image

イタズラなKiss〜Love in TOKYO, イタズラなKiss〜Love in TOKYO#4

( 相原 琴子 ( あい はら こと こ )) 生まれて 初めて 書いた ラブレター ―

決して 読んで もらえ ない ラブレター

ひどい 手紙 見た の ?

( 入江 紀子 ( いりえ の りこ )) 琴子 ちゃん は

お 兄ちゃん の お 嫁 さん に なったら いい じゃ ない の

( 池沢 金之助 ( いけ ざ わき ん の すけ )) 結婚 なんか お 話 に も なら へんで

( 入江 直樹 ( な おき )) 人 の 気持ち なんて 分から ない

今日 は 嫌いで も ―

あした は 好きに なって る かも しれ ない から ね

( 琴子 ) な … 何 言って ん の ?

あー っ 待って !

ハッハッハッ …―

安心 しろ よ おつきあい する つもりな いから

からかった の ?

( 琴子 ) 高校 最後 の 夏 休み の 思い出 は ―

これ と いって 何も なかった けれど ―

入江 君 と 飲んだ モーニング コーヒー の 香り は ―

きっと 忘れ ない

( 琴子 ) 時 の 流れ は 早い もの で ―

季節 は 夏 から 秋 ―

秋 から 冬 へ と 移り変わって いき ―

どうにか 大学 進学 が 決まった の は いい けど ―

私 と 入江 君 の 関係 は ―

相変わらず ―

何も 進展 し ない まま で

( 小森 ( こもり ) じん こ ) かわいい

( 石川 理 美 ( いし かわ さとみ )) じん こも すごい 似合って る ね

( じん こ ) 今年 は 紺 に した の 去年 は 黄色 だった から

( 理 美 ) そうだ よ ね ちょっと 大人 の じん こ で キャー

( 理 美 ) そうだ よ ね ちょっと 大人 の じん こ で キャー

( 琴子 ) じん こ ! 理 美 !

( 琴子 ) じん こ ! 理 美 !

( 理 美 ・ じん こ ) あー っ !

あけ まして おめでとう

( 理 美 ・ じん こ ) あけ まして おめでとう 琴子

( 理 美 ) あれ ? 今年 は 琴子 も 着物 着た んだ

うん 入江 君 の お 母さん に 着付けて もらった んだ

かわいい 似合って る よ

ウフ ありがとう

あれ ? じん こ ちょっと 太った ?

ちょ … やめて よ 気 に して る んだ から

だけど さ もう 受験 勉強 から 解放 さ れた って 思う と

クリスマス ケーキ も おせち も おいしく って

( 琴子 ) うん 分かる 分かる

でも さ 3 人 と も 同じ 斗 南 ( と なん ) 大学 に 進めて よかった ね

ほんと 春 から 私 たち も 女子 大 生 ―

今年 は いい 1 年 に しよう ね

( 琴子 ) うん じゃあ 早速 行く か

( 理 美 ) 行く か

( じん こ ) あっ 並んで る ね

( 理 美 ) すごい ね

すてきな 大学 生活 に なり ます ように

今年 こそ 彼 氏 でき ます ように

( 理 美 ) は ぁ …

琴子 真剣 だ ね

無言 でも 何 を 願って る か バレバレ ね

( じん こ ) ねえ おみくじ 引こう よ

これ !

( じん こ ) じゃあ 私 は ね これ に しよう

( 理 美 ) どれ に しよう か な ―

これ っ

おお っ すご ~ い

大吉 だ ~ っ !

大吉 だ ~ っ !

( 理 美 ) 来た ~ 私 も !

( 理 美 ) 来た ~ 私 も !

( 理 美 ) 来た ~ 私 も !

( じん こ ) 何と 私 も !

( じん こ ) 何と 私 も !

( 琴子 ) お ー すごい 3 人 そろって すごい ―

えっ 待って !

えっ 待って !

( 理 美 ) え ?

( 理 美 ) え ?

( 琴子 )“ 待ち 人 来る 楽しみに 待ち なさい ”

(3 人 の 歓声 )

どう しよう 大丈夫 ?

どう しよう 大丈夫 ?

( 理 美 ) え 何 ? 何 ? 私 の 何 だ ろ ね …

( 理 美 ) え 何 ? 何 ? 私 の 何 だ ろ ね …

( 理 美 ) え 何 ? 何 ? 私 の 何 だ ろ ね …

( 琴子 ) うん ?

( 琴子 ) うん ?

“ 来 ない けれど 便り あり ” どういう こと だ ? これ は ―

来 ない の ? 今年 も 来 ない の ?

来 ない の ? 今年 も 来 ない の ?

( じん こ )〝 野心 を 持つ と 来 ないで す 〞―

( じん こ )〝 野心 を 持つ と 来 ないで す 〞―

ええ ~ っ ?

( 銀 太郎 ( ぎん たろう )) 兄貴

この こと 琴子 に は 絶対 言う な よ

( 銀 太郎 ) でも …

( 銀 太郎 ) でも …

ええ から

ええ から

言 ( ゆ ) うな ゆう たら 言う な

兄貴

( 入江 重樹 ( しげき )) おめでとう !

( 紀子 ) おめでとう !

( 相原 重雄 ( しげ お )) ホッホー

( クラッカー が 鳴る 音 )

( 紀子 たち の 笑い声 )

( 重樹 ) それ で は 琴子 ちゃん の 大学 進学 決定 を 祝って 乾杯 !

( 紀子 ・ 重雄 ) 乾杯 !

( 紀子 ・ 重雄 ) 乾杯 !

( 重樹 ) はい おめでとう

( 重樹 ) はい おめでとう

琴子 ちゃん おめでとう

( 重雄 ) ああ ~

( 重雄 ) ああ ~

さあ それ で は みんな いただき ましょう

さあ それ で は みんな いただき ましょう

さあ それ で は みんな いただき ましょう

( 重雄 ) さあ いただき ましょう

( 重雄 ) さあ いただき ましょう

( 重雄 ) さあ いただき ましょう

( 紀子 ) わ あ フフフ

私 の ため に 皆さん ほんとに ありがとう ございます

( 重樹 ) いや いや いや

いや ー この 間 まで まだ 小さい と 思って た 琴子 が

春 から もう 大学生 か フフ

天国 で お 母さん が どれ だけ 喜んで る こと か

お 父さん

お 父さん

( 重雄 ) ごめん ―

( 重雄 ) ごめん ―

ごめん ごめん

なあ 直樹 も 琴子 ちゃん に 続いて 受験 頑張 ん ない と な

( 入江 裕樹 ( ゆうき )) お 兄ちゃん は 琴子 みたいな ばか と は 違う

余裕 で 東大 合格 だ

裕樹 ハハハ …

あっ そうだ

はい 入江 君 これ

( 紀子 ) まあ フフフ

( 紀子 ) まあ フフフ

( 重樹 ) おお ?

( 紀子 ) まあ フフフ

( 琴子 ) 私 が 内部 進学 できた の も

入江 君 に テスト 勉強 見て もらった おかげ だ し

お 礼 って ほど じゃ ない んだ けど

わ あ すてき 早く 開けて みせて よ お 兄ちゃん

わ あ すてき 早く 開けて みせて よ お 兄ちゃん

( 重樹 ) うん うん うん

( 重樹 ) うん うん うん

フフッ

何 だ あ ? これ

ヘッドマッサージ 器 です

( 重雄 ) ふ ー ん

( 重雄 ) ふ ー ん

( 琴子 ) 入江 君 東大 目指して 外部 受験 する でしょ ?―

( 琴子 ) 入江 君 東大 目指して 外部 受験 する でしょ ?―

まだ 勉強 あって 大変だ と 思う から

泡立て 器 みたい

じじ くせ え

( 重樹 ) こら 裕樹

いい から 使って みなさ いよ お 兄ちゃん

いい から 使って みなさ いよ お 兄ちゃん

( 重樹 ) ああ そう だ よ そう だ よ

( 重樹 ) ああ そう だ よ そう だ よ

( 直樹 ) 俺 は いい よ

それ に 東大 どころ か

大学 に 行く か どう かも 決めて ないし

( 重樹 の せき払い )

あっ あの 裕樹 ちょっと それ 見 して ごらん なさい

どう やって どう やって 使う んだろう ね

頭 に

頭 に

( 重樹 ) 頭 に ね

( 重樹 ) 頭 に ね

( 琴子 ) そんな …―

東大 間違い なし の 天才 の 入江 君 が ―

大学 に 行か ない かも しれ ない って ―

どういう こと ?

