image

ご注文はうさぎですか?, Gochuumon wa Usagi Desu ka? Episode 11

クリスマス マーケット だ

心 愛 ちゃん は こういう マーケット って 初めて な の よ ね

落ち着 い て ください

もう テンション 有頂天 だ よ どこ から いく

来 て そう そう 目的 を 見失う な

今日 は 店 の ツリー に 飾る オーナメント を 買い に 来 た ん です から

あ そう だった

舞い上がっちゃ う 気持ち も 分かる げ と ね

せっかく だ し 用事 が 終わったら 色々 見 て 回る か

そう し ま しょ う

はい

落ち着 い で ください

智 乃 ちゃん こ ち だ よ

まったく 転び ます よ

皆 クリスマス メニュー は 決め た

ああ 今年 は 三 人 で 考え た ん だ よ な

頑張り まし た

クリスマス 限定 で 凄い 豪華 な パンケーキ を 作る ん だ

素敵 ね

甘 兔 庵 で は なに か だす ん です か

うち は 今年 も ターキー を 出す の

甘味 所 で ターキー ?

何故 か 評判 良い らしい です

じゃ うち は ピサ 焼 こ う よ

回し た ピザ 生地 で お 皿 を 割る の が 目 に 見え ます

若 かり し 頃 の わし なら 回せ た

智 乃 って 時々 凄い 冗談 いう よ なあ

紗 路 さん は 当日 バイト 尽くし です か

え 時給 が いい から

本当 は クリスマス くらい ゆっくり 休め たら 良い ん だ ろ う けど

じゃ バイト 終わり に クリスマス パーティー しよ う よ

じゃ バイト 終わり に クリスマス 会し ませ ん か

完璧 に はまった なあ

智 乃 ちゃん と はま れる 日 が 来る なんて

ち 違い ます 心 愛 さん が 言った の は クリスマス パーティー

私 が 言った の は クリスマス 会 です

一緒 だ よ ご馳走 食べ て ケーキ 食べ て コーヒー 飲 ん で 朝 まで 踊り あ かそ う よ

踊り ませ ん し あかし ませ ん

そもそも クリスマス と いう の は 心 静かに 祝う もの で

智 乃 ちゃん

二 人 と も 本当 の 姉妹 見 たい

智 乃 ちゃん

ともかく 皆 で 集まる の は 賛成 たな

そう だ わ 皆 で プレゼント 交換 し ない

それ いい な

紗 路 は 予定 大丈夫 か

紗 路

こ 今年 は 大 福 に 蝋燭 の 夜 じゃ ない の ね

今 まで どんな クリスマス を

先 から なんだか 甘い 匂い が

確かに

あんこ でも 煮 てる の かしら

まさか

あそこ じゃ ない

可愛い

マジパン です ね ケーキ の 上 と か に のって る

マジパン って 何で マジパン って 言う ん です

まじ な パン だ から ね 本気 で 可愛 子 ぶって る ん だ よ

えっ これ パン な の か

確か 磨り潰し た アーモンド と 砂糖 を 練って 作る お 菓子 だった か と

えっ ど ま まじ な ん だ から

まじ な ん だ から 種族 の 壁 くらい 越え られる ん だ よ

無理 し ない で

ああ 綺麗

オーナメント って こんなに 種類 ある ん だ

うち は どれ を 飾 ろ う かしら

紗 路 ちゃん の 家 も 飾って み ない 華やか に なる わ よ

今 の まま で いい わ よ

で かい 天使 像

こんな の も ある ん だ な

テーマ は 救世 主 の 生まれ た 馬 小屋

馬 小屋

だめ かしら

ダメ に 決まって る でしょ う

理 世 ちゃん ちょっと いい かな

どう し た

実は 私 クリスマス の 夜 に

智 乃 ちゃん の 枕元 に プレゼント を 置 い て びっくり さ せ たい ん だ

でも どういう の が 智 乃 ちゃん 喜ぶ かな

こういう の は どう だ

別 の 意味 で びっくり だ ね

冗談 だ よ

その オルゴール と か いい ん じゃ ない か

ああ 良い かも

これ と ヌイグルミ 一緒 なら

万が一 泣き出し ちゃ って も きっと 笑顔 に なれる よ

ヌイグルミ を 渡さ なく て いい

綺麗 た な

ずっと 空 を 見上げ て いる と

吸い込ま れ ちゃ い そう です

心 愛 さん どこ 行って た ん です か

心 愛 サンタ から ちょっと 早い プレゼント だ よ

手 を 出し て は い

