×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie 政策.


image

(夢十夜) Ten Nights of Dreams by Natsume Sōseki, 1. 第 一夜 (2)

1. 第 一夜 (2)

しばらく して 、 女 が また こう 云った 。 ・・

「 死んだら 、 埋めて 下さい 。 大きな 真珠貝 で 穴 を 掘って 。 そうして 天 から 落ちて 来る 星 の 破片 を 墓標 に 置いて 下さい 。 そうして 墓 の 傍 に 待って いて 下さい 。 また 逢い に 来ます から 」・・

自分 は 、 いつ 逢い に 来る か ね と 聞いた 。 ・・

「 日 が 出る でしょう 。 それ から 日 が 沈む でしょう 。 それ から また 出る でしょう 、 そうして また 沈む でしょう 。 ―― 赤い 日 が 東 から 西 へ 、 東 から 西 へ と 落ちて 行く うち に 、―― あなた 、 待って いられます か 」・・

自分 は 黙って 首肯いた 。 女 は 静かな 調子 を 一 段 張り上げて 、・・

「 百 年 待って いて 下さい 」 と 思い切った 声 で 云った 。 ・・

「 百 年 、 私 の 墓 の 傍 に 坐って 待って いて 下さい 。 きっと 逢い に 来ます から 」・・

自分 は ただ 待って いる と 答えた 。 すると 、 黒い 眸 の なか に 鮮 に 見えた 自分 の 姿 が 、 ぼうっと 崩れて 来た 。 静かな 水 が 動いて 写る 影 を 乱した ように 、 流れ出した と 思ったら 、 女 の 眼 が ぱち り と 閉じた 。 長い 睫 の 間 から 涙 が 頬 へ 垂れた 。 ―― もう 死んで いた 。 ・・

自分 は それ から 庭 へ 下りて 、 真珠貝 で 穴 を 掘った 。 真珠貝 は 大きな 滑 かな 縁 の 鋭 ど い 貝 であった 。 土 を すくう たび に 、 貝 の 裏 に 月 の 光 が 差して きらきら した 。 湿った 土 の 匂 も した 。 穴 は しばらく して 掘 れた 。 女 を その 中 に 入れた 。 そうして 柔らかい 土 を 、 上 から そっと 掛けた 。 掛ける たび に 真珠貝 の 裏 に 月 の 光 が 差した 。 ・・

それ から 星 の 破片 の 落ちた の を 拾って 来て 、 かろく 土 の 上 へ 乗せた 。 星 の 破片 は 丸かった 。 長い 間 大空 を 落ちて いる 間 に 、 角 が 取れて 滑 か に なった んだろう と 思った 。 抱き上げて 土 の 上 へ 置く うち に 、 自分 の 胸 と 手 が 少し 暖 く なった 。

1. 第 一夜 (2) だい|いちや 1. erste Nacht (2) 1. first night (2) 1. première nuit (2) 1. primeira noite (2) 1. первая ночь (2) 1. 第一晚 (2)

しばらく して 、 女 が また こう 云った 。 ||おんな||||うん った Nach einer Weile sagte die Frau wieder. After a while, the woman said again. ・・ ...

「 死んだら 、 埋めて 下さい 。 しんだら|うずめて|ください "Wenn du stirbst, begrabe mich. "Quando eu morrer, por favor, me enterrem. 大きな 真珠貝 で 穴 を 掘って 。 おおきな|しんじゅがい||あな||ほって Graben Sie ein Loch mit einer großen Perlenauster. Dig a hole with a large pearl oyster. Cavar um buraco com uma grande ostra pérola. そうして 天 から 落ちて 来る 星 の 破片 を 墓標 に 置いて 下さい 。 |てん||おちて|くる|ほし||はへん||はか しるべ||おいて|ください Legen Sie dann die Teile des Sterns, die vom Himmel fallen, auf den Grabstein. Then place the fragments of the stars falling from the heavens on the grave marker. そうして 墓 の 傍 に 待って いて 下さい 。 |はか||そば||まって||ください Dann warte am Grab. Then please wait by the grave. また 逢い に 来ます から 」・・ |あい||き ます| I will come to see you again.”