♪~

( 琴子 の あくび )

( じん こ ) 口 ( くち ) 口 っ

( 理 美 ) で かい 口

( じん こ ) 受験 勉強 の ない 3 学期 って 天国 ね

( 理 美 ) ほんと

あっ 見て 見て 見て 見て

( じん こ ) 何 か すごい 風景

私 たち が 余裕 で 遊んで る のに A 組 が 必死 なんて

何 か 不思議だ よ ね

うん まあ もう すぐ センター 試験 だ から ね ~

( じん こ ) だ が 入江 直樹 だけ は 余裕 … と

( 理 美 ) 信じ らん ない ―

この 時期 に 受験 に 関係ない 本 を 悠々と 読んで られる なんて

ねえ 入江 直樹 の 第 一 志望 って や っぱ 東大 な の ?

東大 どころ か

大学 に 行く か どう かも 決めて ないし

( じん こ ) 琴子 ―

琴子

えっ ?

ああ どう な んだろう ね

受かったら 行く んじゃ ない ?

何 言って ん の 入江 なら 受かる に 決まって んじゃ ん

でも 琴子 さみしく なっちゃ うね

大学 ばらばらに なっちゃ う なんて

でも 入江 君 の 将来 の ため だ もん 応援 しちゃ う !

応援 しちゃ う !

( 理 美 ) じん こ 無理 が ある ハハ 八 ッ

( 理 美 ) じん こ 無理 が ある ハハ 八 ッ

( じん こ ) 無理 ある ? うそ でしょ

おば 様 あの …

( 紀子 ) うん ?

裁縫 道具 を お 借り する こと って でき ます か ?

あっ いい わ よ あっ ちょっと 待って て ね

はい

♪~

あっ 曲がっちゃ った

大丈夫 よ ゆっくり やって みて

はい

その お守り お 兄ちゃん に ?

あり が と ね 琴子 ちゃん

お 兄ちゃん の 大学 受験 の こと 一 番 思って くれて る の は

実は 琴子 ちゃん かも ね フフフ …

入江 君 大学 行か ない かも しれ ない なんて

うそ です よ ね ?

うーん

大学 に 行き たく ない わけじゃ ない んだろう けど

もしかしたら パパ の 期待 が 大き すぎる の かも

パパ 自分 が 東大 出身 でしょ

それ で お 兄ちゃん に も 同じ 東大 に 行って

いずれ は パパ の 会社 を

継いで ほしい って 思って る んだ けど

そういうふうに 期待 さ れて る こと が

もしかしたら お 兄ちゃん に は 重荷 な の かも ね

( 直樹 ) はい

ちょっと いい かな ?

( 琴子 ) はい

あした センター 試験 でしょ ? だ から

受ける よ ね ? センター 試験

願書 は 出した

よかった

他 に 行き たい 大学 が あったら 仕方ない けど

でも 東大 に 行ったら

おじさん も おばさん も 喜ぶ と 思う よ

私 なんか 親 に 迷惑 かけ っぱなし だし さ

そんなふうに 親 を 喜ば せる チャンス が

たくさん ある 入江 君 が うらやましい

あ … じゃあ それ だけ

お前 さ

大学 行って どう する の ?

どう する って …

勉強 したり 友達 作ったり

好きで も ない 勉強 を わざわざ し に 行く 気 か よ

分か ん ない よ な

何で みんな そんなに 必死に 大学 に 行き たい の か

そりゃ あ 入江 君 みたいな 人 が 勉強 する ため に

大学 は ある んだろう けど

俺 大学 なんて 行き たい と 思って ない よ

別に 大学 で 教えて もらわ なくて も

勉強 し たけりゃ 自分 で できる し

でも それ だけ じゃ ない でしょ

将来 やり たい こと の ため の 資格 と か

じゃあ お前 は 何 やり たい の ?

そんな の まだ 分か ん ない けど …

あっ そうだ

大学 行く 時間 って それ を 探し に 行く 時間 な んだ よ ―

将来 自分 が 何 を やり たい の か を

入江 君 は さ その 頭脳 を 独り占め しちゃ 駄目だ よ

日本 の 発展 に 役立た せ ない と ね

お前 って すごい よ な

前 から 思って た んだ けど

何で そんなに 一生懸命に なれる んだろう って

そんで 一生懸命 に やる のに

何で それ が でき ない の か な あって

感心 しちゃ って

何 それ 嫌 み ?

何 か …

そっち の 方 が うらやましい 気 が する

あした 早い から もう 寝る わ

うん お やすみ

あっ じゃあ これ 付け と くね

( ドア が 開く 音 )

( ドア が 閉まる 音 )

フフッ ―

ヒヒヒ …

完璧

ファイト

お 兄ちゃん 遅い わ ね

( 重樹 ) あ … あいつ まさか

センター 試験 受け ない 気 じゃ ない だろう なあ

大丈夫 たい イリ ちゃん の 気持ち は 届 いとう

( 重樹 ) うーん でも 思い込んだら 頑固な とこ あるけ ね

( 直樹 ) 何 ?

ああ っ おはよう お 兄ちゃん

いい 朝 ねえ ―

いい 朝 ねえ ―

( 重樹 ) うん

( 重樹 ) うん

( 重樹 ) うん

はい お 弁当

はい お 弁当

ありがとう

( せき込み )

どうした ? 直樹

何 か ちょっと 熱っぽい

風邪 ひいた みたい

こんな 大事な 日 に

大変だ わ あっ 卵 酒 卵 酒

いやいや 喉 に は ネギ を

( 裕樹 ) 薬 薬 薬 !

( 重樹 ) ああ ぬかみそ も あった か

いい よ もう 行く から

( 紀子 ) えっ ? あっ 朝 御飯 は ?

( 直樹 ) 食欲 ない これ で いい

( 紀子 ) え えっ ?

( 琴子 ) 入江 君 入江 君 これ 飲んで この 薬 ―

よく 効く の よ

うん これ で 安心だ

まさか と は 思う けど この 薬 眠く なら ない よ な ?

はっ !

服用 後 は 自動車 の 運転 を 避けて ください …

( 重樹 が 鼻 を 鳴らす 音 )

( 重樹 ) 吐け 直樹 吐く んだ 直樹 !

( 重雄 ) イリ ちゃん 俺 が 押さえ とく けん 指 入れ !

( 重雄 ) イリ ちゃん 俺 が 押さえ とく けん 指 入れ !

( 紀子 ) 洗面 器 持ってきて 早く 早く !

( 紀子 ) 洗面 器 持ってきて 早く 早く !

( 紀子 ) 洗面 器 持ってきて 早く 早く !

( 重樹 ) あー ん して あー ん して

( 紀子 ) 洗面 器 持ってきて 早く 早く !

( 紀子 ) 洗面 器 持ってきて 早く 早く !

( 直樹 ) もう いい よ !―

( 直樹 ) もう いい よ !―

いって き ます

入江 君 大丈夫 かな ?

( 渡辺 ( わた なべ )) ハァ ハァ … おはよう

( 直樹 ) おはよう

( 渡辺 ) あれ ? その お守り 手作り ?―

もし かして 一緒に 住んで る 彼女 が 作って くれた と か ?

会場 に 着いたら 捨てる

( 渡辺 ) そんな ! かわいそうじゃ ん

俺 彼女 結構 好み だ けど なあ

( 女性 ) すいません 降り ます

ありがとう ございました

( 渡辺 ) どうした ? 入江

あいつ

( 渡辺 ) お守り が ドア に 挟まって る 引きちぎれ よ

( 渡辺 ) おい びくとも して ない ぞ

は ぁ …

( 渡辺 ) 入江 急げ

( 直樹 ) 渡辺 お前 先 に 行け

でも お前 は ?

