steve-kaufmann-10-secrets

I speak 20 languages

was successfully added to your cart.

Cart

YouTubeを使って英語を学ぶ

ではランダムな質問です:テレビとYouTube、あなたはどちらをよく見ていますか?あ、答えなくてもいいですよ。おそらく誰もが同じ答えなのではないでしょうか。今だってオンラインでこの記事を読んでくださっているんですもんね。では次の質問です。YouTubeを使って英語を学習する最良の方法は何でしょう?本記事を最後まで読んで参考になるヒントを見つけてもらえれば嬉しく思います。😉
良くも悪くも、YouTubeは私たちの生活の中に欠かせないものとなりました。面白い動画を見たり音楽を聴いたり、ほとんどの人はエンターテインメントの目的で使っていると思います。しかしYouTubeには、英語の学習者に大変役立つ教育的なコンテンツもたくさんあることを忘れてはいけません。
前回のポストで、言語学習者が一日あたりYouTubeに費やす時間のほんの一部を英語の学習に充ててはどうかいうアイディアについて書きました。今回は優れたコンテンツを使いながら英語の学習を促進するために、YouTubeをどう使っていくといいのか、その方法を紹介していきたいと思います。

English Grammar

レッスンを聴く

適者:全レベルの学習者
長所:注意散漫になりにくい、コミュニケーション力を育成
短所:視覚的な例示がない

問題文を解いたり英文を読むことよりもリスニングによる学習を好むタイプの学習者であれば心当たりがあるのではないでしょうか。 コンテンツを聴くことは、基本的にストレスのない言語学習へのアプローチを可能にします。 つまり視覚的な例示(文章、画像、動画)に縛られることなく、話者が提供する口頭のコンテンツのみに集中できるのです。
YouTube上のインストラクターまたは教師との一方的な会話、そして気を散らすものが最小限であると考えてみてください。 プラス面としては、あなたからの応答は必要ない(ことがほとんどな)ので、再生ボタンを押してもいつでも一時停止や巻き戻しをすることができます。
リスニングを行う際におすすめの方法は、メモ帳を手元に置いておくことです。 粋だなと思う英単語や将来の使用に備えて書き留めたいと思う言い回しがいつ聞こえるかはわかりません。 メモ帳が面倒な場合は、スマートフォンで素早くメモアプリを開いて内容を書き留めるのもひとつの方法ですね。
英語学習者がYouTubeでのリスニングにアプローチするおすすめの方法
外部の気を散らすものを最小限に抑える
ペンとメモ帳を手元に用意する
自分の能力に最も合ったコンテンツを見つける
手元のコンテンツに集中する
必要時にはメモを取る

一言で言えば、YouTubeのコンテンツを聴いて学習することは、アプローチの方法を知っていれば実際にかなりの効果が期待できます。では、そのリスニングにおいて私が強くお勧めするYouTubeチャンネルのトップ3をご紹介しましょう: Official IELTS TestsGo Natural EnglishToFluency

Studying on bed

 

チュートリアルを見る

適者:全レベルの学習者
長所:コンテンツが視覚的である、話者が見れる
短所:気を散らすものが複数ある

ここ最近で最も人気のあるテクニックでもあるYouTube動画を使った学習。YouTube動画を視聴することで所謂YouTube体験に完全に没頭しながら英語を上達させることができます。リスニングのみを行うのと比較すると、動画の視聴からは語彙(綴りに最適)、ルール(文法)、長めの文章(文構造)、画像(単語の視覚化)、デモンストレーション(実際のシナリオを視覚化)など、リスニングだけでは得られないビジュアル素材が提供されます。

さらにYouTube動画を視聴することにより、インストラクターとその口の動きを確認できるので特定の単語やフレーズの正しい英語の発音に集中することができます。

英語学習者がYouTube動画の視聴にアプローチするおすすめの方法
注意深く耳を傾け、視覚的な例示(単語、画像、またはビデオ)を吸収することに集中する
話者の発音や身振りに意識を集中させる
時折一時停止して話者を真似る(例:アクセントを真似してみる)
メモを取り、新しい単語やルールなどを書き留める

あなたの動画リストに追加すべきYouTubeチャンネルのトップ3はこちらです:Helena Daily EnglishEnglishAnyoneEnglishClass101

writing english notes

 

