image

アナザー, Another Episode 4

三 年 三 組 で 人 が 死 ん だ ん だ よ ね

大騒ぎ だった よ な

階段 から 落ち た とき

投げ出し た 傘 の 先 が 喉 に 突き刺さった ん だ って

え まじ

あまり に 悲惨 だった から

目撃 者 に は 箝口令 が 敷か れ た らしい ぞ

女子 の クラス 委員 長 だった ん でしょ

同じ 日 に その 人 の お 母さん も 事故 で 亡くなった って

これ って や っぱ 例 の 「 呪い 」

知って る の か お前

密か に 有名 らしい じゃ ん

呪わ れ た 三 年 三 組 って

二十六 年 前 の あの 話 から

今年 は 「 ある 年 」 だった って こと

な の かな 去年 は 「 無い 年 」 だった みたい だ けど

始まっちゃ っ たら 毎月 誰 か が 死ぬ ん だ よ ね

毎月 一 人 か それ 以上

クラス の 関係 者 が な

生徒 だけ じゃ なく て

家族 は 危ない って さ

親 兄弟 が 特に

え よく 知って ん だ

剣道 部 の 先輩 で 三 組 の 人 が い て さ

こっそり 教え て くれ た ん だ よ

あの 人 は 全然 信じ て ない 感じ だった けど

でも 実際 人 死 ん でる し

だ よ な

やっぱり 近づか ない ほう が いい よ な あの クラス に は

だ よ ね

夜 ヲ 覆 ウ 目蓋 開 ケ

凶 キ 影 ヲ 恐 レルナカレ

仄 くら き 柩 から

産み 堕 と さ れ た 人形 の よう に

躰 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

つなぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ごらん よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 脚 も もが れ た まま

虚 空 の なか 朽ち果てる より

もう ひと り 僕 が い て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さ ぁ どっち が 幻 だ ろ う ね

