image

アナザー, Another Episode 6

嫌 です と 言ったら 止め て もらえ る ん です か

それ は 無論 拒否 する 権利 は あり ます

ですが もし 災厄 が 始まって しまったら

分かり まし た

あの 三 組 以外 の 先生 方 も この こと は

可能 な 限り 協力 は し て ください ます

ですが 私 達 以外 の 方 に は 相談 など は し ない よう に

家族 に も です か

話し て は なら ない 決まり です

夜 ヲ 覆 ウ 目蓋 開 ケ

凶 キ 影 ヲ 恐 レルナカレ

仄 くら き 柩 から

産み 堕 と さ れ た 人形 の よう に

躰 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

つなぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ごらん よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 脚 も もが れ た まま

虚 空 の なか 朽ち果てる より

もう ひと り 僕 が い て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さ ぁ どっち が 幻 だ ろ う ね

今年 は 「 ない 年 」 だった ん じゃ ねえ の

始業 式 の 日 机 の 数 は ぴったり だった ろ う

でも 転校 生 が 来 て 机 が 一 つ 足り ない

一 ヶ月 遅れ て 始まる って か

かも しれ ない

だから

そう いや 偵察 し た ん だ ろ う

どう だった

たぶん 彼 じゃ ない

どうして

彼 夜 見 山 に 住 ん で ない

兄弟 も い ない

手 も 冷たく なかった

でも

でも さ

そこ まで 大事 な 決め 事 なら

なんで もっと 早く 教え て くれ なかった かな

榊原 くん いきなり 私 に 話しかけ ちゃ った でしょ う

あれ で 切り出せ なく なった ん じゃ ない の か な

あの さ 一 つ 聞き たい ん だ けど

教室 で 君 の 机 だけ が 古い の は

何 か 意味 が ある わけ

あれ は ね そういう 決まり な の

「 おまじない 」 を する 上 で

何 か 意味 が ある の かも しれ ない

あれ 書 い た の 君 だ ろ う

そう

私 は 私 が 「 死者 」 じゃ ない と 分かって る

じゃあ 誰 が って

自分 で 分かる もの な の

だって

友達 の 榊原 くん です

いらっしゃい こんな 格好 で ごめんなさい ね

クラス の お 友達

それとも 美術 部 の

榊原 くん は 下 の ギャラリー の お 客 さん で も ある ん です

とっても 気 に 入って くれ た み たい で

まっ そう な の

男の子 な の に 珍しい わ ね

人形 が お 好き な の

ええ まあ

そろそろ 帰ら ない と ね 榊原 くん

じゃあ 私 その辺 まで 見送って き ます

あら そう

いつ でも また 遊び に い らし て ね

いつも あんな な の

何 が

お 母さん と の 遣り取り

「 です 」 「 ます 」 で

なんか 他人行儀 って いう か

私 と あの 人 は まあ ずっと あんな 感じ

榊原 くん ち は どう な の

うち は 母親 い ない から

僕 を 産 ん で まもなく ね

そう

私 と お 母さん は ね 仕方ない の

私 は あの 人 の お 人形 だ から

そんな

君 は 娘 で 生身 な ん だ し

生身 だ けど 本物 じゃ ない し

じゃあ お 母さん は 知って る の 三 組 の こと

知ら ない 言え る はず ない し

よく 学校 休 ん でる こと は

その辺 は 放任 って いう か

無 頓着 って いう か

ある こと を 除 い て は だ けど

ある こと

三 組 の 秘密 は 分かった けど さ

でも 君 見 崎 は それ で いい の

「 おまじない 」 の ため に さ

仕方ない でしょ う

たまたま 私 だった って いう だけ

もし 私 じゃ なかったら

私 も 皆 と 一緒 に なって その 子 を 「 い ない もの 」 に し なきゃ いけなかった

それ なら

自分 が 切り離さ れ た ほう が まし でしょ

何で 「 い ない もの 」 を 二 人 に 増やし た の か な

たぶん

いまさら 榊原 くん が 私 を 「 い ない もの 」 と して 扱って も

