×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます クッキーポリシー.


image

ごん狐 - 新美南吉 (Gon, the Little Fox by Nankichi Niimi), 5. ご ん 狐

5. ご ん 狐

五 ご ん は 、 お ねんぶつ が すむ まで 、 井戸 の そば に しゃがんで いました 。 兵 十 と 加助 は 、 また 一しょに かえって いきます 。 ご ん は 、 二 人 の 話 を きこう と 思って 、 ついていきました 。 兵 十 の 影法師 を ふみ ふみ いきました 。 お 城 の 前 まで 来た とき 、 加助 が 言い出しました 。 「 さっき の 話 は 、 きっと 、 そりゃ あ 、 神さま の しわざ だ ぞ 」

「 えっ? 」 と 、 兵 十 は びっくり して 、 加助 の 顔 を 見ました 。 「 おれ は 、 あれ から ずっと 考えて いた が 、 どうも 、 そりゃ 、 人間 じゃ ない 、 神さま だ 、 神さま が 、 お前 が たった 一 人 に なった の を あわれに 思わっしゃって 、 いろんな もの を めぐんで 下さる んだ よ 」 「 そう か なあ 」

「 そう だ と も 。 だから 、 まいにち 神さま に お 礼 を 言う が いい よ 」

「 うん 」

ご ん は 、 へえ 、 こいつ は つまらない な と 思いました 。 おれ が 、 栗 や 松たけ を 持っていって やる のに 、 その おれ に は お 礼 を いわ ないで 、 神さま に お 礼 を いう んじゃ ア 、 おれ は 、 引き合わ ない なあ 。

5. ご ん 狐 ||きつね 5. Schläger, Fuchs. 5. gofuku 5. 곤 여우 5. goon, fox. 5. idiot, räv. 5. 狐狸 5. 狐狸

五 ご ん は 、 お ねんぶつ が すむ まで 、 井戸 の そば に しゃがんで いました 。 いつ|||||||||いど|||||い ました Gogon was crouching by the well until the Nembutsu was finished. 兵 十 と 加助 は 、 また 一しょに かえって いきます 。 つわもの|じゅう||かじょ|||いっしょに||いき ます Hyoju and Kasuke will return together again. ご ん は 、 二 人 の 話 を きこう と 思って 、 ついていきました 。 |||ふた|じん||はなし||||おもって|ついていき ました I thought I'd listen to the story of the two of them, so I followed. 兵 十 の 影法師 を ふみ ふみ いきました 。 つわもの|じゅう||かげぼうし||||いき ました Ich machte eine Faust aus der schattenhaften Gestalt von Hyōju. I went to Kneading the Shadow Master of the Ten Soldiers. お 城 の 前 まで 来た とき 、 加助 が 言い出しました 。 |しろ||ぜん||きた||かじょ||いいだし ました Kasuke said this when he came to the front of the castle. 「 さっき の 話 は 、 きっと 、 そりゃ あ 、 神さま の しわざ だ ぞ 」 ||はなし|||||かみさま|||| Was Sie gerade gesagt haben, muss eine Fügung Gottes gewesen sein." "I'm sure what you just said was the work of God."

「 えっ? 」 と 、 兵 十 は びっくり して 、 加助 の 顔 を 見ました 。 |つわもの|じゅう||||かじょ||かお||み ました He was surprised and saw Kasuke's face. 「 おれ は 、 あれ から ずっと 考えて いた が 、 どうも 、 そりゃ 、 人間 じゃ ない 、 神さま だ 、 神さま が 、 お前 が たった 一 人 に なった の を あわれに 思わっしゃって 、 いろんな もの を めぐんで 下さる んだ よ 」 |||||かんがえて|||||にんげん|||かみさま||かみさま||おまえ|||ひと|じん||||||おもわ っ しゃ って|||||くださる|| "Ich habe darüber nachgedacht, und es scheint mir, dass es kein Mann ist, sondern Gott, der Mitleid mit dir hat, dass du ganz allein bist, und er hilft dir bei allen möglichen Dingen." "I've been thinking about it for a long time, but I'm sorry to say that you're not human, God, God, you're the only one, and I'm wondering about all sorts of things. Thank you. " 「 そう か なあ 」 "That's right."

「 そう だ と も 。 "That's right. だから 、 まいにち 神さま に お 礼 を 言う が いい よ 」 ||かみさま|||れい||いう||| Du solltest also besser jeden Tag Gott danken." That's why I should thank God every day. "

「 うん 」 " Yup "

ご ん は 、 へえ 、 こいつ は つまらない な と 思いました 。 |||||||||おもい ました Er dachte: "Nun, er ist ein Langweiler. Hey, I thought this was boring. おれ が 、 栗 や 松たけ を 持っていって やる のに 、 その おれ に は お 礼 を いわ ないで 、 神さま に お 礼 を いう んじゃ ア 、 おれ は 、 引き合わ ない なあ 。 ||くり||まつたけ||もっていって||||||||れい||||かみさま|||れい|||||||ひきあわ|| Wenn ich dir Kastanien und Kiefernpilze bringe und du dich nicht bei mir bedankst, sondern bei Gott, dann gehe ich nicht mit. I'll bring chestnuts and matsutake mushrooms, but don't say thank you to me, but thank God.