steve-kaufmann-10-secrets

I speak 20 languages

was successfully added to your cart.

Cart

英語の発音を改善する6つのテクニック

率直に言います。正しい英語の発音は与えられ続けられる贈り物です。どういう意味かと言うと、例えかなり高いコミュニケーション力があり、一生のうち全ての英語の試験に合格したとしても、発音が正確さ(またはもっと良い単語の質)に欠けている場合、他の英語話者の目と耳におけるあなたの流暢さはあなたが期待するレベルではないんですよね。
無理もありません。世の中にはなかなか扱いにくい英単語があります。時には噛んでしまうこともあるでしょう (私は現在でも噛みます)。さらに、ネイティブスピーカーの話し方を「真似」しようとすることは、非ネイティブスピーカーにとって最大の課題のひとつです。


英語は世界の中でも綴りの通りに発音されるとは限らない言語のひとつであり、発音に関しては英語はとても難しいと言われます。今日はそんなもどかしさにストップをかけましょう! 英語の発音を著しく改善させるのに役立つ筋金入りのトリックをいくつか紹介します。流暢さのレベルがまた一段と引き上げられれば光栄です。

6 Neat Tricks to Improve Your English Pronunciation

英語の発音に集中する

「何」を言っているのかはそれほど考えず(全く考えないのはいけませんが)、「どう」言っているかに集中するようにしましょう。焦点を切り替える練習として音を「飲み込む」か「加える」かを考えてみてください。例:“comf-ta-ble” ではなく“comf-ta-ble”と言っていませんか?混ぜ合わせるべきではない単語を混ぜ合わせて言っていませんか?例:“ain’t you”を“aintchu”と言っていませんか?
全ての音を正しく発していますか? 自分の今の発音を評価するのに良い方法は、鏡の前に立って口がどのように動いているのかに集中することです。その姿を動画で録画できれば尚いいですね。発音のどこがおかしいのかを目で「確認」でき、何を改善すべきか正確に知ることができます。
ボーナス: このテクニックでは、ジェスチャーや姿勢など「音声」以外の部分を見ることができるので、相手とコミュニケーションを取っているときに実際にあなたがどのような印象を与えているかを理解するいい機会ともなります。

6 Neat Tricks to Improve Your English Pronunciation

他の人を真似る

自分のスピーチを録音していると、ネイティブのような話し方に到達するにはあとどれくらいかを実際に知るために、自分の発音の質を何かと比較する必要があると感じるかもしれません。私のアドバイスは、好きなアクセント(イギリス英語、アメリカ英語など)を選び、そのアクセントで話すネイティブスピーカーと同じように各単語を発音することに集中することです。
その一方、好きな有名人やネイティブスピーカーを選んでその人たちの発音を真似てみましょう。これに役立つリソースは世の中にたくさんあります。テレビ番組やYouTube動画を見たり、ポッドキャストやインタビューを聴いたり自分に合った方法でやってみてください。繰り返しますが、あなたが手を焼いている特定の単語があれば特に、それらをネイティブの人がどのように発音するかに集中するといいと思います。
方法に関係なく、ネイティブスピーカーを模倣することは、ネイティブスピーカーに囲まれた生活環境にいないのであれば特に、英語の発音を改善するのに大いに役立ちます。ネイティブの英語話者のように聞こえるように(それほど手間もかからない)自分を駆り立てる方法です。

6 Neat Tricks to Improve Your English Pronunciation

声に出して読む

オンラインで本や記事を呼んでいるとき、私たちは無意識に読んでいるペースを維持しようとしがちです。紛らわしい単語やかなり長い文など引っかかる部分があると、リーディング体験に影響が出ることもしばしばです。しかし不思議なことに、声に出して読んでいるとそれがそれほど気になりません。英語の発音の質を高めたいのであれば、是非声に出して読んでみてください。
このテクニックでは、安定した音読のペースを維持するだけでなく、特定の単語で少し間を空けたり強調したりといったネイティブスピーカーが話すときに普通にやることに注意せざるを得ません。最も重要なことに、発音する全ての音に集中する必要があります。これを次のポイントで見てみましょう…
6 Neat Tricks to Improve Your English Pronunciation

