image

終わりのセラフ, Owari no Seraph Episode 6

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

We ' re all as bad

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

You always do

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

No suns , no lights

Such a mess all over

Don ' t kill your hopes

Don ' t kill your hopes

You make me realize who I need

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

But it changes somehow

But it changes somehow

But it changes somehow

But it changes somehow

So where are you now ?

So where are you now ?

So where are you now ?

So where are you now ?

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

Illusions so bright

Illusions so bright

Illusions so bright

Illusions so bright

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

To the core

ベッド の 下 から 絶対 に 出 て 来 ちゃ ダメ よ

お 姉ちゃん

おい ラクス

本部 から の 呼び出し だ

分かった

レイ で は 済ませ た の かい

お 姉ちゃん …

で 早乙女 与一

今 は お前 の もっとも 深い 部分 の 記憶 を 再生 し て いる わけ だ が …

お 姉ちゃん 生き て …

もちろん 死 ん だ よ

お 兄ちゃん

起こし ちゃ った か ごめん な 未来

具合 は

大丈夫 今日 は 調子 が いい ん だ

そう か

腹 は 減った ろ

何 か 食い もん 取って くる よ

お 兄ちゃん

あの さ も し 邪魔 だったら 私 の こと …

黙れ バカ 邪魔 な はず ない だ ろ

でも このまま じゃ お 兄ちゃん も …

でも じゃ ない

死ぬ 時 は 一緒 だ

ダメ だ よ そんな の

だって お 兄ちゃん 毎晩 泣 い てる じゃ ん 辛い って

私 を 捨て たい って

なんで … そんな こと …

それ は お前 が 自分 の こと しか 考え て ない 身勝手 な 人間 だ から だ よ

君 月 士 方 君

お前 が 鬼

そう だ が これ は 幻覚 じゃ ない ぞ

ワシ は お前 の 記憶 を 利用 し て いる だけ だ

これ は お前 の 中 に ある 真実

ふざける な

こいつ は まっ なんとか なり そう だ な

や あ 優 ちゃん

僕ら を 見捨て て 逃げ出し た 優 ちゃん

俺 の 大切 な 家族 を 真似る の は やめろ

あれ

君 の 一 番 弱い 場所 に 触れ て いる つもり な ん だ けど

まるで 動揺 し て ない ねぇ

不思議 だ なぜ かな

て め ぇ ら 鬼 の やり口 は もう 分かって ん だ

いい から 諦め て 俺 に 力 を 寄越せ

ミカ

なるほど 君 は 一 度 鬼 に 触れ て いる の か

でも 下位 の 明 王 に 触れ た くらい で 僕 に 勝つ つもり

君 程度 の 心 など どう と でも い じれる のに

黙れ よ いい から 俺 に 力 を 寄越せ っ つ っ て ん だ

