image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 10

どこ だ

おい 大丈夫 か

寝ぼけ て ん の か

立川

どこ 行く の

泉 どこ 行く ん だ

動か ない ほう が いい

動く と 余計 痛い

おい あれ

おい 大丈夫 か

なん だ これ は

くそ っ 慌て て 変形 し て 体 内 に 巻き込 ん で しまった

さっき い た よ な ニュッ と

ああ 行って みよ う ぜ

さっき の 音 美術 室 の 方 だった よ な

移動 し て いる

どっち に

おかしい これ が 島田 か

意識 が 統一 さ れ て い ない

と いう より 支離滅裂 だ

おい 何 だ 今 の 音 は

美術 室 に 何 か いる みたい っす よ

何 か

分かった 俺 が 見 て くる から お前 ら は 戻れ

あっ そんな

ちょっと 先生

人間 に … 人間 の 姿 に 戻ら ね ば …

ダメ だ 表面 が …

攻撃 態勢 を 保った まま 体 を 人間 の 姿 に 戻る に は

待て よ

攻撃 ?

死滅 し た 細胞 が 邪魔 し て 連絡 が

意思 を まず ひと つ に し なけ れ ば

なん だ 僕 は 何 を し て いる

おい どう し た

お前 それ 頭 に 何 かぶって ん だ

ど し た

いま 何 か を 3 つ ぐらい

あっ ち あっ ち

何 でしょう

けっ けっ 警察 を 呼 ん で

はい

ヤツ は どこ な ん だ よ ミギー

待って くれ 島田 の 出す 信号 が ひどく 散漫 で

素早い な シン イチ の クラス の 方 へ 向かって いる

これ じゃ 通れ ない

こんな 状況 で は 戦い は 無理 だ

とりあえず みんな と 一緒 に 避難 しよ う

こういう の 前 に も あった な

殺人 鬼 A だ ろ

今度 は 何 な の

そりゃ 当然 殺人 鬼 B だ ろ

何 やって ん だ

早く 行け

行け はやく

大丈夫 か 佐々木 の やつ

あいつ の ほう が 危ない って 感じ

各 クラス 人数 を 確認 次第 直ちに 下校 し て ください

荷物 は

明日 だ 明日

教頭 先生

まだ 3 年 3 組 の 一 人 も

村野 の クラス だ

警察 は まだ なん です か

そう いえ ば 遅い です ね

ミギー 島田 の 位置 は

やはり 戦う の か

それ より もま ず 村野 の いる 3 組 が 心配 だ

シン イチ

3 組 だ

い ない

まさか 村野

ごめん 人違い で し た

あれ が 最後 …

そんな 冗談 じゃ ない

島田 は 3 階 だ

シン イチ 落ち着け

シン イチ 呼吸 を 整えろ

俺 は 何 を

今 まで なに を し て た ん だ

壊れる 心 が 割れる

裂ける

大丈夫 だ 君 は 大丈夫 の はず だ

ダメ だ

ダメ だ よ も う

泉 くん 変わった ね

ひょっとして お前 鉄 で でき てる ん じゃ ない の か

鉄 で でき てる ん じゃ ない の か

鉄 で

落ち着 い た かい

ああ

俺 は 村野 を 守る その 為 に あいつ を 倒す

ごめん な 人違い だ

ミギー 島田 と の 距離 は

約 60 メートル この 階 に いる

遠く に 2 人 割 と 近く に 3 人

そして 1 匹

すごい 聴力 だ な

あそこ から だ

大丈夫 ?

