image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 19

何 な ん だ よ この 人

まさか 寄生 生物

いや 違う 人間 だ

なぜ か それ だけ は わかる

でも ミギー …

眠って る

何 な ん です か あいつ は

さっき まで と は 別人 です ね

こっち が 本性 だ

人間 な の か

人間 な の か

別に

別に 俺 は 自分 の こと を それほど 特別 だ と は 思っちゃ い ねえ

化け もん と 人間 を 見分け られる 理由

あ そうだ な

人間 で いろいろ 遊 ん だ おかげ かな

つまり よ

この 人間 の 品質 に つい て 誰 より も 詳しい って こと だ よ

けっこう ぶ っ 壊れ やすい ぜ この オモチャ

遊 ん だ なあ

でも よ

ほか の 動物 なら 大概 持って る 能力 じゃ ねえ の か

自分 と 同じ 種 か そう で ない か を 見分ける ぐらい の こと は よ

最初 に それ を 見つけ た とき に ゃ もちろん 驚 い た さ

な に しろ 人波 の 中 に 別 の 生き物 が 服 を 着 て 歩 い て や がん だ から な

人ごみ を しばらく 眺め て い て

運 が よけりゃ 1 時間 に 2 匹 って とこ かな

周囲 の 誰ひとり 気 が つか ねえ の も おかしかった が

その 生き物 も まるで 平然 と して 何 食わ ぬ 顔 だ

あまり 近づか なかった

さすが に 危 ねえ と 思った ん だ

まあ 俺 の 野性 の 勘 って ヤツ

未知 の 生物 って もん が どんな こと を する の か 多少 は 期待 し て た のに よ

なんの こ た あ ねえ

俺 の し て た こと と たいして 変わ ん ねえ で や ん の

散らかし ちゃ って まあ

おもちゃ は 遊 ん だ ら ちゃん と 片付け ない と な

動く な

違う って

俺 じゃ ねえ

これ 違う ん だ

俺 は こんな …

長い です ね

平間 さん もう これ 以上 は

取り調べ で は 何 を 訊 い て も 表情 を 変え なかった 泉 新一 が

さすが に 怯え て いる の か

浦上

違う な

なん だ どういう こと だ

まあ 素質 は ある かも しれ ねえ よ

でも 俺 が 気 に なった の は よ それ と は 別 の こと だ

何やら 紛らわしかった から だ よ

紛らわしい って 何 が だ

結局 気のせい だった ん だ が

一瞬 ヤツ の 目 の 奥 に

人間 以外 の 何 か が 混じって いる よう に 見え た

なに

バカ 耳 もと で で かい 声 出す な よ

気のせい だ っ つ っ た ろ

よ ー く 覗き込 ん で み たら 別 に 何も い なかった から な

では あと 数 日間 は ホテル 住まい と いう こと に なり ます

ご 自宅 へ 行か れる 際 は こちら の 人間 を つけ ます ので

必ず 連絡 を くださ い

いや 何も そこ まで

いいえ ぜひ

あの 平間 さん

赤ん坊 の こと です けど

田村 玲子 が 抱 い て い た 赤ん坊 なら まだ 検査 が 必要 だ

何と言っても パラサイト に 育て られ て い た わけ だ から な

で 普通 の 赤ん坊 と はっきり し た 場合 は

それ は それなり の 施設 で 育てる こと に

なん だ そんなに 気 に なる の か ね

いえ その …

君 が 田村 玲子 の 親戚 だ と でも いう の なら 引き取って もらう ところ だ が

冗談 だ よ

目 の 奥 か 私 に わかる はず も ない

新一 風呂 は

お 先 に どうぞ

じゃ お 先

あいつ 何者 だった ん だ

思い出し て も 寒気 が する

こっち は 今 まで に 人食い の 化け物 を 何 匹 も 見て いる のに

シン イチ 肉体 的 に だけ で なく 精神 的 に やたら に 疲れ て いる みたい だ な

お前 が 寝 て いる 間 に すげ え 恐い 人 に 会った ん だ

人 ?