俺 は 早 めに なんとか する から

( 発車 の ベル )

悪い 先 行く ぞ 後 で 会場 で な

( 直樹 ) おう

すいません

( ブザー 音 )

すいません エレベーター が 停止 し ました

すいません

( 渡辺 ) は ぁ …

( 直樹 ) おい !

よかった 入江 随分 かかった な

( 直樹 ) 駅員 に し こ たま 絞ら れた

何 か いたずらで エレベーター 止める の が

はやって る らしく って

今 まで の も お前 が 犯人 な んじゃ ない か って

話 は 後 だ さっ 中 行こう

( 渡辺 ) そう いえば あの お守り は どう した んだ ?

( 直樹 ) あっ

( 渡辺 ) しぶとい なあ

それ 縁起 悪い んじゃ ない か ?

( 直樹 ) だ よ な ―

外 しち まおう

何 か やたら あっさり 取れた わ

( 渡辺 ) 入江 !

( 男子 生徒 ) 階段 から 人 が 落ちた ぞ

( 男子 生徒 ) 誰 か 誰 か いま せんか ?

( 養護 教諭 )2 人 と も 保健 室 へ 運んで 今 すぐ !

( 渡辺 ) 何て 恐ろしい お守り

( 男子 生徒 ) せ ー の

( 養護 教諭 ) ゆっくり で いい よ

♪~

( ドア が 開く 音 )

すいません 遅く なり ました

( 試験 官 ) 階段 から 落ちた 生徒 だ ね ? さあ 急いで 残り 時間 30 分 だ

はい

あの とき だ

ありがとう

( 渡辺 ) なあ 入江 ―

聞く の も 悪い けど どう だった ?

問題 は ほとんど 見 ず に 想像 で 答え を 書いた

( 渡辺 ) まあ お前 なら なんとか なって る よ

( 琴子 ) ファイト !

あの 女

( 渡辺 ) どうした ?

もし かして その お 弁当 も あの 子 が 作った と か ?

食わ ない 方 が いい 腹 でも 下したら 大変

こんなんで よかったら

ありがとう 恩 に 着る

なあ 余計 なお 世話だ けど

あの お守り も 捨てた 方 が いい ぞ

保健 室 で 気付いたら なく なって た よ

それ は よかった これ で 災い も 去った な

♪~

残り 10 分 だ よ

♪~

( 渡辺 ) 大変だった なあ 入江

でも お前 は これ くらい の アクシデント が あって ―

ちょうど 普通 ぐらい の 人 だ よ

… って フォロー に なって ない か

( 養護 教諭 ) あら あなた

今日 は 大変だった わ ね

先ほど は ありがとう ございました

まあ 骨 は 折れて ない けど しばらく は 安静に ね

はい ありがとう ございます

あ … あっ そうだ

あなた のだ と は 思う んだ けど 階段 に 落ちて いた お守り

胸 の ポケット に 入れて おいた わ よ ―

手作り だった から ―

大事な もの な んじゃ ない か な と 思って

フフッ お守り の ご利益 ある と いい わ ね ―

ああ うらやましい

俺 あの 子 と お前 は 一生 一緒に いる 気 が する

やめろ

お 兄ちゃん そろそろ 帰って くる 時間 な のに 遅い わ ねえ

( ドア が 開く 音 )

( 紀子 ) あっ ウフ

( 裕樹 ) お 兄ちゃん だ

( 裕樹 ) お 兄ちゃん だ

( 紀子 ) お 兄ちゃん どうした の ? 一体 何 が あった の ?

転んだ

( 紀子 ) え えっ ? それ に したって ひどい けが

お守り 効か なかった んだ

いや ものすご ー く 効いた よ

それ どういう 意味 ?

もう いい

寝る

お 兄ちゃん

( チャイム )

( 女子 生徒 ) センター 駄目だった

( 女子 生徒 ) 私 も もう 私立 に 懸ける しか ない や

入江 は 大丈夫だ よ 全国 一 の 天才 だ よ

いや 今回 ばかり は そう と も 言え ない 気 が …

( 理 美 ) 琴子 ! じん こ !

聞いた ? 入江 東大 受ける って

うそ ! それ どこ で 聞いて きた の ?

今 職員 室 で うわさ に なって た の

東大 受ける 生徒 の 中 でも ぶ っち ぎり の 成績 だって

さっす が 天才

ちょ … ちょっと 琴子 あんた 何で 泣いて る の よ ?

いや …

うれしくて

フフッ 私 入江 君 に おめでとう って 言って くる ね

フフフフッ

青春 だ ね うん うん

( 琴子 ) あんな けが して た のに ちゃん と 結果 を 出す なんて ―

私 の 好きな 人 は ほんとに かっこいい んだ ―

もし かして ―

あの お守り も ちょっと は 役 に 立った の か なあ

ヒヒヒヒッ

東大 を 受け られる の も 全て 君 の お守り の おかげ だ よ

ありがとう

( 渡辺 ) あっ 危ない !

あっ ! A 組 の 人

ちょっと ! どうした ん です か ?―

お っ ちょ っ … も しか して センター 試験 の 結果 が ?

やっぱり

やっぱり 入江 センター 試験 駄目だった の ?

何 言って る んです か ? 入江 君 は 大丈夫です よ

東大 も 受け られる みたいです

え えっ !?―

すごい あの 状態 で ?

あの 状態 ?

そりゃ あ 悲惨 の 一言 だった よ

あんな 入江 見た こと なかった

あの お守り の せい だ と して も

あの お守り ?

や ばっ !

ちょ っ そ … それ どういう こと です か ?

( 渡辺 ) 何でもない 何でもない から

( 琴子 ) 気 に なる んだ から 教えて ください

( 渡辺 ) やめて くれ 話す よ 話す から

( 琴子 ) わ っ ―

すいません

俺 は これ から 第 一 志望 の 早稲田 の 受験 を 控えて いる んだ

ほんと 君 の デスパワー って すごい ね

デスパワー ?

今 と なって は 笑い話 だ けど

あの 日 君 の お守り の パワー で 大変な こと が …

( 琴子 ) けが も 何もかも ―

お守り の せい だった なんて ―

私 …―

入江 君 に ものすごい 迷惑 かけちゃ った

( 琴子 ) どう か 入江 君 が 東大 に 受かり ます ように ―

入江 家 の みんな の 夢 が かない ます ように ―

( 琴子 ) きっと この とおり に なる ―

ちょっと 気 が 早い かも しれ ない けど ―

試験 の 翌日 バレンタイン に これ 渡す んだ

はっ …

( 琴子 ) そして 運命 の 日 が やってきた

( 直樹 ) いって き ます

… って みんな でそろって 見送る こと ない だろう

だって 心配で

何 だったら 車 で 送って いこう か ?

大丈夫だ よ 足 の けが だって 治った んだ し

いって き ます

気 を 付けて ね

( 重樹 ・ 重雄 ) いって らっしゃい

いって らっしゃい

( ドア が 閉まる 音 )

( 渡辺 ) そりゃ あ 悲惨 の 一言 だった よ

あんな 入江 見た こと なかった ―

あの お守り の せい だ と して も

( 紀子 ) あっ 琴子 ちゃん ?

( 琴子 ) 私 入江 君 が 東大 の 門 くぐる まで 見送って き ます

何 か あったら 心配な ので

いって き ます

( 紀子 ) いって らっしゃい

( 重樹 ・ 重雄 ) いって らっしゃい

♪~

ついてきて る の バレバレ な んです けど

ハハハ … 東大 の 前 まで お 見送り しよう か と 思って

おお っ 滑った !―

おお … お … お …

ごめんなさい 受験 生 の 前 で

何で バナナ ?

あ 痛 っ

( 琴子 ) おお さすが みんな 頭 よ さ そう

お前 何 か 歩き 方 変じゃ ない ?

