image

イタズラなKiss〜Love in TOKYO, イタズラなKiss〜Love in TOKYO#8 (1)

( 須藤 ( す どう )) よ ー し 相原 ( あい はら )

これ でも 食らえ っ ―

おりゃ あっ !!

( 入江 直樹 ( いりえ な おき )) 琴子 ( こと こ )!

( 入江 直樹 ( いりえ な おき )) 琴子 ( こと こ )!

( 相原 琴子 ) は いっ !!

( 相原 琴子 ) は いっ !!

( 琴子 ) 見えた !

やった じゃ ん

やった じゃ ん

ウフ … あ 痛 っ !

ウフ … あ 痛 っ !

痛 っ ! あう う っ !

足 ひねった の か ?

( 琴子 ) うん

( 直樹 ) ここ か ?

( 直樹 ) ここ か ?

( 琴子 ) おお ー っ !! 痛い っ !!

( 琴子 ) おお ー っ !! 痛い っ !!

( 琴子 ) 神様 ―

ますます 入江 君 が 好き って 言ったら ―

怒り ます か ?

お前 の 家 まだ か ?

うーん おかしい な

お っ !―

あった あれ だ 新しい 家 !

( 男性 ) はい

( 琴子 ) 誰 です か ? 私 この 家 の 者 です けど

ここ は 私 の 家 だ

う っそ ー !

( 男性 ) とにかく

ここ は 私 の 住まい だ

どういう こと ?

ごめん 入江 君 …

そんな 足 で ほったらかし といたら

また おふくろ に 怒ら れる から な

とりあえず おやじ さん と 連絡 が 取れる まで 家 で

でも

お 父さん どこ 行っちゃ った んだろう

( ドア が 開く 音 )

( 入江 裕樹 ( ゆうき )) お 兄ちゃん

大変だ よ ! また 僕 の 部屋 が …―

こいつ だ よ

こいつ の せい で う っ …

( ドア が 開く 音 )

( ドア が 開く 音 )

( 入江 紀子 ( のりこ )) お かえり なさい お 兄ちゃん ―

( 入江 紀子 ( のりこ )) お かえり なさい お 兄ちゃん ―

そして 琴子 ちゃん 一緒だ と 思って たわ

何 か 今日 入居 できる はずの 家 が 別の 人 の もの に なって て

お 父さん に 連絡 して も 全然 つながら ない し …

琴子 ちゃん の お 父さん

今 不動産 屋 さん に 出かけて らっしゃる わ

へ ? 一体 何 が あった んです か ?

それ が ね 何だか 契約 上 の ミス だった らしくて

新しい 家 琴子 ちゃん の お 父さん より も

1 日 早く 契約 した 方 が いらっしゃった みたいな の

え ?

( 店員 ) 本当に 申し訳 ございませ ん ―

系列 会社 の 方 で 先 に 契約 して いた みたいで

そ … そんな

( 紀子 ) ほら 家具 や 大きな 荷物 なんか は ―

今日 うち から 新しい 家 に 移す こと に なって た でしょ ?―

それ も 駄目に なった みたいで ―

朝 から 引っ越し 屋 さん に 電話 したり ―

不動産 屋 さん に 電話 したり で

ずーっと バタバタ し てらした から

それ で 琴子 ちゃん の 電話 も 通じ なかった んじゃ ない かしら

じゃあ 私 と お 父さん

また 住む 家 なく したって こと です か ?

どう しよう …

あら また うち に 戻って くれば いい じゃ ない の

あ …

でも …

( 紀子 ) 相原 さん も 琴子 ちゃん も うち に 住めば いい じゃ ない の

フフッ

だって 私 たち 家族 に なる んです から

は ?

まだ そんな ばかな こと 言って ん の か よ

そっち こそ 何 言って ん の

キス した くせ に

おお っ

私 は 言って ない 私 は 言って ない

私 は 言って ない !

