智 乃 ちゃん は 私 より

ロゼ ちゃん み たい な 人 に 憧れる ん だ ね

私 も 大人 ぽっ くに し って くる

心 愛 さん 待って 下さい 話 が 終わって ませ ん

な に し に 来 た

こんな 店 二 度 と 近づか ん

もう 止せ あっ 髭 痛い

こんな 声

マスター

齧る な

痛い じゃ ない か

お 元気 そう で なにより です

や っぱ こんな の 柄 じゃ ない よ な

クリスティーヌ は 断る よ

そ そんな やり ま しょ

やり たい こと を 諦める 必要 が どこ に ある ん でしょ う

言い たい こと を 取ら れ た

あ 青山 さん の 言う 通り です

その 格好 すごく 似合って ます

こんなに 可愛い の に もったいない わ

今更 だ が 恥ずかしく なって き た

ありがとう 私 頑張って みる よ

後 勢い で 来 て しまった けど

こういう の って 人 に 聞く もん じゃ ない な

聞く 相手 が 悪かった の よ

自分 で 言う

これ が 理 世 ちゃん の 演じ た クリステイーヌ か

銃 持って 怪人 と 戦って る

最初 から 脚本 を 私 の キャラ に 合わせ たかった みたい だ

せっかく お 淑 やか さ の コツ が わかって き た のに

悔し から 別 の 役 で リベンジ して やる

そんな の ダメ

似合わ ない な 役 を やる だ と

すみません

思わ ぬ の 方向 へ 飛 ん で しまって

青山 さん いい ん です か

原稿 用紙 こんなに し て

その

やめ た ん です

小説 家

ごめん まだ 遅刻 し ちゃ った

私 の 制服 洗濯 中 だ っけ

お 帰り なさい ませ

心 愛 さん この お 店 で 働 い て い た ん です ね

今度 こそ リストラ か

失職 です か 実は 私 も 先 まで

制服 間違い て ます 青山 さん

青山 さん 小説 家 を 止め ちゃ った の

就職 先 に 困って た ので とりあえず うち に 来 て もらい まし た

すごく ぴったり です

まるで この 仕事 が 天職 か の よう だ

本当 に それ で いい の か

あの ところ で

白い お 髭 マスター は

私 ずっと お 会い し たく て

知ら なかった ん です か

智 乃 ちゃん の お 爺ちゃん は もう なくなら れ てる の

でも この 前

お 声 を 聞き まし た よ

こんな 店 二 度 と 近づか ん

会い た すぎ て 幻 聴 を 聞い て いる ん だ

変わり に こっち の 白い お 髭 を も ふ も ふし て 心 を 癒し て ください

勝手 に

青山 さん

この 子 気 に 入り まし た

特に 目 を 隠し て いる ところ が とても 共感 でき ます

よく 見 たら 毛 が すごい

ちょ い 悪 な 感じ が 気 に 入って る みたい です

マスター と 同じ コーヒー の 匂い

信じ られ ませ ん

本当 に い なく なって しまった ん です か

もう 小説 の 感想 を 聞か せ て くださる の こと は ない ん です か

青山 さん 最近 来 ない と 思 たら

Rabbit House で 働 い て い た の ね

小説 の 方 は スランプ 見 たい な ん だ

そう な の

昼間 も 時々 手伝って くれ て いる よ

この 受け付け よく 出来 て いる でしょ う

あの これ は 一体

この 店 に 貢献 する ため に

自分 しか でき ない この を やろう と 思い まし て

人 の お 話 し を 聞く の が 好き な の で

隆宏 さん が お 客 さん の 愚痴 を 聞い て いる の を 参考 に し まし た

隆宏 さん

父 です

素敵 とても いい 考え だ と 思う わ

千 夜 ちゃん の ため に こんな の も 作って み た よ

特技 を 活 かし て 何 ぼ だ よ ね

ねぇ

特技 を 活かせ る と いい の です けど

なぜ か 皆さん 愚痴 って くださら ない ん です

青山 さん で ミステリアス だ から

皆 一 歩 引 い ちゃ う かも ね

そういう 問題 じゃ ない だ ろ う

マスター は 人 の お 話 し を 聞く の が とても お 上手 で し た

私 も そんな マスター の よう に

