image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 16

さて と 次 は 探偵 本人 だ が

あたし が 行く わ

腕 に 寄生 し た 人間 の ほう は

明日 三木 が 向かう こと に なって いる

陽子

由美

俺 が 思う に きっと 君 の 戦い 方 って の が 独特 な ん だ

だから これ まで の 仲間 たち は 軽く やら れ て しまった

人間 の 脳 が 生き残って る って の に

逆 に 強い って いう の が 分から ない よ な

食堂 に あった 死体 から 推理 する と

勝負 は 一瞬 で 決まった と いう わけ で は ない よう だ し

あれ ここ は 笑う ところ じゃ なかった か

で いつも どう やって る わけ

君 の 戦い 方 って やつ を 教え て くん ない

なん な ん だ あいつ

やたら と しゃべる し 気味 が 悪い

油断 する な

あれ で きっと 探り を 入れ て いる ん だ

いくら 表情 豊か に 話しかけ て き て も

人間 の それ と は まるで 異質 の もの だ と いう こと を 忘れる な

へ ー そう やって 相談 し ながら 戦う ん だ

それ って 効果 ある わけ

ずば抜け た スピード と 動態 視力 が ある ね

死体 を 原形 の まま 持ち帰る って の は ちょっと 難し そう だ ぞ

刃 の 数 が 多 すぎる

こっち も 数 を 増やせ ば

そう 単純 な 問題 じゃ ない

最小 限 これ だけ と 言う サイズ が ある ん だ

あいつ 遅い な

確かに スピード は 君 が 上 だ が スタミナ が それほど ある わけ じゃ ない だ ろ う

ああ 今日 は 走り っぱなし だ し かなり や ばい

私 も 短 時間 ながら あんなに 忙しい 戦い は 疲れる

お 疲れ コンビ か

でも 一応 は 引き離し た な

新しい タイプ の 敵 1 つ の 体 に 3 匹 か

足 じゃ ない の か

足 ?

この 間 の 戦い の とき 言って た ろ

人間 の 部分 が 弱点 だって

なんとか し て 足 を 攻撃 でき れ ば

どう し た

無理 な の か

気 に なる ん だ

やつ の 寄生 部分 の 範囲 が どうも よく わから ん

どうして さ 3 匹 だ ろ

頭 と 両腕 しか ない じゃ ない か

その 通り な ん だ が どうも な

ダメ だ 追いつ い て き た

また 転 ん だ

また ?

まったく よく 逃げる やつ だ な

もう 面倒くさい や

原形 なんか どう で も いい こと に しよ う

仕方ない 一 か 八 か だ

君 の 言う 通り 足 を 狙 お う

次に 来る 右 から の 攻撃 は わたし が 防ぐ

君 は 左 から の 攻撃 を 下がら ず に 素手 で 躱 し て くれ

無理 だ よ そんな の

まさか

勝ち ぃ

ありゃ

今 の は

空中 衝突 だ しかも 自分 の 触手 同士 で

少し 正体 が 見え て き た ぞ

正体 ?