( 裕樹 ) うそ でしょ

うそ でしょ お 兄ちゃん !

( 紀子 ) った くもう 2 人 と も そんな そぶり も 見せ ないで フッ

もう 親 を はめちゃ う なんて もう人 が 悪い ったら フフフ …

何で おば 様 が その こと を ?

情報 を 制する もの は 世界 を 制する の よ !

オホホホホ … オホホホホ …

( 紀子 ) はい

はい そうです

では そういう こと で

よろしく お 願い いたし ます

ウフッ

は ぁ

ふう

( ノック )

はい

( ドア が 開く 音 )

琴子 ちゃん が 戻って きて くれて 本当に うれしい わ ウフフ

自分 の お うち に 戻って きた 感想 は いかが ?

違う んです おば 様

私 と 入江 君 は おば 様 が 思って る ような 関係 じゃ なくて …

新しい 家 が 見つかり しだい すぐ 私 たち 出て いき ます から

でも 新しい お うち 見つかる かしら ねえ

え ?

フフッ とにかく

私 は 琴子 ちゃん を お 嫁 に もらう って

改めて 決意 した の

だって 琴子 ちゃん と お 兄ちゃん は

キス した 仲 な んです もの フフフフッ

だから 違う んです

それ は ちょっと した 間違い で

は ぁ …

私 たち

手 も つないだ こと ないし

それどころか

デート も した こと ないし …

そんな 弱気で どう す ん の よ 琴子 ちゃん !

した こと なければ

これ から すれば いい じゃ ない の フフッ

ちょっと した 間違い で キス が できる なら

デート だって 弾み で できちゃ う はず よ ウフフ

そんな むちゃな …

琴子 ちゃん

お 兄ちゃん と デート しちゃ い なさい

それ が あなた の ミッション な の よ !

フフッ 頑張って ね

ウフフ ウフフフフ

ウフッ

( 琴子 ) 成り行き で 入江 君 と の 初 デート を 命じ られて しまった 私 ―

そりゃ 私 だって できる もの なら ―

入江 君 と デート し たい ―

でも ―

彼 は そんな 気 ゼロ な のに …

一体 どう したら いい の ?

♪~

( 小森 ( こもり ) じん こ ・ 石川 理 美 ( いし かわ さとみ )) また 一緒に 暮らし はじめた ?

( 琴子 ) う う … うん

なぜ か おば 様 に キス した こと ばれちゃ って て さ

( 理 美 ・ じん こ ) あ ああ …

もし かして 2 人 しゃべった の ?

もう 何で よ

ちょっと した 弾み ?

( 理 美 ) て へ っ

( 理 美 ) て へ っ

( 琴子 ) 弾み って

( 琴子 ) 弾み って

( 琴子 ) 弾み って

( じん こ ) ごめん ごめん …

( じん こ ) ごめん ごめん …

( じん こ ) ごめん ごめん …

( 池沢 金之助 ( いけ ざ わき ん の すけ )) キス や と ー !

( 池沢 金之助 ( いけ ざ わき ん の すけ )) キス や と ー !

琴子 お前 入江 の 野郎 と キス した ん か ?

琴子 お前 入江 の こと 諦める ん や なかった ん か ?

金 ちゃん ごめん …

あー あ 金 ちゃん に は ちょっと 刺激 強 すぎた ね

は あ でも かえって よかった の かも

理 美 ?

だって 琴子 入江 の こと 全然 諦め られて ない じゃ ん ―

は ぁ

( 理 美 ) 琴子 自分 でも 気 が 付いて る んでしょ ?―

たとえ ライバル が いて も どんな 障害 が あって も ―

入江 へ の 気持ち は 変わら ない って ―

だったら 金 ちゃん も さっさと 諦めて ―

次 へ 進んだ 方 が いい

は ぁ

でも そういう 私 も

入江 君 に 相手 に さ れて ない んだ けど ね

は ぁ

( 琴子 ) は っ うわさ を すれば

( 琴子 ) よい しょ さっ !

