image

終わりのセラフ, Owari no Seraph Episode 4

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

We ' re all as bad

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

You always do

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

No suns , no lights

Such a mess all over

Don ' t kill your hopes

Don ' t kill your hopes

You make me realize who I need

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

But it changes somehow

But it changes somehow

But it changes somehow

But it changes somehow

So where are you now ?

So where are you now ?

So where are you now ?

So where are you now ?

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

Illusions so bright

Illusions so bright

Illusions so bright

Illusions so bright

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

To the core

ヨハネ の 四 騎士 だ

逃げろ 皆殺し に さ れる ぞ

剣 よ

助かった

これ で 俺 たち も 大阪 み たい に 守って もらえ る

守る だって

笑わ せ て くれる ね

誰 が 家畜 を 守る か よ

飼う の 間違い だ ねぇ

しかし 君 は さすが に 強い なぁ

第 三 位 始祖

クルル ・ ツェペシ 様 の 血 を 飲 ん で 吸 血 鬼 化 し た って 噂 は あった けど

あれ は やはり 事実 な の か な

素性 は どう あれ

独断 専行 し て 手柄 を 独り占め

所詮 は 欲 深い 人間 あがり よ

手柄 に 興味 は ない 君 たち の 好き に し て いい よ

これ より この 地区 は 吸 血 鬼 が 守り 支配 する こと に なり ます

皆さん の 安全 を 保証 する 代わり に

皆さん に は 血液 の 提供 を お 願い する こと に なり ます

あの …

あなた は 命 の 恩人 です

ありがとう ござい ます

お礼 に 私 の 血 を 吸って ください

あなた に なら 私 …

これ は 記憶 だ

これ じゃ 俺 たち 家畜 じゃ ねぇ か

だから ミカ 革命 起 こそ う ぜ 革命

いつ まで も 家畜 やって られ っか よ

もう 優 ちゃん は いっ つ も 馬鹿 な ん だ から

いっ つ も っ て な ん だ よ

力 で 吸 血 鬼 に 勝て る わけない でしょ う

頭 使う の 頭

実は 脱走 計画 が ある ん だ

この 吸 血 鬼 の 世界 から 逃げよ う

僕 に 任せ て おい て よ

まだ 僕 が 人間 で ある こと を 失う 前 の 記憶

そして この 僕 の 浅はか な 計画 の せい で

行けよ 早く 馬鹿

よ … よかった …

優 ちゃん だけ でも 逃げ れ たら 僕 は …

どういう こと だ

フェリド 様 が 撃た れ てる ぞ

家畜 の 分 際 で 貴族 に 手 を かける と は

やめ なさい

その 人間 は 私 の もの です

じ ょ … 女王 陛下 …

あなた が なぜ ここ に …

これ じゃあ もう 死ぬ わ ね

それ で これ は いったい どういう こと かしら

フェリド ・ バー トリー

これ は これ は

我ら が 吸 血 鬼 の 女王 クルル ・ ツェペシ

お 久しぶり 君 は いつも 綺麗 だ ねぇ

あら ありがとう

あなた も 相変わらず いやらしい 顔 で 笑う わ ねぇ

ひどい なぁ

頭 を 撃た れ た ばかり な のに

君 へ の 愛 で なんとか 笑顔 を 作って る ん だ よ

あなた が 愛し てる の は 私 の 持つ 権力 でしょ う

それ も 好き だ けど ね

それ で 第 七 位 始祖 の あなた が