ああ

確かに 初め は 驚か さ れ た が 案外 見かけ倒し かも しれ ん

だ と いい ん だ けど

まず 寄生 部分 だ が 頭 と 両腕 以外 に も 拡 がって いる

さっき きり つけ た 脚 も 人間 の もの で は なかった

まさか

だが いずれ に して も 頭 が 司令塔 に は 違いない

両腕 の 動き から は 独自 の 感情 が 感じ られ ない から な

来 た ぞ

何度 でも 逃げ て やる

いい 場所 が あった あの 林 に 入れ

やつ の 司令塔 は 優秀 で は ない

体 全体 の 動き に 統一 性 が ない から 転 ん だ り 触手 が 衝突 する

何より も

寄生 部分 で ある はず の 頭 が なぜ 変形 し て 攻撃 し ない

たしかに

両腕 など ほか の 寄生 部分 を 統率 する だけ で 手一杯 な の だ

つまり 頭 が 頭 で なく なれ ば 大 混乱 に 陥る

なんの こと は ない 結局 的 は 一 人 と 言う こと さ

よし ここ で 戦う と まれ

狙う べき は 足 や 胴 より も 頭

頭 を 切り離す の が 確実 だ

でも どう やって

できる 私 が 合図 し たら 奴 に 向かって 一直線 に 突っ込め 全速力 で だ

私 を 信じろ

やっと 追いつ い た

動く な よ ッ

木 を 盾 に し て 左右 上 下 に かわし ながら

一定 の 距離 を 保ち

線 の 動き で 躱 し て い れ ば

敵 も こっち の 動き に 馴 れ 線 の 先 を 読む よう に なる

そこ で いきなり

今 だ

やつ に すれ ば 逃げ て ばかり の 線 が 突然 迫って くる 点 に なる わけ だ

平行 が 垂直 に 横 が 縦 に

ただ で さえ 触手 たち を もてあまし てる やつ に 点 の 捕 捉 は 出来 ない

やった

どう し た

そんな そんな こと が できる の か

選手 交代 だ な

三木 戻って こい

いや 面目ない

話 に なら ん

やはり 右手 で いる の が 分相応 だ な 三木

あいつ 3 匹 じゃ なかった ん だ

なに

見ろ ヤツ は いま 完全 に 一 人 だ

瞬時 に し て 全身 を 掌握 し 1 個 の 生物 に なった

しかし そう なる 直前 に 意識 が 5 つ に 分裂 し た

つまり あの 体 に は 全部 で 5 匹 潜 ん で いる

ご … 5 匹 も ?

さっき の 奴 が 頭 の 時

3 匹 に 感じ られ た の は 1 つ に 統一 でき なかった から だ

そういう こと だ

統率 者 に なれる の は 俺 と 三木 だけ

完全 に 1 つ に できる の は 俺 だけ だ

ミギー

ああ 感心 し て 見物 し て いる 場合 じゃ ない な

眠って る 間 に 随分 遠く まで き た よう だ が

お前 と は 前 に 一 度 目 が あった な

お前 は

さっき と 動き が まるで 違う

猿 でも あんな 動き は でき ない

林 の 中 が 逆 に 不利 に なって しまった

なかなか 速い な 人間 に し て は

すみません

くそ

乗る ぞ

くそ っ

まさか

そんな こと も 出来る の か

なん だ

時速 60 キロ だ ぞ

化け物 か

ミギー

しら ねえ ぞ 俺 に は 関係 ねえ

く そった れ が 逃げ や がった

おい 大丈夫 か

全身 が だるい さっき の 出血 の せい だ 血 が 足り ん

血 が ?

あなた の 辛い 気持ち は よく 分かり ます

しかし …

平間 さん って 人 い ます か

平間 ?

