image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 17

こんばん は 田村 さん

隠 そ う と 思って も 隠せ ない もの だ な

ああ 私 たち が 発 する 最も 強い 波長 は 殺意

あるいは 敵意 だ から な

なのに 逃げ なかった の は なぜ だ

興味 が あった から 好奇心 に 負け た わけ だ

この 決定 に 賛同 し た 者 は ほか に いる の か

俺 たち 3 人 だけ だ

広川 や 後藤 は 一切 関知 し て い ない

そう か 理由 は

俺 の 勘 だ よ

この先 あんた は 我々 全体 に とって 非常に 危険 な 存在 と なる

なるほど

お前 は A に 似 て いる

A ?

我々 寄生 生物 の 行動 や 考え 方 は 極めて 合理 的 で あり 単純 明快 だ

一 糸 乱れ ぬ 組織 づくり も たやすい と 思って い た が

見込み 違い だった な

しかし 私 を 含め 寄生 生物 それぞれ が これほど 大きな 個体 差

いや 個性 を 持った こと を 私 は 喜ばしく 思う

この リンチ など 感動 すら 覚える

さて お 別れ だ な

3 人 いれ ば 勝て る と 思った の か

逃がす な 殺せ

ボディ の 筋力 は 俺 の ほう が 上 だ

1 対 1 で 戦って も 俺 が 勝つ

おめでたい な

ノロマ め

あげる わ それ

2 体 に 分かれる と は どういう つもり

俺 は やつ を

体 内 に 田村 が

大丈夫

うん

い い た ぞ あいつ だ

お おい

なんで 石ころ なんか かばん に 入れ てる の

痴漢 対策

すみません 人違い だった みたい で

さっき 頭 が 半分 しか ない 女 の 人 を 見掛け た から

服装 も 同じ だった んで てっきり …

頭 が 半分 ?