ああ

でも たぶん あれ は 人殺し だ な

俺 に は なんだか もう よく わから ない

あんな 得 体 の 知れ ない 恐ろし げ な 人間 も いれ ば

人食い の パラサイト 田村 玲子 が 俺 を 救って くれ た ん だ

俺 の 胸 の 穴 を

あの 行動 は 私 に は いまだ に 理解 でき ない

合わせ て 1 つ

我々 と 人間 は 1 つ の 家族 だ

パラサイト に よる 無差別 殺害 事案 に 対 する 緊急 対処

および 作戦 行動 に おける 法的 解釈 に つい て

一応 この 作戦 は 政府 に 承認 さ れ て いる が

グレー な 部分 が 多い こと を 承知 し て おい て もらい たい

よろしく

平間 警部

警部 補 です

しかし 作戦 当日 まで に は 一足飛び に 警視 と いう 噂 も あり ます が

ご 冗談 を

彼 は 今回 の 作戦 に おける 実働 部隊 の 指揮 を 取る こと に なった …

山岸 です

すでに 通達 済み だ が

本 作戦 の 補助 的 任務 を 担う 「 外 環 」 を 平間 くん

敵 の 識別 排除 を 行う 「 内 環 」 を 山岸 くん に 指揮 し て もらう

局長 先日 お 話 し た 浦上 と いう 男

使い 方 に よって は 大きな 戦力 と なり ます

内 環 の 作戦 に 組み入れ た うえ で 全体 の 計画 を 煮つめる べき と 思う の です が

お 気持ち は ありがたい の です が ねぇ

その 超 能力 です か

聞け ば 殺人 鬼 だ と いう

ともかく 部隊 と して 動く 場合 そうした 異物 が 混じる と

肝心 な ところ で 躓き の もと と なる

いや 隊員 と して で は なく

ひと つ の 「 眼 」 と して 使って いただけ れ ば

「 眼 」 です か

しかし 我々 に は その ため の センシング システム が あり ます

相手 は 犬 に 追わ れる 羊 の よう に 動 い て は くれ ませ ん ぞ

奴 ら を 人間 的 な もの と して とらえ すぎ です な

我々 が やろう と し て いる の は 犯人 探し で は なく

害虫 駆除 な の です から

田村 玲子 と 連絡 が 取れ なく なった

草野 氷 川 前沢 の 3 人 も だ

市 内 の 工事 現場 で 3 人 分 の ばらばら 死体 が 発見 さ れ

その 翌日 に は 公園 で パラサイト らしき 女性 が 射殺 さ れ た

しかし それ ら すべて の 死体 は 専門 機関 に 回収 さ れ

その 正体 は 知ら さ れ て い ない

草野 は 以前 から 田村 玲子 に 反感 を 抱 い て い た

我々 に 無断 で 殺す 計画 を 立て 逆 に 返り 討ち に あった の だ ろ う

では 公園 で 射殺 さ れ た の は 田村 玲子

おそらく な

パラサイト 対策 の 専門 機関 が でき た こと で

私 の もと へ も 情報 が 下り なく なった

国 も いよいよ 本腰 を 入れ てき た と いう こと だ

その よう だ な

泉 くん

村野

いろいろ と 心配 を かけ た ね

あっ そうだ

泉 くん が 休 ん で た 間 の ノート

あり が と コピー し て 返す よ

あー 久しぶり

今日 から 学校 来 られる ん だ

ああ うん

いい か これ が 高校 最後 の 記録 って こと に なる

悔い が 残ら ない よう 気合 入れ て いけ

ば ー か

言う こと が いちいち 大げさ な ん だ よ な

泉 一 度 言 お う と 思って いた ん だ が

お前 いつも 本気 出し て ない だ ろ

最後 ぐらい 本気 で 行け

そう は いか ない ん だ よ な

高校 最後 か

よ ー い

じ ゅ … 10 秒 5 ?