て め ぇ の 力 は 俺 の もん だ

でも なぜ そんなに 力 を 求める

復讐 の ため かい

そう だ

大切 な もの を 失った から

そう だ

初めて でき た 家族 を 失った

それ は 辛かった ねぇ

いい よ 復讐 の ため の 力 が 欲しい なら

僕 は 無限 に 力 を やれ る

じゃあ …

でも まだ 足り ない よ 優 ちゃん

もっと もっと

復讐 の ため だけ に 生き て くれ ない と

力 は あげ られ ない

そう だ ね その 子 の 言う 通り だ

君 に は 力 は あげ られ ない

待て よ

優 ちゃん

また 僕ら を 置 い て く 気 な の

また 一 人 で どこ か に 行っちゃ う の

優 兄 ィ は そんな ことし な いよ ね

また 私 たち と 一緒 に 暮らす ん だ よ ね

そう だ よ ね 優 兄 ィ

愛 を 捨て て よ 優 ちゃん

僕ら は それ が 一 番 苦手 な ん だ

欲望 は 好き でも 愛 は 嫌い

与一 君 月 シノア 仲間 何 それ

優 ちゃん だけ 友達 作 って 幸せ に なる つもり な の

そ それ は …

優 ちゃん だけ 生き残って そんな の ずるい よ

私 たち を 置 い て 一 人 で 逃げ て

学校 通って 友達 作 って

私 たち の こと な ん か さっぱり 忘れ て …

違う 忘れ て な ん か …

じゃあ 友達 なんか 捨て て よ

優 ちゃん の 家族 は 僕たち だけ でしょ

やめろ

私 たち の 敵 を 討って くれる ん でしょ

やめろ

復習 の ため に 生き て くれる ん でしょ

やめろ ー て め ぇ ら ガタガタ うる せ ぇ

いい から 俺 に 力 を 寄越せ

俺 は … 俺 に は …

全部 を 守る だけ の 力 が いる ん だ よ

愛 と 欲望 が 絡み合った すごい 矛盾

これ だ から 人間 は 世界 を 壊す

いい だ ろ う 気 に 入った

君 の 心 が 強い 限り 従って やる

だが 一瞬 でも 心 が 弱い と 思ったら 君 の 体 を もらう よ

問題 ない

僕 の 名 は 阿 朱 羅 丸

力 が 欲しい 時 は 名前 を 呼 ん で くれ

阿 朱 羅 丸

あと もう 一 つ

主 と なった 君 に 情報 を あげよ う かな

情報

君 ね 少し 妙 な もの が 混じって る よ

すでに 一 割 くらい 人間 じゃ ない

もし かして 人間 ども に 何 か 良から ぬ 改造 さ れ てる ん じゃ ない か な

そりゃ 一体 …

人間 を 信じる な よ 優

人間 は 吸 血 鬼 より も 鬼 より も 怖い よ

って 人間 の 君 に 言う の は 妙 な 気分 だ けど

ちょ っ だ から お前 何 の 話 を …

じゃあ これ で 契約 は 完了 し た

僕 は 君 の 力 と な ろ う 刀 と な ろ う

目 を 開け 君 の 強い 欲望 を 膨張 さ せ て

世界 を 切り開 い て みせろ

百 夜 優一 郎

うまく いった か 優

グレン

当たり前 だ ろ

余裕 こい てん じゃ ねぇ よ

調 伏 に どん だけ 時間 かけ てん だ よ

お前 も 成功 し た の か

当然 だ

与一 は

君 は 一体 …

お前 が 呼び出し た ん だ ろ う

鬼 呪 装備 を 手 に 入れ て 姉 の 敵 を 討ち たい と 言って

そう か …

僕 鬼 と の 契約 中 だった …

じゃあ 君 が 鬼 な ん だ

そう だ

意地悪 な 姿 し てる なぁ

お前 は 間抜け な 顔 を し て いる

よく 言わ れる ん だ けど

で お前 は 力 が 欲しい の か

お前 の 心 に 触れ た が

いまいち 強い 復讐 心 を 見つけ られ なかった

ある の は 安定 優し さ 他者 へ の 愛情 …

どれ も 俺 は 嫌い だ

