image

のんのんびより, Non Non Biyori Episode 3

きょう は 遠足

姉ちゃん 手伝い に き て やった ぞ

何 すれ ば いい

普通 に おにぎり 作 って

余計 な 事 を 思いつか なく て いい から ね

よし まかせ て もら お う じゃ ない か

うま そう

ありがとう

うち の 姉ちゃん は うち より 一 個 うえ

でも 小さい し ドジ だ から

うち が つい て て や ん ない と ね

だから 余計 な 事 考える なって ば

よし ロシア おにぎり だ

一 個 だけ からし を 入れ て おき ます

それ に あった たら 外れ

何 かも う 言葉 が 矛盾 し てる し

天気 も いい し

絶好 の 遠足 び より だ ね

あの 山 を 一 つ 越え たら 見え て くる 翻 越 那 座 山 便 能 一目 了 然

絶え間 なく 降り注 い でる 毫 无 停 息 的 洒 下 大地

夏 海 先輩 な ん です か その リュック

何 いってん の 今日 遠足 だ よ

えっ 私 何も 聞い て ない です けど

私 も 昨日 夏 海 から 聞い た だけ だ よ

ホタルン も 姉ちゃん も ちゃんと 先生 の 言う 事 は 聞い と か ない と な

と いう わけ で 楽しい 楽しい 遠足

田植え 祭 り を 始め ます

今日 は こちら の 田んぼ お 手伝い を し て もらい ます

ま ぁ こちら と 言って も

先生 と この 田んぼ です が

あっ 違う 違う

別に バイト を 雇う お 金 が ない と か

先生 が 家 の 手伝い する の が めん ど い と か

だから 生徒 に 労働 さ せ てる って わけ じゃ なく て ね

楽しく 田植え し て お 米 の 大切 さ を 知 ろ う

って 言う 課外 授業 で ね

うん

え ー あ

遠足 の 情報 が 十分 に 伝わって な っ かた 事 に 怒って る の か な

いや 昨日 言 お う と して 忘れ て て ね

夏 海 に は 言った ん だ けど

でも れ ん ちょ ん は 遠足 って 聞い て

キャッキャ っ 笑い ながら 楽しみ に し て た もん ね

本当 笑わ せ て くれる

うん そういう わけ で

楽しい 田植え 始まる よ

そう 言 や この 時期 は いつも 田植え さ せ られる ん だった

仕方ない ね

さっさと 終わら せ て お 弁当 食べ て 帰 ろ う

私 お 弁当 なんて 持ってき て ない です よ

ああ おにぎり で いい ん なら

朝 作って き た の 分けて あげる よ

先輩 の 作った おにぎり

頑張 ろ う

よし

れ ん ちょ ん ストップ

うん

植え た 苗 ガチ 踏み し てる ん です けど

あら

こう 言う の は 後ろ に 下がり ながら 苗 を 植え て ゆく の

さすが 先人 の 智 慧

先人 と か 言う な

あー 何 だ これ

遊園地 行き たかった 動物 園 行き たかった 水族 館 行き たかった

せめて 地元 の 一流 編成 自動 式 ドーア の 電車 乗り たかった

少し すっきり し た

とはいえ 田植え する 気 は 起こら ん な

いたん だ 兄ちゃん

カカシ の 出来上がり

もっと 面白く なる はず だった のに

ちょっと 夏 海

田植え なら し ない よ

ぬかるみ に 嵌 って 動け ない

なに なに なに なに

な に はまっちゃ っ てん の

どう やったら そこ まで 嵌 る の

嵌 る 瞬間 アンコール アンコール

笑って ない で 助け に こい

しょうがない な

うち が 付い て ない と すぐ こう なる ん だ から

お前 も ぬかるみ に 嵌 った だ ろ う

ど つぼ に は 嵌 った かな

ホタルン ホタルン 助け て

おにぎり おにぎり

先輩 の おにぎり

さっき おにぎり あげる って 言って から

ずっと あの 調子

どん だけ おにぎり づき だ よ

仕方ない

うち を 踏み台 に し て 姉ちゃん だけ でも 助かれ