すげ え

9 秒 台 も 軽い な

お前 な ん で 隅 っこ で こそ こそ 着替え て ん だ

男 の くせ に 恥ずかし がん な よ

ごめん

いい ん だ よ べつに

バカ

あと 3 ヶ月 で 卒業 だ ね

うん

いろいろ あった ね 高校 生活

いろいろ あり すぎ だ よ

でも 楽しい こと も あった よ

うん

勉強 し なく ちゃ な

え 受験 する つもり な の

なん だ よ それ

あたし さあ 大学 に 行ったら

行 こ

我々 が 勝つ

九分九厘 問題 は ない

だが あと ひと つ 何 か が 足り ん 気 が し て なら ん

それ が 何 か は わから ん が あと ひと つ だ

君 の 助言 が 欲しい

なんで

泉 くん ばっかり

泉 くん だけ じゃ ない

この 学校 の みんな 無理 し て 忘れよ う と し てる のに

もともと 普通 の 道 の はず だ よ ただ の 高校 の

なのに ちょっと 歩く と そこ が

血 で べっとり し てる

見 た ところ 高校 生 の よう だ が

例の 目撃 者 です よ

ほう

君 は 最近 目 の 前 で 平間 さん たち が 一 匹 始末 する の を 見て い た そう だ ね

はい

素人 の 意見 で 構わ ん の だ が

奴 ら に 対 し 効果 的 な 武器 で 何 か 思いつく もの は ある か ね

たとえば 火炎 放射 器 だ

あんなに 早い 相手 に

もちろん 炎 だけ じゃ 倒せ ない

しかし 効果 は ある と 思う

つまり だ な ぎょっと する ん だ

しかも 表面 だけ が

我々 に は 人間 並み の 知能 が あり むやみ に 火 を 恐れ たり し ない

しかし いきなり 近づけ られる と 内 と 外 で 心 が ずれる

つまり ぎょっと する

後藤 の 体 に は 何 箇所 に も 寄生 部分 が あり

それ を 1 つ の 意識 が 統率 し て いる わけ だ から

その 意識 が ぎょっと し た 時 大きく 体勢 を 崩す はず

なるほど

火炎 放射 器

あ 失礼

いや 悪く ない かも しれ ん

しかし 1 つ の 体 に 何 匹 潜 ん で いよ う が 心臓 は ひと つ だ

その 日 が 来 た

え なあ に

軍事 クーデター か

機動 隊 みたい です けど

まさか

センシング の 準備 完了 し まし た

行動 開始

緊急 連絡 緊急 連絡

庁舎 内 すべて の 皆さん に お 伝え し ます

大変 重要 で あり ます 必ず お 聞き ください

私 は 東 福山 警察 刑事 課 の 水島 で あり ます

ただいま 猟銃 を 持った 男 が 庁舎 内 に 侵入 し

現在 建物 の 屋上 付近 に 潜 ん で おり ます

むつき 班 ひさ ら ぎ 班 は 正面 入り口 から ホール に 集結

やよい 班 が 別館

う つき 班 は 1 階 と すべて の 出口 を 封鎖

さつき 班 は センシング システム の 護衛

みな つき 班 は 狐 の 処理

庁舎 内 すべて の みなさん は 本館 1 階 の ホール に 集合 し て ください

これ が 警官 隊 だ と

おそらく 所轄 の 者 など 一 人 も おる まい

やる 気 か 人間 共

ここ から が 本番 だ

狐 は 化けの皮 を 剥がさ れ 狩場 へ と 導か れる

犯人 は いま 屋上 の 北側 に い ます

犯人 の 死角 を つき 順番 に 避難 し て いただき ます が

一度に 大勢 だ と 気付か れる 恐れ が あり ます

よって 避難 は 7 名 ずつ と し ます

わかん ねえ って

直接 見 なきゃ わかん ねえ よ こんな 画像 じゃ

に し て も すげ ー なあ

まるで 戦争 じゃ ねえ か

これ で 俺 の 出る 幕 なんて あん の

あれ あん ちゃん

軍隊 だけ じゃ 頼りなく て 殺人 犯 および 未 成年 まで 動員 する と は

よっぽど だ な

うるさい 黙って ろ

どう だ いる か ね

わかり ませ ん

せめて 君 が 見 た と いう 1 つ の 体 に 数 匹 同居 する 変わり種 が 分かれ ば

変わり種

それとも う 1 人 市長 の 広川 だ が

そう だ 肝心 の 広川

あの 時 広川 が 何 だ と 言い かけ た ん だ

避難 は 7 名 ずつ だ そう です

どうぞ 市長 から

まさか

子供 と お 年寄り を 優先 的 に お 願い し ます よ

それ から 女性 です

市 役所 職員 は なるべく 後 に まわって ください

最初 の 7 名 です

本部 から 各 班 へ