変 な の

でも 頭 の 中 は からっぽ だ よ

むちゃくちゃ だ

田村 は 思考 能力 を なくし て いる

それ に 半分 の 寄生 体 で 全身 を 維持 できる はず も ない

完全 に 自殺 行為 だ

くだら ん

これ が 高い 知能 を 持つ と 言わ れ た 田村 玲子 の 最期 か

足 が 下半身 が

何 を する

俺 で は ない

俺 で は …

1 人 死 ん だ

なるほど そう やって もぐりこめ ば 生き て い られる

だが 半分 だけ の お前 が 完全 に 乗っ取れ る の か

ダメージ を 受け た その ボディ で 俺 に 勝て る の か

やめろ

私 の 体 を

よせ やめろ

いま 喋った の は どっち だ

氷 川 か それとも 田村 か

やめ て くれ 私 は 味方 だ

ならば なぜ 俺 に 近づく

くそ ッ 首 から 下 が 勝手 に

諦めろ 田村 玲子 の 肉 片 もろとも 死ね

私 は 味方 な ん だ

おのれ おのれ おのれ ぇ

おのれ おのれ おのれ ぇ

これ が お前 の 戦術 か

乗っ取 ろ う と し た 体 は ズタズタ だ

さあ 出 て こい

いつまで もぐ りこん で いる つもり だ

いつの間に …

人間 部分 が 弱点 なら

もったいぶら ず 一撃 で 破壊 する べき だ

たとえ ボディ を 破壊 さ れ て も

寄生 生物 の 細胞 は しばらく の 間 は 生き て いる

脳波 を 出し て いる

お前 が いま 身をもって 感じ て いる 通り だ

我々 寄生 生物 が 発 する もっとも 強い 波長 は 敵意

あるいは 殺意

それ は 視野 の 範囲 外 の 相手 が 敵 な の か 味方 な の か を 識別 する

重要 な 材料 で も ある はず

だが お前 は 味方 で ある 氷 川 の 体 を 寸断 し

自分 の 周囲 に 強い 敵意 を 持つ 肉 片 を ばらま い て しまった

そう その 肉 片 に よって

お前 に 接近 する 私 の 脳波 が カモフラージュ さ れ た の だ

まさか そこ まで 計算 し て い た と は

自分 は どこ から 来 て どこ へ 行く の か なんて

人間 み たい に 考え た こと は ある か

さようなら 草野 さん

共食い か

開 い て いる

よっぽど 手ごわい じゃ ない か 探偵 さん

え 出かけ た

そちら の ホテル に は い ない ん です か

父さん なんで 家 に いる ん だ よ

ここ に は 来 て ない わ

なんで お前 が

おはよう

まさか 父さん を 殺し に

今 は それ どころ じゃ ない わ

あなた に は 個人 的 な 件 で 連絡 を 取り たかった の

ひかり 第 一 公園 って 知って る

そこ へ 今日 の 午後 5 時 20 分 に 来 て ほしい ん だ けど

な に 言って る ん だ よ

渡し たい もの が ある

人間 と 寄生 生物 の ちょうど 中間 に いる あなた に ね

母親 か

あんた いったい 誰

良子 良子 を どこ へ やった の

今日 も 誰 も い ない

どう し た ん だ ろ う

い 泉 さん です よ ね

あの 新一 くん は

ここ に は い ない わ

その 新一 くん の お 母さん です か

いいえ そんな 歳 に 見える かしら

あ いえ

教え て ほしい ん です 何 が あった ん です か

新一 くん 今 とんでもない こと に 巻き込ま れ てる ん でしょ

とんでもない こと

だって わかる わ 何 か ある って こと ぐらい

泉 くん いつ だって 何も 言わ ない けど

心配 な の ね 彼 の こと が

羨ま し い

心配 いら ない わ

彼 は 見かけよ り ずっと 強い 男 よ

近い うち に 必ず 元気 で 帰って くる

近い うち って

あの 人 どこ か で

本当 に どこ へ 行っちゃ っ た ん だ ろ う ね 泉 くん

まったく 能 天気 な ん だ から こっち の 気 も 知ら ない で

近い うち 帰って くる

今日 かも しれ ない

ま また 帰って くる よ ね

帰って くる

よ ー

大丈夫 心配 いら ない よ

帰って くる よ

きっと

どう し た の

ごめん 先行 って て

ここ は 確か 加奈 さん の い た 街 だ

加奈 さん は 知って い た の か な

あたし の 知ら ない 泉 くん の こと

ね 待って

もう くそ ぅ 逃げ足 の 速い

こら

ダメ だって 若い 嬢 ちゃん が で っけ え 声 で くそ ぅ なんて 言っちゃ

これ は

お ー よち よち よ ち

ば ぁ ー

子守 が うまい の ね

一 時期 女房 に 食わせ て もらって た もん で ね

子守 は よく やって い た の さ

