image

アナザー, Another Episode 12

ダメ だ 逃げろ

イヤ あ

イヤ だ

死に たく ねえ

尋常 で は ない ね

何で

まさか 皆 疑心 暗鬼 に

先生

誰 も 逃げ て 来 て ない の か

イッテ

出血 は 止まって いる 大した こと は ない

君 たち は ここ から 動か ない よう に

いい ね

松井 さん

た す っ

榊原 くん

この 子 の こと 覚え てる

覚え てる よ

やっぱり 違った か

やっぱり って 何 言って ん だ よ

杉浦 さん は 見 崎 さん だって 言って た けど

僕 は ね

君 が 「 死者 」 だ と 思う ん だ

今年 は 五 月 から 始まった わけ だ ろ

なら 五 月 に 増え た やつ が 「 死者 」 に 決まって る じゃ ない か

違う

今年 は 四 月 から 始まって る ん だ

そんな 出任せ 誰 が 信じる か

風見 くん どうして

勅使河原 に 殺さ れ かけ て 分かった ん だ

「 死者 」 を 死に 帰さ ない と

自分 は 死ぬ

だから って

煩い

お前 さえ 転校 し て 来 なきゃ

ゆかり は 死な なかった

桜木 さん

お前 は 「 い ない もの 」 に 近づか なきゃ

「 死者 」 を 死に 返 っ

バカ ね

恒一 くん は 「 死者 」 じゃ ない のに

風見 くん あなた 二 人 も 殺し ちゃ った し ね

生き て て も しょうがない よ ね

介 錯 し て あげる

ゆかり の ところ に 行き なさい

旧友 同士 で 殺し 合う など と バカ な 真似 を する もの で は ない

綺麗事 ね

死ぬ の が 怖く て 傍観 者 に 逃げ込 ん だ あなた に は

何も 言う 資格 は ない

確かに 私 は 逃げ た

だが 目の前 で 理不尽 に 死 ん で いく 生徒 を 救う こと ぐらい は できる

傍観 者 の あなた に は 何も でき ない

何も な せ ない

状況 を 動かせ る の は 死 地 に 留まる 当事 者 だけ よ

榊原 くん も 外 へ

風見

おい 風見

おい

おい

ふざけ ん な よ おい

畜生

畜生 畜生

見 崎 は まだ 中 に いる

見 崎

い たら 返事 し て くれ

止めろ

お 願い だ 止め て くれ

この 子 を 殺さ ない と 皆 死 ん じゃ う

恒一 くん だって 死ぬ かも しれ ない

違う ん よ

見 崎 は 「 死者 」 じゃ ない

この 子 を 殺し て 災厄 が 止まら なけ れ ば

認め て あげる

これ で 止まる

違う ん だ よ

どうして よ

こんなに

こんなに 守 ろ う と し てる のに

どうして よ

そんなに 死に たい なら

一緒 に 殺し て あげる

お 兄さん の バカ

イテッ

すみません 大丈夫 です か

大丈夫

あなた 夜 見 北 の 人 じゃ な いよ ね

うん 東京 から 来 た ん だ

そう

どこ か 痛い の

違う の

大事 な 人 が 死 ん じゃ った から

そう な ん だ

じゃあ 僕 と 同じ だ ね

一 年 半 前

あなた に 空き缶 ぶつけ た の

覚え てる

えっ

まったく

や ん なっちゃ う

嘘 で も いい から

覚え てるよ ぐらい 言い なさい よ

赤沢 さん

見 崎

見 崎

よし 生き てる

頼む 繋がって くれ

榊原 くん

見 崎 無事 な ん だ ね

うん

今 どこ

裏庭

ケガ し て ない

私 は 大丈夫

だけど ちょっと 動け ない の

行く から すぐ 行く から

そこ に

来 ない ほう が いい

どうして

来 ない ほう が いい よ 榊原 くん は

だから どうして

私 が

私 が 止め なきゃ

まさか 見 崎

まさか 誰 を

後悔 する か も

だから

見 崎

見 崎

来 ちゃ ダメ

助け ない と

助け ちゃ ダメ

色 が 「 死 」 の 色 が 見える から

それ は 今 分かった の

前 から 分かって た けど 言え なかった

でも でも ね

もう 止め なきゃ

待って

そんな

まさか まさか

嘘 だ

この 人 が 「 もう 一 人 」

本当 に

本当 に この

三神 先生

怜子 さん が 「 もう 一 人 」 な の

恒一 くん

じゃ 夜 見 北 で の 心構え その 四 は

公私 の 別 は はっきり つける こと

校 内 で は 間違って も 怜子 さん 何て 呼ば ない よう に

学校 で は あくまで も 私 は 副 担任 の 三神 先生 な ん だ から ね

いい

この 学校 で ほか の クラス に 副 担任 の 先生 何て いる

それ は

い ない の

