image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 13

ねえ 泉 くん

この 前 の 事件 ほら

隣町 の 女の子 が 殺さ れ た って いう あの …

知って る 知って る

ネット で うわさ に なって る もん ね

第 一 発見 者 の 男 は 泉 くん だって

ちょっと アキホ

元気 ?

うん 君 は

あたし も 元気

あの さ

この 間 の 映画 観る 約束 だった 日 に 俺 …

悲しい こと 多く て いや なっちゃ う ね

うん

これ だけ の 食堂 を 用意 し た にもかかわらず

わざわざ 指定 外 の 場所 で 食事 し 殺さ れる と は

残念 な 事件 だ な

目先 の 空腹 感 に 負け た あげく 仲間 同士 で 争う なんて わがまま な 連中 だ

犬 猫 並み だ な

死 ん で くれ て よかった

話 は そう 単純 で は ない

またしても 人間 共に サンプル を 提供 し た うえ

未 だ 犯人 から の 届け出 も ない

ひょっとして 犯人 は 人間

そう 仲間 を 殺し た の は 彼

第 一 発見 者 の 少年 だ

泉 新一

たぶん 友達 が 殺さ れ た の を 見 て 逆上 し た ん だ ろ う

友達 ?

逆上 ?

彼 の 脳 は まるっきり 人間 な の かしら

ああ 脳 は 生き残って い て

寄生 生物 も ちゃんと 同居 し て いる 貴重 な サンプル と 言え る だ ろ う

サンプル ね

危険 な 存在 に も 思える が

私 は 仲間 全体 の 未来 の 可能 性 の ため に 努力 を し て いる

彼 の 調査 も その 一環 と 考え て ほしい

よろしい その 少年 に つい て は 一任 しよ う

時に 田村 さん 子供 は どう なった ね

ごく 普通 に 生き て いる

飼育 に は 人 間の手 を 借り て いる が

あら あら

よし よし

どう し た の かしら ね

おむつ も 替え た のに よし よし

あ ママ だ

どうも お かえり なさい

黙れ

よく 調教 し て ある でしょ

ご苦労様 また 明日 お 願い し ます

はい …

し … 失礼 し ます

何 か 実験 する に し て も もう 少し 育てる 必要 が ある な

一 週間 調べ まし た が 特に 変わった 点 は あり ませ ん ね

母親 が 失踪 し た らしい の と

例の 女子 高 生 殺害 事件 に 関わって いる の は 気 に なり ます が

当人 は ごく 普通 の 高校 生 で し て

ええ そうです

わかり まし た 引き続き 調査 を お 願い し ます

普通 の 高校 生 か

人間 の 観察 力 も 大した こと は ない な

しかし 人間 だ から こそ や れる こと も なる

島田 秀雄 で は 試せ なかった が

ひと つ 仕掛け て みる か

泉 新一 だ な

誰 に 頼ま れ た ん だ

そ その … 女 の …

女 ?

名前 は

知ら ねえ 今日 は 初めて 会った ん だ

嘘 じゃ ねえ よ

よ ぉ

上条

朝っぱら から 何 しけ た ツラ し てる ん だ よ

別に しけ た ツラ なんて

彼女 と は うまく やって ん の か

うまく って 何 を

とぼけ ん な よ

アレ に 決まって ん だ ろ

止せ よ そんな わけない だ ろ

からかう な

その あんまり 言い たく は ない けど

泉 くん の 噂 聞い てる でしょ

え ?

この 間 の 殺人 現場 の 第 一 発見 者 で

殺さ れ た 子 と は 知り合い だった らしい って

うん 知って る よ

それ が どう し た の

お 兄さん 何 か 言って た

そう じゃ ない けど

ただ あんな 事件 が あった ばかり な のに

落ち着 い てる って いう か 普通 すぎる って いう か

お は よ

じゃ じゃ あね 里美

どう し た ん だ ろ う

なんでもない よ

あの 時 あたし を 助け て くれ た 時 も

とても 冷静 で 強く て

まるで 別人 みたい だった

でも あの 加奈 って 子 と は 本当 に 何 も

う うん そんな こと じゃ ない

あの 人 と は 何も なかった と して も

ちょっと 冷たい ん じゃ ない の

村野

ごめん あたし 用 が ある から

いや 驚き まし た

あの すばやい 動き 人間 離れ し て ます ね

それ で 他 に は 何 か 気 が づき ませ ん で し た

と 言い ます と ?

