image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 15

いま 別れ まし た

どちら を つけ ま しょ う か

はい 分かり まし た

男 の 方 です ね

ナンパ か

まいった な 俺 って 鈍い から 気 が つか なかった よ

力 を 貸し て 欲しい

この ビル の 地下 に 向かう と いう 連絡 を 最後 に

でも とても 俺 一 人 で 中 に 入る 勇気 が なく て

だから 言った ん だ

その 程度 の ヤツ が 首 を 突っ込む な と

どう だ 何 か 感じる か

いや 近く に は 仲間 は い ない な

誰 も い ない な

嫌 な 臭い が する

まさか そんな

シン イチ 仲間 が 一 人 来る

200 メートル 180 メートル

速い な おそらく 車 だ

いま 出 れ ば 入り口 付近 で 鉢合わせ する ぞ

まずい ぞ 隠れ なきゃ

弁当 持参 だ

や だ 何 ここ

いい から いい から

それ よ り さ そこ に 立って よ

こう ?

うん いい ね

なん な の よ 変 な 人

出る な シン イチ

なんで あんな ところ に 隠れ てる ん だ

ま いい か

さて と

いよいよ 人食い の 瞬間 か

やめろ

な なに

お前 仲間 じゃ ない の か

危ない その 男 は 人間 じゃ ない ん だ 離れ て

えっ ?