たかが 人間 の 子供 に 撃た れ た

冗談 でしょ

でも 事実 だ

いいえ あなた は わざと 逃がし た

私 が 飼って た セラフ を

一 人 は 逃げ 一 人 は 死に かけ て いる

この 事件 に 弁解 が できる と いう なら 今 すぐ …

い や ー 弁解 す べき は 君 の 方 じゃ ない か なぁ

セラフ の 呪い に 触れる の は 法 に 触れる はず

僕 が 上位 始祖 会 に 一言 言え ば …

聞こえ なかった

だから 僕 が この 件 を …

ちょっと 怒ら せ すぎ た かな

よく 聞こえ なかった ん だ けど もう 一 度 言って くれる

ひどい よ クルル

くっつく と は いえ ちぎれる 瞬間 は 痛い ん だ よ

このまま 首 も ちぎ ろ う か

それ は 困る なぁ

よし 負け を 認めよ う

これ 以上 この 件 に は 踏み込ま ない

本当 だ

第 一 君 に 逆らって ここ で 生き て いける と は 僕 も 思って ない し ね

いい だ ろ う だ が もし また この 件 を 詮索 し たら …

大丈夫 僕 だって 命 は 惜しい から ね

でも また 来る よ クルル

僕 は 君 が 大好き だ から ねぇ

おい 人間 まだ 生き たい か

私 なら お前 に 命 を や れる ぞ 永遠 の 命 を

要ら ない …

そう か 命 は 要ら ない か

だが お前 に 選択肢 は ない

私 の 血 を 飲み お 前 は 人間 を やめろ

そして 僕 は 人間 で ある こと を やめ た

おい お前 な に 肩 当て てん だ よ

喧嘩 売った ろ お前

ち ょ お前 何 言って ん …

いって ぇ じゃ ねぇ か

上等 だ コラァ

優 くん その 顔 どう し た の

電柱 に ぶつかった

で … 電柱

そう そう 電柱

す っ げ ぇ 目付き の 悪い 電柱

何 それ

遅かった です ね

何 だ シノア か

あら その 顔 …

つまり また 謹慎 に …

喧嘩 なんか し て ねぇ ぜ

まあ いい ん です けど ね

でも … ついに 今日 から な ん です ね

はい そう な ん です

今日 から 僕ら 月 鬼 ノ 組 に 入る ため の 研修 教室 に 行ける こと に な …

研修 なんて 要ら ねえ ん だ よ

とっとと 実戦 に 投入 しろ って の

分かり まし た

じゃあ 優 さん は 研修 を 受け ない ので

武器 と 制服 な し で 戦場 へ どうぞ

ほとんど 全裸 じゃ ねぇ か

失礼 し ま ー す

二 人 を 連れ て き まし た よ グレン 中佐

中佐

よし お前 ら 聞け

今日 珍しく 担任 で ある 俺 が ここ に 出向 い て やった の は

転入 生 が いる から だ

ちなみに 言って おき ます が

担任 は 普通 毎日 教室 に 来る もの です よ

お前 は 黙って ろ

あー な ん だ とりあえず こいつ ら だ

百 夜 優一 郎 と 早乙女 与一

一言 で 言う と アホ と 弱虫 だ な

誰 が アホ だ よ

事実 だ ろ

いい から 自己 紹介 しろ

いら ねぇ よ

友達 を 作り に 来た ん じゃ ねぇ ん だ

ここ に いる 奴 ら に も 言 っと く が

俺 は お前 ら と 馴れ合う つもり は ねぇ から

ち ょ … 優 くん …

宣言 し とく

お前 ら クズ 共 が 今 まで 何 を 勉強 し て た か は 知ら ねぇ が

そい つ は 全部 無駄 だ

一 番 いい 武器 は 俺 が もらう こと に なった

以上

以上 じゃ ねぇ

お前 は 普通 科 で 一体 何 を 学 ん で き た ん だ この アホ が

もう いい 座れ 馬鹿 が

席 は あそこ な

くそ グレン の 馬鹿 力め

ん だ よ お 前 ここ 俺 の 席 に なった から 足 向け ん な よ

おい お前 聞い て ん の か

ん だ よ う っせ ー な

もう 昼 か

て め え は 今朝 の 電柱

なんで こんな とこ に

ふざけ ん な そりゃ こっち の セリフ だ

って 電柱 って なん だ コラァ

あいつ ら 何 な の

確か 君 月 も 先月 まで 普通 科 で 友達 作り さ せ て た はず だ よ な

お前 の 監視 下 で

そう です ね

効果 は

ご覧 の 通り です

お前 ちゃん と 仕事 しろ よ

監視 は し て まし た よ

今朝 も 君 月 士 方 くん は 百 夜 優一 郎 くん の 実力 を はかる ため に 襲って まし た

で お前 が 仲裁 し た ?

