image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 14

泉 くん の 目 って なんだか 乾 い てる

さよなら

シン イチ さっき は どう なる か と 思った ぞ

これ で よかった ん だ

また あいつ が どこ か から 見 て たら

今度 は 村野 まで 化け物 扱い さ れる

あいつ ?

ああ この 間 の 男

今日 の 昼間 も 俺 を 見張って いた ん だ

なんで それ を 早く 言わ ない

言え ば 殺 そ う と する だ ろ

少し 考え を 変え た

あいつ は 現在 も シン イチ に つい て 調査 を 続行 し て いる ん だ ろ

こっち に 気づか れ た のに 同じ 人物 が 動 い てる って こと は

つまり 敵 は 案外 小規模 な の かも しれ ん

どうせ なら この 調査 に 関係 し て いる 者 すべて を 突き止め て

皆 殺 しか

違う

人間 を 殺す と いう こと に 君 が いかに 拒絶 反応 を 起こす か が 改めて よく わかった

我々 は お互い 協力 し 合わ なきゃ いか ん

よく 言う よ

だから 殺す と いう の は とりあえず 置 い とい て だ な

やつ の こと を 逆 に 探る ん だ

どう やって

味方 を 呼 ん で 協力 し て もらう

味方 ね この 世界 の どこ に そんな 人 が

すみません わざわざ

それ も 面倒 に 巻き込む よう な こと を

何 言って る の さ

僕ら は 唯一 同じ 境遇 の 仲間 じゃ ない か

お互い 助け合わ なきゃ

でも 俺 宇田 さん に は この 前 も 助け て もらった し

そう だ ぜ 冗談 じゃ ねえ よ

こっち は いい 迷惑 だ

今 の は 僕 じゃ ない から な

はい

なるほど な

けど よ そんな やつ とっとと 殺し ち まえ ば いい だ ろ

だから そう 簡単 じゃ ない ん だ よ

でも 背後 関係 で 何 か 心当たり は ?

実は なんとなく

敵 が 組織 的 で ない の で あれ ば なんとなく ね

ともかく その 男 を 殺さ ず と っ 掴ま える と して

ツラ は わかって ん だ ろ う な

よ ー く 覚え てる

こう だ

なるほど 覚え た

と とりあえず 僕 は 駅前 の ビジネス ホテル に 泊まる から

はい

あ そう そう

こいつ の 名前 だ けど ね

パラサイト だ と テレビ と か ネット で 使わ れ て て 紛らわしい から

ジョー って 呼ぶ こと に する

顎 だ から ジョー って わけ か

ああ

名前 な ん ざ どう だって いい

そう だ 名前 など は どう で も いい

だいぶ お 疲れ の よう ね

一 度 医者 に 診 て もらった ほう が いい わ

医者 なら 行き まし た よ ほら

そういう 意味 じゃ なく て

そりゃ 信じ られ ない でしょ う よ

右手 が 伸び て 襲って き た なんて

だが こっち は 実際 に ケガ を し た

これ は 現実 でしょ ねえ

少し 落ち着 い て ください

これ でも ずいぶん 落ちつ い た ん です

あれ から 冷静 に なって よく 考え た

あれ が な ん だった の か と

だが 自分 自身 納得 の いく 答え は 出せ なかった

これ まで の 費用 を お 支払い し ます から もう やめ に し ま しょ う

やめる ? こんな 中途半端 な ところ で ?

それ じゃ 私 は 私 の 心 は どう なる ん です か

あれ が なん な ん の か 突き止め も し ない うち に

だって こんな 話 信じろ って 方 が 無 茶 です

え ー と

あ そうだ 思い出し た

あんた 以前 泉 新一 の 右手 が どう と かって 言って た よ ね

言った 絶対 言った よ

そう か 知って た ん だ な あんた も

そう だ それ が 調査 以来 の 本当 の 理由 だ

なん な ん です あの 化け物 は

私 に も ちゃんと 教え て ください よ

いい加減 に し て くれ ない かしら

帰る わ

ち ょ ちょっと

誤 魔 化 さ ない …

あ た た た ー

人間 を 使って 出来る こと も ここ ら が 限界 か

結局 大した 収穫 も なく

消し て しまう か あの 探偵

笑って い た の か 私 は

意図 せ ず 自然 に 笑い が こみ上げ て き た の は 初めて だ

あの 人間 の 取り乱し 方 を 見て い たら

顔 の 表情 の ほう を 忘れ て た な

もう 寝 た か

あー くたびれ た

あら 結構 な ご 身分 で

飲む ?

