image

うたわれるもの 偽りの仮面, Utawarerumono: Itsuwari no Kamen Episode 7

珍しい な ルル や ん が 買い物 に 誘って くれる なんて

ありがとう ござい ます 付き合って くださって

まだ ちょっと 1 人 で 町 に 出る の は …

はえ ? えらい 繁盛 し とる え

何 の 店 な ん ?

は !

あ あ

ルル や ん ?

あ アトゥイ 様

はい ?

わ 私 ちょっと あそこ で お 買い物 しよ う と 思う の です が

そう な の け ?

いい です よ ね ?

は あ

いい です よ ね ?

う うん

いい です よ ね ! ?

はい

ルルティエ 行き ます

ルル や ん ?

ごめんなさい ちょっと 通ら せ て いただき ます

ち ょ ルル や ん ?

- 何 や の いったい \ N - あ …

- あ \ N - え

ああ

わ あ

不安定 な 神様 繰り返す 出会い と 別れ

また 会え る その 日 まで 時 かける 旅人

あなた が 泣 い て いる 流 る る 涙 の 雨

泣く な と は 言わ ない 心 かなしく て

生き と し 生ける もの 何 か を 背負い ながら

見え ない 鎖 に つなが れ て いる

どれほど 救わ れ た だ ろ う

あどけない 笑顔 を なくし たく は ない

不安定 な 神様 繰り返す 過去 と 未来

生まれ そして 死 ん で ゆく 運命 ( さ だめ )

掛け違え た 世界 で 繰り返す 出会い と 別れ

また 会え る その 日 まで 時 かける 旅人

あや 何 これ 裸 ?

男 の 人 同士 で ? 何 し てる ん

大変 出遅れ ちゃ った

えっ と ルル や ん ?

静か に ! 気 が 散り ます !

は はい ?

さすが 帝都 です 写本 じゃ ない 肉筆 の 書 が こんなに

ああ この 日 を 何度 夢 に 見 た こと か

凄い 全部 表紙 が 色刷り なんて

あ これ 読 ん だ こと ない

これ も あ これ も

うち の 知って る ルル や ん と 違う

- は ! \ N - あ

あ あれ は !

見 て ください アトゥイ 様

あれ ラウラウ 先生 の 伝説 の 名作 です よ

写本 でも あっという間 に 完売 し ちゃ って 今 で は 超 貴重 な 品 な ん です

ラウラウ 先生 ?

あの 超 人気 作家 ラウラウ 先生 を 知ら ない ん です か ?

信じ られ ない で す 人生 損 し て ます よ アトゥイ さん

な なんか ごめん な

は あの

すみません それ ください

ルル や ん 帰って き て

明日 やる って いう 生誕 祭 だった か ?

随分 大きな 祭り な ん だ な

それ は もう 姫 殿下 の お 誕生日 を お 祝い する 大切 な お祭り です から

あ そこ ちょっと 緩 ん で ませ ん か ?

ちゃんと 結ば ない と 解け ちゃ い ます よ

はい よ

細かい な

あれ ? ネコネ ?

え ね ね ね ね ね ね ネコネ さん わ だ

ん ?

なん だ 見 間違い か

ひ う う

正直 すま ん かった

ふん ふん ふ ふん

よし もう いい かな

後 は 冷やし て 固まる の を 待つ だけ

フフ

ハク たち が 戻って くる 頃 に は でき てる かな

ウフ う う フフフフフ フフ

そんなに 欲しかった のけ ? それ

はい

ご ごめんなさい

はしゃぎ すぎ て しまい まし た

いや 珍しい ルル や ん が 見 れ て うち も 面白かった え

ああ う

- う わ \ N - う ぎ ゃ

あ ルル や ん 大丈夫 け ?

う う

う う あ た た ん ?

何 じゃ これ は

あっ

ほう

ほう これ は

姫 殿下 って この ヤマト の 皇女 様 な ん だ よ な

どんな 人 な ん だ ?

