image

イタズラなKiss〜Love in TOKYO, イタズラなKiss〜Love in TOKYO#2 (1)

( 相原 琴子 ( あい はら こと こ )) あ … 相原 琴子 です F 組 の ―

これ 読んで くれる ?

( 入江 直樹 ( いりえ な おき )) いら ない

( 池沢 金之助 ( いけ ざ わき ん の すけ )) 琴子 を 振る なんて 許せ ん

これ は 俺 に 対する 挑戦 状 や

( 琴子 ) もう いい よ 私 … 諦めちゃ う

( 石川 理 美 ( いし かわ さとみ )) 住む 所 が 変われば 運 気 も 変わる って ―

きっと いい こと が ある よ

ちょっと 待って ちょっと 待って 何 か 変な 音 し ない ?―

ん ? 流れ星 ?

( 一同 ) う お っ

( 琴子 ) 流れ星 に 打た れた ?

( 相原 重雄 ( しげ お )) ここ だ よ イリ ちゃん ち

( 琴子 ) ひょんな こと から お 父さん の 大 親友 の 家 に ―

お 世話に なる こと に なった 私 相原 琴子 ―

でも その 家 は …

( 琴子 ) わ あ ! ああ ! ああ …

( 琴子 ) わ あ ! ああ ! ああ …

どうした ? 琴子

( 直樹 ) ご挨拶 が 遅く なり ました 長男 の 直樹 です

( 直樹 ) ご挨拶 が 遅く なり ました 長男 の 直樹 です

( 琴子 ) 私 の 憧れ の 男の子 ―

( 琴子 ) 私 の 憧れ の 男の子 ―

入江 直樹 君 の 住む 家 だった のです

( 直樹 ) 一緒に 住んで る なんて 誰 に も 言う な よ

学校 でも 一切 話しかけ ん な

そこ まで 言わ なく った って

俺 頭 の 悪い 女 は 嫌いな んだ よ

( 琴子 ) 悔しい ~!―

絶対 に 彼 を 見返して やる !

♪~

( 小森 ( こもり ) じん こ ) は ぁ … 嫌な 季節 が 来た わ

( 渋川 ( しぶ かわ )) はい これ が 1 学期 の 期末 テスト の 時間割り です

( 生徒 たち の ざわめき )

( 生徒 たち の ざわめき )

( 渋川 ) 静かに ! 自習 です

( 渋川 ) 静かに ! 自習 です

はい !

お … どうした 相原 腹 でも 痛い の か ?

質問 です

先生 が 担当 さ れて いる 英語 の 出題 範囲 は

もう 決め られて いる んでしょう か ?

はい ?

レッスン 3 まで です か ? 4 まで です か ?

( 生徒 たち の ざわめき )

( 男子 生徒 ) ハハハ や べ え や べ え まじめ か !

( 渋川 ) はい 静かに ! はい

( 琴子 ) よし

( じん こ ) 帰 ろ 帰 ろ 帰 ろ か …―

どうした の よ ? 琴子 いつも と 違う

私 入江 直樹 が 許せ ない

( じん こ ) 偉い

( じん こ ) 偉い

( 理 美 ) よく 言った

( 理 美 ) よく 言った

( 理 美 ) よく 言った

だから 今回 は やる わ よ

だから 今回 は やる わ よ

期末 テスト で 入江 直樹 を 負かして やる

( 金之助 たち の 笑い声 )

( 金之助 たち の 笑い声 )

