image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 3

君 斜め 後ろ

グレー の コート の 君

他人 の 体 を 気 安く いじる の は やめ て ほしい わ ね

嫌 ね 痴漢 だって

ち 違う …

言いがかり だ

おい 取り消せ よ

俺 が 触った って 証拠 どこ に ある ん だ よ

おい 聞い て ん の か

今年 の カヤマ 幻想 文学 賞 決まった ん だ な

よしみ だい 『 七 回 目 の 変身 』 だ ろ

読 ん だ の か

爬虫類 と 会話 が できる よう に なった 男 の 話

全然 リアリティ が ない ね

また か

これ で 84 人 目

ミンチ 殺人 ?

なんだか 聞い て も 驚か なく なって しまった わ

ご馳走様

あら 半分 も 食べ て ない じゃ ない

あ うん

その 事件 の 真相 を 知って いる 人間

ひょっとしたら それ は 世界 で 僕 一 人 かも しれ ない

泉 くん

おはよう

最近 さあ 変わった ね

えっ 僕 が ?

うん

そんな こと ない よ

シン イチ

今 確かに 声 が …

ここ だ

ミギー

どうも むずむず する と 思ったら

どう し た の

あぁ なんでもない よ

私 の 仲間 が いる

また か

だんだん 近づ い て いる

でも この 近く じゃ ミンチ 殺人 が 起き て ない よ

死体 が 見つかって ない だけ かも しれ ない

相手 まで の 距離 は 約 70 メートル

60 メートル

まさか

この 建物 の 中 だ

この 中 …

どこ だ

誰 な ん だ

男 か

女 か

約 30 メートル

間違い ない この 中 だ

30 メートル ?

目 を 合わせる な 見つかる ぞ

向こう も こっち を 探し て いる が

この 人数 の おかげ で 特定 でき ず に いる よう だ

皆さん おはよう ございます

先日 交通 事故 で 入院 さ れ た 松山 先生 に 代わり

数学 を 担当 さ れる 新任 の 先生 を 紹介 し ま しょ う

では 田宮 先生

田宮 良子 です

皆さん よろしく

ヤツ だ

なに

尚 本日 より 3 年 3 組 の 担任 は 山本 先生

3 年 3 組 あの 子 の

そして 田宮 先生 に は 副 担任 を 担当 し て もらい ます

見る な シン イチ

俺 を 見 てる 目 が 合った ぞ

あの 先生 結構 美人 よ ね

うん

見つかった

いい か グランド を 五 周 し たら

再び ストレッチ で 筋肉 を よく ほぐす よう に

それ から 2 グループ に 分かれ て ゲーム を 行う

ルール ブック は よく 読 ん で き た か

驚き だ

頭 を 奪って おき ながら

その 人間 固有 の 身分 を 失わ ず そっくり 引き継ぐ と は

しかも 教師 と して 人間 に もの を 教え て いる

これ は 大変 な 才能 だ ぞ

褒め て どう す ん だ よ

なんとか し なきゃ

どういう 意味 だ

だって そう だ ろ

みんな 食べ られ ちゃ う よ

いや それ は ない な

ヤツ は 人間 社会 に 溶け込 ん で い たい の だ

社会 生活 に 直接 関わる 人間 を 食料 に は し ない だ ろ う

ヤツ の 周囲 は 安全 な はず だ

わかる もん か

まあ しばらく 様子 を 見よ う

こんな 時 に 寝る なんて ミギー の ヤツ

もしも いま あいつ が …

では これ を 応用 し て 6 から 12 まで の 問題 を やって み て

泉 くん

き た

どう し た の

全然 進 ん で ない よう だ けど

えっ あぁ いいえ …

すみません

泉 くん あと で 進路 指導 室 に 来 て くれる ?

いい わ ね

ねぇ 何 か し た の

いや …

羨ま し い な お 前

あんな 美人 の 個人 授業 俺 も 受け たい よ

あら 美人 なら ここ に も いる じゃ ない

ねぇ 泉 くん

いやいや 田宮 先生 の 大人 の 魅力 に は 敵 わ ない って

だけど あの 先生 泉 み たい な の が 趣味 な ん だ

意外 だ よ な

何 言って る ん だ

人 の 気 も 知ら ない で

何 言って ん の よ こっち の 気 も 知ら ない で

シン イチ

相手 まで の 距離 は 約 10 メートル

起き た の か

失礼 し ます

こっち へ どうぞ

泉 新 一 くん

私 の 正体 は 知って る わ ね

ああ

ああ ?