副 担任 が いる の は 学校 中 で 三 年 三 組 だけ

今年 は 教室 の 机 の 数 は 足り て い た の

なのに 災厄 は 四 月 から 始まって しまった

どうして だ と 思う

机 が 一 つ 足り なかった の は ね

職員 室 な の

嘘 よ

榊原 くん そこ 退 い て

僕 が やる から

「 死者 」 を 死に 返す

恒一 くん

ごめんなさい 怜子 さん

やめ て

やめ て よ

いい の か

これ で いい の か

本当 に これ で いい の か

間違って ない の か

もし 間違え て い たら

僕 は 怜子 さん を

見 崎 が 言った こと

目 の こと も 本当 な の か

信じ て いい の か

思い出し た の

私 見 た の

見 て た の

三神 先生 が 殺さ れる ところ を

一 年 半 前 に 見 た の

元気 元気 出し て ね

どうして どうして レー ちゃん

一 年 半 ぐらい 前 か ね

ペット ショップ で ね

どんな 感じ だ 一 年 半 ぶり の 夜 見 山 は

一 年 半 前

あなた に 空き缶 ぶつけ た の

覚え てる

人 は 死ぬ と 葬式 だ な

葬式 は もう 堪忍

堪忍 し て ほしい な

可哀想 に な

理 津 子 も 怜子 も な

信じ て

怜子 さん

さよなら 怜子 さん

さよなら お 母さん

来 て た ん だ

胸 は もう 大丈夫 な の

まあまあ

でも 体育 は 無理 かな

皆 覚え て ない よ

三神 先生 の こと

僕ら だけ か

ちょっと 心配 だった かな

榊原 くん が 九 人 目 の 犠牲 者 に なら ない か

八 人 も 死 ん だ ん だ

厳密 に 言う と 八 月 の 犠牲 者 は 十 名 だ

あと 二 人 って 誰 な ん です

管理人 夫妻 だ よ

高林 くん の 母方 の 祖父母 だ

高林 くん が 死 ん で から

精神 状態 が 芳しく なかった そう だ

三神 先生 は 一 年 半 前 の 秋 亡くなった ん だ よ

夜 見 山 川 沿い て 通り 魔 に 刺さ れ て しまって ね

私 は 思い出せ ない ん だ が

今年 の 「 死者 」 は 三神 先生 だった と

ならば 一昨年 の 災厄 で 死 ん だ 人間 は 七 名 と いう こと に なって い た の か

ええ 罰 印 は 七 個 で し た

一昨年 の ファイル 赤沢 って 名前 が あり まし た よ ね

あれ って

そう 赤沢 くん の いとこ だ

兄妹 同然 に 育った らしい

車 で 送って 行 こ う か

いいえ 大丈夫 です

そう か 帰り道 に は 気 を つけ たまえ よ

いや もう 災厄 は 終わった ん だった な

怜子 さん 三神 先生 が 「 もう 一 人 」 だって こと

いつ から それ を

いつ かな

忘れ た

何で 言って くれ なかった の

言って も どう しよ も ない から

それ に 榊原 くん に は 言え ない

特別 な 人 だった ん でしょ う 三神 先生

怜子 さん って

あそこ の 遊園地 行って みよ う か

あの 観覧 車

あれ に は 乗ら ない

そう

この 前 病院 から 電話 し たら さ

携帯 に かけ て み た ん だ けど

全然 通じ なく て

あれ は ね

あの 後 川 に 捨て ちゃ った

えっ 何で

嫌 な 機械 だ から

いつも 繋がって る 必要 ない でしょ う

でも すぐに 新しい の 持た さ れ ちゃ う ん だ ろ う な

新しい の 持た さ れ たら 偶に かけ て いい

偶に は ね

そう だ これ 望月 に もらった ん だ けど

怜子 さん 写って る よ ね

うん

誰 に も 見え て い ない みたい だった

望月 で すら 怜子 さん に 気づ い て い なかった

そう

色 は

怜子 さん の 色 は どう 見える

見える よ 「 死 」 の 色 が

僕たち も これ から 段々 と 忘れ て いく の か な

あの 合宿 の こと

四 月 から の こと

三神 怜子 に 纏わる 色々 な こと

その 全部

そんなに 忘れ たく ない

ずっと 覚え て い たい

終わった ん だ よ ね

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも

これ が 「 災厄 」 を 止める 方法 だ

これ を どう 解釈 する か は 君 たち 次第 だ

ただ よく 考え て 行動 し て ほしい

ちゃんと 考え て

周り の 友達 と 相談 し て

後悔 し ない よう に



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

