image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 20

一 人 死 ん だ

やった ぞ

倒し た

死体 を 回収 しろ

通路 を 切り替え だ

はっ

奴 ら は 生物 で は ない 悪魔 が 操縦 する 機械 だ

機械 を 止める に は モーター を 完全 に 破壊 すれ ば いい

心臓 を 確実 に 破壊 する ため に は

点 の 貫通 力 より も 面 の 破壊 力 だ

我々 に 必要 な の は

直径 約 8 mm の 鉛 玉 が 16 個 詰まった ワン バック 弾 を 装填 し た ショットガン だ

なん だ 今 の 音

銃声 じゃ ない ん です か

まさか

皆さん どうか お 静か に

屋上 の 犯人 の 威嚇 発砲 です

こちら に は 全く 影響 あり ませ ん

念のため 数 分間 様子 を 見 た うえ で 避難 を 再開 し ます

人間 ども め なかなか の 手際 だ な

さて どう し た もの か

これ より 避難 を 再開 し ます

いま せ ん ね

次 も なし か

どう し た

こんな はず は ない

気付か れ た の か

隊長

例の 殺さ れ た 私立 探偵 の メモ に

不 明確 ながら 書か れ て い た

テレパシー ?

ええ 読み まし た よ

ここ は 万全 を 期す べき です

これ から 浦上 を 中 へ 送り ます から 使って ください

しかし その 男 は …

少し お 待ち ください

どう し た

それ が 広川 が

2 階 の 会議 室 に 市民 が ?

そう です

今日 は 私 と の タウン ミーティング が 予定 さ れ て い まし て ね

おそらく 放送 が 聞こえ なかった の でしょ う

それ なら 大丈夫 です

確認 に 向かわ せ まし た から

いや 武装 し た あなた 方 を 見 れ ば きっと 怯え て しまう でしょ う

かえって 混乱 を 招き ます

そう です

私 たち が 2 階 へ 行き 誘導 し ます

動き 始め た か

建物 から 出す な 足止め し て おけ

はっ

失礼 し まし た

その 超 能力 を 持った 殺人 犯 と や ら を 連れ て き て ください

おいおい 手錠 外し て くれよ

いざ って とき これ じゃ 困る ぜ

逃げ や し ねえ よ

第 一 こんな お 巡り だらけ の 中 どう やって 逃げ ん だ よ

よし いい だ ろ う

なあ ミギー 俺 たち も 協力 しよ う

こっち だって 敵 を 見分け られる ん だ から

だめ だ ね

だめ です 協力 し て ください

市民 に 銃口 を 向ける と は 何事 だ

あの

避難 し たい ん です けど

ああ …

そう か この 車 だ な

ちょっと

重なって る じゃ ない か これ じゃ わから ない ぞ

列 を 乱さ ない で

縦 一 列 に なって 進 ん で ください

どう し た

並 ん で いる ぞ

1 23 …

待て 止ま れ

違う って そい つ は 人間

あー あ ありゃ 完全 に 死 ん だ な

ひどい なんて ひどい こと を

下がって ください

列 に 戻って ください

ち ょ ちょっと

あ あの …

早く 撃て 殺せ

くそ ー

装置 に 流れ弾 が

センシング システム が ダウン し まし た

皆さん 静か に 落ち 着 い て ください

落ち着 い て

くそ っ

撃つ な

待て どこ へ 行く

もう いい ほっとけ

全員 床 に 伏せろ

両手 を 頭 の 後ろ に 組め

5 秒 以内 だ 早く しろ

絶対 に 立ち上がる な

許可 なく 立つ 者 は その 場 で 射殺 する

ちょっと 待て よ

いきなり な に 勝手 な こと …

人間 だった か

そ そんな

この 市 庁舎 に は 多数 の パラサイト が おり

これ から 我々 が 奴 ら を 制圧 する

いい か 自分 が 人間 だ と 思う の なら 大人 しく 我々 の 指示 に 従え

何 か できる こと は ない の か

何 か …

これ より 狩り 場 を 拡大 する

ここ は 如月 班 に 任せる

怪しい もの は 容赦 なく 撃て

はっ

睦月 班 と 皐月 班 の 生き残り は 私 の 新月 班 と 合流 し て 庁舎 内 の 掃除 を し て 回る

了解

おい 殺人 犯 は 私 に つい て こい

化け物 共 の 確認 しっかり 頼む ぞ

て め え に 言わ れ たか ねえ よ

なあ

正当 防衛 … いや それとも 公務 執行 妨害 か

これ は 非常 事態 で あり

ああ ? なん だって ?