教師 に 向かって その 返事 は ない でしょ

そう かたく なる こと は ない わ

私 に 殺意 が ない の は よく 知って る はず よ その 右手 さん が

第 一 この 距離 で やりあったら お互い が 致命 傷 を 受ける わ

あなた と は もっと 色々 話し たい の

今日 の 放課後 時間 を とって もらえ る かしら

分かった

ワナ だったら どう す ん だ よ

僕 は ごめん だ から な

人間 と いう の は どうして こう 合理 性 に 欠ける の か

なに

殺す 気 なら とっくに 殺し て いる

私 は ね 興味 が ある の

あなた み たい な ケース は 初めて 見る の よ

だから データ が 欲しい わけ

お互い 情報 を 交換 し 今後 の こと も 相談 し たい から

今後 …

じゃ そういう こと で

田宮 先生

はい

あの 今日 何 か ご 予定 は

はい 生徒 と 進路 の 相談 など

そう です か

失礼 し ます

ねぇ ねぇ ちょっと 本屋 さん 付き合って

うん

あれ は …

シン イチ 袖 を 巻く って くれ

なんで

喧嘩 する わけ じゃ ない ん だ ろ

それ が 二 人 来る

二 匹 と 言え ば いい の か な

やっぱり ワナ だった の か

ワナ か どう か は まだ 分から ん

それ より シン イチ 心臓 の 鼓動 を 少し 緩やか に し て くれ

こっち まで 落ち着か なく なる

無理 言う な

待た せ た わ ね

紹介 する わ

こちら は A さん

A さん

名前 が ない の よ

なん だ こいつ は

こんな ヤツ 仲間 と 言え る か

やめ なさい

ここ で 殺し 合って も 何 の メリット も ない わ よ

なるほど

これ まで あなた が 出会った の は その 二 種類 だけ ね

ああ

ところで 泉 くん

あなた から 見 て 私 たち は 一体 な ん だ と 思う ?

人食い の バケ モン

ほか に どう 呼 ん だ ら いい の か な

実は ね 私 と この A さん と で セックス し て み た の よ

す っ すみません

失礼 いたし まし た

結果 どう なった と 思う ?

