image

アナザー, Another Episode 9

任せろ

中尾 くん ボート に 轢 か れ た って

夜 見 山 の 外 なら 死な ない って 嘘

な の かな

もう 逃げ場 なし

どう すれ ば いい の

あの さ

合宿 どう する

行く わけない じゃ ない

「 ある 年 」 の 夏 休み に 合宿 と か

意味 分 かん ない

家 に 閉じこもって る の が 一 番 安全 だって

な の かな

でも さあ

何で こんな 目 に 遭わ なきゃ いけない わけ

ほんと 理不尽

大体 さあ あの 転校 生 が 見 崎 さん に 話しかけ たり し なかったら

俺 が

俺 が 守った のに

俺 が 残し た のに

教室 に

夜 ヲ 覆 ウ 目蓋 開 ケ

凶 キ 影 ヲ 恐 レルナカレ

仄 くら き 柩 から

産み 堕 と さ れ た 人形 の よう に

躰 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

つなぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ごらん よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 脚 も もが れ た まま

虚 空 の なか 朽ち果てる より

もう ひと り 僕 が い て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さ ぁ どっち が 幻 だ ろ う ね

それ じゃあ あなた たち も 気 を つけ て

はい

中尾 くん の 当日 の 様子 は どう だった の か な

車 酔い が ひどく て

何度 も 吐 い て まし た ね

ほか に は

そう です ね

まっすぐ 泳げ て なかった

おお そう か

やはり そういう こと な の か

どういう こと です

あい や ね

大庭 くん

夜 見 山 署 の 刑事 に 少し 話 を 聞い て み た ん だ が

どうも 死因 が ね

実は ボート に 轢 か れる 前 に 死 ん で た ん じゃ ない か と

ボート と 衝突 し た 頭部 の 状態 だ が ね

時間 が 合わ ない らしい ん だ よ

脳 挫傷 に よる 脳 ヘルニア が かなり 進行 し て い た らしい

海 に 来る 前 から って こと です か

中尾 くん の 家族 に よれ ば

あの 日 の 朝 階段 から 大きな 音 が 聞こえ た そう だ

様子 を 見 に 行った もの の

慌て て 出て 行く 中尾 くん の 背中 しか 見 られ なかった と いう

その 時 に 頭 を 打って た

おそらく

それ って

「 死 」 に 引き込ま れ た の は 夜 見 山 の 中 だった って こと です か

そう 言って も 問題 は なか ろ う

頭 を 打った 状態 で 病院 に 行か ず

夜 見 山 を 出 て しまった 時点 で

「 死 」 は 確定 し た ん だ

あの さ 見 崎

いや いい や

ちゃんと 分かったら 言う よ

そう

二十六 年 前 の 集合 写真 って 見つかった

まだ

あなた の せい よ

きみ の せい だ ね

きみ の せい です

きみ の せい ね

お前 の せい だ

教室

それ 本当 な の か

そう 言った ん だ よ 松永 さん が

教室 って

旧 校舎 の 昔 の 三 年 三 組 だ よ ね

で 教室 に 何 を 隠し た って

そ っか

まっ 場所 が 分かった だけ でも 上出来 だ な

よし

待って

ほか の 人 に は 教え たく ない ん だ

何 で よ

中尾 くん さ 海 に 来 なきゃ 死な なかった と 思う ん だ

そりゃ あ

だから さあ 人 を 増やし たく ない ん だ