あんた は どう す ん の

まかせろ 足腰 に は 自信 が ある

よし しっかり 踏ん張って て よ

もう 田植え なんて し ない

あんた 何も し て ない けど ね

って か 元凶 の 先生 どこ いった の

やっぱり 人手 より 機械 だ わ

こいつ 買った から 人 の 手 と どっち が 効率 が いい か 知り たかった ん だ けど

断然 機械 だ わ

あ もう 帰って いい よ

お 弁当 食べ て 帰 ろ う

あの わたし も もらって いい です か

もちろん 約束 だ から ね

はい

美味しい

ホタルン お握り 好き な ん だ ね

自 縛 が

やっと 泥 落ち た

姉ちゃん ず り よ

さっさと 先 に 入っちゃ っ て さ

うるさい 姉 の 特権 だ

何 を 見 てん の

レンタル 屋 で 借り て き た 癒し 系 感動 恋愛 映画

明日 返却 日 だ から 今日 中 に 見る

返し に 行く の 大変 な もん ね 10 駅 向こう だ し

感動 も の って こと は 主人公 か ヒロイン が 病気 で 死ぬ ん だ

まさか ウイルス 感染 で 登場 人物 全滅 と は

なんか 微妙 だった おかしい な 評判 は よかった のに

うち もう 寝る ね 今日 は 疲れ た し

私 は 残り の 全部 見 て から 寝る

貧乏 性 だ な 姉ちゃん は

こんな の も 借り て た ん

忘れ て た

まあ 大丈夫 子供 の ころ は 苦手 だった けど

じゃ お 休み

もう 14 だ し

あれ な んで うち の 部屋 に 来 てる の

姉ちゃん の 部屋 隣 でしょ う

いや その 私 の 部屋 虫 の 鳴き声 が うるさく て

知って る よ 隣 の 部屋 だ も の

し ゃ ない な

じゃ うち 姉ちゃん の 部屋 で 寝る

いや いや いや

先 ホラー を み て た けど も しか して 怖い の ん

怖い わけ ない じゃ ん 私 も 14 だ し

姉ちゃん の 後ろ に 白い もの が

なんて ただ の 障子 で し た

やっぱり 怖い ん だ

偉 そう な こ と 言って や っぱ 怖い ん だ

お化け ちゃん 映像 見 て 怖く なっちゃ っ た んで ち ゅ か

大丈夫 で ち ゅ よ 夏 海 ちゃん が いっち ょ で ち ゅ か へん ね

枕 カバー の チャック が 眉間 に 目 が 目 が

ほら 騒 い で ない で さっさと 寝 な よ

後 ついでに 夕方 に し て

夕方

豆 球

うち 暗く し ない と 寝 れ ら ない ん だけ と な

そう だ この 宝 箱 兼 ゴミ 箱 に アイマスク あった よう な

姉ちゃん 暗い の 怖い なら ライト いる

別に 怖く ない けど でも 持って き て

怖い なら

昔 姉ちゃん が 好き だった ぬいぐるみ の 小 吉 さん も ある けど

怖く ない って 言って ん じゃ でも 持って き て 小 吉 さん

ちょっと 待って ね

はい お 待た せ

どう し た 姉ちゃん

ちゃんと 言わ れ た とおり ランプ を 持って 来 た ぞ ー

や っぱ 怖い ん でしょ う

うるさい 馬鹿 ん な わけ ある か

まあまあ 熊 ちゃん こんなに なっちゃ っ てる けど

小 吉 さん が

なんで 私 の 小 吉 さん が お前 の とこ に ある ん だ

だから うち の 宝 箱 兼 ゴミ 箱 って 言った じゃ ん

勝手 に ごみ に 分類 する な

そう いえ ば

前 から 夜な夜な 引き出し から 声 聞こえ て た ん だ よ ね

暗い よ と か 出し て くれ と か

これ 絶対 小 吉 さん の 祟 り

ほら 小 吉 さん です よ

あれ 布団 から 出 れ ない 暗い

本当 脆い 子 だ わ 姉ちゃん は

何 だ その 上 から 目線 は

もう 嫌 だ お化け は いや お化け は いや

何 も み たく ない 聞き たく ない

魂 と か あの世 と か ある わけな い ん だ から

何も 怖がる こと ない じゃ ん

お化け なんて い ない お化け なんて い ない

