×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます クッキーポリシー.


image

(夢十夜) Ten Nights of Dreams by Natsume Sōseki, 2. 第一夜 (2)

2. 第 一夜 (2)

短刀 を 鞘 へ 収めて 右 脇 へ 引きつけて おいて 、 それ から 全 伽 を 組んだ 。 ―― 趙州 曰 く 無 と 。 無 と は 何 だ 。 糞 坊主 め と はが み を した 。 ・・

奥歯 を 強く 咬 み 締めた ので 、 鼻 から 熱い 息 が 荒く 出る 。 こめかみ が 釣って 痛い 。 眼 は 普通の 倍 も 大きく 開けて やった 。 ・・

懸 物 が 見える 。 行灯 が 見える 。 畳 が 見える 。 和尚 の 薬 缶 頭 が ありあり と 見える 。 鰐 口 を 開いて 嘲 笑った 声 まで 聞える 。 怪しから ん 坊主 だ 。 どうしても あの 薬 缶 を 首 に し なくて は なら ん 。 悟って やる 。 無 だ 、 無 だ と 舌 の 根 で 念じた 。 無 だ と 云 うの に やっぱり 線香 の 香 が した 。 何 だ 線香 の くせ に 。 ・・

自分 は いきなり 拳骨 を 固めて 自分 の 頭 を いや と 云 う ほど 擲った 。 そうして 奥歯 を ぎりぎり と 噛んだ 。 両腋 から 汗 が 出る 。 背中 が 棒 の ように なった 。 膝 の 接 目 が 急に 痛く なった 。 膝 が 折れたって どう ある もの か と 思った 。 けれども 痛い 。 苦しい 。 無 は なかなか 出て 来 ない 。 出て 来る と 思う と すぐ 痛く なる 。 腹 が 立つ 。 無念に なる 。 非常に 口惜しく なる 。 涙 が ほろほろ 出る 。 ひと 思 に 身 を 巨巌 の 上 に ぶつけて 、 骨 も 肉 も めちゃめちゃに 砕いて しまい たく なる 。 ・・

それ でも 我慢 して じっと 坐って いた 。 堪え がたい ほど 切ない もの を 胸 に 盛れて 忍んで いた 。 その 切ない もの が 身体 中 の 筋肉 を 下 から 持上げて 、 毛穴 から 外 へ 吹き出 よう 吹き 出よう と 焦る けれども 、 どこ も 一面に 塞がって 、 まるで 出口 が ない ような 残 刻 極 まる 状態 であった 。 ・・

その うち に 頭 が 変に なった 。 行灯 も 蕪 村 の 画 も 、 畳 も 、 違 棚 も 有って 無い ような 、 無くって 有る ように 見えた 。 と 云って 無 は ちっとも 現 前 し ない 。 ただ 好 加減 に 坐って いた ようである 。 ところ へ 忽然 隣 座敷 の 時計 が チーン と 鳴り 始めた 。 ・・

はっと 思った 。 右 の 手 を すぐ 短刀 に かけた 。 時計 が 二 つ 目 を チーン と 打った 。 ・・

2. 第 一夜 (2) だい|いちや 2. erste Nacht (2) 2. first night (2) 2. primera noche (2) 2. première nuit (2) 2. primeira noite (2) 2. 第一晚 (2)

短刀 を 鞘 へ 収めて 右 脇 へ 引きつけて おいて 、 それ から 全 伽 を 組んだ 。 たんとう||さや||おさめて|みぎ|わき||ひきつけて||||ぜん|きゃ||くんだ He sheathed the dagger and pulled it to his right side, then formed a full recital. ―― 趙州 曰 く 無 と 。 ちょうしゅう|いわく||む| -- Zhao Zhou says, "Nothing. 無 と は 何 だ 。 む|||なん| 糞 坊主 め と はが み を した 。 くそ|ぼうず|||||| I was a little kid and I was a little bit of a bitch. ・・

奥歯 を 強く 咬 み 締めた ので 、 鼻 から 熱い 息 が 荒く 出る 。 おくば||つよく|こう||しめた||はな||あつい|いき||あらく|でる Biting down hard on the back teeth, hot, raspy breath coming out of the nose. こめかみ が 釣って 痛い 。 ||つって|いたい My temples are sore from catching. 眼 は 普通の 倍 も 大きく 開けて やった 。 がん||ふつうの|ばい||おおきく|あけて| I opened my eyes twice as wide as normal. ・・

