×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie 政策.


image

日本の昔話 (初級) // Japanese Folk Tales (beginner level), 地蔵 の 田植え

地蔵 の 田植え

むかし むかし 、ある ところ に 、とても よく 働く 若者 が 住んで いました。

若者 は 田 へ 出かける 時 、いつも 村 はずれ の お 地蔵 さま に 手 を 合わせて おがみました。

「わたし や 村人 たち が 元気で いられる の も 、全て お 地蔵 さま の おかげ です。 ありがとう ございます」

ある 日 、その 若者 が 病気 に なりました。

今 は ちょうど 田植え の 時期 な ので 、病気 だ から と いって 休む 事 は 出来ません。

「困った な。 早く 田植え を し ない と いけない のに」

若者 は 心 の 中 で 、お 地蔵 さま に 頼みました。

(お 地蔵 さま 、病気 を 治して ください。

わたし は 、早く 働きたい のです。

働く 事 ほど 、気持ち の 良い もの は ありません から)

その 晩 の 事 、村人 が 若者 の 田 の そば を 通る と 、誰 か が 田 の 中 で 畑 仕事 を して いました。

村人 が、「こんばん は」と 、言う と、「はい 、こんばん は」と 、その 誰 か が 答えました。

その 誰 か は 、次の 日 も 若者 の 田 に 入って 働いて いました。

別の 村人 が その 誰 か に、

「こんにちは」

と 、言う と

「はい 、こんにちは」

と 、答えました。

その 知ら ない 誰 か は とても 仕事 が 早くて 、一晩 と 一 日 で 若者 の 田 の 田植え を 終わら せた のです。

それ を 見て 、村人 たち は うわさ を しました。

「不思議な 人 だ。 どこ の 誰 だろう?

その うわさ が 、殿さま の 耳 に 入りました。

殿さま は 、その 知ら ない 誰 か を お 城 に 呼びました。

「お前 は 、病気 の 若者 の 田植え を して やった そうだ な。

困って いる 者 を 助ける の は 、良い 事 だ。

ほうび に 、酒 を 飲ま せよう」

殿さま は そう 言って 、お 酒 を 進めました。

「ありがとう ございます」

知ら ない 誰 か は 、おいし そうに お 酒 を 飲みました。

「さあ 、もっと 飲め」

殿さま が 進める と 、知ら ない 誰 か は 顔 を 真っ赤に して 手 を 振りました。

「もう 飲めません。 これ で 、帰ります」

「まて まて」

殿さま は 呼び止める と 、さかずき を 差し出しました。

「この さかずき を 、お前 に やろう。 酒 を 飲み たく なったら 、遠慮 なく ここ へ まいれ」

「はい 、ありがとう ございます」

知ら ない 誰 か は さかずき を 頭 に 乗せる と 、フラフラ し ながら 帰って いきました。

この 話 を 聞いた 病気 の 若者 は 、首 を ひねって 考えました。

「家 の 田植え を して くれた 人って 、誰 だろう?

いくら 考えて も 、思い当たる 人 が いま せ ん。

「まあ 、誰 だ か 知ら ない が 、ありがたい 事 だ。 これ も 、お 地蔵 さま の おかげ に 違いない。 お礼 に 行って こよう」

若者 は 起き上がる と 、お 地蔵 さま の ところ へ 行きました。

「お 地蔵 さま 、お 久しぶりです。 ・・・あっ!

若者 は 、お 地蔵 さま を 見て びっくり です。

なんと お 地蔵 さま の 頭 の 上 に 、さかずき が 乗って いる では ありません か。

それ ばかり で は なく 、お 地蔵 さま の 足 に は 田んぼ の 泥 が こびりついて いた のです。

若者 は 、知ら ない 誰 か の 正体 に 気づきました。

「お 地蔵 さま。 田植え を して くださった の は 、あなた でした か。

この さかずき は 殿さま から いただいた さかずき で 、足 の 泥 は 田 の 土 で ございましょう。

おかげ さま で 、今年 も お 米 が とれます。

ありがとう ございました」

若者 は お 地蔵 さま の 足 を きれいに する と 、お礼 に お 酒 を お供え しました。

おしまい

地蔵 の 田植え じぞう||たうえ Jizo-Reisanbau Jizo rice planting Plantación de arroz Jizo Plantation de riz Jizo Plantação de arroz Jizo Посадка риса Дзидзо 地藏插秧 地藏插秧

むかし むかし 、ある ところ に 、とても よく 働く 若者 が 住んで いました。 |||||||はたらく|わかもの||すんで|い ました Once upon a time, there lived a young man who worked very well. Жил-был молодой человек, очень трудолюбивый.