弱い と 考え た の か な

だから 「 い ない もの 」 を 二 人 に 増やし て

「 おまじない 」 を 強く し よ う って

そ っ

榊原 くん に 私 の こと を 説明 する って いう 手間 も 省け て

とっても 合理 的

でも さ 「 おまじない 」 だ ろ う

そこ まで する

だから 皆 必死 な の

次 は 自分 かも って 考え て み たら

洒落 に なら ない でしょ う

理不尽 だ と 思う

思う さ

保障 は ない かも しれ ない

でも それ で 災厄 が 止まる 可能 性 が ある なら

いい じゃ ない

やっぱり 人 が 死ぬ の は 悲しい こと だ から

ありがとう

帰り 気 を つけ て

お互い 死 に 近い 場所 に いる わけ だ し

私 は 大丈夫

前 に も 一 度 見せ た っけ

うん

私 の 左 目 が 無くなった の は 四 歳 の 時

悪い 腫瘍 が でき た らしく て

ある 日 目覚め たら 左 目 が 空っぽ に なって た

それ で ね 「 普通 の 義 眼 は 可愛く ない から 」 って

お 母さん が 特別 な 目 を 作って くれ た の

隠さ なく て も いい のに

見 崎 その 目 綺麗 だ と 思う けど な

手術 の 時 ね 死 に 掛け た らしい の

その 時 の こと なんとなく 覚え てる ん だ けど

信じる

臨 死 体験 って こと

死 は ね 優しく なんか ない

黒く て 何 処 まで も 黒く て

何 処 まで も 一 人 っきり な の

一 人 っきり

そう でも それ って 生き て い て も 同じ よ ね

いくら 繋がって いる よう に 見え て も

本当 は 一 人 っきり

私 も お 母さん も

榊原 くん も ね

あの 子 も 未 咲 も そう だった

明日 から 同類 だ よ ね

よろしく ね 榊原 くん

はい

暑い ぞ インド は

何 だ

おい 「 何 だ 」 と は 何 だ よ

体調 なら 良好 だ から

あの さ

お 母さん から 中学 の 思い出 と か 聞い た こ と ある

あー 何 だ お前 また 急に

お 母さん も 三 年 三 組 だった ん だ よ ね

何 か 思い当たる こと って ない

あー ない

ない の 何も

そりゃ あ それなり に 聞い た と は 思う が な

そう か 三 年 三 組 だった の か 理 津 子 は

ところで 恒一

どんな 感じ だ 一 年 半 ぶり の 夜 見 山 は

えっ 一 年 半

中学 に 上がって から こっち 来 た の 初めて だ けど

あ いや そんな はず は

そう だ な

記憶 違い だ

見 崎

榊原 くん

いかん いか ん

霧 果 さん は お 弁当 と か 作って くれ ない の

気 が 向 い たら たまに

でも ね 正直 美味しく ない の

自分 で 料理 は

う うん 全然

レトルト を 温める くらい

皆 そんな もの でしょ う

僕 は 得意 な ん だ けど

へ ー 変わって る ね

前 の 学校 で 料理 研究 部 に 入って たん だ

じゃ いつか 何 か ご馳走 し て くれる

いつか ね

うん

そう いえ ば さ ここ で 絵 描 い て た よ ね

あの 時 の 絵 もう で き た の

一応

翼 は つけ て あげ た の

まあ ね

見せ て あげる いつか ね

うん

趣味 は 絵 を 描く こと

描く より 見る ほう が 好き かな

と いって も 画集 を 眺める くらい

家 に たくさん ある し

美術 展 に 行ったり は

ここ だ と なかなか ね

じゃ いつか 東京 に 遊び に おいで よ

美術 館 巡り しよ う

僕 が 案内 する から

うん いつか ね

おお 見 崎 先輩 どうして

ちょっと 気 が 向 い たから

退部 さ れ た ん じゃ なかった ん です か

休部 の つもり な ん だ けど

ええ そう なん です か

望月 くん は 相変わらず ね

は 先輩

望月 先輩

あの ね 君 たち

その ちょっと 今 から 来 て くれ ない

ちょっと ね 急ぎ の 用 が ね

ええ そう なん です か

せっかく 見 崎 先輩 が

いい から とにかく ほら 来 て

来 て ね

捨て られ なかった だけ まし か

どれ お 母さん

この 人

理 津 子 さん か

そ っか

ところで さ これ この 担任 の 先生

今 と ずいぶん 感じ 違う よ ね

