image

アナザー, Another Episode 11

俺 は あの 時 確かに … を 殺し た

この 事 実に 変わり は ない

だから ここ で 告白 し て おこ う と 決め た

これ が 俺 の 罪 の 告白 だ

合宿 から 二 週間

誰一人 と して … が クラス に い た こと を 覚え て い ない

忘れ ち まって る ん だ

… の 死 と 深く 関わった 俺 だけ は

まだ あいつ の こと を 覚え てる

でも それ も 時間 の 問題 じゃ な いか って 気 が する

だから 記憶 が まだ 確か な うち に

この 事実 を

どう やったら 災厄 を 止め られる か を 伝えよ う と 思って

いい か

「 死者 」 を 死に 帰 せ

「 死者 」 を 死に 帰す ん だ

それ が 始まって しまった 災厄 を 止める 方法 だ

夜 ヲ 覆 ウ 目蓋 開 ケ

凶 キ 影 ヲ 恐 レルナカレ

仄 くら き 柩 から

産み 堕 と さ れ た 人形 の よう に

躰 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

つなぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ごらん よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 脚 も もが れ た まま

虚 空 の なか 朽ち果てる より

もう ひと り 僕 が い て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さ ぁ どっち が 幻 だ ろ う ね

小学生 の 時

あの 子 に そっくり な 子 が い た の

あの 子 って 見 崎 さん

そう

見 崎 さん 一人っ子 の はず だ けど

同じ クラス に なった こと ない けど

「 ミサキ 」 って 呼ば れ て た

おかしい じゃ ない

見 崎 さん の 住所 だ と

あなた と 同じ 学校 に は 行か ない はず よ

でしょ

だから 変 だ なって

眼帯 は 左 目 の

し て なかった

彼女 左 目 無くし た の 四 歳 の 時 だって

えっ じゃあ あの 子

この 合宿 に そい つ は 来 てる の

「 もう 一 人 」 は

来 てる

それ は

サカキ

や っち まっ た か も

勅使河原

どう し た ん だ

お 二 人 さん に 質問 いい か

何 だ よ いきなり

風見 智彦 って やつ 知って る か

だから さ 聞い て ん だ よ

知って る か 風見 の こと

どんな やつ だ

知って る も 何 も

クラス 委員 長 で 勅使河原 の 腐れ縁 だ ろ う

見 崎 は

知ら な い わけない でしょ

ヤバ い よ ヤバ い こと に

ヤバ い って 何 が

間違った の かも 俺

間違った 何 を

俺 俺 さ

てっきり あいつ が 「 もう 一 人 」 だ と 思って さ

今 先

あいつ って それ

風見 だ よ

まさか

や っち まっ た ん だ よ

嘘 だ ろ

こんな 嘘 つい て どう す ん だ よ

あいつ に 探り を 入れ て み た ん だ

最近 ちょっと 様子 が 変 で さ

そ したら さ が き の 頃 一緒 に やら かし た 事 を

忘れ た って

小学校 の 頃 の 話 も よく 覚え て ない って

それ で

覚悟 決め て 問いつめ た ん だ よ

「 お前 は ほんと は 風見 じゃ ない だ ろ 」

「 お前 が クラス に 紛れ込 ん だ もう 一 人 な ん だ ろ 」 って

そし たら あいつ すげ え おろおろ し て パニク って

とうとう 怒り出し て

怪しい

やっぱり こいつ だって 俺 思って さ

例の テープ で 言って た とおり

こいつ が 死 ん だ ら

「 死 」 に 帰 っち まっ たら

それ で 皆 助かる ん だ って

まさか

殺し た

本当

はっきり 殺 そ う と 思って た わけ じゃ

掴み 合い に なって 外 の べ ランダ に 出 て

気 が つい たら そこ から

あいつ 地面 に 倒れ て 動か なく て