す っ

( 松本 裕子 ( まつ もと ゆうこ )) 入江 君 !―

今度 の 日曜日 一緒に 映画 に 行か ない ?

チケット 2 枚 ある の

( 琴子 ) 何 ?―

松本 裕子 の やつ も 入江 君 と の 初 デート を 狙って る わけ ?―

うわ ー 勝てる 気 が しな ー い

う お っ 何 やって る んです か ? 須藤 先輩

う お っ 何 やって る んです か ? 須藤 先輩

いやいや 相原 こそ 何で いんだ よ ? ここ に

いやいや 相原 こそ 何で いんだ よ ? ここ に

あっ あっ あ ~ 入江 の こと 見て た の か ー

そういう 須藤 先輩 も もし かして 松本 さん の こと を ?

もし かして 松本 さん の こと が

す … す … 好き ー !

す … す … 好き ー !

うわ あっ !

(2 人 ) おお っ

( 須藤 ) 相原

や だ 昼間 っ から こんな 所 で

( 須藤 ) あっ あっ あっ いや あっ …

( 須藤 ) あっ あっ あっ いや あっ …

( 琴子 ) あっ あの あの ―

こ こ こ これ は 違う の ! あの これ は えっ と …

あ … やっぱり あの うわさ は 本当だった の ね

へ ? うわさ ?

あ 相原 さん と 須藤 先輩 が 怪しい って うわさ

えっ … え えっ ?

う … 適当な こと 言わ ないで よ

だって あなた みんな に

“ 入江 君 の こと 諦める ” って 言って た じゃ ない

それ って 須藤 先輩 が 原因 な んでしょ ?

テニス 部 内 じゃ 結構な 評判 よ

え えっ ? そう な の ?

おお 違う 違う 違う

あ 入江 君 あの これ は ね 誤解 な の 誤解 あの 違う の

別に 俺 に は 関係ない し ―

あ 松本 ―

さっき の 返事 だ けど

日曜 暇 だ から いい よ 映画

ほんと ? あり が と

♪~

( 琴子 ) は ぁ

痛 ( いて ) て て て …

もう 須藤 先輩 の せい です よ

急に 体重 かけて くる から

相原 が 足 けが してん の 忘れて て ほん と すま ん

でも 知ら なかった な

俺 たち の 仲 が テニス 部 内 で

そんなに うわさ に なって る なんて な

ハッハッハ …

フフ なって る わけない じゃ ないで す か

松本 さん の 出任せです よ 入江 君 に 自分 を 印象づける ため の

松本 は そんな つまら ん うそ を つく ような 女 じゃ ない !

ああ

須藤 先輩 って 本当に 松本 さん が 好きな んです ね

相原 ちょっと 相談 が ある んだ けど

うん その 何 だ

君 は 入江 が 好き

俺 は 松本 が 好き

松本 は 入江 が 好き これ じゃ いかん と 思わ ん か ?

それ じゃあ 誰 も 幸せに な ん ないで す もん ね !

そこ で だ

そこ で だ

( 琴子 ) はい

( 琴子 ) はい

( 琴子 ) はい

2 人 で 協定 を 結んで だ な

2 人 で 協定 を 結んで だ な

それぞれ が 協力 し 合う って の は どう だろう ?

協力 どんな ?

例えば …

え えっ うそ っ

え えっ

( 理 美 ・ じん こ ) 入江 の デート を 尾行 する !?

シーッ ! 金 ちゃん に 聞こえたら どう す ん の !

ティッシュ ティッシュ ティッシュ 女子 力 アップ

ティッシュ ティッシュ ティッシュ 女子 力 アップ

大丈夫 今日 金 ちゃん お 休み み たい よ ―

大丈夫 今日 金 ちゃん お 休み み たい よ ―

ん ?

ん ?