こっそり 楽し ん で 見 とき まし た

お前 ちゃん と 仕事 しろ よ

やかましい

ゆ … 優 くん

ほっとけ

それ じゃ 久しぶり に 授業 はじめ ん ぞ

失礼 し ます

一瀬 中佐 ちょっと いい です か

だめ だ ね 勝手 に 入って くん な

一 週間 後 の 鬼 呪 装備 適性 試験 の こと です が

当然 俺 が 最 上位 「 黒 鬼 」 の シリーズ に 挑戦 さ せ て もらえ る ん です よ ね

だから 入って くん な って

全科 目 の 成績 は 俺 が トップ の はず です

なんで そんなに 焦って 力 を 求める

なぜ そんな 質問 を する ん です

どうせ 軍 は 俺 の 素性 は 全部 …

ああ もちろん 知って いる

黙示録 の ウイルス に 感染 し た 妹 の 治療 に 金 が 要る ん だ ろ う

月 鬼 ノ 組 は エリート 集団 だ

所属 し て 活躍 すれ ば

民間 に 開放 さ れ て い ない 治療 や 解 呪 法 を 無制限 に 受け られる 可能 性 が ある

だが 今 の お前 じゃ 活躍 す ん の は 無理 だ

鬼 呪 装備 に 触れる こと すら でき ない

なん せ 鬼 呪 は 人 の 欲望 に 取り 憑 く から な

それ じゃあ あの 百 夜 と か いう 馬鹿 は 大丈夫 だ と でも

どう か ねぇ

少なくとも あいつ は 一 度 鬼 を 退け て みせ てっ から な

意外 と あいつ 仲間 も 大事 に し そう だ し

ふざけ ん な あんな 奴 より 俺 の 方 が 力 は …

足り ねぇ ん だ よ 力 だけ じゃ

だから お前 も 仲間 作れ

一 人 で 抱え込む な じゃ なきゃ

鬼 に 取り込ま れ た 時 飲み込ま れ て 戻って こ れ なく なる

焦り や 怒り は 鬼 の 好物 だ

今 の お前 じゃ 欲望 に 喰 わ れ て 本物 の 鬼 に 成り果てる

は いはい

今日 から は 一 週間 後 の 鬼 呪 装備 適性 試験 に 向け て

能力 を ジャッジ し て いき ま ー す

ここ で 結果 を 出せ ない と 一 週間 後 の 試験 すら 受け られ ない から

頑張る よう に

だ … 大丈夫 かな

とりあえず 一 番 強い 武器 は 俺 が もらう

まだ 言って る

今日 は 仲間 と 息 を 合わせる 訓練 を 評価 し ます

では 二 人 一 組 に なって ください

く … 組 ?