何 よ ? あんた たち まで

何 よ ? あんた たち まで

あの さあ 入江 って 毎回 ぶ っち ぎり の 1 位 だ よ

それどころか 全国 模試 でも 1 位 琴子 が かなう 相手 じゃ ない

そう や

そう や

( 銅 蔵 ( どうぞう )) そうです よ

じゃ … じゃあ せめて 掲示板 に 載る

入江 直樹 と 同じ 紙 の 上 に 私 の 名前 を 載せて み せる

( 金之助 ) フフ

( 金之助 ) フフ

100 番 以内 に 入る って こと ? 無理 無理 私 たち F 組 な んだ よ

100 番 以内 に 入る って こと ? 無理 無理 私 たち F 組 な んだ よ

せ や せ や そんな アホ な 話 し とら ん と

景気 づけ に うまい もん でも 食い に 行こう や な っ 行く で

景気 づけ に うまい もん でも 食い に 行こう や な っ 行く で

( 銅 蔵 ) へ い

( 銅 蔵 ) へ い

( 銅 蔵 ) へ い

いや っ ! 歴史 は 塗り替える ため に ある

いや っ ! 歴史 は 塗り替える ため に ある

私 100 番 に なって 掲示板 に 載って

F 組 の 歴史 を 変えて み せる

それ じゃ お 先 に

琴子 どうした ん や …

( じん こ ) あ ~ 来た ~ わ ~ い !―

( じん こ ) あ ~ 来た ~ わ ~ い !―

( 銅 蔵 ) おお うま そう

( 金之助 ) 今日 も うま そう や

( 金之助 ) 今日 も うま そう や

来た 来た 来た … わ ー ありがとう ございます ―

( 理 美 ) いただき ま ー す

( 理 美 ) いただき ま ー す

いただき ま ー す

いただき ま ー す

( 金之助 ) うーん 今日 も もち もち や

( じん こ ) う ~ ん さすが 金 ちゃん

食べ物 に 関して だけ は 信用 できる わ

食べ物 だけ って なん や ! マスター 評判 ええ で

食べ物 だけ って なん や ! マスター 評判 ええ で

( 理 美 ) ありがとう ござ いま ~ す

( 理 美 ) ありがとう ござ いま ~ す

( 理 美 ) ありがとう ござ いま ~ す

( じん こ ) あざ っす

( じん こ ) あざ っす

( 金之助 ) 今週 の サービス コロンビア も 最高 や

( 金之助 ) 今週 の サービス コロンビア も 最高 や

( じん こ ) う ~ ん 琴子 も 来れば よかった のに ね

( じん こ ) う ~ ん 琴子 も 来れば よかった のに ね

( じん こ ) う ~ ん 琴子 も 来れば よかった のに ね

( 理 美 ) ねえ ―

( 理 美 ) ねえ ―

テスト で 100 番 に なる なんて 一体 どうした んだろう ?

その こと な ん やけど な

あいつ 新しい 家 に 引っ越して から 何 か おかしい と 思わ へんか ?

だいだい 琴子 が 今 どの 辺 に 住んで る の か

お前 ら かて 知ら ん の やろ ?

ああ だ けど 学校 まで

歩いて こ れる ように なった って 言って た よ ね

てこ と は … 世田谷 ( せた が や )?―

ん ? 渋谷 ( しぶ や )?

それとも 目黒 ( めぐ ろ ) かな ?

ほら 怪しい

あいつ が そんな 高級 住宅 地 に 住める わけ が ない や ない か

だって 居候 だ もん

何 か お 父さん の 親友 の 家 って 言って なかった っけ ?

何 か お 父さん の 親友 の 家 って 言って なかった っけ ?

( 理 美 ) うん そう そう

( 理 美 ) うん そう そう

( 理 美 ) うん そう そう

それ ほん ま の 話 なんか な ?

それ ほん ま の 話 なんか な ?

あいつ その 家 で いじめ られ とる ん ちゃ うか ?

勉強 と か 言 っと る けど ほん ま は

お 手伝い と か こき使わ れ とる ん ちゃ うか ?

今どき そんな こと ある わけな い じゃ ん

そう だ よ 変態

ねえ 変態 じゃ ない ? ウケ んだ けど

ウケ んだ けど 変態 じゃ ない ? ねえ ウケ んだ けど

ウケ んだ けど 変態 じゃ ない ? ねえ ウケ んだ けど

( じん こ ) 金 ちゃん ほんとに ばかじゃ ない ?

( じん こ ) 金 ちゃん ほんとに ばかじゃ ない ?

何 か におう んだ よ

( 入江 重樹 ( しげき )) いただき ま ~ す

( 一同 ) いただき ま ~ す

( 重樹 ) うん

( 琴子 ) う ~ ん おいしい

( 重樹 ) いや あ しかし ―

アイ ちゃん の お 店 も 無事に 営業 再開 か

( 入江 紀子 ( のりこ )) よかった わ ねえ 琴子 ちゃん

( 琴子 ) はい これ も 皆さん の おかげ です ありがとう ございます

( 重樹 ) いや いや いや いや ―

ん ?―

この お 米 これ ママ どこ の お 米 ?