君 の 言って た ある 人 って さ

そ っ あれ は 千 曳 さん の こと よ

おや 今日 は 二 人 か

二 人 に 増え た ん です 「 い ない もの 」 が

その よう で ね

榊原 くん は もう 事情 を 理解 し た の か な

大体 は でも 信じ きれ ない 気持ち が まだ

無理 も なか ろ う な

しかし 本当の こと だ

この 町 で この 学校 で 実際 に 起こって いる 現象 な ん だ よ

千 曳 先生 は 二十六 年 前 の 三 年 三 組 の 担任 だった ん です よ ね

それ で 母 の こと も

そう だ よ

あの 先生 は 僕たち の こと 無視 し なく て 大丈夫 な ん です か

今 は クラス の 関係 者 じゃ ない から ね 私 は

言って み れ ば 安全 な 立場 に いる 人間 だ

どこ まで が 危険 な ん です か

三 組 の 構成 員 と その 二 親等 以内 の 血族

そして 夜 見 山 市 内 だ

二親 等 両親 と 祖父母 兄弟 か

夜 見 山 市 内 って いう の は 夜 見 山 から 出る と 安全 って こと な ん です か

そう 携帯 で いう 圏 外 の よう な もの だ と 考え れ ば いい

あの どうして 今 ここ に

誰 に も 悪意 は なかった ん だ よ 誰 に も

今 と なって は 浅はか な 考え だった と 思う ん が ね

結果 と して は あれ が 引き金 に なって 死 の 扉 が 開 い て しまった ん だ から

私 に は その 責任 が ある

だから 今 も こうして 学校 に 残って いる

教師 を 辞め て 司書 と して

と いう の は 半分 は 逃げ だった わけ だ な

逃げ

半分 は 仮 借 の 面

しかし あと 半分 は 恐怖 だった

自分 も 死ぬ かも しれ ない と いう ね

だから 逃げ た

先生 が 死ぬ 場合 も ある ん です か

担任 や 副 担任 で あれ ばね

あの 二十六 年 前 の ミサキ は 男子 だった ん です か それとも 女子

男子 だ よ

名字 は この 町 の 名 と 同じ 夜 見 山

夜 見 山 ミサキ って いう の は フル ネーム だ

五 月 の ある 夜 彼 の 家 が 全焼

両親 と 弟 も 含め た 全員 が 死亡 し た

あの い ない はず の ミサキ くん が 映って た 写真 って 見 た ん です か

見 た よ

その 写真 手元 に

ない

正直 怖く なって ね

ええ と

記録 の 改竄 が 起こる って

起きる よ

中 に は クラス 名簿 の コピー だ

七十二 年度 から 今 年度 まで 二十六 年 分 の ね

赤 の ばつ 印 が あの 年度 に 死亡 し た 人 だ

一昨年 の 名簿 見 て くれる かな

一 番 下 に 名前 が ある だ ろ う

はい

それ が その 年 の 死者 だった

あの この 年 って 死 ん だ 人 の 数 が 七 人 な ん です ね

少なく ない です か

「 い ない もの 」 対策 が 行使 られ た から だ

その おかげ で 年度 の 前半 は 一 人 も 死な なかった ん だ よ

ところが 二 学期 が 始まって すぐ

「 い ない もの 」 だった 生徒 が 役割 を 放棄 し て しまった ね

孤独 と プレッシャー に 耐え かね て

自分 が ここ に いる 「 いる もの 」 と して 扱え と 言い出し て

それ で 始まって しまった

さて 九十六 年度 の 死者 は 浅倉 麻美 と いう 生徒 だった わけ だ が

彼女 は そもそも 九十三 年度 の 生徒 だった ん だ よ

ところが だ これ は 一昨年 の 四 月 から 翌 三 月 まで の 間

そう じゃ なかった ん だ

違って た

そう 私 の 記憶 で は 一昨年 の 名簿 に 彼女 の 名 は あった ん だ よ

そして 九十三 年度 の 名簿 に は 彼女 の 名 は なかった

消え て いた ん だ

名前 も ばつ 印 も

だから ね

その 年 の 現象 が 起こって いる 間 は

何 を どう 調べ て も 無駄 な の さ

人間 の 記憶 も と いう こと で し た よ ね

そう

で 一 年 が 経ち 卒業 式 に 死者 が 姿 を 消し た ところ で

やっと すべて の 記録 が 本来 の 形 に 戻り

増え た もう 一 人 が 分かる

そして 死者 と して 現れ て い た 彼女 の 記憶 が 失わ れ て いく