一息 つける 存在 に なれ たら

そ っか

ファンシー さ が もっと 出 たら

学生 の 子 も 話 やすい かしら

縫い包み も 配置 し て み ま しょ う

こ . . . こんな 可愛い 物 に 見つめ られ たら

呪わ れる

呪わ れる

とにかく 数 を こなせ ば

相談 し 易い オーラ が 出る ん じゃ ない かしら

と いう わけ で 日々 思い悩 ん で い そう な 子 を 連れ て 来 た わ

日頃 の 鬱憤 を 発散 しろ って 言わ れ て も

よく いらっしゃい まし た

おもて なし の コーヒー です

でも この あと バイト が

それ 私 が ブレンド し た ん だ

あれ なんか 涙 出 て き た

まさか ブレンド の 具合 に よって 酔い 方 が 変わる

そんな バカ な

いや 知ら ない です よ

また 今月 も 厳しく て

うさぎ に も 噛ま れ て

ま ぁ 落ち着け

私 も こういう の が やり たかった ん です

悩 ん で いる 相談 者 さん から お 手紙 が 届 い た よ

だんだん ご 意見 ボックス み たい に なって き た わ ね

妹 が 野菜 を 食べ て くれ ませ ん

このまま じゃ いつまで 経って も 小 っちゃ い 妹 の まま です

お 返事 は 書か なく て は いけ ませ ん ね

そのまま でも 全然 オーケー です が

セロリ が 嫌い な 子 でも 食べ て くれる お 料理 を 教え たら 嬉しい です

私 も お 手紙 もらって き まし た

自称 姉 が 自分 も 嫌い な の に

野菜 を しつけ て き て 困って い ます

お互い 直接 言え

急に 忙しく なった き まし た ね

あの そんな 簡単 に 小説 家 止め ちゃ って 良かった ん です か

本当 は 続け て い たかった ん です が

やり たい こと を 諦める な って 私 に 言った の は 誰 だ よ

理 世 ちゃん が 熱い

実は マスター に いた だい た 万年筆 を なくし て しまって 以来

さっぱり 筆 が 乗ら ない

他の 万年筆 じゃ だめ な ん です

確かに 手 に 馴染 ん だ もの じゃ ない と な

あの う どこ で なく し た の か わから ない ん です か

心 愛 さん と 初めて 会った あの 日 まで は

確かに 持って い た ん です けど

私 と 初めて 会った 日 に なく し た なら

ここ に 落ち てる ん じゃ ない か な

智 乃 ちゃん

見つかった

見つかり ませ ん

本当 に ここ な ん です か

兎 だ

探す 気 ある ん です か

ピン ポイント で ここ に 落ち てる なんて 思え ませ ん

ね ティッピー

もし かして これ です か

私 が 渡す ん です か

それ でも いい です けど

えっ と

お 爺ちゃん と ティッピー が こう なった 理由 は よく わかり ませ ん が

内緒 に する って 窮屈 じゃ ない です か

お 爺ちゃん と しか 話 そ う と し ない 私 の こと を 思って

内緒 に する 必要 は もう ない ん です よ

だから 励まし て あげて ください

せめて この 小説 だけ は 読 ん で 貰い たかった な

面白かった

が 主人公 より 息子 の 出番 が 多かった

大 大変 です

この ヌイグルミ から マスター の お 声 が

それ じゃ ない

こうして 万年筆 が 戻って き た 青山 さん は

小説 家 に 戻り まし た

バーテンダー も はまった らしく 時々 手伝って くれ ます

私 も 智 乃 ちゃん の お 爺ちゃん に 会って み たかった な

私 が 来 た ごろ は もう い なかった から な

マスター は いつも 見守って ます よ

困った 時 は ひょっこり 出 て き て 私 たち を 助け て くださる ん です

次 は ティッピー さん の 体 を 借り て 話し出す かも しれ ませ ん

ち ょ ちょっと 怖い な

そういう の を やめ て くれよ

智 乃 最近 心 愛 の 影響 を 受け すぎ て ない か

心配 じゃ

いい と も 思って た な

それ は わし の 孫 じゃ


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.