×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie 政策.


image

Language Learning 言語学習, Monitor Hypothesis 監視仮説について

Monitor Hypothesis 監視 仮説 に ついて

では 次の 監視 仮説 に ついて 見て いきます。 監視 仮説 と は 何かと 言う と 学習 、すなわち 意識 的な 学習 の 効果 と いう の は 自己 監視 ・モニタリング と 自己 修正 ・エディティング の 効果 のみ です よ と いう こと を 言ってる 訳 です。

これ を 逆に 言う と 、学習 で は 言葉 を 使える よう に は なりません よ と いう こと に なります。

それでは 四 つ 目 の インプット 仮説 に ついて 見て いきましょう。 この インプット 仮説 と いう の は 、この スティーブン ・クラッシェン の 理論 に おける 中心 的な 仮説 に なる ん です けれども 、言葉 の 習得 と いう の は 理解 可能な インプット に よって のみ 起こる と。

即 ち 無意識 的な 習得 と いう もの は この 理解 可能な インプット と いう もの が 大事な んだ と いう 風 に 言って いる わけです。 即 ち 理解 可能な インプット (i + 1)の インプット を 大量に 行う こと が 言葉 を 習得 する ため の 唯一 の 方法 である と いう 風 に 言った 訳 です。

では 、この i + 1 と いう の は どういう こと か と いう と 、自分 自身 が 簡単に 分かる レベル から 少し だけ 難しい レベル 、パーセンテージ で いう と 九十五 パーセント から 九十八 パーセント ぐらい の 理解 できる 教材 を 使う と いう こと が 言葉 を 習得 する 上 で 最も 効果 が 高い と いう こと を 言ってる 訳 です ね。 簡単な もの を 大量に インプット する。 これ が 言葉 を 習得 する 唯一 の 方法 な のだ と いう 風 に クラッシェン は 結論付けて います。

Monitor Hypothesis 監視 仮説 に ついて monitor|hypothesis|かんし|かせつ|| Monitor Hypothesis About the Monitor Hypothesis 监控器假说 关于监控器假说

では 次の 監視 仮説 に ついて 見て いきます。 |つぎの|かんし|かせつ|||みて| We will now look at the next surveillance hypothesis. 監視 仮説 と は 何かと 言う と 学習 、すなわち 意識 的な 学習 の 効果 と いう の は 自己 監視 ・モニタリング と 自己 修正 ・エディティング の 効果 のみ です よ と いう こと を 言ってる 訳 です。 かんし|かせつ|||なにかと|いう||がくしゅう||いしき|てきな|がくしゅう||こうか|||||じこ|かんし|||じこ|しゅうせい|||こうか||||||||いってる|やく| The monitoring hypothesis says that learning, that is, the effect of conscious learning, is only the effect of self-monitoring and self-correction/editing.

これ を 逆に 言う と 、学習 で は 言葉 を 使える よう に は なりません よ と いう こと に なります。 ||ぎゃくに|いう||がくしゅう|||ことば||つかえる|||||||||| To put it the other way around, learning doesn't make you able to use words.

それでは 四 つ 目 の インプット 仮説 に ついて 見て いきましょう。 |よっ||め|||かせつ|||みて| Now let's look at the fourth input hypothesis. この インプット 仮説 と いう の は 、この スティーブン ・クラッシェン の 理論 に おける 中心 的な 仮説 に なる ん です けれども 、言葉 の 習得 と いう の は 理解 可能な インプット に よって のみ 起こる と。 ||かせつ|||||||||りろん|||ちゅうしん|てきな|かせつ||||||ことば||しゅうとく|||||りかい|かのうな|||||おこる| The input hypothesis is the central hypothesis of Stephen Krashen's theory, which states that language acquisition occurs only through comprehensible input.

即 ち 無意識 的な 習得 と いう もの は この 理解 可能な インプット と いう もの が 大事な んだ と いう 風 に 言って いる わけです。 そく||むいしき|てきな|しゅうとく||||||りかい|かのうな||||||だいじな||||かぜ||いって|| In other words, unconscious learning is saying that this comprehensible input is important. 即 ち 理解 可能な インプット (i + 1)の インプット を 大量に 行う こと が 言葉 を 習得 する ため の 唯一 の 方法 である と いう 風 に 言った 訳 です。 そく||りかい|かのうな||||||たいりょうに|おこなう|||ことば||しゅうとく||||ゆいいつ||ほうほう||||かぜ||いった|やく| In other words, the only way to learn a language is to produce a large amount of comprehensible input (i + 1).

では 、この i + 1 と いう の は どういう こと か と いう と 、自分 自身 が 簡単に 分かる レベル から 少し だけ 難しい レベル 、パーセンテージ で いう と 九十五 パーセント から 九十八 パーセント ぐらい の 理解 できる 教材 を 使う と いう こと が 言葉 を 習得 する 上 で 最も 効果 が 高い と いう こと を 言ってる 訳 です ね。 |||||||||||||じぶん|じしん||かんたんに|わかる|れべる||すこし||むずかしい|れべる|||||きゅうじゅうご|ぱーせんと||きゅうじゅうはち|ぱーせんと|||りかい||きょうざい||つかう|||||ことば||しゅうとく||うえ||もっとも|こうか||たかい|||||いってる|やく|| The i + 1 means that the most effective way to learn a language is to use materials that you can understand at a level that is between easy and slightly difficult for you, or 95% to 98% of the time. That's right. 簡単な もの を 大量に インプット する。 かんたんな|||たいりょうに|| Input a large amount of simple materials. これ が 言葉 を 習得 する 唯一 の 方法 な のだ と いう 風 に クラッシェン は 結論付けて います。 ||ことば||しゅうとく||ゆいいつ||ほうほう|||||かぜ||||けつろんづけて| This is the only way to learn a language, Krashen concludes.