image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 8

君 の ボディー の 年齢 は 確か 十 代 後半 だった な

まあ そんな とこ かな

では やはり 君 に 頼 も う

その 少年 を 殺さ ず 監視 観察 し て ほしい

意味 が ある の

ある

多少 危険 な 存在 で は ある が

われわれ の 今後 の 可能 性 を 占う うえ でも 貴重 な 資料 だ

泉 新一 … か

よう

光夫 …

加奈

また あいつ に 会い に 行く の か

あいつ ?

あの 正義 の 味方 気取り だ よ

退 い て よ 帰る ん だ から

どう し た ん だ よ 加奈

痛い 離し て よ

まさか お前 マジ で あいつ の こと

あなた に は 関係無い でしょ う

上条 あれ

光夫

よ ー 暇 人

また 女 を さらい に き た の か

ヤツ は いる か

ヤツ ?

泉 と か いう インチキ 野郎 だ よ

偉 そう に こいつ

ちょうど 来 た ぜ

おい 泉 光夫 が 用事 だって よ

ああ また あんた か

誰 だ おまえ

また ここ か

用 なら 短 かめ に 頼む よ 人 と 待ち合わせ てる ん だ

て め え 加奈 と やった の か

加奈 って あの …

とぼけ ん な よ て め え

誤解 だ よ

最近 は 会って も ない し

その 前 は 俺 旅 に 出 て た し

旅 だ と

とにかく そういう こと だ から

っざ けん な

よせ この 前 と は 違う

て め え

おい 大丈夫 か

泉 くん

今 校門 の 所 で 上条 君 たち に 聞い て …

大丈夫 何でもない よ

靴 ここに 置 い と く よ

なあ 寄って か ない

俺 腹 減っちゃ っ て

泉 くん 旅行 先 で 何 か あった の

雰囲気 ずいぶん 変わっちゃ っ た けど

親 の 怪我 を 口実 に 学校 サボって た だけ だ よ

泉 くん

君 泉 新 一 くん … だ よ ね

さあ どう な の か な

や だ な 俺 は 俺 だ よ

君 は 村野 里美 さん だ よ ね

うん

感じる … 彼 が 近づ い て くる

なんで 分かる の

もう じき あの 階段 を 上がって

ほら やっぱり

ただいま

父さん

新一 か

飯 は

食べ て き た 父さん は

いら ん

お 酒 は ほどほど に し て

なんでも いい から ちゃんと 食べ なきゃ

うん …

ネット で 調べ た ん だ けど

こういう 時 は 家政 婦 さん を 雇う の が いい って

こういう 時

いや その

母さん ご飯 を 作って くれる 人 が 急に い なく なった 時 と か

お前 よく そんな こと が

もう いい

家政 婦 でも なんでも 雇い たい なら 雇って くれ

心 の 問題 かな

何 が

出 なく なった ん だ よ 涙 が

なん だ そんな こと か

何 か を 失った よう な 気 が する ん だ

人 と して 大切 な 何 か を

くだら ん

ミギー の 細胞 が 全身 に 散らばって から

ずいぶん 感覚 が 鋭く なった

例えば 聴覚

心 を 集中 さ せる と

あら や だ 橋本 さん と この 息子 さん が

そう な の びっくり でしょ う …

続 い て 交通 情報 です

首都 高 4 号 線 は 事故 の 影響 で 現在 10 キロ …

豚 め 豚 ども め 豚 豚 豚 豚 豚 …

ど し た の

いや 別に

今 聞こえ た

泉 くん

ごめん 先行 って て

呼 ん でる 助け を 求め てる

助かる か