若者 は 田 へ 出かける 時 、いつも 村 はずれ の お 地蔵 さま に 手 を 合わせて おがみました。 わかもの||た||でかける|じ||むら||||じぞう|||て||あわせて|おがみ ました Whenever a young man went out to a rice field, he worshiped with a Jizo statue on the outskirts of the village. Когда молодые люди выходили на рисовые поля, они всегда складывали руки и молились статуе Дзидзо на окраине деревни.

「わたし や 村人 たち が 元気で いられる の も 、全て お 地蔵 さま の おかげ です。 ||むらびと|||げんきで|いら れる|||すべて||じぞう|||| "It is all thanks to Jizo that I and the villagers are doing well. «Это все благодаря Дзидзо-сама, что я и жители деревни в добром здравии. ありがとう ございます」 Thank you very much" благодарю вас"

ある 日 、その 若者 が 病気 に なりました。 |ひ||わかもの||びょうき||なり ました One day, the young man became ill. Однажды молодой человек заболел.

今 は ちょうど 田植え の 時期 な ので 、病気 だ から と いって 休む 事 は 出来ません。 いま|||たうえ||じき|||びょうき|||||やすむ|こと||でき ませ ん It's time to plant rice, so I can't take a rest just because I'm sick. Сейчас сезон посадки риса, поэтому я не могу взять выходной только потому, что заболел.

「困った な。 こまった| "troubled. "беспокойный. 早く 田植え を し ない と いけない のに」 はやく|たうえ|||||| I have to plant rice as soon as possible. " Мне скоро нужно посадить рис».

若者 は 心 の 中 で 、お 地蔵 さま に 頼みました。 わかもの||こころ||なか|||じぞう|||たのみ ました The young man asked Jizo in his heart. В глубине души юноша обратился к Дзидзо с просьбой.

(お 地蔵 さま 、病気 を 治して ください。 |じぞう||びょうき||なおして| (Mr. Jizo, please cure the illness. (Дзидзо-сама, пожалуйста, вылечите мою болезнь.

わたし は 、早く 働きたい のです。 ||はやく|はたらき たい| I want to work fast. Я хочу работать раньше.

働く 事 ほど 、気持ち の 良い もの は ありません から) はたらく|こと||きもち||よい|||あり ませ ん| Nothing feels better than working) Нет ничего приятнее, чем работать.) 沒有什麼比工作更令人愉快的了。)

その 晩 の 事 、村人 が 若者 の 田 の そば を 通る と 、誰 か が 田 の 中 で 畑 仕事 を して いました。 |ばん||こと|むらびと||わかもの||た||||とおる||だれ|||た||なか||はたけ|しごと|||い ました That evening, when the villagers passed by the youth's rice fields, someone was working in the fields in the rice fields. Той ночью, когда один сельский житель проходил мимо рисового поля молодого человека, он увидел, что кто-то работает в поле.

村人 が、「こんばん は」と 、言う と、「はい 、こんばん は」と 、その 誰 か が 答えました。 むらびと|||||いう|||||||だれ|||こたえました The villagers said, "Good evening," and someone answered, "Yes, good evening." Жители деревни сказали: «Добрый вечер», и кто-то ответил: «Да, добрый вечер».

その 誰 か は 、次の 日 も 若者 の 田 に 入って 働いて いました。 |だれ|||つぎの|ひ||わかもの||た||はいって|はたらいて|い ました Some of them were working in the youth fields the next day as well. На следующий день некоторые из них все еще работали на полях с молодежью.

別の 村人 が その 誰 か に、 べつの|むらびと|||だれ|| To whom another villager Другой житель сказал этому человеку:

「こんにちは」 "Hello" "привет"

と 、言う と |いう| And, say...

