image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 18

その 姿 な ん だ

俺 に とって 絶対 に 許せ ない 姿 が

その …

シン イチ 落ち着け

呼吸 が 乱れる と いざというとき に 困る

わかって る

君 たち と は いろいろ と 話し たかった ん だ が

どうも 嫌 な 予感 が する

だから 早め に すま そ う と 思う

これ まで に 3 8 人 殺し た

おもに 食料 と して だ が

しかし これ は 仲間 の 間 で は かなり 少ない ほう だ と 言え る

足りない 分 は 人間 が 普段 食べ て いる 食事 で まかなえ た

つまり 寄生 生物 は 必ずしも 人間 を 食わ なく て も 生存 できる と いう こと だ

人間 に つい て いろいろ 研究 し て み た

人間 に とって の 我々

我々 に とって の 人間 と は いったい な ん な の か

そして 出 た 結論 は こう だ

合わせ て ひと つ

我々 と 人間 は ひと つ の 家族 だ

我々 は 人間 の 子供 な の だ

なん だ と

何 を 言って る ふざける な

まあ いい 人間 の 感情 で は 理解 し にくい だ ろ う から な

だが 我々 は か弱い

それ のみ で は 生き て 行け ない ただ の 生命 体 だ

だから あまり いじめる な

いじめる な って 逆 だ ろ

君 たち は 極めて 貴重 な 存在 だ

だから 私 の 考え を 聞い て おい て もらい たかった

ついでに 忠告 し て おこ う

後藤 と いう 名 の 最近 君 たち を 追い回し た 男 だ が

彼 と は 戦わ ない こと だ

初め から 三木 で は なく 後藤 が 相手 だったら

君 たち は 間違い なく 死 ん で い た

多分 な

彼 は 私 が 実験 に より 作り上げ た か 弱い 仲間 の 一 人 で は ある が

無敵 だ

その 言い 方 は なんだか 矛盾 し てる ぞ

笑って る

それとも う 一 人 市長 の 広川 だ が

泉 新一

あれ は 確か 平間 って いう 刑事

てこ と は こい つら 全員 警官

一見 ごく 普通 の 赤ん坊 を 抱 い た 母親 と

パラサイト 殺人 の 発見 者 と は 言え 事件 と は 無 関係 と さ れ た 少年

たとえ 殺人 の あった 直後 の 公園 内 で あ ろ う と

この 2 人 を 別々 に 見掛け た なら これほど の 確信 は 持て なかった だ ろ う

泉 新一

彼 に は やはり 何 か ある

そして こいつ だ

こいつ こそ パラサイト 田村 玲子

肌着 に 私 の 血 が 少し

待て それ 以上 前 に 出る な

田村 さん 田村 玲子 さん です ね

いいえ

倉 森 と いう 男 を たった 今 殺し た

知り ませ ん

もう 一 人 に 聞こ う

池田 くん なぜ 君 は ここ に いる

君 は 以前 私 と 会った こと が ある 覚え て いる だ ろ う

君 が 以前 と 同一 人物 なら 私 の 名前 を 言え る はず だ

私 は 誰 だ ね 池田 くん

あなた こそ 俺 の 名前 を 忘れ た ん です か 平間 さん

あっ ち は どうやら 人間 の よう だ

さて ずいぶん と 落ち着 い て い ます ね 田村 さん

何 か 勘違い さ れ て いる よう です けど

この 距離 なら こいつ でも 十 分 当たる だ ろ う

悪い 冗談 は やめ て ください

みなさん どう かし て ます よ

間違ったら 申し訳ない が

これ 以上 どう しよう も ない

近づく わけ に は いか ん ので ね

全員 この 一 発 よ ー く 見極めろ

すべて の 責任 は 私 が 負う

やめ て ください 何 を する ん です

ひ 平間 さん

お 見事 正解 よ

撃て 撃て

やめろ 赤ん坊 は 人間 な ん だ

泉 新一 下がって いろ

