×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます クッキーポリシー.


image

ごん狐 - 新美南吉 (Gon, the Little Fox by Nankichi Niimi), 3. ご ん 狐

3. ご ん 狐

三 .

兵 十 が 、 赤い 井戸 の ところ で 、 麦 を といで いました 。 兵 十 は 今 まで 、 おっ母 と 二 人きり で 、 貧しい くらし を して いた もの で 、 おっ母 が 死んで しまって は 、 もう 一 人 ぼっち でした 。 「 おれ と 同じ 一 人 ぼっち の 兵 十 か 」 こちら の 物置 の 後 から 見て い たごん は 、 そう 思いました 。 ご ん は 物置 の そば を はなれて 、 向 う へ いき かけます と 、 どこ か で 、 いわし を 売る 声 が します 。 「 いわし の やすうり だ ア い 。 いき の いい いわし だ ア い 」

ご ん は 、 その 、 いせい の いい 声 の する 方 へ 走って いきました 。 と 、 弥 助 の おかみ さん が 、 裏 戸口 から 、

「 いわし を おくれ 。」 と 言いました 。 いわし 売 は 、 いわし の かご を つんだ 車 を 、 道ばた に おいて 、 ぴかぴか 光る いわし を 両手 で つかんで 、 弥 助 の 家 の 中 へ もって はいりました 。 ご ん は その すきま に 、 かご の 中 から 、 五 、 六 ぴき の いわし を つかみ 出して 、 もと 来 た方 へ かけだしました 。 そして 、 兵 十 の 家 の 裏口 から 、 家 の 中 へ いわし を 投げこんで 、 穴 へ 向って かけ もどりました 。 途中 の 坂 の 上 で ふりかえって 見ます と 、 兵 十 が まだ 、 井戸 の ところ で 麦 を といで いる の が 小さく 見えました 。 ご ん は 、 うなぎ の つぐない に 、 まず 一 つ 、 いい こと を した と 思いました 。 つぎの 日 に は 、 ご ん は 山 で 栗 を どっさり ひろって 、 それ を かかえて 、 兵 十 の 家 へ いきました 。 裏口 から のぞいて 見ます と 、 兵 十 は 、 午 飯 を たべ かけて 、 茶椀 を もった まま 、 ぼんやり と 考えこんで いました 。 へんな こと に は 兵 十 の 頬 ぺた に 、 かすり傷 が ついて います 。 どうした ん だろう と 、 ご ん が 思って います と 、 兵 十 が ひとりごと を いいました 。 「 一たい だれ が 、 いわし なんか を おれ の 家 へ ほうりこんで いった んだろう 。 おかげ で おれ は 、 盗人 と 思われて 、 いわし 屋 の やつ に 、 ひどい 目 に あわさ れた 」 と 、 ぶつぶつ 言って います 。 ご ん は 、 これ は しまった と 思いました 。 かわいそうに 兵 十 は 、 いわし 屋 に ぶん なぐられて 、 あんな 傷 まで つけられた の か 。 ご ん は こう おもい ながら 、 そっと 物置 の 方 へ まわって その 入口 に 、 栗 を おいて かえりました 。 つぎの 日 も 、 その つぎ の 日 も ご ん は 、 栗 を ひろって は 、 兵 十 の 家 へ もって 来て やりました 。 その つぎ の 日 に は 、 栗 ばかり で なく 、 まつたけ も 二 、 三 ぼん もっていきました 。

3. ご ん 狐 ||きつね 3. Schläger, Fuchs. 3. gofuku (fox) 3. goon, fox. 3. 곤 여우 3. goon, fox. 3. goon, fox. 3. Gökunge, räv. 3. 狐狸

三 . みっ Ten soldiers were picking wheat at the red well.

