image

アナザー, Another Episode 7

夜 ヲ 覆 ウ 目蓋 開 ケ

凶 キ 影 ヲ 恐 レルナカレ

仄 くら き 柩 から

産み 堕 と さ れ た 人形 の よう に

躰 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

つなぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ごらん よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 脚 も もが れ た まま

虚 空 の なか 朽ち果てる より

もう ひと り 僕 が い て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さ ぁ どっち が 幻 だ ろ う ね

皆 出 なさい

外 へ

大至急 警察 と 救急 を

怪我 し た 者 は い ない な

榊原 くん 君 は

大丈夫 です

行 こ う 榊原 くん

駄目 だった み たい ね 「 い ない もの 」 を 二 人 に 増やし て も

もう 疲れ た

疲れ まし た

どう し たら いい の か 分から ない ん です

久保寺 先生

あなた なら 分かって くれ ます よ ね

後 は よろしく お 願い し ます

あれ が 気 に かかって 仕方なかった ん だ

すま ん ね

それ で だ

警察 が 先生 の 自宅 を 調べ に 行った ところ

大 変な こと に なって い た らしい

久保寺 先生 は 独身 で

ずっと 母親 と 二 人 暮らし で ね

母親 は もう 高齢 で

重病 を お 患って 寝たきり の 生活 が 長い こと 続 い て い たら しん だ が

その 母親 だ が ね

ベッド の 上 で 亡くなって い た そう な ん だ よ

状況 的 に は 明らか に 他殺

介護 の 疲れ 三 組 の 災厄

の っぴ き なら ない 精神 状態 に 追い込ま れ て

母親 を 危 め て しまった

と いう こと な ん だ ろ う な

そして 自ら の 教え子 の 前 で 自殺 し た

どう 思う この 常軌 を 逸 し た 選択 を

これ も 「 現象 」 の 結果 だ と

だから 普通 なら 起こり え ない 形 で

死に 引き込ま れ て しまった

そう 考える の が 妥当 だ ろ

災厄 は 止まら ない

これ から も 人 が 死ぬ

仕方 ねえ よ

な サカキ そう 落ち込む な って

自分 を 責め た って よ

今更 どうにも な ん ねえ よ

つい この 間 まで さあ

そりゃ あ 心 が 痛 ん だ さあ

事情 は もう 全部 知って ん だ ろ う

だったら 察し て くれよ な

十分 に 察 し てる よ

分かって る

見 崎 も 肩 の 荷 が 下り た って 感じ か

さあ もともと 重く なんて なかった し

や っぱ お前 変わって ん な

ここ か

何 だ よ お前 いきなり

「 い ない もの 」 は 終わった けど

一応 は 覚悟 し て おい て ね

「 あなた たち の せい よ 」

お おい

って 言う 声

お互い まったく 責任 が 無い と は いえ ないし

私 も 「 無能 」 の 謗 り を 受け て も 仕方なし

そう だ ね

お前 は どう な ん だ よ

恒一 くん の せい に は でき ない

いくら なんでも ね

まだ 終わって ない

災厄 も 対策 係 の 仕事 も

まだまだ これ から よ

このまま 夏 休み まで 出 て 来 ない 人 も いる の か な

絶対 いる ね

もう 町 から 脱出 し た 人 いるか も

脱出

そう 毎年 いる らしい から

夏 休み に 夜 見 山 から 逃げ出す 人 たち

うん なんだか な

に し て も 見 崎 や っぱ お前 って 変わって ん な

人事 み たい に 淡々 と さ

そう

