image

イタズラなKiss〜Love in TOKYO, イタズラなKiss〜Love in TOKYO#6 (2)

この 部 に 絶対 入ろう って 憧れて た んです

よろしく お 願い し ます

( 部長 ) うーん …

( 須藤 ) いい じゃ ないで す か 部長 !

熱意 が ある 人 は 大 歓迎 です よ ―

君 名前 は ?

相原 琴子 です

相原 琴子 です

うーん 琴子 ちゃん ! 入って 入って

うーん 琴子 ちゃん ! 入って 入って

僕 は 新人 担当 の 須藤 です

今 から ね ちょうど 新入 生 の 歓迎 会 を する ところ な んだ ―

どうぞ どうぞ うん

( 部長 ) うん お前 こっち 来い

( 部長 ) うん お前 こっち 来い

ああ

( 部長 ) じゃあ そろそろ 説明 し ます か ね ―

分か ん ない こと あったら ね 全部 須藤 君 まで …

( 須藤 ) あっ 携帯 番号 以外 は 教え ます 0120…

( 紀子 ) どう ?

おお ー すごい これ 私 に です か ?

琴子 ちゃん が テニス を やる なんて うれしい じゃ ない

私 も 若い ころ は 結構 上手な プレーヤー だった の よ

そう だった んです か ?

そう よ 最初に お 兄ちゃん に テニス を 教えた の は ―

私 な んです から ウフッ

ねえ お 兄ちゃん お 兄ちゃん ほら ―

琴子 ちゃん の ウエア かわいい でしょう ―

ねえ どう ? ウフフフ

エヘヘヘ …

格好 から 入ら ない 方 が いい と 思う よ

ふ ふ ー ん 順調じゃ ない フフ

ふ ふ ー ん 順調じゃ ない フフ

おお っ ? え ?

おお っ ? え ?

だって お 兄ちゃん と 琴子 ちゃん が 同じ クラブ に 入る なんて

2 人 は ラブ ラブ って ところ ?

いや 全然 です よ

入江 君 モテ る し

え ?

は ぁ …

おば 様

入江 君 って やっぱり

美人 で 頭 が いい 人 が 好み な んです か ?

まさか お 兄ちゃん に そんな 女 が ?

まあ お 兄ちゃん って 案外 モテ る の ね

あんな 無愛想な のに

あっ 大丈夫 よ 琴子 ちゃん

とにかく いつも 理工 学部 に 通って

アタック ある のみ !

どんな 女 が 相手 だろう と

お 兄ちゃん に は 琴子 ちゃん が 一 番 ウフフ

ハハ … そんな

私 は 2 人 と 一緒に 暮らして きて

ずーっと 見て た んだ から 分かる の

ねっ 頑張って !

うん そう そう そう

はい これ ラケット 持って

はい これ ラケット 持って

お っ

お っ

お っ

そう よ ポーズ とって

そう よ ポーズ とって

わ あ 似合う わ ―

やって そう はい レシーブ !―

そう そう じゃあ 今度 ボレー !

フフ

イヒヒヒ

よし この 勢い で 恋 も ゲット

チュッ

ウフフ いい わ 琴子 ウ ~ ン

( 松本 ) 何 して る の ?

( 琴子 ) は っ !

ふん !

サーブ

そう 琴子 ナイス

シャッ シューッ

フッ … フフ … ハハ …

( 部長 ) えー で は 新入 生 の 皆さん ―

今日 は 初日 と いう こと で 軽い テスト を し ます ―

皆さん の 実力 を 見せて もらう 程度 です が ―

頑張って ください

( 部員 一同 ) はい

( 琴子 ) 何 ? テスト なんて 聞いて ない

( 部長 ) 皆さん の 相手 は 新人 担当 3 年 の 須藤 が し ます

須藤 です よろしく お 願い しま ー す

( 部員 一同 ) よろしく お 願い し ます

は ぁ 須藤 さん なら 安心だ

まだまだ 分かって ない な

ん ? 何 が ?

( グリップ が きしむ 音 )

何 か 須藤 さん 変わった

じゃあ ワダ から

( ワダ ) え えっ 俺 から ?