早く 早く 逃げろ

おまえ

人間 ども め

いい か シン イチ 私 の 存在 を 忘れろ

ここ で 相談 し ながら 二人三脚 を やって い て は 負ける

ヤツ の 刃 の 動き が 見える な

ああ

す すげ え なんて 早 さ だ

君 は 相手 の 攻撃 を 避け て い れ ば いい

いつか み たい に 素手 で 倒 そ う なんて 考える な よ

それ で 勝て る の か

いい ぞ なかなか いい 動き だ

これ なら 馬 の 差 で 勝つ な

誰 が 馬 だって

弱点 は 首 から 下 人間 部分 だ

それ さえ 守りきれ ば いずれ は 勝つ

助け られ なかった

今更 だ よ な

わかって た こと じゃ ない か

わかって て 俺 は ずっと 何も し なかった ん だ

しかし まずい こと に なった な

あの 男 の 態度 から 察 する に

ここ は 広川 が 絡 ん だ 組織 的 な 食事 場 の ひと つ だ ろ う

だ と すれば 我々 は 広川 の 集団 に 対 し 敵対 行動 を とった こと に なる

聞い て いる の か シン イチ

間違って た

やっぱり 俺 …

ともかく 一刻 も 早く ここ を 離れ た ほう が いい

倉 森 さん もちろん このまま 終わり に する つもり は ない です よ ね

前 に あった こと の ある 刑事 さん

確か 平間 って 言った かな

その 人 なら 話 を 聞い て くれる はず です

俺 が 化け物 じゃ な いか って 疑った ほど だ から

おい 変 な 考え を 起こす な

どこ が 変 な ん だ

広川 たち と 戦 お う って いう のに

何 を 言う ん だ

我々 は 今 非常に 危険 な 状態 に 陥って いる かも しれ ない ん だ ぞ

倉 森 さん が 撮った ムービー を 証拠 に し て

あの ビル を 徹底 的 に 調べ て もらう ん だ

バカ 言う な

我々 も 写って いる ん だ ぞ

俺 は もう 我慢 でき ない

父親 まで 殺さ れ たい の か

なん だ と どういう 意味 だ

心配 いら ない よ

間違って た

分 不相応 みんな の 言う 通り だ よ

この 程度 の 男 が 首 を 突っ込 ん じゃ いけ なかった ん だ

今 まで 集め た 資料 も 全部 処分 する

なんで

見 た でしょ う さっき の

あれ を 見 て なんとも 思わ ない ん です か

思う よ

奥歯 が ガタガタ なり っぱなし だ よ

あんな の 見 て ヤツ ら と 戦 お う なんて 考える ほう が おかしい ん だ

君 は もう 普通 の 人間 じゃ ない ん だ よ

さっき の 戦い だって その 化け もん 2 匹 の 殺し 合い だ ぜ

俺 は か弱い 人間 だ

自分 一 人 守る 力 も ない し 勇気 も ない

君 と 一緒 に し ない で くれ

今日 かぎり 化け もん も 田村 玲子 も 君 の こと も 忘れる

そんな 目 で 見る な よ かみ さん と 子供 が いる ん だ

人類 の ため に だ と か 偉 そう な こと 君 に 言っちゃ っ た よ な ごめん よ

ま あれ が 普通 の 人間 だ な

うる せ え な

君 は もう 普通 の 人間 じゃ ない ん だ よ

確かに そうだ 普通 じゃ ない

俺 が や れる こと 俺 に 出来る こと

シン イチ これ まで も 繰り返し 言って き た が

無駄 な 抵抗 は よそう

無駄 ? そう かな

今日 は 勝て た じゃ ない か

そう だ よ 勝て る ん だ よ 1 対 1 なら

私 が 協力 すれ ば だ ろ

できる できる よ

やろう と 思え ば 何 だって できる

今 まで だって …

1 匹 ずつ

そう 1 匹 ずつ 倒す ん だ

他の 人 間の手 を 借り ず 一 人 で 倒す

それ なら ミギー も 協力 し て くれる はず だ

いや 絶対 に 協力 し て もらう

人間 の エゴ と 言い たきゃ 言え ば いい

でも 俺 は 一 人 でも 人間 を 助け たい

そう すれ ば 村野 の 危険 だって 減る じゃ ない か

里美 泉 くん と ケンカ でも し た の

ここ ん とこ 一緒 じゃ ない みたい だ けど

ケンカ って いう か その

なんだか お互い 信用 でき ない って いう か

信用 でき ない って 顔 じゃ な いよ ね

わけ わかん ない

待って 里美

あら あら

守って やる

一 人 でも 多く

敵 は 強い 放って は おけ ない な

でも 殺す に は 惜しい

探偵 の ほう は どう で も いい が

バカ な ヤツ は 間違い なく 危険 な 敵 だ

なぜ 味方 する

人間 同士 じゃ ある まい し

なぜ こう まで 意見 が 分かれる の か ね

田村 さん あんた 人間 の 子供 を 飼育 し て いる そう だ が

それ が 影響 し てる ん じゃ ない か

もう 処分 し たら どう だ

それ は まだ でき ない

ともかく 泉 新一 は 我々 の 食堂 で 仲間 を 殺し た

どう 考え て も 放って は おけ ない やはり 始末 す べき だ

仕方ない

ただし 死体 は 原型 の まま 持ち帰って ほしい

なぜ だ

解剖 し て み たい

大した もん だ な 後藤 さん モーツァルト か ね

ショパン だ

あの 相手 は なかなか 手強い らしい

やはり 君 が やる べき だ と 思う ん だ が

三木 が やり たい って 言う なら やら せ て みる さ

何事 も 慣れ だ

なん だ

誰 だ

こっち も いろいろ 大変 さ

お前 は バケ モノ

ほう 化け物 に 見える の か

でも 人 の 事 は 言え ない ぞ

これ を 見 て みろ よ

な なんて 夢 だ

1 匹 ずつ 寄生 生物 を 退治 する

どう やって ミギー を 納得 さ せる か だ が

戦わ なきゃ なら ない 状況 に もっていく の が 一 番 手っ取り早い かな

なん だ よ 授業 に 遅れる だ ろ

それ どころ じゃ ない 仲間 だ

えっ また ?

チャンス だ

よし 戦 お う

そい つ は 今 どこ に いる

悠長 な こ と 言って る 場合 か

目的 は 我々 だ

殺意 を 持って まっすぐ ここ に 向かって くる

しかも 3 人

3 人 ?

戦う か 逃げる か

君 は 戦う 気 充分 の よう だ が

それ なら この 場所 が 最適 だ ぞ

バカ 言う な

学校 は 絶対 ダメ だ

泉 くん

大丈夫 心配 いら ない よ

大丈夫

もう 心配 いら ない よ

まさか

泉 くん

止まれ 見失った

300 メートル 以上 離れ た ん だ

敵 は 歩 い て いる よう だ な

一度に 3 匹 なんて

この 場合 3 匹 同時 で は なく 1 匹 ずつ 倒す こと を 考える べき だ

1 匹 ずつ か

分かった やって みよ う

いや やっぱり やめ た

今 の 作戦 なし

どうして

眠く なった 4 時間 眠る

なんで こんな とき に

仕方ない だ ろ 生理 現象 な の だ から

ともかく シン イチ は 移動 を 続けろ なるべく 直線 的 に な

今 は それ しか ない

俺 一 人 で 4 時間 も か

これ で 少し は 休める な

あと 2 時間

なんとか 逃げ切れ そう と

タクシー まさか

ああ お釣り は いい よ と っと い て

一 人 だけ ?

