image

ご注文はうさぎですか?, Gochuumon wa Usagi Desu ka? Episode 6

喫茶 店 ラビット ハウス に は

二 人 の バイト さん が い ます

この 春 から うち に 下宿 し て いる 心 愛 さん です

そして 理 世 さん です

お 待た せ し まし た

ご ゆっくり

ね ね あの ツインテ の 子 可愛く ない

可愛い ツインテ 超 似合って る

いい か ああいう 客 の 冷やかし は 気 に する な よ

気 に する な よ

理 世 ちゃん ったら 窓 ガラス を 鏡 替り に

なん だ その 頭 は

ティッピー は 今 イメチェン 月間 中 な ん だ って

ツインテ 可愛い ね

さっき の は どっち に 対し て た

気 に する なって 言って た のに

乙女 心 は 複雑 みたい です

今日 は いい 天気 です

こんな 日 は 部屋 で ボトル シップ を

お 散歩 に 行 こ う

休み の 日 は 家 で のんびり し たい です

後 少し で 作り かけ の ボトル シップ が 完成 する ん です

それ なら 公園 で 作って 河 に も かけ て 流 そ う よ

ボトル シップ って 何 か 分かって ます

この 坂道 から は 町 が 一望 でき ます

いい 眺め

自転車 が あったら 智 乃 ちゃん を 後ろ に 乗せ て この 坂 を 滑走 する の

二 人 乗り は だめ です よ

その 前 に 自転車 の 乗り 方 を 教え て もらわ なきゃ ね

私 夕日 の 中 で 何度 も 倒れ ながら 特訓 する の が 憧れ で

話 が ころころ 変わって いく

理 世 ちゃん だ

洋服 を 選 ん で い ます ね

理 世 ちゃん って 感じ の 服 だ ね

私 たち は あまり 着 ない 系統 の 服 です

ちょっと 笑顔 に なった

気 に 入った 服 を 見つけ た ん です ね

なにやら 葛藤 し て いる よう です な

そっと し て おき ま しょ う

ぽかぽか し て 気持ち いい ね

はい

なん た か 甘い 香り も する し

そう 言わ れ て み れ ば

クレープ 屋 さん だ

智 乃 ちゃん ご馳走 する よ

いい ん です か

お 姉ちゃん に 任せ なさい

紗 路 ちゃん

心 愛 智 乃 ちゃん まで

こんな ところ でも バイト し てる なんて

そう そう よ 多 趣味 よ 悪い

はい お 待た せ

ありがとう 頂き ます

美味しい

はい 紗 路 ちゃん も あげる

私 仕事 中 よ

まあまあ 一口 だけ でも

一口

クレープ なんて めったに 食べ られ ない し

また 空 から あんこ が

より に よって クレープ の 上 に 落ち た なんて

ねえ 紗 路 ちゃん

私 より ショック 受け てる

待って

やっと 追いつ い た

千 夜 ちゃん

また ガラス に あんこ 攫 わ れ た ん だ

いつも と 制服 が 違い ます

気づ い た

今月 は レトロ モダン 月間 な の

甘 兎 も その うち フルール ド ラパン より いかがわしく なる ん じゃ ない

そう

それ なら 脱ぐ わ

ここ で 脱 が ない で よ

も ふ も ふ 天国 最高

いい ん です よ

私 に は テェッビー が いり ます から

動物 が 懐か ない 体質 って 言って た っけ

きっと 智 乃 ちゃん は 口 と か 毛並み と か 兎 に 似 てる から

同族 嫌悪 さ れ てる ん だ よ

意味 わかって い て ます

それ なら 私 が 智 乃 ちゃん を も ふ も ふ すれ ば

寂しく なく て 解決 だ ね

何も 解決 し て ませ ん が

智 乃 ちゃん

麻耶 さん 惠 さん

映画 見 に 行って た の

そう で し た か

喫茶 店 の 仕事 が 休み だって 知って たら 誘った のに

今度 智 乃 ちゃん も 一緒 に 行 こ う ね

はい

ところで どんな 映画 を 見 て き た ん です