私 も 遠く から しか 拝見 した こと が ない ので 聞い た 話 に なる の です が

とても 聡明 で 大輪 の 花 の よう に 艶 やか な 方 だ そう です よ

大輪 の 花 ね

明日 の 生誕 祭 で 初めて 我々 の よう な 下々 の 者 の 前 に も

ご 尊 顔 を 現さ れる こと に なって る ん です

でも 確か ヤマト の 帝 って

何 百 年 も 生き てる って 話 だ よ な

ええ

その 娘 って こと は 今 いく つ な ん だ よ

み 帝 や 姫 殿下 は その よう な こと は 超越 し て いる 方々 な ん です

じゃあ 美人 な の か

もちろん

ネコネ より も か ?

う あ な な な な な な 何 を

いきなり いきなり そんな い い いい 今 は ね ね ね ネコネ さん は かか か かん け 関係 あ た ー

本当 に 分かり やすい な お前

ほう ほう これ は

は あ えらい 夢中 で 読 ん ど る え

う あ う

- うむ 気 に 入った \ N - あ

男 同士 の 友情 と いう やつ は 素晴らしい な

そ そうです か ?

素晴らしい 献上 品 で ある

そ なた ら の 忠義 忘れ ぬ ぞ

え 献上 ?

では さらば じゃ

はい また な

て わ 私 の 本

あ やや

わ 私 の 本 が

ラウラウ 先生 の 本 が

ふ ふん ふん あ ネコネ

あ 姉 様 ちょうど よかった の です

ルルティエ 様 と アトゥイ さん 知ら ない です か ?

あの 2 人 なら 朝 から 買い物 に 出かけ てる けど

買い物 お 二 人 と も 明日 の 準備 は 大丈夫 な の でしょ う か

何 か 用事 で も ある の ?

生誕 祭 の 打ち合わせ を し たい の です よ

ああ そ っか あの 2 人 は 皇族 だ から

困った の です

まあ 夕方 に は 帰って くる かな

あ そうだ ネコネ

せっかく だ から 2 人 を 待つ ついで に ちょっと 味見 し て もらえ る ?

味見 です か ?

ルル や ん 災難 やった な

本当 どこ の 子 やった の か 親 の 顔 が 見 て み た いえ

私 もう 生き て いく 気力 が あり ませ ん

え そんなに け ?

ああ …

あの すみません

はい ?

へえ ええ 男 や

でも うち の 好み と は ちょっと 違う かな

あ まさか

そんな …

ルル や ん ?

あ あの ひょっとして あなた は

ラウラウ 先生

え ? この 人 が ?

フッ

あ あっ

先ほど は 災難 で し た ね

代わり と 言って は なん です が フ 受け取って ください

写本 で 申し訳 あり ませ ん が

ふ あ

では 楽し ん で ください ね

良かった な ルル や ん

ルル や ん ?

な ひ ゃ あー

ルル や ー ん

なあ そろそろ 飯 に し ない か ?

クオン から 飯 代 を 預かって る ん だ よ な

ですが まだ あっ ち の 通り も 全部 終わって い ませ ん し

その 前 に 腹ごしらえ だ 腹 が 減って は 何と やら って 言う だ ろ ?

なあ お 嬢ちゃん いい加減 分かって くれよ

だから な お 代 だ よ お 代

食ったら 払う 当たり前 だ ろ ?

じゃ から その お 代 と いう の は 何 な の じゃ ?

あの な

どう し まし た ?

あ いや な この お 嬢ちゃん うち の 串 焼き 散々 食って おい て よ ぉ

どうも 金持 って ねえ みたい な ん だ よ

そ なた が 食べ て いけ と 言った の で は ない か

誰 も ただ と は 言って ねえ よ

困り まし た ね ん どう し ま しょ う ハク さ

いや うまい よ な ここ の 串 焼き

ハク さ ん !

- うむ なかなか の 珍味 じゃ \ N - う う

ほら キウル お前 も 一緒 に 食え 食え

うまい ぞ

う う

おお く

は あ しょうがない なぁ もう

前 に ルルティエ が 作って くれ た お 菓子 が あった でしょ ?

甘く 溶 い た 卵 の 生地 に 煮詰め た 果物 や 香 草 を 入れ た

クニュイ です か ?

