image

ご注文はうさぎですか?, Gochuumon wa Usagi Desu ka? Episode 8

六 百 円 に なり ます

千 円 を 預かり し た ので 四 百 円 の お返し です

あり か とう ござい まし た

yeah 頼 も う

テンション が 高い

おい 紗 路 の この 感じ まさか

貧乏 が ばれ て しまった 恥ずかし さ に 堪え られ ない って いう から

ヤケ コーヒー 巡り を 勧め た の

もっと 違う もの を 勧めろ う

ここ で 三 軒 目

でも 見 て あの 晴れやか な 顔

カフェイン で おかしく なって る 顔 だ な

紗 路 さん コーヒー 好き に なって くれ て 嬉しい です

ちょっと 違う と 思う

酔い潰れる ほど 悩 ん で た ん だ な

皆 気 に し ない って 紗 路 ちゃん 自身 分かって る ん だ けど ね

私 な ん か 紗 路 の お 嬢 様 らし さ を 見習い たい ぐらい だ

その方 が あの 学校 で は 周り と 馴染み そう だ し

ご覧 に なって まし て お 父 様

射撃 は 淑女 の 嗜み です

お 疲れ 様 です お 嬢 様

ご 休憩 に コーヒー を どうぞ

あら ありがとう

当たった 当たった

全 弾 ぶち 抜 い て やった よ

戦場 の 悪魔 が 誕生 し た

その フレーズ 素敵 ね

今日 は 仕事 の 汗 を 流す ため に

皆 で 温泉 プール に 遊び に 来 まし た

お 城 みたい だ ね

古い 建物 を 改造 し た 名残 だ な

私 水着 で 温泉 で 初めて

泳ぐ の と お 風呂 が 一緒 に 出来 て 一石二鳥 ね

浮き 輪 もって くれ ば よかった

これ なら 持って き た ん だ けど

これ

足 ひ れ

いり ませ ん

心 愛 ちゃん よく 似合って る わ

ありがとう 実は ビキニ 初 挑戦 な ん だ

智 乃 ちゃん の 水着 も 可愛い わ ね

でしょう

どうして 心 愛 ちゃん が 自慢げ な の

千 夜 さん は と いつも と イメージ が 違って 素敵 です

普段 なら もっと 落ち着 い た 色 を 選ぶ ん だ けど

若い 人 たち と 遊ぶ ん だ から 冒険 し ない と ね

千 夜 さん は 何 歳 な ん です か

理 世 ちゃん は

な なん だ

素材 を 生かし た 味付け って 感じ

千 夜 から の 水着 の お下がり 少し 緩い けど

紐 を きつく しめ れ ば . . . いけ る

紗 路 ちゃん

紐 が 食い込 ん でる よ

察 し て よ

紗 路 ちゃん その 水着 とっても よく 似合って る わ

すごく 似合って る よ

でも ちょっと 紐 が . . .

あの 理 世 さん

良かったら 私 の 髪 も 結 ん で くれ ませ ん か

いい よ

こんな 感じ で どう かな

素敵 です ありがとう ござい ます

智 乃 ちゃん 可愛い

先輩 すごい です

理 世 ちゃん は 本当 に 器用 ね

じ 自分 の 髪 が 長い から

髪 を 結ぶ 機会 が 多い だけ で

ね 私 の 髪 も 結って くれ ない

い . . . い けど

私 も 髪 が 長 けれ ば

自然 な 流れ で 先輩 に 髪 を 結 ん で もらえ た のに

手 馴 れ た 手 捌 き

華麗 です

普通 だ

こんなに 上手 な 人 今 まで 見 た こと ない よ

本当 に 普通 だって 私 な ん か

わ すご 過ぎる よ

これ は さすが に . . .