じゃあ 違う な

や あ いい ねえ ここ は 人 が い なく て 静か だ し

笑って る やっぱり 寄生 生物 じゃ ない

だけど 君 ずいぶん 慌て て 逃げる ん だ な

手強い って 聞い た ん だ けど

あれ れ れ れ ねえ 右手 の 反応 弱い ん じゃ な …

あ おい 待て

初めて だ あんなに 表情 豊か な やつ は

やけに 遅い な

寄生 生物 は 肉体 の 潜在 能力 を 引き出せ る はず な のに

いや 他の 2 匹 が 近く に いる の かも 油断 は でき ない

どこ まで いく の か ね

乗る かい お 兄ちゃん

助かり ます

まさか この お 爺さん も

こいつ も 寄生 生物 ?

いや サイズ が 小さ すぎる

本当 に こんな 場所 で いい の かい

はい ありがとう ござい まし た

よかった 寄生 生物 じゃ なく て

そろそろ 4 時間

どうやら や つら も 諦め たら し いな

違った か

ミギー

ミギー

ミギー

ああ シン イチ か 無事 で 何より だ

あっ 3 人

ああ あと の 2 匹 は どこ に いる の かま だ 分から ない けど

そう じゃ ない ヤツ 一 人 の 体 に 3 匹 だ

ミギー って ひょっとして 右手 だ から ミギー な の

安易 だ なぁ 俺 と 同じ じゃ ん

あ 俺 三木 って いう ん だ

こいつ は 驚き だ

勝った な

次回 「 幸福 な 家庭 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

いま 別れ まし た

どちら を つけ ま しょ う か

はい 分かり まし た

男 の 方 です ね

ナンパ か

まいった な 俺 って 鈍い から 気 が つか なかった よ

力 を 貸し て 欲しい

この ビル の 地下 に 向かう と いう 連絡 を 最後 に

でも とても 俺 一 人 で 中 に 入る 勇気 が なく て

だから 言った ん だ

その 程度 の ヤツ が 首 を 突っ込む な と

どう だ 何 か 感じる か

いや 近く に は 仲間 は い ない な

誰 も い ない な

嫌 な 臭い が する

まさか そんな

シン イチ 仲間 が 一 人 来る

200 メートル 180 メートル

速い な おそらく 車 だ

いま 出 れ ば 入り口 付近 で 鉢合わせ する ぞ

まずい ぞ 隠れ なきゃ

弁当 持参 だ

や だ 何 ここ

いい から いい から

それ よ り さ そこ に 立って よ

こう ?

うん いい ね

なん な の よ 変 な 人

出る な シン イチ

なんで あんな ところ に 隠れ てる ん だ

ま いい か

さて と

いよいよ 人食い の 瞬間 か

やめろ

な なに

お前 仲間 じゃ ない の か

危ない その 男 は 人間 じゃ ない ん だ 離れ て

えっ ?

