image

アナザー, Another Episode 10

聞い た 綾 野 さん の こと

あれ って さ 逃げよ う と し た ん だ よ ね

だ と 思う

逃げよ う と し た から 死 ん だ って こと

分か ん ない

同じ 日 に

小椋 の お 兄さん も 何 でしょ

引きこもって た ん だ よ ね

み たい

あの さ 合宿 な ん だ けど ね

意味 が ある らしい よ

意味 って

何 それ

神頼み

それ で 助かった 年 が ある ん だ って

夜 ヲ 覆 ウ 目蓋 開 ケ

凶 キ 影 ヲ 恐 レルナカレ

仄 くら き 柩 から

産み 堕 と さ れ た 人形 の よう に

躰 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

つなぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ごらん よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 脚 も もが れ た まま

虚 空 の なか 朽ち果てる より

もう ひと り 僕 が い て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さ ぁ どっち が 幻 だ ろ う ね

バカ

お 兄 の バ バカ

バカ

イテッ

すみません 大丈夫 です か

大丈夫

よろしく

榊原 恒一 です

テープ は

持って き た よ

聞い た

まだ

一 人 で 聞く の は 怖く て

写真 撮 ろ う よ

記念 写真

中学 最後 の 夏 休み な ん だ から

皆 そこ に 並 ん で

そう そう

先生 も 入って ください ね

はい 撮り ます よ

榊原 くん と 見 崎 さん もう ちょっと 寄って

望月 お前 も 入れ

撮って やる よ

撮る ぞ

おい 望月 先生 と 遠い ぞ

サカキ と 見 崎 も だ

風見 は そのまま で いい

はい チーズ

明日 は 皆 で 神社 に お参り を し て

クラス の 無事 を お 願い し ま しょ う

はい

立派 な 合宿 所 です ね

地元 の 企業 が 使って い た 保養 所 を 寄付 し て くれ た ん だ よ

正直 な ところ 学校 で は 持て余し て いる よう だ が ね

ようこそ いらっしゃい まし た

お 部屋 の ほう は 全部 空け て あり ます から ね

これ から 三 日間 よろしく お 願い し ます

あい こちら こそ

何 か あり まし たら 何なり と 言って ください ね

じゃあ

再生 する ぞ

肝心 な の は この 後 だ

やっと の 思い で 下山 し た 直後

それ が あった ん だ

それ って いう の は

つまり

俺 が

場所 は 合宿 所 の 外 の 森 の 中 だった

そこ で 俺 … て いう やつ と 言い争い に なって

それ から 掴み 合い の 喧嘩 に なった ん だ

それ で それ で

気 が つい た 時 に は あいつ 動か なく なって た ん だ

森 の 中 の デッカイ 木 の 下 に 倒れ て て

近寄って 見 たら

木 の 枝 が 突き刺さって て

… が 死 ん で た

俺 怖く なって

合宿 所 の 部屋 に 逃げ 帰った ん だ

その 日 は もう 一 泊 合宿 所 で 休 ん で いく こと に なって

落雷 や 滑落 の こと で 警察 も やって 来 て

あれこれ 質問 さ れ た けど

… の こと は 何も 言え なかった

結局 ほとんど 眠れ なかった

誰 か が … の 死体 を 見つけ て

大騒ぎ に なる ん じゃ な いか って

なのに

朝 に なって も 全然 そんな 気配 が なかった ん だ

それ で 俺 確か め に 行った ん だ よ

… の 死体 が ある 森 の 中 へ

そ したら

なかった ん だ よ

死体 が 消え て た ん だ

跡形 も なく

俺 は すっかり 混乱 し ち まって

皆 に 聞い て み た ん だ

「 … は どう し た の か な 」 って

すると 皆 が 皆 変 な 顔 す ん だ よ

「 誰 だ よ それ 」 って

「 そんな やつ 知ら ない 」 って

しかも 合宿 に 参加 し た 生徒 は

20 人 じゃ なく て 19 人 だって 言う ん だ

そこ で やっと 俺 思い当たった の さ

俺 が 殺し た あいつ

… が きっと 今年 クラス に 紛れ込 ん で た 「 もう 一 人 」 だった ん だ って