これ 以上 人 死に を 出し たく ない ん だ よ

赤沢 さん たち 対策 係 に も

まだ 言わ なく て いい と 思う

何 か が 見つかって

それ で 彼女 ら の 協力 が 必要 だって 分かったら で

ま そうだ な

赤沢 が 死ぬ とこ なんか 見 たく ねえ しな

それ で いつ 行く 旧 校舎

これ から じゃ ねえ の

夕方 から 家族 で 出かけ ない と

明日 なら

じゃあ 明日 の 早朝 と か どう

朝 は 勘弁 し て くれ

じゃあ 昼

昼 は 部活 の 人 が 多い から

一応 旧 校舎 の 二 階 って 立ち入り 禁止 だ し

じゃあ 夜

夜 に 探し もん す ん の も な

じゃあ 午後 三 時 で 決まり ね

OK

いい よ

望月 美術 部 って 旧 校舎 だ よ な

そう だ けど

夏 休み って 部員 来る か

誰 も 来 ない ね

じゃ 部室 に 集合 で いい よ な

そう だ ね

鍵 は 持って る し

僕 なら 旧 校舎 に 行って も 怪しく ない し

勅使河原 お前 その カッコ で 来る な よ

えっ 何で

目立つ って

お 洒落 さん は 目 だ っちゃ お う か

恒一 ちゃん と テッシ

帰宅 部 の エース が なんで 学校 来 てん の

ちょっと ね

望月 と 待ち合わせ でよ

てい うか 二 人 と も 部活

ちょっと 千 曳 先生 に ね

第 二 図書 室 に

そっち じゃ なく て

千 曳 先生 は 演劇 部 の 顧問 な の

マジ

あの 黒 ずくめ が

意外 だ

あれ で 結構 演技 指導 上手い ん だ よ ね

演 戯 し てる と 何 気 に カッコ よく 見える から 不思議

二 人 は 何 し に 来 た の

災厄 を 止める 手掛かり を 探し に 来 た ん だ

そり が どういう もの か 分から ない けど

見つかったら ちゃんと 皆 に 話す つもり だ から

えっ マジ

そんな の ある ん だ

でき れ ば 自分 たち の 手 で

三 組 の 災厄 を 止め たい ん だ

綾 野 と 小椋 も 来る か

ちょっと

パス

あたし も ちょっと

さよなら 恒一 ちゃん

じゃ ね

さよなら

見 崎

望月 は

さあ

私 も さっき 来 た ばかり だ から

どうして ここ に

どこ に やる こと も なかった し

家 に い て も ね

絵 でも 描 こ う か と 思った ん だ けど

そう

あなた たち は

それ に 望月 くん も か

三 人 で 何 を

それ は

まあ な ん つ う か

探険

ごめん ごめん

三 人 で どこ を 探険 する の

それ は

えっ と 勅使河原 くん が ここ に 集合 しよ う って

いや 俺 は な

あれ だ

サカキ が 探しもの する って 言う から な

その 大事 な もの を ね

あの さ

何 が 起こる か 分から ない から

でき れ ば 部室 に い て 欲しい ん だ けど

私 は 大丈夫

大丈夫 って

や っぱ 見 崎 お前 変わって ん な

怖く ねえ の

たぶん 怖く ない

どこ が 三 組 だった ん だ ろ

真ん中 じゃ ない

教室 は 五 つ だ し

そう いや さ

この 旧 校舎 は 「 七不思議 」 って ない の

知ら ねえ

大体 俺 「 七不思議 」 の 類 に は 興味 ねえ し

じゃあ 霊 と か 祟 り と か あんまり 信じ て ない ん だ

ん な もん ある わけ ねえ

ただ の 見 間違い に 偶然 だって

ただ 一 つ うち ら の 「 災厄 」 を 除 い て な

旧 校舎 の 「 七不思議 」 は

第 二 図書 室 の 秘密 って やつ だ ね

あそこ が

時々 あの 部屋 で 人 の 呻き声 が 聞こえる って 話

聞い た こ と ある

ない よ