兵 十 が 、 赤い 井戸 の ところ で 、 麦 を といで いました 。 つわもの|じゅう||あかい|いど||||むぎ|||い ました At the red well, ten soldiers were picking wheat. 兵 十 は 今 まで 、 おっ母 と 二 人きり で 、 貧しい くらし を して いた もの で 、 おっ母 が 死んで しまって は 、 もう 一 人 ぼっち でした 。 つわもの|じゅう||いま||お っ はは||ふた|ひときり||まずしい|||||||お っ はは||しんで||||ひと|じん|ぼ っち| Hyôju lebte früher in ärmlichen Verhältnissen allein mit seiner Mutter, und jetzt, da sie tot ist, ist er ganz allein. Until now, Hyoju had lived in poverty with his mother alone, and if his mother died, he would have been alone. 「 おれ と 同じ 一 人 ぼっち の 兵 十 か 」 こちら の 物置 の 後 から 見て い たごん は 、 そう 思いました 。 ||おなじ|ひと|じん|ぼ っち||つわもの|じゅう||||ものおき||あと||みて|||||おもい ました Gon, der hier hinter dem Schuppen zusah, dachte bei sich: "Ist er allein wie ich? "Ten soldiers who are the same as me." The one I saw after this storeroom thought so. ご ん は 物置 の そば を はなれて 、 向 う へ いき かけます と 、 どこ か で 、 いわし を 売る 声 が します 。 |||ものおき|||||むかい||||かけ ます|||||||うる|こえ||し ます Als er den Schuppen verlässt und sich auf den Weg dorthin macht, hört er irgendwo eine Stimme, die Sardinen verkauft. When I leave the storeroom and go to the other side, there is a voice to sell sardines somewhere. 「 いわし の やすうり だ ア い 。 "Yasuuri of sardines. いき の いい いわし だ ア い 」 It ’s a good life. ”

ご ん は 、 その 、 いせい の いい 声 の する 方 へ 走って いきました 。 |||||||こえ|||かた||はしって|いき ました Er lief auf die felsige Stimme zu. He ran to the one who had a good voice. と 、 弥 助 の おかみ さん が 、 裏 戸口 から 、 |わたる|じょ|||||うら|とぐち| And, Yasuke's mother, from the back door,