ケガ は

村野

もう 大丈夫 大丈夫 だ

きっ 君 一体 どこ から

ダメ か

よし みんな 一緒 に 行 こ う

どこ に

俺 は 向こう から 来 た ん だ

そっち に 戻 ろ う

むっ 向こう は …

だって 向こう で みんな 殺さ れ て

今 なら 平気 だ

ヤツ は い ない

い いや だ

君 向こう から 来 た って

お前 … 人間 か

バカ 戻れ

すぐ そこ に

これ が ヤツ の 本性

人間 と ともに 生き て いく 道 を 模索 する って 言って た けど

結局 は 殺す こと しか 考え て ない ん だ

来 た

大丈夫

もう 一 度 行く よ

ここ まで 来 れ ば 大丈夫 だ

い 泉 くん あたし

分かる よ

こんな めちゃくちゃ な こと が 起き たら 誰 だって 混乱 する さ

俺 は 平気 です 彼女 を 頼み ます

泉 くん

もう 心配 いら ない よ

どうして も やら なきゃ いけない こと が ある ん だ

これ じゃ 中 に 入れ ない

まだ 戦う つもり な の か

俺 たち は 島田 の 正体 を 知って い た

でも 何も せ ず 放置 し た

俺 たち に も 責任 が ある と 思う

何て 言う か けじめ だ よ

まだ 妙 の こと を 言い出す

警察 に 任せよ う この 状況 なら 警官 が 勝つ よ

動く な 警察 だ

くそ っ 化け物 が

撃って る ぞ

小さい な 弾丸 を 少々 打ち込 ん で も 死に は し ない

頭 を 切り離す か 心臓 を 完全 に 破壊 し なけ れ ば

しかし それ でも いずれ は 力尽きる だ ろ う

屋上 へ 向かって る

そう か だ が 下手 に 近づく な よ

ミギー 島田 に 罪 は ある と 思う か

罪 ?