あれ 満足 し て いる

気持ち いい

小さい 頃 銭湯 で 泳 い で 怒ら れ た こ と 思い出す なあ

ここ は 銭湯 じゃ ない けど ね

紗 路 ちゃん は 今 でも よく 銭湯 に いく の

偶に ね 偶に こんな 大きい 所 じゃ ない けど

うち の お 風呂 借り てる 話 でも し てる の かしら

ぬるい わ こんな の お 風呂 じゃ ない

千 夜 さん は 江戸っ子 です ね

おい 毛 玉 この ぐらい の 温度 なら お前 も 入れる ん じゃ ない か

あっ ち に ティッピー に ぴったり な サイズ の 桶 が あった わ よ

嫌がる な よ 温泉 嫌い な の か

濡れ たら 普通 の 兎 に なる の

ここ の 温泉 は 高 血圧 や 関節 痛 に 効果 が ある らしい よ

成長 促進 に 効果 は あり ませ ん か

今日 は あまり 人 が い ませ ん ね

この 温泉 の 強者 共 と 相 見える の を 楽しみ に し て いた ん じゃ が の

では 私 と さし ます か

勝負 じゃ 智 乃

一 人 二 役 やって る

なかなか レベル 高い なあ

こっち は こっち で 泳ぎ ま しょ う か

私 泳ぐ の は ちょっと

私 深い プール で 泳 い だ こと ない ん だ けど

意外

じゃ 私 が 教え て あける よ

見 て 見 て これ が クロール だ よ

泳ぎ 方 を 覚え 治し た ほう が いい わ ね

じゃ これ から 理 世 ちゃん が 泳げ る よう に 特訓 を 始め ます

待って 泳ぐ なら 念のため

軽く ストレッチ し た ほう が いい と 思う の

準備 運動 は 大切 だ よ な

柔らかい

紗 路 ちゃん

肉体 美 の 表現 なら 負け て られ ない ね

何 に し てる

いい 勝負 やった

はい

智 乃 ちゃん

私 と お 手 合わせ し ま しょ う

チェス って やった こと ない ん だ けど

将棋 と よく 似 てる ん でしょ う

いい です よ 勝負 です

せっかく だ から 何 か 賭け て み ない

私 が 勝ったら

ティッピー が び しょ 濡れ に なったら どう なる の か 見せ て もらう の は どう

なに

わかり まし た

私 が 勝ったら 心 愛 さん に 私 を お 姉さん と 呼 ん で もらう こと に し ま しょ う

なんで 巻き込ま れ てる の

では 先 ず は 息 止め 勝負

なんで そう なる ん だ ろ う

せ ー の

大丈夫 です か

私 の 勝ち

紛らわしい 潜り 方 を する な

じゃ 二 回 戦

まだ やる の

なん だ ? 兎 の ジェスチャー ?

いや 銃 か

全然 分から ない

ナルシスト か

なん だ

答え は 全部 理 世 ちゃん で し た

私 は そんな ん じゃ ない

追い詰め まし た

まだまだ よ

千 夜 が 負け たら 私 の お 姉ちゃん と して の 威厳 が

二 人きり

と とりあえず ビート 板 を 使って 練習 し ま しょ う

ビート 板 じゃ なく て 手 を 引っ張り やつ あれ が やり たい

理 世 先輩 意外 と 子供 だ

先輩 って スポーツ 万能 か と 思って まし た

泳ぐ 機会 が なかった から なあ

授業 も なかった し

年下 に 教わる って なんだか 恥ずかしい なあ

手 を 引っ張ら れ てるこ の 状況 は 恥ずかしく ない ん だ

紗 路 が 溺れ でも 助け られる くらい 上手く なって やる ぞ

そ . . . そんな 迷惑 かけ ま . . .