これ 私 が 気 に なって た やつ

心 愛

私 が 食べ たかった から

砂糖 の 塊 だ ぞ

でも どうして 急に プレゼント し て くれ た の

私 子供 の 頃 の 夢 は サンタ さん だった から ね

夢 が 多い な

本当 は みんな の 寝床 に 侵入 し て 夢 を 運び たかった ん だ けど

怖い

ね 先 の 話 で た クリスマス パーティー ラビット ハウス で やら ない

いい わ ね

大丈夫 かしら 智 乃 ちゃん

構わ ん と 思う 夜 は 貸し切り じゃ

普段 自分 が 働 い て いる ところ で パーティー なんて

なんか 不思議 な 感じ だ なあ

じゃあ メグ さん と マヤ さん も 誘って いい でしょう か

いい ねえ 楽しみ 過ぎ て 寝 まれ な いか も

クリスマス 当日 に 倒れる わ よ

心 愛 ちゃん は 十分 サンタ さん よ

今 なん って

うん うん 何でもない

この 後 どこ へ 行 こ う か

屋台 で お 菓子 を 買い たい です

後 イルミネーション

全部 行き ま しょ う

じゃあ 走って いく よ

行く ぞ

走ったら 転び ます よ

限定 パンケーキ お 待た せ いたし まし た

この あと の パーティー みんな 来 られる か なあ

千 夜 も 紗 路 も 仕事 忙しい から なあ

限定 パンケーキ 四 つ お 願い し ます

人 の こと を 心配 し て いる 場合 じゃ なかった

心 愛 さん 招待 状 に また ウェール カモン カモン と か 書 い て ませ ん よ ね

大丈夫 今度 は 漢字 し た から

大丈夫 じゃ ない

そう だ わ せっかく だ し パーティー で 一 発 芸 を 披露 し ま しょ う

紗 路 ちゃん と の コンビ も いい よ ね

なんで や ねん

でも この ネタ また 完璧 で は ない わ よ ね

うん うん 心 愛 ちゃん と 智 乃 ちゃん の 開く パーティー だ も の

妥協 は 許さ れ ない わ

お 願い し ます お 願い し ます

寒い こんな 日 に も チラシ 配り だ なんて

パーティー 間に合う か なあ

集まる なら お 鍋 が いい な

その あと に ケーキ が 待って て

あれ この 状況 どこ か で 見 た こと が

マッチ 買って ください

違う

こんばん は

パーティー グッズ は 完璧 だ よ

って あれ

ラビット ハウス が 混 ん でる

珍しい

パンケーキ が 話題 に なった みたい な の

座って 待て て ください

と いう か ずっと それ 付け て 来 た ん です か

も っち

似合う

もう そんな の 持って き て

気持ち を 抑え きれ ない じゃ ない

心 愛 さん 仕事 中 です

こんばん は

あら 大 繁盛

あっ 千 夜 ちゃん マヤ ちゃん たち と 席 で 待って て ね

特製 の 和菓子 を 持って き た ん だ けど

ええ これ 和菓子

違う 違う メグ そこ は . . .

こ これ って ケーキ や ない かい

惜しい もう 少し 勢い が 欲しい わ ね

お 待た せ し て すみません お 客 さん な のに

でも 本当 に 忙し そう ね

じゃ さ お 手伝い する よ

お邪魔 じゃ なけ れ ば

邪魔 な もん か 助かる よ

持つ べき もの は 友 と 妹 だ ね

これ が クリスマス 限定 パンケーキ

美味し そう

これ 食べ て たら 頑張る よ

いきなり お サボリ さん ?

私 間に合い まし た か

紗 路 走って こ なく て も よかった のに

なんて みんな お 仕事 ムード な の

忙しい から 手伝って る の よ

ようやく お 仕事 から 解放 さ れ た と 思って た のに

紗 路 ちゃん は 座って て いい よ

座って ろ . . . で すって

そんな の 自分 自身 を 許せ ない わ

限界 を 超え て 覚醒 し た

二 番 table

限定 Pancake と Cafe Au Lait

は はい

三 番 table ナポリタン と 限定 Pancake

ラジャー

紗 路 さん すごい 接客 振り です

なんの 負け て らん ない よ

これ で ようやく 本来 の 仕事 に 戻れ る よ

休憩 し て いる 暇 は ない ぞ

鬼 教官 戦場 の 死 神

褒め 言葉 だ

ゆ 夕 焼 の 糸 の お 客 様

夕焼け ?