頭 から 血 も 出 て て

それ で 俺 怖く なって

廊下 に 飛び出し て

ここ に 先 サカキ が この 部屋 に 入る の 見え た から

確認 だった の か

風見 くん が 「 もう 一 人 」 だった の か って

ああ 「 もう 一 人 」 が 死 ん じ まったら

その 直後 から もう そい つ は い なかった こと に なる って

けど お前 ら は 風見 を 知って る って

やっぱり 間違った の か 俺

な サカキ どう な ん だ よ

間違え た か 死 ん で ない の かも

二 階 の 高 さ なら 死ぬ と は 限ら ない だ ろ

ここ から は 見え ない な

あの 植え込み の 向こう

とにかく まず 風見 くん が 生き てる か どう か 確かめよ う

前島 くん どう し た の

ダメ だ もう

まさか 刺さ れ た

食堂 を 覗 い たら

か 管理人 が

管理人 さん

前島 くん 逃げ ない と

ない 騒 い でる の 恒一 くん

サカキ どう し た ん だ よ

誰 な の

前島 くん だ よ

ケガ を し てる ん だ

何 で よ

刺され てる ん だ

それ に 食堂 から 火 が

火事

中 で 管理人 さん が 死 ん でる だ

殺さ れ てる ん だ

きっと その 犯人 が 火 を

マジ か よ

ダメ か

風見 くん は

い ねえ ん だ よ

今 の 多佳子

杉浦 さん

あんた は 前島 くん を 安全 な ところ まで 運 ん で

119 番

はい

この 部屋

私 と 多佳子 の 部屋

多佳子 いる

まさか 多佳子

多佳子 どこ な の

多佳子

榊原 くん

何 が

杉浦 さん と 風見 くん 見 なかった

風見 くん なら

ちょっと 前 泥 だらけ で 血相 変え て 部屋 に やって き て

「 勅使河原 が おかしい 」 って

何 が あった ん だ って

すごい けんまく で

それ で あの テープ の こと を

話し た

うん

い ない か

ない

テープ レコーダー が ない よ

えっ 何で

サカキ

風見 は

前島 くん は

悲鳴 聞い て 飛び出し て 来 た やつ に 任せ た

ねえ

一体 何 が 起こって る の

手分け し て 風見 くん を 探 そ う

後部 屋 を 回って 皆 に 逃げる よう に

火事 だ ぞ 逃げろ

えっ 火事

えっ 人殺し

この 建物 に いる ん だ よ

おまけに 食堂 に 火 が ついて る らしい し

風見 も どこ 行った か 分か ん ねえ しよ

もう めちゃくちゃ だ

三神 先生 に 伝え ない と

先生 三神 先生

入り ます よ

い ねえ じゃ ん

あれ 血 だ よ ね

だ な

もし かして 三神 先生 に 何 か

あ あの よ 外出 て 警察 呼 ん だ ほう が よく ねえ か

ダメ だ よ

三神 先生 の 無事 を 確かめ ない と

先生

今 の

勅使河原

と 望月 くん ね

下 から だった よ ね

行って みよ う

い た

多佳子

大丈夫 な の

よかった

泉美 まで 死 ん じゃ ったら

私 生き て いけ ない

泉美 は 私 が い ない と

多佳子

「 死者 」 を 死に

イテッ

勅使河原 くん 逃げよ う

死に 返す

やめろ

邪魔 する な

「 死者 」 を 死に 返す って

何で 杉浦 さん が

あの 子 聞い た から テープ

昔 の 三 組 で 見つけ た ん でしょ う

小椋 から 聞い た

災厄 を 止める 手がかり を 探し に 来 た ん だ

えっ マジ

そう か

テープ は ここ で

そう 望月 くん に ね

対策 係 と して 聞か ない わけ に は いか なかった

でも どうして 見 崎 が 「 死者 」 だ なんて

多佳子 海 から 帰って き て

精神 的 に かなり 変調 起き 出し て て

私 多佳子 を 探し て くる

赤沢 さん 一 人 じゃ 危ない

対策 係 から

三 組 の 皆さん に 大事 な お 知らせ です

これ から お 聞か せ する テープ は

十五 年 前 途中 で 災厄 が 止まった 年 に 残さ れ た テープ です

