×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie 政策.


image

日本の昔話 (初級) // Japanese Folk Tales (beginner level), だんまりくらべ

だんまり くらべ

むかし むかし 、ある ところ に 、お じいさん と おばあ さん が 住んで いました。

ある 日 の 事 、近所 の 人 が お もち を 持って 来て くれました。

「昨日 な 、家 で もち を ついた んだ。 たくさん ある から 、おすそわけ に 持って 来た だ」

お もち の 大好きな お じいさん と おばあ さん は 、大喜びです。

お もち は 全部 で 、七 つ ありました。

「うまい 、これ は うまい もち だ」

「本当に 、おいしい お もち です ねえ」

一 つ ずつ 食べた ので 、お もち は 五 つ に なりました。

「まだまだ ある から 、もう 一 つ 食べよう」

「はい。 明日 まで 置いて おく と 、固く なります から ね」

また 一 つ ずつ 食べた ので 、残り は 三 つ です。

「もう 少し ある な。 では 後 一 つ 食べよう」

「はい。 もう 一 つ いただきましょう」

また 一 つ ずつ 食べた ので 、残る お もち は 一 つ だけ です。

一 つ だけ 残った お もち を 見て 、お じいさん が 言いました。

「一 つ だけ 残して も 仕方 が ない。 ここ は 、だんまり くらべ を して 勝った 方 が 、残り の もち を 食べる 事 に し ない か?

「いい です ねえ」

だんまり くらべ と は 、何も しゃべら ず に 頑張る 競争 で 、先 に しゃべった 方 が 負け です。

その 為 に 、お じいさん と おばあ さん は おしゃべり が 出来ません。

つまらない ので 、二 人 と も 早く に 寝て しまいました。

さて 、その 日 の 夜中 の 事 、家 に 泥棒 が 入って 来ました。

お じいさん も お ばあさん も 泥棒 に 気づきました が 、だんまり くらべ を して いる ので 口 を きく わけに は いきま せ ん。

お じいさん と おばあ さん は 、泥棒 が 家 の 物 を 盗む の を 寝た ふり を し ながら じっと 見て いました。

やがて 泥棒 は 、お 皿 の 上 に お もち が 置いて ある の を 見つけました。

「あっ、うま そうな もち だ。 こいつ も 頂こう」

泥棒 が お もち を 食べよう と した その 時 、ついに おばあ さん が 大声 で 言いました。

「こらっ、その もち を 食う な!

「ひ ぇ ーー!

びっくり した 泥棒 は 、盗んだ 物 を 全部 放り出して 逃げて 行きました。

すると お じいさん が 、うれし そうに 言いました。

「わ は は は は。 ばあさん が しゃべった。 この 勝負 は 、わし の 勝ち じゃ。 だから この もち は 、わし が 食べる ぞ。 もぐもぐ・・・」

お じいさん が おいし そうに もち を 食べる の を 見て 、お ばあさん が うらめし そうに 言いました。

「あー あ 、あの 時 に わたし が 声 を 出さ なけりゃ 、その もち は 泥棒 に 食べられて しまった のに」

おしまい

だんまり くらべ Wettbewerb, bei dem drei Ringer Rücken an Rücken im Kreis stehen und die Plätze tauschen Compared to a lot concurso en el que tres luchadores se colocan espalda con espalda en un círculo y barajan Compétition dans laquelle trois lutteurs se placent dos à dos dans un cercle et mélangent leurs mains. wedstrijd waarbij drie worstelaars rug-aan-rug in een cirkel staan en schuifelen competição em que três lutadores se colocam lado a lado num círculo e se baralham Тихая конкуренция Üç güreşçinin bir daire içinde arka arkaya durduğu ve 安静的竞争 与其他人比较 安靜的比較

むかし むかし 、ある ところ に 、お じいさん と おばあ さん が 住んで いました。 |||||||||||すんで|い ました Once upon a time, there lived an old man and an old woman. Жили-были в одном месте старик и старуха. 从前,一个老男人和一个老太婆住在某个地方。

ある 日 の 事 、近所 の 人 が お もち を 持って 来て くれました。 |ひ||こと|きんじょ||じん|||||もって|きて|くれ ました One day, a neighbor brought me a toy. Однажды соседка принесла мне моти.