それ は 人間 たち が 人間 の 物差し で 勝手 に 決め れ ば いい こと だ

やっぱり 俺 たち で カタ を つけよ う

どう やって

こいつ で さ

だが 300 メートル は 離れ ない と 駄目 だ ぞ

島田 に 察知 さ れ て しまう

ああ

島田 お前 だけ じゃ ない

田宮 良子 や A

お前 ら 一体 なんの ため に 生まれて き た ん だ

今 の 君 の パワー に まっすぐ 私 の 力 を 乗せる ん だ

ああ

どこ を 狙う か わかって る な

もちろん

泉 …

17 人 と いう 犠牲 者 を 出し た 大量 斬 殺 事件 から 一 週間

犯人 と さ れる 薬物 中毒 の 生徒 の 身元 に は 不審 な 点 が 多く

名前 も 偽名 で あった こと が 明らか に なって い ます

警察 は なんで こう まで し て 隠 そ う と する ん だ ろ う

島田 の 死体 を 公表 し て しまえ ば いい のに

仮に 島田 の 死体 を 公開 し

人間 以外 の 知的 生物 が 存在 し

人 を 食う こと が 分かった と 公表 し た と して

それ で どう なる

どう なる って 大騒ぎ に なる

寄生 生物 を 捕まえろ って

どう やって 捕まえる

人間 だけ で は 無理 だ

俺 たち が 警察 に 力 を 貸し て

断る

ミギー

私 は 自分 自身 の 味方 で あって

人 と いう 一 つ の 種 の 味方 で は ない

わかる けど

人間 に 化け た 寄生 生物 を 見つけ て も

そい つ は すぐ 別人 に なって しまう

人間 たち に 捕まえる こと は でき ない

だから 俺 たち が どこまでも 追って いって

殺す の か

シン イチ 私 に は 人間 的 な 感傷 が ない

だから 仲間 を 殺す とき も 気分 的 に どう と いう こと は ない

だが 私 と シン イチ が 逆 の 立場 だったら どう する

こういう と 悩む

これ が 人間 と いう 生き物 な の だ

これ まで は 混乱 を 避ける ため に 存在 を 隠し て き た が

そろそろ 公 に する べき 時 が 来 た ん じゃ ない の か ね

しかし ね 公表 し て も 混乱 が 増す だけ だ よ

アメリカ で は この 寄生 生物

パラサイト を 軍事 利用 する と いう 噂 も あり ます が

公表 し ま しょ う

どの よう に 公表 する つもり だ ね

公表 と 言って も パラサイト の 存在 に つい て で は なく

人間 と パラサイト の 見分け 方 と いう やつ を

それ と なく 世間 に 流し て やる の です

どう やって 流す の です か ね

いや それ より 分かった の か ね 見分け 方 が

それ に つい て は 由井 先生 から お 願い し ます

では パラサイト の 生命 構造 に つい て 解明 さ れ た 部分 まで を お 話し し ます

この 寄生 生命 体 は 人間 の 頭部

即 ち 全身 の 司令塔 の 役 割 り を 限界 を 超え て 行 える 能力 を 持って い ます

細胞 自体 の 性質 は 脳 細胞 に 似 て い ます が

一言 で 言う なら 考える 筋肉 です

考える 筋肉 ね

しかも それ だけ で は なく

瞬時 に し て 変形 し ゴム の よう に 伸び た り 鉄 の よう に 硬く も なれ ます

では どう やって この 異質 な 細胞 と 人間 の 体 が 結びつく の か

それ が 瞬間 的 な 速 さ の 細胞 融合 です

おそらくは ポリエチレン グリコール の よう な 物質 に よって 細胞 膜 を …

先生 まずは 見分け 方 を

では 彼ら は 考える 筋肉 で あり ながら

ある 程度 の 量 が 集まる と 人間 並み の 知能 を 持ち ます

ですが 逆 に ある 程度 の 量 が 集まら なけ れ ば どう でしょ う

血液 が 巡ら なけ れ ば 干からび て 死 ん で しまう の で

仲間 と 融合 しよ う と 努力 し ます

しかし その 破片 が 髪 の 毛 ほど の 場合 生きよ う と もがき は し ます が

小さ すぎ て 融合 する だけ の 知能 が ない の です

人間 の 髪 は 抜 い て も 何も 起こり ませ ん が

人間 に 化け た パラサイト の 髪 を 抜く と

数 秒間 もがき 苦し ん だ のち 細胞 同士 が 分離 し 死ぬ と 思わ れ ます

つまり パラサイト を 見分ける 方法 は 髪 の 毛 を 抜 い て みる こと な の です

さすが 博士

しかし かつら を かぶって い たら どう する の か ね

疑わし けれ ば 眉毛 でも 鼻 毛 でも 構い ませ ん