どう やったら 災厄 を 止め られる か を 伝えよ う と 思って

いい か

「 死者 」 を 死に 返せ

「 死者 」 を 死に 返す ん だ

それ が 始まって しまった 災厄 を 止める 方法 だ

事実

十五 年 前 災厄 は 途中 で 止まり まし た

そして 今年 の 「 死者 」 は

見 崎 鳴 です

なぜなら

私 は 小学生 の 頃

左 目 を なくし て い ない 見 崎 さん と 同じ 学校 だった の です

なのに 今 の 彼女 は 左 目 を なくし て いる

どういう こと でしょ う

それ は 不完全 な 復活 を し た から です

今 の 見 崎 鳴 は 偽物 です

ですから

殺す

違う

「 死者 」 を 死に

死に 返せ

「 死者 」 を

やめ なさい

三神 先生

クラスメート を 殺す なんて ダメ よ

「 死者 」 を 死に 返せ ば

誰 も 死な なく なる ん です よ

見 崎 を 殺せ ば 災厄 は 止まる ん です

違う

違う わ ダメ よ

じゃあ 「 死者 」 は 誰 な ん です か

それ は

でも

ぼ ぼ

僕 は 死に たく ない ん だ

ダメ

こいつ

て め え

い た

「 死者 」 だ

兄貴 の 仇

違う

ころ っ

ごめん

開けろ

くそ

退け

滑る から 気 を 付け て

い た

「 死者 」 を 死に

小椋

廊下 出 た ぞ

助か っ

下 から 回り込め

ホント に 見 崎 さん な の か な

あの 女 は 怪し いっ つ う な

そう だ けど さあ

何 か 焦げ 臭い な

火事 だって 言って た よ ね

火 は 見え て ねえ けど な

食堂 か

ここ は 大丈夫 そう だ ね

収まった ね

一体 どう し た の

たぶん 食堂 で 爆発 が 起き た ん だ

そう

食堂 の 前 で 倒れ て た 前島 くん って

もし かして 杉浦 さん が

私 じゃ ない よ

たぶん あの ババア

ババア って

あなた

邪魔

でも 「 死者 」 じゃ ない から 殺し は し ない

泉美 の お気に入り だ し ね

「 死者 」 を 死に

何で

何で こんな こと に

恒一 くん

赤沢 さん

えっ 誰 それ

多佳子

見 崎 鳴

あんた やっぱり

違う ん だ

赤沢 さん

杉浦 さん は

殺し て やる

「 死者 」 は い なく なれ ば

こんな 悲しい こと も

止まる はず よ ね

見 崎

見 崎

見 崎

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

俺 は あの 時 確かに … を 殺し た

この 事 実に 変わり は ない

だから ここ で 告白 し て おこ う と 決め た

これ が 俺 の 罪 の 告白 だ

合宿 から 二 週間

誰一人 と して … が クラス に い た こと を 覚え て い ない

忘れ ち まって る ん だ

… の 死 と 深く 関わった 俺 だけ は

まだ あいつ の こと を 覚え てる

でも それ も 時間 の 問題 じゃ な いか って 気 が する

だから 記憶 が まだ 確か な うち に

この 事実 を

どう やったら 災厄 を 止め られる か を 伝えよ う と 思って

いい か

「 死者 」 を 死に 帰 せ

「 死者 」 を 死に 帰す ん だ

それ が 始まって しまった 災厄 を 止める 方法 だ

夜 ヲ 覆 ウ 目蓋 開 ケ

凶 キ 影 ヲ 恐 レルナカレ

仄 くら き 柩 から

産み 堕 と さ れ た 人形 の よう に

躰 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

つなぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ごらん よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 脚 も もが れ た まま

虚 空 の なか 朽ち果てる より

もう ひと り 僕 が い て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さ ぁ どっち が 幻 だ ろ う ね

