×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie 政策.


image

日本史ストーリーノート, 001 日本列島と日本人 日本史ストーリーノート第01話 (2)

001 日本 列島 と 日本 人 日本 史 ストーリーノート 第 01話 (2)

メス です ね あの

お腹 を 切ったり する ベスト か に 黒曜石 が ノー

打 製 石器 いい に 近い もの で すね を 使って いる 場合 も ある 来 そうです

この 大 そんな できる 打 製 石器 な んです けれども 日本 に は 旧 石器 時代 の

を もの は 存在 し ない と 昔 が されて いた んです ね

かなり 昔 です ねえっと ま ぁ 昭和 の 初期 と か

その 明治 大正 の 頃 は です ねえ ええ その 旧 石器 時代 は 日本 に は なかった と されて いた ん

ですが この 岩 食事 請求 です ね

th

持った

って

あい さ ー 忠洋

ビュー 人物 が

は 空 戦 に も です ね

おっ

発見 した わけです ね 相沢 忠洋 さん と いう の は 考古 学 が 好きで です ね

a は 主義 で 研究 を して いた わけです けれども

本業 は 納豆 売り 歩く 行商 人 です ね ええ ええ 日々 通って いた 道 から もう これ は 設計 でも

ないかって いう の が

見つかった ね どう 考えて も 人 の 手 が 入って いる と

を よく 見つける もの です ね 私 は この

ん ん なんか 毎日 とって て その f 石ころ で セキュラー 発表 後 こと は あんまりな ん かも

しれ ないで す けど なかなか ね やっぱり そういうふうに 毎日 何 か ない か なって 思い ながら

歩いて く と なんか に 当たる もん

なんで しょうね そして これ が 石器 である と いう ふうに 入っ主張 する んです けれども 皆

ばかり する わけです ね お 偉い さん と か で すね

a

なんだ 台座って 誰 だ と 納豆 の 行商 なるほど

を そんな 奴 が 見つけたら もの は ね 石器 と 言え ない よって いう 風 に

スパ でたり する わけです ね a

また で すね 関東 大 論争 と いう の は 火山 灰 の 地層 です

ね で その かさん の 範囲 の 中 の ソ も のっ

で 出て くる もの なんて そんな

か サンバーリハビ ながら 席 使って た の か なんて 言われて ね ちょっと 佐々 バカに さ れる

わけな んです よ ね

火山 活動 が 殺し で 活発な の も あって ね

灰 かぶり ながら 使って た の か みたいな 感じ で なかなか 取り合って くれ なかった わけです

けれども

後 に 学術 調査 が 行われて これ が 旧 石器 車 の 設計 である と いう ふうに

まあ 認められた わけです 未 だ この 日 は 食 移籍 と いう の この 旧 石器 車

更新 制 の 遺跡 の 代表 どう

行って いる わけです あるいは

この ナウマン ぞ を かけて 人々 ね な 学 研 まで 達した 4を

いっ

th

ああ ああ ああ

長野 県 です ねえ ええ

って

って

ナウマンゾウ の 化石 が 出土 した ああっと いう こと です

その した なぁ マンズ を かけたり 打 製 石器 を

受かって いた ような 人々 の 暮らし は どのような 暮らし か

この 更新 制 の 枠 の 中 の 人々 の 暮らし は どう なって いる か と 言う と

b

th

バッハ

b

狩猟 採集 生活 です ね

その 獲得 を して いく と いう 獲得 経済 と も 言います が

例えば この 大 首領 なんか は 阿蘇 の

やり です ねえ

やり 先 と 考えて ください 打 製 石器 の 槍 先

これほど 戦闘 機 と 言います が ああ

th

pa

おっ

ボード 先 に 付けた 医師 の やり

ねえ 種 の 槍 を 使ったり あるいは 阿蘇 の

動物 を その 捕獲 した 手 に 入れたって 言う と それ を 切り裂く か は 5発着 で しょうし ねぇ

ダウン 伴奏 と か 言ったら ねえ ぇ そう する と 桜 第 1巻

ああ ああ ああ

th

4日

を 支援 したり する わけ

この 時代 の 人々 僕 らしい です ねぇ

re

中 挙行

ていた

1

25

あった んだ なぁ

re

あった

th

簡単な 店舗 式 の 小屋 や 洞穴

彼ら の 暮らし が 大型 動物 を 取ったり 動物 を 取ったり あるいは archi の 宮 薗

海 と か を 集めて 食べる と いう 暮らし を して いた ため に 通して もう

その 簡単な 犬 と 四季 の 花 や 葉 決議 は いい ところ が 伴う わけです ね

移動 を する と いう こと です ただ ね ええ