実は お前 が 本当 に 今年 の 「 もう 一 人 」 だったり し て

当の 勅使河原 くん が そう かも しれ ない よ

お 俺

まさか

冗談 は なし ね

本当 に まさか

いやいや いや 死 ん だ なんて 心当たり は これ っぽ っち も ねえ し

自慢 じゃ ない が

がき の 頃 やら かし た こと は はっきり 覚え てる し

元気 そう だ ね

おかげ さま で

赤沢 さん 千 曳 さん に なに か

対策 係 だ から ね

ここ に は よく 来る

そう だった ん だ

彼女 は 強い 子 だ し

本人 も それ に 自覚 的 な ん だ が

戦い を 挑む 相手 が な

不憫 で なら ん よ

ああ そう いえ ば 今日 は 三神 先生 も 来 られ て ね

三神 先生 が

私 の 経歴 に つい て は 彼女 も 知って る から ね

それ で 改まって 相談 を と

で 君 たち は

十五 年 前 途中 で 止まった と いう 話 を 聞い た ん です

それ で

この 二十五 年間 で 唯一 途中 で 止まった 年 だ

その 年度 の 犠牲 者 は

私 が 把握 でき て い なかった 理 津 子 くん を 除け ば 七 人

理 津 子 くん は いつ

七 月 です

これ は

八 月 で 止まった と いう こと です か

そ 八 月 の 日付け を 見 て ご覧

八 月 九 日

実は その 年 の 三 組 は 八 月 八 日 から 合宿 を 行って て ね

合宿

確か 夏 休み 何 か が

その 合宿 で 二 人 が 事故 に

そして その 合宿 で 何 か が あって

災厄 が 止まった

おそらく その ページ 「 死者 」 の 名前 が 書か れ て ない だ ろ う

誰 が 「 死者 」 だった の か その 年 は 確認 でき なかった ん だ よ

何故 止まった ん です か

はっきり と は 分から ない

ただ 合宿 中 に 夜 見 山 神社 へ お参り に 行った らしい

神社

古い 神社 だ

「 夜 見 山 」 と いう 山 の 中腹 に ある

合宿 施設 も その 山 の ふもと で よ

じゃ その 神社 へ お参り に 行け ば

当然 その後 の 「 ある 年 」 に お参り に 行った よう だ が

効果 は しか し なかった

意味 は 無かった

いえ 断定 は でき ない

八 月 上旬 に 大勢 で 行った から 効果 が あった の かも しれ ない

お参り と は 関係なく

別に 何 か が あった

と いう 可能 性 も 無論 否定 でき ない

実は 今日 三神 先生 が 来 られ た 時 も この 話 に なって ね

急な 話 です が

八 月 八 日 から 十 日 まで 二 泊 三 日 の クラス 合宿 を 行い ます

これ は 大切 な 行事 だ と 思って ください

都合 の つく 人 は できる だけ 参加 し て ください

詳細 に つい て は 近日 中 に 皆さん に プリント を お 送り し ます

質問

先生

「 死者 」 は 誰

「 死者 」 は 誰

「 死者 」 は 誰

「 死者 」 は あなた

ぼ 僕

はい

ま ー すます 暑い ぞ インド は

元気 で やって る か

まあまあ だ ね

皆 元気 に し てる よ

あの さ お 父さん

お 母さん の 中学 時代 の 写真 って 見 た こと ある

写真

卒業 アルバム は 確か 婚約 し た 頃 に 見せ て くれ た な

他の 写真 は

中学 の 卒業 式 の 日 に 撮った って いう 集合 写真 って 見 た こと ある

集合 写真 何で また

その ちょっと 変 な 写真 だった って

えっ と 心 霊 写真 み たい な

どこ で 仕入れ て 来 た ん だ そんな よう な 話

だいたい お前 心 霊 写真 なんて もの は だ な

いや あの

そう いえ ば 昔 そんな 話 を 聞い た っけ なあ

気味 の 悪い 写真 が ある ん だ って