早く 早く 逃げろ

おまえ

人間 ども め

いい か シン イチ 私 の 存在 を 忘れろ

ここ で 相談 し ながら 二人三脚 を やって い て は 負ける

ヤツ の 刃 の 動き が 見える な

ああ

す すげ え なんて 早 さ だ

君 は 相手 の 攻撃 を 避け て い れ ば いい

いつか み たい に 素手 で 倒 そ う なんて 考える な よ

それ で 勝て る の か

いい ぞ なかなか いい 動き だ

これ なら 馬 の 差 で 勝つ な

誰 が 馬 だって

弱点 は 首 から 下 人間 部分 だ

それ さえ 守りきれ ば いずれ は 勝つ

助け られ なかった

今更 だ よ な

わかって た こと じゃ ない か

わかって て 俺 は ずっと 何も し なかった ん だ

しかし まずい こと に なった な

あの 男 の 態度 から 察 する に

ここ は 広川 が 絡 ん だ 組織 的 な 食事 場 の ひと つ だ ろ う

だ と すれば 我々 は 広川 の 集団 に 対 し 敵対 行動 を とった こと に なる

聞い て いる の か シン イチ

間違って た

やっぱり 俺 …

ともかく 一刻 も 早く ここ を 離れ た ほう が いい

倉 森 さん もちろん このまま 終わり に する つもり は ない です よ ね

前 に あった こと の ある 刑事 さん

確か 平間 って 言った かな

その 人 なら 話 を 聞い て くれる はず です

俺 が 化け物 じゃ な いか って 疑った ほど だ から

おい 変 な 考え を 起こす な

どこ が 変 な ん だ

広川 たち と 戦 お う って いう のに

何 を 言う ん だ

我々 は 今 非常に 危険 な 状態 に 陥って いる かも しれ ない ん だ ぞ

倉 森 さん が 撮った ムービー を 証拠 に し て

あの ビル を 徹底 的 に 調べ て もらう ん だ

バカ 言う な

我々 も 写って いる ん だ ぞ

俺 は もう 我慢 でき ない

父親 まで 殺さ れ たい の か

なん だ と どういう 意味 だ

心配 いら ない よ

間違って た

分 不相応 みんな の 言う 通り だ よ

この 程度 の 男 が 首 を 突っ込 ん じゃ いけ なかった ん だ

今 まで 集め た 資料 も 全部 処分 する

なんで

見 た でしょ う さっき の

あれ を 見 て なんとも 思わ ない ん です か

思う よ

奥歯 が ガタガタ なり っぱなし だ よ

あんな の 見 て ヤツ ら と 戦 お う なんて 考える ほう が おかしい ん だ

君 は もう 普通 の 人間 じゃ ない ん だ よ

さっき の 戦い だって その 化け もん 2 匹 の 殺し 合い だ ぜ

俺 は か弱い 人間 だ

自分 一 人 守る 力 も ない し 勇気 も ない

君 と 一緒 に し ない で くれ

今日 かぎり 化け もん も 田村 玲子 も 君 の こと も 忘れる

そんな 目 で 見る な よ かみ さん と 子供 が いる ん だ

人類 の ため に だ と か 偉 そう な こと 君 に 言っちゃ っ た よ な ごめん よ

ま あれ が 普通 の 人間 だ な

うる せ え な

君 は もう 普通 の 人間 じゃ ない ん だ よ

確かに そうだ 普通 じゃ ない

俺 が や れる こと 俺 に 出来る こと

シン イチ これ まで も 繰り返し 言って き た が

無駄 な 抵抗 は よそう

無駄 ? そう かな

今日 は 勝て た じゃ ない か

そう だ よ 勝て る ん だ よ 1 対 1 なら

私 が 協力 すれ ば だ ろ

できる できる よ

やろう と 思え ば 何 だって できる

今 まで だって …

1 匹 ずつ

そう 1 匹 ずつ 倒す ん だ

他の 人 間の手 を 借り ず 一 人 で 倒す

それ なら ミギー も 協力 し て くれる はず だ

いや 絶対 に 協力 し て もらう

人間 の エゴ と 言い たきゃ 言え ば いい

でも 俺 は 一 人 でも 人間 を 助け たい

そう すれ ば 村野 の 危険 だって 減る じゃ ない か

里美 泉 くん と ケンカ でも し た の

ここ ん とこ 一緒 じゃ ない みたい だ けど

ケンカ って いう か その

なんだか お互い 信用 でき ない って いう か

信用 でき ない って 顔 じゃ な いよ ね

わけ わかん ない

待って 里美

あら あら

守って やる

一 人 でも 多く