つまり 不自然 な 点 は

例えば 右手 の 動き が 妙に 目立って いる と か

そう です ね

特に 変わった ところ は

と なる と やはり 何 か 特有 の 変化 が

どう し ちゃ った ん だ ろ う

やっぱり 気 に し てる の か な 村野 は 加奈 の こと を

そう だ そうだ よ

気 に し ない ほう が おかしい

あんな 事件 が あった の に 平然 と して い られる 俺 の ほう が 変 な ん だ

普通 じゃ ない よ

何 を 一 人 で

君 は 立派 な 人間 だ よ

私 や 私 の 仲間 たち と は 違う

お前 に 言わ れる と 余計 自信 を なくす な

そう で なく と も 私 と の 会話 で 多少 声 が 漏れる

その うえ 君 の 独り 喋り が 加わった 日 に は

賑やか すぎ て 父親 が 変 に 思う ぞ

父さん

ちょっと 出 て くる

あんまり 遅く なる な よ

うん

こんな 時間 に どこ へ

ここ は 確か 女子 高 生 殺害 事件 が 発生 し た 町 だ

第 一 発見 者 の 泉 新一 が 事件 現場 に

何 か ある

昼間 の あの 身 の こなし と いい この 行動 と いい

泉 新 一 に は 何 か 大きな 謎 が

シン イチ なん だって こんな ところ に

うまく 言え ない けど

今 の 俺 って

つらい こと と か 悲しい こと を どんどん 忘れ て しまう よう な ところ が 確かに ある

いけない の か それ が

前 は こう じゃ なかった

つまらない こと に 拘ったり

いつ まで も 悩 ん だ り

それ こそ 時間 の 無駄 と いう やつ だ な

そう じゃ ない

誰 と 話し を

独り言 か

加奈 が あの 化け物 を 俺 だ と 勘違い し て 近づ い た ん だ と 思う

そして 殺さ れ た

俺 の せい で

そんな 風 に 考える べき じゃ ない

いや もっと あの 子 の ため に

変 な 言い 方 かも しれ ない けど

加奈 が 死 ん だ こと を もっと 悲しみ たい ん だ

その 悲し み を 忘れ ず に いたい

人間 と して

ば … 化け物

ミギー 何 する 気 だ

決まって る だ ろ 殺す の さ

待て やめろ

逃げろ 早く

シン イチ 邪魔 する な

何 する ん だ 走って

体 が 軽 すぎ て 両 断 でき ん

まずい

これ 以上 離れる と

誰 か

ミギー

おい 自分 が どういう 立場 に なった か 分かって る の か

どこ の 誰 と も わから ん やつ に 見 られ た

しかも カメラ まで

走れ 追う ん だ

そして 殺す

ダメ だ 殺す なんて

ミギー やめろ

これ まで 君 の 周り で は 多く の 人間 が 死 ん で いった

いまさら 一 人 ぐらい なん だって 言う ん だ

しかも 我々 の 安全 の ため な ん だ ぞ

ためらう 問題 で は ない

ダメ だったら ダメ だ

それ だけ は

疲れ た

人 を 殺す なんて ダメ だ

例え どんな 理由 が あって も

逃げ られ た

今 から で は もう 間に合わ ん

ずいぶん 遅かった な

何 か あった の か

何も

何も ない よ

なら いい が

あの 男 は 君 一 人 に 照準 を 合わせ 嗅ぎ 回って い た よう だ

つまり 向こう は こっち を よく 知って いる が

こっち は 相手 を まるで 知ら ない

あの 男 が マスコミ 関係 者

あるいは 警察 など 公的 機関 の 人間 だ と し たら

もはや 致命 的 だ

我々 は 間違い なく 実験 材料 に さ れる

実験

泉 くん …

この 化け物 め

て め え が 人間 を 食った の か

嫌 だ 近寄ら ない で

泉 新一 は 寄生 生物 よ

泉 が ?

泉 ?

泉 ?