榊原 くん 大丈夫 胸 の 具合

ええ 何とか

なんだか 大変 な 現場 を 見 ちゃ った ん だ し

体 に も 応える よ ね

知って る ん です か

弟 から 聞い た の

同じ クラス な ん だって ね うち の 下 の 弟

バスケ 部 の 水野 猛

おお

これ から 診察

はい

じゃ その後 で 会 お っか

えっ

ホント は 夜勤 明け で とっくに 帰って る はず な のに

色々 引っ張ら れ ちゃ って ね

なんか 気 に なる の よ ね 色々 と

それ に ほら 例の 件 も ある し

四 月 に 病院 で 死 ん だ 子 の こと です か

あんまり 思いつめ ない よう に ね

もし また 入院 なんて こと に なって も

私 が 真心 込め て 面倒 を 見 て あげる から

はい その 時 は よろしく

じゃ 後 で ね

普通 に 学校 へ 行く 分 に は 問題 なし

ただ 激しい 運動 は まだ 禁止 です よ

あと 一 ヶ月 様子 を 見 ま しょ う か

はい

お 待た せ

どう だった

水野 さん の お 世話 に は なら ず に 済み そう です

まあ それ は 残念

ちょっと 遅く なった けど どこ か で お 昼 食べる

眼帯 の 女の子 の いとこ が 藤岡 未 咲 ちゃん だった って わけ か

さて めったに 会話 の ない 弟 から ちょっと 聞い て み た ん だ けど

榊原 くん の クラス って なんだか 訳 あり 見 たい ねえ

訳 あり

そ 詳しく は 話し て くれ ない ん だ けど ね

知って る ん でしょ

訳 あり の 訳 です か

何 か ある の は 確か だ と 思う ん です けど

誰 も 教え て くれ ない みたい な

そ っか でも あいつ 怯え てる みたい な の よ ね 何となく だ けど

どういう こと です

先週 の 事故 は ただ の 事故 じゃ ない って 思って る みたい

事故 じゃ ない その こと に 怯え てる

そう

どうして

あの 見 崎 鳴って いう 名前 聞い た こ と あり ます か

見 崎

見 崎 鳴

三 組 の 女子 生徒 です

弟 さん から 聞い た こ と あり ませ ん か

だから ほとんど 口 を 効か ない 姉弟 ( きょう だい ) 何 だって っ ば

実は さっき お 話 し た 眼帯 の 女の子 が 見 崎 鳴って いう 子 何 です

ほほ う 榊原 くん は あれ か その 鳴 ちゃん の こと が 好き な ん だ

そんな ん じゃ ない です

ただ ひどく 気 に なって

クラス の 中 で 彼女 妙 な 感じ だ から

そういう の を 好き って 言う の

違い ます って

分かった 分かった

で その 鳴 ちゃん が どう 妙 な の

えっ と 彼女 自身 が そもそも 変わった 子 な ん です

始め は クラス で ちょっと 苛め られ てる の か な と も 思った ん です けど

そういう 感じ で も なく て

むしろ 皆 彼女 を 怖がって る って いう か

怖がって る

ちょっと 違う ん です けど

「 い ない もの の 相手 を する の は よせ 」 なんて 言う 奴 も い て

い ない もの

彼女 に よれ ば 皆 に は 自分 の こと が 見え て ない ん だ と か

そんな ところ へ 先週 の あの 事故 が 起こった わけ な ん です

普通 に 考え れ ば 単なる 偶然 よ ね

その 二 つ を 結びつける もの は 何も 無い し

でしょう

もう 一 つ 気 に なる 事 が あって

これ は 二十六 年 前 の 話 らしく て

知って まし た この 話

初耳 ね

私 南中 だった から

この 話 が どう 関係 する の か まだ 分から ない ん です けど

何 か 繋がり が ある よう に 思え て

なるほど ね

なんだか 話 が ホラー め い て き た なあ

じゃ ちょっと 弟 に 探り を 入れ て みよ う か

明日 は 学校

そう です

何 か 分かったら 電話 する ね

次 の 病院 は

今週 の 土曜 に

六 月 六 日 か

この 町 に ダミアン が いる と は 思え ない けど

でも まあ お互い 気 を つけ ま しょ

普通 起こり え ない よう な 事故 に は 特に ね

この 町 に ダミアン が いる と は 思え ない けど

まさか

あ お 仲間 発見

やっ ほ 恒一 ちゃん ばっ くれ

いや 病院 の 帰り な ん だ けど

あ そう か そう だ よ ね

綾 野 さん は 風邪 でも 引 い た の

あ そう そう

綾 野 さん 演技 上手い ね

なんか 悔しい けど ちょっと 嬉しい

嬉しい の

うん 部活 の 成果 が 出 てる って こと だ もん ね

何 部 な の

生きる べき か 死ぬ べき か