俺 は あの 時 確かに … を 殺し た

この 事 実に 変わり は ない

だから ここ で 告白 し て おこ う と 決め た

これ が 俺 の 罪 の 告白 だ

合宿 から 二 週間

… の 死 と 深く 関わった 俺 だけ は

まだ あいつ の こと を 覚え てる

でも それ も 時間 の 問題 じゃ な いか って 気 が する

だから 記憶 が まだ 確か な うち に

この 事実 を

どう やったら 災厄 を 止め られる か を 伝えよ う と 思って

いい か

「 死者 」 を 死に 帰 せ

「 死者 」 を 死に 帰す ん だ

それ が 始まって しまった 災厄 を 止める 方法 だ

名前 分から なかった ね

これ も 改竄 さ れ てる って こと

たぶん

なら これ 本物 だ ね

いたずら なら 改竄 さ れ ない はず よ ね

まあ 名前 は いい や

それ より 止める 方法 だ ろ

「 死者 」 って 僕ら と 見分け が つか ない って

本人 も 気づ い て ない らしい し

見分ける 方法 なんて ある の か よ

ない って 聞い た よ

松永 さん の 場合 は 偶然 だった みたい だ し

あの さ

この 合宿 に 来 てる かな 「 もう 一 人 」

仮に 誰 が 「 もう 一 人 」 な の か 分かった と して さ

それ で どう する の

そい つ を 殺す

そりゃ あ

同級 生 を 殺せ る

な 俺 さ

「 もう 一 人 」 が 誰 な の か ずっと 考え て ん だ けど さ

見当 が つい た と か

それ は

「 もう 一 人 」 を 見分ける 方法 さ なんか ある ん じゃ な いか って

まだ 分かって ない だけ な の かも しれ ない し ね

だ ろ う

ちょっと いい でしょう か 先生

この際 です から 言って おき たい こと が ある ん です

よろしい でしょう か

そう ね

どうぞ 赤沢 さん

5 月 から 度重なる 不幸 が あって

先月 は 久保寺 先生 まで あんな こと に なって しまって

まず 対策 係 と して

いく つ か の 不手際 が あった こと を お 詫び し ます

それ と

この 合宿 で 事態 が 収拾 に 向かう の かま だ 分から ない ところ です が

少なくとも これ まで の 災い の 数々 に つい て は

見 崎 さん あなた に 責任 の 一端 が ある と 思う の

どうして

見 崎 さん が 決まり どおり に

「 い ない もの 」 の 役割 を まっとう し て い れ ば

誰 も 死な ず に 済 ん だ はず

ちょっと 待った

そい つ は 不可 抗力 っ つ う か さ

仕方ない 成り行き だった ん じゃ ねえ

そう かしら

見 崎 さん が あくまで 榊原 くん の 接触 を 拒む

と いう 態度 を 徹底 し て い れ ば

対策 は 成功 し た はず

それ は

そもそも の 失敗 の 責任 は まず

見 崎 さん に ある と 思う の

そう でしょ う

だから 今 どう しろ って

謝罪 を

私 達 一言 も 見 崎 さん から 謝罪 の 言葉 を 聞い て ない

なのに 見 崎 さん

あなた 「 い ない もの 」 じゃ なく なった 途端

何事 も なかった みたい に

不毛 ね

し て 意味 が ある

ある の なら する けど

見 崎 し なく て いい よ 謝罪 なんて

ごめんなさい

私 の せい で

違う

止め て よ

意味 ねえ よ

それ よ か さ

肝心 な の は 「 もう 一 人 」 が 誰 な の か を

おい 和久井 大丈夫 か

苦しい の か

おい

この 生徒 に は 喘息 の 持病 が

そう です いつも この 薬 を

吸入 薬

使って も だめ な の か

空 な の か

用意 は

救急 車

三神 先生 すぐに 救急 車 を

その

昨日 から 電話 の 調子 が 悪く て 繋がら ない ん です

ですから 修理 に

だめ だ 圏 外 だ

繋がる もの は い ない か

119 番 に かけ て 救急 車 を

アンテナ 立って ん の に 繋が ん ねえ

僕 の も ダメ です

繋がり ませ ん

私 の 車 で 病院 に 運 ぼ う

大丈夫 です か

私 の 心配 は いい から ね

明日 山 に 登る の は 中止 に し た ほう が

そう ね

榊原 くん

なに

さっき は ありがとう