そう ? 普通だ よ

顔色 も 悪い けど

あ … ただ 緊張 して る だけ

お前 が 緊張 して どう すんだ よ ?

受験 す ん の 俺 だ ぞ

あっ …―

うん ―

う う …

( 琴子 ) どう しよう こんな お腹 の 痛み 初めて ―

でも 駄目 ―

入江 君 が 東大 の 門 を くぐる まで は ―

それ まで は ―

心配 かけちゃ 駄目

おい お前 本当に 大丈夫 か ?

ああ もちろん

試験 頑張って ね いって らっしゃい

あっ う っ

トイレ … トイレ …

ああ … あっ

( 女性 ) どうした ん です か ?

誰 か ! 誰 か いま せんか ?

( 女性 ) 大丈夫です か ? どうした ん です か ?

いきなり 倒れて …

( 女性 ) 大丈夫です か ? しっかり して ください

( 直樹 ) すいません ―

おい 大丈夫 か ?―

すいません 病院 病院 どこ です か ?

( 女性 ) あっ 確か 向こう に

( 琴子 ) 入江 君 ―

試験 に 行って ―

入江 君 遅れちゃ うよ ―

試験 受けて ―

おじ 様 も おば 様 も ―

裕樹 君 も ―

みんな ―

応援 して る んだ から

( 紀子 ) 琴子 ちゃん ―

( 紀子 ) 琴子 ちゃん ―

( 重雄 ) 琴子 琴子

( 重雄 ) 琴子 琴子

( 重雄 ) 琴子 琴子

琴子 ちゃん

( 重雄 ) 琴子 琴子

( 重樹 ) 琴子 ちゃん

お 父さん

おば 様 ―

おじ 様 ―

私 …―

何で ここ に ?

( 紀子 ) 琴子 ちゃん 大丈夫 ?

( 重雄 ) 急性 盲腸 炎 だった んだ ―

でも 薬 で 散らした から もう 大丈夫だ ―

今日 中 に 家 に 帰れる から な

( 重樹 ) よかった な 琴子 ちゃん

( 琴子 ) 入江 君 は ?

私 たち が 来た とき に は もう い なかった わ

きっと うち に 電話 して から すぐに 東大 に 向かった の よ

今頃 は 試験 の 真っ最中 じゃ ない ?

よかった

私 の せい で 入江 君 が 東大 受け られ なかったら

人生 が 狂っちゃ ったら どう しよう か と …

琴子 ちゃん

自分 が こんなに 苦しい とき に

お 兄ちゃん の こと 一 番 に 心配 して くれる なんて

( 直樹 ) 俺 が どうした って ?

直樹 !

お お前 受験 に 行った んじゃ ない の か ?

( 直樹 ) 腹 減った から 飯 食い に 出て た

じゃあ 受験 は ?

東大 は ?

東大 ? 受けて ない けど

は あ !?

( 紀子 ) ああ …

そんな …

そんな …

( 重雄 ) イリ ちゃん 奥さん 坊っちゃん ほんとに 申し訳ない

( 重樹 ) アイ ちゃん

うち の 娘 の せい で 大事な 息子 さん を 大変な 目 に …

( 重樹 ) なん … 頭 上げん ね ―

受験 に 行か ん やった ん は 直樹 が 勝手に やった こと やけ

( 紀子 ) そうです よ それ に いくら 東大 に 受かって も ―

あそこ で 琴子 ちゃん を 見捨てる ような 子 だったら

私 は がっかり です よ

( 重雄 ) でも …

( 重雄 ) でも …

( 重樹 ) いや そうたい そうたい ―

( 重樹 ) いや そうたい そうたい ―

こう なる 運命 やった ん やけ ―

こう なる 運命 やった ん やけ ―

( 重雄 ) いや もう …

( 重雄 ) いや もう …

( 重雄 ) いや もう …

え えて ええ け え …―

え えて ええ け え …―

え えて ええ け え …―

( 紀子 ) 頭 頭 上げて ください

( 紀子 ) 頭 頭 上げて ください

アイ ちゃん ええ って

( 琴子 ) 私 の せい で ―

入江 家 に とって 最悪の こと が 起こって しまった

♪~

( 琴子 ) “ 入江 家 の 皆さん ”―

“ 今 まで ありがとう ございました ”

さようなら 入江 君

( 琴子 ) “ これ 以上 皆さん に 迷惑 を かける こと は でき ませ ん ”―

“ 私 は ”―

“ 皆さん の 目 の 届か ない 所 で 生きて いき ます ”

どこ 行こう

寒い

( 直樹 ) なら 缶 コーヒー 持つ か ?

入江 君 ―

ど して ?

別に

寝 れ なかった から ちょっと 散歩

( 琴子 ) あったかい

止め ないで

私 これ 以上 入江 君 に …

別に 止めて ない けど

じゃあ さよなら

俺 が 東大 行か なかった から 出て 行く の か よ ?

私 って やっぱり 入江 君 の 疫病 神 だ と 思って

東大 だけ じゃ ない センター 試験 の こと だって

聞いた の

A 組 の 渡辺 君 に

もし かして

私 って 入江 君 に とって 何 か とんでもない 人間 な の かも

そう かも な

ほんと ―

お前 と いて いい こと が あった ためし が ない もん な

俺 の ペース が いつも めちゃくちゃに さ れて

学校 で は うわさ 立て られる し

勉強 教え させ られる し

しまい に は 受験 まで

私 って 最悪

でも …

結構 面白かった

あんなに ハラハラ した の 生まれて 初めて だった

試験 の 結果 が 怖かった の も 初めて

すごい 体験 だった よ

でも 東大 は ?

言 っと く けど

東大 受け なかった の は お前 の せい じゃ ない から

( 琴子 ) え ?

お前 を 病院 に 置いた 後 に 行った って

受験 に は 十分 間に合った んだ

じゃあ 何で ?

お前 が 大学 は 何 を する の か

決め に 行く 場所 だって 言って ただ ろ ?

だったら 最近 お前 と いて

ハラハラ する の も 刺激 が あって 面白い し

このまま エスカレーター で 斗 南 に 残る の も 悪く ない なって

まあ 前 から 東大 行って 何 する んだ って 思って たし

私 が いる から 同じ 大学 に したって こと ?

別に そういう 意味 じゃ ない よ

でも

( 直樹 ) いい から もう 行け ―

元気で な

( 琴子 ) あっ ちょ ちょっと 待って

あの 私 もう 少し 入江 家 に いて も いい ?

もう 迷惑 は かけ ない から

( 直樹 ) うそ つけ

お前 が 迷惑 かけ ない わけ ないだ ろ

そう よね

じゃあ 刺激 の ある 生活 を お 約束 する わ

調子 の いい やつ だ な お前 は

ああ

お っ !

ねえ 今日 って もう バレンタイン だ よ ね ?

だから 何 な んだ よ ?

チョコ でも くれ ん の ?

ごめん も しか して 期待 して た ?

別に

♪~

ある じゃ ん

まず っ

( 琴子 ) ホワイトバレンタイン ―

今年 は 私 の 思い は 空回り して しまった けれど ―

いつか きっと ―

私 の 思い が ―

伝わり ます ように

♪~

ファーストキッス ?

( 理 美 ) 卒業 式 の 日 に キス した カップル は 永遠に 結ばれる って いう

( じん こ ・ 琴子 ・ 理 美 ) お ー っ

( じん こ ) 最高の 卒業 式 と 謝恩 会 に しよう ね

( 金之助 ) 琴子 俺 や あか ん か !

( 琴子 ) 私 金 ちゃん の こと 嫌い って いう わけじゃ

( 金之助 ) 俺 は な 今夜 琴子 と キス す ん の や

( 直樹 ) 夢 なら 寝て みれば ?

琴子 は 俺 の こと 好きに なって くれる ん か ?

( 金之助 ) 誰 が 一 番 自分 を 大事に して くれる かって こと に ―

気 い付いた ん やろ

この 冷血 男 !