( 須藤 ) アイウエオ 順だ と 思って 油断 して た の か

この アマチン が !

俺 は 意表 を 突く 男 な の さ

ワダ コート へ 来い

( 須藤 ) うりゃ ー !

何 ボサッ と して る んだ ! こら ー っ !

( 須藤 ) 体 で 来い よ ! もっと !―

( 須藤 ) 体 で 来い よ ! もっと !―

〝 鬼 の 須藤 〞 って いう んだ ぜ

( 須藤 ) 体 で 来い よ ! もっと !―

次 ! ヤノ 入れ !

( ヤノ ) はい

( 須藤 ) おら あ !

( 須藤 ) 走れ !

( 須藤 ) 走れ !

須藤 さん ラケット 握った とたん

須藤 さん ラケット 握った とたん

人格 が 変わる って

小学生 の ころ から 有名な んだ よ

普段 は あんな ん だ けど

( 須藤 ) 次 ! テラモト 入れ

( テラモト ) は … はい

う う ー っ …

( 須藤 ) う っ !

おら っ

あっ

お ー 松本 さん すごい

だって あいつ 高校 時代 女子 シングルス で ベスト 4 だ もん

( 直樹 ) あいつ 勉強 の 成績 も 優秀だ から ―

行こう 思えば どの 大学 に だって 行けた んだ

斗 南 の テニス 部 は 名門 だ から な

何で 入江 君 が そんな こと 知って ん の ?

相談 受けた んだ よ 大学 進学 の とき に

何せ 全国 大会 で 高 1 の とき から 一緒だ から な

( 須藤 ) えー い !

( 琴子 ) 私 は 高校 1 年生 の とき は ―

入江 君 と 知り合い じゃ なかった ―

ただ 見て た だけ ―

って こと は … 松本 さん の 方 が 入江 君 歴 長い じゃ ない !

負けちゃ い そう

( 部長 ) おお 松本 さすが だ 大した もん だ

ありがとう ございます

次 !

入江 直樹

入れ

はい

ついに この 日 が 来た な

そう です ね お手柔らかに

お前 に 手 を 柔らかに する わけ ないだ ろ

( 須藤 ) ダーッ !

( 部員 一同 ) おお ー !

おお 入江 君 すご ー い

( 部長 ) は ー い そこ まで 入江 コート から 出て

( 須藤 ) 待て 入江 ! もう 1 回 だ !

( 部長 ) 須藤 今日 は テスト だ から

や だ もう 1 回 だ !

( 男子 部員 ) すごい な 入江 直樹 うわさ どおり だ

( 男子 部員 ) いや でも 見ろ よ 須藤 さん の 顔

( 男子 部員 ) ああ … 怒ら しちゃ った

次の 子 が 災難 だ な

ぐ っ …

次 ! 相原 琴子 入れ !

は ー い ! う う う … ああ …

( 須藤 ) ノコノコ 歩く な !

は ー い !

あの う !

私 テニス 初めて な んです けど

じゃ か あし い ! いく ぞ !

は ー い !

( 須藤 ) おんどり ゃ ー !

ギャーッ !―

おお ! う う っ …―

キャーッ ! うわ っ !

キャーッ ! うわ っ !

何 な の ? あの 子

何 な の ? あの 子

( 須藤 ) お … おい 逃げる な ! ラケット を 持て !

目 を 開けろ ! いく ぞ !

( 琴子 ) は はい !―

おお う う っ おお …

( 須藤 ) うりゃ ー !

( 琴子 ) おお ー っ !

お っ !

( 男子 部員 ) 大変だ 相原 が 気絶 して る ぞ

は ぁ …

( 琴子 ) お っ おお …

おお 痛 た たた …

おお 痛 た たた …

はい

おお 痛 た たた …

大丈夫 ? 琴子 ちゃん

ハハ …

相変わらず 琴子 は ダセ えよ な

( 紀子 ) 裕樹 !

琴子 ちゃん あした の 練習 休んだら ?