「昨日 な 、家 で もち を ついた んだ。 きのう||いえ||||| "Yesterday, I got a mochi at home. "Вчера я сделал моти дома. たくさん ある から 、おすそわけ に 持って 来た だ」 |||||もって|きた| I brought it to you because there are so many. " У меня их много, поэтому я привезла их в подарок».

お もち の 大好きな お じいさん と おばあ さん は 、大喜びです。 |||だいすきな|||||||おおよろこびです My favorite grandfather and grandmother are overjoyed. Любимые дедушка и бабушка Омоти в восторге.

お もち は 全部 で 、七 つ ありました。 |||ぜんぶ||なな||あり ました There were seven toys in all. Всего было семь моти.

「うまい 、これ は うまい もち だ」 "Good, this is good mochi." "Хорошо, это хорошо"

「本当に 、おいしい お もち です ねえ」 ほんとうに||||| "It ’s really delicious, is n’t it?" — Это очень вкусно, не так ли?

一 つ ずつ 食べた ので 、お もち は 五 つ に なりました。 ひと|||たべた|||||いつ|||なり ました I ate one by one, so I had five toys. Я ел один за другим, так что у меня было пять моти.

「まだまだ ある から 、もう 一 つ 食べよう」 ||||ひと||たべよう "I have more, so let's eat another one." «Есть еще, так что давай съедим еще один».

「はい。 明日 まで 置いて おく と 、固く なります から ね」 あした||おいて|||かたく|なり ます|| If you leave it until tomorrow, it will become hard. " Если вы оставите это до завтра, оно затвердеет».

また 一 つ ずつ 食べた ので 、残り は 三 つ です。 |ひと|||たべた||のこり||みっ|| I ate one each, so there are three left. Я съел по одному, так что осталось три.

「もう 少し ある な。 |すこし|| "There is a little more. "У меня есть немного больше. では 後 一 つ 食べよう」 |あと|ひと||たべよう Let's eat one more " Тогда давай съедим еще один».

「はい。 "yes. もう 一 つ いただきましょう」 |ひと||いただき ましょう Let's have another one. " Давай еще один».

また 一 つ ずつ 食べた ので 、残る お もち は 一 つ だけ です。 |ひと|||たべた||のこる||||ひと||| I ate one by one, so I only have one toy left. Я снова съел один за другим, так что остался только один моти.

一 つ だけ 残った お もち を 見て 、お じいさん が 言いました。 ひと|||のこった||||みて||||いい ました Looking at the one remaining toy, the old man said. Глядя на единственный оставшийся рисовый пирог, старик сказал.

「一 つ だけ 残して も 仕方 が ない。 ひと|||のこして||しかた|| "There is no point in leaving only one. «Нет смысла оставлять только одного. ここ は 、だんまり くらべ を して 勝った 方 が 、残り の もち を 食べる 事 に し ない か? ||||||かった|かた||のこり||||たべる|こと|||| Isn't this the one who wins by comparing with the rest, eating the rest of the mochi? Не должен ли тот, кто выиграет в тихом соревновании, съесть оставшиеся моти здесь?

「いい です ねえ」 "Звучит хорошо"

だんまり くらべ と は 、何も しゃべら ず に 頑張る 競争 で 、先 に しゃべった 方 が 負け です。 ||||なにも||||がんばる|きょうそう||さき|||かた||まけ| Compared to a lot, it is a competition where you do your best without talking, and the one who talks first loses. Данмари курабэ — это соревнование, в котором вы делаете все возможное, ничего не говоря, и проигрывает тот, кто говорит первым.

その 為 に 、お じいさん と おばあ さん は おしゃべり が 出来ません。 |ため||||||||||でき ませ ん Therefore, grandfather and grandfather cannot talk. Из-за этого старик и старуха не могут разговаривать.

