image

オーバーロード, Overlord Episode 7

( 鳥 の 鳴き声 )

( ニニャ ) ハア …

( アインズ ) 失敗 だ

モモン さん 昨晩 は 本当 に すみ ませ ん で し た

( アインズ ) アン デット の 肉体 に なり 精神 が 変貌 し て い て も これ か …

( ルクルット ) ああ こん だ け 見晴らし が いい 場所 な ん だ し ―

隊列 を 組む 必要 も なかった かも な

( ペテル ) 警戒 は 大切 だ

( ダイン ) まさに 油断大敵 で ある

ドラゴン が 突然 襲撃 を 仕掛け て くる かも しれ ませ ん し

常識 で 考え て そんな こと が ある の か ? ニニャ

エ ・ ラン テル 近郊 だ と 大昔 に ―

天変 地異 を 自在 に 操る ドラゴン が い た と いう 伝承 が ある ん です

それ に ―

あそこ に 見える アゼルリシア 山脈 の 北方 に は ―

フロスト ドラゴン が 多数 生息 し て いる と 言わ れ て い ます

( アインズ の せきばらい )

( アインズ ) あー その 天変 地異 を 操る ドラゴン の 名前 は ご存じ です か ?

えっ ああ 名前 まで は …\ N 街 に 帰ったら 調べ て み ます

ええ ニニャ さん お 願い でき ます か ?

わ … 分かり まし た モモン さん

( ンフィーレア ) カルネ 村 まで は あと 少し です

( アインズ ) ドラゴン は 「 ユグドラシル 」 でも 最強 の 種族

この 世界 に 存在 する なら 警戒 し て おく べき だ ろ う

♪~

~♪

( ンフィーレア ) あれっ 変 だ な

どう し まし た ?

( ンフィーレア ) あんな 頑丈 そう な 柵 前 は なかった ん です けど

( ゴブリン 1 ) おい 急 い で 姐 ( あね ) さん を 呼 ん で こい

( ゴブリン 2 ) うん

( ルクルット ) あっ

( ゴブリン たち の 話し声 )

ありゃ ゴブリン じゃ ねえ か ?

( ゴブリン 3 ) あんた ら 何者 だ

( 一同 ) あ あっ …

( ゴブリン D ) 武装 を 解除 し て もらい ま しょ う か ね

( アインズ ) こいつ ら は …

( ゴブリン A ) あの ー お 兄さん 方 戦闘 は できる だけ 避け たい ん です よ

特に そっち の フル プレート の 人

あんた から ち ー っと マズ い 雰囲気 って の を バリバリ 感じる ぜ

あっ …

( ペテル ) 何 だ こいつ ら は

( エンリ ) ゴブリン さん どう し た の ?

あっ 姐 さん

エンリ !

えっ

ンフィーレア !

あっ あの 子 …

… で ある な

( アインズ ) やはり あの とき 渡し た 角笛 で 召還 さ れ た ゴブリン たち か

しかし …

( エンリ ) 村 に 時々 来 ( こ ) ら れる 薬 師 ( くす し ) の 私 の 友人 が 魔法 を 使え ます

( アインズ ) あれ が 彼 の こと だった と は

( ンフィーレア ) そう か … そんな こと が あった ん だ

( エンリ ) ええ

( ンフィーレア ) お 父さん も お 母さん も 殺さ れ て しまった なんて …

つらかった だ ろ う な エンリ

くっ ! でも …

僕 が いる 僕 が 君 を …

でも …

妹 も いる し 悲し ん で ばかり じゃ い られ ない わ

な っ ああ そう だ ね …\ N そう だ よ ね

だ … だったら …

何 ? ンフィーレア

ぼ … 僕 と 結婚 … あっ …

街 で … その …

( ンフィーレア ) お互い 結婚 し て も おかしく ない 歳 だ し

僕 の 稼ぎ なら エンリ を 養う こと だって …

何 ? どう し た の ?

あ あっ もし 困って る こと が あったら 言って よ

できる かぎり 助ける から さ

ありがとう

本当 に ンフィーレア は 私 に は もったいない ぐらい の 友人 だ わ

あっ ああ … いや い い ん だ よ 長い つきあい だ し ね ハハハ …

それ より あの ゴブリン は 何 ?

村 を 助け て くれ た アインズ ・ ウール ・ ゴウン 様 が ―

置 い て いかれ た アイテム を 使ったら 出 て き た の

私 に 従って いろいろ と 働 い て くれる わ

( ンフィーレア ) そう な ん だ

その アインズ ・ ウール ・ ゴウン って どんな 人 な の ?

そ っか ンフィーレア なら 知って る か な って 思った ん だ けど

もう 一 度 会って …

会って ど っ …\ N どう し たい ん だい

えっ うん お 礼 を しっかり 言い たい な と 思って

あっ そう … そうだ ね お 礼 を 言う の は 当然 だ ね

ああ 何 か こう …

特徴 と か あれ ば 思い当たる 人 が いる かも しれ ない けど …

魔法 が すごかった よ

雷 が バリバリ って 走った と 思ったら 騎士 が 一撃 で 倒れ た の

雷 … おそらく 第 3 位 階 の 魔法 を 使った ん だ ね

それ って すごい の ?