シン イチ 下がれ

でも …

まさか まさか 違う よ ね

関係ない よ ね 泉 くん

泉 くん が いる わけ ない

違う よ

もう たくさん

もう たくさん だ よ

どう し た なぜ 反撃 し ない

こっち に 近づ い て くる 何 か 魂胆 が ある ん だ

下がれ シン イチ 逃げる ん だ

新一

待て 新一

ここ で 逃げ られ て は 困る

どう すれ ば お前 を …

お前 と いう 人間 の 心 を

新一

母さん

騙さ れる な シン イチ ワナ だ

思い出せ 胸 の 穴 を

いや

やめ やめ い

やめ 少年 に 当たって しまう

様子 が 変 だ

ずーっと 考え て い た

私 は なんの ため に この世 に 生まれて き た の か と

一 つ の 疑問 が 解ける と

また 次 の 疑問 が わ い て くる

始まり を 求め 終わり を 求め

考え ながら ただ ずっと 歩 い て い た

どこ まで 行って も 同じ かも しれ ない

歩く の を やめ て みる なら それ も いい

すべて の 終わり が 告げ られ て も

「 ああ そう か 」 と 思う だけ だ

しかし それ でも 今日 また ひと つ 疑問 の 答え が 出 た

新一 この 子供 結局 使わ なかった

何 の 変哲 も 無い 人間 の 子供 だ

人間 たち の 手 で 普通 に 育て て やって くれ

わかった 心配 する な

ありがとう

ありがとう ?

この 前 人間 の 真似 を し て 鏡 の 前 で 大声 で 笑って み た

なかなか 気分 が 良かった ぞ

死 ん だ

死 ん だ …

そんな 馬鹿 な なぜ だ

戦 お う と 思え ば 戦え た はず だ

そして 逃げる こと も

悲しい の か

そう か お前 の 母さん 死 ん で しまった もん な

死 ん だ … 母さん が

母さん

新一

大丈夫 新一 油 かから なかった ?

あなた の 胸 に 穴 を 空け た 相手 に もう 一 度 会う の

会う の よ

死 ん だ 心臓 が 止まった

恥ずかしく て とても 人 に は 言え ない 夢 …

死 ん だ

みんな 死 ん だ

命 は

命 は この 木 に

新一 くん

ま また 帰って くる よ ね

帰って くる よ ね

ただいま

お かえり

どう し た の 新一

今 とても 悲しい 夢 を …

泉 くん

新一 くん

帰って き た の

涙 が …

里美

泉 くん は ?

うん もう ちょっと し たら 学校 に 出 て こ られる みたい

そ っか

いったい 何 が あった の

急に 帰っちゃ っ た 日 から ずっと 休 ん だ まま だ けど

たぶん いろいろ ある ん だ よ 行 こ う

あの 公園 で の こと ニュース に さえ なって ない

だけど 泉 くん は 帰って き た

帰って き た ん だ よ

じゃあ お 昼 は この 部屋 で ね

どう だった

ああ 疲れ た よ

彼 年齢 の 割に は 落ち着き すぎ てる よう に 思う ん です けど

確かに ある 面 で は びっくり する ほど 肝 が 据わって る けど

いる わ よ あの くらい の 子 は

ただ 刑事 さん たち が 期待 する 例 の 能力 は ない ん じゃ ない か な

少なくとも あの 男 に は 到底 及ば ない

やれやれ 結局 あの 男 だけ です か

残念 ながら

犬 と か 猫 と か さ

猿 と か 熊 と か 鳥 と か

意味 ねえ と 思う ん だ

動物 と 話せる なんて 俺 一 っ 言 も 言って ない から ね

黙って 歩け

で 今日 の 相手 は なん な ん す か

人間 だ

人間

こいつ は いい や

いよいよ 本番 が 近付 い てる と いう こと だ よ

そう です か やっと 俺 の 言う こと 信用 する わけ だ な

刑事 さん 実は 俺 無実 だった ん です 信用 し て

だめ ? うけ なかった ?