そう それ おいしかった から 私 も 真似 し て 作って み た の

それ は 素敵 な の です

そろそろ 出来上がる 頃 だ から 厨房 行って み よっ か

ちょっと 自信 作 かな

さて それ じゃ 今度 こそ 飯 食い に 行く か

何 を 食う か な ー

でも 食費 は さっき の 串 焼き で 全部 使っちゃ い まし た よ ?

何 ?

てっきり あれ が 食事 代わり な の か と

しまった

こいつ が あんまり うま そう に 食う もん で つい

どこ の 子 な の でしょ う か

迷子 かな

のう

あれ は ひょっとして 大 門 と いう やつ か ?

え う う そうだ よ ?

あ はっ と いう こと は あの 先 は もう 帝都 の 外 な の じゃ な

そう なる な

噂 に 聞く 山 と か 海 と か も ある の じゃ な ?

当たり前 だ ろ ?

そう か

ねえ お嬢さん お うち は どこ ?

迷子 に なった の なら 送って あげる よ

ふん ふん

あ こら 待て

- どこ に 行く 気 だ \ N - お おお

おいおい うち の 近く まで 戻って き ち まった ぞ

お嬢さん お家 この 辺 な の ?

家 ?

家 なら あそこ じゃ

あれ は 聖 廟 です よ

あの な こっち は これ でも 忙しい ん だ

真面目 に 答え たら どう だ ? 真面目 に

そ なた は 何 を 言って おる の じゃ ?

話 が 通じ て ない ぞ

検非 違 使 の ところ に 連れ て いき ま しょ う か

それ が いい かも な 自分 ら の 手 に は 負え ん

お嬢さん 私 たち と 一緒 に

て あれ ?

いつの間に

何 だった ん でしょ う あの 子

おいしく でき てる と いい な

姉 様 が 作る お 菓子 が おいしく ない わけない の です よ

フフ だ と いい けど

えっ

はむ うん うん

はむ うん なかなか じゃ 悪く ない の

ひ ゅ り っ

- どこ の 誰 だ か 知ら ない けれど \ N - ん ?

なんで 私 の お 菓子 を 勝手 に 食べ てる の ?

ふむ 形 は ちょっと 不細工 じゃ が なかなか 美味 で あった

褒め て つかわす

ぶ さ …

余 は お代わり を 所望 する の じゃ

- 今 あなた が 食べ てる ので 全部 かな \ N - う う う う

ふむ で は 余 は この 辺 で

さらば な の じゃ

ちょっと 待つ かな

あ 姉 様

もう なんて す ば しっ こい

姉 様 知って る 子 な の です か ?

う うん 全然

見つけ たら ただ じゃ おか ない か な

ただいま

ただいま 帰り まし た

ん そこ か ー !

ぐ あ !

ああ

ぐ は

う う 帰って くる なり ご挨拶 だ な おい

あ あ は は は は は

ネコネ さん 何 か あった ん です か ?

私 に も 何 が 何 やら な の です

ひ ゃ あー あー

な 何 だ

- 詰め所 の 方 から な の です \ N - ん っ

おい なん だ よ 説明 しろ って

話 は 後 ハク も 一緒 に 来る かな

ふう 今日 は やけに 慌ただしい な

どう し まし た ?

て う あ

ふん ふん ふ ふん ふん ふん ふ ふん

う うち の 服 し わく ちゃ に

そ それ は 私 の

ん ? おお これ は そな た の か

さすが じゃ 良い 趣味 を し て おる

う ぅ

- う く \ N - うむ やはり 良い もの じゃ な

男 同士 の 友情 と いう やつ は

わ あ あー わ あ わ あ わ あ あー ぁ わ

て ここ に い た !

そ そ なた も しか して 怒って おる の か ?

さあ 確かめ て みる ?

ま 待つ の じゃ 話せ ば 分かる

問答 無用 おし おき

ひ っ

かな

ひ い い

- 逃がさ ない ん だ から \ N - ああ

アトゥイ そっち 回って

はい な

- いや あ \ N - ん

おし おき は 嫌 な の じゃ ー

今度 は 何 の 騒ぎ だ ?

ぐ あ

ふ ぎ ゃ あ

い た た は

逃がさ ない って 言った よ ね

え へ フフ フフ

う う う

う う 何 を そんなに 怒って おる の じゃ

自分 で 散らかし た ところ は 自分 で 掃除 する の

そ そう な の か ?