小学生 の 時

あの 子 に そっくり な 子 が い た の

あの 子 って 見 崎 さん

そう

見 崎 さん 一人っ子 の はず だ けど

同じ クラス に なった こと ない けど

「 ミサキ 」 って 呼ば れ て た

おかしい じゃ ない

見 崎 さん の 住所 だ と

あなた と 同じ 学校 に は 行か ない はず よ

でしょ

だから 変 だ なって

眼帯 は 左 目 の

し て なかった

彼女 左 目 無くし た の 四 歳 の 時 だって

えっ じゃあ あの 子

この 合宿 に そい つ は 来 てる の

「 もう 一 人 」 は

来 てる

それ は

サカキ

や っち まっ た か も

勅使河原

どう し た ん だ

お 二 人 さん に 質問 いい か

何 だ よ いきなり

風見 智彦 って やつ 知って る か

だから さ 聞い て ん だ よ

知って る か 風見 の こと

どんな やつ だ

知って る も 何 も

クラス 委員 長 で 勅使河原 の 腐れ縁 だ ろ う

見 崎 は

知ら な い わけない でしょ

ヤバ い よ ヤバ い こと に

ヤバ い って 何 が

間違った の かも 俺

間違った 何 を

俺 俺 さ

てっきり あいつ が 「 もう 一 人 」 だ と 思って さ

今 先

あいつ って それ

風見 だ よ

まさか

や っち まっ た ん だ よ

嘘 だ ろ

こんな 嘘 つい て どう す ん だ よ

あいつ に 探り を 入れ て み た ん だ

最近 ちょっと 様子 が 変 で さ

そ したら さ が き の 頃 一緒 に やら かし た 事 を

忘れ た って

小学校 の 頃 の 話 も よく 覚え て ない って

それ で

覚悟 決め て 問いつめ た ん だ よ

「 お前 は ほんと は 風見 じゃ ない だ ろ 」

「 お前 が クラス に 紛れ込 ん だ もう 一 人 な ん だ ろ 」 って

そし たら あいつ すげ え おろおろ し て パニク って

とうとう 怒り出し て

怪しい

やっぱり こいつ だって 俺 思って さ

例の テープ で 言って た とおり

こいつ が 死 ん だ ら

「 死 」 に 帰 っち まっ たら

それ で 皆 助かる ん だ って

まさか

殺し た

本当

はっきり 殺 そ う と 思って た わけ じゃ

掴み 合い に なって 外 の べ ランダ に 出 て

気 が つい たら そこ から

あいつ 地面 に 倒れ て 動か なく て

頭 から 血 も 出 て て

それ で 俺 怖く なって

廊下 に 飛び出し て

ここ に 先 サカキ が この 部屋 に 入る の 見え た から

確認 だった の か

風見 くん が 「 もう 一 人 」 だった の か って

ああ 「 もう 一 人 」 が 死 ん じ まったら

その 直後 から もう そい つ は い なかった こと に なる って

けど お前 ら は 風見 を 知って る って

やっぱり 間違った の か 俺

な サカキ どう な ん だ よ

間違え た か 死 ん で ない の かも

二 階 の 高 さ なら 死ぬ と は 限ら ない だ ろ

ここ から は 見え ない な

あの 植え込み の 向こう

とにかく まず 風見 くん が 生き てる か どう か 確かめよ う

前島 くん どう し た の

ダメ だ もう

まさか 刺さ れ た

食堂 を 覗 い たら

か 管理人 が

管理人 さん

前島 くん 逃げ ない と

ない 騒 い でる の 恒一 くん

サカキ どう し た ん だ よ

誰 な の

前島 くん だ よ

ケガ を し てる ん だ

何 で よ

刺され てる ん だ

それ に 食堂 から 火 が

火事

中 で 管理人 さん が 死 ん でる だ

殺さ れ てる ん だ

きっと その 犯人 が 火 を

マジ か よ

ダメ か

風見 くん は

い ねえ ん だ よ

今 の 多佳子

杉浦 さん

あんた は 前島 くん を 安全 な ところ まで 運 ん で

119 番

はい

この 部屋

私 と 多佳子 の 部屋

多佳子 いる

まさか 多佳子

多佳子 どこ な の

多佳子

榊原 くん

何 が

杉浦 さん と 風見 くん 見 なかった

風見 くん なら

ちょっと 前 泥 だらけ で 血相 変え て 部屋 に やって き て

「 勅使河原 が おかしい 」 って

何 が あった ん だ って

すごい けんまく で

それ で あの テープ の こと を

話し た

うん

い ない か

ない

テープ レコーダー が ない よ

えっ 何で

サカキ

風見 は

前島 くん は