それ が 問題 だ

あ 演劇 部

うん 泉美 も ね

泉美 って 誰 だ っけ

赤沢 泉美

あの 子 は ちょっと やり すぎ な ところ も ある けど

演技 も そう な ん だ けど ね

けど 悪い 子 じゃ ない から

だから 恒一 ちゃん も なる べく 協力 し て あげて ほしい な

え う ん

嫌 だ 嫌 だ 嫌 だ 嫌 だ

死ぬ の は 嫌 だ

嫌 だ

いらっしゃい

おや 若い 男の子 と は 珍しい ね

お 客 さん かい それとも

こんにちは

中学生 かい

だったら 半額 で いい よ

はい

まあ ゆっくり 見 て おい き なさい な

ほか に お 客 さん は い ない し

偶然 ね こんな ところ で また

今日 は どうして ここ に

病院 の 帰り道 偶々 前 を 通って

君 は 学校 行って ない の

まっ 適当 に ね

具合 は 大丈夫 な の

再 入院 は 避け られ た かな

あの 後

事故 の 後 クラス の 様子 は どう

皆 怯え てる

何 に

始まった と 思って

始まった

心 の 底 で は 半信半疑 で い た の かも しれ ない

あんな こと が あって

榊原 くん に は あんな ふう に 言った けど

100 % 信じ て なかった ん だ と 思う

でも ね やっぱり ある みたい

たぶん 100 % 確実 に

うん

それ が 始まって しまった から

だから

榊原 くん は 今 も 知ら ない まま か

だったら いっそ このまま 知ら ない で いる べき な の かも

知って しまったら

いったい 三 組 に は 何 が

学校 に は 行け そう な の

うん 明日 から

なら 私 は 姿 を 見せ ない ほう が いい か

どうして

気 を つけ て

ね 見 崎

どうして どうして

あの な 教え て ほしい の は こっち の ほう な の

どうして レー ちゃん おはよう おはよう

恒一 くん

大丈夫 です か

ちょっと 頭痛 が ね 最近 なんだか 多い の よ ね

い や ん なっちゃ う

疲れ てる ん じゃ ない です か 色々 と

まあ ね

ね 怜子 さん

前 に 「 知る タイミング 」 み たい な こ と 言って まし た よ ね

それ って どう やって 測れ ば いい ん です か

言った っけ そんな こと

ええ と じゃ 怜子 さん が 三 年 の 時 何 組 だった ん です か

私 が 中 三 の 時

三 組 だった

三 組

それ じゃ 怜子 さん の 年 に は もう

「 呪わ れ た 三 年 三 組 」 み たい に 言わ れ て まし た

忘れ ちゃ った わ 十五 年 も 前 の こと だ から

明日 から また 学校 よ ね

夜 見 北 で の 心構え 覚え てる

ええ

心構え その 三 も

もちろん その 四 も

その 三 は 「 クラス の 決め 事 は 絶対 に 守る よう に 」 で し た っけ

そ っ それ

あ えっ と 何 だ っけ

心構え その 三 です よ

そ っか えっ と ね 「 クラス の 決め 事 は ちゃんと 守る よう に 」 って いう

つまり

大丈夫 です か

やっぱり 疲れ てる みたい

ごめん ね 恒一 くん だめ だ な

どうして

やめ て よ

私 苦手 な の あの 鳥

桜木 さん 西 階段 使った ん だ ね

何で わざわざ 遠い ほう に 行 くっ つ な

何 か 理由 が あった ん じゃ ない か な

多佳子 が 見 た って

杉浦 さん が 何 を

恒一 ちゃん が

今年 は 「 ない 年 」 だ と 思って た のに

可能 性 と して は 二 つ

今年 は 「 ない 年 」 で

ゆかり の 事故 は 本当 に 偶然

もう 一 つ は 五 月 から 始まった

対策 係 と して は 希望 的 な 見解 に かける こと は でき ない わ ね

ゆかり だけ なら ともかく お 母さん も だし ね

彼 が 決め 事 を 破って しまったら

しかし 何で わざわざ 転校 生 を 三 組 に 入れる かな

学校 の 都合 ね

今 の 校長 何て 事情 ほとんど 分かって ない らしい し

先生 が 説明 し て くれる はず じゃ

先生 は 先生 で 生徒 同士 の ほう が いい と 考え た の かも

先生 も 触り たく ない って か

私 が 初日 に 休 ん で しまった から

事前 に ちゃんと 話し て おけ ば こんな こと に は

過ぎ て しまった こと は しょ が ない よ

問題 は この 後 どう する か

あいつ に どう 分から せる かって の も 問題 だ な

難しい よ ね 今 から 説明 する の は

下手 の 説明 は 危険 よ

自 縄 自 縛 って 感じ だ よ ね

これ って 状況 的 に は 二 年 前 と 同じ よ ね