メグ それ は ただ の ナポリタン だ

聖なる 山 の 頂 赤 と 白 の 誘惑 お 待ち 遠 様

なんか すごい の 来 ちゃ った

ごめん だ さい いつも の 癖 で

即興 で 思い付く の も ある 意味 すごい けど なあ

なんなら 一 夜 で メニュー 全部 書き換え て も いい の よ

さ せ ぬ ぞ

混乱 を 招く メニュー 名 変更 は 禁止

後 限定 pancake の 追加 四 つ

はい

紗 路 ちゃん が 理 世 ちゃん 以上 に 鬼 教官

でも 紗 路 さん が 来 て から お 客 さん の 回転 が よく なった ね

よし 私 達 も 気合 を 入れ て 働く ぞ

美味しかった

ねえ

二 番 さん 食後 の espresso

ラジャー

摘み食い し たい よ

だめ

バター が 切れ て しまい まし た

困った なあ クリスマス は 休 ん ど る 店 も 多い し

大丈夫

バター って 作れ る の よ

千 夜 さん

こう やって 生 クリーム を 振って い れ ば . . .

千 夜 さん

少々 待ち ください えっ と

えっ と

3620 円 だ よ

お 待た せ し まし た 3620 円 に なり ます

はい

ちょうど い だ だ き ます

ありがとう ござい まし た

ありがとう 心 愛 ちゃん

焦ら なく て も 大丈夫 だ から ね

千 夜 ちゃん なんて お 客 さん に 国家 予算 並 の お 金 を 請求 した こと も ある らしい から

それ は 焦った ほう が いい かも

可愛い 何 これ

この パンケーキ すごく 美味しい です

ありがとう ござい ます

格好いい

そ っ そう です か 言って もらえ れ ば 何でも 作り ます よ

恵 ちゃん 次 の お 皿 用意 お 願い

はい

ありがとう ござい まし た

わし は もっと 隠れ家 的 な 静か な 店 を 望 ん で い た じゃ の

こういう の も 楽しい です

今日 は 働 い た ねえ

もう くたくた よ

でも なんか 楽しかった なあ

やり 切った って 感じよ ね

今日 は 私 と 隆宏 さん で お 料理 を 出す ので

楽し ん で ください ね

はい

智 乃 ちゃん 乾杯 の 挨拶 を し て

お 疲れ 様 で し た

乾杯

乾杯

メリークリスマス

それ を 運び 終わったら 青山 君 も 参加 し てき なさい

お 料理 と 目 を 合わせ なけ れ ば 大丈夫 です

すごい

おいし そう

すごい ご馳走 夢 じゃ ない わ よ ね

よし ターキー を 解体 する か

うち の 小麦色 の 誘惑 は 特別 な 隠し 味 を 使って る の よ

甘 兔 庵 で は ターキー に も そんな 名前 が 付い て いる ん です か

頑張った 皆さん に 飲み物 を 作り ま しょ う

ね ね 交換 し た プレゼント もう 開け て も いい

みんな で 一斉に 開け ま しょ う

せい の

ああ 美味し そう な クー キー

う さ 耳 パーカー 似合う かな 私 に

あの 怖い 兎 だ

市松 人形 ?

それ も いい ね

やめ て よ

こんなに 賑やか な Rabbit House は 初めて じゃ

マスター の 声 が はっきり 聞こえ ます

これ が 奇跡 の 夜

本番 は ここ から だ よ

枕元 に プレゼント 置か なきゃ お 姉ちゃん と して

智 乃 ちゃん 絶対 サンタ さん に 来 て 欲しがって た もん

靴下 は 万が一 の ため です

心 愛 君 も 同じ 考え だった よう だ ね

パンパン

私 が 欲しかった 立体 パズル と 可愛い オルゴール

それ と 心 愛 さん

メリークリスマス

おはよう

おはよう ございます

それ って ?