敵 は 強い 放って は おけ ない な

でも 殺す に は 惜しい

探偵 の ほう は どう で も いい が

バカ な ヤツ は 間違い なく 危険 な 敵 だ

なぜ 味方 する

人間 同士 じゃ ある まい し

なぜ こう まで 意見 が 分かれる の か ね

田村 さん あんた 人間 の 子供 を 飼育 し て いる そう だ が

それ が 影響 し てる ん じゃ ない か

もう 処分 し たら どう だ

それ は まだ でき ない

ともかく 泉 新一 は 我々 の 食堂 で 仲間 を 殺し た

どう 考え て も 放って は おけ ない やはり 始末 す べき だ

仕方ない

ただし 死体 は 原型 の まま 持ち帰って ほしい

なぜ だ

解剖 し て み たい

大した もん だ な 後藤 さん モーツァルト か ね

ショパン だ

あの 相手 は なかなか 手強い らしい

やはり 君 が やる べき だ と 思う ん だ が

三木 が やり たい って 言う なら やら せ て みる さ

何事 も 慣れ だ

なん だ

誰 だ

こっち も いろいろ 大変 さ

お前 は バケ モノ

ほう 化け物 に 見える の か

でも 人 の 事 は 言え ない ぞ

これ を 見 て みろ よ

な なんて 夢 だ

1 匹 ずつ 寄生 生物 を 退治 する

どう やって ミギー を 納得 さ せる か だ が

戦わ なきゃ なら ない 状況 に もっていく の が 一 番 手っ取り早い かな

なん だ よ 授業 に 遅れる だ ろ

それ どころ じゃ ない 仲間 だ

えっ また ?

チャンス だ

よし 戦 お う

そい つ は 今 どこ に いる

悠長 な こ と 言って る 場合 か

目的 は 我々 だ

殺意 を 持って まっすぐ ここ に 向かって くる

しかも 3 人

3 人 ?

戦う か 逃げる か

君 は 戦う 気 充分 の よう だ が

それ なら この 場所 が 最適 だ ぞ

バカ 言う な

学校 は 絶対 ダメ だ

泉 くん

大丈夫 心配 いら ない よ

大丈夫

もう 心配 いら ない よ

まさか

泉 くん

止まれ 見失った

300 メートル 以上 離れ た ん だ

敵 は 歩 い て いる よう だ な

一度に 3 匹 なんて

この 場合 3 匹 同時 で は なく 1 匹 ずつ 倒す こと を 考える べき だ

1 匹 ずつ か

分かった やって みよ う

いや やっぱり やめ た

今 の 作戦 なし

どうして

眠く なった 4 時間 眠る

なんで こんな とき に

仕方ない だ ろ 生理 現象 な の だ から

ともかく シン イチ は 移動 を 続けろ なるべく 直線 的 に な

今 は それ しか ない

俺 一 人 で 4 時間 も か

これ で 少し は 休める な

あと 2 時間

なんとか 逃げ切れ そう と

タクシー まさか

ああ お釣り は いい よ と っと い て

一 人 だけ ?

じゃあ 違う な

や あ いい ねえ ここ は 人 が い なく て 静か だ し

笑って る やっぱり 寄生 生物 じゃ ない

だけど 君 ずいぶん 慌て て 逃げる ん だ な

手強い って 聞い た ん だ けど

あれ れ れ れ ねえ 右手 の 反応 弱い ん じゃ な …

あ おい 待て

初めて だ あんなに 表情 豊か な やつ は

やけに 遅い な

寄生 生物 は 肉体 の 潜在 能力 を 引き出せ る はず な のに

いや 他の 2 匹 が 近く に いる の かも 油断 は でき ない

どこ まで いく の か ね

乗る かい お 兄ちゃん

助かり ます

まさか この お 爺さん も

こいつ も 寄生 生物 ?

いや サイズ が 小さ すぎる

本当 に こんな 場所 で いい の かい

はい ありがとう ござい まし た

よかった 寄生 生物 じゃ なく て

そろそろ 4 時間

どうやら や つら も 諦め たら し いな

違った か

ミギー

ミギー

ミギー

ああ シン イチ か 無事 で 何より だ

あっ 3 人

ああ あと の 2 匹 は どこ に いる の かま だ 分から ない けど

そう じゃ ない ヤツ 一 人 の 体 に 3 匹 だ

ミギー って ひょっとして 右手 だ から ミギー な の

安易 だ なぁ 俺 と 同じ じゃ ん

あ 俺 三木 って いう ん だ

こいつ は 驚き だ

勝った な

次回 「 幸福 な 家庭 」


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.