静か に しろ

手錠 を

はい

泉 新 一 くん また お 願い し ます

はい

何 を 聞か れよ う が ミギー の 存在 だけ は 絶対 隠し 通す ぞ

もう 一 度 心 を 落ち着か せ て

これ で 最後 だ から

あっ はい

いい か 浦上

いよいよ お前 の 能書き を 証明 し て もらう ぞ

じゃあ この 部屋 で 待って て

名前 を 呼ば れ たら 頼み ます

はい

あって もらう の は 5 人 だ

その 中 から まずは 自分 の 仲間 を 探せ

自分 と 同じ 能力 を 持った 人間 だ

会え ば わかる そう 言った そう だ な

ああ そう だ よ 分かる さ

たぶん ね

次に 奴 ら の 仲間 が い たら 頼む

おいおい バケ モン の 容疑 者 が いる って の か

こんな 部屋 に 大人 しく 入って くる の か よ おい

この ガラス 大丈夫 な ん だ ろ う な

バケ モン に 食わ れる くらい なら 吊るさ れ た ほう が マシ だ ぞ

大丈夫 だ 心配 する な 肉 厚 の 防弾 ガラス だ

しかも 完全 防音

で は はじめ ます

深見 さん お 入り ください

はい

おい 浦上 ちゃん と 顔 を あげろ

へい へい

どう です 深見 さん

まず 彼 は パラサイト で は あり ませ ん

私 の 送る テレパシー に 僅か ずつ 反応 し てる

心 を 固く 閉ざし て いる が

ただ 彼 に 私 と 同じ 能力 が ある か どう か は 疑問 です

なんか 向こう は もっともらしい こと 言って ます ね

はじめ に 断って おき ます わ

こちら の 部屋 の 自称 超 能力 者 たち は おそらく 全員 見込み あり ませ ん

かりに も 超 … いいえ

その 磨か れ た 能力 が ある と 言え る の は そちら の 人 だけ だ と 思い ます

浦上 どう だ

まるっきり インチキ だ ね

この あん ちゃん に 言 っと き な よ

嘘つき は 泥棒 の 始まり だって な

よく 言う よ

自分 は 連続 殺人 犯 の くせ に

では 次 の 人 を

どう し た 浦上

殺生 だ よ 刑事 さん

俺 ら の 毎日 知って ん だ ろ

なのに こんな いい 女 目 の 前 に おい て

あいつ あんな こと を

やめ させ た ほう が いい かも しれ ませ ん ね

これ 以降 の 集中 力 が 落ちる か も

ま 間違い あり ませ ん

パラサイト です この 男

あ 待って よ お 姉ちゃん

話 に なら ない わ ね

泉 くん お また せ お 願い し ます

はい

音声 は お互い まったく 聞こえ ん から 遠慮 は いら ん

どう 思う か ね その 男

どう って さあ …

なぜ か 君 は パラサイト と よく 出会う

今回 また 田村 玲子 と いう パラサイト が 近づ い て き た

君 に は やつ ら を ひき つける 何 か が

あるいは 君 自身 に やつ ら を 見分ける 能力 が ある ん じゃ ない の か ね

落ち着け

心 を 落ち着か せ れ ば 大丈夫

いいえ

私 は 倉 森 が 最後 に 言い残し た 協力 者 なる 人物 こそ

君 で ある よう な 気 が し て なら ん の だ

だが 君 は 倉 森 の 名 を 聞い て も まったく 動じ ない

ただ の 高校 生 が これほど 無表情 に 嘘 を 突き 通せ る と は 思え ん が

警部 補 野郎 寝 て ます

なん だ と

こら 浦上

起きろ

なんだか 体力 消耗 し ちゃ って

あれ まだ やって た の か

かわいい 顔 し てん な あん ちゃん

女装 でも し て くれ たら いい オカズ に なる かも な

おい 刑事 さん よ

ヤツ に 俺 の 目 を まっすぐ 見る よう に 言え

泉 くん

はい

次回 「 冷血 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