課長

君 は もう いい

倉 森 さん あなた が なぜ 平間 警部 補 の こと を ご存知 な の か は

まあ いい と し ま しょ う

心当たり が お あり な ん です ね パラサイト に

シン イチ 服 を 買え これ じゃ 目立ち すぎる

それ から 食事 だ

ああ けど 金 が ない

その お 金 どう し た ん だ

さっき の ドラック から な

だが 私 は 人間 じゃ ない から 人間 の 法律 や 道徳 を 持って こ られ て も 困る ぞ

でも 俺 の 手 だ ろ

これ は 私 が 生きる ため に 私 が した こと だ

私 と 君 は あくまで 違う 種 の 生物 だ が

協力 関係 に あり 互い を 尊重 せ ね ば なら ん

そうした 上 で 我々 に 共通 する 目的 は 何 か

生き抜く こと だ

でも 泥棒 だ ろ

そう だ よ

続報 です

殺さ れ た 倉 森 さん の 妻 と 長女 は

日本 刀 の よう な 鋭い 刃物 で 切り裂か れ て い た こと が 判明 し まし た

倉 森 って まさか

また 倉 森 さん の 勤務 先 で ある 調査 業 の 事務 所 が

同じ 夜 放火 と 見 られる 火災 で 全焼 し まし た

その 事件 と の 関わり も 含め 倉 森 さん 本人 から 詳しい 事情 を 聞く そう です

生かし て おい て は 危険 と 判断 し た ん だ ろ う

おそらく 家族 は とばっちり だ

肝心 の 探偵 本人 に は 逃げ られ た ん だ から な

父さん に 連絡 し なきゃ

新一 か

こんなに 遅く まで どこ に

父さん よく 聞い て くれよ

その 家 から 逃げ て くれ 今 すぐ に

何 が あった ん だ 新一

色々 あって しばらく 家 は 戻れ ない

なぜ だ 順序 立て て 全部 話せ

全部

全部 なんて 話せる わけ ない

でも 急ぐ ん だ 急が ない と

父さん 俺 今 まで あまり 親 に 逆らったり し ない いい 子 だった ろ

母さん が 死 ん で 二 人きり に なって も

いい 息子 で いる つもり だ よ

だから 今 の この 電話 だって ふざけ てる わけ じゃ ない ん だ

だから 父さん お 願い だ から 家 から すぐ 出 て くれ

怪物 が 来る ん だ 母さん を 殺し た やつ だ よ

お前 は 大丈夫 な ん だ な

うん

わかった ともかく ここ を 出よ う

父さん は お前 を 信じる

ありがとう 父さん

私 が 平間 です

奥さん と お 子 さん の こと 大変 お 気の毒 と 存じ ます

ご 遺体 に つい て 検視 は まだ 完全 に 済 ん で は おり ませ ん が

拝見 し た ところ 間違い ない と 思い ます

ぜひ お 心当たり を お 聞か せ ください

倉 森 さん 仇 を

仇 ?