私 は アクション もの が いい って 言った ん だ けど

惠 が さ

今 流行って る 映画 って ね すごく 泣ける ん だ

パンフレット も 買っちゃ っ た

他人事 と は 思え ない タイトル

心 愛 さん

待って まって

捕ま えっ た

珍しい 色 の 兎 です ね

よかったら ん どうぞ

いい ん です か

散歩 です か

はい

閃 き を 求めて 彷徨って いる ん です

閃 き

私 小説 家 な ん です

小説 家 さん

格好いい

ペンネーム は 何 って いう ん です か

青山 ブルーマウンテン と いい ます

不思議 な 名前 だ

書 い た 小説 が 最近 映画 化 し たり し まし た

すごい

私 も 町 の 国際 バリスタ 弁護 士 と して

パン を やき ながら 小説 家 の 道 を 活 きる の も いい かも しれ ない

心 愛 さん

智 乃 ちゃん が 探し てる

それでは また 彷徨って き ます

いって らっしゃい

探し まし た よ

ごめん ごめん

心 愛 さん は 知ら ない 人 と 気軽 に 話せる ん です ね

智 乃 ちゃん も 喫茶 店 の お 客 さん と 話せ てる の よ

いきなり 世間話 は し ませ ん し

話す の は 得意 じゃ ない です

でも 先 の 友達 と は 楽しい そう に 話し て た よ

あの 二 人 が 積極 的 に 話 かけ て くれ なかったら

友達 に なれ て なかった です

そんな こと ない よ

私 に 智 乃 ちゃん の 腹話術 の 技術 が あれ ば

世界 を 狙って た のに

頑張って ください

次 は どこ 行 こ う か

そう です ね

理 世 さん

はい

バレ た

人違い で し た

失礼 し まし た

さっき 見かけ た 時 と 服 も 髪 型 も 違う もん ね

見 られ て た の か

でも 理 世 ちゃん って 呼 ん だ ら 振り向 い た よ

聞き 間違い まし た 私 その . . .

ロゼ と いう 名前 な の で

そう です か でも びっくり です

ロゼ さん に よく 似 た 人 が うち の 喫茶 店 に いる ん です

本当 ぜひ 行って み たい わ

ラビット ハウス と いう お 店 です

お 待ち し て い ます

ええ いつか 必ず

じゃ

私 人見知り する ん です が

今 の 人 は なぜ か いきなり 会話 が でき まし た

やった ね 智 乃 ちゃん

もし かして これ は 心 愛 さん の 影響

いや あれ は 理 世 じゃ ろ

カット モデル を 頼ま れ た の は まだしも

買った 服 を すぐ 着 った く なって しまった なんて . . .

そんな こと 言え ない と か 考え てる 顔 じゃ った な

足 くたくた

疲れ た けど 楽しかった ね

今日 は 休日 な のに いろんな 人 と 話し ました

あの 心 愛 さん

分かって る よ

明日 は 学校 だ から 早く 寝 ない と でしょ う

じゃ お 休み

お 爺ちゃん

お 父さん と バー に いる ん だった

はい

今日 は 何だか 落ち着き ませ ん

まだ お 話し て い たい 気分 です

でも 心 愛 さん が 迷惑 なら

じゃ 理 世 ちゃん に 借り た DVD 見よ う か

会話 が 盛り上がる 気 が し ない です

遅れ て ごめん

制服 が なかった ん だ けど

お 帰り なさい

私 の 制服 も しか して 私 リストラ

智 乃

この も こも こ し た の 可愛い な ~

倒し たら 経験 値 入り そう

理 世 ちゃん いつのまに こんなに 小 ちゃ く

ちっちゃ

あれ よく 見 たら 違う

リゼ って この 制服 の 持ち主

クロ セット に これ が あった けど

その 人 裏 の 仕事 も 引き受け てる の

理 世 ちゃん 大変 な も の 置き忘れ てるよ

麻耶 さん デェッビー 返し て ください

智 乃 ちゃん ごめん ね 遅く なって

ところで 二 人 は 昨日 の . . .