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Language learning online @ LingQ

( 相原 琴子 ( あい はら こと こ )) 生まれて 初めて 書いた ラブレター ―

決して 読んで もらえ ない ラブレター

ひどい 手紙 見た の ?

( 入江 紀子 ( いりえ の りこ )) 琴子 ちゃん は

お 兄ちゃん の お 嫁 さん に なったら いい じゃ ない の

( 池沢 金之助 ( いけ ざ わき ん の すけ )) 結婚 なんか お 話 に も なら へんで

( 入江 直樹 ( な おき )) 人 の 気持ち なんて 分から ない

今日 は 嫌いで も ―

あした は 好きに なって る かも しれ ない から ね

( 琴子 ) な … 何 言って ん の ?

あー っ 待って !

ハッハッハッ …―

安心 しろ よ おつきあい する つもりな いから

からかった の ?

( 琴子 ) 高校 最後 の 夏 休み の 思い出 は ―

これ と いって 何も なかった けれど ―

入江 君 と 飲んだ モーニング コーヒー の 香り は ―

きっと 忘れ ない

( 琴子 ) 時 の 流れ は 早い もの で ―

季節 は 夏 から 秋 ―

秋 から 冬 へ と 移り変わって いき ―

どうにか 大学 進学 が 決まった の は いい けど ―

私 と 入江 君 の 関係 は ―

相変わらず ―

何も 進展 し ない まま で

( 小森 ( こもり ) じん こ ) かわいい

( 石川 理 美 ( いし かわ さとみ )) じん こも すごい 似合って る ね

( じん こ ) 今年 は 紺 に した の 去年 は 黄色 だった から

( 理 美 ) そうだ よ ね ちょっと 大人 の じん こ で キャー

( 理 美 ) そうだ よ ね ちょっと 大人 の じん こ で キャー

( 琴子 ) じん こ ! 理 美 !

( 琴子 ) じん こ ! 理 美 !

( 理 美 ・ じん こ ) あー っ !

あけ まして おめでとう

( 理 美 ・ じん こ ) あけ まして おめでとう 琴子

( 理 美 ) あれ ? 今年 は 琴子 も 着物 着た んだ

うん 入江 君 の お 母さん に 着付けて もらった んだ

かわいい 似合って る よ

ウフ ありがとう

あれ ? じん こ ちょっと 太った ?

ちょ … やめて よ 気 に して る んだ から

だけど さ もう 受験 勉強 から 解放 さ れた って 思う と

クリスマス ケーキ も おせち も おいしく って

( 琴子 ) うん 分かる 分かる

でも さ 3 人 と も 同じ 斗 南 ( と なん ) 大学 に 進めて よかった ね

ほんと 春 から 私 たち も 女子 大 生 ―

今年 は いい 1 年 に しよう ね

( 琴子 ) うん じゃあ 早速 行く か

( 理 美 ) 行く か

( じん こ ) あっ 並んで る ね

( 理 美 ) すごい ね

すてきな 大学 生活 に なり ます ように

今年 こそ 彼 氏 でき ます ように

( 理 美 ) は ぁ …

琴子 真剣 だ ね

無言 でも 何 を 願って る か バレバレ ね

( じん こ ) ねえ おみくじ 引こう よ

これ !

( じん こ ) じゃあ 私 は ね これ に しよう

( 理 美 ) どれ に しよう か な ―

これ っ

おお っ すご ~ い

大吉 だ ~ っ !

大吉 だ ~ っ !

( 理 美 ) 来た ~ 私 も !

( 理 美 ) 来た ~ 私 も !

( 理 美 ) 来た ~ 私 も !

( じん こ ) 何と 私 も !

( じん こ ) 何と 私 も !

( 琴子 ) お ー すごい 3 人 そろって すごい ―

えっ 待って !

えっ 待って !

( 理 美 ) え ?

( 理 美 ) え ?

( 琴子 )“ 待ち 人 来る 楽しみに 待ち なさい ”

(3 人 の 歓声 )

どう しよう 大丈夫 ?

どう しよう 大丈夫 ?

( 理 美 ) え 何 ? 何 ? 私 の 何 だ ろ ね …

( 理 美 ) え 何 ? 何 ? 私 の 何 だ ろ ね …

( 理 美 ) え 何 ? 何 ? 私 の 何 だ ろ ね …

( 琴子 ) うん ?

( 琴子 ) うん ?

“ 来 ない けれど 便り あり ” どういう こと だ ? これ は ―

来 ない の ? 今年 も 来 ない の ?

来 ない の ? 今年 も 来 ない の ?

( じん こ )〝 野心 を 持つ と 来 ないで す 〞―

( じん こ )〝 野心 を 持つ と 来 ないで す 〞―

ええ ~ っ ?

( 銀 太郎 ( ぎん たろう )) 兄貴

この こと 琴子 に は 絶対 言う な よ

( 銀 太郎 ) でも …

( 銀 太郎 ) でも …

ええ から

ええ から

言 ( ゆ ) うな ゆう たら 言う な

兄貴

( 入江 重樹 ( しげき )) おめでとう !

( 紀子 ) おめでとう !

( 相原 重雄 ( しげ お )) ホッホー

( クラッカー が 鳴る 音 )

( 紀子 たち の 笑い声 )

( 重樹 ) それ で は 琴子 ちゃん の 大学 進学 決定 を 祝って 乾杯 !

( 紀子 ・ 重雄 ) 乾杯 !

( 紀子 ・ 重雄 ) 乾杯 !

( 重樹 ) はい おめでとう

( 重樹 ) はい おめでとう

琴子 ちゃん おめでとう

( 重雄 ) ああ ~

( 重雄 ) ああ ~

さあ それ で は みんな いただき ましょう

さあ それ で は みんな いただき ましょう

さあ それ で は みんな いただき ましょう

( 重雄 ) さあ いただき ましょう

( 重雄 ) さあ いただき ましょう

( 重雄 ) さあ いただき ましょう

( 紀子 ) わ あ フフフ

私 の ため に 皆さん ほんとに ありがとう ございます

( 重樹 ) いや いや いや

いや ー この 間 まで まだ 小さい と 思って た 琴子 が

春 から もう 大学生 か フフ

天国 で お 母さん が どれ だけ 喜んで る こと か

お 父さん

お 父さん

( 重雄 ) ごめん ―

( 重雄 ) ごめん ―

ごめん ごめん

なあ 直樹 も 琴子 ちゃん に 続いて 受験 頑張 ん ない と な

( 入江 裕樹 ( ゆうき )) お 兄ちゃん は 琴子 みたいな ばか と は 違う

余裕 で 東大 合格 だ

裕樹 ハハハ …

あっ そうだ

はい 入江 君 これ

( 紀子 ) まあ フフフ

( 紀子 ) まあ フフフ

( 重樹 ) おお ?

( 紀子 ) まあ フフフ

( 琴子 ) 私 が 内部 進学 できた の も

入江 君 に テスト 勉強 見て もらった おかげ だ し

お 礼 って ほど じゃ ない んだ けど

わ あ すてき 早く 開けて みせて よ お 兄ちゃん

わ あ すてき 早く 開けて みせて よ お 兄ちゃん

( 重樹 ) うん うん うん

( 重樹 ) うん うん うん

フフッ

何 だ あ ? これ

ヘッドマッサージ 器 です

( 重雄 ) ふ ー ん

( 重雄 ) ふ ー ん

( 琴子 ) 入江 君 東大 目指して 外部 受験 する でしょ ?―

( 琴子 ) 入江 君 東大 目指して 外部 受験 する でしょ ?―

まだ 勉強 あって 大変だ と 思う から

泡立て 器 みたい

じじ くせ え

( 重樹 ) こら 裕樹

いい から 使って みなさ いよ お 兄ちゃん

いい から 使って みなさ いよ お 兄ちゃん

( 重樹 ) ああ そう だ よ そう だ よ

( 重樹 ) ああ そう だ よ そう だ よ

( 直樹 ) 俺 は いい よ

それ に 東大 どころ か

大学 に 行く か どう かも 決めて ないし

( 重樹 の せき払い )

あっ あの 裕樹 ちょっと それ 見 して ごらん なさい

どう やって どう やって 使う んだろう ね

頭 に

頭 に

( 重樹 ) 頭 に ね

( 重樹 ) 頭 に ね

( 琴子 ) そんな …―

東大 間違い なし の 天才 の 入江 君 が ―

大学 に 行か ない かも しれ ない って ―

どういう こと ?