あの 図書 室 の 地下 に

公 に でき ない 秘密 の 文書 が 隠さ れ た 書庫 が あって

それ を 守る ため に

昔 そこ に 閉じ込め られ た 司書 が い て って いう の

そい つ が まだ 地下 で 生き て い て

その 声 が 聞こえ て くる って

その 正体 は 千 曳 って いう 先生 だった って 落ち だ ろ う どうせ

偶に 聞こえる よ

人 の 呻き声

マジ

ホント

少し 空気 入れ 替え ま しょ

全然 大丈夫 じゃ ない じゃ ん

ほら 大丈夫

大丈夫 そう だ な

誰 か に 見 られ て

新しい 「 七不思議 」 に なる の も 気 が 引ける し

窓 は 開け ない で おこ う よ

うん

勅使河原

勘弁 し て くれよ

大丈夫 そう ね

元気 で ね

うん

電話 する から

また ね

また ね

ない ね

机 の 中 み たい な 分かり やすい 場所 じゃ ない と 思う

でも 絶対 に 見つから ない よう な 場所 じゃ

残す 意味 は ない し

そう だ ね

床 や 壁 の 中 って こと は ない と 思う

あそこ は

掃除 用 具 だけ かな

何 だ

何 か あったか

何 だ これ

何 か 書 い て ある ね

ええ と

将来 この クラス で 理不尽 な 災い に 苦しめ られる で あ ろ う 後輩 たち に

ビンゴ

これ だ ね

きっと これ も 松永 さん が 書 い た ん だ よ

そりゃ あ ここ に は ある だ ろ う けど

いい の

バレ なきゃ 問題 ない って

あった よ

よし かける ぞ

ええ と

俺 の 俺 の 名前 は 松永 克巳

1983 年度 の 三 年 三 組 の 生徒 で

録音 が 終わったら この テープ は 教室 の どこ か に 隠す つもり だ

今 この テープ を 聞い て いる 「 君 」

もしかしたら 「 君 たち 」 かも しれ ない が

君 たち が 未来 の 三 年 三 組 の 生徒

その 可能 性 は どの ぐらい かな

そして 君 たち が 今年 俺 が

俺 たち が 経験 し た の と 同じ よ う な

理不尽 な 災い に 怯え て いる 可能 性 は

まあ いい

俺 は こんな テープ を 残 そ う と 決め た の に は

二 つ の 意味 が ある ん だ

一 つ は 俺 の 俺 自身 の 罪 の 告白

誰 か に 俺 が やった こと を 話し たく て

聞い て ほしく て

もう 一 つ の 意味 は 後輩 で ある 君 たち に アドバイス を 伝え たい

クラス に 紛れ込む 「 もう 一 人 」 と

そい つ の せい で 起こる 「 災厄 」

これ を 終わら せる に は どう する か

つまり それ

いや やっぱり 順 追って 話し た ほう が いい な

合宿 が あった ん だ

八 月 八 日 から

二 泊 三 日 で クラス 合宿 が

担任 の 古賀 先生 が 言い出し た ん だ

合宿 を し て 神社 に お参り を しよ う って

夜 見 山 に は 「 夜 見 山 神社 」 って いう 古い 神社 が ある ん だ

そこ に 皆 で お参り を し たら

きっと 呪い が 消える に 違いない って

参加 し た 生徒 は 俺 を 含め て 二十 人

皆 半信半疑 だった けど

合宿 二 日 目

その 日 俺 たち は 先生 と 山 に 登って

神社 に お参り し た ん だ

ひどく 寂れ た 神社 だった

何だか もう 世界 から 見捨て られ ち まっ てる よう な

この 町 の 名前 が つい た 神社 だって の に

全然 管理 さ れ て ない 感じ だった

だから お参り ついでに 皆 で 境内 を 掃除 し て

あの 時 は 「 もしかしたら これ で 呪い が 解ける ん じゃ ない か 」