そ … そんな こと ない よ

僕 は お 姉ちゃん の 敵 を …

嘘 だ な

お前 は 自分 だけ 助かった こと を 喜 ん で いる

そ … そんな こと

それ に 争い を 嫌って いる

仲間 が 死ぬ こと を 家族 が 死ぬ こと を

いや 自分 が 誰 か を 殺す こと を

殺せ ない 復讐 心 ? なん だ それ は

あまり に 欲望 が 足り ない

そして そういう やつ は 嫌い だ

だから 俺 が お前 の 代わり に 敵 を 討って やろ う

体 を 寄越せ 人間

抵抗 する ため の 欲望 も 足り ない

やはり お前 は だめ だ な

俺 の 主に は 相応しく ない

まじ いな

与一 は や っぱ ちょ い 力 が 足り なかった か

でも ま ぁ 「 黒 鬼 」 に 挑戦 し て 三 分 の 二 が 成功 は 上 乗 だ ろ う

一体 どういう こと だ よ

人間 が 一二三四

おまけに 全員 鬼 呪 装備 持ち か

これ だ から 人間 は 厄介 だ

弓 よ

よし 鬼 呪 装備 も 手 に 入った こと だ し

吸 血 鬼 殲滅 部隊 月 鬼 ノ 組 で の 初 任務 を お前 ら に やろ う

優 君 月

人 喰 い の 鬼 が 出 た

お前 ら 二 人 で 始末 しろ

危険 な 人間 は 皆殺し に しよ う

与一

や っぱ 鬼 の 力 が そのまま 出 て くる と

欲望 を 食って なく て も そこ そこつ ええ なあ

グレン 中佐

少し ご 意見 し て も

だめ だ 黙って ろ

しかし この 状況 は

おい グレン

始末 って どういう こと だ

与一 は 仲間 だ ぞ

ありゃ どう 見 て も 鬼 だ ろ う が

早く 殺し て 楽 に して やれ

ざ っけ ん な

仲間 殺せ る わきゃ ねえ だ ろ う が

生 言って ん じゃ ねえ

ここ は 月 鬼 ノ 組 だ ぞ

ある の は 修羅 の 道 だけ だ

それ と もて め ぇ ら は 復讐 ごっこ でも し に 来 た の か

殺さ れ たきゃ 好き に しろ

だが 与一 は もう 戻ら ない

くそ

て め ぇ ら が 軍人 だって 胸 張って ん なら やる べき 事 を さっさと やれ

く … くそ くそ くそ が あ

なん だ これ

与一 を 解放 しろ 化け物 が あ

よし

馬鹿 が 気 を 抜く な

鬼 は 武器 じゃ なく 与一 の 中 に いる ん だ ぞ

やめろ 与一 を 殺す 気 か

なん だ それ お前 ら 俺 を 殺せ ない の か

与一 正気 に なれ 鬼 に なんか 負け てん じゃ ねぇ よ

俺 と 一緒 に 吸 血 鬼 倒し に 行く ん じゃ なかった の か

グレン 中佐 これ は 少し やり すぎ じゃ ない です か

まだ 無理 です 彼ら に 与一 さん を 殺さ せる の は やめ て ください

いっ つ も クール な わり に あいつ ら に は 優しい ん だ な シノア

情 でも 湧 い た か

中佐

じゃあ お前 が やれ よ

あいつ ら を 罪悪 感 から 救って やれ

なん だ よ お前 も 手 を 汚す の は 嫌 な の か

初めて 可愛い ところ 見せ た じゃ ねぇ か

与一 正気 に 戻れ

鬼 に なんか 負ける ん じゃ ねえ

うるさい

死ね

やれ よ 俺 は 仲間 を 殺せ ない

見捨て ない って 決め た ん だ

そして 与一 お前 も 俺 を 殺せ ない

お前 が 俺 と 一緒 なら

目の前 で 家族 を 失った ん なら

仲間 を 殺せ る わけ が ない ん だ

ん な っ 馬鹿 か

だから 早く 目 を 覚ませ よ 馬鹿 与一

じゃ

死ね

与一

て め ぇ は また ベッド の 下 で 家族 が 死ぬ の を 見 てる つもり か

いい から さっさと 出 て き て 仲間 を 守れ

与一

ベッド の 下 から 絶対 に 出 て き ちゃ ダメ よ