琴子 どうした の ?―

琴子 どうした の ?―

ティッシュ ティッシュ よし

は ぁ よかった

( 理 美 ) でも デート 尾行 なんか して どう す ん の ?

うーん 分か ん ない けど さ

2 人 が どうにか なっちゃ ったら どう しよう って 思って

そう 思う と ただただ 心配で さ

な っ さけ ない わ ね ー !

理 美 !

だって そう じゃ ない

松本 裕子 に おめおめ と

初 デート を 奪わ れた の も そう だ けど

あげく の 果て に それ を 尾行 する だ なんて !

あげく の 果て に それ を 尾行 する だ なんて !

( ハウリング )

( ハウリング )

( ハウリング )

それ じゃあ まるで 須藤 先輩 と 琴子 が

それ じゃあ まるで 須藤 先輩 と 琴子 が

デート する ような もん だ よ !

デート する ような もん だ よ !

( ハウリング )

( ハウリング )

( ハウリング )

何 か 変な 音 し ない ?

何 か 変な 音 し ない ?

じん こ 今 大事な 話

お 口 チャック !

( じん こ ) 飲む ? アップルティー 飲む ?

( 琴子 ) オレンジジュース

須藤 先輩 と 琴子 が デート や と ?

どう なって る ん や

( 理 美 ) そんな いい の ?

( 琴子 ) うーん しかたない じゃ ん 恋 なんて そんな もん よ

琴子 新たな 恋 に 落ちた ん か ?

あの ひげ の おやじ と

( 琴子 ) デート は うーん 映画 銀座 ( ぎんざ )

( 理 美 ) ああ 烏森 ( から す もり )?

( 琴子 ) 新 橋 ( しん ば し )

銀座

烏森 新 橋 …

場所 なんて どう で も いい よ は ぁ …―

映画 デート ロマン … なあ

は ぁ … デート

映画 銀座

烏森 新 橋 …

ロマン …

デート 映画

銀座 烏森 新 橋 ロマン …

あー さっぱり 分 から へん ! もう 頭 が 変に なり そう や あ

( 小田原 ( お だ わら )) おい 金之助 何 やって んだ もう お前 店 開 いち まう ぞ !

すいません 兄貴

何 だ よ ? それ

分から ん のです わ !

暗号 か ?

デート 映画 銀座

烏森 新 橋 ロマン

頭 こ ん がら がり ます やろ ?

フッ なるほど ねえ フッ

えっ ? 兄貴 分かった んです か ?

お前 が デート 行く の か ?

いえ

いえ

だろう なあ お前 みたいな のに

だろう なあ お前 みたいな のに

こんな 大人 の エロ い デート できる わけ ねえ もん な ―

えっ と …

エ … エ … エ …

エ … エ … エロ い ?

えっ ? えっ …

( 相原 重雄 ( しげ お )) 琴子 すま ねえ

あれ から ありとあらゆる 不動産 屋 回って みた んだ が

どういう わけ か いい 物件 が 見つかって も ―

僅 差 で 別の 人 に 契約 が 決ま っち まって

ふ ー ん そ っか

は ぁ とことん ついて ねえ な

まあ とにかく

すぐに は 新しい 家 見つかり そう も ない んだ

だから しばらく の 間

入江 家 に また 世話に なる しか ない

そんな

お 父さん が 頭 下げる ような こと じゃ ない でしょ ね

いや あ でも

あれほど 決心 して 入江 家 を 出た のに

お前 に も つらい 思い を さ せて る んじゃ ない か と 思って さ

( 直樹 ) さっき の 返事 だ けど

日曜 暇 だ から いい よ 映画

ほんと ?―

あり が と

ああ やっぱり なあ

違う の お 父さん

ん ?

あの ね

私 …

やっぱり 入江 君 の こと 好きな んだ

いや だ けど 直樹 君 の 気持ち が …

それ は 関係ない と 思う

フフ

そりゃ あ 入江 君 が 私 の こと 好きに なる なんて



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Language learning online @ LingQ

( 須藤 ( す どう )) よ ー し 相原 ( あい はら )

これ でも 食らえ っ ―

おりゃ あっ !!