そりゃ すごい さ

第 3 位 階 は 常 人 が 到達 できる 最 高位 の 魔法 だ から

やっぱり ゴウン 様 は すごい お方 な ん だ

話 を 聞く 限り で は 第 3 位 階 どころ か ―

英雄 の 領域 第 5 位 階 魔法 まで 行使 できる 人 かも しれ ない

それ だけ じゃ ない ん だ よ

真っ赤 な ポーション を くれ て ケガ を し た 私 を 助け て くれ た の

へえ ー

あと は 真っ黒 な よろい の 女 戦士 を お供 に 連れ て い た わ

名前 は たしか アル べ ド って …

( ンフィーレア ) アルベド …

( ンフィーレア ) そう か ! じゃあ

アインズ ・ ウール ・ ゴウン は モモン さん だ

でも ちょっと 待て …

モモン さん は アダ マン タイト 級 の 戦士 で あり ながら

第 3 位 階 の 魔法 詠 唱 者 ( マジック キャスター ) ?

英雄 の 中 の 英雄 じゃ ない か !

そんな 人 に 僕 は コソコソ と 近づき ポーション の 秘密 を 探 ろ う と …

くっ …

どう し た の ? 何 か 変 だ よ

( ンフィーレア ) ええ い ( エンリ ) あっ …

ンフィー …

( アインズ ) なかなか やる じゃ ない か

( ナーベラル ) さよう です か ?

( アインズ ) ん ?

確かに 驚く べき 技術 は ない しか し ―

あそこ に いる の は 10 日 ほど 前 まで は ―

弓 など 使った こと の なかった 者 たち

そんな 者 たち が 連れ合い を 子ども を 親 を 殺さ れ ―

二 度 と あの よう な こと が 起き ない よう に と いう ―

気持ち が なし て いる 業 を ―

称賛 し なく て どう する

( ナーベラル ) 申し訳 あり ませ ん そこ まで 考え が 至ら ず

( ンフィーレア ) モモン さん !

( アインズ ) 私 に 何 か 用 です か ?

モモン さん は … モモン さん は ―

アインズ ・ ウール ・ ゴウン さん な の でしょう か ?

( アインズ ) な っ ( ナーベラル ) う っ

ありがとう ござい まし た ゴウン さん

この 村 を 救って くださって

( アインズ ) 違う と も 私 は

あっ はい 名前 を 隠さ れ て いる の に は ―

何 か 理由 が ある ん だ と は 分かって い ます

それ でも この 村 を … いえ

エンリ を 助け て くれ た こと に お 礼 を 言い たかった ん です

僕 の 好き な 人 を 助け て くれ て ―

ありがとう ござい まし た

( アインズ ) ハア … 頭 を 上げ たまえ

はい ゴウン さん

それ と … 実は 隠し て い た こと が ある ん です

( ナーベラル ) むっ …

( アインズ ) ナーベ 少し 外し て くれ ない か

かしこまり まし た

( ンフィーレア ) 実は …

ゴウン さん が 宿屋 で 女性 に 渡さ れ た 赤い ポーション は ―

通常 の 方法 で は 作れ ない 非常に 希少 な もの な ん です

だから そんな ポーション を 持つ 人物 が どんな 方 な の か ―

それ と その 製法 を 知り たく て 今回 の 依頼 を し まし た

( アインズ ) なるほど

( アインズ ) あの 場 で は 最善 の 行動 だ と 思った ん だ が やはり 失態 だった か

申し訳 あり ませ ん

( アインズ ) うん ? べつに 悪い こと で は ない だ ろ う

( ンフィーレア ) えっ ?

今回 の 依頼 は コネクション 作り の 一環 と いう こと だ ろ ?

何 が 問題 な ん だ ?

それ に 仮に ポーション の 作り 方 を 知った 場合 ―

それ を 君 は どの よう に 使う ?

あっ そこ まで は 考え て い ませ ん で し た

あくまで も 知識 欲 の 一環 だった ので

そう か 悪用 する 意図 が あった の なら ともかく ―

そう で ない の で あれ ば 問題 ない

すごい です ね やはり エンリ が 憧れる だけ の …

( アインズ ) ところ で

私 が アインズ だ と 知って いる の は 君 だけ かね

はい 誰 に も 言って ませ ん

( アインズ ) そう か それ は ありがたい

今 の 私 は モモン と いう 一 介 の 冒険 者 だ

それ を 忘れ ない で くれ れ ば うれしい が …

はい 多分 そう な ん だ ろ う な と 思って い まし た

それ でも エンリ を この 村 を 救って くださって ―

ありがとう ござい まし た

アインズ 様 申し訳 あり ませ ん で し た

( アインズ ) そうだ な

お前 が アル べ ド の 名前 を 出し た せい だ な

この 命 で 謝罪 を

( アインズ ) よい !

どんな 者 に も 失敗 は ある

ならば その 失敗 を 繰り返さ ぬ よ う 努力 すれ ば よい

お前 の ミス を すべて 許 そ う ナーベラル ・ ガンマ

( ンフィーレア ) で は ここ から 森 に 入り ます ので 警護 を よろしく お 願い し ます

まあ モモン さん が いれ ば 大丈夫 だ と は 思い ます が

あの モモン さん

森 の 賢 王 が 現れ たら 殺さ ず に 追い払って ください ませ ん か

( ペテル ) えっ ? ( アインズ ) それ は なぜ です か ?

( ンフィーレア ) これ まで カルネ 村 が モンスター に 襲わ れ なかった の は ―

森 の 賢 王 が この 辺り を 縄張り と し て い た から です

それ を 倒し て しまわ れ ます と

( ルクルット ) いくら なんでも そい つ は 無理 だ ろ う

( アインズ ) 了解 し まし た

( ルクルット ) あ あっ ?