さっき 食堂 で 色々 言わ れ た 時

いや 別に そんな

僕 だけ じゃ ない よ

望月 だって 勅使河原 だって

ありがとう

後 で 来 て くれる

えっ

私 の 部屋 同室 の 子 は い ない から

それ に

写真 も 見せ て 欲しい し

どこ に あった の

離れ に あった みたい

お 婆ちゃん が 見つけ て くれ て

何で 離れ に あった の か 分か ん ない けど

そう な の

離れ は 怜子 さん おばさん が 使って る ん だ けど ね

分かる 榊原 くん

どの 子 が 夜 見 山 ミサキ くん な の か

それ は なに か ほら 見るからに 変 な 感じ だ し

変 に 見える

どんな ふう に

どんな って

ほか の 部分 に 比べ て 何だか そこ だけ ぼやけ てる と 言う か

歪 ん でる と 言う か

そう

色 は

おかしな 色 に 見え たり し ない

いや それ は 別に

ありがとう

ほか の 写真 も お 母さん の

うん

やっぱり 似 て た ん だ ね

やっぱり

お 母さん と その おばさん が ね

そう 見える

子供 の 頃 の 顔 が そっくり

怜子 さん 家 で 絵描 くん だ

うん

本人 曰 く そっち が 本職 の つもり な ん だって さ

そう な ん だ

見 崎 も 絵 描 い て た よ ね

天使 の 絵

あれ って 誰 が モデル な の

それ は

いとこ の 未 咲 ちゃん

そう かもし れ ない

あの さ 最初 に 病院 で 会った 時

その 死 ん だ 未 咲 ちゃん に 人形 を 届け に 行った の

変 だ なって 思った

まあ

ちょっと 複雑 な 事情 が ね

あまり 人 に は 話し たく ない こと な ん だ けど

聞い て も いい

うん

私 の お 母さん 霧 果 の 本名 は ユキヨ

未 咲 の お 母さん は ミツヨ って いう 名前 で

二 人 は 双子 で

とても よく 似 てる の

で ね 大人 に なって お互い 結婚 し て

ミツヨ の 方 に 子供 が 生まれ た の

その 子供 が 未 咲 さ ん

それ と もう 一 人

生まれ た の は 双子 だった の

双子

その 一 年 後 ユキヨ の 方 も 妊娠 し た の

でも ユキヨ の 赤ちゃん は 生まれ て こ られ なく て

言って た ね

ユキヨ は とても 苦しい ん だ の

気 が 狂って しまい そう な ほど に

双子 を 授かった 藤岡 家 の 方 は

経済 的 な 不安 が あった の

対 する 見 崎 家 の 方 は ユキヨ の 心 を 何とか 救う 必要 が あった

ここ で ね 需要 と 供給 が あった わけ

それ って

出さ れ た の が 私

どうして 未 咲 じゃ なく て 私 が 出さ れ た か って 言う の は

たぶん 名前 の せい

名前

もし 未 咲 の 方 が 見 崎 家 の 養女 に なったら

見 崎 未 咲 でしょ

物心 つか ない うち から

私 は ユキヨ

霧 果 の 一 人 娘 と して 育て られ た の

真実 を 知った の は 小学校 五 年生 の 時 だった かな

お 婆ちゃん が うっかり 口 を 滑らせ て

あの 時 の 母さん の 慌て っぷり ったら なかった

たぶん 一生 隠し て おき たかった ん だ ろ う な

本当の こと を 知って それ で

会い たい って 思った よ

藤岡 の お 母さん に

それ で 私 霧 果 に そう 言った の

そう したら あの 人 凄く 悲し そう な 顔 を し て

凄く 怒り出し て

産み の お 母さん に 会わ せ たく なく て

み たい ね

基本 放任 な ん だ けど

ある こと を 除 い て は って

ああ うん

不安 に なる ん だ と 思う の

私 に 携帯 を 持た せる の も たぶん その 不安 の 表れ ね

でも

そんな 中 でも 未 咲 と は こっそり 会って た の

その頃 に は 未 咲 の 方 も 私 たち が 双子 だって 分かって た し

あの 子 と 私 と は 否応 なし に 繋がって る 気 が し て た

未 咲 も こっそり 私 の 家 に 遊び に 来 て て ね

「 鳴 の 家 に は すてき な 人形 が いっぱい あって いい ね 」 って

それ で ね

四 月 の 誕生日 に 何 が 欲しい って 聞い たら

未 咲 が 「 あの 人形 が いい 」 って

なのに 三 年生 に 上がって すぐ 急に

それ が あの 時 の