私 の クラスメート です

手伝って くれ てる ん です よ

麻耶 だ よ

惠 です

そ っか

ありがとう 麻耶 ちゃん 惠 ちゃん

お 礼 なんか いい って

ね 惠

楽しい し 制服 も 可愛い し ね

二 人 と も 良く 似合って る よ

後 もう 二 色 増え たら 悪 と 戦う の も 夢 じゃ ない の よ

マジ で 私 ブラック が いい

私 ホワイト

何と 戦う ん です か

ライバル 店 かな

ただ の 営業 妨害 じゃ ない です か

えっ と 心 愛 さん

私 の こと は お 姉ちゃん って 呼 ん で ね

気 に し なく て 良い ので

ほら まずは 智 乃 ちゃん が 皆 の お 手本 見せ て

はい お 姉ちゃん って

どうして この 流れ で 呼 ん で もらえ る と 思った ん です か

智 乃 ちゃん 羨ま し い な

こんな 優し そう な お 姉さん と 一緒 に 暮らせ て

いいえ いいえ 姉 らしい こと は 何も でき ませ ん が

これ パン の お裾分け だ よ

ありがとう ござい ます

お 料理 も 上手

どうして こんな 素敵 な 人 だって 教え て くれ なかった の

心 愛 さん は パン しか 真 面 に 作れ ない ん です よ

すまない 部活 の 助っ人 に 駆り出さ れ た

理 世 ちゃん 紹介 する ね

私 の 新しい 妹 達 です

嘘 を 付く な

そう だ 私 と した こと が あれ を なく し た み たい で 誰 か 見 て ない か

もし かして これ

後 コンバット ナイフ も 入って た けど こっち

理 世 うち に 物騒 もの を 持ち込め じゃ ない

素人 が 扱え る もの じゃ ない 返せ

その セリフ 格好いい

理 世 って 役者 目指し てる の

それとも ミリオタ

ミリオタ って な ん です

えっ と ま いい や

私 も CQC と か できる よ

こいつ CQC に 精通 し て いる の か

軍 の 関係 者 か

麻耶 ちゃん っ だ ら また テレビ の 影響 受け てる

理 世 って 立ち振る舞い が 普通 の 女 と ちょっと 違う ね

憧れ ちゃ う なあ

やっぱり 私 って 浮 い てる

心 愛 ちゃん を 私 の 目標 に する ね

そんな こと 初めて 言わ れ た

お 姉ちゃん 嬉しい よ

ねえ 智 乃

もっと 言 っ て くれ て いい よ

はい

智 乃 は どっち に 憧れ てる の

憧れ

強いて 言え ば 紗 路 さん

です よ ね

ねえ 智 乃 今日 このまま 手伝って いい

はい もちろん

ありがとう じゃあ 私 コーヒー 淹 れ て くる ね

私 も やって み たい

うん やろ う やろ う

理 世 ちゃん と 一緒 に お 客 さん し て よう か な

なんか 新鮮 だ な

はい どうぞ

ありがとう

恵 ちゃん コーヒー 豆 は 生 の まま 食べ ない ほう が いい よ

知って る よ

親 の 影響 を 受ける と 殺伐 と して 考え 方 が 身 に つい て

大変 だ よ な お互い

お互い

よく ある ん だ ろ う そういう こと

お 爺ちゃん

この 気持 ちな ん なん でしょう か

はい どうぞ

ありがとう ござい ます

すみません お 仕事 中 に

う うん

あんこ に 会う ついで でも

智 乃 ちゃん が 私 に 相談 し て くれ て うれしい わ

千 夜 さん

それ で その お 友達 が どう し た の

時々 お 店 に 来る よう に なって

心 愛 さん と 理 世 さん の 妹 の よう に なって て

紗 路 に 教え たら 何 って いう かしら

それ に もやもや する ん です

嫉妬 し てるよ ね

嫉妬 誰 に です か

自覚 が ない の ね

心 愛 さん は 年下 だったら 誰 でも い い ん です

誤解 を 招く 発言 だ わ

理 世 さん は 麻耶 さん に 親近感 を 覚え て しまった みたい です し

恵 さん も 麻耶 さん も まるで 私 の こと を 忘れ て し まて る みたい で し た

智 乃 ちゃん 寂しい なら いっそのこと うち の 子 に なっちゃ い ま しょ う

余計 ややこしい こと に . . .