手 は 頭 の 後ろ だ

止まれ

なぜ 逃げよ う と し ない

あんた なら 包囲 を 抜ける の も 容易 い だ ろ う

キミ も な

俺 は もう 少し 敵 の 戦い ぶり を 見 て いく つもり だ が

あんた は どう する

さて

ここ で 逃げ て も 意味 が ない 気 も する し な

まあ 好き に する さ

わかって いる

それ で 広川 の 位置 は ?

議会 棟 に 潜行 し て い た 卯月 班 と 広川 の グループ が 接触

その 際 2 階 連絡 通路 で ロスト

ここ で 分かれる

新月 班 は 市 庁舎 本館

睦月 班 と 皐月 班 の 混成 チーム は 議会 棟 だ

はっ

殺人 犯

貴 様 睦月 班 皐月 班 の 混成 チーム に 同行 しろ

俺 は 浦上 だ よ

て め え だって 人殺し だ ろ

しかし そちら は 敵 の 識別 が …

ご 心配 なく

そろそろ 私 に も 化け物 の 見分け が つく よう に なった

卯月 班 を 発見 広川 たち と 接触 し た と 思わ れる が

全滅 し た 模様

や だ や だ

アホ くさ

人間 だ よ 両方 と も

な に やって ん だ お前 ら こんな 時 に

すいません

平和 だ ね ー

でも 俺 が い なきゃ この 二 人 は 蜂 の 巣 だった な

よかった 助け て ください

撃て

しかし …

なんで わかった ん です

1 階 の ホール に い なかった

ともかく だ

見つけ た なら 撃て

戦い は 始め から 人間 側 が 優勢 だった

もとより 攻撃 部隊 の 目的 は 市民 の 保護 など で は なく 敵 の 殲滅 で あった が

その 姿勢 を あえて あからさま に する こと で パニック を 封じ た

そして 何 人 か の 犠牲 者 は 出し つつ も 確実 に 寄生 生物 たち を 駆除 し て いった

我々 は か弱い

それ のみ で は 生き て 行け ない ただ の 生命 体 だ

だから あまり いじめる な

おいおい ほとんど 先頭 じゃ ねえ か

後ろ に 居 た ん じゃ 意味 ない だ ろ

止まれ

待って ください 私 は 違い ます

撃て

ち ょ ちょっと

何 やって ん だ よ おら ァ

チッ どこ 狙って ん だ

追え 追う ん だ

大粒 の 散 弾 で ボディ を 破壊 か

なかなか 効果 的 な よう だ な

こいつ は

いかに もって 感じ だ が

は いはい めん どくせ え なあ もう

構わ ねえ から みんな 撃っちゃ え ば いい ん だ よ

浦上 どこ へ 行く

こい よ

こっち の 方 が 広い ぞ

浦上

貴 様 やっぱり 逃げる つもり だった の か

み … 見 た だ ろ あいつ を

あんた ら あれ が 人間 の 形 に 見え た の か

なん だ と

なん だ たった これ だけ か

2 分 くれ て やろ う

撃て

なぜ 倒れ ない

ち 血 が 全然 出 て ない ぞ

なん だ この 音 は

ヤツ の 体 内 から だ

ずいぶん たくさん 御馳走 し て くれ た な

まさか … 散 弾 ?