見 た の その 写真

いや 身近 に ある の は 嫌 だ から 実家 に おい て き た と か

実家 に

おい 恒一 そっち で 何 か あった の か

あっ ない ない ちょっと 退屈 な だけ

そう か

理 津 子 は な 本当 に 魅力 的 な 人 だった ぞ

私 の あいつ に 対 する 気持ち は 今 でも まったく 変わって ない

だから 恒一 お前 は 私 に とって

分かった 分かった

じゃあ また ね

イノヤ

その お 店 の 場所 は 知って る けど さあ

今日

何 だ よ

もし かして 鳴 ちゃん と デート か

で 何 の 話

とにかく 直 に 会って 話し たい ん だ よ

デート なら 彼女 も 連れ て 来い よ

クラス の 問題 で も ある し な

じゃあ 行く よ

恒一 くん こっち よ

赤沢 さん

勅使河原 に 呼ば れ て き た ん でしょ う

えっ と

座ったら

赤沢 さん も

そ っ クラス の 問題 だって いう から

じゃ なきゃ あんな 男 に 呼び出さ れ て 出 て 来る わけない

勅使河原 から 大体 聞い た

十五 年 前 の 話

その 恒一 くん の お 母さん の こと も

そう

いらっしゃい

泉美 ちゃん の お 友達

ええ クラスメート の 榊原 恒一 くん です

あら じゃあ 優 矢 くん の お 友達 ね

いつも 弟 が お 世話 に なって ます

望月 優 矢 の 姉 の 智香 です 初め まして

ああ はい 初め まして

色々 聞い て ます よ 優 矢 くん から は

ご 注文 は

えっ えっ と

私 と 同じ やつ を

あら 畏まり まし た

赤沢 さん 何 飲 ん でる の

コーヒー

僕 コーヒー 苦く て 飲め ない ん だ けど

ここ の コーヒー は 本物 よ

ハワイ コナ の エクストラ ファンシー

お 待た せ し まし た ご ゆっくり どうぞ

騙さ れ た と 思って そのまま 飲 ん で み て

苦い けど 甘い

美味しい ね これ

恒一 くん 東京 帰ら なかった ん だ

うん 逃げ出す みたい で ちょっと ね

僕 が 「 死者 」 じゃ ない か って 疑って る

あなた 生まれて い ない の かも しれ ない

十五 年 前 「 災厄 」 で あなた の お 母 様 が 亡くなら れ た

そして あなた も 生まれ て こ られ なかった

それ から 十 五 年 経った 今

あなた が 転校 生 と して 三 組 に 復活 し た

バカ な

そんな バカ な 話

本気 に し ない で ね

その 可能 性 を 考え た の は 本当

でも ね

握手

やっぱり あなた と どこ か で 会った

う うん どこ か で 握手 した こと が ある と 思う

えっ そう かな

頭 の 記憶 と し て は 残って い ない けど

手 が ね 体 が 覚え てる

そう いえ ば 病院 でも 握手 し た よ ね

あれ って 意味 が ある の

死者 の 手 は 驚く ほど 冷たい って 噂 が ね

でも たぶん 嘘 ね

そんな 簡単 な 方法 で 分かる ん なら

あら いらっしゃい

ごめん ごめん

お 待た せ

何 それ

俺 そんなに 嫌わ れ てる

はっきり 言わ れ たい

それ も 悪く ねえ が

まあ 今日 は いい や

話 って 何

望月 お前 が 話す よ な

うん

今回 の 件 お 姉さん も 巻き込ま れ ちゃ う 可能 性 だって ある から

あの 僕 の お 姉さん って

智香 さん だ よ ね

うん それ で ね 僕 どうしても 黙って い られ なく て

事情 を 話し た

かなり 詳しく

お 姉さん も やっぱり 夜 見 北 の 出身 で

三 組 の 噂 は 知って た みたい

そこ で だ

その 智香 さん から びっくり 情報 が 出 て き た ん だ な

松永 克巳 って 人 で うち の 常連 さん な ん だ けど