そう 妊娠 し た わ

さて そこ で 問題

今 私 の 体 内 で 育って いる もの それ は 一体 何 でしょう

そりゃ あ …

人間 だ ろ う ごく 普通 の

さすが ね

そう まったく なんの 変哲 も ない 人間 の 赤ん坊 よ

だ と する と 私 たち は 一体 な ん な の

さあ ね

こっち だって 聞き たい よ

寄生 し た 人間 を 生かす ため に 他の 人間 を 食べる なんて

まるで 共食い じゃ ない か

どうして そんな こと を する ん だ

その 質問 右手 さん に も し て み た の かしら

私 は シン イチ の 血液 から 直接 養分 を もらって いる

だから 食欲 と いう もの を 知ら ん

共食い の 理由 も 分から ん

繁殖 能力 は なく ひたすら 共食い みたい な こと を 繰り返す

こんな 生物 って ある かしら

その 点 に つい て は 私 も 不思議 に 思って い た

生物 な の か そう じゃ ない の か

とにかく この世 の モノ と は 思え ない の

俺 は 帰る

自分 の 正体 を 知った ところ で 何 か が 変わる わけ で も ない

腹 が 減れ ば 食う し 邪魔者 が いれ ば 排除 する

それ だけ だ

あいつ は 危険 だ 始末 す べき だ

育った 環境 の 違い かしら

さて

人間 は 時々 理解 でき ない よう な 行動 を 取る から

一応 忠告 し て お くわ

仮に 私 と 敵対 し て 騒ぎ を 起こし た 場合

顔 を 変え られ ない あなた の 方 が 立場 は 不利 よ

私 も なる べく 人間 と して の 身分 を 守り たい から

無 茶 は し ない つもり だ けど

もしも その 気 に なれ ば ひと クラス

3 秒 で 皆殺し に できる わ

私 の クラス に も 友達 は いる ん でしょ

新一 帰った の

大した 奴 だ

シン イチ の 恐怖 心 を ここ まで 引き出す と は

冷たい 何 を する シン イチ

昨日 の 夕方 バス に 乗って た でしょ

どこ 行って た の

里美 も 心配 し て た よ

いや 別に …

シン イチ 攻め て き た ぞ

まるで 殺意 の かたまり だ

先生 どう し た ん です か

バカ め

だ だ 誰 か

キミ 大丈夫 か

ふ っ 不審 者 が 校 内 に …

警察 に 通報 生徒 達 は 避難 さ せる ん だ

自習 に し ます

攻め て き た って 誰 が

たぶん 昨日 の あいつ だ

待て 許可 な し で 校 内 へ 入る なんて どういう つもり だ

一緒 に 来 なさい

今 障害 を 三 つ 倒し た

人 を 殺し た の か

それ は 分から ん が 強引 な ヤツ だ

刃物 ? なんて こと だ

侵入 者 は 刃物 を 持って いる の か

きっ 緊急 連絡 校舎 内 に 不審 者 が 侵入 し まし た

生徒 は 先生 の 指示 に 従い

不審 者 だ と ?

避難 ? 今日 訓練 が ある って 言って た っけ

クラス ごと に まとまって 校庭 へ 避難 し て ください

繰り返し ます 校舎 内 に 不審 者 が 侵入 し まし た

クソッ 真っ 昼間 に 堂々 と

生徒 は 先生 の 指示 に 従い

楽天 的 で 行き当たり ばったり な ヤツ だ

クラス ごと に まとまって 校庭 へ 避難 し て ください

田宮 良子 と は だいぶ 違う な

そう だ 田宮 良子 は どこ に

今 150 メートル 離れ て いる

どうやら 我々 の 戦い を 傍観 する らしい

敵 に なる より はま しか

避難 の 際 は C 棟 より の 階段 を 使用 し

絶対 に A 棟 に は 近づか ない よう に

田宮 先生 い ない の か

よし 俺 に つい て 来い

押す な

押す な 早く あちら に 進め

戦う べき だ ぞ シン イチ

戦う どうして ?

相手 は 人目 も 気 に せ ず 白昼 堂々 と 乗り込 ん で 来る よう な ヤツ だ ぞ

逃げ て も 必ず 追って くる ここ で 倒し た ほう が いい

でも …

それ に 今 なら こっち が 有利 だ

私 に 作戦 が ある

作戦 ?

ねぇ さっき から 誰 と 話し てる の

えっ ああ 独り言 だ よ

なあ あれ じゃ ねえ の か 不審 者 って の は

え どこ どこ

ほら あれ だ よ あの お っ さん

ウソ

本当 に いる よ

おい 列 を 乱す な

ヤツ は シン イチ の いや 私 の 位置 を 突き止めよ う と して いる

だが この 人ごみ に 邪魔 さ れ て いる

もしも … もしも 見つかったら どう なる

無論 攻撃 し て くる だ ろ う

ここ に いる 人間 ごと 強引 に な

しかし それ が こちら の 狙い 目 で も ある

狙い 目 ?