よち よち よ ち ば ぁ ー

約束 の 時間 に は まだ 早い な

ならば 周辺 を 歩 い て くれ

地形 など を 見 て おき たい

ああ

冷酷 な 化け物 でも 我が 子 は 大事 か

私 は 人間 に つい て 研究 し て き た

あなた の そうした 不合理 な 行動 も なんとなく 理解 できる

ほう うれしい ね

だが やっぱり あんた に は わから ねえ

人間 の なんたる か が 親 の 気持ち って もの が な

これ まで 生き て き た 幸せ の 大き さ が

すべて を 失った 悲しみ の 大き さ が わかる か お前 ら に

今 ここ で この 子供 を 殺し て も お前 は 悲し ん だ り は し ない だ ろ う

「 ああ そう か 」 と 思う だけ だ

違う か

第 一 これ は お前 の 子 じゃ ない 人 間 の 子 だ

なん だ これ は

今 まで の 仲間 に は ない 波長 だ

確かに 田村 玲子 の 脳波 だ が

いったい どういう 感情 な ん だ

わかる はず ねえ

わかる はず は ねえ だ ろ う が

それ でも 俺 の 味わった 悲しみ の 100 分 の 1 ぐらい は 貴 様 に も

じ ょ 冗談 だ ぜ

人間 が 人間 の 赤ん坊 を 殺す わけ ねえ だ ろ

まさか 化け物 の お前 が な

驚 い た ぜ

自分 でも 驚 い てる わ

田村 玲子 が 移動 を 始め た 反対 側 の 隅 に 向かって いる

こっち か

ホント 何 やって ん だ ろ う

こんな ところ まで 来 ちゃ って

人 が あ あっ ち で 人 が

倉 森

倉 森 おい しっかり しろ

あ 刑事 さん

いる の か ヤツ は この上 か

行け 一目 で それ と わかる なら 躊躇 する な

はっ

田村 玲子 だ な 彼女 一 人 か

広川 に は 知ら れ て い ない の か

彼女 は 白い 服 赤ん坊 を 抱 い て

肌着 に 私 の 血 が 少し

分かった ヤツ は 逃がさ ん

あと 1 つ 教え て くれ

君 の 報告 書 に あった 協力 者 それ は 誰 な ん だ

人間 な の か 名前 を 教え て くれ

彼 は 人間 です

私 と 同じ 小さな 家族 が あり そして 奪わ れ 苦し ん で

頼む その 名前 を

陽子 由美

すま なかった すぐ いく よ

倉 森 さん しっかり し て くれ

倉 森 さん

赤ん坊 を 殺さ なく て よかった

おい 倉 森 さん

倉 森

あんた よく やった よ

ひょっとしたら 大変 な 英雄 に なる かも しれ ん

必ず 仇 は とる ぞ 名 探偵

了解

白い 服 に 赤ん坊 か

名前 は

早く 質問 に 答えろ

我々 の 動き が 広川 たち に 掴まれ て い ない こと を 願う

田村 玲子 を 逃がし て は なら ん

今 ここ で 仕留める の だ

次回 「 人間 以上 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

こんばん は 田村 さん

隠 そ う と 思って も 隠せ ない もの だ な

ああ 私 たち が 発 する 最も 強い 波長 は 殺意

あるいは 敵意 だ から な

なのに 逃げ なかった の は なぜ だ

興味 が あった から 好奇心 に 負け た わけ だ

この 決定 に 賛同 し た 者 は ほか に いる の か

俺 たち 3 人 だけ だ

広川 や 後藤 は 一切 関知 し て い ない

そう か 理由 は

俺 の 勘 だ よ

この先 あんた は 我々 全体 に とって 非常に 危険 な 存在 と なる

なるほど

お前 は A に 似 て いる

A ?

我々 寄生 生物 の 行動 や 考え 方 は 極めて 合理 的 で あり 単純 明快 だ

一 糸 乱れ ぬ 組織 づくり も たやすい と 思って い た が

見込み 違い だった な

しかし 私 を 含め 寄生 生物 それぞれ が これほど 大きな 個体 差

いや 個性 を 持った こと を 私 は 喜ばしく 思う

この リンチ など 感動 すら 覚える

さて お 別れ だ な

3 人 いれ ば 勝て る と 思った の か

逃がす な 殺せ

ボディ の 筋力 は 俺 の ほう が 上 だ

1 対 1 で 戦って も 俺 が 勝つ

おめでたい な

ノロマ め

あげる わ それ

2 体 に 分かれる と は どういう つもり

俺 は やつ を

体 内 に 田村 が

大丈夫

うん

い い た ぞ あいつ だ

お おい

なんで 石ころ なんか かばん に 入れ てる の

痴漢 対策

すみません 人違い だった みたい で

さっき 頭 が 半分 しか ない 女 の 人 を 見掛け た から

服装 も 同じ だった んで てっきり …

頭 が 半分 ?