その う

ダーン と 柱 が あって やれ が ある と いう 建物 で は 移動 わ ぁ 難しく なります ので 移動 の し

やすい ように 時 に は フラ し やすい 洞窟 と か 洞穴 と か を 見つけて そこ で 暮らしたり する

わけです ね

今 の 我々 に とって ね そんな 風 に で 動物 を かけて

移動 するって いう の は は

アイゼン そうです ね

私 も ね そういう 生活って いう の 可能

で 悲劇 や し ない と 思う んです ですけれども

8考えて みる と で すね 今 我々 は 例えば 夏 の 暑い 日 に 八 里 と か 言い ながら ねえ クーラー を

かけたり 怒り が 陸 も 食べたり して なんとか しろう わけです ね

ただ あ 彼ら は 暑い と 思ったら 涼しい ところ に 移動

すれば いい よそ して ええ ええ

寒く なって きた な と 思った 暖かい ところ に 移動 すれば よい のである わけです ので そう

いう 暑 さ 寒 さ と いう こと に 関して 言ったり と か

だから 我々 が 思う ように その 原始 的で 金 なんて いう 暮らし で は ない ようです

結構 ね 豊かに 食べ物 と か あった ように いい

聞いて います

で です ね だんらん この 旧跡 時代 も 進んで くる と こう

旧 石器 時代 の 中 でも

石器 時代 と いう 時代 に 突入 して いきます

th

って

この 修正

い 時代 と は どのような 時代 である かっ

と で すね ええ

ben

th

はい えー い

後進 性 あるいは 旧 石器 時代 末期

中 石器 時代 と いわ れる 時代 が 訪れます これ は です ねえ ええ

先 あの スッゴクウ その

立っ成績 と いう の は 切れる な と いう お 話 を しました ね

え えっ私 だ 成績 作った こと が ある んです けれども

カーン て 割って その スッ と 切れる と を そし たら です ね もう

破って いく うち に 私 なんか も は 石器 作り に 慣れて ない ので

ええ も うて がちな が 気 に なって る うわっって いう ぐらい

a そういうふうに する んです けれども

欠点 と して は すぐに 刃 こぼれ を する あるいは ああっ

動物 と か を 聞いたら すぐに 油 が ついて 切れ 足 が 悪く なる わけです ね

すると a

例えば 期 の 豪 に

このように

黄 定 ついて いる う

ちっちゃ い ー 席 を 埋め込んで ここ が 呆れ 足 が 悪く なる から すぐに 取り替えて 使う と いう

ような ああ その 取替え 式 交換 式 の せっき ー が できる わけです ね

a

だから ああいう 感じ です か ね あの ーカッターナイフ を あの

切って 割って 切れ味 を 回復 さ せる じゃ ないで す か ああいうような イメージ を 持って

いただく と いい と 思います このような

石器 を 使って いる 時代 を 集積 地 ない と 言います

はい えー 今回 は この 更新 制 の お 話 を しました

今回 は ここ まで です が 公募 申請 が 終わって いよいよ 縄文 時代 我々 が 知る ところ の

以上 前 の 時代 に なる んです が

そこ に

ワーク と ノート を とって いる 方 は 一直線 引いて いただいて この 法案 が 逆

一 番 年 前 へ と いう 風 に 書いて おいて ください

何 が 起きた か それ は

更新 制 が 約 1万年 前 で 終わります

a

更新 制 の ニックネーム は 氷河 時代 であった ので この 1万年 前 くらい を 境 に

赤く なった わけです ね 地球 は

あったかく なる と 日本 は 大陸 から 離れる

海 が 広がって 日本 が 大陸 から 離れた わけです ので

日本 は 日本 江 藤島 に なる わけです ね

a

次 は ここ から 後 の 話 を したい と 思います

今回 は ここ まで 別荘


001 日本 列島 と 日本 人 日本 史 ストーリーノート 第 01話 (2) にっぽん|れっとう||にっぽん|じん|にっぽん|し||だい|はなし 001 Japanese Archipelago and Japanese People Japanese History Story Note Chapter 01 (2)

メス です ね あの めす|||

お腹 を 切ったり する ベスト か に 黒曜石 が ノー おなか||きったり||べすと|||こくようせき||のー No obsidian in the vest to cut the stomach

打 製 石器 いい に 近い もの で すね を 使って いる 場合 も ある 来 そうです だ|せい|せっき|||ちかい|||||つかって||ばあい|||らい|そう です