夜 見 北 の 出身 だ と は 知って いた ん だ けど

三 年 三 組 だった って 知った の は 最近 の こと で ね

それ で 思い切って 訪ね て み た の

「 松永 さん の 年 は 「 ある 年 」 だった の か 」 って

そう したら ね

あの 年 の 呪い は 俺 が 俺 は 悪く ない ん だ

皆 を 助け た ん だ

助け た ん だ よ 俺 が

だから 伝え なきゃ と 思って

残し た ん だ 「 あれ 」 を

どういう 意味 な ん です か 「 あれ 」 って

あの 人 まるで 覚え て なく て

あの 後 いくら 聞い て も 「 知ら ない 」 って いう ばかり で

気 に なる だ ろ う この 話

松永 と いう 人 が 「 災厄 」 を 止め た

そして その 手がかり を どこ か に 残し た

って こと だ よ な

で だ その 松永 って やつ に 俺 たち も 話 を 聞い て みよ うか と 思う ん だ が

その 松永 って 人 は どこ に

どこ に 住 ん で いる か まで は

それ じゃあ

恒一 くん あなた の 身近 に 松永 さん の 同級 生 が い なかった

そう おばさん の 同級 生 な ん だ

もし 松永 って 人 の 居場所 が 分かったら

見 崎 も 一緒 に 行く

その 人形 やっぱり 君 が モデル な ん だ よ ね

半分 だけ って 言って た けど

そっくり だ し

この 子 は ね 十二 年 前 に あの 人 が 産 ん だ 子

えっ 妹 さん

だけど 生まれ た 時 に は 死 ん じゃ って た 子

これ は ね あの 人 が 生き られ なかった 我が 子 を 思い ながら 作った 人形

だから 私 は 半分 か それ 以下

実は ね 私 明日 から 出かけ なきゃ なら ない の

えっ どこ へ

お 父さん と お 母さん 私 と 三 人 で 別荘 へ 行 こ う って

いや だって いう わけ に も いか なく て

夜 見 山市 の 外

そう

町 から 脱出

一 週間 ほど で 帰る 予定 だ から

戻って き て 合宿 に も 行く つもり

そ っか

ね 実家 に ある かも って 言って た 例 の 集合 写真 見つかった

いや まだ

見つかったら その 写真 見せ て くれる

うん

何 か あったら この 番号 に

これ って 電話 番号

携帯 の

そう よ

見 崎 の

そう

いや な 機械 なんて 言って た くせ に

本当 に いや な の

四六時中 電波 で 繋がって る なんて 気持ち 悪い

なのに どうして

持た さ れ てる の

偶に あの 人 不安 で 仕方なく なる みたい で

そう な ん だ

そう いえ ば

えっ なに

自分 が 「 死者 」 なん じゃ ない か 疑って み た って 言って た けど

ああ

疑い は 解け た

うん

あれ

新しい 人形 が この 中 に 納め られる みたい

安心 し て

「 死者 」 じゃ ない

榊原 くん は 「 死者 」 じゃ ない から

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

夜 ヲ 覆 ウ 目蓋 開 ケ

凶 キ 影 ヲ 恐 レルナカレ

仄 くら き 柩 から

産み 堕 と さ れ た 人形 の よう に

躰 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

つなぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ごらん よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 脚 も もが れ た まま

虚 空 の なか 朽ち果てる より

もう ひと り 僕 が い て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さ ぁ どっち が 幻 だ ろ う ね