あれ でも 魂 も あの世 も ない って こと は

死ぬ なら 一体 どう なる の

ちょっと 姉ちゃん 魂 が い なかったら 死 ん だ 後 真っ暗 な の

お化け なんて い ない

寝よ う

姉ちゃん 起き て よ

あれ 夏 海 遅刻

何 か 寝 付け なかった みたい です

さて いつも 頼りない 姉ちゃん だ けど

結構 付き合い の いい ところ も ある ん だ よ

たとえば

だから うち が 割った ん じゃ ない って

野良 猫 が やった の

前 に も 似 た よう な こ と いって

ガラス 割った の 誤 魔 化 し と でしょう か

今回 は マジ だっ つ の

二 人 で ボール 投げ し て だ から 姉ちゃん も 見 て た し

ねえ 姉ちゃん も 見 た よ ね

え え と

そう な の

その

小 鞠

ち ち

ほら 違う って 言って る でしょ か

違う

姉ちゃん 何 を 言って ん の

そう だ その 猫 竹輪 咥 え て た

竹輪

確かに 晩 御飯 に 使う と 思って 出し て た けど

あんた が つまみ食い し た かも しら ん じゃ ない

なんで 自分 の 子供 の こと 信用 でき ない の

あんた の 普段 の 行い が 悪い から でしょ

この 前 だって 柱 に 落書き し て 兄ちゃん の せい に し た し

でも 今回 は

そう いえ ば 0 点 の テスト だって 屋根 裏 に 隠し て た でしょ

それ は 別に うそ つい た わけ じゃ ない し

後部 屋 も 全然 掃除 し て ない し 出し たら 出し っぱなし

それ ら も 関係ない

大体 ね あんた は もっと 人 の 言う こと を 聞い て

ちゃんと し た 行動 取ら ない と

何 だ よ

そっち こそ 人 の 言う こと 全然 聞い て ない じゃ ん

もう いい し 姉ちゃん 行く ぞ

ちょっと 待ち なさい

アホ オカン

親 に 向かって 何 を

家出 じゃ 家出 こんな 家出 て くもん ねぇ

もう 夏 海 の アホ

私 家出 なんか し たく なかった のに

だって 腹 立つ じゃ ん

今回 は マジ で うち ら の せい じゃ ない し

これ から どう する の

とりあえず 昔 使って た 秘密 基地 いく か

え 秘密 基地 って ここ の

そう

早 来い

待って よ

あぁ 落ちる

ここ の トンネル 潜れ ば

こんな とこ 入る の は 嫌 だ な

けっこう 昔 の まま 残って る

ここ 住 処 に する か

ま じ で いってん の こんな とこ も 電気 も 水道 も ない じゃ ん

とにかく 寛ぎ ま しょ う よ

こんな とこ 座ったら スカート 汚れ ちゃ う

心配 せ ん て も 姉ちゃん 一 人 くらい うち が 養って やる って

いざ と なったら 山菜 採れ て も 猪野 狩り でも し て さ

なんで あんた が 保護 者 ず ら よ

暇 だ し しりとり でも しよ う か

しりとり もっと 面白い 遊び を 思いつか ない わけ

リンコ

ご ちゃ ご ちゃ を 言う わり に は やる ん た

ゴリラ

ライオン

もっか い ら っこ

小石

しし 新幹線

まさか 姉ちゃん が こんなに しりとり 弱い と は 思わ なかった よ

いい じゃ ん 苦手 でも

腹 へった

姉ちゃん なんか 食べ物 持って ない

あんた 私 の こと 養って くれる ん じゃ なかった の

昨日 帰り に 買った やつ だ

姉ちゃん は 偉い 半分 ご 半分 ご

しょうがない な

う わ うめ ぇ

思い出し た これ あんた が 小さい 時 の 落書き だ よ

あの 時 も お 母さん と 喧嘩 し て ここ に 家出 し て き た ん だ よ

私 の こと 巻き添え に し て

そんな こと も あった っけ な

って お腹 が 空 い た から って

その辺 の 草 も しって 食べ て 気持ち 悪く なった ん だ よ ね

あった あった

あれ でも あの 後 どう なった ん だ っけ