♪~

( 琴子 の あくび )

( じん こ ) 口 ( くち ) 口 っ

( 理 美 ) で かい 口

( じん こ ) 受験 勉強 の ない 3 学期 って 天国 ね

( 理 美 ) ほんと

あっ 見て 見て 見て 見て

( じん こ ) 何 か すごい 風景

私 たち が 余裕 で 遊んで る のに A 組 が 必死 なんて

何 か 不思議だ よ ね

うん まあ もう すぐ センター 試験 だ から ね ~

( じん こ ) だ が 入江 直樹 だけ は 余裕 … と

( 理 美 ) 信じ らん ない ―

この 時期 に 受験 に 関係ない 本 を 悠々と 読んで られる なんて

ねえ 入江 直樹 の 第 一 志望 って や っぱ 東大 な の ?

東大 どころ か

大学 に 行く か どう かも 決めて ないし

( じん こ ) 琴子 ―

琴子

えっ ?

ああ どう な んだろう ね

受かったら 行く んじゃ ない ?

何 言って ん の 入江 なら 受かる に 決まって んじゃ ん

でも 琴子 さみしく なっちゃ うね

大学 ばらばらに なっちゃ う なんて

でも 入江 君 の 将来 の ため だ もん 応援 しちゃ う !

応援 しちゃ う !

( 理 美 ) じん こ 無理 が ある ハハ 八 ッ

( 理 美 ) じん こ 無理 が ある ハハ 八 ッ

( じん こ ) 無理 ある ? うそ でしょ

おば 様 あの …

( 紀子 ) うん ?

裁縫 道具 を お 借り する こと って でき ます か ?

あっ いい わ よ あっ ちょっと 待って て ね

はい

♪~

あっ 曲がっちゃ った

大丈夫 よ ゆっくり やって みて

はい

その お守り お 兄ちゃん に ?

あり が と ね 琴子 ちゃん

お 兄ちゃん の 大学 受験 の こと 一 番 思って くれて る の は

実は 琴子 ちゃん かも ね フフフ …

入江 君 大学 行か ない かも しれ ない なんて

うそ です よ ね ?

うーん

大学 に 行き たく ない わけじゃ ない んだろう けど

もしかしたら パパ の 期待 が 大き すぎる の かも

パパ 自分 が 東大 出身 でしょ

それ で お 兄ちゃん に も 同じ 東大 に 行って

いずれ は パパ の 会社 を

継いで ほしい って 思って る んだ けど

そういうふうに 期待 さ れて る こと が

もしかしたら お 兄ちゃん に は 重荷 な の かも ね

( 直樹 ) はい

ちょっと いい かな ?

( 琴子 ) はい

あした センター 試験 でしょ ? だ から

受ける よ ね ? センター 試験

願書 は 出した

よかった

他 に 行き たい 大学 が あったら 仕方ない けど

でも 東大 に 行ったら

おじさん も おばさん も 喜ぶ と 思う よ

私 なんか 親 に 迷惑 かけ っぱなし だし さ

そんなふうに 親 を 喜ば せる チャンス が

たくさん ある 入江 君 が うらやましい

あ … じゃあ それ だけ

お前 さ

大学 行って どう する の ?

どう する って …

勉強 したり 友達 作ったり

好きで も ない 勉強 を わざわざ し に 行く 気 か よ

分か ん ない よ な

何で みんな そんなに 必死に 大学 に 行き たい の か

そりゃ あ 入江 君 みたいな 人 が 勉強 する ため に

大学 は ある んだろう けど

俺 大学 なんて 行き たい と 思って ない よ

別に 大学 で 教えて もらわ なくて も

勉強 し たけりゃ 自分 で できる し

でも それ だけ じゃ ない でしょ

将来 やり たい こと の ため の 資格 と か

じゃあ お前 は 何 やり たい の ?

そんな の まだ 分か ん ない けど …

あっ そうだ

大学 行く 時間 って それ を 探し に 行く 時間 な んだ よ ―

将来 自分 が 何 を やり たい の か を

入江 君 は さ その 頭脳 を 独り占め しちゃ 駄目だ よ

日本 の 発展 に 役立た せ ない と ね

お前 って すごい よ な

前 から 思って た んだ けど

何で そんなに 一生懸命に なれる んだろう って

そんで 一生懸命 に やる のに

何で それ が でき ない の か な あって

感心 しちゃ って

何 それ 嫌 み ?

何 か …

そっち の 方 が うらやましい 気 が する

あした 早い から もう 寝る わ

うん お やすみ

あっ じゃあ これ 付け と くね

( ドア が 開く 音 )

( ドア が 閉まる 音 )

フフッ ―

ヒヒヒ …

完璧

ファイト

お 兄ちゃん 遅い わ ね

( 重樹 ) あ … あいつ まさか

センター 試験 受け ない 気 じゃ ない だろう なあ

大丈夫 たい イリ ちゃん の 気持ち は 届 いとう

( 重樹 ) うーん でも 思い込んだら 頑固な とこ あるけ ね

( 直樹 ) 何 ?

ああ っ おはよう お 兄ちゃん

いい 朝 ねえ ―

いい 朝 ねえ ―

( 重樹 ) うん

( 重樹 ) うん

( 重樹 ) うん

はい お 弁当

はい お 弁当

ありがとう

( せき込み )

どうした ? 直樹

何 か ちょっと 熱っぽい

風邪 ひいた みたい

こんな 大事な 日 に

大変だ わ あっ 卵 酒 卵 酒

いやいや 喉 に は ネギ を

( 裕樹 ) 薬 薬 薬 !

( 重樹 ) ああ ぬかみそ も あった か

いい よ もう 行く から

( 紀子 ) えっ ? あっ 朝 御飯 は ?

( 直樹 ) 食欲 ない これ で いい

( 紀子 ) え えっ ?

( 琴子 ) 入江 君 入江 君 これ 飲んで この 薬 ―

よく 効く の よ

うん これ で 安心だ

まさか と は 思う けど この 薬 眠く なら ない よ な ?

はっ !

服用 後 は 自動車 の 運転 を 避けて ください …

( 重樹 が 鼻 を 鳴らす 音 )

( 重樹 ) 吐け 直樹 吐く んだ 直樹 !

( 重雄 ) イリ ちゃん 俺 が 押さえ とく けん 指 入れ !

( 重雄 ) イリ ちゃん 俺 が 押さえ とく けん 指 入れ !

( 紀子 ) 洗面 器 持ってきて 早く 早く !

( 紀子 ) 洗面 器 持ってきて 早く 早く !

( 紀子 ) 洗面 器 持ってきて 早く 早く !

( 重樹 ) あー ん して あー ん して

( 紀子 ) 洗面 器 持ってきて 早く 早く !

( 紀子 ) 洗面 器 持ってきて 早く 早く !

( 直樹 ) もう いい よ !―

( 直樹 ) もう いい よ !―

いって き ます

入江 君 大丈夫 かな ?

( 渡辺 ( わた なべ )) ハァ ハァ … おはよう

( 直樹 ) おはよう

( 渡辺 ) あれ ? その お守り 手作り ?―

もし かして 一緒に 住んで る 彼女 が 作って くれた と か ?

会場 に 着いたら 捨てる

( 渡辺 ) そんな ! かわいそうじゃ ん

俺 彼女 結構 好み だ けど なあ

( 女性 ) すいません 降り ます

ありがとう ございました

( 渡辺 ) どうした ? 入江

あいつ

( 渡辺 ) お守り が ドア に 挟まって る 引きちぎれ よ

( 渡辺 ) おい びくとも して ない ぞ

は ぁ …

( 渡辺 ) 入江 急げ

( 直樹 ) 渡辺 お前 先 に 行け

でも お前 は ?