いや うち の クラブ 新入 生 の 欠席 厳禁 な んです よ

大丈夫 すぐ 慣れ ます から

( 紀子 ) 女の子 なんだ から 無理 しちゃ 駄目 よ

( 紀子 ) 女の子 なんだ から 無理 しちゃ 駄目 よ

は ぁ …

( 紀子 ) 女の子 なんだ から 無理 しちゃ 駄目 よ

( 琴子 ) はい

( 紀子 ) 他 に けがして る と こない ?

( 琴子 ) あー 多分 もう 大丈夫だ と …―

ああ 後 筋肉 痛 で

( 琴子 と 紀子 の 笑い声 )

( ため息 )

大将 これ は どう し ましょう か ?

ああ 洗って 皮 むい と いて くれ

はい

あっ なあ 金之助

はい

お前 大学 で 昼間 バイト して んだ ろ ?

はい

どう だい ? 大学 で の 琴子 の 様子 は

ああ … 高校 時代 と 変わら ん と 思い ます けど

いや 変わら ん てこ と は ないだ ろ あいつ も いい 年頃 な んだ し

その う … その う …

か … ああ ボーイフレンド と か

そんな もん 悪い 虫 が つか へんよう に

わし が 見 張 っと り ます

いや … 直樹 君 は ?

ハハハ …

大将 大丈夫 で っせ

あの 男 の 魔 の 手 から は わし が 必ず 守り ます

それ に 大学 に なって 何 か 校舎 もちゃ う みたいで

高校 時代 より も ずーっと

2 人 の 距離 も 遠く なって る 気 し ます わ

まあ 正義 は 勝つ っ ちゅうこ と で すな

フフッ …

なあ 金之助 … 君

はい

ちょっと 伝言 頼ま れて くれ ない か ?

( 琴子 ) 痛 っ …

( 理 美 ) 琴子 顔 大丈夫 ? おい

痛い よ !

( 理 美 ) ハハハハ

聞いた よ 斗 南 の テニス 部 って 超 体育 会 系 な んでしょ ?

あまり の 厳し さ に 新入 部員 ほとんど 辞めちゃ う から

毎年 残る の 2~3 人 だって

えっ … 琴子 ほんとに 続け られる の ?

入江 君 の そば に いる ため だ もん 頑張る !

( 金之助 ) やめて まえ

はい はい はい はい よい しょ

はい はい はい はい よい しょ

金 ちゃん

はい はい はい はい よい しょ

( 琴子 ) おお ~

( 金之助 ) フフフ

( じん こ ) 金 ちゃん 琴子 だけ ずるい !

何 や うるさい な ケツプリホイホイ !

フフフ …

“ 金 ちゃん スペシャル ” や

う ~ ん

なあ 琴子

ん ?

テニス なんか やめて まえ

琴子 の かわいい 顔 傷つけて まで

そんな もん やる こと あら へん

せっかく 入った んだ から 頑張り たい の

“ 途中 で 何 か を 投げ出す の は よく ない ” って

お 父さん に 教え られて きた し

琴子 …

な … 何て けなげな

ヘヘヘ

( 金之助 の 泣き声 )

あ そう そう

そう いえば お やっ さん から 伝言 預かって る で

“ 今夜 あい 原 に 来て くれ ” って

何で ?

何で やろ ?

“ 折り入って 話し たい こと が ある ” って 言う とった けど

ふ ー ん

まあ 食い や うん

うん

うん

( 金之助 ) うん

いただき ま ー す

お前 ら どさくさ に 紛れて 食い 過ぎ や !

( 理 美 ・ じん こ ) て へ っ !

( 理 美 ・ じん こ ) て へ っ !

いや 〝 て へ っ 〞 や あら へん

いや 〝 て へ っ 〞 や あら へん

( 理 美 ) あー ん

( 理 美 ) あー ん

しかも 〝 LOVE 〞

しかも 〝 LOVE 〞

う まっ ! う まっ !

う まっ ! う まっ !

しかも 俺 の 〝 LOVE 〞…

しかも 俺 の 〝 LOVE 〞…

( 須藤 ) こら 何 して る !

ボサボサ する な !

( 部員 一同 ) はい

もっと 腰 を 落とせ !

( 部員 一同 ) はい …

( 須藤 ) ほんとに お前 ら は 気合い が 足 ん ねえ な ―

そんな やつ この テニス 部 に は いり ませ ん !―

辞め ち まえ !―

えっ 辞め たい ん か ?