遠慮 し とく

あんた 最近 や ばい ん じゃ ない

夜中 に うなされ たり 大 声 出し た り

その 怪我 だって

別に 問題 ない

ねえ 今度 の 仕事 って 本当 に ただ の 素行 調査 ?

何 よ なん だって の

あん ま し 分 不相応 な ことに 首 突っ込 ん だって さ

ろくな こと に なら ない って こと よ

結局 飲む ん じゃ ねえ か

や ばい 仕事 なら 警察 って もの が ある ん だ し

あんた 小物 な ん だ から

小物 は 小物 なり に こじん まり と ね

小物 は 小物 なり に ね

そ こじん まり と

そういう こと 亭主 に 言う か ね

今 に 見 て や がる

世間 を アッ と 言わ せ て やる

寄生 生物 たち は 近く に いる 仲間 の 存在 を お互い の 信号 で 感じ取る こと が 出来る

電話 の よう に 会話 まで は でき ない けど

両者 の 間 で あらかじめ サイン を 決め て おけ ば

簡単 な やり取り は 可能 らしい

シン イチ 見つけ た って さ

そう か

次 の 角 で 待ち合わせ だ

分かった

よかった もう 現れ ない か と

声 を 立て ない で ください

乗って ください

仲間 ? 俺 を どう する つもり だ ?

危害 を 加える つもり は あり ませ ん

とりあえず 話 の し やすい 場所 に 行き ます

何も そんなに 怖がら なく たって

色々 聞き たい こと が あり ます

でも その 前 に こっち の 話 を 聞い て ください

よっ よ ー し 聞い て やる

だが そっち の ヤツ は なん だ

顔 の 形 が 不自然 だ ぞ

顔 を 覚え られ ない よう に 少し 変え て いる ん です

へ っ へ ええ ー

まず これ から 俺 の 話 を よく 聞い て ください

こっち の 命 が 関わって る ん です

あっ ああ

俺 は 最初 に ミギー が 潜り込 ん で から

現在 に 至る まで の こと を かいつま ん で 話し た

はじめ は ひどく 動揺 し て い た 探偵 も 話 を 聞く うち

だんだん と 落ち着き を 取り戻し た

でも その 眼差し の 奥 に ある 懐疑 的 な 光 は

最後 まで 消える こと は なかった

なるほど 経緯 は 分かった

あまり に 突 拍子 も ない 話 だ から

普通 じゃ とても 信じ られ ない が

目の前 に こうして 化け物 が いる わけ だ から

ある 程度 信じ ない わけ に も いか ない

で 俺 に どう しろ と ?