約束 だった から

いとこ じゃ なく て 姉妹

そう

だから あの 時

「 もう 始まって る かも しれ ない 」 って

よく 覚え てる の ね

そう

どうして あの 時 教え て くれ なかった の

私 は ね

信じ たく なかった

そんな わけ の 分から ない 呪い みたい な もの で

未 咲 が 死 ん で しまった なんて

だから いとこ と しか 言え なかった

言い たく なかった

四 月 に 亡くなった 未 咲 ちゃん が

最初 の 犠牲 者

だった と し たら

つまり

皆 は 今年 の 「 災厄 」 は 五 月 から 始まった ん だ って

思って る みたい だ けど

僕 が 夜 見 北 に 来る 前 から

クラス に は 「 もう 一 人 」 が い た

だから な の

きっぱり 「 違う 」 って 言った よ ね 僕 が 「 死者 」 じゃ ない って

うん

四 月 に は 僕 が クラス に い なかった から

それ も ある けど

一 番 の 理由 じゃ ない

一 番 の 理由 って

それ は

この 目 が

この 「 人形 の 目 」 が 「 違う 」 って 教え て くれる から

左 目

言った よ ね

見え なく て いい もの が 見える って

うん 何 が 見える の

それ は

「 死 の 色 」

「 死 」 の そば に ある 物 の 色

どんな 色 な の

右 の 目 で は 見 た こと が ない 色

赤 と か 青 と か

どれ も 当て嵌まら ない

そんな 色

死 ん だ 人 だけ な の その 色 が 見える の は

死 ん でる 場合 は はっきり

重病 と か 重傷 の 人 は うっすら

それ って 「 死 」 に 近い 人 が 分かる って こと

どうして そんな もの が 見える の か

不思議 に 思う でしょ う

それ は

でも 受け入れる しか なかった

こんな 話 未 咲 に だって ちゃんと 話し た こ と なかった

それ で

ある 時期 から

この 目 は ずっと 隠し た まま で いよ う って 決め た の

だから ね 二十六 年 前 の あの 写真 を 一 度 ちゃん と 見 て み たかった の

この 写真 夜 見 山 ミサキ に 「 死 」 の 色 は 見え た

見え た よ

写真 で あんなに はっきり 色 を 感じ た の は 初めて だった

榊原 くん に は 「 死 」 の 色 は 感じ られ ない

だから ね あなた は 違う の

「 もう 一 人 」 じゃ ない

同じ 理由 で

君 自身 も 違う と 分かる わけ か

それ じゃ もう 分かって る の

誰 が 「 もう 一 人 」 な の か

学校 で は 私 ずっと 眼帯 は 外さ ない よう に し て た から

「 死者 は 誰 」 って

あんな 落書き し て た のに

分かって も どう なる もの で も ない し

気 に は なった けど

だから ね

今 は

この 合宿 に そい つ は 来 てる の

「 もう 一 人 」 は 来 てる

それ は

サカキ

や っち まっ た か も

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

聞い た 綾 野 さん の こと

あれ って さ 逃げよ う と し た ん だ よ ね

だ と 思う

逃げよ う と し た から 死 ん だ って こと

分か ん ない

同じ 日 に

小椋 の お 兄さん も 何 でしょ

引きこもって た ん だ よ ね

み たい

あの さ 合宿 な ん だ けど ね

意味 が ある らしい よ

意味 って

何 それ

神頼み

それ で 助かった 年 が ある ん だ って

夜 ヲ 覆 ウ 目蓋 開 ケ

凶 キ 影 ヲ 恐 レルナカレ

仄 くら き 柩 から

産み 堕 と さ れ た 人形 の よう に

躰 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

つなぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ごらん よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 脚 も もが れ た まま

虚 空 の なか 朽ち果てる より

もう ひと り 僕 が い て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さ ぁ どっち が 幻 だ ろ う ね