( 部員 たち ) 辞め ませ ん …

( 須藤 ) だ ろ ?―

川 は 流れて ます 森 は 生きて ます ―

僕ら は みんな …

( 部員 一同 ) 生きて ます …

( 須藤 ) そうだ ろ ?―

よし 休憩 は い 休憩 終わり

( 男子 部員 ) うそ …

( 男子 部員 ) うそ …

( 須藤 ) いい か ? お前 ら に 休む 暇 など ない !―

( 須藤 ) いい か ? お前 ら に 休む 暇 など ない !―

次 腹筋 100 回 !

( 部員 一同 ) はい …

( 須藤 ) 返事 !

( 部員 一同 ) はい !

( 須藤 ) はい 1!―

はい 下がって ない 1!

( 琴子 ) これ が テニス 部 ? 基礎 練習 ばかり じゃ ない ―

それ に 一緒に 入った はずの 入江 君 も 松本 裕子 も い ない し ―

一体 どう なって ん の ?

一体 どう なって ん の ?

痛い !

いて っと

おっと 痛 っ …

おっと 痛 っ …

( 松本 ) あら ごめんなさい 琴子 さん

( 松本 ) あら ごめんなさい 琴子 さん

投げて くださる ?

ちょ … ちょっと ―

よ っこ いしょ っと おお っ

ちょっと あんた よ っこ いしょ

新入 生 な のに 何 で コート 入って 球 打って ん の ?

基礎 練習 は ?

( 松本 ) あら 知ら なかった の ?

斗 南 の テニス 部 は 実力 第 一

だから 昨日 の テスト に 合格 すれば

新入 生 だって 優先 的に コート で 練習 さ せて もらえる の よ

えっ そう な の ?

じゃあ も しか して 入江 君 も ?

入江 君 は 更に 特別な の

“ 気 が 向いた とき と 試合 だけ に は 出る ” と いう ―

条件 付き で 入部 した の よ

うそ … じゃあ 練習 に は 来 ない って こと ?

( 琴子 ) じゃあ 私 は 何の ため に テニス 部 に ?

あっ 聞いた わ よ

あなた って 彼 と 同じ 家 に 住んで る んで すって ね

でも 彼 の こと 何にも 知ら ない の ね

まあ その 程度 の 仲 って こと かしら

( 須藤 ) 相原 ! 何 を サボって る !

お前 は 罰 と して グラウンド 100 周 だ !

( 男性 客 ) ごちそうさま でした

( 重雄 ・ 小田原 ) ありがとう ございました

( 金之助 ) おう 琴子 よう 来た な

( 小田原 ) おう 金之助 ―

いつ 持ち場 を 離れて い いって 言った ?

洗い もん たまって んだ ろ

すいません 兄貴

ほ な また 学校 で うん

おお っ …

どうした ? 琴子

あ … ちょっと 筋肉 痛 で

えっ ?

( 琴子 ) それ より 話 って なあ に ? お 父さん

ああ

ちょっと 個室 借りる ぞ

( 小田原 ) はい

う お っ …

大丈夫 か ?

大丈夫 か ?

( 琴子 ) おおう …―

( 琴子 ) おおう …―

痛 て て …―

お おっと

( 琴子 ) おお ー ! おいし そう

いただき ま ー す

うん !

うん うん 運動 した 後 だ と 一 段 と おいしい

お前 球技 苦手だ ろ ?

うん

興味 なんか ない くせ に 何で テニス なんか

それ は 直樹 君 の ため か ?

フフ 何 よ 急に 改まって

なあ 琴子

入江 家 に お 世話に なって そろそろ 1 年 に なる な

これ は いろいろ 考えた んだ が

やっぱり このまま 入江 家 の 好意 に 甘え っぱなし は

いかん と 思う んだ よ ―

うん それ は イリ ちゃん や 奥さん

お前 の こと を 随分 かわいがって くれて る し

正直 俺 も お前 と 直樹 君 が … ね

将来 もしかしたら …

なんて こと も 考えたり した んだ が

お 父さん …

うん … だけど 長い 間 見て きた んだ が



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Language learning online @ LingQ

この 部 に 絶対 入ろう って 憧れて た んです

よろしく お 願い し ます

( 部長 ) うーん …

( 須藤 ) いい じゃ ないで す か 部長 !