新しい 対策 が 必要 って こと

だった ん だって よ

ま じ で

お っ おお

今 どこ

う っ

「 う 」 じゃ ない って 今 どこ に いる ん だ

先週 から 何度 か 電話 し た ん だ けど 出 なかった ね

すま ん タイミング が 悪 くって さ

それ に お前 具合 が 悪かった だ ろ う

六 月 に なったら 教え て くれる って 約束 し た よ ね

「 始まり の 年 」 み たい な こ と も 言って た よ ね

その後 何 が あった の

ちょっと 待って よ なあ サカキ

確かに 約束 は し た さ

し た ん だ が な

状況 が 変わった の

そう 状況 が 変わった ん だ よ

本来 この 案件 は 対策 係 が 扱う べき もの な の

それ を この 男 が 勝手 な こと を する から

ややこしい こと に なって しまった

だから

約束 は なかった こと に する

ええ これ は 私 から の お 願い

いいえ 三 組 の 総意 と して の お 願い

じゃあ さあ 「 い ない もの の 相手 は よせ 」

「 ヤバイ ん だ よ それ 」 って 言った よ ね

あれ は どういう 意味

どういう こと

はい

いや

榊原 くん 昼 休み だ よ ね 電話 いい かな

ちゃんと 説明 し て

そんな 言葉 が どういう 意味 を 持つ か 分かって る の

どう し た ん です か

榊原 くん に 確認 し て おき たく って それ で ね

確認 って

いい 昨日 話し て くれ た 鳴 ちゃん

見 崎 鳴って いう 女の子 ね

本当 に いる の その 子

はい い ます よ

近く に いる

確かに いる

今 は

今日 は 朝 から 学校 に は 来 て なく て

い ない の ね

どう し た って 言う ん です か

ゆうべ 弟 を 問いただし て み た の

二十六 年 前 の 話 と か 先週 の 事故 の こと は 黙り で ね

ところ が ね 鳴 ちゃん の こと を 聞い たら

急に 血相 を 変え て

「 なん だ よ それ 」 って

「 そんな やつ うち の クラス に い ない 」 って

凄い 真剣 に 言う の

嘘 です よ

でも あいつ 本当 に 真剣 だった し

そんな 嘘 を つく 必要 何て

見 崎 鳴 は い ます

水野 さん 聞こえ て ます か

屋上 から エレベーター 乗った の そろそろ 戻ら ない と

それ で 電波 が

でも これ

水野 さん 聞こえ ます か どう し た ん です

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

三 年 三 組 で 人 が 死 ん だ ん だ よ ね

大騒ぎ だった よ な

階段 から 落ち た とき

投げ出し た 傘 の 先 が 喉 に 突き刺さった ん だ って

え まじ

あまり に 悲惨 だった から

目撃 者 に は 箝口令 が 敷か れ た らしい ぞ

女子 の クラス 委員 長 だった ん でしょ

同じ 日 に その 人 の お 母さん も 事故 で 亡くなった って

これ って や っぱ 例 の 「 呪い 」

知って る の か お前

密か に 有名 らしい じゃ ん

呪わ れ た 三 年 三 組 って

二十六 年 前 の あの 話 から

今年 は 「 ある 年 」 だった って こと

な の かな 去年 は 「 無い 年 」 だった みたい だ けど

始まっちゃ っ たら 毎月 誰 か が 死ぬ ん だ よ ね

毎月 一 人 か それ 以上

クラス の 関係 者 が な

生徒 だけ じゃ なく て

家族 は 危ない って さ

親 兄弟 が 特に

え よく 知って ん だ

剣道 部 の 先輩 で 三 組 の 人 が い て さ

こっそり 教え て くれ た ん だ よ

あの 人 は 全然 信じ て ない 感じ だった けど

でも 実際 人 死 ん でる し

だ よ な

やっぱり 近づか ない ほう が いい よ な あの クラス に は

だ よ ね

夜 ヲ 覆 ウ 目蓋 開 ケ

凶 キ 影 ヲ 恐 レルナカレ

仄 くら き 柩 から

産み 堕 と さ れ た 人形 の よう に

躰 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

つなぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ごらん よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 脚 も もが れ た まま

虚 空 の なか 朽ち果てる より

もう ひと り 僕 が い て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さ ぁ どっち が 幻 だ ろ う ね