夏 海 しっかり し て もう すぐ うち だ から ね

夏 海

お 母さん

母ちゃん

夏 海 夏 海

あれ 見 て

ちょっと 追いかけ て どう する の

捕まえ て 母ちゃん の ところ に 連行 する

待って よ

追いかけ ない の

ちょっと 寒く なって き た

帰 ろ う か

うん

お 母さん いる

わかん ない

とにかく そっと 入って

あんた たち

いま まで どこ ほっ つき 歩 い て た の

これ は その 家出 し て も 門限 を 守 ろ う と 思い まし て

何 が 門限 な の こっち は ずっと 探し回って た って いう のに

タイム アウト

ストップ ストップ

美味しい 西瓜 みたい な 匂い

母ちゃん こんなに 鮎 どう し た の

お 隣 から お裾分け

ほら そんなに 急 い で 食べ ない の

取ら れ た の が 鮎 じゃ な いく て 竹輪 で よかった ね

そう 猫 い た よ 猫

あと 姉ちゃん しりとり 弱 すぎ て さあ

夏 海 箸 で 人 を 指さ ない の

小 鞠 も 食べ ながら 喋ら ない

なん だ よ

お邪魔 し ます

どう し た の 一緒 に 寝 たい なんて

ま ぁ ちょっと

あ 姉ちゃん そっち 布団 から 食み出し て ない

なんか 気持ち 悪い なあ

ひょっとして 家出 に 巻き込 ん だ こと 気 に し てる

うち も いろいろ 思う ところ が ある わけ です よ

ちょっと 反省 モード っ つ か

そんな いい で 別に

あんた に は 私 が 付い て て あげ ない たら だめ な ん だ から

あれ

澄 ん だ 川 覗 い て 清 澈 的 小河 里

狸 な の 是 狸 猫

細い 水路 を 挟 ん で 虫 の 声 軽 程度 水路 蜿蜒 虫 声 重奏

もう 一 杯

カメラ

新幹線 って やつ

れんげ ちゃん 明日 も 遊べ る

遊べ る ん

本当 じゃ また 明日 ね



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

きょう は 遠足

姉ちゃん 手伝い に き て やった ぞ

何 すれ ば いい

普通 に おにぎり 作 って

余計 な 事 を 思いつか なく て いい から ね

よし まかせ て もら お う じゃ ない か

うま そう

ありがとう

うち の 姉ちゃん は うち より 一 個 うえ

でも 小さい し ドジ だ から

うち が つい て て や ん ない と ね

だから 余計 な 事 考える なって ば

よし ロシア おにぎり だ

一 個 だけ からし を 入れ て おき ます

それ に あった たら 外れ

何 かも う 言葉 が 矛盾 し てる し

天気 も いい し

絶好 の 遠足 び より だ ね

あの 山 を 一 つ 越え たら 見え て くる 翻 越 那 座 山 便 能 一目 了 然

絶え間 なく 降り注 い でる 毫 无 停 息 的 洒 下 大地

夏 海 先輩 な ん です か その リュック

何 いってん の 今日 遠足 だ よ

えっ 私 何も 聞い て ない です けど

私 も 昨日 夏 海 から 聞い た だけ だ よ

ホタルン も 姉ちゃん も ちゃんと 先生 の 言う 事 は 聞い と か ない と な

と いう わけ で 楽しい 楽しい 遠足

田植え 祭 り を 始め ます

今日 は こちら の 田んぼ お 手伝い を し て もらい ます

ま ぁ こちら と 言って も

先生 と この 田んぼ です が

あっ 違う 違う

別に バイト を 雇う お 金 が ない と か

先生 が 家 の 手伝い する の が めん ど い と か

だから 生徒 に 労働 さ せ てる って わけ じゃ なく て ね

楽しく 田植え し て お 米 の 大切 さ を 知 ろ う

って 言う 課外 授業 で ね

うん

え ー あ

遠足 の 情報 が 十分 に 伝わって な っ かた 事 に 怒って る の か な

いや 昨日 言 お う と して 忘れ て て ね

夏 海 に は 言った ん だ けど