変 な の

でも 頭 の 中 は からっぽ だ よ

むちゃくちゃ だ

田村 は 思考 能力 を なくし て いる

それ に 半分 の 寄生 体 で 全身 を 維持 できる はず も ない

完全 に 自殺 行為 だ

くだら ん

これ が 高い 知能 を 持つ と 言わ れ た 田村 玲子 の 最期 か

足 が 下半身 が

何 を する

俺 で は ない

俺 で は …

1 人 死 ん だ

なるほど そう やって もぐりこめ ば 生き て い られる

だが 半分 だけ の お前 が 完全 に 乗っ取れ る の か

ダメージ を 受け た その ボディ で 俺 に 勝て る の か

やめろ

私 の 体 を

よせ やめろ

いま 喋った の は どっち だ

氷 川 か それとも 田村 か

やめ て くれ 私 は 味方 だ

ならば なぜ 俺 に 近づく

くそ ッ 首 から 下 が 勝手 に

諦めろ 田村 玲子 の 肉 片 もろとも 死ね

私 は 味方 な ん だ

おのれ おのれ おのれ ぇ

おのれ おのれ おのれ ぇ

これ が お前 の 戦術 か

乗っ取 ろ う と し た 体 は ズタズタ だ

さあ 出 て こい

いつまで もぐ りこん で いる つもり だ

いつの間に …

人間 部分 が 弱点 なら

もったいぶら ず 一撃 で 破壊 する べき だ

たとえ ボディ を 破壊 さ れ て も

寄生 生物 の 細胞 は しばらく の 間 は 生き て いる

脳波 を 出し て いる

お前 が いま 身をもって 感じ て いる 通り だ

我々 寄生 生物 が 発 する もっとも 強い 波長 は 敵意

あるいは 殺意

それ は 視野 の 範囲 外 の 相手 が 敵 な の か 味方 な の か を 識別 する

重要 な 材料 で も ある はず

だが お前 は 味方 で ある 氷 川 の 体 を 寸断 し

自分 の 周囲 に 強い 敵意 を 持つ 肉 片 を ばらま い て しまった

そう その 肉 片 に よって

お前 に 接近 する 私 の 脳波 が カモフラージュ さ れ た の だ

まさか そこ まで 計算 し て い た と は

自分 は どこ から 来 て どこ へ 行く の か なんて

人間 み たい に 考え た こと は ある か

さようなら 草野 さん

共食い か

開 い て いる

よっぽど 手ごわい じゃ ない か 探偵 さん

え 出かけ た

そちら の ホテル に は い ない ん です か

父さん なんで 家 に いる ん だ よ

ここ に は 来 て ない わ

なんで お前 が

おはよう

まさか 父さん を 殺し に

今 は それ どころ じゃ ない わ

あなた に は 個人 的 な 件 で 連絡 を 取り たかった の

ひかり 第 一 公園 って 知って る

そこ へ 今日 の 午後 5 時 20 分 に 来 て ほしい ん だ けど

な に 言って る ん だ よ

渡し たい もの が ある

人間 と 寄生 生物 の ちょうど 中間 に いる あなた に ね

母親 か

あんた いったい 誰

良子 良子 を どこ へ やった の

今日 も 誰 も い ない

どう し た ん だ ろ う

い 泉 さん です よ ね

あの 新一 くん は

ここ に は い ない わ

その 新一 くん の お 母さん です か

いいえ そんな 歳 に 見える かしら

あ いえ

教え て ほしい ん です 何 が あった ん です か

新一 くん 今 とんでもない こと に 巻き込ま れ てる ん でしょ

とんでもない こと

だって わかる わ 何 か ある って こと ぐらい

泉 くん いつ だって 何も 言わ ない けど

心配 な の ね 彼 の こと が

羨ま し い

心配 いら ない わ

彼 は 見かけよ り ずっと 強い 男 よ

近い うち に 必ず 元気 で 帰って くる

近い うち って

あの 人 どこ か で

本当 に どこ へ 行っちゃ っ た ん だ ろ う ね 泉 くん