今年 の サンタ さん は 二 人 来 た みたい です

おじさん と 心 愛 か

一 人 は おっちょこちょい だった 見 たい です けど ね

大変 だ 起き たら 私 の 部屋 に プレゼント で サンタ さん が

お前 が 驚 い て どう する

本当 に おっちょこちょい です

なんの 話

おっちょこちょい の サンタクロース です

どう じゃ たまに は 三 人 で 一緒 に 風呂 に 入る か

いや です

いや だ

不要

不要

昔 の よう に

いや です

いや だ



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

クリスマス マーケット だ

心 愛 ちゃん は こういう マーケット って 初めて な の よ ね

落ち着 い て ください

もう テンション 有頂天 だ よ どこ から いく

来 て そう そう 目的 を 見失う な

今日 は 店 の ツリー に 飾る オーナメント を 買い に 来 た ん です から

あ そう だった

舞い上がっちゃ う 気持ち も 分かる げ と ね

せっかく だ し 用事 が 終わったら 色々 見 て 回る か

そう し ま しょ う

はい

落ち着 い で ください

智 乃 ちゃん こ ち だ よ

まったく 転び ます よ

皆 クリスマス メニュー は 決め た

ああ 今年 は 三 人 で 考え た ん だ よ な

頑張り まし た

クリスマス 限定 で 凄い 豪華 な パンケーキ を 作る ん だ

素敵 ね

甘 兔 庵 で は なに か だす ん です か

うち は 今年 も ターキー を 出す の

甘味 所 で ターキー ?