でも れ ん ちょ ん は 遠足 って 聞い て

キャッキャ っ 笑い ながら 楽しみ に し て た もん ね

本当 笑わ せ て くれる

うん そういう わけ で

楽しい 田植え 始まる よ

そう 言 や この 時期 は いつも 田植え さ せ られる ん だった

仕方ない ね

さっさと 終わら せ て お 弁当 食べ て 帰 ろ う

私 お 弁当 なんて 持ってき て ない です よ

ああ おにぎり で いい ん なら

朝 作って き た の 分けて あげる よ

先輩 の 作った おにぎり

頑張 ろ う

よし

れ ん ちょ ん ストップ

うん

植え た 苗 ガチ 踏み し てる ん です けど

あら

こう 言う の は 後ろ に 下がり ながら 苗 を 植え て ゆく の

さすが 先人 の 智 慧

先人 と か 言う な

あー 何 だ これ

遊園地 行き たかった 動物 園 行き たかった 水族 館 行き たかった

せめて 地元 の 一流 編成 自動 式 ドーア の 電車 乗り たかった

少し すっきり し た

とはいえ 田植え する 気 は 起こら ん な

いたん だ 兄ちゃん

カカシ の 出来上がり

もっと 面白く なる はず だった のに

ちょっと 夏 海

田植え なら し ない よ

ぬかるみ に 嵌 って 動け ない

なに なに なに なに

な に はまっちゃ っ てん の

どう やったら そこ まで 嵌 る の

嵌 る 瞬間 アンコール アンコール

笑って ない で 助け に こい

しょうがない な

うち が 付い て ない と すぐ こう なる ん だ から

お前 も ぬかるみ に 嵌 った だ ろ う

ど つぼ に は 嵌 った かな

ホタルン ホタルン 助け て

おにぎり おにぎり

先輩 の おにぎり

さっき おにぎり あげる って 言って から

ずっと あの 調子

どん だけ おにぎり づき だ よ

仕方ない

うち を 踏み台 に し て 姉ちゃん だけ でも 助かれ

あんた は どう す ん の

まかせろ 足腰 に は 自信 が ある

よし しっかり 踏ん張って て よ

もう 田植え なんて し ない

あんた 何も し て ない けど ね

って か 元凶 の 先生 どこ いった の

やっぱり 人手 より 機械 だ わ

こいつ 買った から 人 の 手 と どっち が 効率 が いい か 知り たかった ん だ けど

断然 機械 だ わ

あ もう 帰って いい よ

お 弁当 食べ て 帰 ろ う

あの わたし も もらって いい です か

もちろん 約束 だ から ね

はい

美味しい

ホタルン お握り 好き な ん だ ね

自 縛 が

やっと 泥 落ち た

姉ちゃん ず り よ

さっさと 先 に 入っちゃ っ て さ

うるさい 姉 の 特権 だ

何 を 見 てん の

レンタル 屋 で 借り て き た 癒し 系 感動 恋愛 映画

明日 返却 日 だ から 今日 中 に 見る

返し に 行く の 大変 な もん ね 10 駅 向こう だ し

感動 も の って こと は 主人公 か ヒロイン が 病気 で 死ぬ ん だ

まさか ウイルス 感染 で 登場 人物 全滅 と は

なんか 微妙 だった おかしい な 評判 は よかった のに

うち もう 寝る ね 今日 は 疲れ た し

私 は 残り の 全部 見 て から 寝る

貧乏 性 だ な 姉ちゃん は

こんな の も 借り て た ん

忘れ て た

まあ 大丈夫 子供 の ころ は 苦手 だった けど

じゃ お 休み

もう 14 だ し

あれ な んで うち の 部屋 に 来 てる の

姉ちゃん の 部屋 隣 でしょ う

いや その 私 の 部屋 虫 の 鳴き声 が うるさく て

知って る よ 隣 の 部屋 だ も の

し ゃ ない な

じゃ うち 姉ちゃん の 部屋 で 寝る

いや いや いや

先 ホラー を み て た けど も しか して 怖い の ん

怖い わけ ない じゃ ん 私 も 14 だ し

姉ちゃん の 後ろ に 白い もの が

なんて ただ の 障子 で し た