榊原 くん 大丈夫 胸 の 具合

ええ 何とか

なんだか 大変 な 現場 を 見 ちゃ った ん だ し

体 に も 応える よ ね

知って る ん です か

弟 から 聞い た の

同じ クラス な ん だって ね うち の 下 の 弟

バスケ 部 の 水野 猛

おお

これ から 診察

はい

じゃ その後 で 会 お っか

えっ

ホント は 夜勤 明け で とっくに 帰って る はず な のに

色々 引っ張ら れ ちゃ って ね

なんか 気 に なる の よ ね 色々 と

それ に ほら 例の 件 も ある し

四 月 に 病院 で 死 ん だ 子 の こと です か

あんまり 思いつめ ない よう に ね

もし また 入院 なんて こと に なって も

私 が 真心 込め て 面倒 を 見 て あげる から

はい その 時 は よろしく

じゃ 後 で ね

普通 に 学校 へ 行く 分 に は 問題 なし

ただ 激しい 運動 は まだ 禁止 です よ

あと 一 ヶ月 様子 を 見 ま しょ う か

はい

お 待た せ

どう だった

水野 さん の お 世話 に は なら ず に 済み そう です

まあ それ は 残念

ちょっと 遅く なった けど どこ か で お 昼 食べる

眼帯 の 女の子 の いとこ が 藤岡 未 咲 ちゃん だった って わけ か

さて めったに 会話 の ない 弟 から ちょっと 聞い て み た ん だ けど

榊原 くん の クラス って なんだか 訳 あり 見 たい ねえ

訳 あり

そ 詳しく は 話し て くれ ない ん だ けど ね

知って る ん でしょ

訳 あり の 訳 です か

何 か ある の は 確か だ と 思う ん です けど

誰 も 教え て くれ ない みたい な

そ っか でも あいつ 怯え てる みたい な の よ ね 何となく だ けど

どういう こと です

先週 の 事故 は ただ の 事故 じゃ ない って 思って る みたい

事故 じゃ ない その こと に 怯え てる

そう

どうして

あの 見 崎 鳴って いう 名前 聞い た こ と あり ます か

見 崎

見 崎 鳴

三 組 の 女子 生徒 です

弟 さん から 聞い た こ と あり ませ ん か

だから ほとんど 口 を 効か ない 姉弟 ( きょう だい ) 何 だって っ ば

実は さっき お 話 し た 眼帯 の 女の子 が 見 崎 鳴って いう 子 何 です

ほほ う 榊原 くん は あれ か その 鳴 ちゃん の こと が 好き な ん だ

そんな ん じゃ ない です

ただ ひどく 気 に なって

クラス の 中 で 彼女 妙 な 感じ だ から

そういう の を 好き って 言う の

違い ます って

分かった 分かった

で その 鳴 ちゃん が どう 妙 な の

えっ と 彼女 自身 が そもそも 変わった 子 な ん です

始め は クラス で ちょっと 苛め られ てる の か な と も 思った ん です けど

そういう 感じ で も なく て

むしろ 皆 彼女 を 怖がって る って いう か

怖がって る

ちょっと 違う ん です けど

「 い ない もの の 相手 を する の は よせ 」 なんて 言う 奴 も い て

い ない もの

彼女 に よれ ば 皆 に は 自分 の こと が 見え て ない ん だ と か

そんな ところ へ 先週 の あの 事故 が 起こった わけ な ん です

普通 に 考え れ ば 単なる 偶然 よ ね

その 二 つ を 結びつける もの は 何も 無い し

でしょう

もう 一 つ 気 に なる 事 が あって

これ は 二十六 年 前 の 話 らしく て

知って まし た この 話

初耳 ね

私 南中 だった から

この 話 が どう 関係 する の か まだ 分から ない ん です けど

何 か 繋がり が ある よう に 思え て

なるほど ね

なんだか 話 が ホラー め い て き た なあ

じゃ ちょっと 弟 に 探り を 入れ て みよ う か

明日 は 学校

そう です

何 か 分かったら 電話 する ね

次 の 病院 は

今週 の 土曜 に