み たい な 気分 に なった ん だ けど

お参り の 後 先生 は 自信 たっぷり に

「 これ で もう 大丈夫 です 」 って

ところが ダメ だった ん だ

そんな 甘い もん じゃ なかった

神社 の 帰り道 で さっそく だった

ずっと いい 天気 だった の が

いきなり 雲行き が 怪しく なって き て

雨 が 降り 出し て

しかも ひどい 雷雨 で さ

慌て て 山 を 下る 中

最初 に やら れ た の は 浜口 って いう 男子 だった

バカ な やつで さ

用意 周到 に 傘 なんか 持って 来 て て

一 人 さ し て た ん だ

山道 で 雷雨 だって の に

その 浜口 が 俺 の 前 を 歩 い て た ん だ が

一瞬 視界 が 真っ白 に なって さ

同時に 凄い 音 が し た ん だ

浜口 に 雷 が 落ち た ん だ

肉 が 焦げる 嫌 な 匂い を 今 でも 覚え てる

それ でも う その 場 は パニック さ

浜口 の こと は 放ったら かし て

ほとんど の 生徒 が 走り出し て

とにかく 早く 山 を 下り なきゃ って

雨 の 中 を 闇 雲 に 走り出し た すぐ 後 だった

二 人 目 の 犠牲 者 が 出 た ん だ

星川 って 女子 だった

パニク って 走る うち に 足 を 踏み外し て 崖 から 落ち ち まって

切り立った 高い 崖 で

下山 し て 助け を 呼ぶ しか なかった ん だ

結局 二 人 と も 助から なかった

神社 の お参り なんて 何 の 効果 も なかった

肝心 な の は この 後 だ

やっと の 思い で 下山 し た 直後

それ が あった ん だ

それ って いう の は つまり

俺 が

ヤベッ

危 ねえ

さすが に 冷や汗 が 出 た よ

まったく だ よ

テープ

ちょっと

バカ め

マジ か よ

肝心 な と こ 聞い て ない ん だ けど

どう す ん だ よ

修理 し たら きっと 聞け る よ

これ 直せ る の か

でき なく は ない と 思う けど

よし じゃあ 任せ た

続き 聞か せろ よ な

任せ られ て 大丈夫

うん とにかく やって みる よ

兄貴

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

任せろ

中尾 くん ボート に 轢 か れ た って

夜 見 山 の 外 なら 死な ない って 嘘

な の かな

もう 逃げ場 なし

どう すれ ば いい の

あの さ

合宿 どう する

行く わけない じゃ ない

「 ある 年 」 の 夏 休み に 合宿 と か

意味 分 かん ない

家 に 閉じこもって る の が 一 番 安全 だって

な の かな

でも さあ

何で こんな 目 に 遭わ なきゃ いけない わけ

ほんと 理不尽

大体 さあ あの 転校 生 が 見 崎 さん に 話しかけ たり し なかったら

俺 が

俺 が 守った のに

俺 が 残し た のに

教室 に

夜 ヲ 覆 ウ 目蓋 開 ケ

凶 キ 影 ヲ 恐 レルナカレ

仄 くら き 柩 から

産み 堕 と さ れ た 人形 の よう に

躰 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

つなぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ごらん よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 脚 も もが れ た まま

虚 空 の なか 朽ち果てる より

もう ひと り 僕 が い て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さ ぁ どっち が 幻 だ ろ う ね