「 いわし を おくれ 。」 Gib mir deine Sardinen." "Give me a sardine." と 言いました 。 |いい ました said . いわし 売 は 、 いわし の かご を つんだ 車 を 、 道ばた に おいて 、 ぴかぴか 光る いわし を 両手 で つかんで 、 弥 助 の 家 の 中 へ もって はいりました 。 |う|||||||くるま||みちばた||||ひかる|||りょうて|||わたる|じょ||いえ||なか|||はいり ました Der Sardinenverkäufer stellte sein Auto mit einem Korb Sardinen auf der Straße ab, griff mit beiden Händen nach den glänzenden Sardinen und brachte sie in Yazukes Haus. The sardine seller took a car with a basket of sardines on the side of the road, grabbed a shiny sardine with both hands, and took it into Yasuke's house. ご ん は その すきま に 、 かご の 中 から 、 五 、 六 ぴき の いわし を つかみ 出して 、 もと 来 た方 へ かけだしました 。 ||||||||なか||いつ|むっ||||||だして||らい|たほう||かけだし ました In der Zwischenzeit nahm er fünf oder sechs Sardinen aus seinem Korb und begann, in die Richtung zu laufen, aus der er gekommen war. In that gap, he grabbed five or six sardines from the basket and sent them to the original person. そして 、 兵 十 の 家 の 裏口 から 、 家 の 中 へ いわし を 投げこんで 、 穴 へ 向って かけ もどりました 。 |つわもの|じゅう||いえ||うらぐち||いえ||なか||||なげこんで|あな||むかい って||もどり ました Dann warf er die Sardinen durch die Hintertür von Hyôjus Haus ins Haus und wanderte zurück zur Grube. Then, from the back door of the soldier's house, he threw a sardine into the house and returned to the hole. 途中 の 坂 の 上 で ふりかえって 見ます と 、 兵 十 が まだ 、 井戸 の ところ で 麦 を といで いる の が 小さく 見えました 。 とちゅう||さか||うえ|||み ます||つわもの|じゅう|||いど||||むぎ||||||ちいさく|みえ ました Auf dem Weg nach oben schaute ich zurück und sah Hyouju, die immer noch Gerste am Brunnen schaufelte. Looking back on the slope on the way, I could see that the soldiers were still picking wheat at the well. ご ん は 、 うなぎ の つぐない に 、 まず 一 つ 、 いい こと を した と 思いました 。 ||||||||ひと|||||||おもい ました I thought that I did one good thing about the eels. つぎの 日 に は 、 ご ん は 山 で 栗 を どっさり ひろって 、 それ を かかえて 、 兵 十 の 家 へ いきました 。 |ひ||||||やま||くり|||||||つわもの|じゅう||いえ||いき ました The next day, he picked up a lot of chestnuts in the mountains and went to the soldier's house with it. 裏口 から のぞいて 見ます と 、 兵 十 は 、 午 飯 を たべ かけて 、 茶椀 を もった まま 、 ぼんやり と 考えこんで いました 。 うらぐち|||み ます||つわもの|じゅう||うま|めし||||ちゃわん||||||かんがえこんで|い ました Als er durch die Hintertür hereinschaute, hatte Hyôju sein Mittagessen schon halb aufgegessen, hielt immer noch seine Teeschale in der Hand und war in Gedanken versunken. Looking through the back door, Hyoju ate lunch and thought vaguely with a bowl of tea. へんな こと に は 兵 十 の 頬 ぺた に 、 かすり傷 が ついて います 。 ||||つわもの|じゅう||ほお|||かすりきず|||い ます Seltsamerweise hat Hyōju einen Kratzer auf seiner Wange. The strange thing is that there are scratches on the cheeks of the soldiers. どうした ん だろう と 、 ご ん が 思って います と 、 兵 十 が ひとりごと を いいました 。 |||||||おもって|い ます||つわもの|じゅう||||いい ました When I was wondering what happened, the ten soldiers said each one. 「 一たい だれ が 、 いわし なんか を おれ の 家 へ ほうりこんで いった んだろう 。 いったい||||||||いえ|||| Ich frage mich, wer diese Sardinen in mein Haus gebracht hat. "Who would have sardines in my house?" おかげ で おれ は 、 盗人 と 思われて 、 いわし 屋 の やつ に 、 ひどい 目 に あわさ れた 」 と 、 ぶつぶつ 言って います 。 ||||ぬすびと||おもわ れて||や|||||め||あわ さ||||いって|い ます Er murmelt: "Deshalb hielt man mich für einen Dieb, und der Sardinenmann machte mir das Leben schwer. Thanks to that, I was thought to be a thief, and I was struck by the sardine guy with terrible eyes. " ご ん は 、 これ は しまった と 思いました 。 |||||||おもい ました I thought this was done. かわいそうに 兵 十 は 、 いわし 屋 に ぶん なぐられて 、 あんな 傷 まで つけられた の か 。 |つわもの|じゅう|||や|||なぐら れて||きず||つけ られた|| Armer Hyôju, er wurde von den Schweinehirten überschwemmt und bekam sogar diese Narben. Did the poor soldiers get hit by the sardines and even get such a wound? ご ん は こう おもい ながら 、 そっと 物置 の 方 へ まわって その 入口 に 、 栗 を おいて かえりました 。 |||||||ものおき||かた||||いりぐち||くり|||かえり ました Er wandte sich leise dem Lagerraum zu und ließ die Kastanien am Eingang liegen. While thinking like this, I gently turned to the storeroom and left a chestnut at the entrance. つぎの 日 も 、 その つぎ の 日 も ご ん は 、 栗 を ひろって は 、 兵 十 の 家 へ もって 来て やりました 。 |ひ|||||ひ|||||くり||||つわもの|じゅう||いえ|||きて|やり ました The next day, and the next day, I picked up chestnuts and brought them to the soldiers' house. その つぎ の 日 に は 、 栗 ばかり で なく 、 まつたけ も 二 、 三 ぼん もっていきました 。 |||ひ|||くり||||||ふた|みっ||もっていき ました Am nächsten Tag haben wir nicht nur Kastanien, sondern auch ein paar Matsutake-Pilze mitgenommen. The next day, I brought not only chestnuts but also a few matsutake mushrooms.