相手 は 何 百 年 も 生き てる 伝説 の 魔 獣 だ ぞ

( ダイン ) 強者 のみ に 許さ れ た 態度 で ある な

( アインズ ) それ で 1 つ 提案 が ある の です が

( ンフィーレア ) どうぞ モモン さん

( アインズ ) ナーベ が アラーム に 似 た 魔法 を 使える ので ―

2 人 で 周囲 を ひと 回り し てき たい の です が

かまい ませ ん よ でも あまり 長く 離れ ない で ください ね

( アインズ ) もちろん です と も

( 足音 )

( アインズ ) この 辺り で よい な

さあ 私 の 名 を 高める ため の 打ち合わせ とい こう じゃ ない か

( アウラ ) は ー い ( ナーベラル ) ええ い

( アウラ ) … と いう こと で 私 が 来 まし た

アウラ 様 驚か さ ない で ください

ごめん ね

( ナーベラル ) いったい いつ から ?

( アウラ ) ん ? アインズ 様 と ナーベラル が 森 に 入った とき から だ よ

( ナーベラル ) 全く 気付き ませ ん で し た

( アウラ ) … と いう こと で 私 が 森 の 賢 王 なる 魔 獣 を 発見 し ―

アインズ 様 に けしかけ れ ば いい ん です ね ?

( アインズ ) そうだ できる か ?

ええ 大丈夫 です 多分 あいつ の こと だ と 思い ます

( アインズ ) よし で は アウラ 任せる ぞ

は いっ

何 を なさる お つもり です か

( アインズ ) 森 の 賢 王 と 戦う

昨日 の オーガ たち と の 戦闘 で 十 分 で は ?

( アインズ ) いや

彼ら が 街 で モモン と いう 冒険 者 の 偉業 を 広め て くれる 際 ―

“ オーガ を 一撃 で 両 断 し た ” と 言う の と ―

“ 森 の 賢 王 を 撃退 し た ” と 言う の で は あまり に も 違う

( ナーベラル ) なるほど

( アウラ ) ん ? う わ あ あっ !

お っ ?

フェン ! それ に クアドラシル も 何 ? 心配 で 見 に 来 た の ?

コラ コラ アインズ 様 の お 仕事 を ―

し なく ちゃ いけない ん だ から ダメ だって う わ あっ

分かった って ば 2 人 と も 連れ て け ば いい ん でしょ

( フェン と クアドラシル の ほえ 声 )

( 森 の 賢 王 の いびき )

( アウラ ) ちょっと 欲しかった けど

アインズ 様 の 命令 じゃ しかたない よ ね

フッ は あー っ ふう う ー っ

( 森 の 賢 者 の うなり 声 ) ( アウラ ) お 仕事 完了 !

( 地面 が 揺れる 音 )

( 鳥 の 騒ぐ 声 )

( ペテル ) あっ ( ンフィーレア ) あっ

マズ い な こりゃ

デカ い もの が こっち に 向かって き てる

( ンフィーレア ) 森 の 賢 王 でしょう か ?

( アインズ ) あと は 私 たち に 任せ て ください

( ペテル ) お 願い し ます

( ダイン ) 頼み まし た ぞ

( 足音 )

( ンフィーレア ) モモン さん

( アインズ ) 何 でしょう か

無理 は し ない で ください ね

( アインズ ) ええ 早く 森 の 外 へ

( アインズ ) … と は 言った もの の

目撃 する 者 が い なけ れ ば 相手 が 森 の 賢 王 だ と 分から ない で は ない か

足 の 1 本 くらい 切り 飛ばす か

( アインズ ) お 客 様 の ご 登場 だ

( 近づく 足音 )

( アインズ ) ぬう お !

ん ? ん ?

( 森 の 賢 王 ) 某 ( それ が し ) の 初 撃 を 完全 に 防ぐ と は 見事 で ご ざる

( アインズ ) ご ざる ?

( 森 の 賢 王 ) さて 某 の 縄張り へ の 侵入 者 よ

今 逃走 する の で あれ ば ―

先 の 見事 な 防御 に 免じ 某 は 追わ ない で おく が ―

どう する で ご ざる か ?

( アインズ ) 愚問

それ より も 姿 を 見せ ない の は 自信 が ない の か ?

それとも 恥ずかし がり 屋 さん かな ?

( 森 の 賢 王 ) 言う で は ご ざら ぬか

では 某 の 偉 容 に 瞠目 ( どう もく ) し 畏怖 する が よい

( アインズ ) ん っ

な … 何という …

( 森 の 賢 王 ) フフフ …

その ヘルム の 下 から 驚がく と 恐れ が 伝わって くる で ご ざる よ

( アインズ ) 1 つ 聞き たい

お前 の 種族 名 は “ ジャン ガリ アン ハムスター ” と か 言わ ない か ?

なんと !

もしや そ なた 某 の 種族 を 知って いる で ご ざる か ?

( アインズ ) う っ うむ 知って いる と 言って よい か …

かつて の 仲間 が お前 に よく 似 た 動物 を 飼って い た

おお っ

なんと !