( 紀子 ) フフ お 米 じゃ なくて パスタ の 種類 な の よ

( 重樹 ) だろう ね だ と 思った よ

( 重樹 ) だろう ね だ と 思った よ

( 琴子 ) やっぱり かっこいい なあ

( 琴子 ) やっぱり かっこいい なあ

( 琴子 ) やっぱり かっこいい なあ

( 紀子 ) おいしい でしょ ?

( 紀子 ) おいしい でしょ ?

( 紀子 ) おいしい でしょ ?

( 重樹 ) おいしい

( 重樹 ) おいしい

俺 頭 の 悪い 女 は 嫌いな んだ よ

♪~

ごちそうさま でした

そんなに 慌てて 食べ なくて も

もう すぐ 期末 テスト が あり ます から

勉強 し なくちゃ いけない ので

では お 先 に 失礼 し ます

( 紀子 ) まあ まあ 熱心 ねえ

どこ が 分か ん ない の か 分か ん ない

英語 から に しよう

英語 … うん っと ここ か

もっと ちゃん と 授業 聞いて れば よかった

よっ しゃ

“ I ”―

ん ?

“ D ”

“ D ”…

( あくび )

( 琴子 ) うーん …

この ペース じゃ …

100 番 に なる のに 100 年 かかり そう ―

は ぁ …

( ノック )

( 紀子 ) 琴子 ちゃん ―

( 紀子 ) 琴子 ちゃん ―

はい

ちょっと いい かしら ?

ちょっと いい かしら ?

はい

よかったら ちょっと 休憩 し ない ?

( 琴子 ) ああ ありがとう ございます

( 紀子 ) ウフフ

( 琴子 ) よ っこ いしょ

( 紀子 ) あっ 遠慮 なく

あっ ハハハ …―

えっ と あ …

えっ と あ …

さっ どうぞ

さっ どうぞ

さっ どうぞ

( 琴子 ) あっ ありがとう ございます

( 琴子 ) あっ ありがとう ございます

( 琴子 ) あっ ありがとう ございます

( 紀子 ) ウフフ

( 紀子 ) ウフフ

( 琴子 ) よい しょ は ぁ

はい

はい

いただき ます

いただき ます

ああ おいし そう ―

う ~ ん おいしい

私 も うれしい わ

こういう の 一 度 やって み たかった の よ

憧れて た の

ん ? 入江 君 は ?

だって ほら あ お 兄ちゃん って 勉強 し ない の よ

え ?

入江 君 て 勉強 し ない んです か ?

じゃあ 今 は ?

とっくに 寝て る わ

えっ ?

入江 君 て ほんとに 天才 だった んです ね

でも それ って いい こと な の かしら ?

え ?

何 か うまく 言え ない けど あの 子 このまま じゃ

何 か 大切な もの を

なく して しまう んじゃ ない か って 気 に なる の よ ね

フフ 大丈夫です よ 入江 君 は

だって こんなに すてきな 家族 が いる じゃ ないで す か

ありがとう

( 紀子 と 琴子 の 笑い声 )

そう だ ! ねえ 琴子 ちゃん

はい

お 兄ちゃん の 子供 の ころ の アルバム

見て み たく ない ?

見て み たく ない ?

あ ~ 見て みたいです

あ ~ 見て みたいです

ちょっと 待って て 持ってくる から ウフフ

ちょっと 待って て 持ってくる から ウフフ

( 琴子 ) あっ はい

ちょっと 待って て 持ってくる から ウフフ

( 琴子 ) フフ …

フッ アルバム フフフ …

寝て る の か 入江 君

( 紀子 ) お 待た せ ウフフ

( 琴子 ) よい しょ

( 紀子 ) フ ~

( 琴子 ) えー と … これ に する

( 琴子 ) えー と … これ に する

( 琴子 と 紀子 の 笑い声 )

( 琴子 と 紀子 の 笑い声 )

う お ~ ホッホッホッホ す ご ー い

私 カメラ の 腕 は プロ 級 な の よ 大好きな の ウフッ

でも 最近 の は 少ない でしょ ?