それ じゃあ あなた たち も 気 を つけ て

はい

中尾 くん の 当日 の 様子 は どう だった の か な

車 酔い が ひどく て

何度 も 吐 い て まし た ね

ほか に は

そう です ね

まっすぐ 泳げ て なかった

おお そう か

やはり そういう こと な の か

どういう こと です

あい や ね

大庭 くん

夜 見 山 署 の 刑事 に 少し 話 を 聞い て み た ん だ が

どうも 死因 が ね

実は ボート に 轢 か れる 前 に 死 ん で た ん じゃ ない か と

ボート と 衝突 し た 頭部 の 状態 だ が ね

時間 が 合わ ない らしい ん だ よ

脳 挫傷 に よる 脳 ヘルニア が かなり 進行 し て い た らしい

海 に 来る 前 から って こと です か

中尾 くん の 家族 に よれ ば

あの 日 の 朝 階段 から 大きな 音 が 聞こえ た そう だ

様子 を 見 に 行った もの の

慌て て 出て 行く 中尾 くん の 背中 しか 見 られ なかった と いう

その 時 に 頭 を 打って た

おそらく

それ って

「 死 」 に 引き込ま れ た の は 夜 見 山 の 中 だった って こと です か

そう 言って も 問題 は なか ろ う

頭 を 打った 状態 で 病院 に 行か ず

夜 見 山 を 出 て しまった 時点 で

「 死 」 は 確定 し た ん だ

あの さ 見 崎

いや いい や

ちゃんと 分かったら 言う よ

そう

二十六 年 前 の 集合 写真 って 見つかった

まだ

あなた の せい よ

きみ の せい だ ね

きみ の せい です

きみ の せい ね

お前 の せい だ

教室

それ 本当 な の か

そう 言った ん だ よ 松永 さん が

教室 って

旧 校舎 の 昔 の 三 年 三 組 だ よ ね

で 教室 に 何 を 隠し た って

そ っか

まっ 場所 が 分かった だけ でも 上出来 だ な

よし

待って

ほか の 人 に は 教え たく ない ん だ

何 で よ

中尾 くん さ 海 に 来 なきゃ 死な なかった と 思う ん だ

そりゃ あ

だから さあ 人 を 増やし たく ない ん だ

これ 以上 人 死に を 出し たく ない ん だ よ

赤沢 さん たち 対策 係 に も

まだ 言わ なく て いい と 思う

何 か が 見つかって

それ で 彼女 ら の 協力 が 必要 だって 分かったら で

ま そうだ な

赤沢 が 死ぬ とこ なんか 見 たく ねえ しな

それ で いつ 行く 旧 校舎

これ から じゃ ねえ の

夕方 から 家族 で 出かけ ない と

明日 なら

じゃあ 明日 の 早朝 と か どう

朝 は 勘弁 し て くれ

じゃあ 昼

昼 は 部活 の 人 が 多い から

一応 旧 校舎 の 二 階 って 立ち入り 禁止 だ し

じゃあ 夜

夜 に 探し もん す ん の も な

じゃあ 午後 三 時 で 決まり ね

OK

いい よ

望月 美術 部 って 旧 校舎 だ よ な

そう だ けど

夏 休み って 部員 来る か

誰 も 来 ない ね

じゃ 部室 に 集合 で いい よ な

そう だ ね

鍵 は 持って る し

僕 なら 旧 校舎 に 行って も 怪しく ない し

勅使河原 お前 その カッコ で 来る な よ

えっ 何で

目立つ って

お 洒落 さん は 目 だ っちゃ お う か

恒一 ちゃん と テッシ

帰宅 部 の エース が なんで 学校 来 てん の

ちょっと ね

望月 と 待ち合わせ でよ

てい うか 二 人 と も 部活

ちょっと 千 曳 先生 に ね

第 二 図書 室 に

そっち じゃ なく て

千 曳 先生 は 演劇 部 の 顧問 な の

マジ

あの 黒 ずくめ が

意外 だ

あれ で 結構 演技 指導 上手い ん だ よ ね

演 戯 し てる と 何 気 に カッコ よく 見える から 不思議

二 人 は 何 し に 来 た の

災厄 を 止める 手掛かり を 探し に 来 た ん だ