「はい 、こんにちは」 "Привет здравствуй"

と 、答えました。 |こたえ ました I replied.

その 知ら ない 誰 か は とても 仕事 が 早くて 、一晩 と 一 日 で 若者 の 田 の 田植え を 終わら せた のです。 |しら||だれ||||しごと||はやくて|ひとばん||ひと|ひ||わかもの||た||たうえ||おわら|| Someone who didn't know was so quick to work that he finished planting the youth's rice fields overnight and one day. Незнакомец был очень быстр в своей работе, и за одну ночь и один день он закончил посадку риса для молодого человека.

それ を 見て 、村人 たち は うわさ を しました。 ||みて|むらびと|||||し ました Seeing that, the villagers made rumors. Увидев это, жители деревни распустили слухи.

「不思議な 人 だ。 ふしぎな|じん| "A mysterious person. "Он странный человек. どこ の 誰 だろう? ||だれ| Who is where? кто откуда? "

その うわさ が 、殿さま の 耳 に 入りました。 |||とのさま||みみ||はいり ました The rumor came into the ears of the lord. Слух достиг ушей Господа.

殿さま は 、その 知ら ない 誰 か を お 城 に 呼びました。 とのさま|||しら||だれ||||しろ||よび ました The lord called someone he didn't know to the castle. Лорд позвал незнакомца в замок.

「お前 は 、病気 の 若者 の 田植え を して やった そうだ な。 おまえ||びょうき||わかもの||たうえ||||そう だ| "You said you planted rice for a sick young man. «Я слышал, вы посадили рис для больного молодого человека.

困って いる 者 を 助ける の は 、良い 事 だ。 こまって||もの||たすける|||よい|こと| It's good to help those in need. Помогать нуждающимся — это хорошо.

ほうび に 、酒 を 飲ま せよう」 ||さけ||のま| Let the reward drink alcohol. " В награду выпьем сакэ». 作為回報,我們來喝清酒吧。”

殿さま は そう 言って 、お 酒 を 進めました。 とのさま|||いって||さけ||すすめ ました The lord said so and proceeded with drinking. Лорд так сказал и начал пить.

「ありがとう ございます」 "Thank you very much" "благодарю вас"

知ら ない 誰 か は 、おいし そうに お 酒 を 飲みました。 しら||だれ||||そう に||さけ||のみ ました Someone who didn't know drank alcohol deliciously. Кто-то, кого я не знал, пил саке с большим удовольствием.

「さあ 、もっと 飲め」 ||のめ "Come on, drink more" «Давай, пей еще»

殿さま が 進める と 、知ら ない 誰 か は 顔 を 真っ赤に して 手 を 振りました。 とのさま||すすめる||しら||だれ|||かお||まっかに||て||ふり ました As the lord proceeded, someone who didn't know turned his face bright red and waved his hand. 殿さま が 進める と 、知ら ない 誰 か は 顔 を 真っ赤に して 手 を 振りました。 Пока лорд продолжал, кто-то, кого он не знал, покраснел и махнул рукой.

「もう 飲めません。 |のめ ませ ん "I can't drink anymore. "Я больше не могу пить. これ で 、帰ります」 ||かえり ます I'm going home. " Я иду домой с этим».

「まて まて」 "Mate Mate" "Подожди подожди"

殿さま は 呼び止める と 、さかずき を 差し出しました。 とのさま||よびとめる||||さしだし ました When the lord stopped, he offered Sakazuki. Когда лорд остановил его, он протянул сакадзуки.

「この さかずき を 、お前 に やろう。 |||おまえ|| "I'll give you this cup. «Давай отдадим тебе этот сакадзуки. 酒 を 飲み たく なったら 、遠慮 なく ここ へ まいれ」 さけ||のみ|||えんりょ|||| If you want to drink, don't hesitate to go here. " Если вы хотите выпить, не стесняйтесь приходить сюда».

「はい 、ありがとう ございます」 "Yes, thank you" "Да спасибо"

知ら ない 誰 か は さかずき を 頭 に 乗せる と 、フラフラ し ながら 帰って いきました。 しら||だれ|||||あたま||のせる||ふらふら|||かえって|いき ました Someone who didn't know put Sakazuki on his head and went home fluttering. Кто-то, кого я не знал, положил Сакадзуки на голову и пошел домой с головокружением.