六 月 六 日 か

この 町 に ダミアン が いる と は 思え ない けど

でも まあ お互い 気 を つけ ま しょ

普通 起こり え ない よう な 事故 に は 特に ね

この 町 に ダミアン が いる と は 思え ない けど

まさか

あ お 仲間 発見

やっ ほ 恒一 ちゃん ばっ くれ

いや 病院 の 帰り な ん だ けど

あ そう か そう だ よ ね

綾 野 さん は 風邪 でも 引 い た の

あ そう そう

綾 野 さん 演技 上手い ね

なんか 悔しい けど ちょっと 嬉しい

嬉しい の

うん 部活 の 成果 が 出 てる って こと だ もん ね

何 部 な の

生きる べき か 死ぬ べき か

それ が 問題 だ

あ 演劇 部

うん 泉美 も ね

泉美 って 誰 だ っけ

赤沢 泉美

あの 子 は ちょっと やり すぎ な ところ も ある けど

演技 も そう な ん だ けど ね

けど 悪い 子 じゃ ない から

だから 恒一 ちゃん も なる べく 協力 し て あげて ほしい な

え う ん

嫌 だ 嫌 だ 嫌 だ 嫌 だ

死ぬ の は 嫌 だ

嫌 だ

いらっしゃい

おや 若い 男の子 と は 珍しい ね

お 客 さん かい それとも

こんにちは

中学生 かい

だったら 半額 で いい よ

はい

まあ ゆっくり 見 て おい き なさい な

ほか に お 客 さん は い ない し

偶然 ね こんな ところ で また

今日 は どうして ここ に

病院 の 帰り道 偶々 前 を 通って

君 は 学校 行って ない の

まっ 適当 に ね

具合 は 大丈夫 な の

再 入院 は 避け られ た かな

あの 後

事故 の 後 クラス の 様子 は どう

皆 怯え てる

何 に

始まった と 思って

始まった

心 の 底 で は 半信半疑 で い た の かも しれ ない

あんな こと が あって

榊原 くん に は あんな ふう に 言った けど

100 % 信じ て なかった ん だ と 思う

でも ね やっぱり ある みたい

たぶん 100 % 確実 に

うん

それ が 始まって しまった から

だから

榊原 くん は 今 も 知ら ない まま か

だったら いっそ このまま 知ら ない で いる べき な の かも

知って しまったら

いったい 三 組 に は 何 が

学校 に は 行け そう な の

うん 明日 から

なら 私 は 姿 を 見せ ない ほう が いい か

どうして

気 を つけ て

ね 見 崎

どうして どうして

あの な 教え て ほしい の は こっち の ほう な の

どうして レー ちゃん おはよう おはよう

恒一 くん

大丈夫 です か

ちょっと 頭痛 が ね 最近 なんだか 多い の よ ね

い や ん なっちゃ う

疲れ てる ん じゃ ない です か 色々 と

まあ ね

ね 怜子 さん

前 に 「 知る タイミング 」 み たい な こ と 言って まし た よ ね

それ って どう やって 測れ ば いい ん です か

言った っけ そんな こと

ええ と じゃ 怜子 さん が 三 年 の 時 何 組 だった ん です か

私 が 中 三 の 時

三 組 だった

三 組

それ じゃ 怜子 さん の 年 に は もう

「 呪わ れ た 三 年 三 組 」 み たい に 言わ れ て まし た

忘れ ちゃ った わ 十五 年 も 前 の こと だ から

明日 から また 学校 よ ね

夜 見 北 で の 心構え 覚え てる

ええ

心構え その 三 も

もちろん その 四 も

その 三 は 「 クラス の 決め 事 は 絶対 に 守る よう に 」 で し た っけ

そ っ それ

あ えっ と 何 だ っけ

心構え その 三 です よ

そ っか えっ と ね 「 クラス の 決め 事 は ちゃんと 守る よう に 」 って いう

つまり

大丈夫 です か

やっぱり 疲れ てる みたい

ごめん ね 恒一 くん だめ だ な

どうして

やめ て よ

私 苦手 な の あの 鳥

桜木 さん 西 階段 使った ん だ ね