もし 同族 が いる の で あれ ば 教え て ほしい で ご ざる

子孫 を 作ら ね ば 生物 と して 失格 で ご ざる が ゆえ に

( アインズ ) いや それ は サイズ 的 に 無理 だ

ああ そう で ご ざる か 残念 で ご ざる

( アインズ ) すま ん な

いい で ご ざる それ より も ―

そろそろ ムダ な 話 は よし て ―

命 の 奪い合い を する で ご ざる

( アインズ ) 森 の 賢 王 なんて 名前 だ から 期待 し た のに

( 森 の 賢 王 ) 某 の 支配 する 領地 に 侵入 せ し 者 よ !

某 の 糧 ( かて ) と なる で ご ざる !

( アインズ ) ハズレ だ 完全 に ハズレ だ

何 を し て いる で ご ざる か まさか と は 思う が ―

いまだ 勝敗 分から ぬ うち に 降伏 と は あり え んで ござ ろ う

さあ 某 と 本気 で 戦う で ご ざる よ

( 森 の 賢 王 ) 命 の 奪い合い で ご ざる ( アインズ ) もう …

( アインズ ) やめ だ …

スキル ! 絶望 の オーラ !

レベル 1

うわ ー ああ ああ

あ ああ …

降伏 で ご ざる う 某 の 負け で ご ざる よ お

( アインズ ) ハア … 所詮 は 獣 か …

( アウラ ) 殺し ちゃ う ん です か ?

( アウラ ) でし たら 皮 を はぎ たい なって 思う ん です

結構 いい 皮 取れ そう です し

そ っ … そんな あー

これ が …

( 一同 ) 森 の 賢 王 ?

( アインズ ) ご 安心 ください

私 の 支配 下 に 入って おり ます ので ―

決して 暴れ た り する こと は あり ませ ん

殿 の おっしゃる 通り で ご ざる

この 森 の 賢 王 殿 に 仕え 共に 道 を 歩む 所存

皆 々 様 に は ご 迷惑 を お かけ し た り は せ ぬ で ご ざる よ

すごい ! なんて 立派 な 魔 獣 な ん だ

( アインズ ) は あっ ?

強大 な 力 と 英知 を 感じる の で ある

( アインズ ) 強大 な 力 ? 英知 ?

これ だけ の 偉業 を 成し遂げる と は ―

確かに ナーベ ちゃん を 連れ 回す だけ の 力 は ある わ

私 たち で は 皆殺し に さ れ て まし た ね

さすが モモン さん お 見事 です

( アインズ ) ナーベ は どう 思う ?

強 さ は 別 と して 力 を 感じ させる 瞳 を し て い ます ね

( アインズ ) バカ な …

( ンフィーレア ) モモン さん ( アインズ ) うん ?

その 魔 獣 を 連れ出し た 場合 ―

縄張り が なくなった こと に よって ―

カルネ 村 に モンスター が 襲いかかったり し ませ ん か ?

( アインズ ) どう な ん だ

その 可能 性 は ある で ござ ろ う な

そんな … で っ でし たら …

モモン さん 僕 を あなた の チーム に 入れ て くれ ませ ん か ?

( アインズ ) は あ ?

僕 は エンリ と カルネ 村 を 守り たい

僕 に モモン さん の その 強 さ を かけら でも 教え て ほしい ん です

薬学 に 関して は 少し は 自信 が あり ます し ―

荷物 運び でも 何でも し ます

だから お 願い です !

( 一同 ) おお っ

( アインズ ) つまり 魔法 詠 唱 者 と して 強く なり たい と いう こと でしょう か

はい !

( アインズ ) フフ フフッ ハハハハッ

いや あ すまない 君 の 決意 を 笑った わけ で は ない

気持ち は 十分 に 分かった 覚え て おこ う

だが 君 を 私 の チーム に 加える こと は でき ない

は あ そうです か …

( アインズ ) しかし この 村 を 守る と いう こと に 関して は ―

少し ばかり 力 を 貸す と しよ う

あっ

( アインズ ) もしかしたら 君 の 協力 も …

はい ! やらせ て いただき ます

( ペテル たち ) フフッ …

( ペテル ) それ で は モモン さん

我々 は 一 足先 に ンフィーレア さん の お宅 で ―

荷 降ろし を 済ませ て おき ます

( アインズ ) 分かり まし た

私 も 組合 で 魔 獣 の 登録 が 済み しだい 向かい ます

モモン さん の おかげ で 大 収穫 で し た

追加 報酬 を 用意 し て 待って ます

収穫 は 某 が 協力 し た おかげ で ご ざる が …

( ンフィーレア ) それでは

ナーベ ちゃん しばし の お 別れ だ けど 寂し がら ない で くれよ

あと で パーッ と 打ち上げ し よ う ぜ

ミジンコ が ! 踏みつぶし ます よ

さっさと 行く で ある

では また

( ナーベラル ) フンッ

( アインズ ) 胸 を 張る べき な ん だ ろ う か

これ で は メリーゴーランド に 乗って いる ―

オッサン に しか 見え な いよ なあ

とんだ 羞恥 プレイ だ クソッ

ああ こいつ に 名前 も つけ なきゃ いけない ん だ っけ

ハム 助 … あっ いや 大 福 も いい か ?

( ンフィーレア ) じゃあ 皆さん こちら へ 運 ん で もらえ ます か ?