俺 たち の こと 黙って い て 欲しい ん です

お 願い し ます

でも 君 の 話 だ と まだ ほか に も 化け物 が いる わけ だ ろ

そい つ ら を 放って おい て いい の か

もし 本当 に 人類 の ため を 思う なら

君 は 名乗り出る べき な ん だ

たとえ 実験 材料 に さ れる と して も

たとえ 自分 を 犠牲 に し て も

人類 全体 の こと を 考える

それ が 人間 じゃ ない の か

こいつ やっぱり ぶ っ 殺 そ う ぜ

そう だ な

待て

自己 犠牲 が 聞い て あきれる ぜ

よく 聞け

お前 に 生きる 権利 が ある と いう なら

我々 に も その 権利 が ある

もっとも 「 権利 」 なんて 発想 自体 人間 特有 の もの だ ろ う が ね

ともかく 我々 は 生き抜く ため なら どんな こと で も やる

こいつ が 実験 材料 と して 名乗り出る など 許す こと は でき ん

それ で お前 が 敵 に なる と いう なら

いつ でも 殺し て やる

こいつ を よく 見 て みろ

まだ 10 代 の 高校 生 だ

お前 から 見 た って まだ 子供 だ ろ

それ が 母親 を 殺さ れ 死体 の 山 を 跨 い で

散々 な 目 に 遭って それ でも けなげ に 頑張って る ん だ

かわいそう だ と は 思わ ない か

自分 と 比べ て み て どう だ

お前 なら 耐え られる か

ミギー が およそ ミギー らしく ない こと を 喋って る

もちろん それなり の 効果 を 狙って の こと だ ろ う けど

あの 本当 に 殺 そ う なんて 思って ない ん だ

逃げろ 早く

ああ わかって る

あと ひと つ 聞き たい

シン イチ に 関 する 調査 を 依頼 し た の は 誰 だ

それ は … それ だけ は 言え ない

探偵 は 依頼 主 の 名前 を 絶対 に 明かさ ない って ヤツ か

こっち は だいたい の 見当 が つい て いる

はっきり 言う が お前 の 依頼 主 は パラサイト だ ぞ

なん だって

さっき の 話 の 中 に 出 て き た だ ろ

こいつ の 通う 学校 から 消え た 女性 教師 田宮 良子 だ

田 田宮 …

すでに 名前 を 変え て いる から 田宮 良子 に 似 た よう な 名前 じゃ ない の か

田宮 良子 … 田村 玲子 …

何 しろ 俺 たちゃ 名前 に 関し ちゃ かなり いい加減 だ から な

これ 以上 ヘタ に 首 を 突っ込む と

我々 より その 依頼 主 に 殺さ れる ぞ

まさか …

泉 か

お前 は …

こっち が あやしい と 睨 ん だ 途端 連絡 が くる と は な

しかも 大学 の 屋上 で 会 お う だ なんて

何 を 考え て いる ん だ

現在 田宮 良子 と の 距離 は 130 メートル

あの 建物 の その また 向こう だ な

高校 教師 の 次 は 大学 講師 なんて わけない よ な

「 利 他 行動 」

すなわち 他者 の 利益 の ため の 行動

利己 の 逆 です が

一見 し て 自分 の 利益 に なら ない

それどころか 自分 が 損 を する に も かかわら ず

他者 を 助ける 行動

人間 の 間 で は そう 珍しい こと で は ない かも しれ ませ ん が

赤ん坊 だ

かわいい

実は 人間 以外 の 動物 に も かなり の 数 の 利 他 行動 が 報告 さ れ て おり ます

例えば 蜜蜂 は 外敵 が 現れ ます と

一 匹 一 匹 が その 身 を 犠牲 に し て まで 巣 を 守 ろ う と し ます

これ は 本能 かも しれ ませ ん が 種 を 守る ため で は ない らしい

そう 言わ しめる 代表 的 な 事例 が 「 子 殺し 」 で あり ます

なぜ 同種 の 子供 を 殺し て しまう の か

近年 よく 言わ れ て いる の が 「 利己 的 遺伝子 」 説 で あり ます

つまり あらゆる 動物 の 肉体 は 遺伝子 の 操り 人形 で ある

種 で は なく 自分

さらに 自分 の 遺伝子 を 受け継ぐ 子供 たち こそ 大事 な の だ

と いう この 説 を 広げ て いく と

あらゆる 利 他 行動

すなわち 群れ の 仲間 に 対 する 思いやり や 家族 愛 夫婦 愛

ひいては 母性 愛 すら 説明 が つい て しまい ます

つまり 思いやり や 愛 など と いう もの は 存在 せ ず

愛 の よう に 想 える すべて の 行為 は

遺伝子 が より よく 受け継が れる ため の 行為 に すぎ ない と いう わけ です