あの も しか して ラビット ハウス の お 孫 さん でしょう か

そう です が お 爺ちゃん の お 知り合い です か

ラビット ハウス に は 学生 だった 頃 よく を 邪魔 し て い まし た

でも 最近 は 心 の 準備 が

心 の 準備

もやもや し て しまう 気持ち 分かり ます

とても 大切 な 人 たち に 囲ま れ て いる ん です ね

私 どう し たら いい の か 分から ない ん です

こんな 気持ち 初めて で

初めて です か

だったら いい こと な の かも しれ ませ ん

いい こと

きっと 心 が 教え て くれ て いる ん だ よ 思い ます

あなた は あなた が 思って る 以上 に その 人 達 の こと が 好き な ん だ って

すみません 差し出がましい こと を

では 私 は これ で

不思議 の 人 だ

私 ったら 駄目 ね 智 乃 ちゃん の 相談 に ちゃんと 乗れ なかった わ

そんな こと ない です

聞い て もらえ て 心 が 軽く なり まし た

理 世 先輩 に 妹 が でき た って どういう こと . . .

メール し た ん です ね

ね 理 世 ちゃん

私 智 乃 ちゃん が あの 二 人 と 仲良く し てる の を 見 て たら

嬉しい ん だ けど ちょっと 寂しく なっちゃ っ た ん だ

きっと 私 の 知ら ない 智 乃 ちゃん の 一面 を いっぱい 見 てる ん だ ろ う な

心 愛

私 だって そういう の 分から なく も ない ぞ

私 だけ ここ に 住み込 ん で ない わけ だ し

何 か 言った

何も 言って ない

何 って 言った の

何も 言って ない

お 爺ちゃん

もやもや し て た の は 私 だけ じゃ なかった みたい です

お 帰り

開店 準備 始める か

はい

やっぱり この 三 人 で 仕事 を し て いる 時 が 一 番 落ち着く ね

そう かも な

理 世 ちゃん が コーヒー 豆 を 挽 い たり 料理 し たり し て

智 乃 ちゃん が お 客 さん に 運 ん で

私 は . . . 日向 ぼ っこ

サボる な

智 乃 ちゃん おはよう

おはよう ございます

その もう 具合 大丈夫

なんの こと です

最近 ずっと 元気 なかった じゃ ん

声 かけ にくかった から 心配 だった の

我慢 し ちゃ 駄目 だ よ

そう そう 変 な とこ で 遠慮 する から さ

大丈夫 です よ 今 治った みたい です

今 治った の

何で

夕焼け が 綺麗 だ ね ティッピー

私 お 姉ちゃん と して 智 乃 ちゃん の 手本 に なれる よう な 生き 方 でき てる の か な

子 娘 が 何 を 言う

理 世 ちゃん と は 仲よく なれ た けど

まだ 変 な 子 だって 思わ れ て ない かな

理 世 の 方 が 気 に し てる じゃ ろ

年頃 の 女の子 の 接し 方 は 難しい です よ ね

青山 さん

奇 遇 です ね

まあ 可愛らしい ウサギ

奇 遇

青山 さん が 書 い た 小説 読 ん だ よ

うさぎ に なった バリスタ すごく 面白かった

本当

実は 主人公 に モデル が いる ん です

どんな 人 な の

昔 お 世話 に なった 喫茶 店 の マスタ です

お 店 が 経営 不振 の 時 「 に いっそ ウサギ に なり て ぇ 」 と 愚痴 って 言った の を 参考 に し まし た

映画 化 さ れる ほど 売れる よう に なった と 報告 し たい ん です が

忙しく て 間 が 空 い て しまい

久しぶり で 緊張 し ちゃ う ん だ ね

はい

でも ウサギ に なり たい なんて お茶 目 な ん だ ね

実に ユーモラス です

白い お 髭 が 素敵 な 根 は 優しい お 爺 さま な ん です よ

恥ずかしい わ

次回 ご 注文 は ウサギ です が

二 人 の 心 が 離れる 時

新た なる 気持ち の 変化 を もたらす

Call Me Sister