皆 出 なさい

外 へ

大至急 警察 と 救急 を

怪我 し た 者 は い ない な

榊原 くん 君 は

大丈夫 です

行 こ う 榊原 くん

駄目 だった み たい ね 「 い ない もの 」 を 二 人 に 増やし て も

もう 疲れ た

疲れ まし た

どう し たら いい の か 分から ない ん です

久保寺 先生

あなた なら 分かって くれ ます よ ね

後 は よろしく お 願い し ます

あれ が 気 に かかって 仕方なかった ん だ

すま ん ね

それ で だ

警察 が 先生 の 自宅 を 調べ に 行った ところ

大 変な こと に なって い た らしい

久保寺 先生 は 独身 で

ずっと 母親 と 二 人 暮らし で ね

母親 は もう 高齢 で

重病 を お 患って 寝たきり の 生活 が 長い こと 続 い て い たら しん だ が

その 母親 だ が ね

ベッド の 上 で 亡くなって い た そう な ん だ よ

状況 的 に は 明らか に 他殺

介護 の 疲れ 三 組 の 災厄

の っぴ き なら ない 精神 状態 に 追い込ま れ て

母親 を 危 め て しまった

と いう こと な ん だ ろ う な

そして 自ら の 教え子 の 前 で 自殺 し た

どう 思う この 常軌 を 逸 し た 選択 を

これ も 「 現象 」 の 結果 だ と

だから 普通 なら 起こり え ない 形 で

死に 引き込ま れ て しまった

そう 考える の が 妥当 だ ろ

災厄 は 止まら ない

これ から も 人 が 死ぬ

仕方 ねえ よ

な サカキ そう 落ち込む な って

自分 を 責め た って よ

今更 どうにも な ん ねえ よ

つい この 間 まで さあ

そりゃ あ 心 が 痛 ん だ さあ

事情 は もう 全部 知って ん だ ろ う

だったら 察し て くれよ な

十分 に 察 し てる よ

分かって る

見 崎 も 肩 の 荷 が 下り た って 感じ か

さあ もともと 重く なんて なかった し

や っぱ お前 変わって ん な

ここ か

何 だ よ お前 いきなり

「 い ない もの 」 は 終わった けど

一応 は 覚悟 し て おい て ね

「 あなた たち の せい よ 」

お おい

って 言う 声

お互い まったく 責任 が 無い と は いえ ないし

私 も 「 無能 」 の 謗 り を 受け て も 仕方なし

そう だ ね

お前 は どう な ん だ よ

恒一 くん の せい に は でき ない

いくら なんでも ね

まだ 終わって ない

災厄 も 対策 係 の 仕事 も

まだまだ これ から よ

このまま 夏 休み まで 出 て 来 ない 人 も いる の か な

絶対 いる ね

もう 町 から 脱出 し た 人 いるか も

脱出

そう 毎年 いる らしい から

夏 休み に 夜 見 山 から 逃げ出す 人 たち

うん なんだか な

に し て も 見 崎 や っぱ お前 って 変わって ん な

人事 み たい に 淡々 と さ

そう

実は お前 が 本当 に 今年 の 「 もう 一 人 」 だったり し て

当の 勅使河原 くん が そう かも しれ ない よ

お 俺

まさか

冗談 は なし ね

本当 に まさか

いやいや いや 死 ん だ なんて 心当たり は これ っぽ っち も ねえ し

自慢 じゃ ない が

がき の 頃 やら かし た こと は はっきり 覚え てる し

元気 そう だ ね

おかげ さま で

赤沢 さん 千 曳 さん に なに か

対策 係 だ から ね

ここ に は よく 来る

そう だった ん だ

彼女 は 強い 子 だ し

本人 も それ に 自覚 的 な ん だ が

戦い を 挑む 相手 が な

不憫 で なら ん よ

ああ そう いえ ば 今日 は 三神 先生 も 来 られ て ね

三神 先生 が

私 の 経歴 に つい て は 彼女 も 知って る から ね

それ で 改まって 相談 を と

で 君 たち は

十五 年 前 途中 で 止まった と いう 話 を 聞い た ん です

それ で

この 二十五 年間 で 唯一 途中 で 止まった 年 だ

その 年度 の 犠牲 者 は

私 が 把握 でき て い なかった 理 津 子 くん を 除け ば 七 人

理 津 子 くん は いつ

七 月 です

これ は

八 月 で 止まった と いう こと です か

そ 八 月 の 日付け を 見 て ご覧

八 月 九 日

実は その 年 の 三 組 は 八 月 八 日 から 合宿 を 行って て ね

合宿

確か 夏 休み 何 か が

その 合宿 で 二 人 が 事故 に

そして その 合宿 で 何 か が あって

災厄 が 止まった