バカ

お 兄 の バ バカ

バカ

イテッ

すみません 大丈夫 です か

大丈夫

よろしく

榊原 恒一 です

テープ は

持って き た よ

聞い た

まだ

一 人 で 聞く の は 怖く て

写真 撮 ろ う よ

記念 写真

中学 最後 の 夏 休み な ん だ から

皆 そこ に 並 ん で

そう そう

先生 も 入って ください ね

はい 撮り ます よ

榊原 くん と 見 崎 さん もう ちょっと 寄って

望月 お前 も 入れ

撮って やる よ

撮る ぞ

おい 望月 先生 と 遠い ぞ

サカキ と 見 崎 も だ

風見 は そのまま で いい

はい チーズ

明日 は 皆 で 神社 に お参り を し て

クラス の 無事 を お 願い し ま しょ う

はい

立派 な 合宿 所 です ね

地元 の 企業 が 使って い た 保養 所 を 寄付 し て くれ た ん だ よ

正直 な ところ 学校 で は 持て余し て いる よう だ が ね

ようこそ いらっしゃい まし た

お 部屋 の ほう は 全部 空け て あり ます から ね

これ から 三 日間 よろしく お 願い し ます

あい こちら こそ

何 か あり まし たら 何なり と 言って ください ね

じゃあ

再生 する ぞ

肝心 な の は この 後 だ

やっと の 思い で 下山 し た 直後

それ が あった ん だ

それ って いう の は

つまり

俺 が

場所 は 合宿 所 の 外 の 森 の 中 だった

そこ で 俺 … て いう やつ と 言い争い に なって

それ から 掴み 合い の 喧嘩 に なった ん だ

それ で それ で

気 が つい た 時 に は あいつ 動か なく なって た ん だ

森 の 中 の デッカイ 木 の 下 に 倒れ て て

近寄って 見 たら

木 の 枝 が 突き刺さって て

… が 死 ん で た

俺 怖く なって

合宿 所 の 部屋 に 逃げ 帰った ん だ

その 日 は もう 一 泊 合宿 所 で 休 ん で いく こと に なって

落雷 や 滑落 の こと で 警察 も やって 来 て

あれこれ 質問 さ れ た けど

… の こと は 何も 言え なかった

結局 ほとんど 眠れ なかった

誰 か が … の 死体 を 見つけ て

大騒ぎ に なる ん じゃ な いか って

なのに

朝 に なって も 全然 そんな 気配 が なかった ん だ

それ で 俺 確か め に 行った ん だ よ

… の 死体 が ある 森 の 中 へ

そ したら

なかった ん だ よ

死体 が 消え て た ん だ

跡形 も なく

俺 は すっかり 混乱 し ち まって

皆 に 聞い て み た ん だ

「 … は どう し た の か な 」 って

すると 皆 が 皆 変 な 顔 す ん だ よ

「 誰 だ よ それ 」 って

「 そんな やつ 知ら ない 」 って

しかも 合宿 に 参加 し た 生徒 は

20 人 じゃ なく て 19 人 だって 言う ん だ

そこ で やっと 俺 思い当たった の さ

俺 が 殺し た あいつ

… が きっと 今年 クラス に 紛れ込 ん で た 「 もう 一 人 」 だった ん だ って

俺 は あの 時 確かに … を 殺し た

この 事 実に 変わり は ない

だから ここ で 告白 し て おこ う と 決め た

これ が 俺 の 罪 の 告白 だ

合宿 から 二 週間

… の 死 と 深く 関わった 俺 だけ は

まだ あいつ の こと を 覚え てる

でも それ も 時間 の 問題 じゃ な いか って 気 が する

だから 記憶 が まだ 確か な うち に

この 事実 を

どう やったら 災厄 を 止め られる か を 伝えよ う と 思って

いい か

「 死者 」 を 死に 帰 せ

「 死者 」 を 死に 帰す ん だ