( 入江 直樹 ( いりえ な おき )) 琴子 ( こと こ )!

( 入江 直樹 ( いりえ な おき )) 琴子 ( こと こ )!

( 相原 琴子 ) は いっ !!

( 相原 琴子 ) は いっ !!

( 琴子 ) 見えた !

やった じゃ ん

やった じゃ ん

ウフ … あ 痛 っ !

ウフ … あ 痛 っ !

痛 っ ! あう う っ !

足 ひねった の か ?

( 琴子 ) うん

( 直樹 ) ここ か ?

( 直樹 ) ここ か ?

( 琴子 ) おお ー っ !! 痛い っ !!

( 琴子 ) おお ー っ !! 痛い っ !!

( 琴子 ) 神様 ―

ますます 入江 君 が 好き って 言ったら ―

怒り ます か ?

お前 の 家 まだ か ?

うーん おかしい な

お っ !―

あった あれ だ 新しい 家 !

( 男性 ) はい

( 琴子 ) 誰 です か ? 私 この 家 の 者 です けど

ここ は 私 の 家 だ

う っそ ー !

( 男性 ) とにかく

ここ は 私 の 住まい だ

どういう こと ?

ごめん 入江 君 …

そんな 足 で ほったらかし といたら

また おふくろ に 怒ら れる から な

とりあえず おやじ さん と 連絡 が 取れる まで 家 で

でも

お 父さん どこ 行っちゃ った んだろう

( ドア が 開く 音 )

( 入江 裕樹 ( ゆうき )) お 兄ちゃん

大変だ よ ! また 僕 の 部屋 が …―

こいつ だ よ

こいつ の せい で う っ …

( ドア が 開く 音 )

( ドア が 開く 音 )

( 入江 紀子 ( のりこ )) お かえり なさい お 兄ちゃん ―

( 入江 紀子 ( のりこ )) お かえり なさい お 兄ちゃん ―

そして 琴子 ちゃん 一緒だ と 思って たわ

何 か 今日 入居 できる はずの 家 が 別の 人 の もの に なって て

お 父さん に 連絡 して も 全然 つながら ない し …

琴子 ちゃん の お 父さん

今 不動産 屋 さん に 出かけて らっしゃる わ

へ ? 一体 何 が あった んです か ?

それ が ね 何だか 契約 上 の ミス だった らしくて

新しい 家 琴子 ちゃん の お 父さん より も

1 日 早く 契約 した 方 が いらっしゃった みたいな の

え ?

( 店員 ) 本当に 申し訳 ございませ ん ―

系列 会社 の 方 で 先 に 契約 して いた みたいで

そ … そんな

( 紀子 ) ほら 家具 や 大きな 荷物 なんか は ―

今日 うち から 新しい 家 に 移す こと に なって た でしょ ?―

それ も 駄目に なった みたいで ―

朝 から 引っ越し 屋 さん に 電話 したり ―

不動産 屋 さん に 電話 したり で

ずーっと バタバタ し てらした から

それ で 琴子 ちゃん の 電話 も 通じ なかった んじゃ ない かしら

じゃあ 私 と お 父さん

また 住む 家 なく したって こと です か ?

どう しよう …

あら また うち に 戻って くれば いい じゃ ない の

あ …

でも …

( 紀子 ) 相原 さん も 琴子 ちゃん も うち に 住めば いい じゃ ない の

フフッ

だって 私 たち 家族 に なる んです から

は ?

まだ そんな ばかな こと 言って ん の か よ

そっち こそ 何 言って ん の

キス した くせ に

おお っ

私 は 言って ない 私 は 言って ない

私 は 言って ない !

( 裕樹 ) うそ でしょ

うそ でしょ お 兄ちゃん !

