×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie 政策.


image

Comprehensible Japanese Intermediate, Kasa Jizo (Japanese Folktale) かさじぞう - Intermediate

Kasa Jizo (Japanese Folktale ) か さし ゙ぞう - Intermediate

今日 は 「かさ じぞう 」と いう 日本 の 昔話 を します

「かさ じぞう 」の 笠 と は こんな 被り物 の こと です

帽子 みたいです よ ね 今 の 時代 笠 を 被って いる 人 は 滅多に いま せ ん が

昔 の 人 は 雨 や 雪 や 日差し から 頭 を 守る ため に

笠 を 被って いた そうです 「かさ じぞう 」の 地蔵 と は

こんな 石 で できた 石像 の こと です お 地蔵 さん と 言ったり

お 地蔵 様 と 言ったり します

お 寺 や 道端 で 見かける こと が あります よ 仏教 で は

お 地蔵 さん が 私 たち の こと を 守って くれる と 信じられて います

また 悲しい こと や 辛い こと が あった とき

お 地蔵 さん が 代わり に その 苦し み を 引き受けて くれる

身代わり に なって くれる と 信じられて います

な ので お 地蔵 さん を 見かけたら 手 を 合わせて

お辞儀 を したり お供え 物 を したり します

それでは 「かさ じぞう 」の 話 を 始めます 12月 31日

大晦日 の 夜 の 出来事 です ある ところ に お じいさん と おばあ さん が

住んで いました お じいさん と おばあ さん に は

お 金 が ありません 2人 は 貧しい 暮らし を して います

日本 で は お 正月 に 餅 を 食べます が 明日 から お 正月 な のに

お じいさん と おばあ さん は 貧しくて

餅 すら 買えません

お じいさん は 町 へ

笠 を 売り に 行く こと に しました

お ばあさん が 作った 手作り の 笠 です 笠 を 売って

お 金 を 稼いで 町 で

お 正月 に 食べる 食べ物 を 買おう と 思いました

「行って きます 」「行って らっしゃい !気 を つけて ね」

お ばあさん が お じいさん を 見送ります 外 は 雪 が 降って います

大雪 です とても 寒い です

町 へ 行く 途中 に お 地蔵 さん が ありました お 地蔵 さん が 6体 並んで います

お じいさん は 「お 地蔵 さん も 寒 そうだ なぁ 」と 思いました

お 地蔵 さん の 頭 に は 雪 が 積もって います お じいさん は それ を 手 で

払い 落として あげました お じいさん は お 地蔵 さん に

何 か お 供え したい です です が お じいさん は

何も 持って いません お 地蔵 さん に お供え できる もの が

何も ありません お じいさん は

申し訳ない なぁ と 思いました 何も お供え でき なくて ごめんなさい

と 思い ながら お 地蔵 さん に

お辞儀 を して また

町 へ 向かって 歩いて いきました 「笠 は いりません か」

「笠 は いりません か」

お じいさん は 笠 を 売ろう と 町 中 を 歩き回ります が

笠 は 全く 売れません 誰 も 買って くれません

笠 は たくさん 売れ残って しまいました 「仕方ない」

「もう 家 に 帰ろう 」お じいさん は

笠 を 売る の を 諦めて 家 に 帰る こと に しました

帰り道 また お 地蔵 さん の 前 を 通りました

お 地蔵 さん の 頭 に は また 雪 が 積もって います

お じいさん は お 地蔵 さん の 頭 の 雪 を 払い 落としました

「お 地蔵 さん 、寒い でしょう 」と 言って

売れ残った 笠 を お 地蔵 さん に 被せて あげました

でも 笠 は 5つ しか ありません でした

1つ 足りません お じいさん は 自分 が 被って いた 笠 を

とって お 地蔵 さん に 被せて あげました

そして 大雪 の 中 自分 は 笠 なし で

笠 を 被ら ず に 家 に 帰りました

「ただいま 」「お 帰り なさい」

お じいさん は 雪 まみれ です

とても 寒 そうです 雪 まみれ に なった お じいさん を 見た

おばあ さん は 驚いて

「どうした の !?」と 聞きました

お じいさん は 笠 が 売れ なかった こと

それ から 売れ残った 笠 を

お 地蔵 さん に 被せて あげた こと を お ばあさん に 話しました

おばあ さん は にこにこ 笑って 「良い こと を した ね」

と 言いました 笠 が 売れ ず

正月 に 食べる 食べ物 は 買えません でした

でも おばあ さん は 怒ったり しません でした お じいさん を 責めたり しません でした

その 夜 2人 が 眠って しばらく 経った 頃

外 から 何 か 音 が 聞こえて きました

「何の 音 だろう ?」と 2人 が 目 を 覚まして

戸 を 開ける と 家 の 前 に は たくさんの 食べ物 が

置かれて いました 「何 これ!?」

二 人 は びっくり して います ふと 前 を 見る と

笠 を 被った 6体 の お 地蔵 さん が 去って いく の が 見えました

お 地蔵 さん が 持ってきて くれた 食べ物 の お陰 で

2人 は 良い お 正月 を 迎える こと が できました

今日 は 「かさ じぞう 」の お 話 を しました 今日 は これ で

おしまい

また ね!

