×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie 政策.


image

Music, Grand Escape

Grand Escape

空 飛ぶ 羽根 と 引き換え に 繋ぎ 合う 手 を 選んだ 僕ら

それ でも 空 に 魅せられて 夢 を 重ねる の は 罪 か

夏 は 秋 の 背中 を 見て

その 顔 を 思い浮かべる

憧れ な の か 、恋 な の か

叶わ ぬ と 知ってい ながら

通り雨 が 通り雨 と

木漏れ日 たち が 木漏れ日 と

名乗る ずっと ずっと ずっと 前 から

貴方 は 貴方 で いたんだろう?

重力 が 眠り に つく 1000年 に 一 度 の 今日

太陽 の 死角 に 立ち 僕ら この 星 を 出よう

彼 が 眼 を 覚ました 時 連れ 戻せ ない 場所 へ

せ ー の 」で 大地 を 蹴って ここ で は ない 星 へ

夏 風邪 に 焦る 心 が

夏 を 更に 早 送る よ

目まぐるしい 景色 の 中

君 だけ が 止まって 見えた

君 と 出会った あの 日 から

パタリ と 夜 、夢 は 止んだ よ

土 の 中 で 待ち焦がれた

叶える その 時 は 今 だ

重力 が 眠り に つく 1000年 に 一 度 の 今日

花火 の 音 に 載せ 僕ら この 星 を 出よう

彼 が 眼 を 覚ました 時 連れ 戻せ ない 場所 へ

せ ー の 」で 大地 を 蹴って ここ で は ない 星 へ

行こう

もう 少し で 運命 の 向こう

もう 少し で 文明 の 向こう

行こう

もう 少し で 運命 の 向こう

もう 少し で

行こう

もう 少し で 運命 の 向こう

もう 少し で 文明 の 向こう

行こう

もう 少し で 運命 の 向こう

もう 少し で

夢 に 僕ら で 帆 を 張って

来るべき 日 の ため に 夜 を 越え

いざ 期待 だけ 満タン で

あと は どうにか なる さ と 肩 を 組んだ

怖く ない わけない でも 止ま ん ない

ピンチ の 先回り したって 僕ら じゃ しょうがない

僕ら の 恋 が 言う 声 が 言う

「行け 」と 言う


Grand Escape grand|escape Grand Escape. Grand Escape Grand Escape. Grote ontsnapping. Grande fuga. 大逃亡

空 飛ぶ 羽根 と 引き換え に 繋ぎ 合う 手 を 選んだ 僕ら から|とぶ|はね||ひきかえ||つなぎ|あう|て||えらんだ|ぼくら We chose to join hands in exchange for flying wings

それ でも 空 に 魅せられて 夢 を 重ねる の は 罪 か ||から||みせられて|ゆめ||かさねる|||ざい| Even so, is it a sin to be charmed by the sky and keep dreaming?

夏 は 秋 の 背中 を 見て なつ||あき||せなか||みて summer looks at autumn's back

その 顔 を 思い浮かべる |かお||おもいうかべる remember that face

憧れ な の か 、恋 な の か あこがれ||||こい||| Is it longing or love?

叶わ ぬ と 知ってい ながら かなわ|||しってい| Even though I know it won't come true

通り雨 が 通り雨 と とおりあめ||とおりあめ| A passing shower is called a passing shower.

木漏れ日 たち が 木漏れ日 と こもれび|||こもれび| The sun through the trees and the trees through the sun

名乗る ずっと ずっと ずっと 前 から なのる||||ぜん| I've been calling myself that for a long, long time.

貴方 は 貴方 で いたんだろう? あなた||あなた|| You were you, weren't you?

重力 が 眠り に つく 1000年 に 一 度 の 今日 じゅうりょく||ねむり|||とし||ひと|たび||きょう Today once in a thousand years when gravity falls asleep

太陽 の 死角 に 立ち 僕ら この 星 を 出よう たいよう||しかく||たち|ぼくら||ほし||でよう We'll stand in the sun's blind spot, and we'll leave this planet.

彼 が 眼 を 覚ました 時 連れ 戻せ ない 場所 へ かれ||がん||さました|じ|つれ|もどせ||ばしょ| When he wakes up, he'll go somewhere he can't be taken.

せ ー の 」で 大地 を 蹴って ここ で は ない 星 へ |-|||だいち||けって|||||ほし| Kicking the earth with a "Seano" to a planet that isn't here.

夏 風邪 に 焦る 心 が なつ|かぜ||あせる|こころ| A heart that is impatient with a summer cold

夏 を 更に 早 送る よ なつ||さらに|はや|おくる| I'll send summer off even earlier.

目まぐるしい 景色 の 中 めまぐるしい|けしき||なか In the midst of the dizzying scenery

君 だけ が 止まって 見えた きみ|||とまって|みえた You were the only one who seemed to stop.

君 と 出会った あの 日 から きみ||であった||ひ| Since the day I met you

パタリ と 夜 、夢 は 止んだ よ ぱたり||よ|ゆめ||やんだ| And then, at night, the dreams stopped.

土 の 中 で 待ち焦がれた つち||なか||まちこがれた In the earth, I have longed to see you.

叶える その 時 は 今 だ かなえる||じ||いま| Now is the time to make it come true

重力 が 眠り に つく 1000年 に 一 度 の 今日 じゅうりょく||ねむり|||とし||ひと|たび||きょう Gravity sleeps once in a thousand years today

花火 の 音 に 載せ 僕ら この 星 を 出よう はなび||おと||のせ|ぼくら||ほし||でよう Let the sound of fireworks carry us away from this star.

彼 が 眼 を 覚ました 時 連れ 戻せ ない 場所 へ かれ||がん||さました|じ|つれ|もどせ||ばしょ| When he wakes up, he'll go somewhere he can't be taken.

せ ー の 」で 大地 を 蹴って ここ で は ない 星 へ |-|||だいち||けって|||||ほし| "Se-" And then, I kicked the earth to a planet that doesn't belong here.

行こう いこう

もう 少し で 運命 の 向こう |すこし||うんめい||むこう Just a few more steps and we'll be on the other side of destiny.

もう 少し で 文明 の 向こう |すこし||ぶんめい||むこう A little more beyond civilization

行こう いこう

もう 少し で 運命 の 向こう |すこし||うんめい||むこう Just a few more steps and we'll be on the other side of destiny.

もう 少し で |すこし|

行こう いこう

もう 少し で 運命 の 向こう |すこし||うんめい||むこう

もう 少し で 文明 の 向こう |すこし||ぶんめい||むこう Just a few more steps and we'll be over the edge of civilization.

行こう いこう

もう 少し で 運命 の 向こう |すこし||うんめい||むこう

もう 少し で |すこし|

夢 に 僕ら で 帆 を 張って ゆめ||ぼくら||ほ||はって We set sail for our dreams.

来るべき 日 の ため に 夜 を 越え きたるべき|ひ||||よ||こえ For the days to come, beyond the night.

いざ 期待 だけ 満タン で |きたい||まんたん| Now, with full expectations.

あと は どうにか なる さ と 肩 を 組んだ ||||||かた||くんだ I just crossed my shoulders and said, "We'll figure it out.

怖く ない わけない でも 止ま ん ない こわく||||やま|| I'm not afraid. I wouldn't be, but I can't stop.

ピンチ の 先回り したって 僕ら じゃ しょうがない ぴんち||さきまわり||ぼくら|| We can't get ahead of ourselves in a pinch.

僕ら の 恋 が 言う 声 が 言う ぼくら||こい||いう|こえ||いう Our love says, our voice says

「行け 」と 言う いけ||いう