それ が 始まって しまった 災厄 を 止める 方法 だ

名前 分から なかった ね

これ も 改竄 さ れ てる って こと

たぶん

なら これ 本物 だ ね

いたずら なら 改竄 さ れ ない はず よ ね

まあ 名前 は いい や

それ より 止める 方法 だ ろ

「 死者 」 って 僕ら と 見分け が つか ない って

本人 も 気づ い て ない らしい し

見分ける 方法 なんて ある の か よ

ない って 聞い た よ

松永 さん の 場合 は 偶然 だった みたい だ し

あの さ

この 合宿 に 来 てる かな 「 もう 一 人 」

仮に 誰 が 「 もう 一 人 」 な の か 分かった と して さ

それ で どう する の

そい つ を 殺す

そりゃ あ

同級 生 を 殺せ る

な 俺 さ

「 もう 一 人 」 が 誰 な の か ずっと 考え て ん だ けど さ

見当 が つい た と か

それ は

「 もう 一 人 」 を 見分ける 方法 さ なんか ある ん じゃ な いか って

まだ 分かって ない だけ な の かも しれ ない し ね

だ ろ う

ちょっと いい でしょう か 先生

この際 です から 言って おき たい こと が ある ん です

よろしい でしょう か

そう ね

どうぞ 赤沢 さん

5 月 から 度重なる 不幸 が あって

先月 は 久保寺 先生 まで あんな こと に なって しまって

まず 対策 係 と して

いく つ か の 不手際 が あった こと を お 詫び し ます

それ と

この 合宿 で 事態 が 収拾 に 向かう の かま だ 分から ない ところ です が

少なくとも これ まで の 災い の 数々 に つい て は

見 崎 さん あなた に 責任 の 一端 が ある と 思う の

どうして

見 崎 さん が 決まり どおり に

「 い ない もの 」 の 役割 を まっとう し て い れ ば

誰 も 死な ず に 済 ん だ はず

ちょっと 待った

そい つ は 不可 抗力 っ つ う か さ

仕方ない 成り行き だった ん じゃ ねえ

そう かしら

見 崎 さん が あくまで 榊原 くん の 接触 を 拒む

と いう 態度 を 徹底 し て い れ ば

対策 は 成功 し た はず

それ は

そもそも の 失敗 の 責任 は まず

見 崎 さん に ある と 思う の

そう でしょ う

だから 今 どう しろ って

謝罪 を

私 達 一言 も 見 崎 さん から 謝罪 の 言葉 を 聞い て ない

なのに 見 崎 さん

あなた 「 い ない もの 」 じゃ なく なった 途端

何事 も なかった みたい に

不毛 ね

し て 意味 が ある

ある の なら する けど

見 崎 し なく て いい よ 謝罪 なんて

ごめんなさい

私 の せい で

違う

止め て よ

意味 ねえ よ

それ よ か さ

肝心 な の は 「 もう 一 人 」 が 誰 な の か を

おい 和久井 大丈夫 か

苦しい の か

おい

この 生徒 に は 喘息 の 持病 が

そう です いつも この 薬 を

吸入 薬

使って も だめ な の か

空 な の か

用意 は

救急 車

三神 先生 すぐに 救急 車 を

その

昨日 から 電話 の 調子 が 悪く て 繋がら ない ん です

ですから 修理 に

だめ だ 圏 外 だ

繋がる もの は い ない か

119 番 に かけ て 救急 車 を

アンテナ 立って ん の に 繋が ん ねえ

僕 の も ダメ です

繋がり ませ ん

私 の 車 で 病院 に 運 ぼ う

大丈夫 です か

私 の 心配 は いい から ね

明日 山 に 登る の は 中止 に し た ほう が

そう ね

榊原 くん

なに

さっき は ありがとう

さっき 食堂 で 色々 言わ れ た 時