与一

与一 さん 与一 さん 私 と 組み ま しょ う

あ … はい

おい ちょ っ お前 ら おい

あの もしも ー し

マジ

は いはい

それでは 始め ます ね

点数 と か 付ける ので 張り切って 行き ま しょ う

軍 の 式 神 人形 か

大して 速く ねぇ な

とっとと 壊し て 評価 点 を 上げる ぞ

て め え どの 人形 狙って ん だ ふざけ て ん の か

お前 こそ ふざけ て ん …

いって …

百 夜 君 月 ペア マイナス 10 点

訓練 中 失礼 し ます

君 月 くん 至急 病棟 へ

妹 の 未来 さん の 様 態 が 急変 し た そう です

妹 って

うるさい 黙れ

すみません 気 に せ ず 訓練 を 続け て ください

おい 待って よ

ん な 場合 じゃ ねぇ だ ろ お前 の 妹 が 危 ねぇ ん じゃ ねぇ の か

黙れ って 言って ん だ よ

俺 は ここ で 成績 を 出さ なきゃ いけない ん だ

やっと ここ まで 来 た ん だ

妹 を 見捨て て も か

うる せい 人 の 事情 に 首 突っ込 ん で ん じゃ ねえ

俺 は 月 鬼 ノ 組 に 入る

続き を お 願い し ます

馬鹿 か お前 は

て め え の 家族 が 危 ねぇ ん だ ぞ

家族 は 死 ん だ ら もう …

死 ん だ ら もう 二 度 と 会え ない ん だ ぞ

君 月 くん 今回 は 危機 を 脱 し た が

民間 の 治療 設備 で は この ウイルス は …

分かって ます

でも もう 少し で 月 鬼 ノ 組 に 入って

そう したら 軍 の 施設 に 入れ られる ので

もう 少し だけ お 願い し ます

良かった な 助かって

つか お前 クソ み て ぇ に 目つき 悪い のに

妹 の ため に 頑張って た の か よ

それ なら そう 言え よ

つって も 一 番 強い 鬼 呪 装備 を 譲ったり は し ねぇ

お前 の せい だ

お前 の せい で 評価 が 下がった

俺 は 月 鬼 ノ 組 に は 入れ ない

そう したら もう 妹 は 助から ない

妹 の 命 を あっさり 諦め てん じゃ ねぇ よ

評価 が 下がった もう 助から ない ざ っけ ん な

俺 は 俺 の 欲しい もの は 絶対 に 手 に 入れる

その ため なら 軍 も 月 鬼 ノ 組 も 関係 ねぇ

なのに て め ぇ は 簡単 に 家族 の 命 を 諦める の か

ああ 誰 が 諦める って

くそ 一体 何 な ん だ よ

て め え の せい で

だが お前 の 言う とおり だ

今回 だけ は 感謝 し てる って 言って ん だ

大事 な 時 に 妹 の 側 に いれ た こと

悪かった な 妹 の ため に お前 の 評価 も 下げ た

俺 の 評価 は 俺 が 決める ん だ よ

お前 まじ う ぜ え なぁ

今日 始祖 の 血 を 継ぐ 貴族 の 方々 に 集まって もらった の は 他 で も ない

脅威

それ は 東京 以北 に おい て 暴れ て いる

「 日本 帝 鬼 軍 」 と いう 名 の 人間 ども の 組織 だ

奴 ら は 我ら の 同胞 を 殺し

人間 の 組織

領土 を 拡大 し 欲望 の まま に 禁 忌 の 呪 法 に 手 を 出す

情報 で は 再び 「 終わり の セラフ 」 の 実験 まで し て いる と いう

このまま 奴 ら を 野放し に し て おけ ば 8 年 前 と 同じ 大 厄災 が 起きる こと は 間違い ない

よって 我ら は

「 日本 帝 鬼 軍 」 を 殲滅 する こと に 決め た

戦争 だ

世界 の 安定 を 守る ため

我ら は 欲 深い 人間 ども を 皆殺し に する

戦争 終わり の セラフ

優 ちゃん すぐ 助け に 行く から ね

馴染め た シティ 鳥 籠 隅 凍え た 蕾 も

置き去り 声 暗め た 記憶 の 影

I need your blood

You really love to writhe

足 掻く Red Line

掻き分け た 見本 と

抉じ開け た リズム が

ただ 平行 に 並ぶ

Come and break it down for me !

I will lead the way home !