おそらく その ページ 「 死者 」 の 名前 が 書か れ て ない だ ろ う

誰 が 「 死者 」 だった の か その 年 は 確認 でき なかった ん だ よ

何故 止まった ん です か

はっきり と は 分から ない

ただ 合宿 中 に 夜 見 山 神社 へ お参り に 行った らしい

神社

古い 神社 だ

「 夜 見 山 」 と いう 山 の 中腹 に ある

合宿 施設 も その 山 の ふもと で よ

じゃ その 神社 へ お参り に 行け ば

当然 その後 の 「 ある 年 」 に お参り に 行った よう だ が

効果 は しか し なかった

意味 は 無かった

いえ 断定 は でき ない

八 月 上旬 に 大勢 で 行った から 効果 が あった の かも しれ ない

お参り と は 関係なく

別に 何 か が あった

と いう 可能 性 も 無論 否定 でき ない

実は 今日 三神 先生 が 来 られ た 時 も この 話 に なって ね

急な 話 です が

八 月 八 日 から 十 日 まで 二 泊 三 日 の クラス 合宿 を 行い ます

これ は 大切 な 行事 だ と 思って ください

都合 の つく 人 は できる だけ 参加 し て ください

詳細 に つい て は 近日 中 に 皆さん に プリント を お 送り し ます

質問

先生

「 死者 」 は 誰

「 死者 」 は 誰

「 死者 」 は 誰

「 死者 」 は あなた

ぼ 僕

はい

ま ー すます 暑い ぞ インド は

元気 で やって る か

まあまあ だ ね

皆 元気 に し てる よ

あの さ お 父さん

お 母さん の 中学 時代 の 写真 って 見 た こと ある

写真

卒業 アルバム は 確か 婚約 し た 頃 に 見せ て くれ た な

他の 写真 は

中学 の 卒業 式 の 日 に 撮った って いう 集合 写真 って 見 た こと ある

集合 写真 何で また

その ちょっと 変 な 写真 だった って

えっ と 心 霊 写真 み たい な

どこ で 仕入れ て 来 た ん だ そんな よう な 話

だいたい お前 心 霊 写真 なんて もの は だ な

いや あの

そう いえ ば 昔 そんな 話 を 聞い た っけ なあ

気味 の 悪い 写真 が ある ん だ って

見 た の その 写真

いや 身近 に ある の は 嫌 だ から 実家 に おい て き た と か

実家 に

おい 恒一 そっち で 何 か あった の か

あっ ない ない ちょっと 退屈 な だけ

そう か

理 津 子 は な 本当 に 魅力 的 な 人 だった ぞ

私 の あいつ に 対 する 気持ち は 今 でも まったく 変わって ない

だから 恒一 お前 は 私 に とって

分かった 分かった

じゃあ また ね

イノヤ

その お 店 の 場所 は 知って る けど さあ

今日

何 だ よ

もし かして 鳴 ちゃん と デート か

で 何 の 話

とにかく 直 に 会って 話し たい ん だ よ

デート なら 彼女 も 連れ て 来い よ

クラス の 問題 で も ある し な

じゃあ 行く よ

恒一 くん こっち よ

赤沢 さん

勅使河原 に 呼ば れ て き た ん でしょ う

えっ と

座ったら

赤沢 さん も

そ っ クラス の 問題 だって いう から

じゃ なきゃ あんな 男 に 呼び出さ れ て 出 て 来る わけない

勅使河原 から 大体 聞い た

十五 年 前 の 話

その 恒一 くん の お 母さん の こと も

そう

いらっしゃい

泉美 ちゃん の お 友達

ええ クラスメート の 榊原 恒一 くん です

あら じゃあ 優 矢 くん の お 友達 ね

いつも 弟 が お 世話 に なって ます

望月 優 矢 の 姉 の 智香 です 初め まして

ああ はい 初め まして

色々 聞い て ます よ 優 矢 くん から は

ご 注文 は

えっ えっ と

私 と 同じ やつ を

あら 畏まり まし た

赤沢 さん 何 飲 ん でる の

コーヒー

僕 コーヒー 苦く て 飲め ない ん だ けど

ここ の コーヒー は 本物 よ

ハワイ コナ の エクストラ ファンシー

お 待た せ し まし た ご ゆっくり どうぞ

騙さ れ た と 思って そのまま 飲 ん で み て

苦い けど 甘い

美味しい ね これ

恒一 くん 東京 帰ら なかった ん だ

うん 逃げ出す みたい で ちょっと ね

僕 が 「 死者 」 じゃ ない か って 疑って る

あなた 生まれて い ない の かも しれ ない

十五 年 前 「 災厄 」 で あなた の お 母 様 が 亡くなら れ た

そして あなた も 生まれ て こ られ なかった

