image

Ken's Radio Show, 第1話 イントロダクション

皆さん こんにち は 。

Ken です 。 Ken の Radio Show に ようこそ 。 さあ 、 はじめよう か な 。

皆さん 初め まして 。 Ken です 。 僕 は 大阪 に 住む 若くて ハンサムで 、 とっても 優しい 、 さわやか な 青年 です 。 ちなみに 、 全部 嘘 です 。

えー っと 、 一つ だけ 本当の 事 が あり ました 。 それ は 僕 が 大阪 に 住んで る って 事 です 。 大阪 は 、 日本 で は 東京 に 次ぐ 第二 の 大 都会 。 いつも 忙しい 、 そして ちょっと だけ 、 ごみ ごみ して いる かも しれ ませ ん 。 でも 、 とっても 良い とこ です 。 大阪 の 人 は ね 、 いつも ふざけて る 。 そして 、 お 金 に 細かい って 言う 風 に 言う 人 も い ます 。 でも 、 これ は 裏返して 言えば 、 とっても 笑い が 好きで 、 そして 現実 的 だって 言う 風 に も 言える と 思い ます 。

大阪 は ね 、 漫才 、 そう です ね 、 吉本 新 喜劇 と 言う の が ある んです が 、 漫才 の メッカ ( mecca ) と 言わ れて おり ます 。 そして 、 そう です ね 、 商人 の 街 、 ま 、 そういう こと も あり まして ね 、 たとえ お 金持ち の 人 でも ね 、 値切る の が 好きです ね 、 物 買う とき に ね 。 はい 。 価値 の ない 物 に は 決して お 金 を 払わ ない と いう の が 、 大阪 の 人 。

そして 、 これ と 反対 って いう か な 、 違う なって いう の が 東京 の 人 です ね 。 東京 の 人 は どっち か と 言う と 、 こう 、 すまして る 感じ です ね 。 そして 、 なかなか 。 ふざけた こと を 言わ ない 。 最近 は ちょっと 変わって 来た か な 。 そう です ね 。 そう 思い ます 。 そして 、 そう です ね 、 ちょっと 見得 張り な ところ が が ある かも しれ ませ ん 。 お 金 が な くって も 、 お 金 が ある 振り を して 、 ぽ ー ん と 払って しまう と いう 。 価値 が ない 物 に 対して も お 金 を 、 こう ぱっと 払って しまう 。 て 言う 風 な 感じ も し ます 。

しかし いずれ に しろ 、 これ は ステレオ タイプ ( stereotype ) 的な 考え 方 な ので 、 そう じゃ ない と 言う 人 も 結構 いる と 思い ます ので 、 まあ 、 話 半分 に 聞い と いて ください 。 怒ら ないで ください ね 。

さて 、 この Ken の レィデオショー ( Radio Show ) なん です けど 、 実際 こんな 番組 は あり ませ ん 。 今 勝手に 作り ました 。 仮想 ラジオショー ( Radio Show ) です 。 なんで 僕 が こういう 風 な 事 を 今 録音 して る か と 言う と 、 これ は LingQ の 日本 語 学習 者 の 人 たち に 、 聞いて いただこう と 思って 録音 して る んです 。 僕 も LingQ で 勉強 して ます 。 LingQ で 英語 を 勉強 して ます 。 LingQ に は 、 色 んな 国 の 言葉 が 勉強 できる ように なって い ます 。 英語 フランス 語 イタリア 語 ポルトガル 語 ロシア 語 韓国 語 日本 語 、 そんな とこ でしょう か ? もっと ある かも しれ ませ ん が 、 よく 知り ませ ん 。 え 、 そして 英語 の マテリアル は 凄く たくさん ある んです ね 。 でも 、 先日 リンク の フォーラム ( forum ) を 読んで ましたら 、 日本 語 の マテリアル ( material ) が 少ない と 言う 風 な 事 読み ました ので 、 じゃあ 是非 、 僕 も ちょっと だけ 、 マテリアル を 提供 して みよう か な と 思って 、 これ を 録音 する 事 に し ました 。

さて 、 録音 の カウンター ( counter ) を 見て おり ます と 、 今 3 分 50 秒 に さしかかる とこ です 。 えー 、 いつも 大体 基本 的に は この エピソード は 4 分 から 5 分 位 で 、 せいぜい 5 分 ぐらい で おさめよう と 思って い ます 。 と いう の は 、 しゃべった あと で 、 これ を 自分 の 声 を 聞き ながら トランスクリプト ( transcript ) を 書か なければ いけ ませ ん ので ね 、 長い やつ は ね 、 なかなか 書く の が 大変な ので 、 まあ 、 この くらい に しよう か な 今日 は 。 て な 、 感じ です 。

えー と 、 フィードバック ( feedback ) いただける と 嬉しい です ね 。 まあ 、 こんな 事 を しゃべって みたら どうか な と か 、 そんな 馬鹿 な 事 、 たら たら と しゃべって る んじゃ あね ー よこ の 野郎 と か 、 まあ そんな 、 何でも 良い から ちょっと 一言 二 言 聞けたら 楽しい か な と 思い ます 。 では 今日 は この 辺 で 。 ありがとう ございました 。 、 バイバイ 。

pianoboyjp @ gmail . com   http :// jayjack . blog 51. fc 2. com /



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Language learning online @ LingQ