お 兄ちゃん 写真 嫌がる から 裕樹 ( ゆうき ) まで まね して 嫌がる し ―

さみしい わ

( 琴子 ) ふ ー ん フフフ …

入江 君 て 子供 の ころ から かっこよかった んだ ふ ー ん ―

わ あ 懐かしい

( 直樹 ) 先輩 の 方々 から 温かい お 言葉 を 頂 戴 し ―

誠に 感無量であり ます

( 琴子 ) ふ ー ん

フフ …

♪~

ほ ~ ちっちゃ い

え ~ フフッ ―

ん ?―

ん ?―

この 女の子 は ?

( 紀子 ) これ お 兄ちゃん よ

うそ ! ええ !?

うそ ! ええ !?

( 紀子 ) フフ …―

かわいい でしょ ?―

私 本当に 女の子 が 欲しかった から

生まれて くる 子 は 女の子 だって 信じて た の

それ で 女の子 用 の 服 しか 買って なくて ね

それ から エスカレート しちゃ った の ウフフ …

( 琴子 ) フフフ …

こんな 時代 も あった の よ

( 琴子 ) フフフ …

この こと 話した の 琴子 ちゃん 初めて だ わ

裕樹 に も 内緒 な の

お 兄ちゃん から “ 絶対 に 言う な ” って 言わ れて る から

一応 2 人 だけ の 秘密に し と いて ね

フフ … はい

じゃあ

これ 口止め 料 に あげる

ほんとです か ? ありがとう ございます

ナハハ …―

ん ~ かわいい ウフ フフ

( 重雄 ) ああ 坊ちゃん おはよう

おはよう ございます

おはよう ございます

( 重樹 ) おはよう

( 重樹 ) おはよう

( 重樹 ) おはよう

早く 座り なさい

おはよう ~―

フッ

フフッ フフフ …

フッ

( 重雄 ) どうした ? 琴子 具合 でも 悪い の か ?

( 琴子 ) う うん 何でもない

( 入江 裕樹 ) 勉強 し すぎて おかしく なった んじゃ ない の か ?

( 琴子 ) フフ …―

フフフ …

( 琴子 ) 人 は 無意味な 内戦 を する ―

1861 南北 戦争 1861 南北 戦争

人 は 無残な 奴隷 を 解放 人 は 無残な 奴隷 を 解放

1863 1863

奴隷 解放 宣言 1863 奴隷 解放 宣言

人 は 無意味な 奴隷 … 無意味な 内戦 を する

人 は 無意味な 奴隷 … 無意味な 内戦 を する

琴子 あんた 本気な んだ ね

琴子 あんた 本気な んだ ね

琴子 あんた 本気な んだ ね

1861 南北 戦争

人 は 無残な 奴隷 を 解放 人 は 無残な 奴隷 を 解放

えー 次が えっ と 一夜 無休 で スエズ を 通す

一夜 無休 で スエズ を 通す

一夜 無休 で スエズ を 通す

なあ 琴子 お前 今 どこ に 住んで ん ねん ?

なあ 琴子 お前 今 どこ に 住んで ん ねん ?

なあ 琴子 お前 今 どこ に 住んで ん ねん ?

一夜 無休 で スエズ を 通す 一夜 無休 で スエズ を 通す

一夜 無休 で スエズ を 通す 一夜 無休 で スエズ を 通す

一夜 無休 で スエズ を 通す

やっぱり おかしい

一夜 無休 で スエズ を 通す 一夜 み … 無休 で スエズ を 通す

一夜 無休 で スエズ を 通す 一夜 み … 無休 で スエズ を 通す

一夜 無休 で スエズ を 通す

一夜 無休 で スエズ を 通す

( 直樹 ) 相原 さん

( 直樹 ) 相原 さん

( 一同 ) 入江 直樹 !

貴 様 どの 面 下げて 琴子 に …

相原 さん かばん 持って ちょっと 来て くれる ?

はい

( 金之助 ) え ?―

かばん を … 持って …

( 理 美 ) なぜ ?

( 理 美 ) なぜ ?

( じん こ ) え ?

( じん こ ) え ?

あ ! も しか して 入江 の 野郎

気 が 変わって 琴子 に

つきあい たい と か 言い出す ん ちゃ うか ?

( じん こ ) えっ ?

( じん こ ) えっ ?

( 理 美 ) うそ ~?―

( 理 美 ) うそ ~?―

えっ ?

( 銅 蔵 ) あの … 待って ~!

♪~

何 よ ?