そり が どういう もの か 分から ない けど

見つかったら ちゃんと 皆 に 話す つもり だ から

えっ マジ

そんな の ある ん だ

でき れ ば 自分 たち の 手 で

三 組 の 災厄 を 止め たい ん だ

綾 野 と 小椋 も 来る か

ちょっと

パス

あたし も ちょっと

さよなら 恒一 ちゃん

じゃ ね

さよなら

見 崎

望月 は

さあ

私 も さっき 来 た ばかり だ から

どうして ここ に

どこ に やる こと も なかった し

家 に い て も ね

絵 でも 描 こ う か と 思った ん だ けど

そう

あなた たち は

それ に 望月 くん も か

三 人 で 何 を

それ は

まあ な ん つ う か

探険

ごめん ごめん

三 人 で どこ を 探険 する の

それ は

えっ と 勅使河原 くん が ここ に 集合 しよ う って

いや 俺 は な

あれ だ

サカキ が 探しもの する って 言う から な

その 大事 な もの を ね

あの さ

何 が 起こる か 分から ない から

でき れ ば 部室 に い て 欲しい ん だ けど

私 は 大丈夫

大丈夫 って

や っぱ 見 崎 お前 変わって ん な

怖く ねえ の

たぶん 怖く ない

どこ が 三 組 だった ん だ ろ

真ん中 じゃ ない

教室 は 五 つ だ し

そう いや さ

この 旧 校舎 は 「 七不思議 」 って ない の

知ら ねえ

大体 俺 「 七不思議 」 の 類 に は 興味 ねえ し

じゃあ 霊 と か 祟 り と か あんまり 信じ て ない ん だ

ん な もん ある わけ ねえ

ただ の 見 間違い に 偶然 だって

ただ 一 つ うち ら の 「 災厄 」 を 除 い て な

旧 校舎 の 「 七不思議 」 は

第 二 図書 室 の 秘密 って やつ だ ね

あそこ が

時々 あの 部屋 で 人 の 呻き声 が 聞こえる って 話

聞い た こ と ある

ない よ

あの 図書 室 の 地下 に

公 に でき ない 秘密 の 文書 が 隠さ れ た 書庫 が あって

それ を 守る ため に

昔 そこ に 閉じ込め られ た 司書 が い て って いう の

そい つ が まだ 地下 で 生き て い て

その 声 が 聞こえ て くる って

その 正体 は 千 曳 って いう 先生 だった って 落ち だ ろ う どうせ

偶に 聞こえる よ

人 の 呻き声

マジ

ホント

少し 空気 入れ 替え ま しょ

全然 大丈夫 じゃ ない じゃ ん

ほら 大丈夫

大丈夫 そう だ な

誰 か に 見 られ て

新しい 「 七不思議 」 に なる の も 気 が 引ける し

窓 は 開け ない で おこ う よ

うん

勅使河原

勘弁 し て くれよ

大丈夫 そう ね

元気 で ね

うん

電話 する から

また ね

また ね

ない ね

机 の 中 み たい な 分かり やすい 場所 じゃ ない と 思う

でも 絶対 に 見つから ない よう な 場所 じゃ

残す 意味 は ない し

そう だ ね

床 や 壁 の 中 って こと は ない と 思う

あそこ は

掃除 用 具 だけ かな

何 だ

何 か あったか

何 だ これ

何 か 書 い て ある ね

ええ と

将来 この クラス で 理不尽 な 災い に 苦しめ られる で あ ろ う 後輩 たち に

ビンゴ

これ だ ね

きっと これ も 松永 さん が 書 い た ん だ よ

そりゃ あ ここ に は ある だ ろ う けど

いい の

バレ なきゃ 問題 ない って

あった よ

よし かける ぞ

ええ と

俺 の 俺 の 名前 は 松永 克巳

1983 年度 の 三 年 三 組 の 生徒 で

録音 が 終わったら この テープ は 教室 の どこ か に 隠す つもり だ

今 この テープ を 聞い て いる 「 君 」

もしかしたら 「 君 たち 」 かも しれ ない が

君 たち が 未来 の 三 年 三 組 の 生徒

その 可能 性 は どの ぐらい かな

そして 君 たち が 今年 俺 が