それ に 他 所 様 の もの を 勝手 に 食べる の も 駄目 かな

う う 市井 の しきたり と は 難儀 な もの じゃ のう

はい じゃあ 次 は 厨房 の お 片付け ね

分かった の じゃ

は あ

はい お 疲れ 様

し 死ぬ か と 思った の じゃ

でも 頑張って 働 い た 後 は 気持ち が いい でしょ う

ふう

失礼 する

- う あ \ N - ん ?

う う

こちら に い ら し た の です か

ひ い

ひ ひ ひ ひ

- ひえ え \ N - ふん

う う ふ ぎ ゃ あー う う

ふ ぎ ゃ あー

そんな む ムネチカ 様

誰 ?

ヤマト 八 柱 将 の 1 人 鎮守 の ムネチカ 様 です

とっても 偉い 方 な の です よ

それ が どうして こんな 所 に

ふ ぎ ゃ あ

またもや 部屋 を 抜け出し た 挙げ句 こちら の 方々 に 迷惑 を お かけ する など

反省 いたし た か

ならば 皆様 に 謝ら れよ

い 嫌 な の じゃ

ふん

う ふ ぎ ゃ あー

反省 いたし た か

ふ ー う ご ごめんなさい な ー ん て 絶対 言わ ない の じゃ

あっかん べ ー ぽん ぽこ ぴ ー ふ あ ひ

ふ ぎ ゃ あー !

貴 公 が ハク 殿 か

以前 より オシュ トル 殿 から 伺って いる

あ ああ

お 騒がせ し た オシュ トル 殿 に も 申し訳ない と お 伝え 願い たい

では

あ 待って ください

これ 後 で その 子 に 渡し て あげて ください

私 は 別に いただき まし た から

きっと その 子 に とって 凄く 大切 な もの だ と 思う ん です

そう です か

では

やけに おし おき って 言葉 に 怯え てる な って 思ったら なるほど ね

ムネチカ 様 も 普段 は 物静か な 方 な の です が

で ? 結局 何 だった ん だ あの お 子 様 は

さあ

帰ったら もう 一 度 説教 です ので お 覚悟 を

は あ 分かった の じゃ

それにしても 勉学 が お 嫌い な の に 書 冊 と は 珍しい

おお それ か

素晴らしかった ぞ 市井 に は その よう な 面白い 書 が ある の じゃ な

ほう

う こ は かか こ ここ ここ ここ

こ これ は

おお ふん うん なんと ああ そんな ところ に

く か ん ん

後 学 の ため もう 少し 読み 込ま せ て いただき ます

うむ !

凄い 人 混 み だ な

帝都 中 の 人 が ここ に 集まって る ん じゃ ない か ?

そう 言って も 大げさ じゃ ない か な

あ み て み て あの 2 人

アハハ

あんな 格好 し てる と やっぱり 2 人 と も 姫 さん って 感じ だ な

あ オシュ トル だ

と いう こと は 反対 側 に いる の が もう 一 人 の 近衛 大将

ミカヅチ って 人 かな

あれ が 八 柱 将

この ヤマト の 軍事 の 要 8 人 の 大 将軍 だ ね

へえ

でも 昨日 の ムネチカ って 人 は い ない な

ん !

どう し た の ?

いや

何でもない

いよいよ だ ね

あ ムネチカ

- あ あー \ N - おお ー

- え \ N - あ

おい クオン

あれ って

やっぱり

よく 集まって くれ た

我が 愛 する 民 よ

余 が ヤマト を 統べる 帝 が 後継 たる 天子

アンジュ で ある

語り継が れる 愛 の 子守唄

そっと あなた に 歌う

寄せ て は 返す 波 の 音 の よう に

永久 ( とわ ) に 響き 奏でる

二 重 に 絡みあい 永遠 に 続く

螺旋 の よう に

繋がる ふた り の 運命 ( さ だめ ) いつか 逢える と

この世 に 生まれ た

あなた は 夢 人 いつも 彼方 どこ か に

懐かし 面影 探し てる

不思議 な 世界 は 万華鏡 の よう に

形 変え て は 繰り返さ れる 夢 か 現 か



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQ에서 온라인 언어학습

珍しい な ルル や ん が 買い物 に 誘って くれる なんて

ありがとう ござい ます 付き合って くださって

まだ ちょっと 1 人 で 町 に 出る の は …

はえ ? えらい 繁盛 し とる え

何 の 店 な ん ?