熱意 が ある 人 は 大 歓迎 です よ ―

君 名前 は ?

相原 琴子 です

相原 琴子 です

うーん 琴子 ちゃん ! 入って 入って

うーん 琴子 ちゃん ! 入って 入って

僕 は 新人 担当 の 須藤 です

今 から ね ちょうど 新入 生 の 歓迎 会 を する ところ な んだ ―

どうぞ どうぞ うん

( 部長 ) うん お前 こっち 来い

( 部長 ) うん お前 こっち 来い

ああ

( 部長 ) じゃあ そろそろ 説明 し ます か ね ―

分か ん ない こと あったら ね 全部 須藤 君 まで …

( 須藤 ) あっ 携帯 番号 以外 は 教え ます 0120…

( 紀子 ) どう ?

おお ー すごい これ 私 に です か ?

琴子 ちゃん が テニス を やる なんて うれしい じゃ ない

私 も 若い ころ は 結構 上手な プレーヤー だった の よ

そう だった んです か ?

そう よ 最初に お 兄ちゃん に テニス を 教えた の は ―

私 な んです から ウフッ

ねえ お 兄ちゃん お 兄ちゃん ほら ―

琴子 ちゃん の ウエア かわいい でしょう ―

ねえ どう ? ウフフフ

エヘヘヘ …

格好 から 入ら ない 方 が いい と 思う よ

ふ ふ ー ん 順調じゃ ない フフ

ふ ふ ー ん 順調じゃ ない フフ

おお っ ? え ?

おお っ ? え ?

だって お 兄ちゃん と 琴子 ちゃん が 同じ クラブ に 入る なんて

2 人 は ラブ ラブ って ところ ?

いや 全然 です よ

入江 君 モテ る し

え ?

は ぁ …

おば 様

入江 君 って やっぱり

美人 で 頭 が いい 人 が 好み な んです か ?

まさか お 兄ちゃん に そんな 女 が ?

まあ お 兄ちゃん って 案外 モテ る の ね

あんな 無愛想な のに

あっ 大丈夫 よ 琴子 ちゃん

とにかく いつも 理工 学部 に 通って

アタック ある のみ !

どんな 女 が 相手 だろう と

お 兄ちゃん に は 琴子 ちゃん が 一 番 ウフフ

ハハ … そんな

私 は 2 人 と 一緒に 暮らして きて

ずーっと 見て た んだ から 分かる の

ねっ 頑張って !

うん そう そう そう

はい これ ラケット 持って

はい これ ラケット 持って

お っ

お っ

お っ

そう よ ポーズ とって

そう よ ポーズ とって

わ あ 似合う わ ―

やって そう はい レシーブ !―

そう そう じゃあ 今度 ボレー !

フフ

イヒヒヒ

よし この 勢い で 恋 も ゲット

チュッ

ウフフ いい わ 琴子 ウ ~ ン

( 松本 ) 何 して る の ?

( 琴子 ) は っ !

ふん !

サーブ

そう 琴子 ナイス

シャッ シューッ

フッ … フフ … ハハ …

( 部長 ) えー で は 新入 生 の 皆さん ―

今日 は 初日 と いう こと で 軽い テスト を し ます ―

皆さん の 実力 を 見せて もらう 程度 です が ―

頑張って ください

( 部員 一同 ) はい

( 琴子 ) 何 ? テスト なんて 聞いて ない

( 部長 ) 皆さん の 相手 は 新人 担当 3 年 の 須藤 が し ます

須藤 です よろしく お 願い しま ー す

( 部員 一同 ) よろしく お 願い し ます

は ぁ 須藤 さん なら 安心だ

まだまだ 分かって ない な

ん ? 何 が ?

( グリップ が きしむ 音 )

何 か 須藤 さん 変わった

じゃあ ワダ から

( ワダ ) え えっ 俺 から ?

( 須藤 ) アイウエオ 順だ と 思って 油断 して た の か

この アマチン が !