懸 物 が 見える 。 かか|ぶつ||みえる I see a suspension. 行灯 が 見える 。 あんどん||みえる 畳 が 見える 。 たたみ||みえる 和尚 の 薬 缶 頭 が ありあり と 見える 。 おしょう||くすり|かん|あたま||||みえる The monk's medicine can head is clearly visible. 鰐 口 を 開いて 嘲 笑った 声 まで 聞える 。 わに|くち||あいて|あざけ|わらった|こえ||きこえる 怪しから ん 坊主 だ 。 あやしから||ぼうず| どうしても あの 薬 缶 を 首 に し なくて は なら ん 。 ||くすり|かん||くび|||||| I really need to put that medicine can around my neck. 悟って やる 。 さとって| 無 だ 、 無 だ と 舌 の 根 で 念じた 。 む||む|||した||ね||ねんじた I thought to myself, "Nothing, nothing," in my tongue. 無 だ と 云 うの に やっぱり 線香 の 香 が した 。 む|||うん||||せんこう||かおり|| 何 だ 線香 の くせ に 。 なん||せんこう||| ・・

自分 は いきなり 拳骨 を 固めて 自分 の 頭 を いや と 云 う ほど 擲った 。 じぶん|||げんこつ||かためて|じぶん||あたま||||うん|||なげうった I suddenly hardened my knuckles and threw my head into the air. そうして 奥歯 を ぎりぎり と 噛んだ 。 |おくば||||かんだ 両腋 から 汗 が 出る 。 りょうわき||あせ||でる 背中 が 棒 の ように なった 。 せなか||ぼう||| 膝 の 接 目 が 急に 痛く なった 。 ひざ||つ|め||きゅうに|いたく| Sudden pain at the knee joint. 膝 が 折れたって どう ある もの か と 思った 。 ひざ||おれた って||||||おもった I wondered what a broken knee would do. けれども 痛い 。 |いたい But it hurts. 苦しい 。 くるしい 無 は なかなか 出て 来 ない 。 む|||でて|らい| 出て 来る と 思う と すぐ 痛く なる 。 でて|くる||おもう|||いたく| 腹 が 立つ 。 はら||たつ 無念に なる 。 むねんに| 非常に 口惜しく なる 。 ひじょうに|くちおしく| 涙 が ほろほろ 出る 。 なみだ|||でる ひと 思 に 身 を 巨巌 の 上 に ぶつけて 、 骨 も 肉 も めちゃめちゃに 砕いて しまい たく なる 。 |おも||み||きょがん||うえ|||こつ||にく|||くだいて||| I want to smash my body against the huge rock and crush the bones and flesh into a million pieces. ・・

それ でも 我慢 して じっと 坐って いた 。 ||がまん|||すわって| But I persevered and sat still. 堪え がたい ほど 切ない もの を 胸 に 盛れて 忍んで いた 。 こらえ|||せつない|||むね||もれて|しのんで| その 切ない もの が 身体 中 の 筋肉 を 下 から 持上げて 、 毛穴 から 外 へ 吹き出 よう 吹き 出よう と 焦る けれども 、 どこ も 一面に 塞がって 、 まるで 出口 が ない ような 残 刻 極 まる 状態 であった 。 |せつない|||からだ|なか||きんにく||した||もちあげて|けあな||がい||ふきだ||ふき|でよう||あせる||||いちめんに|ふさがって||でぐち||||ざん|きざ|ごく||じょうたい| The sadness was so urgent that it was lifting every muscle in my body from below and rushing to burst out of my pores, but everywhere was blocked, as if there was no way out. ・・

その うち に 頭 が 変に なった 。 |||あたま||へんに| 行灯 も 蕪 村 の 画 も 、 畳 も 、 違 棚 も 有って 無い ような 、 無くって 有る ように 見えた 。 あんどん||かぶ|むら||が||たたみ||ちが|たな||あって|ない||なく って|ある||みえた と 云って 無 は ちっとも 現 前 し ない 。 |うん って|む|||げん|ぜん|| But nothingness is not at all real. ただ 好 加減 に 坐って いた ようである 。 |よしみ|かげん||すわって|| It seems that they were just sitting on the increase/decrease in favor. ところ へ 忽然 隣 座敷 の 時計 が チーン と 鳴り 始めた 。 ||こつぜん|となり|ざしき||とけい||||なり|はじめた ・・

はっと 思った 。 |おもった 右 の 手 を すぐ 短刀 に かけた 。 みぎ||て|||たんとう|| He immediately put his right hand on the dagger. 時計 が 二 つ 目 を チーン と 打った 。 とけい||ふた||め||||うった ・・