もう 想定 訓練 か

緊張 し て 足 が つった

千 夜 ちゃん 頑張って そこ で チェスト だ よ

チェック メート って 言い たい の

ここ で 負け たら わし が あら れ も ない 姿 に

ティッピー 煩い です

はい

一 兵卒 が 女王 に 逆ら お う など

貴族 に 生まれ変わって から に しろ う

心 愛 ちゃん 駒 に なり きる の 止め て もらえ る

智 乃 今 じゃ そこ だ

千 夜 ちゃん 上 後ろ 行け

集中 出来 ない

先輩 さすが です

紗 路 の 特訓 の おかげ だ よ

理 世 先輩 は 飲み込み が 速い です から

私 は ほとんど 何も し て ない で す

泳ぐ の が こんなに 楽しい と は 思わ なかった

ありがとう な 紗 路

じゃ 次 は

あれ を 使って 深い 所 に 行 こ う なあ

それ は 私 でも 無理 です 先輩

なん だ これ

柔らかい

美味し そう

なんで お 風呂 に いる の

残って る の か な ここ で

わ あ 伸びる ね

智 乃 助け て くれ

夜景 が 綺麗 気持ち いい

夜風 は 心地 いい わ ね

こう やって 耳 を すませ ば

あの 光 一つ一つ から

町 の 営み が 聞こえ て き そう

素敵 です

あの うち 今夜 は 妹 さん 特製 カレー だって

良い なあ

あの 家 の ご 夫婦 今夜 は 修羅場 ね

台無し です

買って 来 た わ よ

皆 で 飲 も う

コーヒー フルーツ 牛乳 で 乾杯

お 姉ちゃん コーヒー 牛乳 は こう やって 飲む ん だ よ

智 乃 が 勝った の か

「 兎 の マスター 」 が か CG か どう か 確かめ なきゃ ねえ

そう だ ね

あと あの コーヒー 豆 の シーン

あれ を 映画 で どう 表現 する の か 見物 だ わ

千 夜 ちゃん 楽し そう だ ね

だって みんな と 映画 だ も の

チケット を くれ た 客 さん に 感謝 し なきゃ

あの これ よかったら もらい もの が 余って る ん です

心 愛 ちゃん は 眠 そう ね

夕べ 智 乃 ちゃん に 私 の 修行 の 成果 を 見せよ う と 思って

コーヒー の 銘柄 で クイズ し た ん だ

左 から モカ ブルーマウタン インスタント

全部 キリマンジャロ です

コーヒー の 飲み過ぎ で あまり 眠れ なかった の ね

いま まで ずっと 起き て た から

まさか 寝 て ない の

ちょっと この あと 映画 見 に 行く の よ

コーヒー 飲め ば 夜 まで 持つ と 思う

ところで 待ち合わせ は 直接 映画 館 で いい ん だ っけ

はい

眠 そう だ なあ

映画 が 楽しみ で 眠れ なかった の か

私 も 遠足 の 前 と か 眠れ ない タイプ だ よ なあ

バイト の 疲れ が 一気に 出 ちゃ った

昨日 は やけに 忙しかった し

先輩 つまらな そう

そんなに 私 と 一緒 は 退屈 です か

ところで 待ち合わせ は 直接 映画 館 で いい ん だ っけ

ね み ぃ

心 愛 と 夜更かし なんて する ん じゃ なかった わ

変 な 声 当て ない で ください

智 乃 って いつも 眠 そう な 顔 し てるよ ね

いつも じゃ ない です

仕事 中 は お 客 さん に こんな 顔 見せ ませ ん

仕事 中 は 目つき 変わる ん だ

もし かして 頭 の 上 に ティッピー が 乗って る と 覚醒 する の か な

なるほど

掃除 し て ください

智 乃 の 目 を 覚ます ため に

頭 の 上 に 乗せる 代わり の もの を 考えよ う

あと 他 に は

いい から 掃除 し て ください

雨 か

映画 今日 じゃ ない ほう が 良かった かしら

うん うん せっかく 今日 は みんな 揃って バイト 休み な ん だし

心 愛 ちゃん