忘れ て しまう ん だ

記録 も 記憶 も も ど に 戻る

だが 理屈 は 全く 分から ない

基本 的 に は お手上げ な の さ

この 現象 に つい て 有効 だ と 分かって いる の は 一 つ だけ

それ は クラス に 「 い ない もの 」 を 作る と いう 対策 だ

成功 率 は どの くらい な ん です か

半々 だ ね

成功 し た 年 も あれ ば 失敗 し た 年 も ある

失敗 し た 理由 が はっきり し て いる 年 も あれ ば

よく 分から ない 年 も ある

そんな

これ は ね 呪い じゃ ない

なにも の か の 悪意 は どこ に も ない ん だ

ただ 単に それ は 起こる

台風 や 地震 と 同じ だ

じゃあ 「 い ない もの 」 を 二 人 に 増やし て 効果 は ある ん でしょ う か

何とも 言え ない

ただ 災厄 が 途中 で 止まった 例 は 殆ど ない

殆ど

一昨年 の 三 組 って 三神 先生 は 担任 だった ん です ね

えっ あ 本当 だ

大変 な 思い を し た はず だ よ 彼女 も

なのに また 三 組 の 副 担任 に なる と は

今日 は ここ まで だ

もう 一 つ だけ

十五 年 前 八十三 年度 は 「 ある 年 」 だった ん です か

八十三 年

「 ある 年 」 だった よ 確か

まさか と 思って た けど

そう か 怜子 くん の 年 だった か

まさか 理 津 子 くん は 夜 見 山 で

はい 僕 を 産む ため に 夜 見 山 の 実家 に 帰って き て い て

この 町 で 亡くなった の か

そ っか

ごめん ね 恒一 くん

ごめん ね

どう し よ も なく て 私

十五 年 前 お 母さん が 死 ん じゃ った の って

それ も 三 組 の 災厄 だった ん です か

分から ない

可哀想 に な 理 津 子 は な

可哀想 に な

理 津 子 も 怜子 も な

だめ です よ お 爺さん

今日 は も う 休み ま しょ う

元気 元気 出し て ね

姉さん の こと は 本当 に 分から ない

でも あの 年 は さ 途中 で 止まった よう な 気 が

途中 で 止まった なぜ なん です か

どうして 止まった ん です か

ねっ 怜子 さん

思い出せ ない

怜子 さん 何でも 何でも いい ん です 何 か

でも ね でも 確か 夏 休み 何 か が

夏 休み

何 か 思い出せ ない

ごめん ね 恒一 くん

皆さん おはよう ございます

今日 は 私 皆さん に 謝ら なけ れ ば なり ませ ん

この まで どうして も 私 は

来年 の 三 月 に は 皆 元気 に 卒業 できる よう に

そう 願って 私 も 精一杯 頑張って き た つもり だった の です が

この 後 の こと は もう 皆さん の 問題 です

一旦 始まって しまった 以上

どう わ が い て も 無駄 な の か

或いは 私 に は 分かり ませ ん

分から ない

分かる はず が ない

と いう か その 話 は もはや どう で も いい と 私 は

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

嫌 です と 言ったら 止め て もらえ る ん です か

それ は 無論 拒否 する 権利 は あり ます

ですが もし 災厄 が 始まって しまったら

分かり まし た

あの 三 組 以外 の 先生 方 も この こと は

可能 な 限り 協力 は し て ください ます

ですが 私 達 以外 の 方 に は 相談 など は し ない よう に

家族 に も です か

話し て は なら ない 決まり です

夜 ヲ 覆 ウ 目蓋 開 ケ

凶 キ 影 ヲ 恐 レルナカレ

仄 くら き 柩 から

産み 堕 と さ れ た 人形 の よう に

躰 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

つなぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ごらん よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 脚 も もが れ た まま

虚 空 の なか 朽ち果てる より

もう ひと り 僕 が い て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さ ぁ どっち が 幻 だ ろ う ね