ぼ … 僕 は 僕 は

本当 は もう 逃げ たく ない ん だ

だから だ から 僕 に 大切 な 人 を 守れ る だけ の 力 を

敵 を 全て 壊せ る だけ の 力 を 寄越せ よ 鬼

も 戻った の か

よっ し よく 戻った

優 くん

戻 ん の が おせ え

な … なんで 俺 な ん だ よ

ゆ 優 くん

まさか 中佐 は こう なる と

うるさい 黙れ

俺 は 別に ガキ が 死 の う が どうでも いい 派 だ

その 割に は 最後 ちょっと 焦って た よう に 見え まし た けど

痛 っ 痛 っ

お前 に は 才能 が ある

なのに 姉 貴 を 助け られ なかった こと に 負い目 を 感じ て

生きる 欲望 が 足り て ない

だが 今日 それ を 見つけ られ た ろ

お前 が 生きる 理由 は 今日 お前 を 助け て くれ た 仲間 を 守る こと だ

復讐 ? ん な 小さい もの に 囚 われ ん な

て め ぇ も 同じ だ 馬鹿

い て

昔 の 家族 は もう 忘れろ

ふざけ …

ここ に いる の が 新しい 家族 だ

お前 は 今 いる 家族 に 命 を 懸けろ 馬鹿 が

過去 に は 何も ねぇ ぞ

ある の は 未来 だけ だ

うる せ ぇ よ

さ って 鬼 呪 装備 も 手 に 入れ て

ち ょ ~ と チームワーク っぽい こと が 出来 て き た から

そろそろ 一 回 前線 出 て み っか

前線

ああ 関西 方面 の 吸 血 鬼 ども が 新宿 奪還 を 計画 し て いる こと が わかった

その辺 の 調査 に 行く ぞ

じゃあ 吸 血 鬼 狩れ ん の か よ

い … いきなり 実戦 な の

ちょっと 休み と か ない の か よ

ガキ 育て ん の も 疲れ ん なあ

もう すぐ 東京 に 到着 し ます

池袋 新宿 渋谷 近辺 で は 日本 帝 鬼 軍 から の 攻撃 が 予想 さ れ ます

気 を つけ て ください

だって さ ミカ

まずは 新宿 か

馴染め た シティ 鳥 籠 隅 凍え た 蕾 も

置き去り 声 暗め た 記憶 の 影

I need your blood

You really love to writhe

足 掻く Red Line

掻き分け た 見本 と

抉じ開け た リズム が

ただ 平行 に 並ぶ

Come and break it down for me !

I will lead the way home !

気 が ない 星 でも 願い 成さ ず

懺悔 さえ 渇 い た 汚し が 奏で た 人 なら

木漏れ日 の 墓 が 騒ぐ

次回 終わり の セラフ



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

We ' re all as bad

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

You always do

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

No suns , no lights

Such a mess all over

Don ' t kill your hopes

Don ' t kill your hopes

You make me realize who I need

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

But it changes somehow

But it changes somehow

But it changes somehow

But it changes somehow

So where are you now ?

So where are you now ?

So where are you now ?

So where are you now ?