俺 たち が 経験 し た の と 同じ よ う な

理不尽 な 災い に 怯え て いる 可能 性 は

まあ いい

俺 は こんな テープ を 残 そ う と 決め た の に は

二 つ の 意味 が ある ん だ

一 つ は 俺 の 俺 自身 の 罪 の 告白

誰 か に 俺 が やった こと を 話し たく て

聞い て ほしく て

もう 一 つ の 意味 は 後輩 で ある 君 たち に アドバイス を 伝え たい

クラス に 紛れ込む 「 もう 一 人 」 と

そい つ の せい で 起こる 「 災厄 」

これ を 終わら せる に は どう する か

つまり それ

いや やっぱり 順 追って 話し た ほう が いい な

合宿 が あった ん だ

八 月 八 日 から

二 泊 三 日 で クラス 合宿 が

担任 の 古賀 先生 が 言い出し た ん だ

合宿 を し て 神社 に お参り を しよ う って

夜 見 山 に は 「 夜 見 山 神社 」 って いう 古い 神社 が ある ん だ

そこ に 皆 で お参り を し たら

きっと 呪い が 消える に 違いない って

参加 し た 生徒 は 俺 を 含め て 二十 人

皆 半信半疑 だった けど

合宿 二 日 目

その 日 俺 たち は 先生 と 山 に 登って

神社 に お参り し た ん だ

ひどく 寂れ た 神社 だった

何だか もう 世界 から 見捨て られ ち まっ てる よう な

この 町 の 名前 が つい た 神社 だって の に

全然 管理 さ れ て ない 感じ だった

だから お参り ついでに 皆 で 境内 を 掃除 し て

あの 時 は 「 もしかしたら これ で 呪い が 解ける ん じゃ ない か 」

み たい な 気分 に なった ん だ けど

お参り の 後 先生 は 自信 たっぷり に

「 これ で もう 大丈夫 です 」 って

ところが ダメ だった ん だ

そんな 甘い もん じゃ なかった

神社 の 帰り道 で さっそく だった

ずっと いい 天気 だった の が

いきなり 雲行き が 怪しく なって き て

雨 が 降り 出し て

しかも ひどい 雷雨 で さ

慌て て 山 を 下る 中

最初 に やら れ た の は 浜口 って いう 男子 だった

バカ な やつで さ

用意 周到 に 傘 なんか 持って 来 て て

一 人 さ し て た ん だ

山道 で 雷雨 だって の に

その 浜口 が 俺 の 前 を 歩 い て た ん だ が

一瞬 視界 が 真っ白 に なって さ

同時に 凄い 音 が し た ん だ

浜口 に 雷 が 落ち た ん だ

肉 が 焦げる 嫌 な 匂い を 今 でも 覚え てる

それ でも う その 場 は パニック さ

浜口 の こと は 放ったら かし て

ほとんど の 生徒 が 走り出し て

とにかく 早く 山 を 下り なきゃ って

雨 の 中 を 闇 雲 に 走り出し た すぐ 後 だった

二 人 目 の 犠牲 者 が 出 た ん だ

星川 って 女子 だった

パニク って 走る うち に 足 を 踏み外し て 崖 から 落ち ち まって

切り立った 高い 崖 で

下山 し て 助け を 呼ぶ しか なかった ん だ

結局 二 人 と も 助から なかった

神社 の お参り なんて 何 の 効果 も なかった

肝心 な の は この 後 だ

やっと の 思い で 下山 し た 直後

それ が あった ん だ

それ って いう の は つまり

俺 が

ヤベッ

危 ねえ

さすが に 冷や汗 が 出 た よ

まったく だ よ

テープ

ちょっと

バカ め

マジ か よ

肝心 な と こ 聞い て ない ん だ けど

どう す ん だ よ

修理 し たら きっと 聞け る よ

これ 直せ る の か

でき なく は ない と 思う けど

よし じゃあ 任せ た

続き 聞か せろ よ な

任せ られ て 大丈夫

うん とにかく やって みる よ

兄貴

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.