お楽しみ に



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

喫茶 店 ラビット ハウス に は

二 人 の バイト さん が い ます

この 春 から うち に 下宿 し て いる 心 愛 さん です

そして 理 世 さん です

お 待た せ し まし た

ご ゆっくり

ね ね あの ツインテ の 子 可愛く ない

可愛い ツインテ 超 似合って る

いい か ああいう 客 の 冷やかし は 気 に する な よ

気 に する な よ

理 世 ちゃん ったら 窓 ガラス を 鏡 替り に

なん だ その 頭 は

ティッピー は 今 イメチェン 月間 中 な ん だ って

ツインテ 可愛い ね

さっき の は どっち に 対し て た

気 に する なって 言って た のに

乙女 心 は 複雑 みたい です

今日 は いい 天気 です

こんな 日 は 部屋 で ボトル シップ を

お 散歩 に 行 こ う

休み の 日 は 家 で のんびり し たい です

後 少し で 作り かけ の ボトル シップ が 完成 する ん です

それ なら 公園 で 作って 河 に も かけ て 流 そ う よ

ボトル シップ って 何 か 分かって ます

この 坂道 から は 町 が 一望 でき ます

いい 眺め

自転車 が あったら 智 乃 ちゃん を 後ろ に 乗せ て この 坂 を 滑走 する の

二 人 乗り は だめ です よ

その 前 に 自転車 の 乗り 方 を 教え て もらわ なきゃ ね

私 夕日 の 中 で 何度 も 倒れ ながら 特訓 する の が 憧れ で

話 が ころころ 変わって いく

理 世 ちゃん だ

洋服 を 選 ん で い ます ね

理 世 ちゃん って 感じ の 服 だ ね

私 たち は あまり 着 ない 系統 の 服 です

ちょっと 笑顔 に なった

気 に 入った 服 を 見つけ た ん です ね

なにやら 葛藤 し て いる よう です な

そっと し て おき ま しょ う

ぽかぽか し て 気持ち いい ね

はい

なん た か 甘い 香り も する し

そう 言わ れ て み れ ば

クレープ 屋 さん だ

智 乃 ちゃん ご馳走 する よ

いい ん です か

お 姉ちゃん に 任せ なさい

紗 路 ちゃん

心 愛 智 乃 ちゃん まで

こんな ところ でも バイト し てる なんて

そう そう よ 多 趣味 よ 悪い

はい お 待た せ

ありがとう 頂き ます

美味しい

はい 紗 路 ちゃん も あげる

私 仕事 中 よ

まあまあ 一口 だけ でも

一口

クレープ なんて めったに 食べ られ ない し

また 空 から あんこ が

より に よって クレープ の 上 に 落ち た なんて

ねえ 紗 路 ちゃん

私 より ショック 受け てる

待って

やっと 追いつ い た

千 夜 ちゃん

また ガラス に あんこ 攫 わ れ た ん だ

いつも と 制服 が 違い ます

気づ い た

今月 は レトロ モダン 月間 な の

甘 兎 も その うち フルール ド ラパン より いかがわしく なる ん じゃ ない

そう

それ なら 脱ぐ わ

ここ で 脱 が ない で よ

も ふ も ふ 天国 最高

いい ん です よ

私 に は テェッビー が いり ます から

動物 が 懐か ない 体質 って 言って た っけ

きっと 智 乃 ちゃん は 口 と か 毛並み と か 兎 に 似 てる から

同族 嫌悪 さ れ てる ん だ よ

意味 わかって い て ます

それ なら 私 が 智 乃 ちゃん を も ふ も ふ すれ ば

寂しく なく て 解決 だ ね

何も 解決 し て ませ ん が

智 乃 ちゃん

麻耶 さん 惠 さん

映画 見 に 行って た の

そう で し た か

喫茶 店 の 仕事 が 休み だって 知って たら 誘った のに

今度 智 乃 ちゃん も 一緒 に 行 こ う ね

はい

ところで どんな 映画 を 見 て き た ん です