シン イチ の 周囲 の 人間 が なぎ倒さ れる 間 に

私 が すばやく ヤツ の 心臓 を 貫く

単純 だ が 成功 する 可能 性 は 高い

周囲 の 人間

それ が お前 の …

そう 作戦 だ

シン イチ は 壁 の 肉 と いう 盾 で 守ら れ て いる

それ は A に とって は 厄介 な 障害 物 と なる はず だ

肉 の 壁 … お前 ら の 本性 を 忘れ て た よ

村野

泉 くん

忘れ物 ? あたし も 行く よ

近寄る な 僕 から 離れろ

あ ごめん

とにかく 急 い で 避難 し て

どう し た シン イチ

私 の 作戦 が 気 に 入ら ない の か

当ったり 前 だ

いったい 何 人 殺す 気 だ

でも 自分 の 命 を 守る ため だ

自分 が 生きる ため に 他の 命 を 犠牲 に する

動物 は そう やって 生き て いる の だ

お前 日本 語 うま いよ ね

人間 の 言葉 が それ だけ 分かる のに

どうして …

思い出し た ぞ

人間 は 自殺 する と いう めずらしい 動物 だった な

別に 死に たい わけ じゃ ない

何 を やって いる ん だ

肉 の 壁 より この 方 が いい よ

3 年 2 組 列 を 乱す な

怒って る の か ミギー

怒る ? 私 は そんなに 暇 で は ない

次 の 手 を 考え なけ れ ば

シン イチ 我々 と A の 違い は 何 だ と 思う

違い ? 向こう は 殺人 鬼 こっち は 善良 な 高校 生

向こう は 別人 に なれる こっち は なれ ない

向こう は 一 人 こっち は 二 人

そう かな

果たして A は 我々 を 二 人 と 見る だ ろ う か

どういう こと

はい シン イチ の 武器

僕 の ?

そう だ 私 と A の 力 は ほぼ 互角

と すれ ば 答え は ひと つ

君 が 戦い に 参加 する しか ない

シン イチ が 動揺 し て 私 の 足 を 引っ張れ ば 勝負 は 負け だ

逆に 君 が 効果 的 に 動け ば 勝つ

効果 的 に って どう すれ ば

役 わり を 決める ん だ つまり …

そんな の で うまく 行く かな

まあ やって みよ う

その 武器 を 見え ない よう に 身 に つけろ

確かに ミギー は 戦い に つい て は 僕 な ん か より ずっと 専門 家 だ

今 まで だって 仲間 を 二 匹 も …

そう だ 今 は こいつ を 信じる しか ない

来 た ぞ シン イチ

A は 3 メートル の 距離 に 近づ い た

3 メートル ?

どこ だ よ 見え ない ぞ

真 下 だ よ

バリケード の つもり か

自分 で 逃げ道 を 塞ぐ と は な

次回 「 みだれ 髪 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

君 斜め 後ろ

グレー の コート の 君

他人 の 体 を 気 安く いじる の は やめ て ほしい わ ね

嫌 ね 痴漢 だって

ち 違う …

言いがかり だ

おい 取り消せ よ

俺 が 触った って 証拠 どこ に ある ん だ よ

おい 聞い て ん の か

今年 の カヤマ 幻想 文学 賞 決まった ん だ な

よしみ だい 『 七 回 目 の 変身 』 だ ろ

読 ん だ の か

爬虫類 と 会話 が できる よう に なった 男 の 話

全然 リアリティ が ない ね

また か

これ で 84 人 目

ミンチ 殺人 ?

なんだか 聞い て も 驚か なく なって しまった わ

ご馳走様

あら 半分 も 食べ て ない じゃ ない

あ うん

その 事件 の 真相 を 知って いる 人間

ひょっとしたら それ は 世界 で 僕 一 人 かも しれ ない

泉 くん

おはよう

最近 さあ 変わった ね

えっ 僕 が ?

うん

そんな こと ない よ

シン イチ

今 確かに 声 が …

ここ だ

ミギー

どうも むずむず する と 思ったら

どう し た の

あぁ なんでもない よ

私 の 仲間 が いる

また か

だんだん 近づ い て いる

でも この 近く じゃ ミンチ 殺人 が 起き て ない よ

死体 が 見つかって ない だけ かも しれ ない

相手 まで の 距離 は 約 70 メートル

60 メートル

まさか

この 建物 の 中 だ

この 中 …

どこ だ

誰 な ん だ

男 か

女 か

約 30 メートル

間違い ない この 中 だ

30 メートル ?