何で わざわざ 遠い ほう に 行 くっ つ な

何 か 理由 が あった ん じゃ ない か な

多佳子 が 見 た って

杉浦 さん が 何 を

恒一 ちゃん が

今年 は 「 ない 年 」 だ と 思って た のに

可能 性 と して は 二 つ

今年 は 「 ない 年 」 で

ゆかり の 事故 は 本当 に 偶然

もう 一 つ は 五 月 から 始まった

対策 係 と して は 希望 的 な 見解 に かける こと は でき ない わ ね

ゆかり だけ なら ともかく お 母さん も だし ね

彼 が 決め 事 を 破って しまったら

しかし 何で わざわざ 転校 生 を 三 組 に 入れる かな

学校 の 都合 ね

今 の 校長 何て 事情 ほとんど 分かって ない らしい し

先生 が 説明 し て くれる はず じゃ

先生 は 先生 で 生徒 同士 の ほう が いい と 考え た の かも

先生 も 触り たく ない って か

私 が 初日 に 休 ん で しまった から

事前 に ちゃんと 話し て おけ ば こんな こと に は

過ぎ て しまった こと は しょ が ない よ

問題 は この 後 どう する か

あいつ に どう 分から せる かって の も 問題 だ な

難しい よ ね 今 から 説明 する の は

下手 の 説明 は 危険 よ

自 縄 自 縛 って 感じ だ よ ね

これ って 状況 的 に は 二 年 前 と 同じ よ ね

新しい 対策 が 必要 って こと

だった ん だって よ

ま じ で

お っ おお

今 どこ

う っ

「 う 」 じゃ ない って 今 どこ に いる ん だ

先週 から 何度 か 電話 し た ん だ けど 出 なかった ね

すま ん タイミング が 悪 くって さ

それ に お前 具合 が 悪かった だ ろ う

六 月 に なったら 教え て くれる って 約束 し た よ ね

「 始まり の 年 」 み たい な こ と も 言って た よ ね

その後 何 が あった の

ちょっと 待って よ なあ サカキ

確かに 約束 は し た さ

し た ん だ が な

状況 が 変わった の

そう 状況 が 変わった ん だ よ

本来 この 案件 は 対策 係 が 扱う べき もの な の

それ を この 男 が 勝手 な こと を する から

ややこしい こと に なって しまった

だから

約束 は なかった こと に する

ええ これ は 私 から の お 願い

いいえ 三 組 の 総意 と して の お 願い

じゃあ さあ 「 い ない もの の 相手 は よせ 」

「 ヤバイ ん だ よ それ 」 って 言った よ ね

あれ は どういう 意味

どういう こと

はい

いや

榊原 くん 昼 休み だ よ ね 電話 いい かな

ちゃんと 説明 し て

そんな 言葉 が どういう 意味 を 持つ か 分かって る の

どう し た ん です か

榊原 くん に 確認 し て おき たく って それ で ね

確認 って

いい 昨日 話し て くれ た 鳴 ちゃん

見 崎 鳴って いう 女の子 ね

本当 に いる の その 子

はい い ます よ

近く に いる

確かに いる

今 は

今日 は 朝 から 学校 に は 来 て なく て

い ない の ね

どう し た って 言う ん です か

ゆうべ 弟 を 問いただし て み た の

二十六 年 前 の 話 と か 先週 の 事故 の こと は 黙り で ね

ところ が ね 鳴 ちゃん の こと を 聞い たら

急に 血相 を 変え て

「 なん だ よ それ 」 って

「 そんな やつ うち の クラス に い ない 」 って

凄い 真剣 に 言う の

嘘 です よ

でも あいつ 本当 に 真剣 だった し

そんな 嘘 を つく 必要 何て

見 崎 鳴 は い ます

水野 さん 聞こえ て ます か

屋上 から エレベーター 乗った の そろそろ 戻ら ない と

それ で 電波 が

でも これ

水野 さん 聞こえ ます か どう し た ん です

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.