この 話 を 聞いた 病気 の 若者 は 、首 を ひねって 考えました。 |はなし||きいた|びょうき||わかもの||くび|||かんがえ ました The sick young man who heard this story twisted his head and thought. Услышав эту историю, больной юноша задумался.

「家 の 田植え を して くれた 人って 、誰 だろう? いえ||たうえ||||じん って|だれ| "Who was the one who planted rice in the house? «Кто был тот человек, который посадил рис для моего дома?

いくら 考えて も 、思い当たる 人 が いま せ ん。 |かんがえて||おもいあたる|じん|||| No matter how much I think about it, there are no people who can think of it. Сколько бы я ни думал об этом, я не могу думать ни о ком.

「まあ 、誰 だ か 知ら ない が 、ありがたい 事 だ。 |だれ|||しら||||こと| "Well, I don't know who it is, but I'm grateful. «Ну, я не знаю, кто вы, но я благодарен. これ も 、お 地蔵 さま の おかげ に 違いない。 |||じぞう|||||ちがいない This must also be due to Mr. Jizo. Это должно быть благодаря Дзидзо. お礼 に 行って こよう」 お れい||おこなって| Let's go to thank you. " Пойдем, спасибо».

若者 は 起き上がる と 、お 地蔵 さま の ところ へ 行きました。 わかもの||おきあがる|||じぞう|||||いき ました When the young man got up, he went to Jizo-sama. Молодой человек встал и подошел к Дзидзо.

「お 地蔵 さま 、お 久しぶりです。 |じぞう|||ひさしぶりです "Ojizo-sama, it's been a long time. — Дзидзо-сама, это было давно. ・・・あっ! ···Ah! "

若者 は 、お 地蔵 さま を 見て びっくり です。 わかもの|||じぞう|||みて|| Young people are surprised to see Jizo. Молодые люди удивляются, увидев Дзидзо.

なんと お 地蔵 さま の 頭 の 上 に 、さかずき が 乗って いる では ありません か。 ||じぞう|||あたま||うえ||||のって|||あり ませ ん| Isn't there a Sakazuki on top of Jizo's head? Удивительно, но на голове у Дзидзо есть Сакадзуки.

それ ばかり で は なく 、お 地蔵 さま の 足 に は 田んぼ の 泥 が こびりついて いた のです。 ||||||じぞう|||あし|||たんぼ||どろ|||| Not only that, but the mud of the rice fields was stuck to Jizo's feet. Мало того, ноги Дзидзо были покрыты грязью с рисового поля.

若者 は 、知ら ない 誰 か の 正体 に 気づきました。 わかもの||しら||だれ|||しょうたい||きづき ました The young man realized the identity of someone he didn't know. Молодой человек понял личность кого-то, кого он не знал.

「お 地蔵 さま。 |じぞう| "Mr. Jizo. 田植え を して くださった の は 、あなた でした か。 たうえ|||||||| Was it you who planted the rice? Ты был тем, кто посадил рис?

この さかずき は 殿さま から いただいた さかずき で 、足 の 泥 は 田 の 土 で ございましょう。 |||とのさま|||||あし||どろ||た||つち|| This Sakazuki is the Sakazuki that you received from the lord, and the mud on your feet should be the soil of the rice fields. Этот сакадзуки мне подарил господин, а грязь на моих ногах, наверное, грязь с рисового поля.

おかげ さま で 、今年 も お 米 が とれます。 |||ことし|||べい||とれ ます Thanks to you, we can get rice again this year. Благодаря вам в этом году мы снова сможем собрать урожай риса.

ありがとう ございました」 thank you"

若者 は お 地蔵 さま の 足 を きれいに する と 、お礼 に お 酒 を お供え しました。 わかもの|||じぞう|||あし|||||お れい|||さけ||おそなえ|し ました The young man cleaned Jizo's feet and offered sake as a thank-you. Вымыв ноги Дзидзо, молодой человек предложил саке в знак благодарности.

おしまい