自分 は 、 いつ 逢い に 来る か ね と 聞いた 。 じぶん|||あい||くる||||きいた Ich fragte ihn, wann er zu mir kommen würde. I asked him when he would come to see me. ・・ ...

「 日 が 出る でしょう 。 ひ||でる| Die Sonne wird aufgehen. "The sun will come out. "O sol vai sair. それ から 日 が 沈む でしょう 。 ||ひ||しずむ| Then the sun will set. それ から また 出る でしょう 、 そうして また 沈む でしょう 。 |||でる||||しずむ| Dann wird es wieder herauskommen, und dann wird es wieder sinken. Then it will come out again, and then it will sink again. ―― 赤い 日 が 東 から 西 へ 、 東 から 西 へ と 落ちて 行く うち に 、―― あなた 、 待って いられます か 」・・ あかい|ひ||ひがし||にし||ひがし||にし|||おちて|いく||||まって|いら れ ます| -- Wenn die rote Sonne von Osten nach Westen fällt, von Osten nach Westen, kannst du warten? ... --While the red sun falls from east to west, from east to west --can you wait?'

自分 は 黙って 首肯いた 。 じぶん||だまって|うなずいた Ich nickte schweigend mit dem Kopf. I silently agreed. Acenei com a cabeça em silêncio. 女 は 静かな 調子 を 一 段 張り上げて 、・・ おんな||しずかな|ちょうし||ひと|だん|はりあげて Sie hob ihren ruhigen Tonfall auf ein höheres Niveau und... The woman took her quiet tone to the next level and...

「 百 年 待って いて 下さい 」 と 思い切った 声 で 云った 。 ひゃく|とし|まって||ください||おもいきった|こえ||うん った "Warte hundert Jahre lang auf mich." Ich sagte mit fester Stimme: "Ich werde das nicht zulassen. "Please wait a hundred years," he said boldly. ・・

「 百 年 、 私 の 墓 の 傍 に 坐って 待って いて 下さい 。 ひゃく|とし|わたくし||はか||そば||すわって|まって||ください "Setz dich an mein Grab und warte hundert Jahre lang auf mich. "For a hundred years, please sit by my grave and wait. きっと 逢い に 来ます から 」・・ |あい||き ます| Ich bin sicher, dass ich dich besuchen werde." ... I'm sure you'll come to see me."

自分 は ただ 待って いる と 答えた 。 じぶん|||まって|||こたえた Ich habe geantwortet, dass ich nur warte. I replied that I was just waiting. すると 、 黒い 眸 の なか に 鮮 に 見えた 自分 の 姿 が 、 ぼうっと 崩れて 来た 。 |くろい|ひとみ||||せん||みえた|じぶん||すがた|||くずれて|きた Dann wurde das Bild von sich selbst, das so deutlich in ihren schwarzen Augen zu sehen gewesen war, durch einen benommenen Blick ersetzt. Then, the image of myself, which had been vividly visible in the black eyes, suddenly collapsed. 静かな 水 が 動いて 写る 影 を 乱した ように 、 流れ出した と 思ったら 、 女 の 眼 が ぱち り と 閉じた 。 しずかな|すい||うごいて|うつる|かげ||みだした||ながれだした||おもったら|おんな||がん|||||とじた Die Augen der Frau fielen zu, als das stille Wasser zu fließen begann und die Schatten des bewegten Bildes störte. The woman's eyes snapped shut just when she thought it started to flow, like quiet water disturbing the moving shadows. 長い 睫 の 間 から 涙 が 頬 へ 垂れた 。 ながい|まつげ||あいだ||なみだ||ほお||しだれた Zwischen ihren langen Wimpern rannen ihr Tränen über die Wangen. Tears streamed down her cheeks from between her long eyelashes. ―― もう 死んで いた 。 |しんで| -- Er war bereits tot. --He was already dead. ・・