Kasa Jizo (Japanese Folktale ) か さし ゙ぞう - Intermediate kasa|jizo|japanese|folktale||||intermediate Kasa Jizo (Japanese Folktale) Kasa Jizo - Intermediate Kasa Jizo (Cuento popular japonés) Kasa Jizo - Intermedio Kasa Jizo (conte populaire japonais) Kasa Jizo - Intermédiaire Kasa Jizo (Japans volksverhaal) Kasa Jizo - Intermediair Kasa Jizo (Conto popular japonês) Kasa Jizo - Intermediário

今日 は 「かさ じぞう 」と いう 日本 の 昔話 を します きょう||||||にっぽん||むかしばなし||

「かさ じぞう 」の 笠 と は こんな 被り物 の こと です |||かさ||||かぶりもの|||

帽子 みたいです よ ね 今 の 時代 笠 を 被って いる 人 は 滅多に いま せ ん が ぼうし||||いま||じだい|かさ||おおって||じん||めったに||||

昔 の 人 は 雨 や 雪 や 日差し から 頭 を 守る ため に むかし||じん||あめ||ゆき||ひざし||あたま||まもる||

笠 を 被って いた そうです 「かさ じぞう 」の 地蔵 と は かさ||おおって||そう です||||じぞう||

こんな 石 で できた 石像 の こと です お 地蔵 さん と 言ったり |いし|||せきぞう|||||じぞう|||いったり

お 地蔵 様 と 言ったり します |じぞう|さま||いったり|

お 寺 や 道端 で 見かける こと が あります よ 仏教 で は |てら||みちばた||みかける|||||ぶっきょう||

お 地蔵 さん が 私 たち の こと を 守って くれる と 信じられて います |じぞう|||わたくし|||||まもって|||しんじられて|

また 悲しい こと や 辛い こと が あった とき |かなしい|||からい||||

お 地蔵 さん が 代わり に その 苦し み を 引き受けて くれる |じぞう|||かわり|||にがし|||ひきうけて|

身代わり に なって くれる と 信じられて います みがわり|||||しんじられて|

な ので お 地蔵 さん を 見かけたら 手 を 合わせて |||じぞう|||みかけたら|て||あわせて

お辞儀 を したり お供え 物 を したり します おじぎ|||おそなえ|ぶつ|||

それでは 「かさ じぞう 」の 話 を 始めます 12月 31日 ||||はなし||はじめます|つき|ひ

大晦日 の 夜 の 出来事 です ある ところ に お じいさん と おばあ さん が おおみそか||よ||できごと||||||||||

住んで いました お じいさん と おばあ さん に は すんで||||||||

お 金 が ありません 2人 は 貧しい 暮らし を して います |きむ|||じん||まずしい|くらし|||

日本 で は お 正月 に 餅 を 食べます が 明日 から お 正月 な のに にっぽん||||しょうがつ||もち||たべます||あした|||しょうがつ||

お じいさん と おばあ さん は 貧しくて ||||||まずしくて My grandfather and grandmother were poor.

餅 すら 買えません もち||かえません

お じいさん は 町 へ |||まち|

笠 を 売り に 行く こと に しました かさ||うり||いく||| I decided to go sell my shades.

お ばあさん が 作った 手作り の 笠 です 笠 を 売って |||つくった|てづくり||かさ||かさ||うって These are handmade hats made by my grandmother.

お 金 を 稼いで 町 で |きむ||かせいで|まち| Earn money in town.

お 正月 に 食べる 食べ物 を 買おう と 思いました |しょうがつ||たべる|たべもの||かおう||おもいました

「行って きます 」「行って らっしゃい !気 を つけて ね」 おこなって||おこなって||き|||

お ばあさん が お じいさん を 見送ります 外 は 雪 が 降って います ||||||みおくります|がい||ゆき||ふって|

大雪 です とても 寒い です おおゆき|||さむい|

町 へ 行く 途中 に お 地蔵 さん が ありました お 地蔵 さん が 6体 並んで います まち||いく|とちゅう|||じぞう|||||じぞう|||からだ|ならんで| On the way to the town, there is a Jizo-san (a Buddhist statue).

お じいさん は 「お 地蔵 さん も 寒 そうだ なぁ 」と 思いました ||||じぞう|||さむ|そう だ|||おもいました A grandfather thought, "Jizo-san must be cold, too.