( 紀子 ) った くもう 2 人 と も そんな そぶり も 見せ ないで フッ

もう 親 を はめちゃ う なんて もう人 が 悪い ったら フフフ …

何で おば 様 が その こと を ?

情報 を 制する もの は 世界 を 制する の よ !

オホホホホ … オホホホホ …

( 紀子 ) はい

はい そうです

では そういう こと で

よろしく お 願い いたし ます

ウフッ

は ぁ

ふう

( ノック )

はい

( ドア が 開く 音 )

琴子 ちゃん が 戻って きて くれて 本当に うれしい わ ウフフ

自分 の お うち に 戻って きた 感想 は いかが ?

違う んです おば 様

私 と 入江 君 は おば 様 が 思って る ような 関係 じゃ なくて …

新しい 家 が 見つかり しだい すぐ 私 たち 出て いき ます から

でも 新しい お うち 見つかる かしら ねえ

え ?

フフッ とにかく

私 は 琴子 ちゃん を お 嫁 に もらう って

改めて 決意 した の

だって 琴子 ちゃん と お 兄ちゃん は

キス した 仲 な んです もの フフフフッ

だから 違う んです

それ は ちょっと した 間違い で

は ぁ …

私 たち

手 も つないだ こと ないし

それどころか

デート も した こと ないし …

そんな 弱気で どう す ん の よ 琴子 ちゃん !

した こと なければ

これ から すれば いい じゃ ない の フフッ

ちょっと した 間違い で キス が できる なら

デート だって 弾み で できちゃ う はず よ ウフフ

そんな むちゃな …

琴子 ちゃん

お 兄ちゃん と デート しちゃ い なさい

それ が あなた の ミッション な の よ !

フフッ 頑張って ね

ウフフ ウフフフフ

ウフッ

( 琴子 ) 成り行き で 入江 君 と の 初 デート を 命じ られて しまった 私 ―

そりゃ 私 だって できる もの なら ―

入江 君 と デート し たい ―

でも ―

彼 は そんな 気 ゼロ な のに …

一体 どう したら いい の ?

♪~

( 小森 ( こもり ) じん こ ・ 石川 理 美 ( いし かわ さとみ )) また 一緒に 暮らし はじめた ?

( 琴子 ) う う … うん

なぜ か おば 様 に キス した こと ばれちゃ って て さ

( 理 美 ・ じん こ ) あ ああ …

もし かして 2 人 しゃべった の ?

もう 何で よ

ちょっと した 弾み ?

( 理 美 ) て へ っ

( 理 美 ) て へ っ

( 琴子 ) 弾み って

( 琴子 ) 弾み って

( 琴子 ) 弾み って

( じん こ ) ごめん ごめん …

( じん こ ) ごめん ごめん …

( じん こ ) ごめん ごめん …

( 池沢 金之助 ( いけ ざ わき ん の すけ )) キス や と ー !

( 池沢 金之助 ( いけ ざ わき ん の すけ )) キス や と ー !

琴子 お前 入江 の 野郎 と キス した ん か ?

琴子 お前 入江 の こと 諦める ん や なかった ん か ?

金 ちゃん ごめん …

あー あ 金 ちゃん に は ちょっと 刺激 強 すぎた ね

は あ でも かえって よかった の かも

理 美 ?

だって 琴子 入江 の こと 全然 諦め られて ない じゃ ん ―

は ぁ

( 理 美 ) 琴子 自分 でも 気 が 付いて る んでしょ ?―

たとえ ライバル が いて も どんな 障害 が あって も ―

入江 へ の 気持ち は 変わら ない って ―

だったら 金 ちゃん も さっさと 諦めて ―

次 へ 進んだ 方 が いい

は ぁ

でも そういう 私 も

入江 君 に 相手 に さ れて ない んだ けど ね

は ぁ

( 琴子 ) は っ うわさ を すれば

( 琴子 ) よい しょ さっ !