俺 は 意表 を 突く 男 な の さ

ワダ コート へ 来い

( 須藤 ) うりゃ ー !

何 ボサッ と して る んだ ! こら ー っ !

( 須藤 ) 体 で 来い よ ! もっと !―

( 須藤 ) 体 で 来い よ ! もっと !―

〝 鬼 の 須藤 〞 って いう んだ ぜ

( 須藤 ) 体 で 来い よ ! もっと !―

次 ! ヤノ 入れ !

( ヤノ ) はい

( 須藤 ) おら あ !

( 須藤 ) 走れ !

( 須藤 ) 走れ !

須藤 さん ラケット 握った とたん

須藤 さん ラケット 握った とたん

人格 が 変わる って

小学生 の ころ から 有名な んだ よ

普段 は あんな ん だ けど

( 須藤 ) 次 ! テラモト 入れ

( テラモト ) は … はい

う う ー っ …

( 須藤 ) う っ !

おら っ

あっ

お ー 松本 さん すごい

だって あいつ 高校 時代 女子 シングルス で ベスト 4 だ もん

( 直樹 ) あいつ 勉強 の 成績 も 優秀だ から ―

行こう 思えば どの 大学 に だって 行けた んだ

斗 南 の テニス 部 は 名門 だ から な

何で 入江 君 が そんな こと 知って ん の ?

相談 受けた んだ よ 大学 進学 の とき に

何せ 全国 大会 で 高 1 の とき から 一緒だ から な

( 須藤 ) えー い !

( 琴子 ) 私 は 高校 1 年生 の とき は ―

入江 君 と 知り合い じゃ なかった ―

ただ 見て た だけ ―

って こと は … 松本 さん の 方 が 入江 君 歴 長い じゃ ない !

負けちゃ い そう

( 部長 ) おお 松本 さすが だ 大した もん だ

ありがとう ございます

次 !

入江 直樹

入れ

はい

ついに この 日 が 来た な

そう です ね お手柔らかに

お前 に 手 を 柔らかに する わけ ないだ ろ

( 須藤 ) ダーッ !

( 部員 一同 ) おお ー !

おお 入江 君 すご ー い

( 部長 ) は ー い そこ まで 入江 コート から 出て

( 須藤 ) 待て 入江 ! もう 1 回 だ !

( 部長 ) 須藤 今日 は テスト だ から

や だ もう 1 回 だ !

( 男子 部員 ) すごい な 入江 直樹 うわさ どおり だ

( 男子 部員 ) いや でも 見ろ よ 須藤 さん の 顔

( 男子 部員 ) ああ … 怒ら しちゃ った

次の 子 が 災難 だ な

ぐ っ …

次 ! 相原 琴子 入れ !

は ー い ! う う う … ああ …

( 須藤 ) ノコノコ 歩く な !

は ー い !

あの う !

私 テニス 初めて な んです けど

じゃ か あし い ! いく ぞ !

は ー い !

( 須藤 ) おんどり ゃ ー !

ギャーッ !―

おお ! う う っ …―

キャーッ ! うわ っ !

キャーッ ! うわ っ !

何 な の ? あの 子

何 な の ? あの 子

( 須藤 ) お … おい 逃げる な ! ラケット を 持て !

目 を 開けろ ! いく ぞ !

( 琴子 ) は はい !―

おお う う っ おお …

( 須藤 ) うりゃ ー !

( 琴子 ) おお ー っ !

お っ !

( 男子 部員 ) 大変だ 相原 が 気絶 して る ぞ

は ぁ …

( 琴子 ) お っ おお …

おお 痛 た たた …

おお 痛 た たた …

はい

おお 痛 た たた …

大丈夫 ? 琴子 ちゃん

ハハ …

相変わらず 琴子 は ダセ えよ な

( 紀子 ) 裕樹 !

琴子 ちゃん あした の 練習 休んだら ?

いや うち の クラブ 新入 生 の 欠席 厳禁 な んです よ

大丈夫 すぐ 慣れ ます から

( 紀子 ) 女の子 なんだ から 無理 しちゃ 駄目 よ

( 紀子 ) 女の子 なんだ から 無理 しちゃ 駄目 よ

は ぁ …

( 紀子 ) 女の子 なんだ から 無理 しちゃ 駄目 よ

( 琴子 ) はい

( 紀子 ) 他 に けがして る と こない ?