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

Illusions so bright

Illusions so bright

Illusions so bright

Illusions so bright

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

To the core

ベッド の 下 から 絶対 に 出 て 来 ちゃ ダメ よ

お 姉ちゃん

おい ラクス

本部 から の 呼び出し だ

分かった

レイ で は 済ませ た の かい

お 姉ちゃん …

で 早乙女 与一

今 は お前 の もっとも 深い 部分 の 記憶 を 再生 し て いる わけ だ が …

お 姉ちゃん 生き て …

もちろん 死 ん だ よ

お 兄ちゃん

起こし ちゃ った か ごめん な 未来

具合 は

大丈夫 今日 は 調子 が いい ん だ

そう か

腹 は 減った ろ

何 か 食い もん 取って くる よ

お 兄ちゃん

あの さ も し 邪魔 だったら 私 の こと …

黙れ バカ 邪魔 な はず ない だ ろ

でも このまま じゃ お 兄ちゃん も …

でも じゃ ない

死ぬ 時 は 一緒 だ

ダメ だ よ そんな の

だって お 兄ちゃん 毎晩 泣 い てる じゃ ん 辛い って

私 を 捨て たい って

なんで … そんな こと …

それ は お前 が 自分 の こと しか 考え て ない 身勝手 な 人間 だ から だ よ

君 月 士 方 君

お前 が 鬼

そう だ が これ は 幻覚 じゃ ない ぞ

ワシ は お前 の 記憶 を 利用 し て いる だけ だ

これ は お前 の 中 に ある 真実

ふざける な

こいつ は まっ なんとか なり そう だ な

や あ 優 ちゃん

僕ら を 見捨て て 逃げ出し た 優 ちゃん

俺 の 大切 な 家族 を 真似る の は やめろ

あれ

君 の 一 番 弱い 場所 に 触れ て いる つもり な ん だ けど

まるで 動揺 し て ない ねぇ

不思議 だ なぜ かな

て め ぇ ら 鬼 の やり口 は もう 分かって ん だ

いい から 諦め て 俺 に 力 を 寄越せ

ミカ

なるほど 君 は 一 度 鬼 に 触れ て いる の か

でも 下位 の 明 王 に 触れ た くらい で 僕 に 勝つ つもり

君 程度 の 心 など どう と でも い じれる のに

黙れ よ いい から 俺 に 力 を 寄越せ っ つ っ て ん だ

て め ぇ の 力 は 俺 の もん だ

でも なぜ そんなに 力 を 求める

復讐 の ため かい

そう だ

大切 な もの を 失った から

そう だ

初めて でき た 家族 を 失った

それ は 辛かった ねぇ

いい よ 復讐 の ため の 力 が 欲しい なら

僕 は 無限 に 力 を やれ る

じゃあ …

でも まだ 足り ない よ 優 ちゃん

もっと もっと

復讐 の ため だけ に 生き て くれ ない と

力 は あげ られ ない

そう だ ね その 子 の 言う 通り だ

君 に は 力 は あげ られ ない

待て よ

優 ちゃん

また 僕ら を 置 い て く 気 な の

また 一 人 で どこ か に 行っちゃ う の

優 兄 ィ は そんな ことし な いよ ね

また 私 たち と 一緒 に 暮らす ん だ よ ね

そう だ よ ね 優 兄 ィ

愛 を 捨て て よ 優 ちゃん

僕ら は それ が 一 番 苦手 な ん だ

欲望 は 好き でも 愛 は 嫌い

与一 君 月 シノア 仲間 何 それ

優 ちゃん だけ 友達 作 って 幸せ に なる つもり な の

そ それ は …

優 ちゃん だけ 生き残って そんな の ずるい よ

私 たち を 置 い て 一 人 で 逃げ て

学校 通って 友達 作 って

私 たち の こと な ん か さっぱり 忘れ て …

違う 忘れ て な ん か …

じゃあ 友達 なんか 捨て て よ

優 ちゃん の 家族 は 僕たち だけ でしょ

やめろ

私 たち の 敵 を 討って くれる ん でしょ

やめろ

復習 の ため に 生き て くれる ん でしょ

やめろ ー て め ぇ ら ガタガタ うる せ ぇ

いい から 俺 に 力 を 寄越せ

俺 は … 俺 に は …