ダメ だ 逃げろ

イヤ あ

イヤ だ

死に たく ねえ

尋常 で は ない ね

何で

まさか 皆 疑心 暗鬼 に

先生

誰 も 逃げ て 来 て ない の か

イッテ

出血 は 止まって いる 大した こと は ない

君 たち は ここ から 動か ない よう に

いい ね

松井 さん

た す っ

榊原 くん

この 子 の こと 覚え てる

覚え てる よ

やっぱり 違った か

やっぱり って 何 言って ん だ よ

杉浦 さん は 見 崎 さん だって 言って た けど

僕 は ね

君 が 「 死者 」 だ と 思う ん だ

今年 は 五 月 から 始まった わけ だ ろ

なら 五 月 に 増え た やつ が 「 死者 」 に 決まって る じゃ ない か

違う

今年 は 四 月 から 始まって る ん だ

そんな 出任せ 誰 が 信じる か

風見 くん どうして

勅使河原 に 殺さ れ かけ て 分かった ん だ

「 死者 」 を 死に 帰さ ない と

自分 は 死ぬ

だから って

煩い

お前 さえ 転校 し て 来 なきゃ

ゆかり は 死な なかった

桜木 さん

お前 は 「 い ない もの 」 に 近づか なきゃ

「 死者 」 を 死に 返 っ

バカ ね

恒一 くん は 「 死者 」 じゃ ない のに

風見 くん あなた 二 人 も 殺し ちゃ った し ね

生き て て も しょうがない よ ね

介 錯 し て あげる

ゆかり の ところ に 行き なさい

旧友 同士 で 殺し 合う など と バカ な 真似 を する もの で は ない

綺麗事 ね

死ぬ の が 怖く て 傍観 者 に 逃げ込 ん だ あなた に は

何も 言う 資格 は ない

確かに 私 は 逃げ た

だが 目の前 で 理不尽 に 死 ん で いく 生徒 を 救う こと ぐらい は できる

傍観 者 の あなた に は 何も でき ない

何も な せ ない

状況 を 動かせ る の は 死 地 に 留まる 当事 者 だけ よ

榊原 くん も 外 へ

風見

おい 風見

おい

おい

ふざけ ん な よ おい

畜生

畜生 畜生

見 崎 は まだ 中 に いる

見 崎

い たら 返事 し て くれ

止めろ

お 願い だ 止め て くれ

この 子 を 殺さ ない と 皆 死 ん じゃ う

恒一 くん だって 死ぬ かも しれ ない

違う ん よ

見 崎 は 「 死者 」 じゃ ない

この 子 を 殺し て 災厄 が 止まら なけ れ ば

認め て あげる

これ で 止まる

違う ん だ よ

どうして よ

こんなに

こんなに 守 ろ う と し てる のに

どうして よ

そんなに 死に たい なら

一緒 に 殺し て あげる

お 兄さん の バカ

イテッ

すみません 大丈夫 です か

大丈夫

あなた 夜 見 北 の 人 じゃ な いよ ね

うん 東京 から 来 た ん だ

そう

どこ か 痛い の

違う の

大事 な 人 が 死 ん じゃ った から

そう な ん だ

じゃあ 僕 と 同じ だ ね

一 年 半 前

あなた に 空き缶 ぶつけ た の

覚え てる

えっ

まったく

や ん なっちゃ う

嘘 で も いい から

覚え てるよ ぐらい 言い なさい よ

赤沢 さん

見 崎

見 崎

よし 生き てる

頼む 繋がって くれ

榊原 くん

見 崎 無事 な ん だ ね

うん

今 どこ

裏庭

ケガ し て ない

私 は 大丈夫

だけど ちょっと 動け ない の

行く から すぐ 行く から

そこ に

来 ない ほう が いい

どうして

来 ない ほう が いい よ 榊原 くん は

だから どうして

私 が

私 が 止め なきゃ

まさか 見 崎

まさか 誰 を

後悔 する か も

だから

見 崎

見 崎

来 ちゃ ダメ

助け ない と

助け ちゃ ダメ

色 が 「 死 」 の 色 が 見える から

それ は 今 分かった の

前 から 分かって た けど 言え なかった

でも でも ね

もう 止め なきゃ

待って

そんな

まさか まさか

嘘 だ

この 人 が 「 もう 一 人 」

本当 に

本当 に この

三神 先生

怜子 さん が 「 もう 一 人 」 な の

恒一 くん

じゃ 夜 見 北 で の 心構え その 四 は

公私 の 別 は はっきり つける こと

校 内 で は 間違って も 怜子 さん 何て 呼ば ない よう に

学校 で は あくまで も 私 は 副 担任 の 三神 先生 な ん だ から ね

いい

この 学校 で ほか の クラス に 副 担任 の 先生 何て いる

それ は

い ない の