まったく 能 天気 な ん だ から こっち の 気 も 知ら ない で

近い うち 帰って くる

今日 かも しれ ない

ま また 帰って くる よ ね

帰って くる

よ ー

大丈夫 心配 いら ない よ

帰って くる よ

きっと

どう し た の

ごめん 先行 って て

ここ は 確か 加奈 さん の い た 街 だ

加奈 さん は 知って い た の か な

あたし の 知ら ない 泉 くん の こと

ね 待って

もう くそ ぅ 逃げ足 の 速い

こら

ダメ だって 若い 嬢 ちゃん が で っけ え 声 で くそ ぅ なんて 言っちゃ

これ は

お ー よち よち よ ち

ば ぁ ー

子守 が うまい の ね

一 時期 女房 に 食わせ て もらって た もん で ね

子守 は よく やって い た の さ

よち よち よ ち ば ぁ ー

約束 の 時間 に は まだ 早い な

ならば 周辺 を 歩 い て くれ

地形 など を 見 て おき たい

ああ

冷酷 な 化け物 でも 我が 子 は 大事 か

私 は 人間 に つい て 研究 し て き た

あなた の そうした 不合理 な 行動 も なんとなく 理解 できる

ほう うれしい ね

だが やっぱり あんた に は わから ねえ

人間 の なんたる か が 親 の 気持ち って もの が な

これ まで 生き て き た 幸せ の 大き さ が

すべて を 失った 悲しみ の 大き さ が わかる か お前 ら に

今 ここ で この 子供 を 殺し て も お前 は 悲し ん だ り は し ない だ ろ う

「 ああ そう か 」 と 思う だけ だ

違う か

第 一 これ は お前 の 子 じゃ ない 人 間 の 子 だ

なん だ これ は

今 まで の 仲間 に は ない 波長 だ

確かに 田村 玲子 の 脳波 だ が

いったい どういう 感情 な ん だ

わかる はず ねえ

わかる はず は ねえ だ ろ う が

それ でも 俺 の 味わった 悲しみ の 100 分 の 1 ぐらい は 貴 様 に も

じ ょ 冗談 だ ぜ

人間 が 人間 の 赤ん坊 を 殺す わけ ねえ だ ろ

まさか 化け物 の お前 が な

驚 い た ぜ

自分 でも 驚 い てる わ

田村 玲子 が 移動 を 始め た 反対 側 の 隅 に 向かって いる

こっち か

ホント 何 やって ん だ ろ う

こんな ところ まで 来 ちゃ って

人 が あ あっ ち で 人 が

倉 森

倉 森 おい しっかり しろ

あ 刑事 さん

いる の か ヤツ は この上 か

行け 一目 で それ と わかる なら 躊躇 する な

はっ

田村 玲子 だ な 彼女 一 人 か

広川 に は 知ら れ て い ない の か

彼女 は 白い 服 赤ん坊 を 抱 い て

肌着 に 私 の 血 が 少し

分かった ヤツ は 逃がさ ん

あと 1 つ 教え て くれ

君 の 報告 書 に あった 協力 者 それ は 誰 な ん だ

人間 な の か 名前 を 教え て くれ

彼 は 人間 です

私 と 同じ 小さな 家族 が あり そして 奪わ れ 苦し ん で

頼む その 名前 を

陽子 由美

すま なかった すぐ いく よ

倉 森 さん しっかり し て くれ

倉 森 さん

赤ん坊 を 殺さ なく て よかった

おい 倉 森 さん

倉 森

あんた よく やった よ

ひょっとしたら 大変 な 英雄 に なる かも しれ ん

必ず 仇 は とる ぞ 名 探偵

了解

白い 服 に 赤ん坊 か

名前 は

早く 質問 に 答えろ

我々 の 動き が 広川 たち に 掴まれ て い ない こと を 願う

田村 玲子 を 逃がし て は なら ん

今 ここ で 仕留める の だ

次回 「 人間 以上 」


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.