やっぱり 怖い ん だ

偉 そう な こ と 言って や っぱ 怖い ん だ

お化け ちゃん 映像 見 て 怖く なっちゃ っ た んで ち ゅ か

大丈夫 で ち ゅ よ 夏 海 ちゃん が いっち ょ で ち ゅ か へん ね

枕 カバー の チャック が 眉間 に 目 が 目 が

ほら 騒 い で ない で さっさと 寝 な よ

後 ついでに 夕方 に し て

夕方

豆 球

うち 暗く し ない と 寝 れ ら ない ん だけ と な

そう だ この 宝 箱 兼 ゴミ 箱 に アイマスク あった よう な

姉ちゃん 暗い の 怖い なら ライト いる

別に 怖く ない けど でも 持って き て

怖い なら

昔 姉ちゃん が 好き だった ぬいぐるみ の 小 吉 さん も ある けど

怖く ない って 言って ん じゃ でも 持って き て 小 吉 さん

ちょっと 待って ね

はい お 待た せ

どう し た 姉ちゃん

ちゃんと 言わ れ た とおり ランプ を 持って 来 た ぞ ー

や っぱ 怖い ん でしょ う

うるさい 馬鹿 ん な わけ ある か

まあまあ 熊 ちゃん こんなに なっちゃ っ てる けど

小 吉 さん が

なんで 私 の 小 吉 さん が お前 の とこ に ある ん だ

だから うち の 宝 箱 兼 ゴミ 箱 って 言った じゃ ん

勝手 に ごみ に 分類 する な

そう いえ ば

前 から 夜な夜な 引き出し から 声 聞こえ て た ん だ よ ね

暗い よ と か 出し て くれ と か

これ 絶対 小 吉 さん の 祟 り

ほら 小 吉 さん です よ

あれ 布団 から 出 れ ない 暗い

本当 脆い 子 だ わ 姉ちゃん は

何 だ その 上 から 目線 は

もう 嫌 だ お化け は いや お化け は いや

何 も み たく ない 聞き たく ない

魂 と か あの世 と か ある わけな い ん だ から

何も 怖がる こと ない じゃ ん

お化け なんて い ない お化け なんて い ない

あれ でも 魂 も あの世 も ない って こと は

死ぬ なら 一体 どう なる の

ちょっと 姉ちゃん 魂 が い なかったら 死 ん だ 後 真っ暗 な の

お化け なんて い ない

寝よ う

姉ちゃん 起き て よ

あれ 夏 海 遅刻

何 か 寝 付け なかった みたい です

さて いつも 頼りない 姉ちゃん だ けど

結構 付き合い の いい ところ も ある ん だ よ

たとえば

だから うち が 割った ん じゃ ない って

野良 猫 が やった の

前 に も 似 た よう な こ と いって

ガラス 割った の 誤 魔 化 し と でしょう か

今回 は マジ だっ つ の

二 人 で ボール 投げ し て だ から 姉ちゃん も 見 て た し

ねえ 姉ちゃん も 見 た よ ね

え え と

そう な の

その

小 鞠

ち ち

ほら 違う って 言って る でしょ か

違う

姉ちゃん 何 を 言って ん の

そう だ その 猫 竹輪 咥 え て た

竹輪

確かに 晩 御飯 に 使う と 思って 出し て た けど

あんた が つまみ食い し た かも しら ん じゃ ない

なんで 自分 の 子供 の こと 信用 でき ない の

あんた の 普段 の 行い が 悪い から でしょ

この 前 だって 柱 に 落書き し て 兄ちゃん の せい に し た し

でも 今回 は

そう いえ ば 0 点 の テスト だって 屋根 裏 に 隠し て た でしょ

それ は 別に うそ つい た わけ じゃ ない し

後部 屋 も 全然 掃除 し て ない し 出し たら 出し っぱなし

それ ら も 関係ない

大体 ね あんた は もっと 人 の 言う こと を 聞い て

ちゃんと し た 行動 取ら ない と

何 だ よ

そっち こそ 人 の 言う こと 全然 聞い て ない じゃ ん

もう いい し 姉ちゃん 行く ぞ

ちょっと 待ち なさい

アホ オカン

親 に 向かって 何 を

家出 じゃ 家出 こんな 家出 て くもん ねぇ

もう 夏 海 の アホ