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Language learning online @ LingQ

( 相原 琴子 ( あい はら こと こ )) あ … 相原 琴子 です F 組 の ―

これ 読んで くれる ?

( 入江 直樹 ( いりえ な おき )) いら ない

( 池沢 金之助 ( いけ ざ わき ん の すけ )) 琴子 を 振る なんて 許せ ん

これ は 俺 に 対する 挑戦 状 や

( 琴子 ) もう いい よ 私 … 諦めちゃ う

( 石川 理 美 ( いし かわ さとみ )) 住む 所 が 変われば 運 気 も 変わる って ―

きっと いい こと が ある よ

ちょっと 待って ちょっと 待って 何 か 変な 音 し ない ?―

ん ? 流れ星 ?

( 一同 ) う お っ

( 琴子 ) 流れ星 に 打た れた ?

( 相原 重雄 ( しげ お )) ここ だ よ イリ ちゃん ち

( 琴子 ) ひょんな こと から お 父さん の 大 親友 の 家 に ―

お 世話に なる こと に なった 私 相原 琴子 ―

でも その 家 は …

( 琴子 ) わ あ ! ああ ! ああ …

( 琴子 ) わ あ ! ああ ! ああ …

どうした ? 琴子

( 直樹 ) ご挨拶 が 遅く なり ました 長男 の 直樹 です

( 直樹 ) ご挨拶 が 遅く なり ました 長男 の 直樹 です

( 琴子 ) 私 の 憧れ の 男の子 ―

( 琴子 ) 私 の 憧れ の 男の子 ―

入江 直樹 君 の 住む 家 だった のです

( 直樹 ) 一緒に 住んで る なんて 誰 に も 言う な よ

学校 でも 一切 話しかけ ん な

そこ まで 言わ なく った って

俺 頭 の 悪い 女 は 嫌いな んだ よ

( 琴子 ) 悔しい ~!―

絶対 に 彼 を 見返して やる !

♪~

( 小森 ( こもり ) じん こ ) は ぁ … 嫌な 季節 が 来た わ

( 渋川 ( しぶ かわ )) はい これ が 1 学期 の 期末 テスト の 時間割り です

( 生徒 たち の ざわめき )

( 生徒 たち の ざわめき )

( 渋川 ) 静かに ! 自習 です

( 渋川 ) 静かに ! 自習 です

はい !

お … どうした 相原 腹 でも 痛い の か ?

質問 です

先生 が 担当 さ れて いる 英語 の 出題 範囲 は

もう 決め られて いる んでしょう か ?

はい ?

レッスン 3 まで です か ? 4 まで です か ?

( 生徒 たち の ざわめき )

( 男子 生徒 ) ハハハ や べ え や べ え まじめ か !

( 渋川 ) はい 静かに ! はい

( 琴子 ) よし

( じん こ ) 帰 ろ 帰 ろ 帰 ろ か …―

どうした の よ ? 琴子 いつも と 違う

私 入江 直樹 が 許せ ない

( じん こ ) 偉い

( じん こ ) 偉い

( 理 美 ) よく 言った

( 理 美 ) よく 言った

( 理 美 ) よく 言った

だから 今回 は やる わ よ

だから 今回 は やる わ よ

期末 テスト で 入江 直樹 を 負かして やる

( 金之助 たち の 笑い声 )

( 金之助 たち の 笑い声 )