は !

あ あ

ルル や ん ?

あ アトゥイ 様

はい ?

わ 私 ちょっと あそこ で お 買い物 しよ う と 思う の です が

そう な の け ?

いい です よ ね ?

は あ

いい です よ ね ?

う うん

いい です よ ね ! ?

はい

ルルティエ 行き ます

ルル や ん ?

ごめんなさい ちょっと 通ら せ て いただき ます

ち ょ ルル や ん ?

- 何 や の いったい \ N - あ …

- あ \ N - え

ああ

わ あ

不安定 な 神様 繰り返す 出会い と 別れ

また 会え る その 日 まで 時 かける 旅人

あなた が 泣 い て いる 流 る る 涙 の 雨

泣く な と は 言わ ない 心 かなしく て

生き と し 生ける もの 何 か を 背負い ながら

見え ない 鎖 に つなが れ て いる

どれほど 救わ れ た だ ろ う

あどけない 笑顔 を なくし たく は ない

不安定 な 神様 繰り返す 過去 と 未来

生まれ そして 死 ん で ゆく 運命 ( さ だめ )

掛け違え た 世界 で 繰り返す 出会い と 別れ

また 会え る その 日 まで 時 かける 旅人

あや 何 これ 裸 ?

男 の 人 同士 で ? 何 し てる ん

大変 出遅れ ちゃ った

えっ と ルル や ん ?

静か に ! 気 が 散り ます !

は はい ?

さすが 帝都 です 写本 じゃ ない 肉筆 の 書 が こんなに

ああ この 日 を 何度 夢 に 見 た こと か

凄い 全部 表紙 が 色刷り なんて

あ これ 読 ん だ こと ない

これ も あ これ も

うち の 知って る ルル や ん と 違う

- は ! \ N - あ

あ あれ は !

見 て ください アトゥイ 様

あれ ラウラウ 先生 の 伝説 の 名作 です よ

写本 でも あっという間 に 完売 し ちゃ って 今 で は 超 貴重 な 品 な ん です

ラウラウ 先生 ?

あの 超 人気 作家 ラウラウ 先生 を 知ら ない ん です か ?

信じ られ ない で す 人生 損 し て ます よ アトゥイ さん

な なんか ごめん な

は あの

すみません それ ください

ルル や ん 帰って き て

明日 やる って いう 生誕 祭 だった か ?

随分 大きな 祭り な ん だ な

それ は もう 姫 殿下 の お 誕生日 を お 祝い する 大切 な お祭り です から

あ そこ ちょっと 緩 ん で ませ ん か ?

ちゃんと 結ば ない と 解け ちゃ い ます よ

はい よ

細かい な

あれ ? ネコネ ?

え ね ね ね ね ね ね ネコネ さん わ だ

ん ?

なん だ 見 間違い か

ひ う う

正直 すま ん かった

ふん ふん ふ ふん

よし もう いい かな

後 は 冷やし て 固まる の を 待つ だけ

フフ

ハク たち が 戻って くる 頃 に は でき てる かな

ウフ う う フフフフフ フフ

そんなに 欲しかった のけ ? それ

はい

ご ごめんなさい

はしゃぎ すぎ て しまい まし た

いや 珍しい ルル や ん が 見 れ て うち も 面白かった え

ああ う

- う わ \ N - う ぎ ゃ

あ ルル や ん 大丈夫 け ?

う う

う う あ た た ん ?

何 じゃ これ は

あっ

ほう

ほう これ は

姫 殿下 って この ヤマト の 皇女 様 な ん だ よ な

どんな 人 な ん だ ?

私 も 遠く から しか 拝見 した こと が ない ので 聞い た 話 に なる の です が

とても 聡明 で 大輪 の 花 の よう に 艶 やか な 方 だ そう です よ

大輪 の 花 ね

明日 の 生誕 祭 で 初めて 我々 の よう な 下々 の 者 の 前 に も

ご 尊 顔 を 現さ れる こと に なって る ん です

でも 確か ヤマト の 帝 って

何 百 年 も 生き てる って 話 だ よ な

ええ

その 娘 って こと は 今 いく つ な ん だ よ

み 帝 や 姫 殿下 は その よう な こと は 超越 し て いる 方々 な ん です

じゃあ 美人 な の か

もちろん

ネコネ より も か ?