( ペテル ) 分かり まし た

おばあ ちゃん は い ない の か な

あっ

( クレマンティーヌ ) は ー い お 帰り なさい

フフッ

♪~

~♪



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Language learning online @ LingQ

( 鳥 の 鳴き声 )

( ニニャ ) ハア …

( アインズ ) 失敗 だ

モモン さん 昨晩 は 本当 に すみ ませ ん で し た

( アインズ ) アン デット の 肉体 に なり 精神 が 変貌 し て い て も これ か …

( ルクルット ) ああ こん だ け 見晴らし が いい 場所 な ん だ し ―

隊列 を 組む 必要 も なかった かも な

( ペテル ) 警戒 は 大切 だ

( ダイン ) まさに 油断大敵 で ある

ドラゴン が 突然 襲撃 を 仕掛け て くる かも しれ ませ ん し

常識 で 考え て そんな こと が ある の か ? ニニャ

エ ・ ラン テル 近郊 だ と 大昔 に ―

天変 地異 を 自在 に 操る ドラゴン が い た と いう 伝承 が ある ん です

それ に ―

あそこ に 見える アゼルリシア 山脈 の 北方 に は ―

フロスト ドラゴン が 多数 生息 し て いる と 言わ れ て い ます

( アインズ の せきばらい )

( アインズ ) あー その 天変 地異 を 操る ドラゴン の 名前 は ご存じ です か ?

えっ ああ 名前 まで は …\ N 街 に 帰ったら 調べ て み ます

ええ ニニャ さん お 願い でき ます か ?

わ … 分かり まし た モモン さん

( ンフィーレア ) カルネ 村 まで は あと 少し です

( アインズ ) ドラゴン は 「 ユグドラシル 」 でも 最強 の 種族

この 世界 に 存在 する なら 警戒 し て おく べき だ ろ う

♪~

~♪

( ンフィーレア ) あれっ 変 だ な

どう し まし た ?

( ンフィーレア ) あんな 頑丈 そう な 柵 前 は なかった ん です けど

( ゴブリン 1 ) おい 急 い で 姐 ( あね ) さん を 呼 ん で こい

( ゴブリン 2 ) うん

( ルクルット ) あっ

( ゴブリン たち の 話し声 )

ありゃ ゴブリン じゃ ねえ か ?

( ゴブリン 3 ) あんた ら 何者 だ

( 一同 ) あ あっ …

( ゴブリン D ) 武装 を 解除 し て もらい ま しょ う か ね

( アインズ ) こいつ ら は …

( ゴブリン A ) あの ー お 兄さん 方 戦闘 は できる だけ 避け たい ん です よ

特に そっち の フル プレート の 人

あんた から ち ー っと マズ い 雰囲気 って の を バリバリ 感じる ぜ

あっ …

( ペテル ) 何 だ こいつ ら は

( エンリ ) ゴブリン さん どう し た の ?

あっ 姐 さん

エンリ !

えっ

ンフィーレア !

あっ あの 子 …

… で ある な

( アインズ ) やはり あの とき 渡し た 角笛 で 召還 さ れ た ゴブリン たち か

しかし …

( エンリ ) 村 に 時々 来 ( こ ) ら れる 薬 師 ( くす し ) の 私 の 友人 が 魔法 を 使え ます

( アインズ ) あれ が 彼 の こと だった と は

( ンフィーレア ) そう か … そんな こと が あった ん だ

( エンリ ) ええ

( ンフィーレア ) お 父さん も お 母さん も 殺さ れ て しまった なんて …

つらかった だ ろ う な エンリ

くっ ! でも …

僕 が いる 僕 が 君 を …

でも …

妹 も いる し 悲し ん で ばかり じゃ い られ ない わ

な っ ああ そう だ ね …\ N そう だ よ ね

だ … だったら …

何 ? ンフィーレア

ぼ … 僕 と 結婚 … あっ …

街 で … その …

( ンフィーレア ) お互い 結婚 し て も おかしく ない 歳 だ し

僕 の 稼ぎ なら エンリ を 養う こと だって …

何 ? どう し た の ?

あ あっ もし 困って る こと が あったら 言って よ

できる かぎり 助ける から さ

ありがとう

本当 に ンフィーレア は 私 に は もったいない ぐらい の 友人 だ わ

あっ ああ … いや い い ん だ よ 長い つきあい だ し ね ハハハ …

それ より あの ゴブリン は 何 ?

村 を 助け て くれ た アインズ ・ ウール ・ ゴウン 様 が ―

置 い て いかれ た アイテム を 使ったら 出 て き た の

私 に 従って いろいろ と 働 い て くれる わ

( ンフィーレア ) そう な ん だ

その アインズ ・ ウール ・ ゴウン って どんな 人 な の ?

そ っか ンフィーレア なら 知って る か な って 思った ん だ けど

もう 一 度 会って …

会って ど っ …\ N どう し たい ん だい

えっ うん お 礼 を しっかり 言い たい な と 思って

あっ そう … そうだ ね お 礼 を 言う の は 当然 だ ね

ああ 何 か こう …

特徴 と か あれ ば 思い当たる 人 が いる かも しれ ない けど …

魔法 が すごかった よ

雷 が バリバリ って 走った と 思ったら 騎士 が 一撃 で 倒れ た の

雷 … おそらく 第 3 位 階 の 魔法 を 使った ん だ ね

それ って すごい の ?