内臓 が 潰れ て い て 修復 は 不可能 だ

10 分 以内 に 死ぬ ぞ

残念 だ けど お前 の こと 助け て やれ ない よ

でも あんな 喧 しい 場所 で 死ぬ より は マシ だ ろ

泉 くん

こいつ もう すぐ 死ぬ ん だ

泉 くん あたし なんだか 怖かった

泉 くん が 変わっちゃ っ た と 思った から

ほら 前 は もっと オドオド し て た でしょ

でも そこ が かわいい って いう か ほっと する みたい な

旅行 から 帰って から の 泉 くん って

ちょっと 冷たい 感じ が し た ん だ

でも 気のせい だった ん だ ね

こんなに 優しい ん だ もん

死 ん だ

心臓 が 止まった

行 こ う もう 遅刻 だ けど

泉 くん

なんて こと する の

信じ られ ない ゴミ 箱 に 捨てる なんて

ああ 清掃 の 人 が 困る かな

そんな こと 言って る ん じゃ ない わ

子 犬 子 犬 が かわいそう よ

かわいそう って 言って も 死 ん でる ん だ よ

だって だ から って

もう 死 ん だ ん だ よ

死 ん だ 犬 は 犬 じゃ ない

犬 の 形 を し た 肉 だ

違う

村野

やっぱり 違う よ

前 の 泉 くん は そんな … そんな

村野 …

「 違う 」 ? 「 俺 が 変わった 」 ?

ミギー ミギー

なに

聞い て た ん だ ろ

俺 今 あの 子 に 変な こと 言った ん だ

どこ が 間違って た ん だ

君 は ひと つ も 間違って い ない

私 から すれ ば ね

ただ 以前 の 君 と は だいぶ 違って いる な

「 犬 の 形 を し た 肉 」 なんて セリフ

むしろ 私 が 使い そう な 表現 だ

分かった よ ありがとう ミギー

犬 の 体 は 分解 さ れ て 養分 に なり この 木 に 受け継が れる

はじめ から こうして いれ ば

村野 に も 嫌わ れ ず に 済 ん だ のに

村野

今日 は ダメ だ な

少し 間 を 置 い て から 話 そ う

新一

仲間 が 来 た

まさか 田宮 良子 が 戻って きたん じゃ

いや 別物 みたい だ

宇田 さん たち … な わけ ない よ な

だ と し たら 俺 を 殺し に

殺意 は 感じ られ ない

どう する

とりあえず 人目 の ある 所 で 会って みよ う

会う ? 敵 と ?

我々 の 敵 と は 限ら ん

我々 の 存在 に 反応 し ながら も

安定 し た まま 近づ い て くる

私 に は この 相手 が 田宮 良子 型

つまり 話せ ば 分かる タイプ じゃ ない か と いう 気 が する

話せ ば 分かる なん だ よ それ

来る ぞ

や あ 泉 君 だ ね

お前 は

聞い て い た イメージ と 違う ね

とっても 強 そう だ

なんで 学校 に

何 し に 来 た ん だ

おい 泉 なに モメ てん だ

お前 見 ない 顔 だ けど 転校 生 か

邪魔 だ よ

島田 秀雄 最近 決め た 僕 の 名前 さ

まずは 君 と いや 君 たち と 友達 に な ろ う と 思って ね

何 だ こいつ

おっと 行か なきゃ

泉 くん 3 組 に 案内 し て くれる かな

3 組 村野 の クラス じゃ ない か

体育 の 時間 が 楽しみ だ よ

確か 君 の クラス と 合同 で やる ん だ よ ね

本気 出し たら 世界 記録 だ

10 秒 8

珍しい ね この 時期 に 転校 だ なんて

うん お 父さん の 仕事 の 関係 だって

いい な あたし も 秀 と 同じ クラス に なり たかった な

秀 ?