俺 は 早 めに なんとか する から

( 発車 の ベル )

悪い 先 行く ぞ 後 で 会場 で な

( 直樹 ) おう

すいません

( ブザー 音 )

すいません エレベーター が 停止 し ました

すいません

( 渡辺 ) は ぁ …

( 直樹 ) おい !

よかった 入江 随分 かかった な

( 直樹 ) 駅員 に し こ たま 絞ら れた

何 か いたずらで エレベーター 止める の が

はやって る らしく って

今 まで の も お前 が 犯人 な んじゃ ない か って

話 は 後 だ さっ 中 行こう

( 渡辺 ) そう いえば あの お守り は どう した んだ ?

( 直樹 ) あっ

( 渡辺 ) しぶとい なあ

それ 縁起 悪い んじゃ ない か ?

( 直樹 ) だ よ な ―

外 しち まおう

何 か やたら あっさり 取れた わ

( 渡辺 ) 入江 !

( 男子 生徒 ) 階段 から 人 が 落ちた ぞ

( 男子 生徒 ) 誰 か 誰 か いま せんか ?

( 養護 教諭 )2 人 と も 保健 室 へ 運んで 今 すぐ !

( 渡辺 ) 何て 恐ろしい お守り

( 男子 生徒 ) せ ー の

( 養護 教諭 ) ゆっくり で いい よ

♪~

( ドア が 開く 音 )

すいません 遅く なり ました

( 試験 官 ) 階段 から 落ちた 生徒 だ ね ? さあ 急いで 残り 時間 30 分 だ

はい

あの とき だ

ありがとう

( 渡辺 ) なあ 入江 ―

聞く の も 悪い けど どう だった ?

問題 は ほとんど 見 ず に 想像 で 答え を 書いた

( 渡辺 ) まあ お前 なら なんとか なって る よ

( 琴子 ) ファイト !

あの 女

( 渡辺 ) どうした ?

もし かして その お 弁当 も あの 子 が 作った と か ?

食わ ない 方 が いい 腹 でも 下したら 大変

こんなんで よかったら

ありがとう 恩 に 着る

なあ 余計 なお 世話だ けど

あの お守り も 捨てた 方 が いい ぞ

保健 室 で 気付いたら なく なって た よ

それ は よかった これ で 災い も 去った な

♪~

残り 10 分 だ よ

♪~

( 渡辺 ) 大変だった なあ 入江

でも お前 は これ くらい の アクシデント が あって ―

ちょうど 普通 ぐらい の 人 だ よ

… って フォロー に なって ない か

( 養護 教諭 ) あら あなた

今日 は 大変だった わ ね

先ほど は ありがとう ございました

まあ 骨 は 折れて ない けど しばらく は 安静に ね

はい ありがとう ございます

あ … あっ そうだ

あなた のだ と は 思う んだ けど 階段 に 落ちて いた お守り

胸 の ポケット に 入れて おいた わ よ ―

手作り だった から ―

大事な もの な んじゃ ない か な と 思って

フフッ お守り の ご利益 ある と いい わ ね ―

ああ うらやましい

俺 あの 子 と お前 は 一生 一緒に いる 気 が する

やめろ

お 兄ちゃん そろそろ 帰って くる 時間 な のに 遅い わ ねえ

( ドア が 開く 音 )

( 紀子 ) あっ ウフ

( 裕樹 ) お 兄ちゃん だ

( 裕樹 ) お 兄ちゃん だ

( 紀子 ) お 兄ちゃん どうした の ? 一体 何 が あった の ?

転んだ

( 紀子 ) え えっ ? それ に したって ひどい けが

お守り 効か なかった んだ

いや ものすご ー く 効いた よ

それ どういう 意味 ?

もう いい

寝る

お 兄ちゃん

( チャイム )

( 女子 生徒 ) センター 駄目だった

( 女子 生徒 ) 私 も もう 私立 に 懸ける しか ない や

入江 は 大丈夫だ よ 全国 一 の 天才 だ よ

いや 今回 ばかり は そう と も 言え ない 気 が …

( 理 美 ) 琴子 ! じん こ !

聞いた ? 入江 東大 受ける って

うそ ! それ どこ で 聞いて きた の ?

今 職員 室 で うわさ に なって た の

東大 受ける 生徒 の 中 でも ぶ っち ぎり の 成績 だって

さっす が 天才

ちょ … ちょっと 琴子 あんた 何で 泣いて る の よ ?

いや …

うれしくて

フフッ 私 入江 君 に おめでとう って 言って くる ね

フフフフッ

青春 だ ね うん うん

( 琴子 ) あんな けが して た のに ちゃん と 結果 を 出す なんて ―

私 の 好きな 人 は ほんとに かっこいい んだ ―

もし かして ―

あの お守り も ちょっと は 役 に 立った の か なあ

ヒヒヒヒッ

東大 を 受け られる の も 全て 君 の お守り の おかげ だ よ

ありがとう

( 渡辺 ) あっ 危ない !

あっ ! A 組 の 人

ちょっと ! どうした ん です か ?―

お っ ちょ っ … も しか して センター 試験 の 結果 が ?

やっぱり

やっぱり 入江 センター 試験 駄目だった の ?

何 言って る んです か ? 入江 君 は 大丈夫です よ

東大 も 受け られる みたいです

え えっ !?―

すごい あの 状態 で ?

あの 状態 ?

そりゃ あ 悲惨 の 一言 だった よ

あんな 入江 見た こと なかった

あの お守り の せい だ と して も

あの お守り ?

や ばっ !

ちょ っ そ … それ どういう こと です か ?

( 渡辺 ) 何でもない 何でもない から

( 琴子 ) 気 に なる んだ から 教えて ください

( 渡辺 ) やめて くれ 話す よ 話す から

( 琴子 ) わ っ ―

すいません

俺 は これ から 第 一 志望 の 早稲田 の 受験 を 控えて いる んだ

ほんと 君 の デスパワー って すごい ね

デスパワー ?

今 と なって は 笑い話 だ けど

あの 日 君 の お守り の パワー で 大変な こと が …

( 琴子 ) けが も 何もかも ―

お守り の せい だった なんて ―

私 …―

入江 君 に ものすごい 迷惑 かけちゃ った

( 琴子 ) どう か 入江 君 が 東大 に 受かり ます ように ―

入江 家 の みんな の 夢 が かない ます ように ―

( 琴子 ) きっと この とおり に なる ―

ちょっと 気 が 早い かも しれ ない けど ―

試験 の 翌日 バレンタイン に これ 渡す んだ

はっ …

( 琴子 ) そして 運命 の 日 が やってきた

( 直樹 ) いって き ます

… って みんな でそろって 見送る こと ない だろう

だって 心配で

何 だったら 車 で 送って いこう か ?

大丈夫だ よ 足 の けが だって 治った んだ し

いって き ます

気 を 付けて ね

( 重樹 ・ 重雄 ) いって らっしゃい

いって らっしゃい

( ドア が 閉まる 音 )

( 渡辺 ) そりゃ あ 悲惨 の 一言 だった よ

あんな 入江 見た こと なかった ―

あの お守り の せい だ と して も

( 紀子 ) あっ 琴子 ちゃん ?

( 琴子 ) 私 入江 君 が 東大 の 門 くぐる まで 見送って き ます

何 か あったら 心配な ので

いって き ます

( 紀子 ) いって らっしゃい

( 重樹 ・ 重雄 ) いって らっしゃい

♪~

ついてきて る の バレバレ な んです けど

ハハハ … 東大 の 前 まで お 見送り しよう か と 思って

おお っ 滑った !―

おお … お … お …

ごめんなさい 受験 生 の 前 で

何で バナナ ?

あ 痛 っ

( 琴子 ) おお さすが みんな 頭 よ さ そう

お前 何 か 歩き 方 変じゃ ない ?