( 琴子 ) あー 多分 もう 大丈夫だ と …―

ああ 後 筋肉 痛 で

( 琴子 と 紀子 の 笑い声 )

( ため息 )

大将 これ は どう し ましょう か ?

ああ 洗って 皮 むい と いて くれ

はい

あっ なあ 金之助

はい

お前 大学 で 昼間 バイト して んだ ろ ?

はい

どう だい ? 大学 で の 琴子 の 様子 は

ああ … 高校 時代 と 変わら ん と 思い ます けど

いや 変わら ん てこ と は ないだ ろ あいつ も いい 年頃 な んだ し

その う … その う …

か … ああ ボーイフレンド と か

そんな もん 悪い 虫 が つか へんよう に

わし が 見 張 っと り ます

いや … 直樹 君 は ?

ハハハ …

大将 大丈夫 で っせ

あの 男 の 魔 の 手 から は わし が 必ず 守り ます

それ に 大学 に なって 何 か 校舎 もちゃ う みたいで

高校 時代 より も ずーっと

2 人 の 距離 も 遠く なって る 気 し ます わ

まあ 正義 は 勝つ っ ちゅうこ と で すな

フフッ …

なあ 金之助 … 君

はい

ちょっと 伝言 頼ま れて くれ ない か ?

( 琴子 ) 痛 っ …

( 理 美 ) 琴子 顔 大丈夫 ? おい

痛い よ !

( 理 美 ) ハハハハ

聞いた よ 斗 南 の テニス 部 って 超 体育 会 系 な んでしょ ?

あまり の 厳し さ に 新入 部員 ほとんど 辞めちゃ う から

毎年 残る の 2~3 人 だって

えっ … 琴子 ほんとに 続け られる の ?

入江 君 の そば に いる ため だ もん 頑張る !

( 金之助 ) やめて まえ

はい はい はい はい よい しょ

はい はい はい はい よい しょ

金 ちゃん

はい はい はい はい よい しょ

( 琴子 ) おお ~

( 金之助 ) フフフ

( じん こ ) 金 ちゃん 琴子 だけ ずるい !

何 や うるさい な ケツプリホイホイ !

フフフ …

“ 金 ちゃん スペシャル ” や

う ~ ん

なあ 琴子

ん ?

テニス なんか やめて まえ

琴子 の かわいい 顔 傷つけて まで

そんな もん やる こと あら へん

せっかく 入った んだ から 頑張り たい の

“ 途中 で 何 か を 投げ出す の は よく ない ” って

お 父さん に 教え られて きた し

琴子 …

な … 何て けなげな

ヘヘヘ

( 金之助 の 泣き声 )

あ そう そう

そう いえば お やっ さん から 伝言 預かって る で

“ 今夜 あい 原 に 来て くれ ” って

何で ?

何で やろ ?

“ 折り入って 話し たい こと が ある ” って 言う とった けど

ふ ー ん

まあ 食い や うん

うん

うん

( 金之助 ) うん

いただき ま ー す

お前 ら どさくさ に 紛れて 食い 過ぎ や !

( 理 美 ・ じん こ ) て へ っ !

( 理 美 ・ じん こ ) て へ っ !

いや 〝 て へ っ 〞 や あら へん

いや 〝 て へ っ 〞 や あら へん

( 理 美 ) あー ん

( 理 美 ) あー ん

しかも 〝 LOVE 〞

しかも 〝 LOVE 〞

う まっ ! う まっ !

う まっ ! う まっ !

しかも 俺 の 〝 LOVE 〞…

しかも 俺 の 〝 LOVE 〞…

( 須藤 ) こら 何 して る !

ボサボサ する な !

( 部員 一同 ) はい

もっと 腰 を 落とせ !

( 部員 一同 ) はい …

( 須藤 ) ほんとに お前 ら は 気合い が 足 ん ねえ な ―

そんな やつ この テニス 部 に は いり ませ ん !―

辞め ち まえ !―

えっ 辞め たい ん か ?