お 地蔵 さん の 頭 に は 雪 が 積もって います お じいさん は それ を 手 で |じぞう|||あたま|||ゆき||つもって|||||||て|

払い 落として あげました お じいさん は お 地蔵 さん に はらい|おとして||||||じぞう||

何 か お 供え したい です です が お じいさん は なん|||そなえ|||||||

何も 持って いません お 地蔵 さん に お供え できる もの が なにも|もって|いま せ ん||じぞう|||おそなえ|||

何も ありません お じいさん は なにも||||

申し訳ない なぁ と 思いました 何も お供え でき なくて ごめんなさい もうしわけない|||おもいました|なにも|おそなえ|||

と 思い ながら お 地蔵 さん に |おもい|||じぞう||

お辞儀 を して また おじぎ||| Bow again.

町 へ 向かって 歩いて いきました 「笠 は いりません か」 まち||むかって|あるいて||かさ||| He was walking into town, "No shades?"

「笠 は いりません か」 かさ|||

お じいさん は 笠 を 売ろう と 町 中 を 歩き回ります が |||かさ||うろう||まち|なか||あるきまわります|

笠 は 全く 売れません 誰 も 買って くれません かさ||まったく|うれません|だれ||かって| The shades don't sell at all. No one is buying them.

笠 は たくさん 売れ残って しまいました 「仕方ない」 かさ|||うれのこって||しかたない We had to sell a lot of shades.

「もう 家 に 帰ろう 」お じいさん は |いえ||かえろう|||

笠 を 売る の を 諦めて 家 に 帰る こと に しました かさ||うる|||あきらめて|いえ||かえる||| I gave up selling the shades and decided to go home.

帰り道 また お 地蔵 さん の 前 を 通りました かえりみち|||じぞう|||ぜん||とおりました On my way home, I passed by the Jizo-san again.

お 地蔵 さん の 頭 に は また 雪 が 積もって います |じぞう|||あたま||||ゆき||つもって|

お じいさん は お 地蔵 さん の 頭 の 雪 を 払い 落としました ||||じぞう|||あたま||ゆき||はらい|おとしました

「お 地蔵 さん 、寒い でしょう 」と 言って |じぞう||さむい|||いって

売れ残った 笠 を お 地蔵 さん に 被せて あげました うれのこった|かさ|||じぞう|||かぶせて|

でも 笠 は 5つ しか ありません でした |かさ|||||

1つ 足りません お じいさん は 自分 が 被って いた 笠 を |たりません||||じぶん||おおって||かさ|

とって お 地蔵 さん に 被せて あげました ||じぞう|||かぶせて|

そして 大雪 の 中 自分 は 笠 なし で |おおゆき||なか|じぶん||かさ||

笠 を 被ら ず に 家 に 帰りました かさ||かぶら|||いえ||かえりました I went home without my hat.

「ただいま 」「お 帰り なさい」 ||かえり|

お じいさん は 雪 まみれ です |||ゆき||

とても 寒 そうです 雪 まみれ に なった お じいさん を 見た |さむ|そう です|ゆき|||||||みた

おばあ さん は 驚いて |||おどろいて

「どうした の !?」と 聞きました |||ききました

お じいさん は 笠 が 売れ なかった こと |||かさ||うれ||

それ から 売れ残った 笠 を ||うれのこった|かさ|

お 地蔵 さん に 被せて あげた こと を お ばあさん に 話しました |じぞう|||かぶせて|||||||はなしました

おばあ さん は にこにこ 笑って 「良い こと を した ね」 ||||わらって|よい||||

と 言いました 笠 が 売れ ず |いいました|かさ||うれ| I said, "I'm sorry," but the hats didn't sell.

正月 に 食べる 食べ物 は 買えません でした しょうがつ||たべる|たべもの||かえません|

でも おばあ さん は 怒ったり しません でした お じいさん を 責めたり しません でした ||||いかったり||||||せめたり||

その 夜 2人 が 眠って しばらく 経った 頃 |よ|じん||ねむって||たった|ころ

外 から 何 か 音 が 聞こえて きました がい||なん||おと||きこえて| I heard something outside.

「何の 音 だろう ?」と 2人 が 目 を 覚まして なんの|おと|||じん||め||さまして

戸 を 開ける と 家 の 前 に は たくさんの 食べ物 が と||あける||いえ||ぜん||||たべもの|

置かれて いました 「何 これ!?」 おかれて||なん|

二 人 は びっくり して います ふと 前 を 見る と ふた|じん||||||ぜん||みる| They're startled, and they look up.

笠 を 被った 6体 の お 地蔵 さん が 去って いく の が 見えました かさ||おおった|からだ|||じぞう|||さって||||みえました I saw six Jizo statues wearing hats leaving.

お 地蔵 さん が 持ってきて くれた 食べ物 の お陰 で |じぞう|||もってきて||たべもの||おかげ|

2人 は 良い お 正月 を 迎える こと が できました じん||よい||しょうがつ||むかえる|||

今日 は 「かさ じぞう 」の お 話 を しました 今日 は これ で きょう||||||はなし|||きょう|||

おしまい

また ね!