もちろん この 説 に も 疑問 点 は あり ます

それ は 自分 の 遺伝子 と まったく 関わり の ない 他者 を 助ける

それどころか 種 すら 違う 相手 を 保護 する と いう

動物 たち の 事例 が いく つ も ある から な の です

さらに 複雑 極まりない 人間 の 意識 そのもの が

この 説 に 当てはまり きる の か と いう こと

して みる と 人間 が 行って いる 環境 保護 や 自然 保護 活動 など

利 他 な の か 利己 な の か

考え て みる の も 面白い かも しれ ませ ん ね

そろそろ か

あんな 持ち 方 が ある の

さあ

よく 来 て くれ た わ 元気 そう ね

なん だって こんな ところ に

ここ を 選 ん だ の は 他の 仲間 が 滅多に い ない から

それ に ちょっと 聞き たい 講義 も あった し

本当 だ 前 と だいぶ 違って る

どういう 混じり 方 を し た

何 が あった の

自然 に そう なった と も 思え ない けど

その 子供 は お前 の か

そう 私 の よ

今 の ところ は まだ 何も 手 を つけ て ない けど

手 を つける …

右手 さん ミギー だった わ ね

また 情報 を 交換 し ない

お互い の ため に

まず 確認 を し て おく が

探偵 を 雇った の は お前 だ な

お前 自身 に とって も かなり 危険 な こと だ と は 思わ なかった の か

私 は どう と でも なる

いざ と なれ ば また 別人 に なれ ば すむ こと だ し

広川 と いう 名 の 市長 を 知って いる な

化け物 を 市長 に し て 何 を 企 ん でる

私 も よく は 知ら ない わ

ただ 私 たち も 成長 し て いる

闇 雲 に 人間 を 食い 殺す こと が 安全 な 道 じゃ ない こと に 気づ い て いる

これ から は 人間 たち と の 共存 を 考え て い か なけ れ ば なら ない

共存 か

島田 秀雄 も 同じ 事 を 言って い た が 結局 …

例えば 人間 と 家畜 は ある 意味 で 共存 し て いる と 言え ない ?

もちろん 対等 で は ない わ

豚 から 見 れ ば 人間 は 一方的 な 豚 食い の 化け物 に なる わけ だ し

人間 たち 自身 が もっと 雄大 な 言い 方 を し てる じゃ ない

地球 の 生物 全体 が 共存 し て いか ね ば なら ない

お前 の 言う こと は それなり に 正しい の かも しれ ない けど

俺 に は ・・・

どうして も お前 ら を 許せ ない 理由 が ある

何 が あった の

どう 見 て も 今 の 君 は 普通 の 人間 と は 思え ない

なんと 言ったら いい か

母 と 子

母親 が 行方 不明 だ そう だ な

殺さ れ た の か

シン イチ 落ち着け

そう か 仲間 たち に 食わ れ た か

ほう すごい 空気 まで 震え て いる よう だ

殺す

いま 戦ったら 負け そう だ

この 子供 を 盾 に 使う しか ない な

何 し てる の

人間 は 子供 の 方 が 勘 が いい よう だ な

黙れ よ

なんで あんな やつ が

なんで

どけよ 人間 ども

どう し た ん だ シン イチ

なぜ 落ち着か ない

許せ ない

許せ ない ん だ よ あいつ だけ は

この 子供 を 盾 に 使う しか ない な

今 の ところ は まだ 何も 手 を つけ て ない

ちょっと あなた

あなた

そう あなた よ

いらっしゃい 見 て あげる から

どう し た の

つらい こと が あった みたい ね

手 を 見せ て ちょうだい

手 よ

左手 ?

あなた 今 胸 に 穴 が 開 い てる でしょ う

どうして それ を

いや これ は 大きな 穴 だ わ

どう し たら あの …

どう すれ ば この 穴 …

会う の よ

あなた の 胸 に 穴 を 開け た 相手 に もう 一 度 会う の

会って 話し て 何もかも すっきり さ せる こと よ

いい あなた の 胸 の 穴 を 塞ぐ こと が できる の は その 相手 だけ な の よ

その 相手 なら 殺し た よ

次回 「 何 か が 道 を やって くる 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

泉 くん の 目 って なんだか 乾 い てる

さよなら

シン イチ さっき は どう なる か と 思った ぞ

これ で よかった ん だ

また あいつ が どこ か から 見 て たら

今度 は 村野 まで 化け物 扱い さ れる

あいつ ?