島田 秀雄 だ から 秀

秋穂 は 泉 くん の こと が 好き だった ん じゃ ない の

あら 裕子 だって

よし て よ 変な こと 言う の を

でも 結局 泉 くん は 里美 と

でしょう

その … えっ と …

スポーツ は いい ね

やれ ば やる ほど 全身 の 操縦 が うまく なる

回りくどい な

俺 を 油断 さ せ て から 殺 そ うって の か

君 は 誤解 し てる よ

右手 君 の ほう も そう 思って いる の かい

俺 を 始末 する よう 田宮 良子 に 言わ れ て き た ん じゃ ない の か

田宮 良子

ああ 今 は 別 の 名前 に なって る けど ね

確かに 君 の こと は 彼女 から 聞い た

でも そういう こと じゃ ない ん だ

君 は もちろん この 学校 に いる 君 の 周囲 の 人間 に も 一切 手出し は し ない

それどころか 最近 僕 は 人間 そのもの に 手 を 出し て ない ん だ

僕 は 人間 と 同じ 食事 を 続け て いる

寄生 生物 が 人間 を 殺さ ず に 生き て いけ れ ば 問題 ない だ ろ う

信じ られる か

僕ら は 今 人間 社会 の 中 で

人間 たち と ともに 生き て いく 道 を 模索 し 始め た ん だ よ

その こと を 僕ら と 人間 の ちょうど 間 に いる

君 たち に も 考え て ほしい と 思って ね

おもしろい

お前 の 言う こと に は いちいち 興味 を そそら れる よ

だ ろ う

だが 半分 以上 は 信じ がたい な

ああ そう

ま ぁ ともかく 戦い は 私 も 好ま ない

今日 は これ で 引き上げよ う

行く ぞ シン イチ

なんで 急に

どう し た ん だ これ じゃ 話 が 中途半端 だ

シン イチ 眠る ぞ

例の 睡魔 か

約 4 時間

この 弱点 を ヤツ に 知ら れ たら どう なる か わから ん

泉 くん

あの 時 は すごく びっくり し た けど

でも 普通 の 人 なら 知らん顔 し てるよ ね

そう だ よ 泉 くん の 心 が 冷たく なった なんて

あたし …

どう し たら いい

もし アイツ が 本気 で 人間 と の 共存 を 考え てる と し たら

案外 利口 な 解決 策 を

いや 信じ られる か 奴 ら は 残忍 だ

いくら 知能 が 高く て も 心 は 昆虫 じゃ ない か

そう と も 忘れる もん か 忘れ …

いつか 化けの皮 を 剥 い で やる

いや この 前 は その …

う … う うん じゃ また

あの

最悪 だ 村野 を 脅かし て どう する ん だ よ

あたし に は 超 能力 が ある

しかも これ は 運命 の 赤い 糸 を 感じる 力

ほら 来 た

こんにちは

何 か

ごめん 人違い

おかしい な てっきり 泉 か と

泉 ちょっと 君 どういう こと かな

人違い って いう の は さ 顔 が 似 て た り 後 姿 が 似 て た 時 に だ ろ

僕 と 泉 と どこ が 似 てる の

だから ごめん って

ちょっと 何 する の

あの 声 は

離し て

少し 話 を 聞く だけ さ

お前 なん の 真似 だ

助け て

話 を 聞こ う と 思った だけ だ よ

その 子 少し 勘 が 鋭い みたい だ から さ

もし 俺 の 身の回り で 何 か 起き たら

まっさき に お前 を 殺す

俺 に でき ない と でも 思って る の か

怖い な

何度 も 言う けど 君 と 争う 気 は ない

何 よ あいつ

目付き も 危ない し

あいつ の 右手 の 反応 が やけに 弱かった が 気のせい か

泉 って 本当 は 強い ん じゃ ない

ねえ 泉 駅 まで 送って

先 の ヤツ が い たら 怖い から

ああ 別に いい けど

また だ 最悪

ど し た の

テレパシー

ええ 泉 が 近く に くる と なぜ か 分かる の

でも さっき は なんで 間違え た の か な

ま ぁ すぐに 泉 が 来 た ん だ から 外れ た わけ で も ない けど

それ って あんまり よく ない もん だ と 思う よ

だから さ 君 が 感じる 何 かって の は

さっき みたい な 危ない ヤツ が 出す 電波 みたい な もの かも しれ ない よ

じゃ 泉 も 危ない ヤツ な の

… そうさ 俺 だって

だから もう そういう ヤツ に は 近寄ら ない ほう が いい ん だ

今日 は この 顔 で 釣る か

健康 的 に 育った メス だ な

肌 の つや も いい

迷った の きみ

あの わたし

もし 良 けれ ば 僕 が 案内 し て あげる よ

父さん

分かって る

もう 寝る

お やすみ

新一

お前 いつの間に そんなに 強く なった

ひょっとして お前 …

鉄 で でき てる ん じゃ ない の か

すま ん

よ しっ

案外 うまく 描け た かな

次回 「 善悪 の 彼岸 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

君 の ボディー の 年齢 は 確か 十 代 後半 だった な

まあ そんな とこ かな

では やはり 君 に 頼 も う

その 少年 を 殺さ ず 監視 観察 し て ほしい

意味 が ある の

ある

多少 危険 な 存在 で は ある が

われわれ の 今後 の 可能 性 を 占う うえ でも 貴重 な 資料 だ

泉 新一 … か

よう

光夫 …

加奈

また あいつ に 会い に 行く の か

あいつ ?