そう ? 普通だ よ

顔色 も 悪い けど

あ … ただ 緊張 して る だけ

お前 が 緊張 して どう すんだ よ ?

受験 す ん の 俺 だ ぞ

あっ …―

うん ―

う う …

( 琴子 ) どう しよう こんな お腹 の 痛み 初めて ―

でも 駄目 ―

入江 君 が 東大 の 門 を くぐる まで は ―

それ まで は ―

心配 かけちゃ 駄目

おい お前 本当に 大丈夫 か ?

ああ もちろん

試験 頑張って ね いって らっしゃい

あっ う っ

トイレ … トイレ …

ああ … あっ

( 女性 ) どうした ん です か ?

誰 か ! 誰 か いま せんか ?

( 女性 ) 大丈夫です か ? どうした ん です か ?

いきなり 倒れて …

( 女性 ) 大丈夫です か ? しっかり して ください

( 直樹 ) すいません ―

おい 大丈夫 か ?―

すいません 病院 病院 どこ です か ?

( 女性 ) あっ 確か 向こう に

( 琴子 ) 入江 君 ―

試験 に 行って ―

入江 君 遅れちゃ うよ ―

試験 受けて ―

おじ 様 も おば 様 も ―

裕樹 君 も ―

みんな ―

応援 して る んだ から

( 紀子 ) 琴子 ちゃん ―

( 紀子 ) 琴子 ちゃん ―

( 重雄 ) 琴子 琴子

( 重雄 ) 琴子 琴子

( 重雄 ) 琴子 琴子

琴子 ちゃん

( 重雄 ) 琴子 琴子

( 重樹 ) 琴子 ちゃん

お 父さん

おば 様 ―

おじ 様 ―

私 …―

何で ここ に ?

( 紀子 ) 琴子 ちゃん 大丈夫 ?

( 重雄 ) 急性 盲腸 炎 だった んだ ―

でも 薬 で 散らした から もう 大丈夫だ ―

今日 中 に 家 に 帰れる から な

( 重樹 ) よかった な 琴子 ちゃん

( 琴子 ) 入江 君 は ?

私 たち が 来た とき に は もう い なかった わ

きっと うち に 電話 して から すぐに 東大 に 向かった の よ

今頃 は 試験 の 真っ最中 じゃ ない ?

よかった

私 の せい で 入江 君 が 東大 受け られ なかったら

人生 が 狂っちゃ ったら どう しよう か と …

琴子 ちゃん

自分 が こんなに 苦しい とき に

お 兄ちゃん の こと 一 番 に 心配 して くれる なんて

( 直樹 ) 俺 が どうした って ?

直樹 !

お お前 受験 に 行った んじゃ ない の か ?

( 直樹 ) 腹 減った から 飯 食い に 出て た

じゃあ 受験 は ?

東大 は ?

東大 ? 受けて ない けど

は あ !?

( 紀子 ) ああ …

そんな …

そんな …

( 重雄 ) イリ ちゃん 奥さん 坊っちゃん ほんとに 申し訳ない

( 重樹 ) アイ ちゃん

うち の 娘 の せい で 大事な 息子 さん を 大変な 目 に …

( 重樹 ) なん … 頭 上げん ね ―

受験 に 行か ん やった ん は 直樹 が 勝手に やった こと やけ

( 紀子 ) そうです よ それ に いくら 東大 に 受かって も ―

あそこ で 琴子 ちゃん を 見捨てる ような 子 だったら

私 は がっかり です よ

( 重雄 ) でも …

( 重雄 ) でも …

( 重樹 ) いや そうたい そうたい ―

( 重樹 ) いや そうたい そうたい ―

こう なる 運命 やった ん やけ ―

こう なる 運命 やった ん やけ ―

( 重雄 ) いや もう …

( 重雄 ) いや もう …

( 重雄 ) いや もう …

え えて ええ け え …―

え えて ええ け え …―

え えて ええ け え …―

( 紀子 ) 頭 頭 上げて ください

( 紀子 ) 頭 頭 上げて ください

アイ ちゃん ええ って

( 琴子 ) 私 の せい で ―

入江 家 に とって 最悪の こと が 起こって しまった

♪~

( 琴子 ) “ 入江 家 の 皆さん ”―

“ 今 まで ありがとう ございました ”

さようなら 入江 君

( 琴子 ) “ これ 以上 皆さん に 迷惑 を かける こと は でき ませ ん ”―

“ 私 は ”―

“ 皆さん の 目 の 届か ない 所 で 生きて いき ます ”

どこ 行こう

寒い

( 直樹 ) なら 缶 コーヒー 持つ か ?

入江 君 ―

ど して ?

別に

寝 れ なかった から ちょっと 散歩

( 琴子 ) あったかい

止め ないで

私 これ 以上 入江 君 に …

別に 止めて ない けど

じゃあ さよなら

俺 が 東大 行か なかった から 出て 行く の か よ ?

私 って やっぱり 入江 君 の 疫病 神 だ と 思って

東大 だけ じゃ ない センター 試験 の こと だって

聞いた の

A 組 の 渡辺 君 に

もし かして

私 って 入江 君 に とって 何 か とんでもない 人間 な の かも

そう かも な

ほんと ―

お前 と いて いい こと が あった ためし が ない もん な

俺 の ペース が いつも めちゃくちゃに さ れて

学校 で は うわさ 立て られる し

勉強 教え させ られる し

しまい に は 受験 まで

私 って 最悪

でも …

結構 面白かった

あんなに ハラハラ した の 生まれて 初めて だった

試験 の 結果 が 怖かった の も 初めて

すごい 体験 だった よ

でも 東大 は ?

言 っと く けど

東大 受け なかった の は お前 の せい じゃ ない から

( 琴子 ) え ?

お前 を 病院 に 置いた 後 に 行った って

受験 に は 十分 間に合った んだ

じゃあ 何で ?

お前 が 大学 は 何 を する の か

決め に 行く 場所 だって 言って ただ ろ ?

だったら 最近 お前 と いて

ハラハラ する の も 刺激 が あって 面白い し

このまま エスカレーター で 斗 南 に 残る の も 悪く ない なって

まあ 前 から 東大 行って 何 する んだ って 思って たし

私 が いる から 同じ 大学 に したって こと ?

別に そういう 意味 じゃ ない よ

でも

( 直樹 ) いい から もう 行け ―

元気で な

( 琴子 ) あっ ちょ ちょっと 待って

あの 私 もう 少し 入江 家 に いて も いい ?

もう 迷惑 は かけ ない から

( 直樹 ) うそ つけ

お前 が 迷惑 かけ ない わけ ないだ ろ

そう よね

じゃあ 刺激 の ある 生活 を お 約束 する わ

調子 の いい やつ だ な お前 は

ああ

お っ !

ねえ 今日 って もう バレンタイン だ よ ね ?

だから 何 な んだ よ ?

チョコ でも くれ ん の ?

ごめん も しか して 期待 して た ?

別に

♪~

ある じゃ ん

まず っ

( 琴子 ) ホワイトバレンタイン ―

今年 は 私 の 思い は 空回り して しまった けれど ―

いつか きっと ―

私 の 思い が ―

伝わり ます ように

♪~

ファーストキッス ?

( 理 美 ) 卒業 式 の 日 に キス した カップル は 永遠に 結ばれる って いう

( じん こ ・ 琴子 ・ 理 美 ) お ー っ

( じん こ ) 最高の 卒業 式 と 謝恩 会 に しよう ね

( 金之助 ) 琴子 俺 や あか ん か !

( 琴子 ) 私 金 ちゃん の こと 嫌い って いう わけじゃ

( 金之助 ) 俺 は な 今夜 琴子 と キス す ん の や

( 直樹 ) 夢 なら 寝て みれば ?

琴子 は 俺 の こと 好きに なって くれる ん か ?

( 金之助 ) 誰 が 一 番 自分 を 大事に して くれる かって こと に ―

気 い付いた ん やろ

この 冷血 男 !


×

We use cookies to help make LingQ better. By visiting the site, you agree to our cookie policy.