ああ この 間 の 男

今日 の 昼間 も 俺 を 見張って いた ん だ

なんで それ を 早く 言わ ない

言え ば 殺 そ う と する だ ろ

少し 考え を 変え た

あいつ は 現在 も シン イチ に つい て 調査 を 続行 し て いる ん だ ろ

こっち に 気づか れ た のに 同じ 人物 が 動 い てる って こと は

つまり 敵 は 案外 小規模 な の かも しれ ん

どうせ なら この 調査 に 関係 し て いる 者 すべて を 突き止め て

皆 殺 しか

違う

人間 を 殺す と いう こと に 君 が いかに 拒絶 反応 を 起こす か が 改めて よく わかった

我々 は お互い 協力 し 合わ なきゃ いか ん

よく 言う よ

だから 殺す と いう の は とりあえず 置 い とい て だ な

やつ の こと を 逆 に 探る ん だ

どう やって

味方 を 呼 ん で 協力 し て もらう

味方 ね この 世界 の どこ に そんな 人 が

すみません わざわざ

それ も 面倒 に 巻き込む よう な こと を

何 言って る の さ

僕ら は 唯一 同じ 境遇 の 仲間 じゃ ない か

お互い 助け合わ なきゃ

でも 俺 宇田 さん に は この 前 も 助け て もらった し

そう だ ぜ 冗談 じゃ ねえ よ

こっち は いい 迷惑 だ

今 の は 僕 じゃ ない から な

はい

なるほど な

けど よ そんな やつ とっとと 殺し ち まえ ば いい だ ろ

だから そう 簡単 じゃ ない ん だ よ

でも 背後 関係 で 何 か 心当たり は ?

実は なんとなく

敵 が 組織 的 で ない の で あれ ば なんとなく ね

ともかく その 男 を 殺さ ず と っ 掴ま える と して

ツラ は わかって ん だ ろ う な

よ ー く 覚え てる

こう だ

なるほど 覚え た

と とりあえず 僕 は 駅前 の ビジネス ホテル に 泊まる から

はい

あ そう そう

こいつ の 名前 だ けど ね

パラサイト だ と テレビ と か ネット で 使わ れ て て 紛らわしい から

ジョー って 呼ぶ こと に する

顎 だ から ジョー って わけ か

ああ

名前 な ん ざ どう だって いい

そう だ 名前 など は どう で も いい

だいぶ お 疲れ の よう ね

一 度 医者 に 診 て もらった ほう が いい わ

医者 なら 行き まし た よ ほら

そういう 意味 じゃ なく て

そりゃ 信じ られ ない でしょ う よ

右手 が 伸び て 襲って き た なんて

だが こっち は 実際 に ケガ を し た

これ は 現実 でしょ ねえ

少し 落ち着 い て ください

これ でも ずいぶん 落ちつ い た ん です

あれ から 冷静 に なって よく 考え た

あれ が な ん だった の か と

だが 自分 自身 納得 の いく 答え は 出せ なかった

これ まで の 費用 を お 支払い し ます から もう やめ に し ま しょ う

やめる ? こんな 中途半端 な ところ で ?

それ じゃ 私 は 私 の 心 は どう なる ん です か

あれ が なん な ん の か 突き止め も し ない うち に

だって こんな 話 信じろ って 方 が 無 茶 です

え ー と

あ そうだ 思い出し た

あんた 以前 泉 新一 の 右手 が どう と かって 言って た よ ね

言った 絶対 言った よ

そう か 知って た ん だ な あんた も

そう だ それ が 調査 以来 の 本当 の 理由 だ

なん な ん です あの 化け物 は

私 に も ちゃんと 教え て ください よ

いい加減 に し て くれ ない かしら

帰る わ

ち ょ ちょっと

誤 魔 化 さ ない …

あ た た た ー

人間 を 使って 出来る こと も ここ ら が 限界 か

結局 大した 収穫 も なく

消し て しまう か あの 探偵

笑って い た の か 私 は

意図 せ ず 自然 に 笑い が こみ上げ て き た の は 初めて だ

あの 人間 の 取り乱し 方 を 見て い たら

顔 の 表情 の ほう を 忘れ て た な

もう 寝 た か

あー くたびれ た

あら 結構 な ご 身分 で

飲む ?