う あ な な な な な な 何 を

いきなり いきなり そんな い い いい 今 は ね ね ね ネコネ さん は かか か かん け 関係 あ た ー

本当 に 分かり やすい な お前

ほう ほう これ は

は あ えらい 夢中 で 読 ん ど る え

う あ う

- うむ 気 に 入った \ N - あ

男 同士 の 友情 と いう やつ は 素晴らしい な

そ そうです か ?

素晴らしい 献上 品 で ある

そ なた ら の 忠義 忘れ ぬ ぞ

え 献上 ?

では さらば じゃ

はい また な

て わ 私 の 本

あ やや

わ 私 の 本 が

ラウラウ 先生 の 本 が

ふ ふん ふん あ ネコネ

あ 姉 様 ちょうど よかった の です

ルルティエ 様 と アトゥイ さん 知ら ない です か ?

あの 2 人 なら 朝 から 買い物 に 出かけ てる けど

買い物 お 二 人 と も 明日 の 準備 は 大丈夫 な の でしょ う か

何 か 用事 で も ある の ?

生誕 祭 の 打ち合わせ を し たい の です よ

ああ そ っか あの 2 人 は 皇族 だ から

困った の です

まあ 夕方 に は 帰って くる かな

あ そうだ ネコネ

せっかく だ から 2 人 を 待つ ついで に ちょっと 味見 し て もらえ る ?

味見 です か ?

ルル や ん 災難 やった な

本当 どこ の 子 やった の か 親 の 顔 が 見 て み た いえ

私 もう 生き て いく 気力 が あり ませ ん

え そんなに け ?

ああ …

あの すみません

はい ?

へえ ええ 男 や

でも うち の 好み と は ちょっと 違う かな

あ まさか

そんな …

ルル や ん ?

あ あの ひょっとして あなた は

ラウラウ 先生

え ? この 人 が ?

フッ

あ あっ

先ほど は 災難 で し た ね

代わり と 言って は なん です が フ 受け取って ください

写本 で 申し訳 あり ませ ん が

ふ あ

では 楽し ん で ください ね

良かった な ルル や ん

ルル や ん ?

な ひ ゃ あー

ルル や ー ん

なあ そろそろ 飯 に し ない か ?

クオン から 飯 代 を 預かって る ん だ よ な

ですが まだ あっ ち の 通り も 全部 終わって い ませ ん し

その 前 に 腹ごしらえ だ 腹 が 減って は 何と やら って 言う だ ろ ?

なあ お 嬢ちゃん いい加減 分かって くれよ

だから な お 代 だ よ お 代

食ったら 払う 当たり前 だ ろ ?

じゃ から その お 代 と いう の は 何 な の じゃ ?

あの な

どう し まし た ?

あ いや な この お 嬢ちゃん うち の 串 焼き 散々 食って おい て よ ぉ

どうも 金持 って ねえ みたい な ん だ よ

そ なた が 食べ て いけ と 言った の で は ない か

誰 も ただ と は 言って ねえ よ

困り まし た ね ん どう し ま しょ う ハク さ

いや うまい よ な ここ の 串 焼き

ハク さ ん !

- うむ なかなか の 珍味 じゃ \ N - う う

ほら キウル お前 も 一緒 に 食え 食え

うまい ぞ

う う

おお く

は あ しょうがない なぁ もう

前 に ルルティエ が 作って くれ た お 菓子 が あった でしょ ?

甘く 溶 い た 卵 の 生地 に 煮詰め た 果物 や 香 草 を 入れ た

クニュイ です か ?

そう それ おいしかった から 私 も 真似 し て 作って み た の

それ は 素敵 な の です

そろそろ 出来上がる 頃 だ から 厨房 行って み よっ か

ちょっと 自信 作 かな

さて それ じゃ 今度 こそ 飯 食い に 行く か

何 を 食う か な ー

でも 食費 は さっき の 串 焼き で 全部 使っちゃ い まし た よ ?