いや 別に そんな

僕 だけ じゃ ない よ

望月 だって 勅使河原 だって

ありがとう

後 で 来 て くれる

えっ

私 の 部屋 同室 の 子 は い ない から

それ に

写真 も 見せ て 欲しい し

どこ に あった の

離れ に あった みたい

お 婆ちゃん が 見つけ て くれ て

何で 離れ に あった の か 分か ん ない けど

そう な の

離れ は 怜子 さん おばさん が 使って る ん だ けど ね

分かる 榊原 くん

どの 子 が 夜 見 山 ミサキ くん な の か

それ は なに か ほら 見るからに 変 な 感じ だ し

変 に 見える

どんな ふう に

どんな って

ほか の 部分 に 比べ て 何だか そこ だけ ぼやけ てる と 言う か

歪 ん でる と 言う か

そう

色 は

おかしな 色 に 見え たり し ない

いや それ は 別に

ありがとう

ほか の 写真 も お 母さん の

うん

やっぱり 似 て た ん だ ね

やっぱり

お 母さん と その おばさん が ね

そう 見える

子供 の 頃 の 顔 が そっくり

怜子 さん 家 で 絵描 くん だ

うん

本人 曰 く そっち が 本職 の つもり な ん だって さ

そう な ん だ

見 崎 も 絵 描 い て た よ ね

天使 の 絵

あれ って 誰 が モデル な の

それ は

いとこ の 未 咲 ちゃん

そう かもし れ ない

あの さ 最初 に 病院 で 会った 時

その 死 ん だ 未 咲 ちゃん に 人形 を 届け に 行った の

変 だ なって 思った

まあ

ちょっと 複雑 な 事情 が ね

あまり 人 に は 話し たく ない こと な ん だ けど

聞い て も いい

うん

私 の お 母さん 霧 果 の 本名 は ユキヨ

未 咲 の お 母さん は ミツヨ って いう 名前 で

二 人 は 双子 で

とても よく 似 てる の

で ね 大人 に なって お互い 結婚 し て

ミツヨ の 方 に 子供 が 生まれ た の

その 子供 が 未 咲 さ ん

それ と もう 一 人

生まれ た の は 双子 だった の

双子

その 一 年 後 ユキヨ の 方 も 妊娠 し た の

でも ユキヨ の 赤ちゃん は 生まれ て こ られ なく て

言って た ね

ユキヨ は とても 苦しい ん だ の

気 が 狂って しまい そう な ほど に

双子 を 授かった 藤岡 家 の 方 は

経済 的 な 不安 が あった の

対 する 見 崎 家 の 方 は ユキヨ の 心 を 何とか 救う 必要 が あった

ここ で ね 需要 と 供給 が あった わけ

それ って

出さ れ た の が 私

どうして 未 咲 じゃ なく て 私 が 出さ れ た か って 言う の は

たぶん 名前 の せい

名前

もし 未 咲 の 方 が 見 崎 家 の 養女 に なったら

見 崎 未 咲 でしょ

物心 つか ない うち から

私 は ユキヨ

霧 果 の 一 人 娘 と して 育て られ た の

真実 を 知った の は 小学校 五 年生 の 時 だった かな

お 婆ちゃん が うっかり 口 を 滑らせ て

あの 時 の 母さん の 慌て っぷり ったら なかった

たぶん 一生 隠し て おき たかった ん だ ろ う な

本当の こと を 知って それ で

会い たい って 思った よ

藤岡 の お 母さん に

それ で 私 霧 果 に そう 言った の

そう したら あの 人 凄く 悲し そう な 顔 を し て

凄く 怒り出し て

産み の お 母さん に 会わ せ たく なく て

み たい ね

基本 放任 な ん だ けど

ある こと を 除 い て は って

ああ うん

不安 に なる ん だ と 思う の

私 に 携帯 を 持た せる の も たぶん その 不安 の 表れ ね

でも