私 家出 なんか し たく なかった のに

だって 腹 立つ じゃ ん

今回 は マジ で うち ら の せい じゃ ない し

これ から どう する の

とりあえず 昔 使って た 秘密 基地 いく か

え 秘密 基地 って ここ の

そう

早 来い

待って よ

あぁ 落ちる

ここ の トンネル 潜れ ば

こんな とこ 入る の は 嫌 だ な

けっこう 昔 の まま 残って る

ここ 住 処 に する か

ま じ で いってん の こんな とこ も 電気 も 水道 も ない じゃ ん

とにかく 寛ぎ ま しょ う よ

こんな とこ 座ったら スカート 汚れ ちゃ う

心配 せ ん て も 姉ちゃん 一 人 くらい うち が 養って やる って

いざ と なったら 山菜 採れ て も 猪野 狩り でも し て さ

なんで あんた が 保護 者 ず ら よ

暇 だ し しりとり でも しよ う か

しりとり もっと 面白い 遊び を 思いつか ない わけ

リンコ

ご ちゃ ご ちゃ を 言う わり に は やる ん た

ゴリラ

ライオン

もっか い ら っこ

小石

しし 新幹線

まさか 姉ちゃん が こんなに しりとり 弱い と は 思わ なかった よ

いい じゃ ん 苦手 でも

腹 へった

姉ちゃん なんか 食べ物 持って ない

あんた 私 の こと 養って くれる ん じゃ なかった の

昨日 帰り に 買った やつ だ

姉ちゃん は 偉い 半分 ご 半分 ご

しょうがない な

う わ うめ ぇ

思い出し た これ あんた が 小さい 時 の 落書き だ よ

あの 時 も お 母さん と 喧嘩 し て ここ に 家出 し て き た ん だ よ

私 の こと 巻き添え に し て

そんな こと も あった っけ な

って お腹 が 空 い た から って

その辺 の 草 も しって 食べ て 気持ち 悪く なった ん だ よ ね

あった あった

あれ でも あの 後 どう なった ん だ っけ

夏 海 しっかり し て もう すぐ うち だ から ね

夏 海

お 母さん

母ちゃん

夏 海 夏 海

あれ 見 て

ちょっと 追いかけ て どう する の

捕まえ て 母ちゃん の ところ に 連行 する

待って よ

追いかけ ない の

ちょっと 寒く なって き た

帰 ろ う か

うん

お 母さん いる

わかん ない

とにかく そっと 入って

あんた たち

いま まで どこ ほっ つき 歩 い て た の

これ は その 家出 し て も 門限 を 守 ろ う と 思い まし て

何 が 門限 な の こっち は ずっと 探し回って た って いう のに

タイム アウト

ストップ ストップ

美味しい 西瓜 みたい な 匂い

母ちゃん こんなに 鮎 どう し た の

お 隣 から お裾分け

ほら そんなに 急 い で 食べ ない の

取ら れ た の が 鮎 じゃ な いく て 竹輪 で よかった ね

そう 猫 い た よ 猫

あと 姉ちゃん しりとり 弱 すぎ て さあ

夏 海 箸 で 人 を 指さ ない の

小 鞠 も 食べ ながら 喋ら ない

なん だ よ

お邪魔 し ます

どう し た の 一緒 に 寝 たい なんて

ま ぁ ちょっと

あ 姉ちゃん そっち 布団 から 食み出し て ない

なんか 気持ち 悪い なあ

ひょっとして 家出 に 巻き込 ん だ こと 気 に し てる

うち も いろいろ 思う ところ が ある わけ です よ

ちょっと 反省 モード っ つ か

そんな いい で 別に

あんた に は 私 が 付い て て あげ ない たら だめ な ん だ から

あれ

澄 ん だ 川 覗 い て 清 澈 的 小河 里

狸 な の 是 狸 猫

細い 水路 を 挟 ん で 虫 の 声 軽 程度 水路 蜿蜒 虫 声 重奏

もう 一 杯

カメラ

新幹線 って やつ

れんげ ちゃん 明日 も 遊べ る

遊べ る ん

本当 じゃ また 明日 ね


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.