行 こ う 千 夜 ちゃん 小 雨 の 中 走る の も 気持ち いい よ

心 愛 ちゃん

誰 が 一番乗り する かな

智 乃 ちゃん たち は 大丈夫 かな

ごめんなさい 楽し そう に 走る から 黙って だ けど

私 折り畳み 傘 持って る の

雨 です ね 傘 持って き て ませ ん

困った なあ 止む まで 待つ べき か 迎え を 呼ぶ か

そう 言え ば 軍人 さん って

邪魔 に なる から 傘 を 差さ ない って 聞い た こ と ある ん です けど 本当 です か

片手 で 照準 具 定まら ない

確かに 手 が 塞がって る と 不便 だ よ な

走る ぞ

先輩 私 ったら 余計 な こと を

遅く なり まし た

智 乃 ちゃん 大丈夫 だった

雨 なんて 予想外 だった から なあ

みんな び しょ 濡れ だ ね

でも 目 は 覚め た か も

確かに 眠気 吹っ飛 ん だ なあ

私 も 眠い の 忘れ て た よ

なんとか 起き て られる かも しれ ない です

実は 私 も 眠かった の

初耳 だ よ

みんな 見 て

雲 の 間 から 光り が

綺麗 です

これ が 映画 だったら エンド ロール ながれ て も おかしく ない です

終わる の 早い なあ

あの 光 の 差し込み 方 は 天使 の 階段 って 呼ば れ てる の よ

素敵 です

そう な の 私 お 天道 さん の 鼻水 って 教わった けど

台無し です

待った

これ 使って くれ

体育 で 使わ なかった やつ だ から

さすが 理 世 ちゃん

頭 拭い て あげる ね

いい です 私 あまり 濡れ なかった ので

智 乃 は 傘 持って た ん だ なあ

途中 で ティッピー が 持って き て くれ まし た

器用 だ なあ

とりあえず 中 に 入 ろ う か

私 ポップコーン 買って くる ほか に ジュース 飲む 人

私 も よく 子供 扱い さ れる ん です

分かる わ

本当 に くせ 毛 すごい のに

どうして こんなに なる まで 焙 煎 し た ん だ

開始 五 分 で 涙腺 が

お 姉ちゃん な のに 智 乃 ちゃん の 隣 で 泣 い ちゃ ダメ

泣 い てる の 心 愛 さん に ばれ たく ない 絶対 からかわ れる

智 乃 ちゃん

そう だ よ ね 感情 に 素直 に なる べき だ よ ね

映画 館 初めて だ けど スクリーン って 大きい な

うち の テレビ より 大きい ん じゃ ない か な

うん うん メニュー 名 に 使え そう ね

静まれ お腹 け ちら ず に 何 か 買って おけ ば よかった

君 は 行け ない 夜 の 女王 だ

Rabbit House ついに 来 て しまい まし た

マスター に 会え たら 胸 を 張って 目 を 見 て 話さ なきゃ

お 待た せ し まし た スパゲッティ ボンゴレ で ござい ます

いらっしゃい ませ

マスター 以外 の 男 の 人 と 目 を 合わせ て しまい まし た

すごい 良かった ね

後半 寝 て た ん です か すごく よかった のに

皆さん と 語り 合え ない じゃ ない です か

小 小説 を 読 ん だ から

あまり 内容 覚え て ない

でも 主人公 の ウサギ に なった お 爺ちゃん 格好よかった ね

ライバル の 甘味 所 の お 婆さん

あの 情熱 に は 心 打た れ た わ

どこ か で 聞い た 話 ね

くだらない こと で 争って た けど

お 爺さん も 良かった けど

ジャズ で 喫茶 店 の 経営 難 を 救った バーテンダー の 息子 さん は

もっと 格好よかった な

まるで 父 みたい で し た

今日 は ティッピー は 表情 豊か だ ね

一 番 楽し ん で た ん じゃ ない か

ちょっと お トイレ

待って る ね

理 世 ちゃん が 戻って き たら . . .