何 ?

てっきり あれ が 食事 代わり な の か と

しまった

こいつ が あんまり うま そう に 食う もん で つい

どこ の 子 な の でしょ う か

迷子 かな

のう

あれ は ひょっとして 大 門 と いう やつ か ?

え う う そうだ よ ?

あ はっ と いう こと は あの 先 は もう 帝都 の 外 な の じゃ な

そう なる な

噂 に 聞く 山 と か 海 と か も ある の じゃ な ?

当たり前 だ ろ ?

そう か

ねえ お嬢さん お うち は どこ ?

迷子 に なった の なら 送って あげる よ

ふん ふん

あ こら 待て

- どこ に 行く 気 だ \ N - お おお

おいおい うち の 近く まで 戻って き ち まった ぞ

お嬢さん お家 この 辺 な の ?

家 ?

家 なら あそこ じゃ

あれ は 聖 廟 です よ

あの な こっち は これ でも 忙しい ん だ

真面目 に 答え たら どう だ ? 真面目 に

そ なた は 何 を 言って おる の じゃ ?

話 が 通じ て ない ぞ

検非 違 使 の ところ に 連れ て いき ま しょ う か

それ が いい かも な 自分 ら の 手 に は 負え ん

お嬢さん 私 たち と 一緒 に

て あれ ?

いつの間に

何 だった ん でしょ う あの 子

おいしく でき てる と いい な

姉 様 が 作る お 菓子 が おいしく ない わけない の です よ

フフ だ と いい けど

えっ

はむ うん うん

はむ うん なかなか じゃ 悪く ない の

ひ ゅ り っ

- どこ の 誰 だ か 知ら ない けれど \ N - ん ?

なんで 私 の お 菓子 を 勝手 に 食べ てる の ?

ふむ 形 は ちょっと 不細工 じゃ が なかなか 美味 で あった

褒め て つかわす

ぶ さ …

余 は お代わり を 所望 する の じゃ

- 今 あなた が 食べ てる ので 全部 かな \ N - う う う う

ふむ で は 余 は この 辺 で

さらば な の じゃ

ちょっと 待つ かな

あ 姉 様

もう なんて す ば しっ こい

姉 様 知って る 子 な の です か ?

う うん 全然

見つけ たら ただ じゃ おか ない か な

ただいま

ただいま 帰り まし た

ん そこ か ー !

ぐ あ !

ああ

ぐ は

う う 帰って くる なり ご挨拶 だ な おい

あ あ は は は は は

ネコネ さん 何 か あった ん です か ?

私 に も 何 が 何 やら な の です

ひ ゃ あー あー

な 何 だ

- 詰め所 の 方 から な の です \ N - ん っ

おい なん だ よ 説明 しろ って

話 は 後 ハク も 一緒 に 来る かな

ふう 今日 は やけに 慌ただしい な

どう し まし た ?

て う あ

ふん ふん ふ ふん ふん ふん ふ ふん

う うち の 服 し わく ちゃ に

そ それ は 私 の

ん ? おお これ は そな た の か

さすが じゃ 良い 趣味 を し て おる

う ぅ

- う く \ N - うむ やはり 良い もの じゃ な

男 同士 の 友情 と いう やつ は

わ あ あー わ あ わ あ わ あ あー ぁ わ

て ここ に い た !

そ そ なた も しか して 怒って おる の か ?

さあ 確かめ て みる ?

ま 待つ の じゃ 話せ ば 分かる

問答 無用 おし おき

ひ っ

かな

ひ い い

- 逃がさ ない ん だ から \ N - ああ

アトゥイ そっち 回って

はい な

- いや あ \ N - ん

おし おき は 嫌 な の じゃ ー

今度 は 何 の 騒ぎ だ ?

ぐ あ

ふ ぎ ゃ あ

い た た は

逃がさ ない って 言った よ ね

え へ フフ フフ

う う う

う う 何 を そんなに 怒って おる の じゃ

自分 で 散らかし た ところ は 自分 で 掃除 する の

そ そう な の か ?