全部 を 守る だけ の 力 が いる ん だ よ

愛 と 欲望 が 絡み合った すごい 矛盾

これ だ から 人間 は 世界 を 壊す

いい だ ろ う 気 に 入った

君 の 心 が 強い 限り 従って やる

だが 一瞬 でも 心 が 弱い と 思ったら 君 の 体 を もらう よ

問題 ない

僕 の 名 は 阿 朱 羅 丸

力 が 欲しい 時 は 名前 を 呼 ん で くれ

阿 朱 羅 丸

あと もう 一 つ

主 と なった 君 に 情報 を あげよ う かな

情報

君 ね 少し 妙 な もの が 混じって る よ

すでに 一 割 くらい 人間 じゃ ない

もし かして 人間 ども に 何 か 良から ぬ 改造 さ れ てる ん じゃ ない か な

そりゃ 一体 …

人間 を 信じる な よ 優

人間 は 吸 血 鬼 より も 鬼 より も 怖い よ

って 人間 の 君 に 言う の は 妙 な 気分 だ けど

ちょ っ だ から お前 何 の 話 を …

じゃあ これ で 契約 は 完了 し た

僕 は 君 の 力 と な ろ う 刀 と な ろ う

目 を 開け 君 の 強い 欲望 を 膨張 さ せ て

世界 を 切り開 い て みせろ

百 夜 優一 郎

うまく いった か 優

グレン

当たり前 だ ろ

余裕 こい てん じゃ ねぇ よ

調 伏 に どん だけ 時間 かけ てん だ よ

お前 も 成功 し た の か

当然 だ

与一 は

君 は 一体 …

お前 が 呼び出し た ん だ ろ う

鬼 呪 装備 を 手 に 入れ て 姉 の 敵 を 討ち たい と 言って

そう か …

僕 鬼 と の 契約 中 だった …

じゃあ 君 が 鬼 な ん だ

そう だ

意地悪 な 姿 し てる なぁ

お前 は 間抜け な 顔 を し て いる

よく 言わ れる ん だ けど

で お前 は 力 が 欲しい の か

お前 の 心 に 触れ た が

いまいち 強い 復讐 心 を 見つけ られ なかった

ある の は 安定 優し さ 他者 へ の 愛情 …

どれ も 俺 は 嫌い だ

そ … そんな こと ない よ

僕 は お 姉ちゃん の 敵 を …

嘘 だ な

お前 は 自分 だけ 助かった こと を 喜 ん で いる

そ … そんな こと

それ に 争い を 嫌って いる

仲間 が 死ぬ こと を 家族 が 死ぬ こと を

いや 自分 が 誰 か を 殺す こと を

殺せ ない 復讐 心 ? なん だ それ は

あまり に 欲望 が 足り ない

そして そういう やつ は 嫌い だ

だから 俺 が お前 の 代わり に 敵 を 討って やろ う

体 を 寄越せ 人間

抵抗 する ため の 欲望 も 足り ない

やはり お前 は だめ だ な

俺 の 主に は 相応しく ない

まじ いな

与一 は や っぱ ちょ い 力 が 足り なかった か

でも ま ぁ 「 黒 鬼 」 に 挑戦 し て 三 分 の 二 が 成功 は 上 乗 だ ろ う

一体 どういう こと だ よ

人間 が 一二三四

おまけに 全員 鬼 呪 装備 持ち か

これ だ から 人間 は 厄介 だ

弓 よ

よし 鬼 呪 装備 も 手 に 入った こと だ し

吸 血 鬼 殲滅 部隊 月 鬼 ノ 組 で の 初 任務 を お前 ら に やろ う

優 君 月

人 喰 い の 鬼 が 出 た

お前 ら 二 人 で 始末 しろ

危険 な 人間 は 皆殺し に しよ う

与一

や っぱ 鬼 の 力 が そのまま 出 て くる と

欲望 を 食って なく て も そこ そこつ ええ なあ

グレン 中佐

少し ご 意見 し て も

だめ だ 黙って ろ

しかし この 状況 は

おい グレン

始末 って どういう こと だ

与一 は 仲間 だ ぞ

ありゃ どう 見 て も 鬼 だ ろ う が

早く 殺し て 楽 に して やれ

ざ っけ ん な

仲間 殺せ る わきゃ ねえ だ ろ う が

生 言って ん じゃ ねえ

ここ は 月 鬼 ノ 組 だ ぞ

ある の は 修羅 の 道 だけ だ

それ と もて め ぇ ら は 復讐 ごっこ でも し に 来 た の か

殺さ れ たきゃ 好き に しろ

だが 与一 は もう 戻ら ない

くそ

て め ぇ ら が 軍人 だって 胸 張って ん なら やる べき 事 を さっさと やれ

く … くそ くそ くそ が あ

なん だ これ

与一 を 解放 しろ 化け物 が あ