目 を 合わせる な 見つかる ぞ

向こう も こっち を 探し て いる が

この 人数 の おかげ で 特定 でき ず に いる よう だ

皆さん おはよう ございます

先日 交通 事故 で 入院 さ れ た 松山 先生 に 代わり

数学 を 担当 さ れる 新任 の 先生 を 紹介 し ま しょ う

では 田宮 先生

田宮 良子 です

皆さん よろしく

ヤツ だ

なに

尚 本日 より 3 年 3 組 の 担任 は 山本 先生

3 年 3 組 あの 子 の

そして 田宮 先生 に は 副 担任 を 担当 し て もらい ます

見る な シン イチ

俺 を 見 てる 目 が 合った ぞ

あの 先生 結構 美人 よ ね

うん

見つかった

いい か グランド を 五 周 し たら

再び ストレッチ で 筋肉 を よく ほぐす よう に

それ から 2 グループ に 分かれ て ゲーム を 行う

ルール ブック は よく 読 ん で き た か

驚き だ

頭 を 奪って おき ながら

その 人間 固有 の 身分 を 失わ ず そっくり 引き継ぐ と は

しかも 教師 と して 人間 に もの を 教え て いる

これ は 大変 な 才能 だ ぞ

褒め て どう す ん だ よ

なんとか し なきゃ

どういう 意味 だ

だって そう だ ろ

みんな 食べ られ ちゃ う よ

いや それ は ない な

ヤツ は 人間 社会 に 溶け込 ん で い たい の だ

社会 生活 に 直接 関わる 人間 を 食料 に は し ない だ ろ う

ヤツ の 周囲 は 安全 な はず だ

わかる もん か

まあ しばらく 様子 を 見よ う

こんな 時 に 寝る なんて ミギー の ヤツ

もしも いま あいつ が …

では これ を 応用 し て 6 から 12 まで の 問題 を やって み て

泉 くん

き た

どう し た の

全然 進 ん で ない よう だ けど

えっ あぁ いいえ …

すみません

泉 くん あと で 進路 指導 室 に 来 て くれる ?

いい わ ね

ねぇ 何 か し た の

いや …

羨ま し い な お 前

あんな 美人 の 個人 授業 俺 も 受け たい よ

あら 美人 なら ここ に も いる じゃ ない

ねぇ 泉 くん

いやいや 田宮 先生 の 大人 の 魅力 に は 敵 わ ない って

だけど あの 先生 泉 み たい な の が 趣味 な ん だ

意外 だ よ な

何 言って る ん だ

人 の 気 も 知ら ない で

何 言って ん の よ こっち の 気 も 知ら ない で

シン イチ

相手 まで の 距離 は 約 10 メートル

起き た の か

失礼 し ます

こっち へ どうぞ

泉 新 一 くん

私 の 正体 は 知って る わ ね

ああ

ああ ?

教師 に 向かって その 返事 は ない でしょ

そう かたく なる こと は ない わ

私 に 殺意 が ない の は よく 知って る はず よ その 右手 さん が

第 一 この 距離 で やりあったら お互い が 致命 傷 を 受ける わ

あなた と は もっと 色々 話し たい の

今日 の 放課後 時間 を とって もらえ る かしら

分かった

ワナ だったら どう す ん だ よ

僕 は ごめん だ から な

人間 と いう の は どうして こう 合理 性 に 欠ける の か

なに

殺す 気 なら とっくに 殺し て いる

私 は ね 興味 が ある の

あなた み たい な ケース は 初めて 見る の よ

だから データ が 欲しい わけ

お互い 情報 を 交換 し 今後 の こと も 相談 し たい から

今後 …

じゃ そういう こと で

田宮 先生

はい

あの 今日 何 か ご 予定 は

はい 生徒 と 進路 の 相談 など

そう です か

失礼 し ます

ねぇ ねぇ ちょっと 本屋 さん 付き合って

うん

あれ は …

シン イチ 袖 を 巻く って くれ

なんで

喧嘩 する わけ じゃ ない ん だ ろ

それ が 二 人 来る

二 匹 と 言え ば いい の か な

やっぱり ワナ だった の か

ワナ か どう か は まだ 分から ん

それ より シン イチ 心臓 の 鼓動 を 少し 緩やか に し て くれ

こっち まで 落ち着か なく なる

無理 言う な

待た せ た わ ね

紹介 する わ

こちら は A さん

A さん

名前 が ない の よ

なん だ こいつ は

こんな ヤツ 仲間 と 言え る か

やめ なさい

ここ で 殺し 合って も 何 の メリット も ない わ よ

なるほど

これ まで あなた が 出会った の は その 二 種類 だけ ね

ああ

ところで 泉 くん

あなた から 見 て 私 たち は 一体 な ん だ と 思う ?