それ から 十 五 年 経った 今

あなた が 転校 生 と して 三 組 に 復活 し た

バカ な

そんな バカ な 話

本気 に し ない で ね

その 可能 性 を 考え た の は 本当

でも ね

握手

やっぱり あなた と どこ か で 会った

う うん どこ か で 握手 した こと が ある と 思う

えっ そう かな

頭 の 記憶 と し て は 残って い ない けど

手 が ね 体 が 覚え てる

そう いえ ば 病院 でも 握手 し た よ ね

あれ って 意味 が ある の

死者 の 手 は 驚く ほど 冷たい って 噂 が ね

でも たぶん 嘘 ね

そんな 簡単 な 方法 で 分かる ん なら

あら いらっしゃい

ごめん ごめん

お 待た せ

何 それ

俺 そんなに 嫌わ れ てる

はっきり 言わ れ たい

それ も 悪く ねえ が

まあ 今日 は いい や

話 って 何

望月 お前 が 話す よ な

うん

今回 の 件 お 姉さん も 巻き込ま れ ちゃ う 可能 性 だって ある から

あの 僕 の お 姉さん って

智香 さん だ よ ね

うん それ で ね 僕 どうしても 黙って い られ なく て

事情 を 話し た

かなり 詳しく

お 姉さん も やっぱり 夜 見 北 の 出身 で

三 組 の 噂 は 知って た みたい

そこ で だ

その 智香 さん から びっくり 情報 が 出 て き た ん だ な

松永 克巳 って 人 で うち の 常連 さん な ん だ けど

夜 見 北 の 出身 だ と は 知って いた ん だ けど

三 年 三 組 だった って 知った の は 最近 の こと で ね

それ で 思い切って 訪ね て み た の

「 松永 さん の 年 は 「 ある 年 」 だった の か 」 って

そう したら ね

あの 年 の 呪い は 俺 が 俺 は 悪く ない ん だ

皆 を 助け た ん だ

助け た ん だ よ 俺 が

だから 伝え なきゃ と 思って

残し た ん だ 「 あれ 」 を

どういう 意味 な ん です か 「 あれ 」 って

あの 人 まるで 覚え て なく て

あの 後 いくら 聞い て も 「 知ら ない 」 って いう ばかり で

気 に なる だ ろ う この 話

松永 と いう 人 が 「 災厄 」 を 止め た

そして その 手がかり を どこ か に 残し た

って こと だ よ な

で だ その 松永 って やつ に 俺 たち も 話 を 聞い て みよ うか と 思う ん だ が

その 松永 って 人 は どこ に

どこ に 住 ん で いる か まで は

それ じゃあ

恒一 くん あなた の 身近 に 松永 さん の 同級 生 が い なかった

そう おばさん の 同級 生 な ん だ

もし 松永 って 人 の 居場所 が 分かったら

見 崎 も 一緒 に 行く

その 人形 やっぱり 君 が モデル な ん だ よ ね

半分 だけ って 言って た けど

そっくり だ し

この 子 は ね 十二 年 前 に あの 人 が 産 ん だ 子

えっ 妹 さん

だけど 生まれ た 時 に は 死 ん じゃ って た 子

これ は ね あの 人 が 生き られ なかった 我が 子 を 思い ながら 作った 人形

だから 私 は 半分 か それ 以下

実は ね 私 明日 から 出かけ なきゃ なら ない の

えっ どこ へ

お 父さん と お 母さん 私 と 三 人 で 別荘 へ 行 こ う って

いや だって いう わけ に も いか なく て

夜 見 山市 の 外

そう

町 から 脱出

一 週間 ほど で 帰る 予定 だ から

戻って き て 合宿 に も 行く つもり

そ っか

ね 実家 に ある かも って 言って た 例 の 集合 写真 見つかった

いや まだ

見つかったら その 写真 見せ て くれる

うん

何 か あったら この 番号 に

これ って 電話 番号

携帯 の

そう よ

見 崎 の

そう

いや な 機械 なんて 言って た くせ に

本当 に いや な の

四六時中 電波 で 繋がって る なんて 気持ち 悪い

なのに どうして

持た さ れ てる の

偶に あの 人 不安 で 仕方なく なる みたい で

そう な ん だ

そう いえ ば

えっ なに

自分 が 「 死者 」 なん じゃ ない か 疑って み た って 言って た けど

ああ

疑い は 解け た

うん

あれ

新しい 人形 が この 中 に 納め られる みたい

安心 し て

「 死者 」 じゃ ない

榊原 くん は 「 死者 」 じゃ ない から

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.