要 は 毛 ほど の 細胞 を 本体 から 切り離し て みる こと な ん です

なるほど

それ なら

では 皆さん 大変 恐縮 な の です が

この 部屋 を 出る とき 髪 の 毛 を 一 本 抜かせ て いただき ます

確率 は 低い の です が この 中 に い ない と は 言い きれ ませ ん ので

それ から しばらく し て 学校 が 再開 し た

村野

泉 くん

もう 大丈夫 な の

うん

ごめん ね メール に 返事 し ない で

いい ん だ よ

行 こ う か

立川 は

裕子 も 大丈夫 今日 から 登校 する って

そう か

ずいぶん 怖い 目 に あった みたい だ けど

裕子 は 昔 から 芯 が 強い から

あたし ずっと お礼 が 言い たく て

あの 時 泉 くん が い なかったら

もう 終わった こと だ し なるべく 別 の 事 を 考えよ う よ

うん

でも 体 なんとも ない の

あんな 高 さ から 飛び降り て

ああ 火事 場 の 馬鹿 力 って やつ だ よ

自分 でも 驚 い てる ん だ

そう

でも 本当 に

本当 に ありがとう

おはよう

おはよう

政府 は ついに 寄生 生物 の 存在 に つい て 公式 な 発表 を 行わ なかった

ただ 街 で は 髪 の 毛 を 抜き 合う と いう 挨拶 が 流行り 出し て い た

次回 「 青い 鳥 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

どこ だ

おい 大丈夫 か

寝ぼけ て ん の か

立川

どこ 行く の

泉 どこ 行く ん だ

動か ない ほう が いい

動く と 余計 痛い

おい あれ

おい 大丈夫 か

なん だ これ は

くそ っ 慌て て 変形 し て 体 内 に 巻き込 ん で しまった

さっき い た よ な ニュッ と

ああ 行って みよ う ぜ

さっき の 音 美術 室 の 方 だった よ な

移動 し て いる

どっち に

おかしい これ が 島田 か

意識 が 統一 さ れ て い ない

と いう より 支離滅裂 だ

おい 何 だ 今 の 音 は

美術 室 に 何 か いる みたい っす よ

何 か

分かった 俺 が 見 て くる から お前 ら は 戻れ

あっ そんな

ちょっと 先生

人間 に … 人間 の 姿 に 戻ら ね ば …

ダメ だ 表面 が …

攻撃 態勢 を 保った まま 体 を 人間 の 姿 に 戻る に は

待て よ

攻撃 ?

死滅 し た 細胞 が 邪魔 し て 連絡 が

意思 を まず ひと つ に し なけ れ ば

なん だ 僕 は 何 を し て いる

おい どう し た

お前 それ 頭 に 何 かぶって ん だ

ど し た

いま 何 か を 3 つ ぐらい

あっ ち あっ ち

何 でしょう

けっ けっ 警察 を 呼 ん で

はい

ヤツ は どこ な ん だ よ ミギー

待って くれ 島田 の 出す 信号 が ひどく 散漫 で

素早い な シン イチ の クラス の 方 へ 向かって いる

これ じゃ 通れ ない

こんな 状況 で は 戦い は 無理 だ

とりあえず みんな と 一緒 に 避難 しよ う

こういう の 前 に も あった な

殺人 鬼 A だ ろ

今度 は 何 な の

そりゃ 当然 殺人 鬼 B だ ろ

何 やって ん だ

早く 行け

行け はやく

大丈夫 か 佐々木 の やつ

あいつ の ほう が 危ない って 感じ

各 クラス 人数 を 確認 次第 直ちに 下校 し て ください

荷物 は

明日 だ 明日

教頭 先生

まだ 3 年 3 組 の 一 人 も

村野 の クラス だ

警察 は まだ なん です か

そう いえ ば 遅い です ね

ミギー 島田 の 位置 は

やはり 戦う の か

それ より もま ず 村野 の いる 3 組 が 心配 だ

シン イチ

3 組 だ

い ない

まさか 村野

ごめん 人違い で し た

あれ が 最後 …

そんな 冗談 じゃ ない

島田 は 3 階 だ

シン イチ 落ち着け

シン イチ 呼吸 を 整えろ

俺 は 何 を

今 まで なに を し て た ん だ

壊れる 心 が 割れる

裂ける

大丈夫 だ 君 は 大丈夫 の はず だ

ダメ だ

ダメ だ よ も う

泉 くん 変わった ね

ひょっとして お前 鉄 で でき てる ん じゃ ない の か

鉄 で でき てる ん じゃ ない の か

鉄 で

落ち着 い た かい

ああ

俺 は 村野 を 守る その 為 に あいつ を 倒す

ごめん な 人違い だ

ミギー 島田 と の 距離 は

約 60 メートル この 階 に いる

遠く に 2 人 割 と 近く に 3 人

そして 1 匹

すごい 聴力 だ な

あそこ から だ

大丈夫 ?