何故 か 評判 良い らしい です

じゃ うち は ピサ 焼 こ う よ

回し た ピザ 生地 で お 皿 を 割る の が 目 に 見え ます

若 かり し 頃 の わし なら 回せ た

智 乃 って 時々 凄い 冗談 いう よ なあ

紗 路 さん は 当日 バイト 尽くし です か

え 時給 が いい から

本当 は クリスマス くらい ゆっくり 休め たら 良い ん だ ろ う けど

じゃ バイト 終わり に クリスマス パーティー しよ う よ

じゃ バイト 終わり に クリスマス 会し ませ ん か

完璧 に はまった なあ

智 乃 ちゃん と はま れる 日 が 来る なんて

ち 違い ます 心 愛 さん が 言った の は クリスマス パーティー

私 が 言った の は クリスマス 会 です

一緒 だ よ ご馳走 食べ て ケーキ 食べ て コーヒー 飲 ん で 朝 まで 踊り あ かそ う よ

踊り ませ ん し あかし ませ ん

そもそも クリスマス と いう の は 心 静かに 祝う もの で

智 乃 ちゃん

二 人 と も 本当 の 姉妹 見 たい

智 乃 ちゃん

ともかく 皆 で 集まる の は 賛成 たな

そう だ わ 皆 で プレゼント 交換 し ない

それ いい な

紗 路 は 予定 大丈夫 か

紗 路

こ 今年 は 大 福 に 蝋燭 の 夜 じゃ ない の ね

今 まで どんな クリスマス を

先 から なんだか 甘い 匂い が

確かに

あんこ でも 煮 てる の かしら

まさか

あそこ じゃ ない

可愛い

マジパン です ね ケーキ の 上 と か に のって る

マジパン って 何で マジパン って 言う ん です

まじ な パン だ から ね 本気 で 可愛 子 ぶって る ん だ よ

えっ これ パン な の か

確か 磨り潰し た アーモンド と 砂糖 を 練って 作る お 菓子 だった か と

えっ ど ま まじ な ん だ から

まじ な ん だ から 種族 の 壁 くらい 越え られる ん だ よ

無理 し ない で

ああ 綺麗

オーナメント って こんなに 種類 ある ん だ

うち は どれ を 飾 ろ う かしら

紗 路 ちゃん の 家 も 飾って み ない 華やか に なる わ よ

今 の まま で いい わ よ

で かい 天使 像

こんな の も ある ん だ な

テーマ は 救世 主 の 生まれ た 馬 小屋

馬 小屋

だめ かしら

ダメ に 決まって る でしょ う

理 世 ちゃん ちょっと いい かな

どう し た

実は 私 クリスマス の 夜 に

智 乃 ちゃん の 枕元 に プレゼント を 置 い て びっくり さ せ たい ん だ

でも どういう の が 智 乃 ちゃん 喜ぶ かな

こういう の は どう だ

別 の 意味 で びっくり だ ね

冗談 だ よ

その オルゴール と か いい ん じゃ ない か

ああ 良い かも

これ と ヌイグルミ 一緒 なら

万が一 泣き出し ちゃ って も きっと 笑顔 に なれる よ

ヌイグルミ を 渡さ なく て いい

綺麗 た な

ずっと 空 を 見上げ て いる と

吸い込ま れ ちゃ い そう です

心 愛 さん どこ 行って た ん です か

心 愛 サンタ から ちょっと 早い プレゼント だ よ

手 を 出し て は い

これ 私 が 気 に なって た やつ

心 愛

私 が 食べ たかった から

砂糖 の 塊 だ ぞ

でも どうして 急に プレゼント し て くれ た の

私 子供 の 頃 の 夢 は サンタ さん だった から ね

夢 が 多い な

本当 は みんな の 寝床 に 侵入 し て 夢 を 運び たかった ん だ けど

怖い

ね 先 の 話 で た クリスマス パーティー ラビット ハウス で やら ない

いい わ ね

大丈夫 かしら 智 乃 ちゃん

構わ ん と 思う 夜 は 貸し切り じゃ

普段 自分 が 働 い て いる ところ で パーティー なんて

なんか 不思議 な 感じ だ なあ

じゃあ メグ さん と マヤ さん も 誘って いい でしょう か

いい ねえ 楽しみ 過ぎ て 寝 まれ な いか も

クリスマス 当日 に 倒れる わ よ

心 愛 ちゃん は 十分 サンタ さん よ

今 なん って

うん うん 何でもない

この 後 どこ へ 行 こ う か

屋台 で お 菓子 を 買い たい です

後 イルミネーション

全部 行き ま しょ う

じゃあ 走って いく よ

行く ぞ

走ったら 転び ます よ

限定 パンケーキ お 待た せ いたし まし た

この あと の パーティー みんな 来 られる か なあ

千 夜 も 紗 路 も 仕事 忙しい から なあ

限定 パンケーキ 四 つ お 願い し ます

人 の こと を 心配 し て いる 場合 じゃ なかった

心 愛 さん 招待 状 に また ウェール カモン カモン と か 書 い て ませ ん よ ね

大丈夫 今度 は 漢字 し た から

大丈夫 じゃ ない

そう だ わ せっかく だ し パーティー で 一 発 芸 を 披露 し ま しょ う

紗 路 ちゃん と の コンビ も いい よ ね

なんで や ねん

でも この ネタ また 完璧 で は ない わ よ ね

うん うん 心 愛 ちゃん と 智 乃 ちゃん の 開く パーティー だ も の

妥協 は 許さ れ ない わ

お 願い し ます お 願い し ます

寒い こんな 日 に も チラシ 配り だ なんて

パーティー 間に合う か なあ

集まる なら お 鍋 が いい な

その あと に ケーキ が 待って て

あれ この 状況 どこ か で 見 た こと が

マッチ 買って ください

違う

こんばん は

パーティー グッズ は 完璧 だ よ

って あれ

ラビット ハウス が 混 ん でる

珍しい

パンケーキ が 話題 に なった みたい な の

座って 待て て ください

と いう か ずっと それ 付け て 来 た ん です か

も っち

似合う

もう そんな の 持って き て

気持ち を 抑え きれ ない じゃ ない

心 愛 さん 仕事 中 です

こんばん は

あら 大 繁盛

あっ 千 夜 ちゃん マヤ ちゃん たち と 席 で 待って て ね

特製 の 和菓子 を 持って き た ん だ けど

ええ これ 和菓子

違う 違う メグ そこ は . . .

こ これ って ケーキ や ない かい

惜しい もう 少し 勢い が 欲しい わ ね

お 待た せ し て すみません お 客 さん な のに

でも 本当 に 忙し そう ね

じゃ さ お 手伝い する よ

お邪魔 じゃ なけ れ ば

邪魔 な もん か 助かる よ

持つ べき もの は 友 と 妹 だ ね

これ が クリスマス 限定 パンケーキ

美味し そう

これ 食べ て たら 頑張る よ

いきなり お サボリ さん ?

私 間に合い まし た か

紗 路 走って こ なく て も よかった のに

なんて みんな お 仕事 ムード な の

忙しい から 手伝って る の よ

ようやく お 仕事 から 解放 さ れ た と 思って た のに

紗 路 ちゃん は 座って て いい よ

座って ろ . . . で すって

そんな の 自分 自身 を 許せ ない わ

限界 を 超え て 覚醒 し た

二 番 table

限定 Pancake と Cafe Au Lait

は はい

三 番 table ナポリタン と 限定 Pancake

ラジャー

紗 路 さん すごい 接客 振り です

なんの 負け て らん ない よ

これ で ようやく 本来 の 仕事 に 戻れ る よ

休憩 し て いる 暇 は ない ぞ

鬼 教官 戦場 の 死 神

褒め 言葉 だ

ゆ 夕 焼 の 糸 の お 客 様

夕焼け ?