この 大 そんな できる 打 製 石器 な んです けれども 日本 に は 旧 石器 時代 の |だい|||だ|せい|せっき||||にっぽん|||きゅう|せっき|じだい|

を もの は 存在 し ない と 昔 が されて いた んです ね |||そんざい||||むかし||さ れて|||

かなり 昔 です ねえっと ま ぁ 昭和 の 初期 と か |むかし||ねえ っと|||しょうわ||しょき||

その 明治 大正 の 頃 は です ねえ ええ その 旧 石器 時代 は 日本 に は なかった と されて いた ん |めいじ|たいしょう||ころ||||||きゅう|せっき|じだい||にっぽん|||||さ れて||

ですが この 岩 食事 請求 です ね ||いわ|しょくじ|せいきゅう||

th

持った もった

って

あい さ ー 忠洋 ||-|ただひろ

ビュー 人物 が |じんぶつ|

は 空 戦 に も です ね |から|いくさ||||

おっ お っ

発見 した わけです ね 相沢 忠洋 さん と いう の は 考古 学 が 好きで です ね はっけん||||あいざわ|ただひろ||||||こうこ|まな||すきで||

a は 主義 で 研究 を して いた わけです けれども ||しゅぎ||けんきゅう|||||

本業 は 納豆 売り 歩く 行商 人 です ね ええ ええ 日々 通って いた 道 から もう これ は 設計 でも ほんぎょう||なっとう|うり|あるく|ぎょうしょう|じん|||||ひび|かよって||どう|||||せっけい|

ないかって いう の が ないか って|||

見つかった ね どう 考えて も 人 の 手 が 入って いる と みつかった|||かんがえて||じん||て||はいって||

を よく 見つける もの です ね 私 は この ||みつける||||わたくし||

ん ん なんか 毎日 とって て その f 石ころ で セキュラー 発表 後 こと は あんまりな ん かも |||まいにち|||||いしころ|||はっぴょう|あと|||||

しれ ないで す けど なかなか ね やっぱり そういうふうに 毎日 何 か ない か なって 思い ながら ||||||||まいにち|なん|||||おもい|

歩いて く と なんか に 当たる もん あるいて|||||あたる|

なんで しょうね そして これ が 石器 である と いう ふうに 入っ主張 する んです けれども 皆 |||||せっき|||||はい っ しゅちょう||||みな I wonder what it is, and they all claim that this is a stone tool.

ばかり する わけです ね お 偉い さん と か で すね |||||えらい|||||

a

なんだ 台座って 誰 だ と 納豆 の 行商 なるほど |だいざ って|だれ|||なっとう||ぎょうしょう|

を そんな 奴 が 見つけたら もの は ね 石器 と 言え ない よって いう 風 に ||やつ||みつけたら||||せっき||いえ||||かぜ|

スパ でたり する わけです ね a

また で すね 関東 大 論争 と いう の は 火山 灰 の 地層 です |||かんとう|だい|ろんそう|||||かざん|はい||ちそう|

ね で その かさん の 範囲 の 中 の ソ も のっ |||||はんい||なか||そ||の っ

で 出て くる もの なんて そんな |でて||||

か サンバーリハビ ながら 席 使って た の か なんて 言われて ね ちょっと 佐々 バカに さ れる |||せき|つかって|||||いわ れて|||ささ|ばかに||

わけな んです よ ね

火山 活動 が 殺し で 活発な の も あって ね かざん|かつどう||ころし||かっぱつな||||

灰 かぶり ながら 使って た の か みたいな 感じ で なかなか 取り合って くれ なかった わけです はい|||つかって|||||かんじ|||とりあって|||

けれども

後 に 学術 調査 が 行われて これ が 旧 石器 車 の 設計 である と いう ふうに あと||がくじゅつ|ちょうさ||おこなわ れて|||きゅう|せっき|くるま||せっけい||||

まあ 認められた わけです 未 だ この 日 は 食 移籍 と いう の この 旧 石器 車 |みとめ られた||み|||ひ||しょく|いせき|||||きゅう|せっき|くるま