ケガ は

村野

もう 大丈夫 大丈夫 だ

きっ 君 一体 どこ から

ダメ か

よし みんな 一緒 に 行 こ う

どこ に

俺 は 向こう から 来 た ん だ

そっち に 戻 ろ う

むっ 向こう は …

だって 向こう で みんな 殺さ れ て

今 なら 平気 だ

ヤツ は い ない

い いや だ

君 向こう から 来 た って

お前 … 人間 か

バカ 戻れ

すぐ そこ に

これ が ヤツ の 本性

人間 と ともに 生き て いく 道 を 模索 する って 言って た けど

結局 は 殺す こと しか 考え て ない ん だ

来 た

大丈夫

もう 一 度 行く よ

ここ まで 来 れ ば 大丈夫 だ

い 泉 くん あたし

分かる よ

こんな めちゃくちゃ な こと が 起き たら 誰 だって 混乱 する さ

俺 は 平気 です 彼女 を 頼み ます

泉 くん

もう 心配 いら ない よ

どうして も やら なきゃ いけない こと が ある ん だ

これ じゃ 中 に 入れ ない

まだ 戦う つもり な の か

俺 たち は 島田 の 正体 を 知って い た

でも 何も せ ず 放置 し た

俺 たち に も 責任 が ある と 思う

何て 言う か けじめ だ よ

まだ 妙 の こと を 言い出す

警察 に 任せよ う この 状況 なら 警官 が 勝つ よ

動く な 警察 だ

くそ っ 化け物 が

撃って る ぞ

小さい な 弾丸 を 少々 打ち込 ん で も 死に は し ない

頭 を 切り離す か 心臓 を 完全 に 破壊 し なけ れ ば

しかし それ でも いずれ は 力尽きる だ ろ う

屋上 へ 向かって る

そう か だ が 下手 に 近づく な よ

ミギー 島田 に 罪 は ある と 思う か

罪 ?