いくつかの音を強化する

ちょっとした告白をさせてください (大丈夫、悪いことではありません)。ネイティブのようなレベルに達する唯一の方法は、話している最中に「手抜き」をしないことだと気づいたのです。全ての音を正しく出すということです。これは既に前述しましたね。当然のことながら、英語教師でもある私は特定の英語の音、特に2つの「th」の発音に関しては非常に口うるさく指導します。

 

 

「th」は単語に応じて「d」と「t」の両方の音に似ています。しかし「th」の正しい発音に代わって単に「d」や「t」と言うのは明らかに異なります。言わんとしていることの意味を完全に変えてしまうこともあるんですよ。いくつか例を挙げてみましょう:

「Think(考える)」は「t」の音で言うと「tink (チリンというような高い音)」
「Thought(思った)」は「t」の音で言うと「taught(教えた)」
「Though(だけども)」は「d」の音で言うと「dough(パンなどの生地)」
「Breathe(呼吸する)」は「d」の音で言うと「breed (繁殖させる)」

見てわかる通り、このような変わった音は全く違うものを意味するようになります。私の生徒でも最初はこの小さなトリックにかなり骨を折る生徒がほとんどですが、長い目で見ると報われているんです!卒業した数年後に生徒が訪ねてきて、これらの小さな音の違いで「苦しめられた」ことに感謝してくる生徒たちもいるほどです。
6 Neat Tricks to Improve Your English Pronunciation

自分に話しかける

そうですね、たしかにこの記事で前述した小技やテクニックは素晴らしいものばかり。でも、練習に必要な質の高いリソースはどこで手に入れればいいのだろうと思っている人もいるのではないでしょうか。答えは簡単:どこでもありません!今までのアドバイスをすべて考慮して、英語の発音を改善する一番効果的な方法のひとつは自分自身に話しかけることです。奇妙に聞こえるかもしれませんが、それくらいシンプルなんです。
では、本当にこれならいつまででも話せるというようなトピックを見つけましょう。好きな映画や世界時事など何でもいいです。また、模倣したいアクセントや話し手も見つけてください。次に鏡の前に立ち、自分自身を録画します。発する音のひとつひとつに集中することを心がけましょう。そしてそれを自分で確認し、繰り返しながら改善を重ねていきます。結局のところ、「repetitio est mater studiorum(繰り返しは学習の母である)」なんですよね!
ひとこと:このテクニックは発音の改善だけでなく、英語における全体的なコミュニケーションスキルのアップにも適しています。

6 Neat Tricks to Improve Your English Pronunciation

早口言葉を練習する

最後になりましたが、私のお気に入りのテクニックをご紹介。早口言葉です!早口言葉は非常に高い壁だと感じるかもしれませんが、口にすればするほど簡単になっていくものです。さらに定期的に練習すれば、その「精度」を否応なく日常の会話に移すことができるようになります。
信じられませんか?一緒にやってみましょう!
例 1:
Peter Piper picked a peck of pickled peppers.
A peck of pickled peppers Peter Piper picked.
If Peter Piper picked a peck of pickled peppers?
Where’s the peck of pickled peppers Peter Piper picked?

例 2:
Thirty thousand thirsty snakes thirstily drank three thousand lakes.
さあ、出かけましょう。できる限りたくさんの英語を話し、読み、小さな音を正確に発しましょう!英語の発音を間違いなく改善するためには、自分の話す姿を頻繁に録画し、改善の余地のある箇所に対して現実的な目を持って、今日ご紹介したようなトリックで何度も練習を重ねることを忘れないでくださいね。

では次回まで…皆さん、楽しく学びましょう!
LingQを使ってオンラインで英語を学びましょう!
LingQにはリスニング力とリーディング力の両方を高めるのに役立つ数千時間分ものコンテンツが満載。初心者にも上級者にも満足できるコンテンツを確かに揃えています。また、もしも興味のあるコンテンツを見つけられなかった場合でも心配いりません。Webから気に入った英語の記事をインポートすることが可能で、LingQが自動的にレッスンを作成します。
下の画像で見られる通り、LingQはAndroid および iOS の両方で使用できるので、どこにいてもレッスンを受けることができますよ。今すぐお試しください!

 

***

Jasmin Alićはボスニア・ヘルツェゴビナ出身、多文化を学習する環境において豊富な経験を持つ受賞歴もあるEFL/ESLの教師および文学作品愛好家です。