す っ

( 松本 裕子 ( まつ もと ゆうこ )) 入江 君 !―

今度 の 日曜日 一緒に 映画 に 行か ない ?

チケット 2 枚 ある の

( 琴子 ) 何 ?―

松本 裕子 の やつ も 入江 君 と の 初 デート を 狙って る わけ ?―

うわ ー 勝てる 気 が しな ー い

う お っ 何 やって る んです か ? 須藤 先輩

う お っ 何 やって る んです か ? 須藤 先輩

いやいや 相原 こそ 何で いんだ よ ? ここ に

いやいや 相原 こそ 何で いんだ よ ? ここ に

あっ あっ あ ~ 入江 の こと 見て た の か ー

そういう 須藤 先輩 も もし かして 松本 さん の こと を ?

もし かして 松本 さん の こと が

す … す … 好き ー !

す … す … 好き ー !

うわ あっ !

(2 人 ) おお っ

( 須藤 ) 相原

や だ 昼間 っ から こんな 所 で

( 須藤 ) あっ あっ あっ いや あっ …

( 須藤 ) あっ あっ あっ いや あっ …

( 琴子 ) あっ あの あの ―

こ こ こ これ は 違う の ! あの これ は えっ と …

あ … やっぱり あの うわさ は 本当だった の ね

へ ? うわさ ?

あ 相原 さん と 須藤 先輩 が 怪しい って うわさ

えっ … え えっ ?

う … 適当な こと 言わ ないで よ

だって あなた みんな に

“ 入江 君 の こと 諦める ” って 言って た じゃ ない

それ って 須藤 先輩 が 原因 な んでしょ ?

テニス 部 内 じゃ 結構な 評判 よ

え えっ ? そう な の ?

おお 違う 違う 違う

あ 入江 君 あの これ は ね 誤解 な の 誤解 あの 違う の

別に 俺 に は 関係ない し ―

あ 松本 ―

さっき の 返事 だ けど

日曜 暇 だ から いい よ 映画

ほんと ? あり が と

♪~

( 琴子 ) は ぁ

痛 ( いて ) て て て …

もう 須藤 先輩 の せい です よ

急に 体重 かけて くる から

相原 が 足 けが してん の 忘れて て ほん と すま ん

でも 知ら なかった な

俺 たち の 仲 が テニス 部 内 で

そんなに うわさ に なって る なんて な

ハッハッハ …

フフ なって る わけない じゃ ないで す か

松本 さん の 出任せです よ 入江 君 に 自分 を 印象づける ため の

松本 は そんな つまら ん うそ を つく ような 女 じゃ ない !

ああ

須藤 先輩 って 本当に 松本 さん が 好きな んです ね

相原 ちょっと 相談 が ある んだ けど

うん その 何 だ

君 は 入江 が 好き

俺 は 松本 が 好き

松本 は 入江 が 好き これ じゃ いかん と 思わ ん か ?

それ じゃあ 誰 も 幸せに な ん ないで す もん ね !

そこ で だ

そこ で だ

( 琴子 ) はい

( 琴子 ) はい

( 琴子 ) はい

2 人 で 協定 を 結んで だ な

2 人 で 協定 を 結んで だ な

それぞれ が 協力 し 合う って の は どう だろう ?

協力 どんな ?

例えば …

え えっ うそ っ

え えっ

( 理 美 ・ じん こ ) 入江 の デート を 尾行 する !?

シーッ ! 金 ちゃん に 聞こえたら どう す ん の !

ティッシュ ティッシュ ティッシュ 女子 力 アップ

ティッシュ ティッシュ ティッシュ 女子 力 アップ

大丈夫 今日 金 ちゃん お 休み み たい よ ―

大丈夫 今日 金 ちゃん お 休み み たい よ ―

ん ?

ん ?

琴子 どうした の ?―

琴子 どうした の ?―

ティッシュ ティッシュ よし

は ぁ よかった

( 理 美 ) でも デート 尾行 なんか して どう す ん の ?