私 は アクション もの が いい って 言った ん だ けど

惠 が さ

今 流行って る 映画 って ね すごく 泣ける ん だ

パンフレット も 買っちゃ っ た

他人事 と は 思え ない タイトル

心 愛 さん

待って まって

捕ま えっ た

珍しい 色 の 兎 です ね

よかったら ん どうぞ

いい ん です か

散歩 です か

はい

閃 き を 求めて 彷徨って いる ん です

閃 き

私 小説 家 な ん です

小説 家 さん

格好いい

ペンネーム は 何 って いう ん です か

青山 ブルーマウンテン と いい ます

不思議 な 名前 だ

書 い た 小説 が 最近 映画 化 し たり し まし た

すごい

私 も 町 の 国際 バリスタ 弁護 士 と して

パン を やき ながら 小説 家 の 道 を 活 きる の も いい かも しれ ない

心 愛 さん

智 乃 ちゃん が 探し てる

それでは また 彷徨って き ます

いって らっしゃい

探し まし た よ

ごめん ごめん

心 愛 さん は 知ら ない 人 と 気軽 に 話せる ん です ね

智 乃 ちゃん も 喫茶 店 の お 客 さん と 話せ てる の よ

いきなり 世間話 は し ませ ん し

話す の は 得意 じゃ ない です

でも 先 の 友達 と は 楽しい そう に 話し て た よ

あの 二 人 が 積極 的 に 話 かけ て くれ なかったら

友達 に なれ て なかった です

そんな こと ない よ

私 に 智 乃 ちゃん の 腹話術 の 技術 が あれ ば

世界 を 狙って た のに

頑張って ください

次 は どこ 行 こ う か

そう です ね

理 世 さん

はい

バレ た

人違い で し た

失礼 し まし た

さっき 見かけ た 時 と 服 も 髪 型 も 違う もん ね

見 られ て た の か

でも 理 世 ちゃん って 呼 ん だ ら 振り向 い た よ

聞き 間違い まし た 私 その . . .

ロゼ と いう 名前 な の で

そう です か でも びっくり です

ロゼ さん に よく 似 た 人 が うち の 喫茶 店 に いる ん です

本当 ぜひ 行って み たい わ

ラビット ハウス と いう お 店 です

お 待ち し て い ます

ええ いつか 必ず

じゃ

私 人見知り する ん です が

今 の 人 は なぜ か いきなり 会話 が でき まし た

やった ね 智 乃 ちゃん

もし かして これ は 心 愛 さん の 影響

いや あれ は 理 世 じゃ ろ

カット モデル を 頼ま れ た の は まだしも

買った 服 を すぐ 着 った く なって しまった なんて . . .

そんな こと 言え ない と か 考え てる 顔 じゃ った な

足 くたくた

疲れ た けど 楽しかった ね

今日 は 休日 な のに いろんな 人 と 話し ました

あの 心 愛 さん

分かって る よ

明日 は 学校 だ から 早く 寝 ない と でしょ う

じゃ お 休み

お 爺ちゃん

お 父さん と バー に いる ん だった

はい

今日 は 何だか 落ち着き ませ ん

まだ お 話し て い たい 気分 です

でも 心 愛 さん が 迷惑 なら

じゃ 理 世 ちゃん に 借り た DVD 見よ う か

会話 が 盛り上がる 気 が し ない です

遅れ て ごめん

制服 が なかった ん だ けど

お 帰り なさい

私 の 制服 も しか して 私 リストラ

智 乃

この も こも こ し た の 可愛い な ~

倒し たら 経験 値 入り そう

理 世 ちゃん いつのまに こんなに 小 ちゃ く

ちっちゃ

あれ よく 見 たら 違う

リゼ って この 制服 の 持ち主

クロ セット に これ が あった けど

その 人 裏 の 仕事 も 引き受け てる の

理 世 ちゃん 大変 な も の 置き忘れ てるよ

麻耶 さん デェッビー 返し て ください

智 乃 ちゃん ごめん ね 遅く なって

ところで 二 人 は 昨日 の . . .