今年 は 「 ない 年 」 だった ん じゃ ねえ の

始業 式 の 日 机 の 数 は ぴったり だった ろ う

でも 転校 生 が 来 て 机 が 一 つ 足り ない

一 ヶ月 遅れ て 始まる って か

かも しれ ない

だから

そう いや 偵察 し た ん だ ろ う

どう だった

たぶん 彼 じゃ ない

どうして

彼 夜 見 山 に 住 ん で ない

兄弟 も い ない

手 も 冷たく なかった

でも

でも さ

そこ まで 大事 な 決め 事 なら

なんで もっと 早く 教え て くれ なかった かな

榊原 くん いきなり 私 に 話しかけ ちゃ った でしょ う

あれ で 切り出せ なく なった ん じゃ ない の か な

あの さ 一 つ 聞き たい ん だ けど

教室 で 君 の 机 だけ が 古い の は

何 か 意味 が ある わけ

あれ は ね そういう 決まり な の

「 おまじない 」 を する 上 で

何 か 意味 が ある の かも しれ ない

あれ 書 い た の 君 だ ろ う

そう

私 は 私 が 「 死者 」 じゃ ない と 分かって る

じゃあ 誰 が って

自分 で 分かる もの な の

だって

友達 の 榊原 くん です

いらっしゃい こんな 格好 で ごめんなさい ね

クラス の お 友達

それとも 美術 部 の

榊原 くん は 下 の ギャラリー の お 客 さん で も ある ん です

とっても 気 に 入って くれ た み たい で

まっ そう な の

男の子 な の に 珍しい わ ね

人形 が お 好き な の

ええ まあ

そろそろ 帰ら ない と ね 榊原 くん

じゃあ 私 その辺 まで 見送って き ます

あら そう

いつ でも また 遊び に い らし て ね

いつも あんな な の

何 が

お 母さん と の 遣り取り

「 です 」 「 ます 」 で

なんか 他人行儀 って いう か

私 と あの 人 は まあ ずっと あんな 感じ

榊原 くん ち は どう な の

うち は 母親 い ない から

僕 を 産 ん で まもなく ね

そう

私 と お 母さん は ね 仕方ない の

私 は あの 人 の お 人形 だ から

そんな

君 は 娘 で 生身 な ん だ し

生身 だ けど 本物 じゃ ない し

じゃあ お 母さん は 知って る の 三 組 の こと

知ら ない 言え る はず ない し

よく 学校 休 ん でる こと は

その辺 は 放任 って いう か

無 頓着 って いう か

ある こと を 除 い て は だ けど

ある こと

三 組 の 秘密 は 分かった けど さ

でも 君 見 崎 は それ で いい の

「 おまじない 」 の ため に さ

仕方ない でしょ う

たまたま 私 だった って いう だけ

もし 私 じゃ なかったら

私 も 皆 と 一緒 に なって その 子 を 「 い ない もの 」 に し なきゃ いけなかった

それ なら

自分 が 切り離さ れ た ほう が まし でしょ

何で 「 い ない もの 」 を 二 人 に 増やし た の か な

たぶん

いまさら 榊原 くん が 私 を 「 い ない もの 」 と して 扱って も

弱い と 考え た の か な

だから 「 い ない もの 」 を 二 人 に 増やし て

「 おまじない 」 を 強く し よ う って

そ っ

榊原 くん に 私 の こと を 説明 する って いう 手間 も 省け て

とっても 合理 的

でも さ 「 おまじない 」 だ ろ う

そこ まで する

だから 皆 必死 な の

次 は 自分 かも って 考え て み たら

洒落 に なら ない でしょ う

理不尽 だ と 思う

思う さ

保障 は ない かも しれ ない

でも それ で 災厄 が 止まる 可能 性 が ある なら

いい じゃ ない