副 担任 が いる の は 学校 中 で 三 年 三 組 だけ

今年 は 教室 の 机 の 数 は 足り て い た の

なのに 災厄 は 四 月 から 始まって しまった

どうして だ と 思う

机 が 一 つ 足り なかった の は ね

職員 室 な の

嘘 よ

榊原 くん そこ 退 い て

僕 が やる から

「 死者 」 を 死に 返す

恒一 くん

ごめんなさい 怜子 さん

やめ て

やめ て よ

いい の か

これ で いい の か

本当 に これ で いい の か

間違って ない の か

もし 間違え て い たら

僕 は 怜子 さん を

見 崎 が 言った こと

目 の こと も 本当 な の か

信じ て いい の か

思い出し た の

私 見 た の

見 て た の

三神 先生 が 殺さ れる ところ を

一 年 半 前 に 見 た の

元気 元気 出し て ね

どうして どうして レー ちゃん

一 年 半 ぐらい 前 か ね

ペット ショップ で ね

どんな 感じ だ 一 年 半 ぶり の 夜 見 山 は

一 年 半 前

あなた に 空き缶 ぶつけ た の

覚え てる

人 は 死ぬ と 葬式 だ な

葬式 は もう 堪忍

堪忍 し て ほしい な

可哀想 に な

理 津 子 も 怜子 も な

信じ て

怜子 さん

さよなら 怜子 さん

さよなら お 母さん

来 て た ん だ

胸 は もう 大丈夫 な の

まあまあ

でも 体育 は 無理 かな

皆 覚え て ない よ

三神 先生 の こと

僕ら だけ か

ちょっと 心配 だった かな

榊原 くん が 九 人 目 の 犠牲 者 に なら ない か

八 人 も 死 ん だ ん だ

厳密 に 言う と 八 月 の 犠牲 者 は 十 名 だ

あと 二 人 って 誰 な ん です

管理人 夫妻 だ よ

高林 くん の 母方 の 祖父母 だ

高林 くん が 死 ん で から

精神 状態 が 芳しく なかった そう だ

三神 先生 は 一 年 半 前 の 秋 亡くなった ん だ よ

夜 見 山 川 沿い て 通り 魔 に 刺さ れ て しまって ね

私 は 思い出せ ない ん だ が

今年 の 「 死者 」 は 三神 先生 だった と

ならば 一昨年 の 災厄 で 死 ん だ 人間 は 七 名 と いう こと に なって い た の か

ええ 罰 印 は 七 個 で し た

一昨年 の ファイル 赤沢 って 名前 が あり まし た よ ね

あれ って

そう 赤沢 くん の いとこ だ

兄妹 同然 に 育った らしい

車 で 送って 行 こ う か

いいえ 大丈夫 です

そう か 帰り道 に は 気 を つけ たまえ よ

いや もう 災厄 は 終わった ん だった な

怜子 さん 三神 先生 が 「 もう 一 人 」 だって こと

いつ から それ を

いつ かな

忘れ た

何で 言って くれ なかった の

言って も どう しよ も ない から

それ に 榊原 くん に は 言え ない

特別 な 人 だった ん でしょ う 三神 先生

怜子 さん って

あそこ の 遊園地 行って みよ う か

あの 観覧 車

あれ に は 乗ら ない

そう

この 前 病院 から 電話 し たら さ

携帯 に かけ て み た ん だ けど

全然 通じ なく て

あれ は ね

あの 後 川 に 捨て ちゃ った

えっ 何で

嫌 な 機械 だ から

いつも 繋がって る 必要 ない でしょ う

でも すぐに 新しい の 持た さ れ ちゃ う ん だ ろ う な

新しい の 持た さ れ たら 偶に かけ て いい

偶に は ね

そう だ これ 望月 に もらった ん だ けど

怜子 さん 写って る よ ね

うん

誰 に も 見え て い ない みたい だった

望月 で すら 怜子 さん に 気づ い て い なかった

そう

色 は

怜子 さん の 色 は どう 見える

見える よ 「 死 」 の 色 が

僕たち も これ から 段々 と 忘れ て いく の か な

あの 合宿 の こと

四 月 から の こと

三神 怜子 に 纏わる 色々 な こと

その 全部

そんなに 忘れ たく ない

ずっと 覚え て い たい

終わった ん だ よ ね

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも

これ が 「 災厄 」 を 止める 方法 だ

これ を どう 解釈 する か は 君 たち 次第 だ

ただ よく 考え て 行動 し て ほしい

ちゃんと 考え て

周り の 友達 と 相談 し て

後悔 し ない よう に


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.