それ に 他 所 様 の もの を 勝手 に 食べる の も 駄目 かな

う う 市井 の しきたり と は 難儀 な もの じゃ のう

はい じゃあ 次 は 厨房 の お 片付け ね

分かった の じゃ

は あ

はい お 疲れ 様

し 死ぬ か と 思った の じゃ

でも 頑張って 働 い た 後 は 気持ち が いい でしょ う

ふう

失礼 する

- う あ \ N - ん ?

う う

こちら に い ら し た の です か

ひ い

ひ ひ ひ ひ

- ひえ え \ N - ふん

う う ふ ぎ ゃ あー う う

ふ ぎ ゃ あー

そんな む ムネチカ 様

誰 ?

ヤマト 八 柱 将 の 1 人 鎮守 の ムネチカ 様 です

とっても 偉い 方 な の です よ

それ が どうして こんな 所 に

ふ ぎ ゃ あ

またもや 部屋 を 抜け出し た 挙げ句 こちら の 方々 に 迷惑 を お かけ する など

反省 いたし た か

ならば 皆様 に 謝ら れよ

い 嫌 な の じゃ

ふん

う ふ ぎ ゃ あー

反省 いたし た か

ふ ー う ご ごめんなさい な ー ん て 絶対 言わ ない の じゃ

あっかん べ ー ぽん ぽこ ぴ ー ふ あ ひ

ふ ぎ ゃ あー !

貴 公 が ハク 殿 か

以前 より オシュ トル 殿 から 伺って いる

あ ああ

お 騒がせ し た オシュ トル 殿 に も 申し訳ない と お 伝え 願い たい

では

あ 待って ください

これ 後 で その 子 に 渡し て あげて ください

私 は 別に いただき まし た から

きっと その 子 に とって 凄く 大切 な もの だ と 思う ん です

そう です か

では

やけに おし おき って 言葉 に 怯え てる な って 思ったら なるほど ね

ムネチカ 様 も 普段 は 物静か な 方 な の です が

で ? 結局 何 だった ん だ あの お 子 様 は

さあ

帰ったら もう 一 度 説教 です ので お 覚悟 を

は あ 分かった の じゃ

それにしても 勉学 が お 嫌い な の に 書 冊 と は 珍しい

おお それ か

素晴らしかった ぞ 市井 に は その よう な 面白い 書 が ある の じゃ な

ほう

う こ は かか こ ここ ここ ここ

こ これ は

おお ふん うん なんと ああ そんな ところ に

く か ん ん

後 学 の ため もう 少し 読み 込ま せ て いただき ます

うむ !

凄い 人 混 み だ な

帝都 中 の 人 が ここ に 集まって る ん じゃ ない か ?

そう 言って も 大げさ じゃ ない か な

あ み て み て あの 2 人

アハハ

あんな 格好 し てる と やっぱり 2 人 と も 姫 さん って 感じ だ な

あ オシュ トル だ

と いう こと は 反対 側 に いる の が もう 一 人 の 近衛 大将

ミカヅチ って 人 かな

あれ が 八 柱 将

この ヤマト の 軍事 の 要 8 人 の 大 将軍 だ ね

へえ

でも 昨日 の ムネチカ って 人 は い ない な

ん !

どう し た の ?

いや

何でもない

いよいよ だ ね

あ ムネチカ

- あ あー \ N - おお ー

- え \ N - あ

おい クオン

あれ って

やっぱり

よく 集まって くれ た

我が 愛 する 民 よ

余 が ヤマト を 統べる 帝 が 後継 たる 天子

アンジュ で ある

語り継が れる 愛 の 子守唄

そっと あなた に 歌う

寄せ て は 返す 波 の 音 の よう に

永久 ( とわ ) に 響き 奏でる

二 重 に 絡みあい 永遠 に 続く

螺旋 の よう に

繋がる ふた り の 運命 ( さ だめ ) いつか 逢える と

この世 に 生まれ た

あなた は 夢 人 いつも 彼方 どこ か に

懐かし 面影 探し てる

不思議 な 世界 は 万華鏡 の よう に

形 変え て は 繰り返さ れる 夢 か 現 か


×

우리는 LingQ를 개선하기 위해서 쿠키를 사용합니다. 사이트를 방문함으로써 당신은 동의합니다 cookie policy.