そんな 中 でも 未 咲 と は こっそり 会って た の

その頃 に は 未 咲 の 方 も 私 たち が 双子 だって 分かって た し

あの 子 と 私 と は 否応 なし に 繋がって る 気 が し て た

未 咲 も こっそり 私 の 家 に 遊び に 来 て て ね

「 鳴 の 家 に は すてき な 人形 が いっぱい あって いい ね 」 って

それ で ね

四 月 の 誕生日 に 何 が 欲しい って 聞い たら

未 咲 が 「 あの 人形 が いい 」 って

なのに 三 年生 に 上がって すぐ 急に

それ が あの 時 の

約束 だった から

いとこ じゃ なく て 姉妹

そう

だから あの 時

「 もう 始まって る かも しれ ない 」 って

よく 覚え てる の ね

そう

どうして あの 時 教え て くれ なかった の

私 は ね

信じ たく なかった

そんな わけ の 分から ない 呪い みたい な もの で

未 咲 が 死 ん で しまった なんて

だから いとこ と しか 言え なかった

言い たく なかった

四 月 に 亡くなった 未 咲 ちゃん が

最初 の 犠牲 者

だった と し たら

つまり

皆 は 今年 の 「 災厄 」 は 五 月 から 始まった ん だ って

思って る みたい だ けど

僕 が 夜 見 北 に 来る 前 から

クラス に は 「 もう 一 人 」 が い た

だから な の

きっぱり 「 違う 」 って 言った よ ね 僕 が 「 死者 」 じゃ ない って

うん

四 月 に は 僕 が クラス に い なかった から

それ も ある けど

一 番 の 理由 じゃ ない

一 番 の 理由 って

それ は

この 目 が

この 「 人形 の 目 」 が 「 違う 」 って 教え て くれる から

左 目

言った よ ね

見え なく て いい もの が 見える って

うん 何 が 見える の

それ は

「 死 の 色 」

「 死 」 の そば に ある 物 の 色

どんな 色 な の

右 の 目 で は 見 た こと が ない 色

赤 と か 青 と か

どれ も 当て嵌まら ない

そんな 色

死 ん だ 人 だけ な の その 色 が 見える の は

死 ん でる 場合 は はっきり

重病 と か 重傷 の 人 は うっすら

それ って 「 死 」 に 近い 人 が 分かる って こと

どうして そんな もの が 見える の か

不思議 に 思う でしょ う

それ は

でも 受け入れる しか なかった

こんな 話 未 咲 に だって ちゃんと 話し た こ と なかった

それ で

ある 時期 から

この 目 は ずっと 隠し た まま で いよ う って 決め た の

だから ね 二十六 年 前 の あの 写真 を 一 度 ちゃん と 見 て み たかった の

この 写真 夜 見 山 ミサキ に 「 死 」 の 色 は 見え た

見え た よ

写真 で あんなに はっきり 色 を 感じ た の は 初めて だった

榊原 くん に は 「 死 」 の 色 は 感じ られ ない

だから ね あなた は 違う の

「 もう 一 人 」 じゃ ない

同じ 理由 で

君 自身 も 違う と 分かる わけ か

それ じゃ もう 分かって る の

誰 が 「 もう 一 人 」 な の か

学校 で は 私 ずっと 眼帯 は 外さ ない よう に し て た から

「 死者 は 誰 」 って

あんな 落書き し て た のに

分かって も どう なる もの で も ない し

気 に は なった けど

だから ね

今 は

この 合宿 に そい つ は 来 てる の

「 もう 一 人 」 は 来 てる

それ は

サカキ

や っち まっ た か も

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.