人食い の バケ モン

ほか に どう 呼 ん だ ら いい の か な

実は ね 私 と この A さん と で セックス し て み た の よ

す っ すみません

失礼 いたし まし た

結果 どう なった と 思う ?

そう 妊娠 し た わ

さて そこ で 問題

今 私 の 体 内 で 育って いる もの それ は 一体 何 でしょう

そりゃ あ …

人間 だ ろ う ごく 普通 の

さすが ね

そう まったく なんの 変哲 も ない 人間 の 赤ん坊 よ

だ と する と 私 たち は 一体 な ん な の

さあ ね

こっち だって 聞き たい よ

寄生 し た 人間 を 生かす ため に 他の 人間 を 食べる なんて

まるで 共食い じゃ ない か

どうして そんな こと を する ん だ

その 質問 右手 さん に も し て み た の かしら

私 は シン イチ の 血液 から 直接 養分 を もらって いる

だから 食欲 と いう もの を 知ら ん

共食い の 理由 も 分から ん

繁殖 能力 は なく ひたすら 共食い みたい な こと を 繰り返す

こんな 生物 って ある かしら

その 点 に つい て は 私 も 不思議 に 思って い た

生物 な の か そう じゃ ない の か

とにかく この世 の モノ と は 思え ない の

俺 は 帰る

自分 の 正体 を 知った ところ で 何 か が 変わる わけ で も ない

腹 が 減れ ば 食う し 邪魔者 が いれ ば 排除 する

それ だけ だ

あいつ は 危険 だ 始末 す べき だ

育った 環境 の 違い かしら

さて

人間 は 時々 理解 でき ない よう な 行動 を 取る から

一応 忠告 し て お くわ

仮に 私 と 敵対 し て 騒ぎ を 起こし た 場合

顔 を 変え られ ない あなた の 方 が 立場 は 不利 よ

私 も なる べく 人間 と して の 身分 を 守り たい から

無 茶 は し ない つもり だ けど

もしも その 気 に なれ ば ひと クラス

3 秒 で 皆殺し に できる わ

私 の クラス に も 友達 は いる ん でしょ

新一 帰った の

大した 奴 だ

シン イチ の 恐怖 心 を ここ まで 引き出す と は

冷たい 何 を する シン イチ

昨日 の 夕方 バス に 乗って た でしょ

どこ 行って た の

里美 も 心配 し て た よ

いや 別に …

シン イチ 攻め て き た ぞ

まるで 殺意 の かたまり だ

先生 どう し た ん です か

バカ め

だ だ 誰 か

キミ 大丈夫 か

ふ っ 不審 者 が 校 内 に …

警察 に 通報 生徒 達 は 避難 さ せる ん だ

自習 に し ます

攻め て き た って 誰 が

たぶん 昨日 の あいつ だ

待て 許可 な し で 校 内 へ 入る なんて どういう つもり だ

一緒 に 来 なさい

今 障害 を 三 つ 倒し た

人 を 殺し た の か

それ は 分から ん が 強引 な ヤツ だ

刃物 ? なんて こと だ

侵入 者 は 刃物 を 持って いる の か

きっ 緊急 連絡 校舎 内 に 不審 者 が 侵入 し まし た

生徒 は 先生 の 指示 に 従い

不審 者 だ と ?

避難 ? 今日 訓練 が ある って 言って た っけ

クラス ごと に まとまって 校庭 へ 避難 し て ください

繰り返し ます 校舎 内 に 不審 者 が 侵入 し まし た

クソッ 真っ 昼間 に 堂々 と

生徒 は 先生 の 指示 に 従い

楽天 的 で 行き当たり ばったり な ヤツ だ

クラス ごと に まとまって 校庭 へ 避難 し て ください

田宮 良子 と は だいぶ 違う な

そう だ 田宮 良子 は どこ に

今 150 メートル 離れ て いる

どうやら 我々 の 戦い を 傍観 する らしい

敵 に なる より はま しか

避難 の 際 は C 棟 より の 階段 を 使用 し

絶対 に A 棟 に は 近づか ない よう に

田宮 先生 い ない の か

よし 俺 に つい て 来い

押す な

押す な 早く あちら に 進め

戦う べき だ ぞ シン イチ

戦う どうして ?