遠慮 し とく

あんた 最近 や ばい ん じゃ ない

夜中 に うなされ たり 大 声 出し た り

その 怪我 だって

別に 問題 ない

ねえ 今度 の 仕事 って 本当 に ただ の 素行 調査 ?

何 よ なん だって の

あん ま し 分 不相応 な ことに 首 突っ込 ん だって さ

ろくな こと に なら ない って こと よ

結局 飲む ん じゃ ねえ か

や ばい 仕事 なら 警察 って もの が ある ん だ し

あんた 小物 な ん だ から

小物 は 小物 なり に こじん まり と ね

小物 は 小物 なり に ね

そ こじん まり と

そういう こと 亭主 に 言う か ね

今 に 見 て や がる

世間 を アッ と 言わ せ て やる

寄生 生物 たち は 近く に いる 仲間 の 存在 を お互い の 信号 で 感じ取る こと が 出来る

電話 の よう に 会話 まで は でき ない けど

両者 の 間 で あらかじめ サイン を 決め て おけ ば

簡単 な やり取り は 可能 らしい

シン イチ 見つけ た って さ

そう か

次 の 角 で 待ち合わせ だ

分かった

よかった もう 現れ ない か と

声 を 立て ない で ください

乗って ください

仲間 ? 俺 を どう する つもり だ ?

危害 を 加える つもり は あり ませ ん

とりあえず 話 の し やすい 場所 に 行き ます

何も そんなに 怖がら なく たって

色々 聞き たい こと が あり ます

でも その 前 に こっち の 話 を 聞い て ください

よっ よ ー し 聞い て やる

だが そっち の ヤツ は なん だ

顔 の 形 が 不自然 だ ぞ

顔 を 覚え られ ない よう に 少し 変え て いる ん です

へ っ へ ええ ー

まず これ から 俺 の 話 を よく 聞い て ください

こっち の 命 が 関わって る ん です

あっ ああ

俺 は 最初 に ミギー が 潜り込 ん で から

現在 に 至る まで の こと を かいつま ん で 話し た

はじめ は ひどく 動揺 し て い た 探偵 も 話 を 聞く うち

だんだん と 落ち着き を 取り戻し た

でも その 眼差し の 奥 に ある 懐疑 的 な 光 は

最後 まで 消える こと は なかった

なるほど 経緯 は 分かった

あまり に 突 拍子 も ない 話 だ から

普通 じゃ とても 信じ られ ない が

目の前 に こうして 化け物 が いる わけ だ から

ある 程度 信じ ない わけ に も いか ない

で 俺 に どう しろ と ?