気 が ない 星 でも 願い 成さ ず

懺悔 さえ 渇 い た 汚し が 奏で た 人 なら

木漏れ日 の 墓 が 騒ぐ

次回 終わり の セラフ



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

We ' re all as bad

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

You always do

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

No suns , no lights

Such a mess all over

Don ' t kill your hopes

Don ' t kill your hopes

You make me realize who I need

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

But it changes somehow

But it changes somehow

But it changes somehow

But it changes somehow

So where are you now ?

So where are you now ?

So where are you now ?

So where are you now ?

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

Illusions so bright

Illusions so bright

Illusions so bright

Illusions so bright

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

To the core

ヨハネ の 四 騎士 だ

逃げろ 皆殺し に さ れる ぞ

剣 よ

助かった

これ で 俺 たち も 大阪 み たい に 守って もらえ る

守る だって

笑わ せ て くれる ね

誰 が 家畜 を 守る か よ

飼う の 間違い だ ねぇ

しかし 君 は さすが に 強い なぁ

第 三 位 始祖

クルル ・ ツェペシ 様 の 血 を 飲 ん で 吸 血 鬼 化 し た って 噂 は あった けど

あれ は やはり 事実 な の か な

素性 は どう あれ

独断 専行 し て 手柄 を 独り占め

所詮 は 欲 深い 人間 あがり よ

手柄 に 興味 は ない 君 たち の 好き に し て いい よ

これ より この 地区 は 吸 血 鬼 が 守り 支配 する こと に なり ます

皆さん の 安全 を 保証 する 代わり に

皆さん に は 血液 の 提供 を お 願い する こと に なり ます

あの …

あなた は 命 の 恩人 です

ありがとう ござい ます

お礼 に 私 の 血 を 吸って ください

あなた に なら 私 …

これ は 記憶 だ

これ じゃ 俺 たち 家畜 じゃ ねぇ か

だから ミカ 革命 起 こそ う ぜ 革命

いつ まで も 家畜 やって られ っか よ

もう 優 ちゃん は いっ つ も 馬鹿 な ん だ から

いっ つ も っ て な ん だ よ

力 で 吸 血 鬼 に 勝て る わけない でしょ う

頭 使う の 頭

実は 脱走 計画 が ある ん だ

この 吸 血 鬼 の 世界 から 逃げよ う

僕 に 任せ て おい て よ

まだ 僕 が 人間 で ある こと を 失う 前 の 記憶

そして この 僕 の 浅はか な 計画 の せい で

行けよ 早く 馬鹿

よ … よかった …

優 ちゃん だけ でも 逃げ れ たら 僕 は …

どういう こと だ

フェリド 様 が 撃た れ てる ぞ

家畜 の 分 際 で 貴族 に 手 を かける と は

やめ なさい

その 人間 は 私 の もの です

じ ょ … 女王 陛下 …

あなた が なぜ ここ に …

これ じゃあ もう 死ぬ わ ね

それ で これ は いったい どういう こと かしら

フェリド ・ バー トリー

これ は これ は

我ら が 吸 血 鬼 の 女王 クルル ・ ツェペシ

お 久しぶり 君 は いつも 綺麗 だ ねぇ

あら ありがとう

あなた も 相変わらず いやらしい 顔 で 笑う わ ねぇ

ひどい なぁ

頭 を 撃た れ た ばかり な のに

君 へ の 愛 で なんとか 笑顔 を 作って る ん だ よ

あなた が 愛し てる の は 私 の 持つ 権力 でしょ う

それ も 好き だ けど ね

それ で 第 七 位 始祖 の あなた が