何 よ ? あんた たち まで

何 よ ? あんた たち まで

あの さあ 入江 って 毎回 ぶ っち ぎり の 1 位 だ よ

それどころか 全国 模試 でも 1 位 琴子 が かなう 相手 じゃ ない

そう や

そう や

( 銅 蔵 ( どうぞう )) そうです よ

じゃ … じゃあ せめて 掲示板 に 載る

入江 直樹 と 同じ 紙 の 上 に 私 の 名前 を 載せて み せる

( 金之助 ) フフ

( 金之助 ) フフ

100 番 以内 に 入る って こと ? 無理 無理 私 たち F 組 な んだ よ

100 番 以内 に 入る って こと ? 無理 無理 私 たち F 組 な んだ よ

せ や せ や そんな アホ な 話 し とら ん と

景気 づけ に うまい もん でも 食い に 行こう や な っ 行く で

景気 づけ に うまい もん でも 食い に 行こう や な っ 行く で

( 銅 蔵 ) へ い

( 銅 蔵 ) へ い

( 銅 蔵 ) へ い

いや っ ! 歴史 は 塗り替える ため に ある

いや っ ! 歴史 は 塗り替える ため に ある

私 100 番 に なって 掲示板 に 載って

F 組 の 歴史 を 変えて み せる

それ じゃ お 先 に

琴子 どうした ん や …

( じん こ ) あ ~ 来た ~ わ ~ い !―

( じん こ ) あ ~ 来た ~ わ ~ い !―

( 銅 蔵 ) おお うま そう

( 金之助 ) 今日 も うま そう や

( 金之助 ) 今日 も うま そう や

来た 来た 来た … わ ー ありがとう ございます ―

( 理 美 ) いただき ま ー す

( 理 美 ) いただき ま ー す

いただき ま ー す

いただき ま ー す

( 金之助 ) うーん 今日 も もち もち や

( じん こ ) う ~ ん さすが 金 ちゃん

食べ物 に 関して だけ は 信用 できる わ

食べ物 だけ って なん や ! マスター 評判 ええ で

食べ物 だけ って なん や ! マスター 評判 ええ で

( 理 美 ) ありがとう ござ いま ~ す

( 理 美 ) ありがとう ござ いま ~ す

( 理 美 ) ありがとう ござ いま ~ す

( じん こ ) あざ っす

( じん こ ) あざ っす

( 金之助 ) 今週 の サービス コロンビア も 最高 や

( 金之助 ) 今週 の サービス コロンビア も 最高 や

( じん こ ) う ~ ん 琴子 も 来れば よかった のに ね

( じん こ ) う ~ ん 琴子 も 来れば よかった のに ね

( じん こ ) う ~ ん 琴子 も 来れば よかった のに ね

( 理 美 ) ねえ ―

( 理 美 ) ねえ ―

テスト で 100 番 に なる なんて 一体 どうした んだろう ?

その こと な ん やけど な

あいつ 新しい 家 に 引っ越して から 何 か おかしい と 思わ へんか ?

だいだい 琴子 が 今 どの 辺 に 住んで る の か

お前 ら かて 知ら ん の やろ ?

ああ だ けど 学校 まで

歩いて こ れる ように なった って 言って た よ ね

てこ と は … 世田谷 ( せた が や )?―

ん ? 渋谷 ( しぶ や )?

それとも 目黒 ( めぐ ろ ) かな ?

ほら 怪しい

あいつ が そんな 高級 住宅 地 に 住める わけ が ない や ない か

だって 居候 だ もん

何 か お 父さん の 親友 の 家 って 言って なかった っけ ?

何 か お 父さん の 親友 の 家 って 言って なかった っけ ?

( 理 美 ) うん そう そう

( 理 美 ) うん そう そう

( 理 美 ) うん そう そう

それ ほん ま の 話 なんか な ?

それ ほん ま の 話 なんか な ?

あいつ その 家 で いじめ られ とる ん ちゃ うか ?

勉強 と か 言 っと る けど ほん ま は

お 手伝い と か こき使わ れ とる ん ちゃ うか ?

今どき そんな こと ある わけな い じゃ ん

そう だ よ 変態

ねえ 変態 じゃ ない ? ウケ んだ けど

ウケ んだ けど 変態 じゃ ない ? ねえ ウケ んだ けど

ウケ んだ けど 変態 じゃ ない ? ねえ ウケ んだ けど

( じん こ ) 金 ちゃん ほんとに ばかじゃ ない ?

( じん こ ) 金 ちゃん ほんとに ばかじゃ ない ?

何 か におう んだ よ

( 入江 重樹 ( しげき )) いただき ま ~ す

( 一同 ) いただき ま ~ す

( 重樹 ) うん

( 琴子 ) う ~ ん おいしい

( 重樹 ) いや あ しかし ―

アイ ちゃん の お 店 も 無事に 営業 再開 か

( 入江 紀子 ( のりこ )) よかった わ ねえ 琴子 ちゃん

( 琴子 ) はい これ も 皆さん の おかげ です ありがとう ございます

( 重樹 ) いや いや いや いや ―

ん ?―

この お 米 これ ママ どこ の お 米 ?