智 乃 ちゃん

眠い の

いいえ 平気 です

come on

家 まで おんぶ し て あげる

子供 じゃ ない です から

大丈夫 気 に し ない よ

私 が 気 に し ます

えー じ ゃ なく て 心 愛 さん が おんぶ し たい だけ じゃ ない です か

やめ て おい た ほう が いい わ よ 心 愛 ちゃん も 眠い ん でしょ う

倒れ たり し たら 悲惨 よ

それ なら

騎馬 戦 でも 始める の か

心 が バリスタ なら

たとえ ウサギ だって コーヒー を 入れ られる ん だ

それ 昨日 の 映画 の 台詞 だ なあ

私 も 本格 的 に バリスタ 目指し て みよ う かな

それ で 理 世 ちゃん は バーテンダー か ソムリエ に なる の

すぐ 影響 さ れ て

大人 に なって も 三 人 一緒 に ここ で 働け たら 素敵 だ ね

パン 屋 さん と 弁護 士 は もう いい の か

最近 小説 家 も いい か な って

どうして 怒って る の

本気 で バリスタ 目指 し たい なら

コーヒー の 違い ぐらい 当て て み て ください



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

六 百 円 に なり ます

千 円 を 預かり し た ので 四 百 円 の お返し です

あり か とう ござい まし た

yeah 頼 も う

テンション が 高い

おい 紗 路 の この 感じ まさか

貧乏 が ばれ て しまった 恥ずかし さ に 堪え られ ない って いう から

ヤケ コーヒー 巡り を 勧め た の

もっと 違う もの を 勧めろ う

ここ で 三 軒 目

でも 見 て あの 晴れやか な 顔

カフェイン で おかしく なって る 顔 だ な

紗 路 さん コーヒー 好き に なって くれ て 嬉しい です

ちょっと 違う と 思う

酔い潰れる ほど 悩 ん で た ん だ な

皆 気 に し ない って 紗 路 ちゃん 自身 分かって る ん だ けど ね

私 な ん か 紗 路 の お 嬢 様 らし さ を 見習い たい ぐらい だ

その方 が あの 学校 で は 周り と 馴染み そう だ し

ご覧 に なって まし て お 父 様

射撃 は 淑女 の 嗜み です

お 疲れ 様 です お 嬢 様

ご 休憩 に コーヒー を どうぞ

あら ありがとう

当たった 当たった

全 弾 ぶち 抜 い て やった よ

戦場 の 悪魔 が 誕生 し た

その フレーズ 素敵 ね

今日 は 仕事 の 汗 を 流す ため に

皆 で 温泉 プール に 遊び に 来 まし た

お 城 みたい だ ね

古い 建物 を 改造 し た 名残 だ な

私 水着 で 温泉 で 初めて

泳ぐ の と お 風呂 が 一緒 に 出来 て 一石二鳥 ね

浮き 輪 もって くれ ば よかった

これ なら 持って き た ん だ けど

これ

足 ひ れ

いり ませ ん

心 愛 ちゃん よく 似合って る わ

ありがとう 実は ビキニ 初 挑戦 な ん だ

智 乃 ちゃん の 水着 も 可愛い わ ね

でしょう

どうして 心 愛 ちゃん が 自慢げ な の

千 夜 さん は と いつも と イメージ が 違って 素敵 です

普段 なら もっと 落ち着 い た 色 を 選ぶ ん だ けど

若い 人 たち と 遊ぶ ん だ から 冒険 し ない と ね

千 夜 さん は 何 歳 な ん です か

理 世 ちゃん は

な なん だ

素材 を 生かし た 味付け って 感じ

千 夜 から の 水着 の お下がり 少し 緩い けど

紐 を きつく しめ れ ば . . . いけ る

紗 路 ちゃん

紐 が 食い込 ん でる よ

察 し て よ

紗 路 ちゃん その 水着 とっても よく 似合って る わ

すごく 似合って る よ

でも ちょっと 紐 が . . .

あの 理 世 さん

良かったら 私 の 髪 も 結 ん で くれ ませ ん か

いい よ

こんな 感じ で どう かな

素敵 です ありがとう ござい ます

智 乃 ちゃん 可愛い

先輩 すごい です

理 世 ちゃん は 本当 に 器用 ね

じ 自分 の 髪 が 長い から

髪 を 結ぶ 機会 が 多い だけ で

ね 私 の 髪 も 結って くれ ない

い . . . い けど

私 も 髪 が 長 けれ ば

自然 な 流れ で 先輩 に 髪 を 結 ん で もらえ た のに

手 馴 れ た 手 捌 き

華麗 です

普通 だ

こんなに 上手 な 人 今 まで 見 た こと ない よ

本当 に 普通 だって 私 な ん か

わ すご 過ぎる よ

これ は さすが に . . .