あの 正義 の 味方 気取り だ よ

退 い て よ 帰る ん だ から

どう し た ん だ よ 加奈

痛い 離し て よ

まさか お前 マジ で あいつ の こと

あなた に は 関係無い でしょ う

上条 あれ

光夫

よ ー 暇 人

また 女 を さらい に き た の か

ヤツ は いる か

ヤツ ?

泉 と か いう インチキ 野郎 だ よ

偉 そう に こいつ

ちょうど 来 た ぜ

おい 泉 光夫 が 用事 だって よ

ああ また あんた か

誰 だ おまえ

また ここ か

用 なら 短 かめ に 頼む よ 人 と 待ち合わせ てる ん だ

て め え 加奈 と やった の か

加奈 って あの …

とぼけ ん な よ て め え

誤解 だ よ

最近 は 会って も ない し

その 前 は 俺 旅 に 出 て た し

旅 だ と

とにかく そういう こと だ から

っざ けん な

よせ この 前 と は 違う

て め え

おい 大丈夫 か

泉 くん

今 校門 の 所 で 上条 君 たち に 聞い て …

大丈夫 何でもない よ

靴 ここに 置 い と く よ

なあ 寄って か ない

俺 腹 減っちゃ っ て

泉 くん 旅行 先 で 何 か あった の

雰囲気 ずいぶん 変わっちゃ っ た けど

親 の 怪我 を 口実 に 学校 サボって た だけ だ よ

泉 くん

君 泉 新 一 くん … だ よ ね

さあ どう な の か な

や だ な 俺 は 俺 だ よ

君 は 村野 里美 さん だ よ ね

うん

感じる … 彼 が 近づ い て くる

なんで 分かる の

もう じき あの 階段 を 上がって

ほら やっぱり

ただいま

父さん

新一 か

飯 は

食べ て き た 父さん は

いら ん

お 酒 は ほどほど に し て

なんでも いい から ちゃんと 食べ なきゃ

うん …

ネット で 調べ た ん だ けど

こういう 時 は 家政 婦 さん を 雇う の が いい って

こういう 時

いや その

母さん ご飯 を 作って くれる 人 が 急に い なく なった 時 と か

お前 よく そんな こと が

もう いい

家政 婦 でも なんでも 雇い たい なら 雇って くれ

心 の 問題 かな

何 が

出 なく なった ん だ よ 涙 が

なん だ そんな こと か

何 か を 失った よう な 気 が する ん だ

人 と して 大切 な 何 か を

くだら ん

ミギー の 細胞 が 全身 に 散らばって から

ずいぶん 感覚 が 鋭く なった

例えば 聴覚

心 を 集中 さ せる と

あら や だ 橋本 さん と この 息子 さん が

そう な の びっくり でしょ う …

続 い て 交通 情報 です

首都 高 4 号 線 は 事故 の 影響 で 現在 10 キロ …

豚 め 豚 ども め 豚 豚 豚 豚 豚 …

ど し た の

いや 別に

今 聞こえ た

泉 くん

ごめん 先行 って て

呼 ん でる 助け を 求め てる

助かる か

内臓 が 潰れ て い て 修復 は 不可能 だ

10 分 以内 に 死ぬ ぞ

残念 だ けど お前 の こと 助け て やれ ない よ

でも あんな 喧 しい 場所 で 死ぬ より は マシ だ ろ

泉 くん

こいつ もう すぐ 死ぬ ん だ

泉 くん あたし なんだか 怖かった