俺 たち の こと 黙って い て 欲しい ん です

お 願い し ます

でも 君 の 話 だ と まだ ほか に も 化け物 が いる わけ だ ろ

そい つ ら を 放って おい て いい の か

もし 本当 に 人類 の ため を 思う なら

君 は 名乗り出る べき な ん だ

たとえ 実験 材料 に さ れる と して も

たとえ 自分 を 犠牲 に し て も

人類 全体 の こと を 考える

それ が 人間 じゃ ない の か

こいつ やっぱり ぶ っ 殺 そ う ぜ

そう だ な

待て

自己 犠牲 が 聞い て あきれる ぜ

よく 聞け

お前 に 生きる 権利 が ある と いう なら

我々 に も その 権利 が ある

もっとも 「 権利 」 なんて 発想 自体 人間 特有 の もの だ ろ う が ね

ともかく 我々 は 生き抜く ため なら どんな こと で も やる

こいつ が 実験 材料 と して 名乗り出る など 許す こと は でき ん

それ で お前 が 敵 に なる と いう なら

いつ でも 殺し て やる

こいつ を よく 見 て みろ

まだ 10 代 の 高校 生 だ

お前 から 見 た って まだ 子供 だ ろ

それ が 母親 を 殺さ れ 死体 の 山 を 跨 い で

散々 な 目 に 遭って それ でも けなげ に 頑張って る ん だ

かわいそう だ と は 思わ ない か

自分 と 比べ て み て どう だ

お前 なら 耐え られる か

ミギー が およそ ミギー らしく ない こと を 喋って る

もちろん それなり の 効果 を 狙って の こと だ ろ う けど

あの 本当 に 殺 そ う なんて 思って ない ん だ

逃げろ 早く

ああ わかって る

あと ひと つ 聞き たい

シン イチ に 関 する 調査 を 依頼 し た の は 誰 だ

それ は … それ だけ は 言え ない

探偵 は 依頼 主 の 名前 を 絶対 に 明かさ ない って ヤツ か

こっち は だいたい の 見当 が つい て いる

はっきり 言う が お前 の 依頼 主 は パラサイト だ ぞ

なん だって

さっき の 話 の 中 に 出 て き た だ ろ

こいつ の 通う 学校 から 消え た 女性 教師 田宮 良子 だ

田 田宮 …

すでに 名前 を 変え て いる から 田宮 良子 に 似 た よう な 名前 じゃ ない の か

田宮 良子 … 田村 玲子 …

何 しろ 俺 たちゃ 名前 に 関し ちゃ かなり いい加減 だ から な

これ 以上 ヘタ に 首 を 突っ込む と

我々 より その 依頼 主 に 殺さ れる ぞ

まさか …

泉 か

お前 は …

こっち が あやしい と 睨 ん だ 途端 連絡 が くる と は な

しかも 大学 の 屋上 で 会 お う だ なんて

何 を 考え て いる ん だ

現在 田宮 良子 と の 距離 は 130 メートル

あの 建物 の その また 向こう だ な

高校 教師 の 次 は 大学 講師 なんて わけない よ な

「 利 他 行動 」

すなわち 他者 の 利益 の ため の 行動

利己 の 逆 です が

一見 し て 自分 の 利益 に なら ない

それどころか 自分 が 損 を する に も かかわら ず

他者 を 助ける 行動

人間 の 間 で は そう 珍しい こと で は ない かも しれ ませ ん が

赤ん坊 だ

かわいい

実は 人間 以外 の 動物 に も かなり の 数 の 利 他 行動 が 報告 さ れ て おり ます

例えば 蜜蜂 は 外敵 が 現れ ます と

一 匹 一 匹 が その 身 を 犠牲 に し て まで 巣 を 守 ろ う と し ます

これ は 本能 かも しれ ませ ん が 種 を 守る ため で は ない らしい

そう 言わ しめる 代表 的 な 事例 が 「 子 殺し 」 で あり ます

なぜ 同種 の 子供 を 殺し て しまう の か

近年 よく 言わ れ て いる の が 「 利己 的 遺伝子 」 説 で あり ます

つまり あらゆる 動物 の 肉体 は 遺伝子 の 操り 人形 で ある

種 で は なく 自分

さらに 自分 の 遺伝子 を 受け継ぐ 子供 たち こそ 大事 な の だ

と いう この 説 を 広げ て いく と

あらゆる 利 他 行動

すなわち 群れ の 仲間 に 対 する 思いやり や 家族 愛 夫婦 愛

ひいては 母性 愛 すら 説明 が つい て しまい ます

つまり 思いやり や 愛 など と いう もの は 存在 せ ず

愛 の よう に 想 える すべて の 行為 は