あれ 満足 し て いる

気持ち いい

小さい 頃 銭湯 で 泳 い で 怒ら れ た こ と 思い出す なあ

ここ は 銭湯 じゃ ない けど ね

紗 路 ちゃん は 今 でも よく 銭湯 に いく の

偶に ね 偶に こんな 大きい 所 じゃ ない けど

うち の お 風呂 借り てる 話 でも し てる の かしら

ぬるい わ こんな の お 風呂 じゃ ない

千 夜 さん は 江戸っ子 です ね

おい 毛 玉 この ぐらい の 温度 なら お前 も 入れる ん じゃ ない か

あっ ち に ティッピー に ぴったり な サイズ の 桶 が あった わ よ

嫌がる な よ 温泉 嫌い な の か

濡れ たら 普通 の 兎 に なる の

ここ の 温泉 は 高 血圧 や 関節 痛 に 効果 が ある らしい よ

成長 促進 に 効果 は あり ませ ん か

今日 は あまり 人 が い ませ ん ね

この 温泉 の 強者 共 と 相 見える の を 楽しみ に し て いた ん じゃ が の

では 私 と さし ます か

勝負 じゃ 智 乃

一 人 二 役 やって る

なかなか レベル 高い なあ

こっち は こっち で 泳ぎ ま しょ う か

私 泳ぐ の は ちょっと

私 深い プール で 泳 い だ こと ない ん だ けど

意外

じゃ 私 が 教え て あける よ

見 て 見 て これ が クロール だ よ

泳ぎ 方 を 覚え 治し た ほう が いい わ ね

じゃ これ から 理 世 ちゃん が 泳げ る よう に 特訓 を 始め ます

待って 泳ぐ なら 念のため

軽く ストレッチ し た ほう が いい と 思う の

準備 運動 は 大切 だ よ な

柔らかい

紗 路 ちゃん

肉体 美 の 表現 なら 負け て られ ない ね

何 に し てる

いい 勝負 やった

はい

智 乃 ちゃん

私 と お 手 合わせ し ま しょ う

チェス って やった こと ない ん だ けど

将棋 と よく 似 てる ん でしょ う

いい です よ 勝負 です

せっかく だ から 何 か 賭け て み ない

私 が 勝ったら

ティッピー が び しょ 濡れ に なったら どう なる の か 見せ て もらう の は どう

なに

わかり まし た

私 が 勝ったら 心 愛 さん に 私 を お 姉さん と 呼 ん で もらう こと に し ま しょ う

なんで 巻き込ま れ てる の

では 先 ず は 息 止め 勝負

なんで そう なる ん だ ろ う

せ ー の

大丈夫 です か

私 の 勝ち

紛らわしい 潜り 方 を する な

じゃ 二 回 戦

まだ やる の

なん だ ? 兎 の ジェスチャー ?

いや 銃 か

全然 分から ない

ナルシスト か

なん だ

答え は 全部 理 世 ちゃん で し た

私 は そんな ん じゃ ない

追い詰め まし た

まだまだ よ

千 夜 が 負け たら 私 の お 姉ちゃん と して の 威厳 が

二 人きり

と とりあえず ビート 板 を 使って 練習 し ま しょ う

ビート 板 じゃ なく て 手 を 引っ張り やつ あれ が やり たい

理 世 先輩 意外 と 子供 だ

先輩 って スポーツ 万能 か と 思って まし た

泳ぐ 機会 が なかった から なあ

授業 も なかった し

年下 に 教わる って なんだか 恥ずかしい なあ

手 を 引っ張ら れ てるこ の 状況 は 恥ずかしく ない ん だ

紗 路 が 溺れ でも 助け られる くらい 上手く なって やる ぞ

そ . . . そんな 迷惑 かけ ま . . .