はい

子供 の 頃 から 名 探偵 に 憧れ て い まし た

名 探偵 ホームズ

で いろいろ あって 一応 探偵 に は なった ん です が

あの ねえ 君

なれ ます よ 名 探偵 に

仇 討て る でしょう か

もちろん です

い いく つ か の 情報 が あり ます

ところが 気持ち が えらく 混乱 し て まし て

まず 筆記 用具 と その どこ か もっと 落ち着ける 場所 を

分かり まし た

違う これ は テレパシー で は ない

でも これ で 何 回 目 だ

夢 で 会う の は 16 回 目 だ よ

どうせ 君 は 忘れる だ ろ う が ね

しかし 現実 世界 の ミギー と は 似 て も 似つか ない 姿 だ な

君 は 毎回 同じ こと を 言う

私 だって 君 が 現実 世界 の シン イチ の 形 に は 見え ない ぞ

なん だ もう 行く の か

君 の 体 に 溶け こ ん だ 私 の 30 % の 細胞 たち と は

どう やって も 連絡 でき ない こと が わかった

これ 以上 夢 の 中 で 会って も しょうがない

第 一 いま 現実 の 世界 で 我々 は のんびり し て い られ ない 状況 な ん だ ぜ

そう だ っけ

目覚め れ ば 思い出す よ

ミギー

あれ なん だ っけ

さ むっ

両方 と も 失敗 信じ られ ん

私 の 失敗 は 探偵 の 処分 を お前 達 に 任せ た こと だ

探偵 を 殺さ ず その 家族 を 殺す なんて

人間 の 性質 を 知ら な さ すぎる

部屋 が 暗かった もの で ね

けど 順に 殺し て いけ ば いい だけ の こと でしょ

みんな 少し 人間 を 侮り すぎ てる

確かに 単体 で は ひ弱 な 動物 に 見える

だが そう で は ない

我々 が 認識 し なくて は なら ない こと

それ は 人間 が 何 百 何 十万 と 集まって ひと つ の 生き物 だ と いう こと

人間 は 自分 の 頭 以外 に もう ひと つ の 巨大 な 脳 を 持って いる

それ に 逆らった 時 私 たち は 敗北 する

敗北 だ と

あんた 本当 に 仲間 な の か

どうも 何 か が 違う 何 か が

泉 くん が 無断 欠席 なんて

昨日 も ただ ごと じゃ ない って 雰囲気 だった し

里美

はい これ

泉 くん が 置 い てった バッグ

里美 が 届け て あげ な よ

え でも

仲直り の きっかけ に も なる し さ

里美 が いか ない なら 私 が 持って く よ

倉 森 さん

やら れ た

容疑 者 って わけ じゃ ない の に なんで 逃げる ん だ よ

田村 玲子

協力 者

陽子 由美

仇 は きっと この 手 で

田村 玲子

田村 玲子 違う 仲間 と は 違う

危険 危険 だ

我々 仲間 に とって

不思議 だ お前 は 不思議 だ

この 世界 は 不思議 が 多い

なぜ 私 は

我々 は なぜ 生まれ て き た

やっぱり い ない

どこ に いる の ねぇ 無事 な の

泉 くん

田村 玲子 お前 だ よ 俺 を 地獄 に 引きずり込 ん だ の は

3 人 あまり 穏やか で は な さ そう だ

どこ へ

まあ いい

今 の うち に

こんばん は 田村 さん

隠 そ う と 思って も 隠せ ない もの だ な

ああ 私 たち が 発 する 最も 強い 波長 は 殺意

あるいは 敵意 だ から な

次回 「 瀕死 の 探偵 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

さて と 次 は 探偵 本人 だ が

あたし が 行く わ

腕 に 寄生 し た 人間 の ほう は

明日 三木 が 向かう こと に なって いる

陽子

由美

俺 が 思う に きっと 君 の 戦い 方 って の が 独特 な ん だ

だから これ まで の 仲間 たち は 軽く やら れ て しまった

人間 の 脳 が 生き残って る って の に

逆 に 強い って いう の が 分から ない よ な

食堂 に あった 死体 から 推理 する と

勝負 は 一瞬 で 決まった と いう わけ で は ない よう だ し

あれ ここ は 笑う ところ じゃ なかった か

で いつも どう やって る わけ

君 の 戦い 方 って やつ を 教え て くん ない

なん な ん だ あいつ

やたら と しゃべる し 気味 が 悪い

油断 する な

あれ で きっと 探り を 入れ て いる ん だ

いくら 表情 豊か に 話しかけ て き て も

人間 の それ と は まるで 異質 の もの だ と いう こと を 忘れる な

へ ー そう やって 相談 し ながら 戦う ん だ

それ って 効果 ある わけ

ずば抜け た スピード と 動態 視力 が ある ね

死体 を 原形 の まま 持ち帰る って の は ちょっと 難し そう だ ぞ

刃 の 数 が 多 すぎる

こっち も 数 を 増やせ ば

そう 単純 な 問題 じゃ ない

最小 限 これ だけ と 言う サイズ が ある ん だ

あいつ 遅い な

確かに スピード は 君 が 上 だ が スタミナ が それほど ある わけ じゃ ない だ ろ う

ああ 今日 は 走り っぱなし だ し かなり や ばい

私 も 短 時間 ながら あんなに 忙しい 戦い は 疲れる

お 疲れ コンビ か

でも 一応 は 引き離し た な

新しい タイプ の 敵 1 つ の 体 に 3 匹 か

足 じゃ ない の か

足 ?

この 間 の 戦い の とき 言って た ろ

人間 の 部分 が 弱点 だって

なんとか し て 足 を 攻撃 でき れ ば

どう し た

無理 な の か

気 に なる ん だ

やつ の 寄生 部分 の 範囲 が どうも よく わから ん

どうして さ 3 匹 だ ろ

頭 と 両腕 しか ない じゃ ない か

その 通り な ん だ が どうも な

ダメ だ 追いつ い て き た

また 転 ん だ

また ?

まったく よく 逃げる やつ だ な

もう 面倒くさい や

原形 なんか どう で も いい こと に しよ う

仕方ない 一 か 八 か だ

君 の 言う 通り 足 を 狙 お う

次に 来る 右 から の 攻撃 は わたし が 防ぐ

君 は 左 から の 攻撃 を 下がら ず に 素手 で 躱 し て くれ

無理 だ よ そんな の

まさか

勝ち ぃ

ありゃ

今 の は

空中 衝突 だ しかも 自分 の 触手 同士 で

少し 正体 が 見え て き た ぞ

正体 ?