自分 は それ から 庭 へ 下りて 、 真珠貝 で 穴 を 掘った 。 じぶん||||にわ||おりて|しんじゅがい||あな||ほった Ich bin dann in den Garten gegangen und habe ein Loch mit Perlmuscheln gegraben. I then went down into the garden and dug a hole with a pearl oyster. 真珠貝 は 大きな 滑 かな 縁 の 鋭 ど い 貝 であった 。 しんじゅがい||おおきな|すべ||えん||するど|||かい| Die Perlenauster war eine scharfe Muschel mit einem großen glatten Rand. Pearl oysters were large, smooth-edged, sharp-edged oysters. 土 を すくう たび に 、 貝 の 裏 に 月 の 光 が 差して きらきら した 。 つち|||||かい||うら||つき||ひかり||さして|| Jedes Mal, wenn ich Erde schaufelte, glitzerte das Mondlicht auf der Rückseite der Schale. Every time I scooped up the soil, the back of the shell shone with the moonlight. Cada vez que eu recolhia o solo, a parte de trás da concha brilhava com o luar. 湿った 土 の 匂 も した 。 しめった|つち||にお|| Es gab auch den Geruch von nasser Erde. It also smelled of damp earth. 穴 は しばらく して 掘 れた 。 あな||||ほ| Kurze Zeit später wurde das Loch ausgehoben. The hole was dug after a while. O buraco foi escavado pouco tempo depois. 女 を その 中 に 入れた 。 おんな|||なか||いれた Er legte die Frau hinein. put a woman in it. そうして 柔らかい 土 を 、 上 から そっと 掛けた 。 |やわらかい|つち||うえ|||かけた Dann wurde der weiche Boden sanft von oben bedeckt. Then I gently covered the top with soft soil. Em seguida, cobri delicadamente o topo com terra macia. 掛ける たび に 真珠貝 の 裏 に 月 の 光 が 差した 。 かける|||しんじゅがい||うら||つき||ひかり||さした Jedes Mal, wenn ich sie aufhängte, schien das Mondlicht auf die Rückseite der Perlenauster. Every time I hung it, the moonlight shined through the back of the pearl oyster. Toda vez que eu pendurava, o luar brilhava na parte de trás da ostra pérola. ・・ ...

それ から 星 の 破片 の 落ちた の を 拾って 来て 、 かろく 土 の 上 へ 乗せた 。 ||ほし||はへん||おちた|||ひろって|きて|か ろく|つち||うえ||のせた Dann hob ich die heruntergefallenen Teile des Sterns auf und legte sie auf die Erde. Then I picked up the fallen star fragments and put them on the ground. Então peguei os fragmentos de estrelas caídas e os coloquei no chão. 星 の 破片 は 丸かった 。 ほし||はへん||まるかった Die Teile des Sterns waren rund. 長い 間 大空 を 落ちて いる 間 に 、 角 が 取れて 滑 か に なった んだろう と 思った 。 ながい|あいだ|おおぞら||おちて||あいだ||かど||とれて|すべ||||||おもった Ich dachte, dass sie nach so vielen Jahren des Fallens durch den Himmel ihre Hörner verloren haben müssen und glatt geworden sind. I thought it had become smoother after falling in the sky for a long time. 抱き上げて 土 の 上 へ 置く うち に 、 自分 の 胸 と 手 が 少し 暖 く なった 。 だきあげて|つち||うえ||おく|||じぶん||むね||て||すこし|だん|| Als ich sie hochhob und auf den Boden legte, fühlten sich meine Brust und meine Hände ein wenig warm an. As I picked it up and put it on the ground, my chest and hands felt a little warmer.