たかが 人間 の 子供 に 撃た れ た

冗談 でしょ

でも 事実 だ

いいえ あなた は わざと 逃がし た

私 が 飼って た セラフ を

一 人 は 逃げ 一 人 は 死に かけ て いる

この 事件 に 弁解 が できる と いう なら 今 すぐ …

い や ー 弁解 す べき は 君 の 方 じゃ ない か なぁ

セラフ の 呪い に 触れる の は 法 に 触れる はず

僕 が 上位 始祖 会 に 一言 言え ば …

聞こえ なかった

だから 僕 が この 件 を …

ちょっと 怒ら せ すぎ た かな

よく 聞こえ なかった ん だ けど もう 一 度 言って くれる

ひどい よ クルル

くっつく と は いえ ちぎれる 瞬間 は 痛い ん だ よ

このまま 首 も ちぎ ろ う か

それ は 困る なぁ

よし 負け を 認めよ う

これ 以上 この 件 に は 踏み込ま ない

本当 だ

第 一 君 に 逆らって ここ で 生き て いける と は 僕 も 思って ない し ね

いい だ ろ う だ が もし また この 件 を 詮索 し たら …

大丈夫 僕 だって 命 は 惜しい から ね

でも また 来る よ クルル

僕 は 君 が 大好き だ から ねぇ

おい 人間 まだ 生き たい か

私 なら お前 に 命 を や れる ぞ 永遠 の 命 を

要ら ない …

そう か 命 は 要ら ない か

だが お前 に 選択肢 は ない

私 の 血 を 飲み お 前 は 人間 を やめろ

そして 僕 は 人間 で ある こと を やめ た

おい お前 な に 肩 当て てん だ よ

喧嘩 売った ろ お前

ち ょ お前 何 言って ん …

いって ぇ じゃ ねぇ か

上等 だ コラァ

優 くん その 顔 どう し た の

電柱 に ぶつかった

で … 電柱

そう そう 電柱

す っ げ ぇ 目付き の 悪い 電柱

何 それ

遅かった です ね

何 だ シノア か

あら その 顔 …

つまり また 謹慎 に …

喧嘩 なんか し て ねぇ ぜ

まあ いい ん です けど ね

でも … ついに 今日 から な ん です ね

はい そう な ん です

今日 から 僕ら 月 鬼 ノ 組 に 入る ため の 研修 教室 に 行ける こと に な …

研修 なんて 要ら ねえ ん だ よ

とっとと 実戦 に 投入 しろ って の

分かり まし た

じゃあ 優 さん は 研修 を 受け ない ので

武器 と 制服 な し で 戦場 へ どうぞ

ほとんど 全裸 じゃ ねぇ か

失礼 し ま ー す

二 人 を 連れ て き まし た よ グレン 中佐

中佐

よし お前 ら 聞け

今日 珍しく 担任 で ある 俺 が ここ に 出向 い て やった の は

転入 生 が いる から だ

ちなみに 言って おき ます が

担任 は 普通 毎日 教室 に 来る もの です よ

お前 は 黙って ろ

あー な ん だ とりあえず こいつ ら だ

百 夜 優一 郎 と 早乙女 与一

一言 で 言う と アホ と 弱虫 だ な

誰 が アホ だ よ

事実 だ ろ

いい から 自己 紹介 しろ

いら ねぇ よ

友達 を 作り に 来た ん じゃ ねぇ ん だ

ここ に いる 奴 ら に も 言 っと く が

俺 は お前 ら と 馴れ合う つもり は ねぇ から

ち ょ … 優 くん …

宣言 し とく

お前 ら クズ 共 が 今 まで 何 を 勉強 し て た か は 知ら ねぇ が

そい つ は 全部 無駄 だ

一 番 いい 武器 は 俺 が もらう こと に なった

以上

以上 じゃ ねぇ

お前 は 普通 科 で 一体 何 を 学 ん で き た ん だ この アホ が

もう いい 座れ 馬鹿 が

席 は あそこ な

くそ グレン の 馬鹿 力め

ん だ よ お 前 ここ 俺 の 席 に なった から 足 向け ん な よ

おい お前 聞い て ん の か

ん だ よ う っせ ー な

もう 昼 か

て め え は 今朝 の 電柱

なんで こんな とこ に

ふざけ ん な そりゃ こっち の セリフ だ

って 電柱 って なん だ コラァ

あいつ ら 何 な の

確か 君 月 も 先月 まで 普通 科 で 友達 作り さ せ て た はず だ よ な

お前 の 監視 下 で

そう です ね

効果 は

ご覧 の 通り です

お前 ちゃん と 仕事 しろ よ

監視 は し て まし た よ

今朝 も 君 月 士 方 くん は 百 夜 優一 郎 くん の 実力 を はかる ため に 襲って まし た

で お前 が 仲裁 し た ?