ヤツ の 腕 を

なん だ まだ 生き てる やつ が いる な

なるほど

ボディ アーマー の おかげ か

こういう 場合

しゃら くせ え と か 言う の か

仕上げ に もう 30 秒

なん だ

睦月 班 と 皐月 班 の 混成 チーム が 全滅 し た 模様 です

分かった

弥生 班 を 議会 棟 へ 回せ

さあ 戻る ぞ 浦上

冗談 じゃ ねえ や

いい加減 に しろ よ

や あ 諸君

次回 「 性 と 聖 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

一 人 死 ん だ

やった ぞ

倒し た

死体 を 回収 しろ

通路 を 切り替え だ

はっ

奴 ら は 生物 で は ない 悪魔 が 操縦 する 機械 だ

機械 を 止める に は モーター を 完全 に 破壊 すれ ば いい

心臓 を 確実 に 破壊 する ため に は

点 の 貫通 力 より も 面 の 破壊 力 だ

我々 に 必要 な の は

直径 約 8 mm の 鉛 玉 が 16 個 詰まった ワン バック 弾 を 装填 し た ショットガン だ

なん だ 今 の 音

銃声 じゃ ない ん です か

まさか

皆さん どうか お 静か に

屋上 の 犯人 の 威嚇 発砲 です

こちら に は 全く 影響 あり ませ ん

念のため 数 分間 様子 を 見 た うえ で 避難 を 再開 し ます

人間 ども め なかなか の 手際 だ な

さて どう し た もの か

これ より 避難 を 再開 し ます

いま せ ん ね

次 も なし か

どう し た

こんな はず は ない

気付か れ た の か

隊長

例の 殺さ れ た 私立 探偵 の メモ に

不 明確 ながら 書か れ て い た

テレパシー ?

ええ 読み まし た よ

ここ は 万全 を 期す べき です

これ から 浦上 を 中 へ 送り ます から 使って ください

しかし その 男 は …

少し お 待ち ください

どう し た

それ が 広川 が

2 階 の 会議 室 に 市民 が ?

そう です

今日 は 私 と の タウン ミーティング が 予定 さ れ て い まし て ね

おそらく 放送 が 聞こえ なかった の でしょ う

それ なら 大丈夫 です

確認 に 向かわ せ まし た から

いや 武装 し た あなた 方 を 見 れ ば きっと 怯え て しまう でしょ う

かえって 混乱 を 招き ます

そう です

私 たち が 2 階 へ 行き 誘導 し ます

動き 始め た か

建物 から 出す な 足止め し て おけ

はっ

失礼 し まし た

その 超 能力 を 持った 殺人 犯 と や ら を 連れ て き て ください

おいおい 手錠 外し て くれよ

いざ って とき これ じゃ 困る ぜ

逃げ や し ねえ よ

第 一 こんな お 巡り だらけ の 中 どう やって 逃げ ん だ よ

よし いい だ ろ う

なあ ミギー 俺 たち も 協力 しよ う

こっち だって 敵 を 見分け られる ん だ から

だめ だ ね

だめ です 協力 し て ください

市民 に 銃口 を 向ける と は 何事 だ

あの

避難 し たい ん です けど

ああ …

そう か この 車 だ な

ちょっと

重なって る じゃ ない か これ じゃ わから ない ぞ

列 を 乱さ ない で

縦 一 列 に なって 進 ん で ください

どう し た

並 ん で いる ぞ

1 23 …

待て 止ま れ

違う って そい つ は 人間

あー あ ありゃ 完全 に 死 ん だ な

ひどい なんて ひどい こと を

下がって ください

列 に 戻って ください

ち ょ ちょっと

あ あの …

早く 撃て 殺せ

くそ ー

装置 に 流れ弾 が

センシング システム が ダウン し まし た

皆さん 静か に 落ち 着 い て ください

落ち着 い て

くそ っ

撃つ な

待て どこ へ 行く

もう いい ほっとけ

全員 床 に 伏せろ

両手 を 頭 の 後ろ に 組め

5 秒 以内 だ 早く しろ

絶対 に 立ち上がる な

許可 なく 立つ 者 は その 場 で 射殺 する

ちょっと 待て よ

いきなり な に 勝手 な こと …

人間 だった か

そ そんな

この 市 庁舎 に は 多数 の パラサイト が おり

これ から 我々 が 奴 ら を 制圧 する

いい か 自分 が 人間 だ と 思う の なら 大人 しく 我々 の 指示 に 従え

何 か できる こと は ない の か

何 か …

これ より 狩り 場 を 拡大 する

ここ は 如月 班 に 任せる

怪しい もの は 容赦 なく 撃て

はっ

睦月 班 と 皐月 班 の 生き残り は 私 の 新月 班 と 合流 し て 庁舎 内 の 掃除 を し て 回る

了解

おい 殺人 犯 は 私 に つい て こい

化け物 共 の 確認 しっかり 頼む ぞ

て め え に 言わ れ たか ねえ よ

なあ

正当 防衛 … いや それとも 公務 執行 妨害 か

これ は 非常 事態 で あり

ああ ? なん だって ?