遺伝子 が より よく 受け継が れる ため の 行為 に すぎ ない と いう わけ です

もちろん この 説 に も 疑問 点 は あり ます

それ は 自分 の 遺伝子 と まったく 関わり の ない 他者 を 助ける

それどころか 種 すら 違う 相手 を 保護 する と いう

動物 たち の 事例 が いく つ も ある から な の です

さらに 複雑 極まりない 人間 の 意識 そのもの が

この 説 に 当てはまり きる の か と いう こと

して みる と 人間 が 行って いる 環境 保護 や 自然 保護 活動 など

利 他 な の か 利己 な の か

考え て みる の も 面白い かも しれ ませ ん ね

そろそろ か

あんな 持ち 方 が ある の

さあ

よく 来 て くれ た わ 元気 そう ね

なん だって こんな ところ に

ここ を 選 ん だ の は 他の 仲間 が 滅多に い ない から

それ に ちょっと 聞き たい 講義 も あった し

本当 だ 前 と だいぶ 違って る

どういう 混じり 方 を し た

何 が あった の

自然 に そう なった と も 思え ない けど

その 子供 は お前 の か

そう 私 の よ

今 の ところ は まだ 何も 手 を つけ て ない けど

手 を つける …

右手 さん ミギー だった わ ね

また 情報 を 交換 し ない

お互い の ため に

まず 確認 を し て おく が

探偵 を 雇った の は お前 だ な

お前 自身 に とって も かなり 危険 な こと だ と は 思わ なかった の か

私 は どう と でも なる

いざ と なれ ば また 別人 に なれ ば すむ こと だ し

広川 と いう 名 の 市長 を 知って いる な

化け物 を 市長 に し て 何 を 企 ん でる

私 も よく は 知ら ない わ

ただ 私 たち も 成長 し て いる

闇 雲 に 人間 を 食い 殺す こと が 安全 な 道 じゃ ない こと に 気づ い て いる

これ から は 人間 たち と の 共存 を 考え て い か なけ れ ば なら ない

共存 か

島田 秀雄 も 同じ 事 を 言って い た が 結局 …

例えば 人間 と 家畜 は ある 意味 で 共存 し て いる と 言え ない ?

もちろん 対等 で は ない わ

豚 から 見 れ ば 人間 は 一方的 な 豚 食い の 化け物 に なる わけ だ し

人間 たち 自身 が もっと 雄大 な 言い 方 を し てる じゃ ない

地球 の 生物 全体 が 共存 し て いか ね ば なら ない

お前 の 言う こと は それなり に 正しい の かも しれ ない けど

俺 に は ・・・

どうして も お前 ら を 許せ ない 理由 が ある

何 が あった の

どう 見 て も 今 の 君 は 普通 の 人間 と は 思え ない

なんと 言ったら いい か

母 と 子

母親 が 行方 不明 だ そう だ な

殺さ れ た の か

シン イチ 落ち着け

そう か 仲間 たち に 食わ れ た か

ほう すごい 空気 まで 震え て いる よう だ

殺す

いま 戦ったら 負け そう だ

この 子供 を 盾 に 使う しか ない な

何 し てる の

人間 は 子供 の 方 が 勘 が いい よう だ な

黙れ よ

なんで あんな やつ が

なんで

どけよ 人間 ども

どう し た ん だ シン イチ

なぜ 落ち着か ない

許せ ない

許せ ない ん だ よ あいつ だけ は

この 子供 を 盾 に 使う しか ない な

今 の ところ は まだ 何も 手 を つけ て ない

ちょっと あなた

あなた

そう あなた よ

いらっしゃい 見 て あげる から

どう し た の

つらい こと が あった みたい ね

手 を 見せ て ちょうだい

手 よ

左手 ?

あなた 今 胸 に 穴 が 開 い てる でしょ う

どうして それ を

いや これ は 大きな 穴 だ わ

どう し たら あの …

どう すれ ば この 穴 …

会う の よ

あなた の 胸 に 穴 を 開け た 相手 に もう 一 度 会う の

会って 話し て 何もかも すっきり さ せる こと よ

いい あなた の 胸 の 穴 を 塞ぐ こと が できる の は その 相手 だけ な の よ

その 相手 なら 殺し た よ

次回 「 何 か が 道 を やって くる 」


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.