こっそり 楽し ん で 見 とき まし た

お前 ちゃん と 仕事 しろ よ

やかましい

ゆ … 優 くん

ほっとけ

それ じゃ 久しぶり に 授業 はじめ ん ぞ

失礼 し ます

一瀬 中佐 ちょっと いい です か

だめ だ ね 勝手 に 入って くん な

一 週間 後 の 鬼 呪 装備 適性 試験 の こと です が

当然 俺 が 最 上位 「 黒 鬼 」 の シリーズ に 挑戦 さ せ て もらえ る ん です よ ね

だから 入って くん な って

全科 目 の 成績 は 俺 が トップ の はず です

なんで そんなに 焦って 力 を 求める

なぜ そんな 質問 を する ん です

どうせ 軍 は 俺 の 素性 は 全部 …

ああ もちろん 知って いる

黙示録 の ウイルス に 感染 し た 妹 の 治療 に 金 が 要る ん だ ろ う

月 鬼 ノ 組 は エリート 集団 だ

所属 し て 活躍 すれ ば

民間 に 開放 さ れ て い ない 治療 や 解 呪 法 を 無制限 に 受け られる 可能 性 が ある

だが 今 の お前 じゃ 活躍 す ん の は 無理 だ

鬼 呪 装備 に 触れる こと すら でき ない

なん せ 鬼 呪 は 人 の 欲望 に 取り 憑 く から な

それ じゃあ あの 百 夜 と か いう 馬鹿 は 大丈夫 だ と でも

どう か ねぇ

少なくとも あいつ は 一 度 鬼 を 退け て みせ てっ から な

意外 と あいつ 仲間 も 大事 に し そう だ し

ふざけ ん な あんな 奴 より 俺 の 方 が 力 は …

足り ねぇ ん だ よ 力 だけ じゃ

だから お前 も 仲間 作れ

一 人 で 抱え込む な じゃ なきゃ

鬼 に 取り込ま れ た 時 飲み込ま れ て 戻って こ れ なく なる

焦り や 怒り は 鬼 の 好物 だ

今 の お前 じゃ 欲望 に 喰 わ れ て 本物 の 鬼 に 成り果てる

は いはい

今日 から は 一 週間 後 の 鬼 呪 装備 適性 試験 に 向け て

能力 を ジャッジ し て いき ま ー す

ここ で 結果 を 出せ ない と 一 週間 後 の 試験 すら 受け られ ない から

頑張る よう に

だ … 大丈夫 かな

とりあえず 一 番 強い 武器 は 俺 が もらう

まだ 言って る

今日 は 仲間 と 息 を 合わせる 訓練 を 評価 し ます

では 二 人 一 組 に なって ください

く … 組 ?