発砲 音 と 共に 狐 が 逃走 あるいは 暴れ 出し た 場合 は ただちに 防護 措置 を とれ

了解

センシング 映像 から 人間 の DNA 組成 を 持た ない 物質 を 消し ます

違い ます ね

次 の 7 名 を

この 中 に も い ませ ん

ミギー 奴 ら の 数 と か わから ない の か

距離 も ある から 正確 に は 言え ん が

相当 な 数 だ

い た

こいつ です

まずは 女 か

次回 「 罪 と 罰 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

何 な ん だ よ この 人

まさか 寄生 生物

いや 違う 人間 だ

なぜ か それ だけ は わかる

でも ミギー …

眠って る

何 な ん です か あいつ は

さっき まで と は 別人 です ね

こっち が 本性 だ

人間 な の か

人間 な の か

別に

別に 俺 は 自分 の こと を それほど 特別 だ と は 思っちゃ い ねえ

化け もん と 人間 を 見分け られる 理由

あ そうだ な

人間 で いろいろ 遊 ん だ おかげ かな

つまり よ

この 人間 の 品質 に つい て 誰 より も 詳しい って こと だ よ

けっこう ぶ っ 壊れ やすい ぜ この オモチャ

遊 ん だ なあ

でも よ

ほか の 動物 なら 大概 持って る 能力 じゃ ねえ の か

自分 と 同じ 種 か そう で ない か を 見分ける ぐらい の こと は よ

最初 に それ を 見つけ た とき に ゃ もちろん 驚 い た さ

な に しろ 人波 の 中 に 別 の 生き物 が 服 を 着 て 歩 い て や がん だ から な

人ごみ を しばらく 眺め て い て

運 が よけりゃ 1 時間 に 2 匹 って とこ かな

周囲 の 誰ひとり 気 が つか ねえ の も おかしかった が

その 生き物 も まるで 平然 と して 何 食わ ぬ 顔 だ

あまり 近づか なかった

さすが に 危 ねえ と 思った ん だ

まあ 俺 の 野性 の 勘 って ヤツ

未知 の 生物 って もん が どんな こと を する の か 多少 は 期待 し て た のに よ

なんの こ た あ ねえ

俺 の し て た こと と たいして 変わ ん ねえ で や ん の

散らかし ちゃ って まあ

おもちゃ は 遊 ん だ ら ちゃん と 片付け ない と な

動く な

違う って

俺 じゃ ねえ

これ 違う ん だ

俺 は こんな …

長い です ね

平間 さん もう これ 以上 は

取り調べ で は 何 を 訊 い て も 表情 を 変え なかった 泉 新一 が

さすが に 怯え て いる の か

浦上

違う な

なん だ どういう こと だ

まあ 素質 は ある かも しれ ねえ よ

でも 俺 が 気 に なった の は よ それ と は 別 の こと だ

何やら 紛らわしかった から だ よ

紛らわしい って 何 が だ

結局 気のせい だった ん だ が

一瞬 ヤツ の 目 の 奥 に

人間 以外 の 何 か が 混じって いる よう に 見え た

なに

バカ 耳 もと で で かい 声 出す な よ

気のせい だ っ つ っ た ろ

よ ー く 覗き込 ん で み たら 別 に 何も い なかった から な

では あと 数 日間 は ホテル 住まい と いう こと に なり ます

ご 自宅 へ 行か れる 際 は こちら の 人間 を つけ ます ので

必ず 連絡 を くださ い

いや 何も そこ まで

いいえ ぜひ

あの 平間 さん

赤ん坊 の こと です けど

田村 玲子 が 抱 い て い た 赤ん坊 なら まだ 検査 が 必要 だ

何と言っても パラサイト に 育て られ て い た わけ だ から な

で 普通 の 赤ん坊 と はっきり し た 場合 は

それ は それなり の 施設 で 育てる こと に

なん だ そんなに 気 に なる の か ね

いえ その …

君 が 田村 玲子 の 親戚 だ と でも いう の なら 引き取って もらう ところ だ が

冗談 だ よ

目 の 奥 か 私 に わかる はず も ない

新一 風呂 は

お 先 に どうぞ

じゃ お 先

あいつ 何者 だった ん だ

思い出し て も 寒気 が する

こっち は 今 まで に 人食い の 化け物 を 何 匹 も 見て いる のに

シン イチ 肉体 的 に だけ で なく 精神 的 に やたら に 疲れ て いる みたい だ な

お前 が 寝 て いる 間 に すげ え 恐い 人 に 会った ん だ

人 ?