うーん 分か ん ない けど さ

2 人 が どうにか なっちゃ ったら どう しよう って 思って

そう 思う と ただただ 心配で さ

な っ さけ ない わ ね ー !

理 美 !

だって そう じゃ ない

松本 裕子 に おめおめ と

初 デート を 奪わ れた の も そう だ けど

あげく の 果て に それ を 尾行 する だ なんて !

あげく の 果て に それ を 尾行 する だ なんて !

( ハウリング )

( ハウリング )

( ハウリング )

それ じゃあ まるで 須藤 先輩 と 琴子 が

それ じゃあ まるで 須藤 先輩 と 琴子 が

デート する ような もん だ よ !

デート する ような もん だ よ !

( ハウリング )

( ハウリング )

( ハウリング )

何 か 変な 音 し ない ?

何 か 変な 音 し ない ?

じん こ 今 大事な 話

お 口 チャック !

( じん こ ) 飲む ? アップルティー 飲む ?

( 琴子 ) オレンジジュース

須藤 先輩 と 琴子 が デート や と ?

どう なって る ん や

( 理 美 ) そんな いい の ?

( 琴子 ) うーん しかたない じゃ ん 恋 なんて そんな もん よ

琴子 新たな 恋 に 落ちた ん か ?

あの ひげ の おやじ と

( 琴子 ) デート は うーん 映画 銀座 ( ぎんざ )

( 理 美 ) ああ 烏森 ( から す もり )?

( 琴子 ) 新 橋 ( しん ば し )

銀座

烏森 新 橋 …

場所 なんて どう で も いい よ は ぁ …―

映画 デート ロマン … なあ

は ぁ … デート

映画 銀座

烏森 新 橋 …

ロマン …

デート 映画

銀座 烏森 新 橋 ロマン …

あー さっぱり 分 から へん ! もう 頭 が 変に なり そう や あ

( 小田原 ( お だ わら )) おい 金之助 何 やって んだ もう お前 店 開 いち まう ぞ !

すいません 兄貴

何 だ よ ? それ

分から ん のです わ !

暗号 か ?

デート 映画 銀座

烏森 新 橋 ロマン

頭 こ ん がら がり ます やろ ?

フッ なるほど ねえ フッ

えっ ? 兄貴 分かった んです か ?

お前 が デート 行く の か ?

いえ

いえ

だろう なあ お前 みたいな のに

だろう なあ お前 みたいな のに

こんな 大人 の エロ い デート できる わけ ねえ もん な ―

えっ と …

エ … エ … エ …

エ … エ … エロ い ?

えっ ? えっ …

( 相原 重雄 ( しげ お )) 琴子 すま ねえ

あれ から ありとあらゆる 不動産 屋 回って みた んだ が

どういう わけ か いい 物件 が 見つかって も ―

僅 差 で 別の 人 に 契約 が 決ま っち まって

ふ ー ん そ っか

は ぁ とことん ついて ねえ な

まあ とにかく

すぐに は 新しい 家 見つかり そう も ない んだ

だから しばらく の 間

入江 家 に また 世話に なる しか ない

そんな

お 父さん が 頭 下げる ような こと じゃ ない でしょ ね

いや あ でも

あれほど 決心 して 入江 家 を 出た のに

お前 に も つらい 思い を さ せて る んじゃ ない か と 思って さ

( 直樹 ) さっき の 返事 だ けど

日曜 暇 だ から いい よ 映画

ほんと ?―

あり が と

ああ やっぱり なあ

違う の お 父さん

ん ?

あの ね

私 …

やっぱり 入江 君 の こと 好きな んだ

いや だ けど 直樹 君 の 気持ち が …

それ は 関係ない と 思う

フフ

そりゃ あ 入江 君 が 私 の こと 好きに なる なんて


×

We use cookies to help make LingQ better. By visiting the site, you agree to our cookie policy.