その 姿 な ん だ

俺 に とって 絶対 に 許せ ない 姿 が

その …

シン イチ 落ち着け

呼吸 が 乱れる と いざというとき に 困る

わかって る

君 たち と は いろいろ と 話し たかった ん だ が

どうも 嫌 な 予感 が する

だから 早め に すま そ う と 思う

これ まで に 3 8 人 殺し た

おもに 食料 と して だ が

しかし これ は 仲間 の 間 で は かなり 少ない ほう だ と 言え る

足りない 分 は 人間 が 普段 食べ て いる 食事 で まかなえ た

つまり 寄生 生物 は 必ずしも 人間 を 食わ なく て も 生存 できる と いう こと だ

人間 に つい て いろいろ 研究 し て み た

人間 に とって の 我々

我々 に とって の 人間 と は いったい な ん な の か

そして 出 た 結論 は こう だ

合わせ て ひと つ

我々 と 人間 は ひと つ の 家族 だ

我々 は 人間 の 子供 な の だ

なん だ と

何 を 言って る ふざける な

まあ いい 人間 の 感情 で は 理解 し にくい だ ろ う から な

だが 我々 は か弱い

それ のみ で は 生き て 行け ない ただ の 生命 体 だ

だから あまり いじめる な

いじめる な って 逆 だ ろ

君 たち は 極めて 貴重 な 存在 だ

だから 私 の 考え を 聞い て おい て もらい たかった

ついでに 忠告 し て おこ う

後藤 と いう 名 の 最近 君 たち を 追い回し た 男 だ が

彼 と は 戦わ ない こと だ

初め から 三木 で は なく 後藤 が 相手 だったら

君 たち は 間違い なく 死 ん で い た

多分 な

彼 は 私 が 実験 に より 作り上げ た か 弱い 仲間 の 一 人 で は ある が

無敵 だ

その 言い 方 は なんだか 矛盾 し てる ぞ

笑って る

それとも う 一 人 市長 の 広川 だ が

泉 新一

あれ は 確か 平間 って いう 刑事

てこ と は こい つら 全員 警官

一見 ごく 普通 の 赤ん坊 を 抱 い た 母親 と

パラサイト 殺人 の 発見 者 と は 言え 事件 と は 無 関係 と さ れ た 少年

たとえ 殺人 の あった 直後 の 公園 内 で あ ろ う と

この 2 人 を 別々 に 見掛け た なら これほど の 確信 は 持て なかった だ ろ う

泉 新一

彼 に は やはり 何 か ある

そして こいつ だ

こいつ こそ パラサイト 田村 玲子

肌着 に 私 の 血 が 少し

待て それ 以上 前 に 出る な

田村 さん 田村 玲子 さん です ね

いいえ

倉 森 と いう 男 を たった 今 殺し た

知り ませ ん

もう 一 人 に 聞こ う

池田 くん なぜ 君 は ここ に いる

君 は 以前 私 と 会った こと が ある 覚え て いる だ ろ う

君 が 以前 と 同一 人物 なら 私 の 名前 を 言え る はず だ

私 は 誰 だ ね 池田 くん

あなた こそ 俺 の 名前 を 忘れ た ん です か 平間 さん

あっ ち は どうやら 人間 の よう だ

さて ずいぶん と 落ち着 い て い ます ね 田村 さん

何 か 勘違い さ れ て いる よう です けど

この 距離 なら こいつ でも 十 分 当たる だ ろ う

悪い 冗談 は やめ て ください

みなさん どう かし て ます よ

間違ったら 申し訳ない が

これ 以上 どう しよう も ない

近づく わけ に は いか ん ので ね

全員 この 一 発 よ ー く 見極めろ

すべて の 責任 は 私 が 負う

やめ て ください 何 を する ん です

ひ 平間 さん

お 見事 正解 よ

撃て 撃て

やめろ 赤ん坊 は 人間 な ん だ

泉 新一 下がって いろ

シン イチ 下がれ

でも …