私 の クラスメート です

手伝って くれ てる ん です よ

麻耶 だ よ

惠 です

そ っか

ありがとう 麻耶 ちゃん 惠 ちゃん

お 礼 なんか いい って

ね 惠

楽しい し 制服 も 可愛い し ね

二 人 と も 良く 似合って る よ

後 もう 二 色 増え たら 悪 と 戦う の も 夢 じゃ ない の よ

マジ で 私 ブラック が いい

私 ホワイト

何と 戦う ん です か

ライバル 店 かな

ただ の 営業 妨害 じゃ ない です か

えっ と 心 愛 さん

私 の こと は お 姉ちゃん って 呼 ん で ね

気 に し なく て 良い ので

ほら まずは 智 乃 ちゃん が 皆 の お 手本 見せ て

はい お 姉ちゃん って

どうして この 流れ で 呼 ん で もらえ る と 思った ん です か

智 乃 ちゃん 羨ま し い な

こんな 優し そう な お 姉さん と 一緒 に 暮らせ て

いいえ いいえ 姉 らしい こと は 何も でき ませ ん が

これ パン の お裾分け だ よ

ありがとう ござい ます

お 料理 も 上手

どうして こんな 素敵 な 人 だって 教え て くれ なかった の

心 愛 さん は パン しか 真 面 に 作れ ない ん です よ

すまない 部活 の 助っ人 に 駆り出さ れ た

理 世 ちゃん 紹介 する ね

私 の 新しい 妹 達 です

嘘 を 付く な

そう だ 私 と した こと が あれ を なく し た み たい で 誰 か 見 て ない か

もし かして これ

後 コンバット ナイフ も 入って た けど こっち

理 世 うち に 物騒 もの を 持ち込め じゃ ない

素人 が 扱え る もの じゃ ない 返せ

その セリフ 格好いい

理 世 って 役者 目指し てる の

それとも ミリオタ

ミリオタ って な ん です

えっ と ま いい や

私 も CQC と か できる よ

こいつ CQC に 精通 し て いる の か

軍 の 関係 者 か

麻耶 ちゃん っ だ ら また テレビ の 影響 受け てる

理 世 って 立ち振る舞い が 普通 の 女 と ちょっと 違う ね

憧れ ちゃ う なあ

やっぱり 私 って 浮 い てる

心 愛 ちゃん を 私 の 目標 に する ね

そんな こと 初めて 言わ れ た

お 姉ちゃん 嬉しい よ

ねえ 智 乃

もっと 言 っ て くれ て いい よ

はい

智 乃 は どっち に 憧れ てる の

憧れ

強いて 言え ば 紗 路 さん

です よ ね

ねえ 智 乃 今日 このまま 手伝って いい

はい もちろん

ありがとう じゃあ 私 コーヒー 淹 れ て くる ね

私 も やって み たい

うん やろ う やろ う

理 世 ちゃん と 一緒 に お 客 さん し て よう か な

なんか 新鮮 だ な

はい どうぞ

ありがとう

恵 ちゃん コーヒー 豆 は 生 の まま 食べ ない ほう が いい よ

知って る よ

親 の 影響 を 受ける と 殺伐 と して 考え 方 が 身 に つい て

大変 だ よ な お互い

お互い

よく ある ん だ ろ う そういう こと

お 爺ちゃん

この 気持 ちな ん なん でしょう か

はい どうぞ

ありがとう ござい ます

すみません お 仕事 中 に

う うん

あんこ に 会う ついで でも

智 乃 ちゃん が 私 に 相談 し て くれ て うれしい わ

千 夜 さん

それ で その お 友達 が どう し た の

時々 お 店 に 来る よう に なって

心 愛 さん と 理 世 さん の 妹 の よう に なって て

紗 路 に 教え たら 何 って いう かしら

それ に もやもや する ん です

嫉妬 し てるよ ね

嫉妬 誰 に です か

自覚 が ない の ね

心 愛 さん は 年下 だったら 誰 でも い い ん です

誤解 を 招く 発言 だ わ

理 世 さん は 麻耶 さん に 親近感 を 覚え て しまった みたい です し

恵 さん も 麻耶 さん も まるで 私 の こと を 忘れ て し まて る みたい で し た

智 乃 ちゃん 寂しい なら いっそのこと うち の 子 に なっちゃ い ま しょ う

余計 ややこしい こと に . . .