ああ

でも たぶん あれ は 人殺し だ な

俺 に は なんだか もう よく わから ない

あんな 得 体 の 知れ ない 恐ろし げ な 人間 も いれ ば

人食い の パラサイト 田村 玲子 が 俺 を 救って くれ た ん だ

俺 の 胸 の 穴 を

あの 行動 は 私 に は いまだ に 理解 でき ない

合わせ て 1 つ

我々 と 人間 は 1 つ の 家族 だ

パラサイト に よる 無差別 殺害 事案 に 対 する 緊急 対処

および 作戦 行動 に おける 法的 解釈 に つい て

一応 この 作戦 は 政府 に 承認 さ れ て いる が

グレー な 部分 が 多い こと を 承知 し て おい て もらい たい

よろしく

平間 警部

警部 補 です

しかし 作戦 当日 まで に は 一足飛び に 警視 と いう 噂 も あり ます が

ご 冗談 を

彼 は 今回 の 作戦 に おける 実働 部隊 の 指揮 を 取る こと に なった …

山岸 です

すでに 通達 済み だ が

本 作戦 の 補助 的 任務 を 担う 「 外 環 」 を 平間 くん

敵 の 識別 排除 を 行う 「 内 環 」 を 山岸 くん に 指揮 し て もらう

局長 先日 お 話 し た 浦上 と いう 男

使い 方 に よって は 大きな 戦力 と なり ます

内 環 の 作戦 に 組み入れ た うえ で 全体 の 計画 を 煮つめる べき と 思う の です が

お 気持ち は ありがたい の です が ねぇ

その 超 能力 です か

聞け ば 殺人 鬼 だ と いう

ともかく 部隊 と して 動く 場合 そうした 異物 が 混じる と

肝心 な ところ で 躓き の もと と なる

いや 隊員 と して で は なく

ひと つ の 「 眼 」 と して 使って いただけ れ ば

「 眼 」 です か

しかし 我々 に は その ため の センシング システム が あり ます

相手 は 犬 に 追わ れる 羊 の よう に 動 い て は くれ ませ ん ぞ

奴 ら を 人間 的 な もの と して とらえ すぎ です な

我々 が やろう と し て いる の は 犯人 探し で は なく

害虫 駆除 な の です から

田村 玲子 と 連絡 が 取れ なく なった

草野 氷 川 前沢 の 3 人 も だ

市 内 の 工事 現場 で 3 人 分 の ばらばら 死体 が 発見 さ れ

その 翌日 に は 公園 で パラサイト らしき 女性 が 射殺 さ れ た

しかし それ ら すべて の 死体 は 専門 機関 に 回収 さ れ

その 正体 は 知ら さ れ て い ない

草野 は 以前 から 田村 玲子 に 反感 を 抱 い て い た

我々 に 無断 で 殺す 計画 を 立て 逆 に 返り 討ち に あった の だ ろ う

では 公園 で 射殺 さ れ た の は 田村 玲子

おそらく な

パラサイト 対策 の 専門 機関 が でき た こと で

私 の もと へ も 情報 が 下り なく なった

国 も いよいよ 本腰 を 入れ てき た と いう こと だ

その よう だ な

泉 くん

村野

いろいろ と 心配 を かけ た ね

あっ そうだ

泉 くん が 休 ん で た 間 の ノート

あり が と コピー し て 返す よ

あー 久しぶり

今日 から 学校 来 られる ん だ

ああ うん

いい か これ が 高校 最後 の 記録 って こと に なる

悔い が 残ら ない よう 気合 入れ て いけ

ば ー か

言う こと が いちいち 大げさ な ん だ よ な

泉 一 度 言 お う と 思って いた ん だ が

お前 いつも 本気 出し て ない だ ろ

最後 ぐらい 本気 で 行け

そう は いか ない ん だ よ な

高校 最後 か

よ ー い

じ ゅ … 10 秒 5 ?