そりゃ すごい さ

第 3 位 階 は 常 人 が 到達 できる 最 高位 の 魔法 だ から

やっぱり ゴウン 様 は すごい お方 な ん だ

話 を 聞く 限り で は 第 3 位 階 どころ か ―

英雄 の 領域 第 5 位 階 魔法 まで 行使 できる 人 かも しれ ない

それ だけ じゃ ない ん だ よ

真っ赤 な ポーション を くれ て ケガ を し た 私 を 助け て くれ た の

へえ ー

あと は 真っ黒 な よろい の 女 戦士 を お供 に 連れ て い た わ

名前 は たしか アル べ ド って …

( ンフィーレア ) アルベド …

( ンフィーレア ) そう か ! じゃあ

アインズ ・ ウール ・ ゴウン は モモン さん だ

でも ちょっと 待て …

モモン さん は アダ マン タイト 級 の 戦士 で あり ながら

第 3 位 階 の 魔法 詠 唱 者 ( マジック キャスター ) ?

英雄 の 中 の 英雄 じゃ ない か !

そんな 人 に 僕 は コソコソ と 近づき ポーション の 秘密 を 探 ろ う と …

くっ …

どう し た の ? 何 か 変 だ よ

( ンフィーレア ) ええ い ( エンリ ) あっ …

ンフィー …

( アインズ ) なかなか やる じゃ ない か

( ナーベラル ) さよう です か ?

( アインズ ) ん ?

確かに 驚く べき 技術 は ない しか し ―

あそこ に いる の は 10 日 ほど 前 まで は ―

弓 など 使った こと の なかった 者 たち

そんな 者 たち が 連れ合い を 子ども を 親 を 殺さ れ ―

二 度 と あの よう な こと が 起き ない よう に と いう ―

気持ち が なし て いる 業 を ―

称賛 し なく て どう する

( ナーベラル ) 申し訳 あり ませ ん そこ まで 考え が 至ら ず

( ンフィーレア ) モモン さん !

( アインズ ) 私 に 何 か 用 です か ?

モモン さん は … モモン さん は ―

アインズ ・ ウール ・ ゴウン さん な の でしょう か ?

( アインズ ) な っ ( ナーベラル ) う っ

ありがとう ござい まし た ゴウン さん

この 村 を 救って くださって

( アインズ ) 違う と も 私 は

あっ はい 名前 を 隠さ れ て いる の に は ―

何 か 理由 が ある ん だ と は 分かって い ます

それ でも この 村 を … いえ

エンリ を 助け て くれ た こと に お 礼 を 言い たかった ん です

僕 の 好き な 人 を 助け て くれ て ―

ありがとう ござい まし た

( アインズ ) ハア … 頭 を 上げ たまえ

はい ゴウン さん

それ と … 実は 隠し て い た こと が ある ん です

( ナーベラル ) むっ …

( アインズ ) ナーベ 少し 外し て くれ ない か

かしこまり まし た

( ンフィーレア ) 実は …

ゴウン さん が 宿屋 で 女性 に 渡さ れ た 赤い ポーション は ―

通常 の 方法 で は 作れ ない 非常に 希少 な もの な ん です

だから そんな ポーション を 持つ 人物 が どんな 方 な の か ―

それ と その 製法 を 知り たく て 今回 の 依頼 を し まし た

( アインズ ) なるほど

( アインズ ) あの 場 で は 最善 の 行動 だ と 思った ん だ が やはり 失態 だった か

申し訳 あり ませ ん

( アインズ ) うん ? べつに 悪い こと で は ない だ ろ う

( ンフィーレア ) えっ ?

今回 の 依頼 は コネクション 作り の 一環 と いう こと だ ろ ?

何 が 問題 な ん だ ?

それ に 仮に ポーション の 作り 方 を 知った 場合 ―

それ を 君 は どの よう に 使う ?

あっ そこ まで は 考え て い ませ ん で し た

あくまで も 知識 欲 の 一環 だった ので

そう か 悪用 する 意図 が あった の なら ともかく ―

そう で ない の で あれ ば 問題 ない

すごい です ね やはり エンリ が 憧れる だけ の …

( アインズ ) ところ で

私 が アインズ だ と 知って いる の は 君 だけ かね

はい 誰 に も 言って ませ ん

( アインズ ) そう か それ は ありがたい

今 の 私 は モモン と いう 一 介 の 冒険 者 だ

それ を 忘れ ない で くれ れ ば うれしい が …

はい 多分 そう な ん だ ろ う な と 思って い まし た

それ でも エンリ を この 村 を 救って くださって ―

ありがとう ござい まし た

アインズ 様 申し訳 あり ませ ん で し た

( アインズ ) そうだ な

お前 が アル べ ド の 名前 を 出し た せい だ な

この 命 で 謝罪 を

( アインズ ) よい !

どんな 者 に も 失敗 は ある

ならば その 失敗 を 繰り返さ ぬ よ う 努力 すれ ば よい

お前 の ミス を すべて 許 そ う ナーベラル ・ ガンマ

( ンフィーレア ) で は ここ から 森 に 入り ます ので 警護 を よろしく お 願い し ます

まあ モモン さん が いれ ば 大丈夫 だ と は 思い ます が

あの モモン さん

森 の 賢 王 が 現れ たら 殺さ ず に 追い払って ください ませ ん か

( ペテル ) えっ ? ( アインズ ) それ は なぜ です か ?

( ンフィーレア ) これ まで カルネ 村 が モンスター に 襲わ れ なかった の は ―

森 の 賢 王 が この 辺り を 縄張り と し て い た から です

それ を 倒し て しまわ れ ます と

( ルクルット ) いくら なんでも そい つ は 無理 だ ろ う

( アインズ ) 了解 し まし た

( ルクルット ) あ あっ ?