やっぱり 人 が 死ぬ の は 悲しい こと だ から

ありがとう

帰り 気 を つけ て

お互い 死 に 近い 場所 に いる わけ だ し

私 は 大丈夫

前 に も 一 度 見せ た っけ

うん

私 の 左 目 が 無くなった の は 四 歳 の 時

悪い 腫瘍 が でき た らしく て

ある 日 目覚め たら 左 目 が 空っぽ に なって た

それ で ね 「 普通 の 義 眼 は 可愛く ない から 」 って

お 母さん が 特別 な 目 を 作って くれ た の

隠さ なく て も いい のに

見 崎 その 目 綺麗 だ と 思う けど な

手術 の 時 ね 死 に 掛け た らしい の

その 時 の こと なんとなく 覚え てる ん だ けど

信じる

臨 死 体験 って こと

死 は ね 優しく なんか ない

黒く て 何 処 まで も 黒く て

何 処 まで も 一 人 っきり な の

一 人 っきり

そう でも それ って 生き て い て も 同じ よ ね

いくら 繋がって いる よう に 見え て も

本当 は 一 人 っきり

私 も お 母さん も

榊原 くん も ね

あの 子 も 未 咲 も そう だった

明日 から 同類 だ よ ね

よろしく ね 榊原 くん

はい

暑い ぞ インド は

何 だ

おい 「 何 だ 」 と は 何 だ よ

体調 なら 良好 だ から

あの さ

お 母さん から 中学 の 思い出 と か 聞い た こ と ある

あー 何 だ お前 また 急に

お 母さん も 三 年 三 組 だった ん だ よ ね

何 か 思い当たる こと って ない

あー ない

ない の 何も

そりゃ あ それなり に 聞い た と は 思う が な

そう か 三 年 三 組 だった の か 理 津 子 は

ところで 恒一

どんな 感じ だ 一 年 半 ぶり の 夜 見 山 は

えっ 一 年 半

中学 に 上がって から こっち 来 た の 初めて だ けど

あ いや そんな はず は

そう だ な

記憶 違い だ

見 崎

榊原 くん

いかん いか ん

霧 果 さん は お 弁当 と か 作って くれ ない の

気 が 向 い たら たまに

でも ね 正直 美味しく ない の

自分 で 料理 は

う うん 全然

レトルト を 温める くらい

皆 そんな もの でしょ う

僕 は 得意 な ん だ けど

へ ー 変わって る ね

前 の 学校 で 料理 研究 部 に 入って たん だ

じゃ いつか 何 か ご馳走 し て くれる

いつか ね

うん

そう いえ ば さ ここ で 絵 描 い て た よ ね

あの 時 の 絵 もう で き た の

一応

翼 は つけ て あげ た の

まあ ね

見せ て あげる いつか ね

うん

趣味 は 絵 を 描く こと

描く より 見る ほう が 好き かな

と いって も 画集 を 眺める くらい

家 に たくさん ある し

美術 展 に 行ったり は

ここ だ と なかなか ね

じゃ いつか 東京 に 遊び に おいで よ

美術 館 巡り しよ う

僕 が 案内 する から

うん いつか ね

おお 見 崎 先輩 どうして

ちょっと 気 が 向 い たから

退部 さ れ た ん じゃ なかった ん です か

休部 の つもり な ん だ けど

ええ そう なん です か

望月 くん は 相変わらず ね

は 先輩

望月 先輩

あの ね 君 たち

その ちょっと 今 から 来 て くれ ない

ちょっと ね 急ぎ の 用 が ね

ええ そう なん です か

せっかく 見 崎 先輩 が

いい から とにかく ほら 来 て

来 て ね

捨て られ なかった だけ まし か

どれ お 母さん

この 人

理 津 子 さん か

そ っか

ところで さ これ この 担任 の 先生

今 と ずいぶん 感じ 違う よ ね

君 の 言って た ある 人 って さ