もう 想定 訓練 か

緊張 し て 足 が つった

千 夜 ちゃん 頑張って そこ で チェスト だ よ

チェック メート って 言い たい の

ここ で 負け たら わし が あら れ も ない 姿 に

ティッピー 煩い です

はい

一 兵卒 が 女王 に 逆ら お う など

貴族 に 生まれ変わって から に しろ う

心 愛 ちゃん 駒 に なり きる の 止め て もらえ る

智 乃 今 じゃ そこ だ

千 夜 ちゃん 上 後ろ 行け

集中 出来 ない

先輩 さすが です

紗 路 の 特訓 の おかげ だ よ

理 世 先輩 は 飲み込み が 速い です から

私 は ほとんど 何も し て ない で す

泳ぐ の が こんなに 楽しい と は 思わ なかった

ありがとう な 紗 路

じゃ 次 は

あれ を 使って 深い 所 に 行 こ う なあ

それ は 私 でも 無理 です 先輩

なん だ これ

柔らかい

美味し そう

なんで お 風呂 に いる の

残って る の か な ここ で

わ あ 伸びる ね

智 乃 助け て くれ

夜景 が 綺麗 気持ち いい

夜風 は 心地 いい わ ね

こう やって 耳 を すませ ば

あの 光 一つ一つ から

町 の 営み が 聞こえ て き そう

素敵 です

あの うち 今夜 は 妹 さん 特製 カレー だって

良い なあ

あの 家 の ご 夫婦 今夜 は 修羅場 ね

台無し です

買って 来 た わ よ

皆 で 飲 も う

コーヒー フルーツ 牛乳 で 乾杯

お 姉ちゃん コーヒー 牛乳 は こう やって 飲む ん だ よ

智 乃 が 勝った の か

「 兎 の マスター 」 が か CG か どう か 確かめ なきゃ ねえ

そう だ ね

あと あの コーヒー 豆 の シーン

あれ を 映画 で どう 表現 する の か 見物 だ わ

千 夜 ちゃん 楽し そう だ ね

だって みんな と 映画 だ も の

チケット を くれ た 客 さん に 感謝 し なきゃ

あの これ よかったら もらい もの が 余って る ん です

心 愛 ちゃん は 眠 そう ね

夕べ 智 乃 ちゃん に 私 の 修行 の 成果 を 見せよ う と 思って

コーヒー の 銘柄 で クイズ し た ん だ

左 から モカ ブルーマウタン インスタント

全部 キリマンジャロ です

コーヒー の 飲み過ぎ で あまり 眠れ なかった の ね

いま まで ずっと 起き て た から

まさか 寝 て ない の

ちょっと この あと 映画 見 に 行く の よ

コーヒー 飲め ば 夜 まで 持つ と 思う

ところで 待ち合わせ は 直接 映画 館 で いい ん だ っけ

はい

眠 そう だ なあ

映画 が 楽しみ で 眠れ なかった の か

私 も 遠足 の 前 と か 眠れ ない タイプ だ よ なあ

バイト の 疲れ が 一気に 出 ちゃ った

昨日 は やけに 忙しかった し

先輩 つまらな そう

そんなに 私 と 一緒 は 退屈 です か

ところで 待ち合わせ は 直接 映画 館 で いい ん だ っけ

ね み ぃ

心 愛 と 夜更かし なんて する ん じゃ なかった わ

変 な 声 当て ない で ください

智 乃 って いつも 眠 そう な 顔 し てるよ ね

いつも じゃ ない です

仕事 中 は お 客 さん に こんな 顔 見せ ませ ん

仕事 中 は 目つき 変わる ん だ

もし かして 頭 の 上 に ティッピー が 乗って る と 覚醒 する の か な

なるほど

掃除 し て ください

智 乃 の 目 を 覚ます ため に

頭 の 上 に 乗せる 代わり の もの を 考えよ う

あと 他 に は

いい から 掃除 し て ください

雨 か

映画 今日 じゃ ない ほう が 良かった かしら

うん うん せっかく 今日 は みんな 揃って バイト 休み な ん だし

心 愛 ちゃん

行 こ う 千 夜 ちゃん 小 雨 の 中 走る の も 気持ち いい よ

心 愛 ちゃん

誰 が 一番乗り する かな

智 乃 ちゃん たち は 大丈夫 かな

ごめんなさい 楽し そう に 走る から 黙って だ けど

私 折り畳み 傘 持って る の

雨 です ね 傘 持って き て ませ ん

困った なあ 止む まで 待つ べき か 迎え を 呼ぶ か

そう 言え ば 軍人 さん って

邪魔 に なる から 傘 を 差さ ない って 聞い た こ と ある ん です けど 本当 です か

片手 で 照準 具 定まら ない