練習問題を行う

適者:初心者、中級者
長所:学んだことを実践できる新しい方法
短所:文脈不足、過剰なコンテンツ

この方法は、YouTubeを使った英語学習の中では最も一般的ではない方法かもしれません。通常は「聴く」または「見る」学習を補うために使用されるものですものね。 しかし単独のテクニックとして使用する場合、一般的には文脈や現在の状況との関係を視野に入れることなく以前に学習した内容を練習できます。
このテクニックの良い点は、書かれた練習問題だけにとどまることなく、発音、リーディング、ライティングの練習ができることです。 YouTubeで非常に具体的な用語を検索し、準備作業を行うことで特定の試験に備えたい学習者には大変役立つ教材となる可能性があります。

英語学習者がYouTube動画での練習問題にアプローチするおすすめの方法
注意しておきたい特異性の高いトピックを検索する
練習問題の時間を計り、「チート」をする選択肢を制限する
新しいことを実践: 時折、既に知っている内容を見直す
さまざまな演習(言語スキルである4つすべて)を含める

ここで注意すべき点が1つあります。動画に練習問題を含むYouTubeチャンネルの大部分は問題をやや易しめにしている傾向があるため、上級の英語学習者はチャンネルで難易度が特に言及されていない限り、このテクニックをあまり使用する必要は感じないかもしれません。 とはいえ、誰にとっても何かを練習しすぎるということはないと思います。

関連して、英語学習者向けの優れた練習問題を備えたYouTubeチャンネルのトップ3を以下にご紹介します。MmmEnglishDaily English ConversationEat Sleep Dream English

YouTube

 

さて、この記事を読んでYouTubeで英語を学ぶのに役立つ方法が見つかったでしょうか?

もし見つかったようであれば、あなたの英語力を最大限に高めるために私が推奨する手順やチャンネルをフォローして最善を尽くして頂ければと思います。しかしその他にも、オンラインで行えることで言語学習者に作用するものはたくさんあります。従来の教材本を電子書籍やオーディオブック、ポッドキャストなどで取って変える人もいるでしょう。その一方でオンラインのコースやゲーム、eラーニング全体への同情を高めている人もいます。

正直に言ってこれらに悪い点があるわけではありません。ただ、時間とオンライン学習を最大限に活用できるのはどこか、そしてその方法を知っておくべきです。 幸いなことに、英語学習者(および一般的な学習者)にとって、YouTubeは正にあらゆるトピックに最適なソリューションを提供します。

では、YouTubeで英語を学ぶ上で一番いい方法とは一体何か?正直に答えます。やっていて自分が楽しいと感じ感じるものなら何でもいいのです。楽しみながら学んでいれば、おそらくあっという間にマスターしていけます!

 

 

LingQを使って英語を学習する最良の方法

ついに、お気に入りのYouTube動画をLingQにインポートできるようになりました!この機能が優れているのは、新しい単語を調べる時間を短縮してより素早く学べること、そしてインポートしたレッスンを外出先に持って行くことができることです。

例えば、YouTubeを見ているときに動画を一時停止して知らない単語を検索することがあるでしょう。LingQではプラットフォーム内で様々な辞書を搭載していて、新しい語彙のフラッシュカードが簡単に検索、保存、作成できるようになっています。この便利な機能により学習がスムーズに進みます。

Learn English on LingQ

それだけでなく、YouTubeのコンテンツをLingQにインポートすることで、テキスト全文を簡単に読んだり、設定を調整して文字サイズを大きくしたり小さくしたりすることもできます。また、テキスト全文のみを表示して動画を非表示にすることもできるので、気を散らせるものを減らすこともできます。

Learn English on LingQ

見てわかる通り、LingQは、辞書、カスタマイズ機能、フラッシュカード、文法タグ、センテンスモードなど、YouTubeと比較してもはるかに多くの言語学習ツールを提供しています。モバイルでも利用できるため、外出先でもレッスンにアクセスすることが可能です。

learn english online

まだ迷っていますか?好きなYouTube動画をインポートして、その瞬間から楽しい学習を始めましょう。いますぐLingQをチェック!
Jasmin Alićはボスニア・ヘルツェゴビナ出身、多文化を学習する環境において豊富な経験を持つ受賞歴もあるEFL/ESLの教師および文学作品愛好家です。

Leave a Reply