与一

与一 さん 与一 さん 私 と 組み ま しょ う

あ … はい

おい ちょ っ お前 ら おい

あの もしも ー し

マジ

は いはい

それでは 始め ます ね

点数 と か 付ける ので 張り切って 行き ま しょ う

軍 の 式 神 人形 か

大して 速く ねぇ な

とっとと 壊し て 評価 点 を 上げる ぞ

て め え どの 人形 狙って ん だ ふざけ て ん の か

お前 こそ ふざけ て ん …

いって …

百 夜 君 月 ペア マイナス 10 点

訓練 中 失礼 し ます

君 月 くん 至急 病棟 へ

妹 の 未来 さん の 様 態 が 急変 し た そう です

妹 って

うるさい 黙れ

すみません 気 に せ ず 訓練 を 続け て ください

おい 待って よ

ん な 場合 じゃ ねぇ だ ろ お前 の 妹 が 危 ねぇ ん じゃ ねぇ の か

黙れ って 言って ん だ よ

俺 は ここ で 成績 を 出さ なきゃ いけない ん だ

やっと ここ まで 来 た ん だ

妹 を 見捨て て も か

うる せい 人 の 事情 に 首 突っ込 ん で ん じゃ ねえ

俺 は 月 鬼 ノ 組 に 入る

続き を お 願い し ます

馬鹿 か お前 は

て め え の 家族 が 危 ねぇ ん だ ぞ

家族 は 死 ん だ ら もう …

死 ん だ ら もう 二 度 と 会え ない ん だ ぞ

君 月 くん 今回 は 危機 を 脱 し た が

民間 の 治療 設備 で は この ウイルス は …

分かって ます

でも もう 少し で 月 鬼 ノ 組 に 入って

そう したら 軍 の 施設 に 入れ られる ので

もう 少し だけ お 願い し ます

良かった な 助かって

つか お前 クソ み て ぇ に 目つき 悪い のに

妹 の ため に 頑張って た の か よ

それ なら そう 言え よ

つって も 一 番 強い 鬼 呪 装備 を 譲ったり は し ねぇ

お前 の せい だ

お前 の せい で 評価 が 下がった

俺 は 月 鬼 ノ 組 に は 入れ ない

そう したら もう 妹 は 助から ない

妹 の 命 を あっさり 諦め てん じゃ ねぇ よ

評価 が 下がった もう 助から ない ざ っけ ん な

俺 は 俺 の 欲しい もの は 絶対 に 手 に 入れる

その ため なら 軍 も 月 鬼 ノ 組 も 関係 ねぇ

なのに て め ぇ は 簡単 に 家族 の 命 を 諦める の か

ああ 誰 が 諦める って

くそ 一体 何 な ん だ よ

て め え の せい で

だが お前 の 言う とおり だ

今回 だけ は 感謝 し てる って 言って ん だ

大事 な 時 に 妹 の 側 に いれ た こと

悪かった な 妹 の ため に お前 の 評価 も 下げ た

俺 の 評価 は 俺 が 決める ん だ よ

お前 まじ う ぜ え なぁ

今日 始祖 の 血 を 継ぐ 貴族 の 方々 に 集まって もらった の は 他 で も ない

脅威

それ は 東京 以北 に おい て 暴れ て いる

「 日本 帝 鬼 軍 」 と いう 名 の 人間 ども の 組織 だ

奴 ら は 我ら の 同胞 を 殺し

人間 の 組織

領土 を 拡大 し 欲望 の まま に 禁 忌 の 呪 法 に 手 を 出す

情報 で は 再び 「 終わり の セラフ 」 の 実験 まで し て いる と いう

このまま 奴 ら を 野放し に し て おけ ば 8 年 前 と 同じ 大 厄災 が 起きる こと は 間違い ない

よって 我ら は

「 日本 帝 鬼 軍 」 を 殲滅 する こと に 決め た

戦争 だ

世界 の 安定 を 守る ため

我ら は 欲 深い 人間 ども を 皆殺し に する

戦争 終わり の セラフ

優 ちゃん すぐ 助け に 行く から ね

馴染め た シティ 鳥 籠 隅 凍え た 蕾 も

置き去り 声 暗め た 記憶 の 影

I need your blood

You really love to writhe

足 掻く Red Line

掻き分け た 見本 と

抉じ開け た リズム が

ただ 平行 に 並ぶ

Come and break it down for me !

I will lead the way home !

気 が ない 星 でも 願い 成さ ず

懺悔 さえ 渇 い た 汚し が 奏で た 人 なら

木漏れ日 の 墓 が 騒ぐ

次回 終わり の セラフ


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.