皆さん こんにち は 。

Ken です 。 Ken の Radio Show に ようこそ 。 さあ 、 はじめよう か な 。

皆さん 初め まして 。 Ken です 。 僕 は 大阪 に 住む 若くて ハンサムで 、 とっても 優しい 、 さわやか な 青年 です 。 ちなみに 、 全部 嘘 です 。

えー っと 、 一つ だけ 本当の 事 が あり ました 。 それ は 僕 が 大阪 に 住んで る って 事 です 。 大阪 は 、 日本 で は 東京 に 次ぐ 第二 の 大 都会 。 いつも 忙しい 、 そして ちょっと だけ 、 ごみ ごみ して いる かも しれ ませ ん 。 でも 、 とっても 良い とこ です 。 大阪 の 人 は ね 、 いつも ふざけて る 。 そして 、 お 金 に 細かい って 言う 風 に 言う 人 も い ます 。 でも 、 これ は 裏返して 言えば 、 とっても 笑い が 好きで 、 そして 現実 的 だって 言う 風 に も 言える と 思い ます 。

大阪 は ね 、 漫才 、 そう です ね 、 吉本 新 喜劇 と 言う の が ある んです が 、 漫才 の メッカ ( mecca ) と 言わ れて おり ます 。 そして 、 そう です ね 、 商人 の 街 、 ま 、 そういう こと も あり まして ね 、 たとえ お 金持ち の 人 でも ね 、 値切る の が 好きです ね 、 物 買う とき に ね 。 はい 。 価値 の ない 物 に は 決して お 金 を 払わ ない と いう の が 、 大阪 の 人 。

そして 、 これ と 反対 って いう か な 、 違う なって いう の が 東京 の 人 です ね 。 東京 の 人 は どっち か と 言う と 、 こう 、 すまして る 感じ です ね 。 そして 、 なかなか 。 ふざけた こと を 言わ ない 。 最近 は ちょっと 変わって 来た か な 。 そう です ね 。 そう 思い ます 。 そして 、 そう です ね 、 ちょっと 見得 張り な ところ が が ある かも しれ ませ ん 。 お 金 が な くって も 、 お 金 が ある 振り を して 、 ぽ ー ん と 払って しまう と いう 。 価値 が ない 物 に 対して も お 金 を 、 こう ぱっと 払って しまう 。 て 言う 風 な 感じ も し ます 。

しかし いずれ に しろ 、 これ は ステレオ タイプ ( stereotype ) 的な 考え 方 な ので 、 そう じゃ ない と 言う 人 も 結構 いる と 思い ます ので 、 まあ 、 話 半分 に 聞い と いて ください 。 怒ら ないで ください ね 。

さて 、 この Ken の レィデオショー ( Radio Show ) なん です けど 、 実際 こんな 番組 は あり ませ ん 。 今 勝手に 作り ました 。 仮想 ラジオショー ( Radio Show ) です 。 なんで 僕 が こういう 風 な 事 を 今 録音 して る か と 言う と 、 これ は LingQ の 日本 語 学習 者 の 人 たち に 、 聞いて いただこう と 思って 録音 して る んです 。 僕 も LingQ で 勉強 して ます 。 LingQ で 英語 を 勉強 して ます 。 LingQ に は 、 色 んな 国 の 言葉 が 勉強 できる ように なって い ます 。 英語 フランス 語 イタリア 語 ポルトガル 語 ロシア 語 韓国 語 日本 語 、 そんな とこ でしょう か ? もっと ある かも しれ ませ ん が 、 よく 知り ませ ん 。 え 、 そして 英語 の マテリアル は 凄く たくさん ある んです ね 。 でも 、 先日 リンク の フォーラム ( forum ) を 読んで ましたら 、 日本 語 の マテリアル ( material ) が 少ない と 言う 風 な 事 読み ました ので 、 じゃあ 是非 、 僕 も ちょっと だけ 、 マテリアル を 提供 して みよう か な と 思って 、 これ を 録音 する 事 に し ました 。

さて 、 録音 の カウンター ( counter ) を 見て おり ます と 、 今 3 分 50 秒 に さしかかる とこ です 。 えー 、 いつも 大体 基本 的に は この エピソード は 4 分 から 5 分 位 で 、 せいぜい 5 分 ぐらい で おさめよう と 思って い ます 。 と いう の は 、 しゃべった あと で 、 これ を 自分 の 声 を 聞き ながら トランスクリプト ( transcript ) を 書か なければ いけ ませ ん ので ね 、 長い やつ は ね 、 なかなか 書く の が 大変な ので 、 まあ 、 この くらい に しよう か な 今日 は 。 て な 、 感じ です 。

えー と 、 フィードバック ( feedback ) いただける と 嬉しい です ね 。 まあ 、 こんな 事 を しゃべって みたら どうか な と か 、 そんな 馬鹿 な 事 、 たら たら と しゃべって る んじゃ あね ー よこ の 野郎 と か 、 まあ そんな 、 何でも 良い から ちょっと 一言 二 言 聞けたら 楽しい か な と 思い ます 。 では 今日 は この 辺 で 。 ありがとう ございました 。 、 バイバイ 。

pianoboyjp @ gmail . com   http :// jayjack . blog 51. fc 2. com /


×

We use cookies to help make LingQ better. By visiting the site, you agree to our cookie policy.