( 部員 たち ) 辞め ませ ん …

( 須藤 ) だ ろ ?―

川 は 流れて ます 森 は 生きて ます ―

僕ら は みんな …

( 部員 一同 ) 生きて ます …

( 須藤 ) そうだ ろ ?―

よし 休憩 は い 休憩 終わり

( 男子 部員 ) うそ …

( 男子 部員 ) うそ …

( 須藤 ) いい か ? お前 ら に 休む 暇 など ない !―

( 須藤 ) いい か ? お前 ら に 休む 暇 など ない !―

次 腹筋 100 回 !

( 部員 一同 ) はい …

( 須藤 ) 返事 !

( 部員 一同 ) はい !

( 須藤 ) はい 1!―

はい 下がって ない 1!

( 琴子 ) これ が テニス 部 ? 基礎 練習 ばかり じゃ ない ―

それ に 一緒に 入った はずの 入江 君 も 松本 裕子 も い ない し ―

一体 どう なって ん の ?

一体 どう なって ん の ?

痛い !

いて っと

おっと 痛 っ …

おっと 痛 っ …

( 松本 ) あら ごめんなさい 琴子 さん

( 松本 ) あら ごめんなさい 琴子 さん

投げて くださる ?

ちょ … ちょっと ―

よ っこ いしょ っと おお っ

ちょっと あんた よ っこ いしょ

新入 生 な のに 何 で コート 入って 球 打って ん の ?

基礎 練習 は ?

( 松本 ) あら 知ら なかった の ?

斗 南 の テニス 部 は 実力 第 一

だから 昨日 の テスト に 合格 すれば

新入 生 だって 優先 的に コート で 練習 さ せて もらえる の よ

えっ そう な の ?

じゃあ も しか して 入江 君 も ?

入江 君 は 更に 特別な の

“ 気 が 向いた とき と 試合 だけ に は 出る ” と いう ―

条件 付き で 入部 した の よ

うそ … じゃあ 練習 に は 来 ない って こと ?

( 琴子 ) じゃあ 私 は 何の ため に テニス 部 に ?

あっ 聞いた わ よ

あなた って 彼 と 同じ 家 に 住んで る んで すって ね

でも 彼 の こと 何にも 知ら ない の ね

まあ その 程度 の 仲 って こと かしら

( 須藤 ) 相原 ! 何 を サボって る !

お前 は 罰 と して グラウンド 100 周 だ !

( 男性 客 ) ごちそうさま でした

( 重雄 ・ 小田原 ) ありがとう ございました

( 金之助 ) おう 琴子 よう 来た な

( 小田原 ) おう 金之助 ―

いつ 持ち場 を 離れて い いって 言った ?

洗い もん たまって んだ ろ

すいません 兄貴

ほ な また 学校 で うん

おお っ …

どうした ? 琴子

あ … ちょっと 筋肉 痛 で

えっ ?

( 琴子 ) それ より 話 って なあ に ? お 父さん

ああ

ちょっと 個室 借りる ぞ

( 小田原 ) はい

う お っ …

大丈夫 か ?

大丈夫 か ?

( 琴子 ) おおう …―

( 琴子 ) おおう …―

痛 て て …―

お おっと

( 琴子 ) おお ー ! おいし そう

いただき ま ー す

うん !

うん うん 運動 した 後 だ と 一 段 と おいしい

お前 球技 苦手だ ろ ?

うん

興味 なんか ない くせ に 何で テニス なんか

それ は 直樹 君 の ため か ?

フフ 何 よ 急に 改まって

なあ 琴子

入江 家 に お 世話に なって そろそろ 1 年 に なる な

これ は いろいろ 考えた んだ が

やっぱり このまま 入江 家 の 好意 に 甘え っぱなし は

いかん と 思う んだ よ ―

うん それ は イリ ちゃん や 奥さん

お前 の こと を 随分 かわいがって くれて る し

正直 俺 も お前 と 直樹 君 が … ね

将来 もしかしたら …

なんて こと も 考えたり した んだ が

お 父さん …

うん … だけど 長い 間 見て きた んだ が


×

We use cookies to help make LingQ better. By visiting the site, you agree to our cookie policy.