( 紀子 ) フフ お 米 じゃ なくて パスタ の 種類 な の よ

( 重樹 ) だろう ね だ と 思った よ

( 重樹 ) だろう ね だ と 思った よ

( 琴子 ) やっぱり かっこいい なあ

( 琴子 ) やっぱり かっこいい なあ

( 琴子 ) やっぱり かっこいい なあ

( 紀子 ) おいしい でしょ ?

( 紀子 ) おいしい でしょ ?

( 紀子 ) おいしい でしょ ?

( 重樹 ) おいしい

( 重樹 ) おいしい

俺 頭 の 悪い 女 は 嫌いな んだ よ

♪~

ごちそうさま でした

そんなに 慌てて 食べ なくて も

もう すぐ 期末 テスト が あり ます から

勉強 し なくちゃ いけない ので

では お 先 に 失礼 し ます

( 紀子 ) まあ まあ 熱心 ねえ

どこ が 分か ん ない の か 分か ん ない

英語 から に しよう

英語 … うん っと ここ か

もっと ちゃん と 授業 聞いて れば よかった

よっ しゃ

“ I ”―

ん ?

“ D ”

“ D ”…

( あくび )

( 琴子 ) うーん …

この ペース じゃ …

100 番 に なる のに 100 年 かかり そう ―

は ぁ …

( ノック )

( 紀子 ) 琴子 ちゃん ―

( 紀子 ) 琴子 ちゃん ―

はい

ちょっと いい かしら ?

ちょっと いい かしら ?

はい

よかったら ちょっと 休憩 し ない ?

( 琴子 ) ああ ありがとう ございます

( 紀子 ) ウフフ

( 琴子 ) よ っこ いしょ

( 紀子 ) あっ 遠慮 なく

あっ ハハハ …―

えっ と あ …

えっ と あ …

さっ どうぞ

さっ どうぞ

さっ どうぞ

( 琴子 ) あっ ありがとう ございます

( 琴子 ) あっ ありがとう ございます

( 琴子 ) あっ ありがとう ございます

( 紀子 ) ウフフ

( 紀子 ) ウフフ

( 琴子 ) よい しょ は ぁ

はい

はい

いただき ます

いただき ます

ああ おいし そう ―

う ~ ん おいしい

私 も うれしい わ

こういう の 一 度 やって み たかった の よ

憧れて た の

ん ? 入江 君 は ?

だって ほら あ お 兄ちゃん って 勉強 し ない の よ

え ?

入江 君 て 勉強 し ない んです か ?

じゃあ 今 は ?

とっくに 寝て る わ

えっ ?

入江 君 て ほんとに 天才 だった んです ね

でも それ って いい こと な の かしら ?

え ?

何 か うまく 言え ない けど あの 子 このまま じゃ

何 か 大切な もの を

なく して しまう んじゃ ない か って 気 に なる の よ ね

フフ 大丈夫です よ 入江 君 は

だって こんなに すてきな 家族 が いる じゃ ないで す か

ありがとう

( 紀子 と 琴子 の 笑い声 )

そう だ ! ねえ 琴子 ちゃん

はい

お 兄ちゃん の 子供 の ころ の アルバム

見て み たく ない ?

見て み たく ない ?

あ ~ 見て みたいです

あ ~ 見て みたいです

ちょっと 待って て 持ってくる から ウフフ

ちょっと 待って て 持ってくる から ウフフ

( 琴子 ) あっ はい

ちょっと 待って て 持ってくる から ウフフ

( 琴子 ) フフ …

フッ アルバム フフフ …

寝て る の か 入江 君

( 紀子 ) お 待た せ ウフフ

( 琴子 ) よい しょ

( 紀子 ) フ ~

( 琴子 ) えー と … これ に する

( 琴子 ) えー と … これ に する

( 琴子 と 紀子 の 笑い声 )

( 琴子 と 紀子 の 笑い声 )

う お ~ ホッホッホッホ す ご ー い

私 カメラ の 腕 は プロ 級 な の よ 大好きな の ウフッ

でも 最近 の は 少ない でしょ ?