相手 は 人目 も 気 に せ ず 白昼 堂々 と 乗り込 ん で 来る よう な ヤツ だ ぞ

逃げ て も 必ず 追って くる ここ で 倒し た ほう が いい

でも …

それ に 今 なら こっち が 有利 だ

私 に 作戦 が ある

作戦 ?

ねぇ さっき から 誰 と 話し てる の

えっ ああ 独り言 だ よ

なあ あれ じゃ ねえ の か 不審 者 って の は

え どこ どこ

ほら あれ だ よ あの お っ さん

ウソ

本当 に いる よ

おい 列 を 乱す な

ヤツ は シン イチ の いや 私 の 位置 を 突き止めよ う と して いる

だが この 人ごみ に 邪魔 さ れ て いる

もしも … もしも 見つかったら どう なる

無論 攻撃 し て くる だ ろ う

ここ に いる 人間 ごと 強引 に な

しかし それ が こちら の 狙い 目 で も ある

狙い 目 ?

シン イチ の 周囲 の 人間 が なぎ倒さ れる 間 に

私 が すばやく ヤツ の 心臓 を 貫く

単純 だ が 成功 する 可能 性 は 高い

周囲 の 人間

それ が お前 の …

そう 作戦 だ

シン イチ は 壁 の 肉 と いう 盾 で 守ら れ て いる

それ は A に とって は 厄介 な 障害 物 と なる はず だ

肉 の 壁 … お前 ら の 本性 を 忘れ て た よ

村野

泉 くん

忘れ物 ? あたし も 行く よ

近寄る な 僕 から 離れろ

あ ごめん

とにかく 急 い で 避難 し て

どう し た シン イチ

私 の 作戦 が 気 に 入ら ない の か

当ったり 前 だ

いったい 何 人 殺す 気 だ

でも 自分 の 命 を 守る ため だ

自分 が 生きる ため に 他の 命 を 犠牲 に する

動物 は そう やって 生き て いる の だ

お前 日本 語 うま いよ ね

人間 の 言葉 が それ だけ 分かる のに

どうして …

思い出し た ぞ

人間 は 自殺 する と いう めずらしい 動物 だった な

別に 死に たい わけ じゃ ない

何 を やって いる ん だ

肉 の 壁 より この 方 が いい よ

3 年 2 組 列 を 乱す な

怒って る の か ミギー

怒る ? 私 は そんなに 暇 で は ない

次 の 手 を 考え なけ れ ば

シン イチ 我々 と A の 違い は 何 だ と 思う

違い ? 向こう は 殺人 鬼 こっち は 善良 な 高校 生

向こう は 別人 に なれる こっち は なれ ない

向こう は 一 人 こっち は 二 人

そう かな

果たして A は 我々 を 二 人 と 見る だ ろ う か

どういう こと

はい シン イチ の 武器

僕 の ?

そう だ 私 と A の 力 は ほぼ 互角

と すれ ば 答え は ひと つ

君 が 戦い に 参加 する しか ない

シン イチ が 動揺 し て 私 の 足 を 引っ張れ ば 勝負 は 負け だ

逆に 君 が 効果 的 に 動け ば 勝つ

効果 的 に って どう すれ ば

役 わり を 決める ん だ つまり …

そんな の で うまく 行く かな

まあ やって みよ う

その 武器 を 見え ない よう に 身 に つけろ

確かに ミギー は 戦い に つい て は 僕 な ん か より ずっと 専門 家 だ

今 まで だって 仲間 を 二 匹 も …

そう だ 今 は こいつ を 信じる しか ない

来 た ぞ シン イチ

A は 3 メートル の 距離 に 近づ い た

3 メートル ?

どこ だ よ 見え ない ぞ

真 下 だ よ

バリケード の つもり か

自分 で 逃げ道 を 塞ぐ と は な

次回 「 みだれ 髪 」


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.