更新 制 の 遺跡 の 代表 どう こうしん|せい||いせき||だいひょう|

行って いる わけです あるいは おこなって|||

この ナウマン ぞ を かけて 人々 ね な 学 研 まで 達した 4を |||||ひとびと|||まな|けん||たっした|

いっ

th

ああ ああ ああ

長野 県 です ねえ ええ ながの|けん|||

って

って

ナウマンゾウ の 化石 が 出土 した ああっと いう こと です ||かせき||しゅつど||ああ っと|||

その した なぁ マンズ を かけたり 打 製 石器 を ||||||だ|せい|せっき|

受かって いた ような 人々 の 暮らし は どのような 暮らし か うかって|||ひとびと||くらし|||くらし|

この 更新 制 の 枠 の 中 の 人々 の 暮らし は どう なって いる か と 言う と |こうしん|せい||わく||なか||ひとびと||くらし|||||||いう|

b

th

バッハ ばっは

b

狩猟 採集 生活 です ね しゅりょう|さいしゅう|せいかつ||

その 獲得 を して いく と いう 獲得 経済 と も 言います が |かくとく||||||かくとく|けいざい|||いい ます|

例えば この 大 首領 なんか は 阿蘇 の たとえば||だい|しゅりょう|||あそ|

やり です ねえ

やり 先 と 考えて ください 打 製 石器 の 槍 先 |さき||かんがえて||だ|せい|せっき||やり|さき

これほど 戦闘 機 と 言います が ああ |せんとう|き||いい ます||

th

pa

おっ お っ

ボード 先 に 付けた 医師 の やり ぼーど|さき||つけた|いし||

ねえ 種 の 槍 を 使ったり あるいは 阿蘇 の |しゅ||やり||つかったり||あそ|

動物 を その 捕獲 した 手 に 入れたって 言う と それ を 切り裂く か は 5発着 で しょうし ねぇ どうぶつ|||ほかく||て||いれた って|いう||||きりさく|||はっちゃく|||

ダウン 伴奏 と か 言ったら ねえ ぇ そう する と 桜 第 1巻 だうん|ばんそう|||いったら||||||さくら|だい|かん

ああ ああ ああ

th

4日

を 支援 したり する わけ |しえん|||

この 時代 の 人々 僕 らしい です ねぇ |じだい||ひとびと|ぼく|||

re

中 挙行 なか|きょこう

ていた

1

25

あった んだ なぁ

re

あった

th

簡単な 店舗 式 の 小屋 や 洞穴 かんたんな|てんぽ|しき||こや||ほらあな

彼ら の 暮らし が 大型 動物 を 取ったり 動物 を 取ったり あるいは archi の 宮 薗 かれら||くらし||おおがた|どうぶつ||とったり|どうぶつ||とったり||||みや|その

海 と か を 集めて 食べる と いう 暮らし を して いた ため に 通して もう うみ||||あつめて|たべる|||くらし||||||とおして|

その 簡単な 犬 と 四季 の 花 や 葉 決議 は いい ところ が 伴う わけです ね |かんたんな|いぬ||しき||か||は|けつぎ|||||ともなう||

移動 を する と いう こと です ただ ね ええ いどう|||||||||

その う

ダーン と 柱 が あって やれ が ある と いう 建物 で は 移動 わ ぁ 難しく なります ので 移動 の し ||ちゅう||||||||たてもの|||いどう|||むずかしく|なり ます||いどう||

やすい ように 時 に は フラ し やすい 洞窟 と か 洞穴 と か を 見つけて そこ で 暮らしたり する ||じ||||||どうくつ|||ほらあな||||みつけて|||くらしたり|

わけです ね

今 の 我々 に とって ね そんな 風 に で 動物 を かけて いま||われわれ|||||かぜ|||どうぶつ||

移動 するって いう の は は いどう|する って||||

アイゼン そうです ね |そう です|

私 も ね そういう 生活って いう の 可能 わたくし||||せいかつ って|||かのう

で 悲劇 や し ない と 思う んです ですけれども |ひげき|||||おもう||

8考えて みる と で すね 今 我々 は 例えば 夏 の 暑い 日 に 八 里 と か 言い ながら ねえ クーラー を かんがえて|||||いま|われわれ||たとえば|なつ||あつい|ひ||やっ|さと|||いい|||くーらー|

かけたり 怒り が 陸 も 食べたり して なんとか しろう わけです ね |いかり||りく||たべたり|||||

ただ あ 彼ら は 暑い と 思ったら 涼しい ところ に 移動 ||かれら||あつい||おもったら|すずしい|||いどう

すれば いい よそ して ええ ええ

寒く なって きた な と 思った 暖かい ところ に 移動 すれば よい のである わけです ので そう さむく|||||おもった|あたたかい|||いどう||||||

いう 暑 さ 寒 さ と いう こと に 関して 言ったり と か |あつ||さむ||||||かんして|いったり||

だから 我々 が 思う ように その 原始 的で 金 なんて いう 暮らし で は ない ようです |われわれ||おもう|||げんし|てきで|きむ|||くらし||||