相手 は 何 百 年 も 生き てる 伝説 の 魔 獣 だ ぞ

( ダイン ) 強者 のみ に 許さ れ た 態度 で ある な

( アインズ ) それ で 1 つ 提案 が ある の です が

( ンフィーレア ) どうぞ モモン さん

( アインズ ) ナーベ が アラーム に 似 た 魔法 を 使える ので ―

2 人 で 周囲 を ひと 回り し てき たい の です が

かまい ませ ん よ でも あまり 長く 離れ ない で ください ね

( アインズ ) もちろん です と も

( 足音 )

( アインズ ) この 辺り で よい な

さあ 私 の 名 を 高める ため の 打ち合わせ とい こう じゃ ない か

( アウラ ) は ー い ( ナーベラル ) ええ い

( アウラ ) … と いう こと で 私 が 来 まし た

アウラ 様 驚か さ ない で ください

ごめん ね

( ナーベラル ) いったい いつ から ?

( アウラ ) ん ? アインズ 様 と ナーベラル が 森 に 入った とき から だ よ

( ナーベラル ) 全く 気付き ませ ん で し た

( アウラ ) … と いう こと で 私 が 森 の 賢 王 なる 魔 獣 を 発見 し ―

アインズ 様 に けしかけ れ ば いい ん です ね ?

( アインズ ) そうだ できる か ?

ええ 大丈夫 です 多分 あいつ の こと だ と 思い ます

( アインズ ) よし で は アウラ 任せる ぞ

は いっ

何 を なさる お つもり です か

( アインズ ) 森 の 賢 王 と 戦う

昨日 の オーガ たち と の 戦闘 で 十 分 で は ?

( アインズ ) いや

彼ら が 街 で モモン と いう 冒険 者 の 偉業 を 広め て くれる 際 ―

“ オーガ を 一撃 で 両 断 し た ” と 言う の と ―

“ 森 の 賢 王 を 撃退 し た ” と 言う の で は あまり に も 違う

( ナーベラル ) なるほど

( アウラ ) ん ? う わ あ あっ !

お っ ?

フェン ! それ に クアドラシル も 何 ? 心配 で 見 に 来 た の ?

コラ コラ アインズ 様 の お 仕事 を ―

し なく ちゃ いけない ん だ から ダメ だって う わ あっ

分かった って ば 2 人 と も 連れ て け ば いい ん でしょ

( フェン と クアドラシル の ほえ 声 )

( 森 の 賢 王 の いびき )

( アウラ ) ちょっと 欲しかった けど

アインズ 様 の 命令 じゃ しかたない よ ね

フッ は あー っ ふう う ー っ

( 森 の 賢 者 の うなり 声 ) ( アウラ ) お 仕事 完了 !

( 地面 が 揺れる 音 )

( 鳥 の 騒ぐ 声 )

( ペテル ) あっ ( ンフィーレア ) あっ

マズ い な こりゃ

デカ い もの が こっち に 向かって き てる

( ンフィーレア ) 森 の 賢 王 でしょう か ?

( アインズ ) あと は 私 たち に 任せ て ください

( ペテル ) お 願い し ます

( ダイン ) 頼み まし た ぞ

( 足音 )

( ンフィーレア ) モモン さん

( アインズ ) 何 でしょう か

無理 は し ない で ください ね

( アインズ ) ええ 早く 森 の 外 へ

( アインズ ) … と は 言った もの の

目撃 する 者 が い なけ れ ば 相手 が 森 の 賢 王 だ と 分から ない で は ない か

足 の 1 本 くらい 切り 飛ばす か

( アインズ ) お 客 様 の ご 登場 だ

( 近づく 足音 )

( アインズ ) ぬう お !

ん ? ん ?

( 森 の 賢 王 ) 某 ( それ が し ) の 初 撃 を 完全 に 防ぐ と は 見事 で ご ざる

( アインズ ) ご ざる ?

( 森 の 賢 王 ) さて 某 の 縄張り へ の 侵入 者 よ

今 逃走 する の で あれ ば ―

先 の 見事 な 防御 に 免じ 某 は 追わ ない で おく が ―

どう する で ご ざる か ?

( アインズ ) 愚問

それ より も 姿 を 見せ ない の は 自信 が ない の か ?

それとも 恥ずかし がり 屋 さん かな ?

( 森 の 賢 王 ) 言う で は ご ざら ぬか

では 某 の 偉 容 に 瞠目 ( どう もく ) し 畏怖 する が よい

( アインズ ) ん っ

な … 何という …

( 森 の 賢 王 ) フフフ …

その ヘルム の 下 から 驚がく と 恐れ が 伝わって くる で ご ざる よ

( アインズ ) 1 つ 聞き たい

お前 の 種族 名 は “ ジャン ガリ アン ハムスター ” と か 言わ ない か ?

なんと !

もしや そ なた 某 の 種族 を 知って いる で ご ざる か ?

( アインズ ) う っ うむ 知って いる と 言って よい か …

かつて の 仲間 が お前 に よく 似 た 動物 を 飼って い た

おお っ

なんと !