まさか まさか 違う よ ね

関係ない よ ね 泉 くん

泉 くん が いる わけ ない

違う よ

もう たくさん

もう たくさん だ よ

どう し た なぜ 反撃 し ない

こっち に 近づ い て くる 何 か 魂胆 が ある ん だ

下がれ シン イチ 逃げる ん だ

新一

待て 新一

ここ で 逃げ られ て は 困る

どう すれ ば お前 を …

お前 と いう 人間 の 心 を

新一

母さん

騙さ れる な シン イチ ワナ だ

思い出せ 胸 の 穴 を

いや

やめ やめ い

やめ 少年 に 当たって しまう

様子 が 変 だ

ずーっと 考え て い た

私 は なんの ため に この世 に 生まれて き た の か と

一 つ の 疑問 が 解ける と

また 次 の 疑問 が わ い て くる

始まり を 求め 終わり を 求め

考え ながら ただ ずっと 歩 い て い た

どこ まで 行って も 同じ かも しれ ない

歩く の を やめ て みる なら それ も いい

すべて の 終わり が 告げ られ て も

「 ああ そう か 」 と 思う だけ だ

しかし それ でも 今日 また ひと つ 疑問 の 答え が 出 た

新一 この 子供 結局 使わ なかった

何 の 変哲 も 無い 人間 の 子供 だ

人間 たち の 手 で 普通 に 育て て やって くれ

わかった 心配 する な

ありがとう

ありがとう ?

この 前 人間 の 真似 を し て 鏡 の 前 で 大声 で 笑って み た

なかなか 気分 が 良かった ぞ

死 ん だ

死 ん だ …

そんな 馬鹿 な なぜ だ

戦 お う と 思え ば 戦え た はず だ

そして 逃げる こと も

悲しい の か

そう か お前 の 母さん 死 ん で しまった もん な

死 ん だ … 母さん が

母さん

新一

大丈夫 新一 油 かから なかった ?

あなた の 胸 に 穴 を 空け た 相手 に もう 一 度 会う の

会う の よ

死 ん だ 心臓 が 止まった

恥ずかしく て とても 人 に は 言え ない 夢 …

死 ん だ

みんな 死 ん だ

命 は

命 は この 木 に

新一 くん

ま また 帰って くる よ ね

帰って くる よ ね

ただいま

お かえり

どう し た の 新一

今 とても 悲しい 夢 を …

泉 くん

新一 くん

帰って き た の

涙 が …

里美

泉 くん は ?

うん もう ちょっと し たら 学校 に 出 て こ られる みたい

そ っか

いったい 何 が あった の

急に 帰っちゃ っ た 日 から ずっと 休 ん だ まま だ けど

たぶん いろいろ ある ん だ よ 行 こ う

あの 公園 で の こと ニュース に さえ なって ない

だけど 泉 くん は 帰って き た

帰って き た ん だ よ

じゃあ お 昼 は この 部屋 で ね

どう だった

ああ 疲れ た よ

彼 年齢 の 割に は 落ち着き すぎ てる よう に 思う ん です けど

確かに ある 面 で は びっくり する ほど 肝 が 据わって る けど

いる わ よ あの くらい の 子 は

ただ 刑事 さん たち が 期待 する 例 の 能力 は ない ん じゃ ない か な

少なくとも あの 男 に は 到底 及ば ない

やれやれ 結局 あの 男 だけ です か

残念 ながら

犬 と か 猫 と か さ

猿 と か 熊 と か 鳥 と か

意味 ねえ と 思う ん だ

動物 と 話せる なんて 俺 一 っ 言 も 言って ない から ね

黙って 歩け

で 今日 の 相手 は なん な ん す か

人間 だ

人間

こいつ は いい や

いよいよ 本番 が 近付 い てる と いう こと だ よ

そう です か やっと 俺 の 言う こと 信用 する わけ だ な

刑事 さん 実は 俺 無実 だった ん です 信用 し て

だめ ? うけ なかった ?