ああ

確かに 初め は 驚か さ れ た が 案外 見かけ倒し かも しれ ん

だ と いい ん だ けど

まず 寄生 部分 だ が 頭 と 両腕 以外 に も 拡 がって いる

さっき きり つけ た 脚 も 人間 の もの で は なかった

まさか

だが いずれ に して も 頭 が 司令塔 に は 違いない

両腕 の 動き から は 独自 の 感情 が 感じ られ ない から な

来 た ぞ

何度 でも 逃げ て やる

いい 場所 が あった あの 林 に 入れ

やつ の 司令塔 は 優秀 で は ない

体 全体 の 動き に 統一 性 が ない から 転 ん だ り 触手 が 衝突 する

何より も

寄生 部分 で ある はず の 頭 が なぜ 変形 し て 攻撃 し ない

たしかに

両腕 など ほか の 寄生 部分 を 統率 する だけ で 手一杯 な の だ

つまり 頭 が 頭 で なく なれ ば 大 混乱 に 陥る

なんの こと は ない 結局 的 は 一 人 と 言う こと さ

よし ここ で 戦う と まれ

狙う べき は 足 や 胴 より も 頭

頭 を 切り離す の が 確実 だ

でも どう やって

できる 私 が 合図 し たら 奴 に 向かって 一直線 に 突っ込め 全速力 で だ

私 を 信じろ

やっと 追いつ い た

動く な よ ッ

木 を 盾 に し て 左右 上 下 に かわし ながら

一定 の 距離 を 保ち

線 の 動き で 躱 し て い れ ば

敵 も こっち の 動き に 馴 れ 線 の 先 を 読む よう に なる

そこ で いきなり

今 だ

やつ に すれ ば 逃げ て ばかり の 線 が 突然 迫って くる 点 に なる わけ だ

平行 が 垂直 に 横 が 縦 に

ただ で さえ 触手 たち を もてあまし てる やつ に 点 の 捕 捉 は 出来 ない

やった

どう し た

そんな そんな こと が できる の か

選手 交代 だ な

三木 戻って こい

いや 面目ない

話 に なら ん

やはり 右手 で いる の が 分相応 だ な 三木

あいつ 3 匹 じゃ なかった ん だ

なに

見ろ ヤツ は いま 完全 に 一 人 だ

瞬時 に し て 全身 を 掌握 し 1 個 の 生物 に なった

しかし そう なる 直前 に 意識 が 5 つ に 分裂 し た

つまり あの 体 に は 全部 で 5 匹 潜 ん で いる

ご … 5 匹 も ?

さっき の 奴 が 頭 の 時

3 匹 に 感じ られ た の は 1 つ に 統一 でき なかった から だ

そういう こと だ

統率 者 に なれる の は 俺 と 三木 だけ

完全 に 1 つ に できる の は 俺 だけ だ

ミギー

ああ 感心 し て 見物 し て いる 場合 じゃ ない な

眠って る 間 に 随分 遠く まで き た よう だ が

お前 と は 前 に 一 度 目 が あった な

お前 は

さっき と 動き が まるで 違う

猿 でも あんな 動き は でき ない

林 の 中 が 逆 に 不利 に なって しまった

なかなか 速い な 人間 に し て は

すみません

くそ

乗る ぞ

くそ っ

まさか

そんな こと も 出来る の か

なん だ

時速 60 キロ だ ぞ

化け物 か

ミギー

しら ねえ ぞ 俺 に は 関係 ねえ

く そった れ が 逃げ や がった

おい 大丈夫 か

全身 が だるい さっき の 出血 の せい だ 血 が 足り ん

血 が ?

あなた の 辛い 気持ち は よく 分かり ます

しかし …

平間 さん って 人 い ます か

平間 ?