よし

馬鹿 が 気 を 抜く な

鬼 は 武器 じゃ なく 与一 の 中 に いる ん だ ぞ

やめろ 与一 を 殺す 気 か

なん だ それ お前 ら 俺 を 殺せ ない の か

与一 正気 に なれ 鬼 に なんか 負け てん じゃ ねぇ よ

俺 と 一緒 に 吸 血 鬼 倒し に 行く ん じゃ なかった の か

グレン 中佐 これ は 少し やり すぎ じゃ ない です か

まだ 無理 です 彼ら に 与一 さん を 殺さ せる の は やめ て ください

いっ つ も クール な わり に あいつ ら に は 優しい ん だ な シノア

情 でも 湧 い た か

中佐

じゃあ お前 が やれ よ

あいつ ら を 罪悪 感 から 救って やれ

なん だ よ お前 も 手 を 汚す の は 嫌 な の か

初めて 可愛い ところ 見せ た じゃ ねぇ か

与一 正気 に 戻れ

鬼 に なんか 負ける ん じゃ ねえ

うるさい

死ね

やれ よ 俺 は 仲間 を 殺せ ない

見捨て ない って 決め た ん だ

そして 与一 お前 も 俺 を 殺せ ない

お前 が 俺 と 一緒 なら

目の前 で 家族 を 失った ん なら

仲間 を 殺せ る わけ が ない ん だ

ん な っ 馬鹿 か

だから 早く 目 を 覚ませ よ 馬鹿 与一

じゃ

死ね

与一

て め ぇ は また ベッド の 下 で 家族 が 死ぬ の を 見 てる つもり か

いい から さっさと 出 て き て 仲間 を 守れ

与一

ベッド の 下 から 絶対 に 出 て き ちゃ ダメ よ

ぼ … 僕 は 僕 は

本当 は もう 逃げ たく ない ん だ

だから だ から 僕 に 大切 な 人 を 守れ る だけ の 力 を

敵 を 全て 壊せ る だけ の 力 を 寄越せ よ 鬼

も 戻った の か

よっ し よく 戻った

優 くん

戻 ん の が おせ え

な … なんで 俺 な ん だ よ

ゆ 優 くん

まさか 中佐 は こう なる と

うるさい 黙れ

俺 は 別に ガキ が 死 の う が どうでも いい 派 だ

その 割に は 最後 ちょっと 焦って た よう に 見え まし た けど

痛 っ 痛 っ

お前 に は 才能 が ある

なのに 姉 貴 を 助け られ なかった こと に 負い目 を 感じ て

生きる 欲望 が 足り て ない

だが 今日 それ を 見つけ られ た ろ

お前 が 生きる 理由 は 今日 お前 を 助け て くれ た 仲間 を 守る こと だ

復讐 ? ん な 小さい もの に 囚 われ ん な

て め ぇ も 同じ だ 馬鹿

い て

昔 の 家族 は もう 忘れろ

ふざけ …

ここ に いる の が 新しい 家族 だ

お前 は 今 いる 家族 に 命 を 懸けろ 馬鹿 が

過去 に は 何も ねぇ ぞ

ある の は 未来 だけ だ

うる せ ぇ よ

さ って 鬼 呪 装備 も 手 に 入れ て

ち ょ ~ と チームワーク っぽい こと が 出来 て き た から

そろそろ 一 回 前線 出 て み っか

前線

ああ 関西 方面 の 吸 血 鬼 ども が 新宿 奪還 を 計画 し て いる こと が わかった

その辺 の 調査 に 行く ぞ

じゃあ 吸 血 鬼 狩れ ん の か よ

い … いきなり 実戦 な の

ちょっと 休み と か ない の か よ

ガキ 育て ん の も 疲れ ん なあ

もう すぐ 東京 に 到着 し ます

池袋 新宿 渋谷 近辺 で は 日本 帝 鬼 軍 から の 攻撃 が 予想 さ れ ます

気 を つけ て ください

だって さ ミカ

まずは 新宿 か

馴染め た シティ 鳥 籠 隅 凍え た 蕾 も

置き去り 声 暗め た 記憶 の 影

I need your blood

You really love to writhe

足 掻く Red Line

掻き分け た 見本 と

抉じ開け た リズム が

ただ 平行 に 並ぶ

Come and break it down for me !

I will lead the way home !

気 が ない 星 でも 願い 成さ ず

懺悔 さえ 渇 い た 汚し が 奏で た 人 なら

木漏れ日 の 墓 が 騒ぐ

次回 終わり の セラフ


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.