静か に しろ

手錠 を

はい

泉 新 一 くん また お 願い し ます

はい

何 を 聞か れよ う が ミギー の 存在 だけ は 絶対 隠し 通す ぞ

もう 一 度 心 を 落ち着か せ て

これ で 最後 だ から

あっ はい

いい か 浦上

いよいよ お前 の 能書き を 証明 し て もらう ぞ

じゃあ この 部屋 で 待って て

名前 を 呼ば れ たら 頼み ます

はい

あって もらう の は 5 人 だ

その 中 から まずは 自分 の 仲間 を 探せ

自分 と 同じ 能力 を 持った 人間 だ

会え ば わかる そう 言った そう だ な

ああ そう だ よ 分かる さ

たぶん ね

次に 奴 ら の 仲間 が い たら 頼む

おいおい バケ モン の 容疑 者 が いる って の か

こんな 部屋 に 大人 しく 入って くる の か よ おい

この ガラス 大丈夫 な ん だ ろ う な

バケ モン に 食わ れる くらい なら 吊るさ れ た ほう が マシ だ ぞ

大丈夫 だ 心配 する な 肉 厚 の 防弾 ガラス だ

しかも 完全 防音

で は はじめ ます

深見 さん お 入り ください

はい

おい 浦上 ちゃん と 顔 を あげろ

へい へい

どう です 深見 さん

まず 彼 は パラサイト で は あり ませ ん

私 の 送る テレパシー に 僅か ずつ 反応 し てる

心 を 固く 閉ざし て いる が

ただ 彼 に 私 と 同じ 能力 が ある か どう か は 疑問 です

なんか 向こう は もっともらしい こと 言って ます ね

はじめ に 断って おき ます わ

こちら の 部屋 の 自称 超 能力 者 たち は おそらく 全員 見込み あり ませ ん

かりに も 超 … いいえ

その 磨か れ た 能力 が ある と 言え る の は そちら の 人 だけ だ と 思い ます

浦上 どう だ

まるっきり インチキ だ ね

この あん ちゃん に 言 っと き な よ

嘘つき は 泥棒 の 始まり だって な

よく 言う よ

自分 は 連続 殺人 犯 の くせ に

では 次 の 人 を

どう し た 浦上

殺生 だ よ 刑事 さん

俺 ら の 毎日 知って ん だ ろ

なのに こんな いい 女 目 の 前 に おい て

あいつ あんな こと を

やめ させ た ほう が いい かも しれ ませ ん ね

これ 以降 の 集中 力 が 落ちる か も

ま 間違い あり ませ ん

パラサイト です この 男

あ 待って よ お 姉ちゃん

話 に なら ない わ ね

泉 くん お また せ お 願い し ます

はい

音声 は お互い まったく 聞こえ ん から 遠慮 は いら ん

どう 思う か ね その 男

どう って さあ …

なぜ か 君 は パラサイト と よく 出会う

今回 また 田村 玲子 と いう パラサイト が 近づ い て き た

君 に は やつ ら を ひき つける 何 か が

あるいは 君 自身 に やつ ら を 見分ける 能力 が ある ん じゃ ない の か ね

落ち着け

心 を 落ち着か せ れ ば 大丈夫

いいえ

私 は 倉 森 が 最後 に 言い残し た 協力 者 なる 人物 こそ

君 で ある よう な 気 が し て なら ん の だ

だが 君 は 倉 森 の 名 を 聞い て も まったく 動じ ない

ただ の 高校 生 が これほど 無表情 に 嘘 を 突き 通せ る と は 思え ん が

警部 補 野郎 寝 て ます

なん だ と

こら 浦上

起きろ

なんだか 体力 消耗 し ちゃ って

あれ まだ やって た の か

かわいい 顔 し てん な あん ちゃん

女装 でも し て くれ たら いい オカズ に なる かも な

おい 刑事 さん よ

ヤツ に 俺 の 目 を まっすぐ 見る よう に 言え

泉 くん

はい

次回 「 冷血 」


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.