もし 同族 が いる の で あれ ば 教え て ほしい で ご ざる

子孫 を 作ら ね ば 生物 と して 失格 で ご ざる が ゆえ に

( アインズ ) いや それ は サイズ 的 に 無理 だ

ああ そう で ご ざる か 残念 で ご ざる

( アインズ ) すま ん な

いい で ご ざる それ より も ―

そろそろ ムダ な 話 は よし て ―

命 の 奪い合い を する で ご ざる

( アインズ ) 森 の 賢 王 なんて 名前 だ から 期待 し た のに

( 森 の 賢 王 ) 某 の 支配 する 領地 に 侵入 せ し 者 よ !

某 の 糧 ( かて ) と なる で ご ざる !

( アインズ ) ハズレ だ 完全 に ハズレ だ

何 を し て いる で ご ざる か まさか と は 思う が ―

いまだ 勝敗 分から ぬ うち に 降伏 と は あり え んで ござ ろ う

さあ 某 と 本気 で 戦う で ご ざる よ

( 森 の 賢 王 ) 命 の 奪い合い で ご ざる ( アインズ ) もう …

( アインズ ) やめ だ …

スキル ! 絶望 の オーラ !

レベル 1

うわ ー ああ ああ

あ ああ …

降伏 で ご ざる う 某 の 負け で ご ざる よ お

( アインズ ) ハア … 所詮 は 獣 か …

( アウラ ) 殺し ちゃ う ん です か ?

( アウラ ) でし たら 皮 を はぎ たい なって 思う ん です

結構 いい 皮 取れ そう です し

そ っ … そんな あー

これ が …

( 一同 ) 森 の 賢 王 ?

( アインズ ) ご 安心 ください

私 の 支配 下 に 入って おり ます ので ―

決して 暴れ た り する こと は あり ませ ん

殿 の おっしゃる 通り で ご ざる

この 森 の 賢 王 殿 に 仕え 共に 道 を 歩む 所存

皆 々 様 に は ご 迷惑 を お かけ し た り は せ ぬ で ご ざる よ

すごい ! なんて 立派 な 魔 獣 な ん だ

( アインズ ) は あっ ?

強大 な 力 と 英知 を 感じる の で ある

( アインズ ) 強大 な 力 ? 英知 ?

これ だけ の 偉業 を 成し遂げる と は ―

確かに ナーベ ちゃん を 連れ 回す だけ の 力 は ある わ

私 たち で は 皆殺し に さ れ て まし た ね

さすが モモン さん お 見事 です

( アインズ ) ナーベ は どう 思う ?

強 さ は 別 と して 力 を 感じ させる 瞳 を し て い ます ね

( アインズ ) バカ な …

( ンフィーレア ) モモン さん ( アインズ ) うん ?

その 魔 獣 を 連れ出し た 場合 ―

縄張り が なくなった こと に よって ―

カルネ 村 に モンスター が 襲いかかったり し ませ ん か ?

( アインズ ) どう な ん だ

その 可能 性 は ある で ござ ろ う な

そんな … で っ でし たら …

モモン さん 僕 を あなた の チーム に 入れ て くれ ませ ん か ?

( アインズ ) は あ ?

僕 は エンリ と カルネ 村 を 守り たい

僕 に モモン さん の その 強 さ を かけら でも 教え て ほしい ん です

薬学 に 関して は 少し は 自信 が あり ます し ―

荷物 運び でも 何でも し ます

だから お 願い です !

( 一同 ) おお っ

( アインズ ) つまり 魔法 詠 唱 者 と して 強く なり たい と いう こと でしょう か

はい !

( アインズ ) フフ フフッ ハハハハッ

いや あ すまない 君 の 決意 を 笑った わけ で は ない

気持ち は 十分 に 分かった 覚え て おこ う

だが 君 を 私 の チーム に 加える こと は でき ない

は あ そうです か …

( アインズ ) しかし この 村 を 守る と いう こと に 関して は ―

少し ばかり 力 を 貸す と しよ う

あっ

( アインズ ) もしかしたら 君 の 協力 も …

はい ! やらせ て いただき ます

( ペテル たち ) フフッ …

( ペテル ) それ で は モモン さん

我々 は 一 足先 に ンフィーレア さん の お宅 で ―

荷 降ろし を 済ませ て おき ます

( アインズ ) 分かり まし た

私 も 組合 で 魔 獣 の 登録 が 済み しだい 向かい ます

モモン さん の おかげ で 大 収穫 で し た

追加 報酬 を 用意 し て 待って ます

収穫 は 某 が 協力 し た おかげ で ご ざる が …

( ンフィーレア ) それでは

ナーベ ちゃん しばし の お 別れ だ けど 寂し がら ない で くれよ

あと で パーッ と 打ち上げ し よ う ぜ

ミジンコ が ! 踏みつぶし ます よ

さっさと 行く で ある

では また

( ナーベラル ) フンッ

( アインズ ) 胸 を 張る べき な ん だ ろ う か

これ で は メリーゴーランド に 乗って いる ―

オッサン に しか 見え な いよ なあ

とんだ 羞恥 プレイ だ クソッ

ああ こいつ に 名前 も つけ なきゃ いけない ん だ っけ

ハム 助 … あっ いや 大 福 も いい か ?

( ンフィーレア ) じゃあ 皆さん こちら へ 運 ん で もらえ ます か ?

( ペテル ) 分かり まし た

おばあ ちゃん は い ない の か な

あっ

( クレマンティーヌ ) は ー い お 帰り なさい

フフッ

♪~

~♪


×

We use cookies to help make LingQ better. By visiting the site, you agree to our cookie policy.