メグ それ は ただ の ナポリタン だ

聖なる 山 の 頂 赤 と 白 の 誘惑 お 待ち 遠 様

なんか すごい の 来 ちゃ った

ごめん だ さい いつも の 癖 で

即興 で 思い付く の も ある 意味 すごい けど なあ

なんなら 一 夜 で メニュー 全部 書き換え て も いい の よ

さ せ ぬ ぞ

混乱 を 招く メニュー 名 変更 は 禁止

後 限定 pancake の 追加 四 つ

はい

紗 路 ちゃん が 理 世 ちゃん 以上 に 鬼 教官

でも 紗 路 さん が 来 て から お 客 さん の 回転 が よく なった ね

よし 私 達 も 気合 を 入れ て 働く ぞ

美味しかった

ねえ

二 番 さん 食後 の espresso

ラジャー

摘み食い し たい よ

だめ

バター が 切れ て しまい まし た

困った なあ クリスマス は 休 ん ど る 店 も 多い し

大丈夫

バター って 作れ る の よ

千 夜 さん

こう やって 生 クリーム を 振って い れ ば . . .

千 夜 さん

少々 待ち ください えっ と

えっ と

3620 円 だ よ

お 待た せ し まし た 3620 円 に なり ます

はい

ちょうど い だ だ き ます

ありがとう ござい まし た

ありがとう 心 愛 ちゃん

焦ら なく て も 大丈夫 だ から ね

千 夜 ちゃん なんて お 客 さん に 国家 予算 並 の お 金 を 請求 した こと も ある らしい から

それ は 焦った ほう が いい かも

可愛い 何 これ

この パンケーキ すごく 美味しい です

ありがとう ござい ます

格好いい

そ っ そう です か 言って もらえ れ ば 何でも 作り ます よ

恵 ちゃん 次 の お 皿 用意 お 願い

はい

ありがとう ござい まし た

わし は もっと 隠れ家 的 な 静か な 店 を 望 ん で い た じゃ の

こういう の も 楽しい です

今日 は 働 い た ねえ

もう くたくた よ

でも なんか 楽しかった なあ

やり 切った って 感じよ ね

今日 は 私 と 隆宏 さん で お 料理 を 出す ので

楽し ん で ください ね

はい

智 乃 ちゃん 乾杯 の 挨拶 を し て

お 疲れ 様 で し た

乾杯

乾杯

メリークリスマス

それ を 運び 終わったら 青山 君 も 参加 し てき なさい

お 料理 と 目 を 合わせ なけ れ ば 大丈夫 です

すごい

おいし そう

すごい ご馳走 夢 じゃ ない わ よ ね

よし ターキー を 解体 する か

うち の 小麦色 の 誘惑 は 特別 な 隠し 味 を 使って る の よ

甘 兔 庵 で は ターキー に も そんな 名前 が 付い て いる ん です か

頑張った 皆さん に 飲み物 を 作り ま しょ う

ね ね 交換 し た プレゼント もう 開け て も いい

みんな で 一斉に 開け ま しょ う

せい の

ああ 美味し そう な クー キー

う さ 耳 パーカー 似合う かな 私 に

あの 怖い 兎 だ

市松 人形 ?

それ も いい ね

やめ て よ

こんなに 賑やか な Rabbit House は 初めて じゃ

マスター の 声 が はっきり 聞こえ ます

これ が 奇跡 の 夜

本番 は ここ から だ よ

枕元 に プレゼント 置か なきゃ お 姉ちゃん と して

智 乃 ちゃん 絶対 サンタ さん に 来 て 欲しがって た もん

靴下 は 万が一 の ため です

心 愛 君 も 同じ 考え だった よう だ ね

パンパン

私 が 欲しかった 立体 パズル と 可愛い オルゴール

それ と 心 愛 さん

メリークリスマス

おはよう

おはよう ございます

それ って ?

今年 の サンタ さん は 二 人 来 た みたい です

おじさん と 心 愛 か

一 人 は おっちょこちょい だった 見 たい です けど ね

大変 だ 起き たら 私 の 部屋 に プレゼント で サンタ さん が

お前 が 驚 い て どう する

本当 に おっちょこちょい です

なんの 話

おっちょこちょい の サンタクロース です

どう じゃ たまに は 三 人 で 一緒 に 風呂 に 入る か

いや です

いや だ

不要

不要

昔 の よう に

いや です

いや だ


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.