泉 くん が 変わっちゃ っ た と 思った から

ほら 前 は もっと オドオド し て た でしょ

でも そこ が かわいい って いう か ほっと する みたい な

旅行 から 帰って から の 泉 くん って

ちょっと 冷たい 感じ が し た ん だ

でも 気のせい だった ん だ ね

こんなに 優しい ん だ もん

死 ん だ

心臓 が 止まった

行 こ う もう 遅刻 だ けど

泉 くん

なんて こと する の

信じ られ ない ゴミ 箱 に 捨てる なんて

ああ 清掃 の 人 が 困る かな

そんな こと 言って る ん じゃ ない わ

子 犬 子 犬 が かわいそう よ

かわいそう って 言って も 死 ん でる ん だ よ

だって だ から って

もう 死 ん だ ん だ よ

死 ん だ 犬 は 犬 じゃ ない

犬 の 形 を し た 肉 だ

違う

村野

やっぱり 違う よ

前 の 泉 くん は そんな … そんな

村野 …

「 違う 」 ? 「 俺 が 変わった 」 ?

ミギー ミギー

なに

聞い て た ん だ ろ

俺 今 あの 子 に 変な こと 言った ん だ

どこ が 間違って た ん だ

君 は ひと つ も 間違って い ない

私 から すれ ば ね

ただ 以前 の 君 と は だいぶ 違って いる な

「 犬 の 形 を し た 肉 」 なんて セリフ

むしろ 私 が 使い そう な 表現 だ

分かった よ ありがとう ミギー

犬 の 体 は 分解 さ れ て 養分 に なり この 木 に 受け継が れる

はじめ から こうして いれ ば

村野 に も 嫌わ れ ず に 済 ん だ のに

村野

今日 は ダメ だ な

少し 間 を 置 い て から 話 そ う

新一

仲間 が 来 た

まさか 田宮 良子 が 戻って きたん じゃ

いや 別物 みたい だ

宇田 さん たち … な わけ ない よ な

だ と し たら 俺 を 殺し に

殺意 は 感じ られ ない

どう する

とりあえず 人目 の ある 所 で 会って みよ う

会う ? 敵 と ?

我々 の 敵 と は 限ら ん

我々 の 存在 に 反応 し ながら も

安定 し た まま 近づ い て くる

私 に は この 相手 が 田宮 良子 型

つまり 話せ ば 分かる タイプ じゃ ない か と いう 気 が する

話せ ば 分かる なん だ よ それ

来る ぞ

や あ 泉 君 だ ね

お前 は

聞い て い た イメージ と 違う ね

とっても 強 そう だ

なんで 学校 に

何 し に 来 た ん だ

おい 泉 なに モメ てん だ

お前 見 ない 顔 だ けど 転校 生 か

邪魔 だ よ

島田 秀雄 最近 決め た 僕 の 名前 さ

まずは 君 と いや 君 たち と 友達 に な ろ う と 思って ね

何 だ こいつ

おっと 行か なきゃ

泉 くん 3 組 に 案内 し て くれる かな

3 組 村野 の クラス じゃ ない か

体育 の 時間 が 楽しみ だ よ

確か 君 の クラス と 合同 で やる ん だ よ ね

本気 出し たら 世界 記録 だ

10 秒 8

珍しい ね この 時期 に 転校 だ なんて

うん お 父さん の 仕事 の 関係 だって

いい な あたし も 秀 と 同じ クラス に なり たかった な

秀 ?