すげ え

9 秒 台 も 軽い な

お前 な ん で 隅 っこ で こそ こそ 着替え て ん だ

男 の くせ に 恥ずかし がん な よ

ごめん

いい ん だ よ べつに

バカ

あと 3 ヶ月 で 卒業 だ ね

うん

いろいろ あった ね 高校 生活

いろいろ あり すぎ だ よ

でも 楽しい こと も あった よ

うん

勉強 し なく ちゃ な

え 受験 する つもり な の

なん だ よ それ

あたし さあ 大学 に 行ったら

行 こ

我々 が 勝つ

九分九厘 問題 は ない

だが あと ひと つ 何 か が 足り ん 気 が し て なら ん

それ が 何 か は わから ん が あと ひと つ だ

君 の 助言 が 欲しい

なんで

泉 くん ばっかり

泉 くん だけ じゃ ない

この 学校 の みんな 無理 し て 忘れよ う と し てる のに

もともと 普通 の 道 の はず だ よ ただ の 高校 の

なのに ちょっと 歩く と そこ が

血 で べっとり し てる

見 た ところ 高校 生 の よう だ が

例の 目撃 者 です よ

ほう

君 は 最近 目 の 前 で 平間 さん たち が 一 匹 始末 する の を 見て い た そう だ ね

はい

素人 の 意見 で 構わ ん の だ が

奴 ら に 対 し 効果 的 な 武器 で 何 か 思いつく もの は ある か ね

たとえば 火炎 放射 器 だ

あんなに 早い 相手 に

もちろん 炎 だけ じゃ 倒せ ない

しかし 効果 は ある と 思う

つまり だ な ぎょっと する ん だ

しかも 表面 だけ が

我々 に は 人間 並み の 知能 が あり むやみ に 火 を 恐れ たり し ない

しかし いきなり 近づけ られる と 内 と 外 で 心 が ずれる

つまり ぎょっと する

後藤 の 体 に は 何 箇所 に も 寄生 部分 が あり

それ を 1 つ の 意識 が 統率 し て いる わけ だ から

その 意識 が ぎょっと し た 時 大きく 体勢 を 崩す はず

なるほど

火炎 放射 器

あ 失礼

いや 悪く ない かも しれ ん

しかし 1 つ の 体 に 何 匹 潜 ん で いよ う が 心臓 は ひと つ だ

その 日 が 来 た

え なあ に

軍事 クーデター か

機動 隊 みたい です けど

まさか

センシング の 準備 完了 し まし た

行動 開始

緊急 連絡 緊急 連絡

庁舎 内 すべて の 皆さん に お 伝え し ます

大変 重要 で あり ます 必ず お 聞き ください

私 は 東 福山 警察 刑事 課 の 水島 で あり ます

ただいま 猟銃 を 持った 男 が 庁舎 内 に 侵入 し

現在 建物 の 屋上 付近 に 潜 ん で おり ます

むつき 班 ひさ ら ぎ 班 は 正面 入り口 から ホール に 集結

やよい 班 が 別館

う つき 班 は 1 階 と すべて の 出口 を 封鎖

さつき 班 は センシング システム の 護衛

みな つき 班 は 狐 の 処理

庁舎 内 すべて の みなさん は 本館 1 階 の ホール に 集合 し て ください

これ が 警官 隊 だ と

おそらく 所轄 の 者 など 一 人 も おる まい

やる 気 か 人間 共

ここ から が 本番 だ

狐 は 化けの皮 を 剥がさ れ 狩場 へ と 導か れる

犯人 は いま 屋上 の 北側 に い ます

犯人 の 死角 を つき 順番 に 避難 し て いただき ます が

一度に 大勢 だ と 気付か れる 恐れ が あり ます

よって 避難 は 7 名 ずつ と し ます

わかん ねえ って

直接 見 なきゃ わかん ねえ よ こんな 画像 じゃ

に し て も すげ ー なあ

まるで 戦争 じゃ ねえ か

これ で 俺 の 出る 幕 なんて あん の

あれ あん ちゃん

軍隊 だけ じゃ 頼りなく て 殺人 犯 および 未 成年 まで 動員 する と は

よっぽど だ な

うるさい 黙って ろ

どう だ いる か ね

わかり ませ ん

せめて 君 が 見 た と いう 1 つ の 体 に 数 匹 同居 する 変わり種 が 分かれ ば

変わり種

それとも う 1 人 市長 の 広川 だ が

そう だ 肝心 の 広川

あの 時 広川 が 何 だ と 言い かけ た ん だ

避難 は 7 名 ずつ だ そう です

どうぞ 市長 から

まさか

子供 と お 年寄り を 優先 的 に お 願い し ます よ

それ から 女性 です

市 役所 職員 は なるべく 後 に まわって ください

最初 の 7 名 です

本部 から 各 班 へ

発砲 音 と 共に 狐 が 逃走 あるいは 暴れ 出し た 場合 は ただちに 防護 措置 を とれ

了解

センシング 映像 から 人間 の DNA 組成 を 持た ない 物質 を 消し ます

違い ます ね

次 の 7 名 を

この 中 に も い ませ ん

ミギー 奴 ら の 数 と か わから ない の か

距離 も ある から 正確 に は 言え ん が

相当 な 数 だ

い た

こいつ です

まずは 女 か

次回 「 罪 と 罰 」


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.