あの も しか して ラビット ハウス の お 孫 さん でしょう か

そう です が お 爺ちゃん の お 知り合い です か

ラビット ハウス に は 学生 だった 頃 よく を 邪魔 し て い まし た

でも 最近 は 心 の 準備 が

心 の 準備

もやもや し て しまう 気持ち 分かり ます

とても 大切 な 人 たち に 囲ま れ て いる ん です ね

私 どう し たら いい の か 分から ない ん です

こんな 気持ち 初めて で

初めて です か

だったら いい こと な の かも しれ ませ ん

いい こと

きっと 心 が 教え て くれ て いる ん だ よ 思い ます

あなた は あなた が 思って る 以上 に その 人 達 の こと が 好き な ん だ って

すみません 差し出がましい こと を

では 私 は これ で

不思議 の 人 だ

私 ったら 駄目 ね 智 乃 ちゃん の 相談 に ちゃんと 乗れ なかった わ

そんな こと ない です

聞い て もらえ て 心 が 軽く なり まし た

理 世 先輩 に 妹 が でき た って どういう こと . . .

メール し た ん です ね

ね 理 世 ちゃん

私 智 乃 ちゃん が あの 二 人 と 仲良く し てる の を 見 て たら

嬉しい ん だ けど ちょっと 寂しく なっちゃ っ た ん だ

きっと 私 の 知ら ない 智 乃 ちゃん の 一面 を いっぱい 見 てる ん だ ろ う な

心 愛

私 だって そういう の 分から なく も ない ぞ

私 だけ ここ に 住み込 ん で ない わけ だ し

何 か 言った

何も 言って ない

何 って 言った の

何も 言って ない

お 爺ちゃん

もやもや し て た の は 私 だけ じゃ なかった みたい です

お 帰り

開店 準備 始める か

はい

やっぱり この 三 人 で 仕事 を し て いる 時 が 一 番 落ち着く ね

そう かも な

理 世 ちゃん が コーヒー 豆 を 挽 い たり 料理 し たり し て

智 乃 ちゃん が お 客 さん に 運 ん で

私 は . . . 日向 ぼ っこ

サボる な

智 乃 ちゃん おはよう

おはよう ございます

その もう 具合 大丈夫

なんの こと です

最近 ずっと 元気 なかった じゃ ん

声 かけ にくかった から 心配 だった の

我慢 し ちゃ 駄目 だ よ

そう そう 変 な とこ で 遠慮 する から さ

大丈夫 です よ 今 治った みたい です

今 治った の

何で

夕焼け が 綺麗 だ ね ティッピー

私 お 姉ちゃん と して 智 乃 ちゃん の 手本 に なれる よう な 生き 方 でき てる の か な

子 娘 が 何 を 言う

理 世 ちゃん と は 仲よく なれ た けど

まだ 変 な 子 だって 思わ れ て ない かな

理 世 の 方 が 気 に し てる じゃ ろ

年頃 の 女の子 の 接し 方 は 難しい です よ ね

青山 さん

奇 遇 です ね

まあ 可愛らしい ウサギ

奇 遇

青山 さん が 書 い た 小説 読 ん だ よ

うさぎ に なった バリスタ すごく 面白かった

本当

実は 主人公 に モデル が いる ん です

どんな 人 な の

昔 お 世話 に なった 喫茶 店 の マスタ です

お 店 が 経営 不振 の 時 「 に いっそ ウサギ に なり て ぇ 」 と 愚痴 って 言った の を 参考 に し まし た

映画 化 さ れる ほど 売れる よう に なった と 報告 し たい ん です が

忙しく て 間 が 空 い て しまい

久しぶり で 緊張 し ちゃ う ん だ ね

はい

でも ウサギ に なり たい なんて お茶 目 な ん だ ね

実に ユーモラス です

白い お 髭 が 素敵 な 根 は 優しい お 爺 さま な ん です よ

恥ずかしい わ

次回 ご 注文 は ウサギ です が

二 人 の 心 が 離れる 時

新た なる 気持ち の 変化 を もたらす

Call Me Sister

お楽しみ に


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.