お 兄ちゃん 写真 嫌がる から 裕樹 ( ゆうき ) まで まね して 嫌がる し ―

さみしい わ

( 琴子 ) ふ ー ん フフフ …

入江 君 て 子供 の ころ から かっこよかった んだ ふ ー ん ―

わ あ 懐かしい

( 直樹 ) 先輩 の 方々 から 温かい お 言葉 を 頂 戴 し ―

誠に 感無量であり ます

( 琴子 ) ふ ー ん

フフ …

♪~

ほ ~ ちっちゃ い

え ~ フフッ ―

ん ?―

ん ?―

この 女の子 は ?

( 紀子 ) これ お 兄ちゃん よ

うそ ! ええ !?

うそ ! ええ !?

( 紀子 ) フフ …―

かわいい でしょ ?―

私 本当に 女の子 が 欲しかった から

生まれて くる 子 は 女の子 だって 信じて た の

それ で 女の子 用 の 服 しか 買って なくて ね

それ から エスカレート しちゃ った の ウフフ …

( 琴子 ) フフフ …

こんな 時代 も あった の よ

( 琴子 ) フフフ …

この こと 話した の 琴子 ちゃん 初めて だ わ

裕樹 に も 内緒 な の

お 兄ちゃん から “ 絶対 に 言う な ” って 言わ れて る から

一応 2 人 だけ の 秘密に し と いて ね

フフ … はい

じゃあ

これ 口止め 料 に あげる

ほんとです か ? ありがとう ございます

ナハハ …―

ん ~ かわいい ウフ フフ

( 重雄 ) ああ 坊ちゃん おはよう

おはよう ございます

おはよう ございます

( 重樹 ) おはよう

( 重樹 ) おはよう

( 重樹 ) おはよう

早く 座り なさい

おはよう ~―

フッ

フフッ フフフ …

フッ

( 重雄 ) どうした ? 琴子 具合 でも 悪い の か ?

( 琴子 ) う うん 何でもない

( 入江 裕樹 ) 勉強 し すぎて おかしく なった んじゃ ない の か ?

( 琴子 ) フフ …―

フフフ …

( 琴子 ) 人 は 無意味な 内戦 を する ―

1861 南北 戦争 1861 南北 戦争

人 は 無残な 奴隷 を 解放 人 は 無残な 奴隷 を 解放

1863 1863

奴隷 解放 宣言 1863 奴隷 解放 宣言

人 は 無意味な 奴隷 … 無意味な 内戦 を する

人 は 無意味な 奴隷 … 無意味な 内戦 を する

琴子 あんた 本気な んだ ね

琴子 あんた 本気な んだ ね

琴子 あんた 本気な んだ ね

1861 南北 戦争

人 は 無残な 奴隷 を 解放 人 は 無残な 奴隷 を 解放

えー 次が えっ と 一夜 無休 で スエズ を 通す

一夜 無休 で スエズ を 通す

一夜 無休 で スエズ を 通す

なあ 琴子 お前 今 どこ に 住んで ん ねん ?

なあ 琴子 お前 今 どこ に 住んで ん ねん ?

なあ 琴子 お前 今 どこ に 住んで ん ねん ?

一夜 無休 で スエズ を 通す 一夜 無休 で スエズ を 通す

一夜 無休 で スエズ を 通す 一夜 無休 で スエズ を 通す

一夜 無休 で スエズ を 通す

やっぱり おかしい

一夜 無休 で スエズ を 通す 一夜 み … 無休 で スエズ を 通す

一夜 無休 で スエズ を 通す 一夜 み … 無休 で スエズ を 通す

一夜 無休 で スエズ を 通す

一夜 無休 で スエズ を 通す

( 直樹 ) 相原 さん

( 直樹 ) 相原 さん

( 一同 ) 入江 直樹 !

貴 様 どの 面 下げて 琴子 に …

相原 さん かばん 持って ちょっと 来て くれる ?

はい

( 金之助 ) え ?―

かばん を … 持って …

( 理 美 ) なぜ ?

( 理 美 ) なぜ ?

( じん こ ) え ?

( じん こ ) え ?

あ ! も しか して 入江 の 野郎

気 が 変わって 琴子 に

つきあい たい と か 言い出す ん ちゃ うか ?

( じん こ ) えっ ?

( じん こ ) えっ ?

( 理 美 ) うそ ~?―

( 理 美 ) うそ ~?―

えっ ?

( 銅 蔵 ) あの … 待って ~!

♪~

何 よ ?


×

We use cookies to help make LingQ better. By visiting the site, you agree to our cookie policy.