結構 ね 豊かに 食べ物 と か あった ように いい けっこう||ゆたかに|たべもの|||||

聞いて います きいて|い ます

で です ね だんらん この 旧跡 時代 も 進んで くる と こう |||||きゅうせき|じだい||すすんで|||

旧 石器 時代 の 中 でも きゅう|せっき|じだい||なか|

石器 時代 と いう 時代 に 突入 して いきます せっき|じだい|||じだい||とつにゅう||いき ます

th

って

この 修正 |しゅうせい

い 時代 と は どのような 時代 である かっ |じだい||||じだい||か っ

と で すね ええ

ben

th

はい えー い

後進 性 あるいは 旧 石器 時代 末期 こうしん|せい||きゅう|せっき|じだい|まっき

中 石器 時代 と いわ れる 時代 が 訪れます これ は です ねえ ええ なか|せっき|じだい||||じだい||おとずれ ます|||||

先 あの スッゴクウ その さき|||

立っ成績 と いう の は 切れる な と いう お 話 を しました ね た っ せいせき|||||きれる|||||はなし||し ました|

え えっ私 だ 成績 作った こと が ある んです けれども |えっ わたくし||せいせき|つくった|||||

カーン て 割って その スッ と 切れる と を そし たら です ね もう ||わって||||きれる|||||||

破って いく うち に 私 なんか も は 石器 作り に 慣れて ない ので やぶって||||わたくし||||せっき|つくり||なれて||

ええ も うて がちな が 気 に なって る うわっって いう ぐらい |||||き||||うわ っ って||

a そういうふうに する んです けれども

欠点 と して は すぐに 刃 こぼれ を する あるいは ああっ けってん|||||は|||||ああ っ

動物 と か を 聞いたら すぐに 油 が ついて 切れ 足 が 悪く なる わけです ね どうぶつ||||きいたら||あぶら|||きれ|あし||わるく|||

すると a

例えば 期 の 豪 に たとえば|き||たけし|

このように

黄 定 ついて いる う き|てい|||

ちっちゃ い ー 席 を 埋め込んで ここ が 呆れ 足 が 悪く なる から すぐに 取り替えて 使う と いう ||-|せき||うめこんで|||あきれ|あし||わるく||||とりかえて|つかう||

ような ああ その 取替え 式 交換 式 の せっき ー が できる わけです ね |||とりかえ|しき|こうかん|しき|||-||||

a

だから ああいう 感じ です か ね あの ーカッターナイフ を あの ||かんじ|||||-カッターナイフ||

切って 割って 切れ味 を 回復 さ せる じゃ ないで す か ああいうような イメージ を 持って きって|わって|きれあじ||かいふく||||||||いめーじ||もって

いただく と いい と 思います このような ||||おもい ます|

石器 を 使って いる 時代 を 集積 地 ない と 言います せっき||つかって||じだい||しゅうせき|ち|||いい ます

はい えー 今回 は この 更新 制 の お 話 を しました ||こんかい|||こうしん|せい|||はなし||し ました

今回 は ここ まで です が 公募 申請 が 終わって いよいよ 縄文 時代 我々 が 知る ところ の こんかい||||||こうぼ|しんせい||おわって||じょうもん|じだい|われわれ||しる||

以上 前 の 時代 に なる んです が いじょう|ぜん||じだい||||

そこ に

ワーク と ノート を とって いる 方 は 一直線 引いて いただいて この 法案 が 逆 ||のーと||||かた||いっちょくせん|ひいて|||ほうあん||ぎゃく

一 番 年 前 へ と いう 風 に 書いて おいて ください ひと|ばん|とし|ぜん||||かぜ||かいて||

何 が 起きた か それ は なん||おきた|||

更新 制 が 約 1万年 前 で 終わります こうしん|せい||やく|まん ねん|ぜん||おわり ます

a

更新 制 の ニックネーム は 氷河 時代 であった ので この 1万年 前 くらい を 境 に こうしん|せい||||ひょうが|じだい||||まん ねん|ぜん|||さかい|

赤く なった わけです ね 地球 は あかく||||ちきゅう|

あったかく なる と 日本 は 大陸 から 離れる |||にっぽん||たいりく||はなれる

海 が 広がって 日本 が 大陸 から 離れた わけです ので うみ||ひろがって|にっぽん||たいりく||はなれた||

日本 は 日本 江 藤島 に なる わけです ね にっぽん||にっぽん|こう|ふじしま||||

a

次 は ここ から 後 の 話 を したい と 思います つぎ||||あと||はなし||し たい||おもい ます

たか

今回 は ここ まで 別荘 こんかい||||べっそう