手 は 頭 の 後ろ だ

止まれ

なぜ 逃げよ う と し ない

あんた なら 包囲 を 抜ける の も 容易 い だ ろ う

キミ も な

俺 は もう 少し 敵 の 戦い ぶり を 見 て いく つもり だ が

あんた は どう する

さて

ここ で 逃げ て も 意味 が ない 気 も する し な

まあ 好き に する さ

わかって いる

それ で 広川 の 位置 は ?

議会 棟 に 潜行 し て い た 卯月 班 と 広川 の グループ が 接触

その 際 2 階 連絡 通路 で ロスト

ここ で 分かれる

新月 班 は 市 庁舎 本館

睦月 班 と 皐月 班 の 混成 チーム は 議会 棟 だ

はっ

殺人 犯

貴 様 睦月 班 皐月 班 の 混成 チーム に 同行 しろ

俺 は 浦上 だ よ

て め え だって 人殺し だ ろ

しかし そちら は 敵 の 識別 が …

ご 心配 なく

そろそろ 私 に も 化け物 の 見分け が つく よう に なった

卯月 班 を 発見 広川 たち と 接触 し た と 思わ れる が

全滅 し た 模様

や だ や だ

アホ くさ

人間 だ よ 両方 と も

な に やって ん だ お前 ら こんな 時 に

すいません

平和 だ ね ー

でも 俺 が い なきゃ この 二 人 は 蜂 の 巣 だった な

よかった 助け て ください

撃て

しかし …

なんで わかった ん です

1 階 の ホール に い なかった

ともかく だ

見つけ た なら 撃て

戦い は 始め から 人間 側 が 優勢 だった

もとより 攻撃 部隊 の 目的 は 市民 の 保護 など で は なく 敵 の 殲滅 で あった が

その 姿勢 を あえて あからさま に する こと で パニック を 封じ た

そして 何 人 か の 犠牲 者 は 出し つつ も 確実 に 寄生 生物 たち を 駆除 し て いった

我々 は か弱い

それ のみ で は 生き て 行け ない ただ の 生命 体 だ

だから あまり いじめる な

おいおい ほとんど 先頭 じゃ ねえ か

後ろ に 居 た ん じゃ 意味 ない だ ろ

止まれ

待って ください 私 は 違い ます

撃て

ち ょ ちょっと

何 やって ん だ よ おら ァ

チッ どこ 狙って ん だ

追え 追う ん だ

大粒 の 散 弾 で ボディ を 破壊 か

なかなか 効果 的 な よう だ な

こいつ は

いかに もって 感じ だ が

は いはい めん どくせ え なあ もう

構わ ねえ から みんな 撃っちゃ え ば いい ん だ よ

浦上 どこ へ 行く

こい よ

こっち の 方 が 広い ぞ

浦上

貴 様 やっぱり 逃げる つもり だった の か

み … 見 た だ ろ あいつ を

あんた ら あれ が 人間 の 形 に 見え た の か

なん だ と

なん だ たった これ だけ か

2 分 くれ て やろ う

撃て

なぜ 倒れ ない

ち 血 が 全然 出 て ない ぞ

なん だ この 音 は

ヤツ の 体 内 から だ

ずいぶん たくさん 御馳走 し て くれ た な

まさか … 散 弾 ?

ヤツ の 腕 を

なん だ まだ 生き てる やつ が いる な

なるほど

ボディ アーマー の おかげ か

こういう 場合

しゃら くせ え と か 言う の か

仕上げ に もう 30 秒

なん だ

睦月 班 と 皐月 班 の 混成 チーム が 全滅 し た 模様 です

分かった

弥生 班 を 議会 棟 へ 回せ

さあ 戻る ぞ 浦上

冗談 じゃ ねえ や

いい加減 に しろ よ

や あ 諸君

次回 「 性 と 聖 」


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.