悲鳴 聞い て 飛び出し て 来 た やつ に 任せ た

ねえ

一体 何 が 起こって る の

手分け し て 風見 くん を 探 そ う

後部 屋 を 回って 皆 に 逃げる よう に

火事 だ ぞ 逃げろ

えっ 火事

えっ 人殺し

この 建物 に いる ん だ よ

おまけに 食堂 に 火 が ついて る らしい し

風見 も どこ 行った か 分か ん ねえ しよ

もう めちゃくちゃ だ

三神 先生 に 伝え ない と

先生 三神 先生

入り ます よ

い ねえ じゃ ん

あれ 血 だ よ ね

だ な

もし かして 三神 先生 に 何 か

あ あの よ 外出 て 警察 呼 ん だ ほう が よく ねえ か

ダメ だ よ

三神 先生 の 無事 を 確かめ ない と

先生

今 の

勅使河原

と 望月 くん ね

下 から だった よ ね

行って みよ う

い た

多佳子

大丈夫 な の

よかった

泉美 まで 死 ん じゃ ったら

私 生き て いけ ない

泉美 は 私 が い ない と

多佳子

「 死者 」 を 死に

イテッ

勅使河原 くん 逃げよ う

死に 返す

やめろ

邪魔 する な

「 死者 」 を 死に 返す って

何で 杉浦 さん が

あの 子 聞い た から テープ

昔 の 三 組 で 見つけ た ん でしょ う

小椋 から 聞い た

災厄 を 止める 手がかり を 探し に 来 た ん だ

えっ マジ

そう か

テープ は ここ で

そう 望月 くん に ね

対策 係 と して 聞か ない わけ に は いか なかった

でも どうして 見 崎 が 「 死者 」 だ なんて

多佳子 海 から 帰って き て

精神 的 に かなり 変調 起き 出し て て

私 多佳子 を 探し て くる

赤沢 さん 一 人 じゃ 危ない

対策 係 から

三 組 の 皆さん に 大事 な お 知らせ です

これ から お 聞か せ する テープ は

十五 年 前 途中 で 災厄 が 止まった 年 に 残さ れ た テープ です

どう やったら 災厄 を 止め られる か を 伝えよ う と 思って

いい か

「 死者 」 を 死に 返せ

「 死者 」 を 死に 返す ん だ

それ が 始まって しまった 災厄 を 止める 方法 だ

事実

十五 年 前 災厄 は 途中 で 止まり まし た

そして 今年 の 「 死者 」 は

見 崎 鳴 です

なぜなら

私 は 小学生 の 頃

左 目 を なくし て い ない 見 崎 さん と 同じ 学校 だった の です

なのに 今 の 彼女 は 左 目 を なくし て いる

どういう こと でしょ う

それ は 不完全 な 復活 を し た から です

今 の 見 崎 鳴 は 偽物 です

ですから

殺す

違う

「 死者 」 を 死に

死に 返せ

「 死者 」 を

やめ なさい

三神 先生

クラスメート を 殺す なんて ダメ よ

「 死者 」 を 死に 返せ ば

誰 も 死な なく なる ん です よ

見 崎 を 殺せ ば 災厄 は 止まる ん です

違う

違う わ ダメ よ

じゃあ 「 死者 」 は 誰 な ん です か

それ は

でも

ぼ ぼ

僕 は 死に たく ない ん だ

ダメ

こいつ

て め え

い た

「 死者 」 だ

兄貴 の 仇

違う

ころ っ

ごめん

開けろ

くそ

退け

滑る から 気 を 付け て

い た

「 死者 」 を 死に

小椋

廊下 出 た ぞ

助か っ

下 から 回り込め

ホント に 見 崎 さん な の か な

あの 女 は 怪し いっ つ う な

そう だ けど さあ

何 か 焦げ 臭い な

火事 だって 言って た よ ね

火 は 見え て ねえ けど な

食堂 か

ここ は 大丈夫 そう だ ね

収まった ね

一体 どう し た の

たぶん 食堂 で 爆発 が 起き た ん だ

そう

食堂 の 前 で 倒れ て た 前島 くん って

もし かして 杉浦 さん が

私 じゃ ない よ

たぶん あの ババア

ババア って

あなた

邪魔

でも 「 死者 」 じゃ ない から 殺し は し ない

泉美 の お気に入り だ し ね

「 死者 」 を 死に

何で

何で こんな こと に

恒一 くん

赤沢 さん

えっ 誰 それ

多佳子

見 崎 鳴

あんた やっぱり

違う ん だ

赤沢 さん

杉浦 さん は

殺し て やる

「 死者 」 は い なく なれ ば

こんな 悲しい こと も

止まる はず よ ね

見 崎

見 崎

見 崎

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.