そ っ あれ は 千 曳 さん の こと よ

おや 今日 は 二 人 か

二 人 に 増え た ん です 「 い ない もの 」 が

その よう で ね

榊原 くん は もう 事情 を 理解 し た の か な

大体 は でも 信じ きれ ない 気持ち が まだ

無理 も なか ろ う な

しかし 本当の こと だ

この 町 で この 学校 で 実際 に 起こって いる 現象 な ん だ よ

千 曳 先生 は 二十六 年 前 の 三 年 三 組 の 担任 だった ん です よ ね

それ で 母 の こと も

そう だ よ

あの 先生 は 僕たち の こと 無視 し なく て 大丈夫 な ん です か

今 は クラス の 関係 者 じゃ ない から ね 私 は

言って み れ ば 安全 な 立場 に いる 人間 だ

どこ まで が 危険 な ん です か

三 組 の 構成 員 と その 二 親等 以内 の 血族

そして 夜 見 山 市 内 だ

二親 等 両親 と 祖父母 兄弟 か

夜 見 山 市 内 って いう の は 夜 見 山 から 出る と 安全 って こと な ん です か

そう 携帯 で いう 圏 外 の よう な もの だ と 考え れ ば いい

あの どうして 今 ここ に

誰 に も 悪意 は なかった ん だ よ 誰 に も

今 と なって は 浅はか な 考え だった と 思う ん が ね

結果 と して は あれ が 引き金 に なって 死 の 扉 が 開 い て しまった ん だ から

私 に は その 責任 が ある

だから 今 も こうして 学校 に 残って いる

教師 を 辞め て 司書 と して

と いう の は 半分 は 逃げ だった わけ だ な

逃げ

半分 は 仮 借 の 面

しかし あと 半分 は 恐怖 だった

自分 も 死ぬ かも しれ ない と いう ね

だから 逃げ た

先生 が 死ぬ 場合 も ある ん です か

担任 や 副 担任 で あれ ばね

あの 二十六 年 前 の ミサキ は 男子 だった ん です か それとも 女子

男子 だ よ

名字 は この 町 の 名 と 同じ 夜 見 山

夜 見 山 ミサキ って いう の は フル ネーム だ

五 月 の ある 夜 彼 の 家 が 全焼

両親 と 弟 も 含め た 全員 が 死亡 し た

あの い ない はず の ミサキ くん が 映って た 写真 って 見 た ん です か

見 た よ

その 写真 手元 に

ない

正直 怖く なって ね

ええ と

記録 の 改竄 が 起こる って

起きる よ

中 に は クラス 名簿 の コピー だ

七十二 年度 から 今 年度 まで 二十六 年 分 の ね

赤 の ばつ 印 が あの 年度 に 死亡 し た 人 だ

一昨年 の 名簿 見 て くれる かな

一 番 下 に 名前 が ある だ ろ う

はい

それ が その 年 の 死者 だった

あの この 年 って 死 ん だ 人 の 数 が 七 人 な ん です ね

少なく ない です か

「 い ない もの 」 対策 が 行使 られ た から だ

その おかげ で 年度 の 前半 は 一 人 も 死な なかった ん だ よ

ところが 二 学期 が 始まって すぐ

「 い ない もの 」 だった 生徒 が 役割 を 放棄 し て しまった ね

孤独 と プレッシャー に 耐え かね て

自分 が ここ に いる 「 いる もの 」 と して 扱え と 言い出し て

それ で 始まって しまった

さて 九十六 年度 の 死者 は 浅倉 麻美 と いう 生徒 だった わけ だ が

彼女 は そもそも 九十三 年度 の 生徒 だった ん だ よ

ところが だ これ は 一昨年 の 四 月 から 翌 三 月 まで の 間

そう じゃ なかった ん だ

違って た

そう 私 の 記憶 で は 一昨年 の 名簿 に 彼女 の 名 は あった ん だ よ