島田 秀雄 だ から 秀

秋穂 は 泉 くん の こと が 好き だった ん じゃ ない の

あら 裕子 だって

よし て よ 変な こと 言う の を

でも 結局 泉 くん は 里美 と

でしょう

その … えっ と …

スポーツ は いい ね

やれ ば やる ほど 全身 の 操縦 が うまく なる

回りくどい な

俺 を 油断 さ せ て から 殺 そ うって の か

君 は 誤解 し てる よ

右手 君 の ほう も そう 思って いる の かい

俺 を 始末 する よう 田宮 良子 に 言わ れ て き た ん じゃ ない の か

田宮 良子

ああ 今 は 別 の 名前 に なって る けど ね

確かに 君 の こと は 彼女 から 聞い た

でも そういう こと じゃ ない ん だ

君 は もちろん この 学校 に いる 君 の 周囲 の 人間 に も 一切 手出し は し ない

それどころか 最近 僕 は 人間 そのもの に 手 を 出し て ない ん だ

僕 は 人間 と 同じ 食事 を 続け て いる

寄生 生物 が 人間 を 殺さ ず に 生き て いけ れ ば 問題 ない だ ろ う

信じ られる か

僕ら は 今 人間 社会 の 中 で

人間 たち と ともに 生き て いく 道 を 模索 し 始め た ん だ よ

その こと を 僕ら と 人間 の ちょうど 間 に いる

君 たち に も 考え て ほしい と 思って ね

おもしろい

お前 の 言う こと に は いちいち 興味 を そそら れる よ

だ ろ う

だが 半分 以上 は 信じ がたい な

ああ そう

ま ぁ ともかく 戦い は 私 も 好ま ない

今日 は これ で 引き上げよ う

行く ぞ シン イチ

なんで 急に

どう し た ん だ これ じゃ 話 が 中途半端 だ

シン イチ 眠る ぞ

例の 睡魔 か

約 4 時間

この 弱点 を ヤツ に 知ら れ たら どう なる か わから ん

泉 くん

あの 時 は すごく びっくり し た けど

でも 普通 の 人 なら 知らん顔 し てるよ ね

そう だ よ 泉 くん の 心 が 冷たく なった なんて

あたし …

どう し たら いい

もし アイツ が 本気 で 人間 と の 共存 を 考え てる と し たら

案外 利口 な 解決 策 を

いや 信じ られる か 奴 ら は 残忍 だ

いくら 知能 が 高く て も 心 は 昆虫 じゃ ない か

そう と も 忘れる もん か 忘れ …

いつか 化けの皮 を 剥 い で やる

いや この 前 は その …

う … う うん じゃ また

あの

最悪 だ 村野 を 脅かし て どう する ん だ よ

あたし に は 超 能力 が ある

しかも これ は 運命 の 赤い 糸 を 感じる 力

ほら 来 た

こんにちは

何 か

ごめん 人違い

おかしい な てっきり 泉 か と

泉 ちょっと 君 どういう こと かな

人違い って いう の は さ 顔 が 似 て た り 後 姿 が 似 て た 時 に だ ろ

僕 と 泉 と どこ が 似 てる の

だから ごめん って

ちょっと 何 する の

あの 声 は

離し て

少し 話 を 聞く だけ さ

お前 なん の 真似 だ

助け て

話 を 聞こ う と 思った だけ だ よ

その 子 少し 勘 が 鋭い みたい だ から さ

もし 俺 の 身の回り で 何 か 起き たら

まっさき に お前 を 殺す

俺 に でき ない と でも 思って る の か

怖い な

何度 も 言う けど 君 と 争う 気 は ない

何 よ あいつ

目付き も 危ない し

あいつ の 右手 の 反応 が やけに 弱かった が 気のせい か

泉 って 本当 は 強い ん じゃ ない

ねえ 泉 駅 まで 送って

先 の ヤツ が い たら 怖い から

ああ 別に いい けど

また だ 最悪

ど し た の

テレパシー

ええ 泉 が 近く に くる と なぜ か 分かる の

でも さっき は なんで 間違え た の か な

ま ぁ すぐに 泉 が 来 た ん だ から 外れ た わけ で も ない けど

それ って あんまり よく ない もん だ と 思う よ

だから さ 君 が 感じる 何 かって の は

さっき みたい な 危ない ヤツ が 出す 電波 みたい な もの かも しれ ない よ

じゃ 泉 も 危ない ヤツ な の

… そうさ 俺 だって

だから もう そういう ヤツ に は 近寄ら ない ほう が いい ん だ

今日 は この 顔 で 釣る か

健康 的 に 育った メス だ な

肌 の つや も いい

迷った の きみ

あの わたし

もし 良 けれ ば 僕 が 案内 し て あげる よ

父さん

分かって る

もう 寝る

お やすみ

新一

お前 いつの間に そんなに 強く なった

ひょっとして お前 …

鉄 で でき てる ん じゃ ない の か

すま ん

よ しっ

案外 うまく 描け た かな

次回 「 善悪 の 彼岸 」


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.