課長

君 は もう いい

倉 森 さん あなた が なぜ 平間 警部 補 の こと を ご存知 な の か は

まあ いい と し ま しょ う

心当たり が お あり な ん です ね パラサイト に

シン イチ 服 を 買え これ じゃ 目立ち すぎる

それ から 食事 だ

ああ けど 金 が ない

その お 金 どう し た ん だ

さっき の ドラック から な

だが 私 は 人間 じゃ ない から 人間 の 法律 や 道徳 を 持って こ られ て も 困る ぞ

でも 俺 の 手 だ ろ

これ は 私 が 生きる ため に 私 が した こと だ

私 と 君 は あくまで 違う 種 の 生物 だ が

協力 関係 に あり 互い を 尊重 せ ね ば なら ん

そうした 上 で 我々 に 共通 する 目的 は 何 か

生き抜く こと だ

でも 泥棒 だ ろ

そう だ よ

続報 です

殺さ れ た 倉 森 さん の 妻 と 長女 は

日本 刀 の よう な 鋭い 刃物 で 切り裂か れ て い た こと が 判明 し まし た

倉 森 って まさか

また 倉 森 さん の 勤務 先 で ある 調査 業 の 事務 所 が

同じ 夜 放火 と 見 られる 火災 で 全焼 し まし た

その 事件 と の 関わり も 含め 倉 森 さん 本人 から 詳しい 事情 を 聞く そう です

生かし て おい て は 危険 と 判断 し た ん だ ろ う

おそらく 家族 は とばっちり だ

肝心 の 探偵 本人 に は 逃げ られ た ん だ から な

父さん に 連絡 し なきゃ

新一 か

こんなに 遅く まで どこ に

父さん よく 聞い て くれよ

その 家 から 逃げ て くれ 今 すぐ に

何 が あった ん だ 新一

色々 あって しばらく 家 は 戻れ ない

なぜ だ 順序 立て て 全部 話せ

全部

全部 なんて 話せる わけ ない

でも 急ぐ ん だ 急が ない と

父さん 俺 今 まで あまり 親 に 逆らったり し ない いい 子 だった ろ

母さん が 死 ん で 二 人きり に なって も

いい 息子 で いる つもり だ よ

だから 今 の この 電話 だって ふざけ てる わけ じゃ ない ん だ

だから 父さん お 願い だ から 家 から すぐ 出 て くれ

怪物 が 来る ん だ 母さん を 殺し た やつ だ よ

お前 は 大丈夫 な ん だ な

うん

わかった ともかく ここ を 出よ う

父さん は お前 を 信じる

ありがとう 父さん

私 が 平間 です

奥さん と お 子 さん の こと 大変 お 気の毒 と 存じ ます

ご 遺体 に つい て 検視 は まだ 完全 に 済 ん で は おり ませ ん が

拝見 し た ところ 間違い ない と 思い ます

ぜひ お 心当たり を お 聞か せ ください

倉 森 さん 仇 を

仇 ?

はい

子供 の 頃 から 名 探偵 に 憧れ て い まし た

名 探偵 ホームズ

で いろいろ あって 一応 探偵 に は なった ん です が

あの ねえ 君

なれ ます よ 名 探偵 に

仇 討て る でしょう か

もちろん です

い いく つ か の 情報 が あり ます

ところが 気持ち が えらく 混乱 し て まし て

まず 筆記 用具 と その どこ か もっと 落ち着ける 場所 を

分かり まし た

違う これ は テレパシー で は ない

でも これ で 何 回 目 だ

夢 で 会う の は 16 回 目 だ よ

どうせ 君 は 忘れる だ ろ う が ね

しかし 現実 世界 の ミギー と は 似 て も 似つか ない 姿 だ な

君 は 毎回 同じ こと を 言う

私 だって 君 が 現実 世界 の シン イチ の 形 に は 見え ない ぞ

なん だ もう 行く の か

君 の 体 に 溶け こ ん だ 私 の 30 % の 細胞 たち と は

どう やって も 連絡 でき ない こと が わかった

これ 以上 夢 の 中 で 会って も しょうがない

第 一 いま 現実 の 世界 で 我々 は のんびり し て い られ ない 状況 な ん だ ぜ

そう だ っけ

目覚め れ ば 思い出す よ

ミギー

あれ なん だ っけ

さ むっ

両方 と も 失敗 信じ られ ん

私 の 失敗 は 探偵 の 処分 を お前 達 に 任せ た こと だ

探偵 を 殺さ ず その 家族 を 殺す なんて

人間 の 性質 を 知ら な さ すぎる

部屋 が 暗かった もの で ね

けど 順に 殺し て いけ ば いい だけ の こと でしょ

みんな 少し 人間 を 侮り すぎ てる

確かに 単体 で は ひ弱 な 動物 に 見える

だが そう で は ない

我々 が 認識 し なくて は なら ない こと

それ は 人間 が 何 百 何 十万 と 集まって ひと つ の 生き物 だ と いう こと

人間 は 自分 の 頭 以外 に もう ひと つ の 巨大 な 脳 を 持って いる

それ に 逆らった 時 私 たち は 敗北 する

敗北 だ と

あんた 本当 に 仲間 な の か

どうも 何 か が 違う 何 か が

泉 くん が 無断 欠席 なんて

昨日 も ただ ごと じゃ ない って 雰囲気 だった し

里美

はい これ

泉 くん が 置 い てった バッグ

里美 が 届け て あげ な よ

え でも

仲直り の きっかけ に も なる し さ

里美 が いか ない なら 私 が 持って く よ

倉 森 さん

やら れ た

容疑 者 って わけ じゃ ない の に なんで 逃げる ん だ よ

田村 玲子

協力 者

陽子 由美

仇 は きっと この 手 で

田村 玲子

田村 玲子 違う 仲間 と は 違う

危険 危険 だ

我々 仲間 に とって

不思議 だ お前 は 不思議 だ

この 世界 は 不思議 が 多い

なぜ 私 は

我々 は なぜ 生まれ て き た

やっぱり い ない

どこ に いる の ねぇ 無事 な の

泉 くん

田村 玲子 お前 だ よ 俺 を 地獄 に 引きずり込 ん だ の は

3 人 あまり 穏やか で は な さ そう だ

どこ へ

まあ いい

今 の うち に

こんばん は 田村 さん

隠 そ う と 思って も 隠せ ない もの だ な

ああ 私 たち が 発 する 最も 強い 波長 は 殺意

あるいは 敵意 だ から な

次回 「 瀕死 の 探偵 」


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.