それ は 人間 たち が 人間 の 物差し で 勝手 に 決め れ ば いい こと だ

やっぱり 俺 たち で カタ を つけよ う

どう やって

こいつ で さ

だが 300 メートル は 離れ ない と 駄目 だ ぞ

島田 に 察知 さ れ て しまう

ああ

島田 お前 だけ じゃ ない

田宮 良子 や A

お前 ら 一体 なんの ため に 生まれて き た ん だ

今 の 君 の パワー に まっすぐ 私 の 力 を 乗せる ん だ

ああ

どこ を 狙う か わかって る な

もちろん

泉 …

17 人 と いう 犠牲 者 を 出し た 大量 斬 殺 事件 から 一 週間

犯人 と さ れる 薬物 中毒 の 生徒 の 身元 に は 不審 な 点 が 多く

名前 も 偽名 で あった こと が 明らか に なって い ます

警察 は なんで こう まで し て 隠 そ う と する ん だ ろ う

島田 の 死体 を 公表 し て しまえ ば いい のに

仮に 島田 の 死体 を 公開 し

人間 以外 の 知的 生物 が 存在 し

人 を 食う こと が 分かった と 公表 し た と して

それ で どう なる

どう なる って 大騒ぎ に なる

寄生 生物 を 捕まえろ って

どう やって 捕まえる

人間 だけ で は 無理 だ

俺 たち が 警察 に 力 を 貸し て

断る

ミギー

私 は 自分 自身 の 味方 で あって

人 と いう 一 つ の 種 の 味方 で は ない

わかる けど

人間 に 化け た 寄生 生物 を 見つけ て も

そい つ は すぐ 別人 に なって しまう

人間 たち に 捕まえる こと は でき ない

だから 俺 たち が どこまでも 追って いって

殺す の か

シン イチ 私 に は 人間 的 な 感傷 が ない

だから 仲間 を 殺す とき も 気分 的 に どう と いう こと は ない

だが 私 と シン イチ が 逆 の 立場 だったら どう する

こういう と 悩む

これ が 人間 と いう 生き物 な の だ

これ まで は 混乱 を 避ける ため に 存在 を 隠し て き た が

そろそろ 公 に する べき 時 が 来 た ん じゃ ない の か ね

しかし ね 公表 し て も 混乱 が 増す だけ だ よ

アメリカ で は この 寄生 生物

パラサイト を 軍事 利用 する と いう 噂 も あり ます が

公表 し ま しょ う

どの よう に 公表 する つもり だ ね

公表 と 言って も パラサイト の 存在 に つい て で は なく

人間 と パラサイト の 見分け 方 と いう やつ を

それ と なく 世間 に 流し て やる の です

どう やって 流す の です か ね

いや それ より 分かった の か ね 見分け 方 が

それ に つい て は 由井 先生 から お 願い し ます

では パラサイト の 生命 構造 に つい て 解明 さ れ た 部分 まで を お 話し し ます

この 寄生 生命 体 は 人間 の 頭部

即 ち 全身 の 司令塔 の 役 割 り を 限界 を 超え て 行 える 能力 を 持って い ます

細胞 自体 の 性質 は 脳 細胞 に 似 て い ます が

一言 で 言う なら 考える 筋肉 です

考える 筋肉 ね

しかも それ だけ で は なく

瞬時 に し て 変形 し ゴム の よう に 伸び た り 鉄 の よう に 硬く も なれ ます

では どう やって この 異質 な 細胞 と 人間 の 体 が 結びつく の か

それ が 瞬間 的 な 速 さ の 細胞 融合 です

おそらくは ポリエチレン グリコール の よう な 物質 に よって 細胞 膜 を …

先生 まずは 見分け 方 を

では 彼ら は 考える 筋肉 で あり ながら

ある 程度 の 量 が 集まる と 人間 並み の 知能 を 持ち ます

ですが 逆 に ある 程度 の 量 が 集まら なけ れ ば どう でしょ う

血液 が 巡ら なけ れ ば 干からび て 死 ん で しまう の で

仲間 と 融合 しよ う と 努力 し ます

しかし その 破片 が 髪 の 毛 ほど の 場合 生きよ う と もがき は し ます が

小さ すぎ て 融合 する だけ の 知能 が ない の です

人間 の 髪 は 抜 い て も 何も 起こり ませ ん が

人間 に 化け た パラサイト の 髪 を 抜く と

数 秒間 もがき 苦し ん だ のち 細胞 同士 が 分離 し 死ぬ と 思わ れ ます

つまり パラサイト を 見分ける 方法 は 髪 の 毛 を 抜 い て みる こと な の です

さすが 博士

しかし かつら を かぶって い たら どう する の か ね

疑わし けれ ば 眉毛 でも 鼻 毛 でも 構い ませ ん

要 は 毛 ほど の 細胞 を 本体 から 切り離し て みる こと な ん です

なるほど

それ なら

では 皆さん 大変 恐縮 な の です が

この 部屋 を 出る とき 髪 の 毛 を 一 本 抜かせ て いただき ます

確率 は 低い の です が この 中 に い ない と は 言い きれ ませ ん ので

それ から しばらく し て 学校 が 再開 し た

村野

泉 くん

もう 大丈夫 な の

うん

ごめん ね メール に 返事 し ない で

いい ん だ よ

行 こ う か

立川 は

裕子 も 大丈夫 今日 から 登校 する って

そう か

ずいぶん 怖い 目 に あった みたい だ けど

裕子 は 昔 から 芯 が 強い から

あたし ずっと お礼 が 言い たく て

あの 時 泉 くん が い なかったら

もう 終わった こと だ し なるべく 別 の 事 を 考えよ う よ

うん

でも 体 なんとも ない の

あんな 高 さ から 飛び降り て

ああ 火事 場 の 馬鹿 力 って やつ だ よ

自分 でも 驚 い てる ん だ

そう

でも 本当 に

本当 に ありがとう

おはよう

おはよう

政府 は ついに 寄生 生物 の 存在 に つい て 公式 な 発表 を 行わ なかった

ただ 街 で は 髪 の 毛 を 抜き 合う と いう 挨拶 が 流行り 出し て い た

次回 「 青い 鳥 」


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.