確かに 手 が 塞がって る と 不便 だ よ な

走る ぞ

先輩 私 ったら 余計 な こと を

遅く なり まし た

智 乃 ちゃん 大丈夫 だった

雨 なんて 予想外 だった から なあ

みんな び しょ 濡れ だ ね

でも 目 は 覚め た か も

確かに 眠気 吹っ飛 ん だ なあ

私 も 眠い の 忘れ て た よ

なんとか 起き て られる かも しれ ない です

実は 私 も 眠かった の

初耳 だ よ

みんな 見 て

雲 の 間 から 光り が

綺麗 です

これ が 映画 だったら エンド ロール ながれ て も おかしく ない です

終わる の 早い なあ

あの 光 の 差し込み 方 は 天使 の 階段 って 呼ば れ てる の よ

素敵 です

そう な の 私 お 天道 さん の 鼻水 って 教わった けど

台無し です

待った

これ 使って くれ

体育 で 使わ なかった やつ だ から

さすが 理 世 ちゃん

頭 拭い て あげる ね

いい です 私 あまり 濡れ なかった ので

智 乃 は 傘 持って た ん だ なあ

途中 で ティッピー が 持って き て くれ まし た

器用 だ なあ

とりあえず 中 に 入 ろ う か

私 ポップコーン 買って くる ほか に ジュース 飲む 人

私 も よく 子供 扱い さ れる ん です

分かる わ

本当 に くせ 毛 すごい のに

どうして こんなに なる まで 焙 煎 し た ん だ

開始 五 分 で 涙腺 が

お 姉ちゃん な のに 智 乃 ちゃん の 隣 で 泣 い ちゃ ダメ

泣 い てる の 心 愛 さん に ばれ たく ない 絶対 からかわ れる

智 乃 ちゃん

そう だ よ ね 感情 に 素直 に なる べき だ よ ね

映画 館 初めて だ けど スクリーン って 大きい な

うち の テレビ より 大きい ん じゃ ない か な

うん うん メニュー 名 に 使え そう ね

静まれ お腹 け ちら ず に 何 か 買って おけ ば よかった

君 は 行け ない 夜 の 女王 だ

Rabbit House ついに 来 て しまい まし た

マスター に 会え たら 胸 を 張って 目 を 見 て 話さ なきゃ

お 待た せ し まし た スパゲッティ ボンゴレ で ござい ます

いらっしゃい ませ

マスター 以外 の 男 の 人 と 目 を 合わせ て しまい まし た

すごい 良かった ね

後半 寝 て た ん です か すごく よかった のに

皆さん と 語り 合え ない じゃ ない です か

小 小説 を 読 ん だ から

あまり 内容 覚え て ない

でも 主人公 の ウサギ に なった お 爺ちゃん 格好よかった ね

ライバル の 甘味 所 の お 婆さん

あの 情熱 に は 心 打た れ た わ

どこ か で 聞い た 話 ね

くだらない こと で 争って た けど

お 爺さん も 良かった けど

ジャズ で 喫茶 店 の 経営 難 を 救った バーテンダー の 息子 さん は

もっと 格好よかった な

まるで 父 みたい で し た

今日 は ティッピー は 表情 豊か だ ね

一 番 楽し ん で た ん じゃ ない か

ちょっと お トイレ

待って る ね

理 世 ちゃん が 戻って き たら . . .

智 乃 ちゃん

眠い の

いいえ 平気 です

come on

家 まで おんぶ し て あげる

子供 じゃ ない です から

大丈夫 気 に し ない よ

私 が 気 に し ます

えー じ ゃ なく て 心 愛 さん が おんぶ し たい だけ じゃ ない です か

やめ て おい た ほう が いい わ よ 心 愛 ちゃん も 眠い ん でしょ う

倒れ たり し たら 悲惨 よ

それ なら

騎馬 戦 でも 始める の か

心 が バリスタ なら

たとえ ウサギ だって コーヒー を 入れ られる ん だ

それ 昨日 の 映画 の 台詞 だ なあ

私 も 本格 的 に バリスタ 目指し て みよ う かな

それ で 理 世 ちゃん は バーテンダー か ソムリエ に なる の

すぐ 影響 さ れ て

大人 に なって も 三 人 一緒 に ここ で 働け たら 素敵 だ ね

パン 屋 さん と 弁護 士 は もう いい の か

最近 小説 家 も いい か な って

どうして 怒って る の

本気 で バリスタ 目指 し たい なら

コーヒー の 違い ぐらい 当て て み て ください


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.