そして 九十三 年度 の 名簿 に は 彼女 の 名 は なかった

消え て いた ん だ

名前 も ばつ 印 も

だから ね

その 年 の 現象 が 起こって いる 間 は

何 を どう 調べ て も 無駄 な の さ

人間 の 記憶 も と いう こと で し た よ ね

そう

で 一 年 が 経ち 卒業 式 に 死者 が 姿 を 消し た ところ で

やっと すべて の 記録 が 本来 の 形 に 戻り

増え た もう 一 人 が 分かる

そして 死者 と して 現れ て い た 彼女 の 記憶 が 失わ れ て いく

忘れ て しまう ん だ

記録 も 記憶 も も ど に 戻る

だが 理屈 は 全く 分から ない

基本 的 に は お手上げ な の さ

この 現象 に つい て 有効 だ と 分かって いる の は 一 つ だけ

それ は クラス に 「 い ない もの 」 を 作る と いう 対策 だ

成功 率 は どの くらい な ん です か

半々 だ ね

成功 し た 年 も あれ ば 失敗 し た 年 も ある

失敗 し た 理由 が はっきり し て いる 年 も あれ ば

よく 分から ない 年 も ある

そんな

これ は ね 呪い じゃ ない

なにも の か の 悪意 は どこ に も ない ん だ

ただ 単に それ は 起こる

台風 や 地震 と 同じ だ

じゃあ 「 い ない もの 」 を 二 人 に 増やし て 効果 は ある ん でしょ う か

何とも 言え ない

ただ 災厄 が 途中 で 止まった 例 は 殆ど ない

殆ど

一昨年 の 三 組 って 三神 先生 は 担任 だった ん です ね

えっ あ 本当 だ

大変 な 思い を し た はず だ よ 彼女 も

なのに また 三 組 の 副 担任 に なる と は

今日 は ここ まで だ

もう 一 つ だけ

十五 年 前 八十三 年度 は 「 ある 年 」 だった ん です か

八十三 年

「 ある 年 」 だった よ 確か

まさか と 思って た けど

そう か 怜子 くん の 年 だった か

まさか 理 津 子 くん は 夜 見 山 で

はい 僕 を 産む ため に 夜 見 山 の 実家 に 帰って き て い て

この 町 で 亡くなった の か

そ っか

ごめん ね 恒一 くん

ごめん ね

どう し よ も なく て 私

十五 年 前 お 母さん が 死 ん じゃ った の って

それ も 三 組 の 災厄 だった ん です か

分から ない

可哀想 に な 理 津 子 は な

可哀想 に な

理 津 子 も 怜子 も な

だめ です よ お 爺さん

今日 は も う 休み ま しょ う

元気 元気 出し て ね

姉さん の こと は 本当 に 分から ない

でも あの 年 は さ 途中 で 止まった よう な 気 が

途中 で 止まった なぜ なん です か

どうして 止まった ん です か

ねっ 怜子 さん

思い出せ ない

怜子 さん 何でも 何でも いい ん です 何 か

でも ね でも 確か 夏 休み 何 か が

夏 休み

何 か 思い出せ ない

ごめん ね 恒一 くん

皆さん おはよう ございます

今日 は 私 皆さん に 謝ら なけ れ ば なり ませ ん

この まで どうして も 私 は

来年 の 三 月 に は 皆 元気 に 卒業 できる よう に

そう 願って 私 も 精一杯 頑張って き た つもり だった の です が

この 後 の こと は もう 皆さん の 問題 です

一旦 始まって しまった 以上

どう わ が い て も 無駄 な の か

或いは 私 に は 分かり ませ ん

分から ない

分かる はず が ない

と いう か その 話 は もはや どう で も いい と 私 は

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.