つまらない ので 、二 人 と も 早く に 寝て しまいました。 ||ふた|じん|||はやく||ねて|しまい ました It was boring, so we both fell asleep early. Мы оба рано легли спать, потому что было скучно.

さて 、その 日 の 夜中 の 事 、家 に 泥棒 が 入って 来ました。 ||ひ||よなか||こと|いえ||どろぼう||はいって|き ました Well, in the middle of the night of the day, a thief came into the house. В ту ночь в дом вломился вор.

お じいさん も お ばあさん も 泥棒 に 気づきました が 、だんまり くらべ を して いる ので 口 を きく わけに は いきま せ ん。 ||||||どろぼう||きづき ました||||||||くち||||||| Both the old man and the old woman noticed the thief, but they were quietly competing so they couldn't talk to him. И старик, и старуха заметили вора, но тихо соревновались, поэтому не могли с ним поговорить.

お じいさん と おばあ さん は 、泥棒 が 家 の 物 を 盗む の を 寝た ふり を し ながら じっと 見て いました。 ||||||どろぼう||いえ||ぶつ||ぬすむ|||ねた||||||みて|い ました The grandfather and aunt watched the thief stealing things in the house, pretending to be asleep. Дедушка и бабушка притворились спящими и смотрели, как воры крадут вещи из их дома.

やがて 泥棒 は 、お 皿 の 上 に お もち が 置いて ある の を 見つけました。 |どろぼう|||さら||うえ|||||おいて||||みつけ ました Eventually, the thief found a toy on the plate. В конце концов, вор нашел рисовый пирог на тарелке.

「あっ、うま そうな もち だ。 ||そう な|| "Ah, it looks delicious. "Ах, выглядит аппетитно. こいつ も 頂こう」 ||いただこう Let's get this one too " Давайте и это тоже».

泥棒 が お もち を 食べよう と した その 時 、ついに おばあ さん が 大声 で 言いました。 どろぼう|||||たべよう||||じ|||||おおごえ||いい ました When the thief tried to eat the rice cake, the aunt finally shouted. Когда вор уже собирался съесть рисовую лепешку, старуха наконец закричала:

「こらっ、その もち を 食う な! こら っ||||くう| "Hey, don't eat that mochi! "Эй, не ешь этот моти!

「ひ ぇ ーー! ||-- "Hey! "Привет!

びっくり した 泥棒 は 、盗んだ 物 を 全部 放り出して 逃げて 行きました。 ||どろぼう||ぬすんだ|ぶつ||ぜんぶ|ほうりだして|にげて|いき ました The surprised thief threw away all the stolen things and ran away. Испуганный вор бросил все, что украл, и убежал.

すると お じいさん が 、うれし そうに 言いました。 |||||そう に|いい ました Then the old man said happily. Тогда старик сказал счастливо.

「わ は は は は。 I'm not sure I'm going to be able to do it. ばあさん が しゃべった。 The old lady talked. Бабушка говорила. この 勝負 は 、わし の 勝ち じゃ。 |しょうぶ||||かち| This match is my win. Этот матч — моя победа. だから この もち は 、わし が 食べる ぞ。 ||||||たべる| So I will eat this mochi. Так что я буду есть этот моти. もぐもぐ・・・」 mumbling..."

お じいさん が おいし そうに もち を 食べる の を 見て 、お ばあさん が うらめし そうに 言いました。 ||||そう に|||たべる|||みて|||||そう に|いい ました Seeing the old man eating rice cakes deliciously, the old woman said with envy. Увидев, как старик ест моти с большим удовольствием, старуха сказала с отвращением.

「あー あ 、あの 時 に わたし が 声 を 出さ なけりゃ 、その もち は 泥棒 に 食べられて しまった のに」 |||じ||||こえ||ださ|||||どろぼう||たべ られて|| "Ah, I had to make a voice at that time, and that mochi would have been eaten by a thief." «О, если бы я тогда не заговорил, вор съел бы моти».

おしまい