おい 泉

次 の ページ だ よ

聞い て なかった の か

った く やる 気 ない なら 帰れ よ

いや だ 本当 に 行っちゃ っ た

泉 くん

来る

きっと 来る

誰 か が 俺 を 実験 材料 に する ため に

だが その 前 に 寄生 生物 の 仲間 に 消さ れる かも しれ ん

いずれ に せよ 我々 は もう ただ で は 済ま ん の だ

どう すれ ば

どう すれ ば いい ん だ

いっそのこと ミギー が 眠って いる 今 の うち に この 腕 を 切り落とせ ば

できる わけない よ

誰 な ん だ

どこ の 誰 が 俺 を 俺 たち を

まさか 今日 も 今 この 瞬間 も 見張って いる の か

ママ こっち こっち

待ち なさい さき ちゃん

続 い て 交通 情報 です 警視 庁 の …

お 届け 物 です

待って くれ 話 を

俺 の 話し を 聞い て くれ

なんで

なんで こんな 目 に

なんで

なんで 俺 ばっかり

気持ち だけ は すぐ 落ち着く

俺 の 心 は そう なって る ん だ よ な

もう 後戻り は 出来 ない

それ なら 今 の うち に

どう し た の いきなり 呼び出す なんて

あい や … その …

立川 の こと だ けど

だから えっ と …

すっかり 元気 に なって 顔 に 傷 も 残ら なかった みたい だ し

そんな こと 言う ため に わざわざ ここ へ 呼 ん だ の

あ … いや … 別に

君 と 話 を し て おき たかった ん だ

なんだか まるで この先 会え なく なる みたい ね

そ … そんな わけない じゃ ない か

泉 くん なんだか モヤモヤ し てる

実は あたし も ちょっと モヤモヤ し て い て

ねぇ あたし から 話し て いい

うん

気 に し ない よう に し て い て も どうしても 気 に なっちゃ っ て

その 加奈 さん の こと

あの 日 あたし と の 約束 を 断って 加奈 さん と 会った ん だ よ ね

何 か 大事 な 用 だった ん でしょ

少なくとも あたし と 映画 を 観る こと な ん か より は

色々 話し たい と 思って た ん だ だ けど

言え ば

なん だって 言ったら

全部 言っちゃ え ば いい よ

泉 くん ずっと 悩 ん でる でしょ

加奈 さん の 事件 と 別 の 何 か で

いや

わかる もん

その 悩み が 大き すぎ ちゃ って さ

人 が 死ぬ ぐらい の こと じゃ 大して 驚か なく なって る ん じゃ ない の

そんな そんな こと は ない よ

泉 くん って 強い ほんと 強い と 思う

それなのに とても 見て い られ ない って 思う 時 が ある ん だ

何 か を 必死 に なって 力 で ねじ伏せよ う と して いる

ねぇ 何 が あった の

一 人 で 無理 し ない で 話し て ごらん よ

村野

ない

別に 何も ない

何も ない って 言わ れ て も 信じ られ ない よ

こんな ん じゃ もう 普通 に 話 なんて でき ない

そんな こと 言う な よ

お前 に まで そんな こと 言わ れ たら 俺 は …

話す よ

話す から

里美 俺 の 体 …

俺 の 体 に は …

本当 に 何も ない よ

あ たし って まるで 信用 ない ん だ

信じ て もらえ ない ん じゃ しょうがない な

泉 くん の 目 って なんだか 乾 い てる

次回 「 利己 的 な 遺伝子 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

ねえ 泉 くん

この 前 の 事件 ほら

隣町 の 女の子 が 殺さ れ た って いう あの …

知って る 知って る

ネット で うわさ に なって る もん ね

第 一 発見 者 の 男 は 泉 くん だって

ちょっと アキホ

元気 ?

うん 君 は

あたし も 元気

あの さ

この 間 の 映画 観る 約束 だった 日 に 俺 …

悲しい こと 多く て いや なっちゃ う ね

うん

これ だけ の 食堂 を 用意 し た にもかかわらず

わざわざ 指定 外 の 場所 で 食事 し 殺さ れる と は

残念 な 事件 だ な

目先 の 空腹 感 に 負け た あげく 仲間 同士 で 争う なんて わがまま な 連中 だ

犬 猫 並み だ な

死 ん で くれ て よかった

話 は そう 単純 で は ない

またしても 人間 共に サンプル を 提供 し た うえ

未 だ 犯人 から の 届け出 も ない

ひょっとして 犯人 は 人間

そう 仲間 を 殺し た の は 彼

第 一 発見 者 の 少年 だ

泉 新一

たぶん 友達 が 殺さ れ た の を 見 て 逆上 し た ん だ ろ う

友達 ?

逆上 ?

彼 の 脳 は まるっきり 人間 な の かしら

ああ 脳 は 生き残って い て

寄生 生物 も ちゃんと 同居 し て いる 貴重 な サンプル と 言え る だ ろ う

サンプル ね

危険 な 存在 に も 思える が

私 は 仲間 全体 の 未来 の 可能 性 の ため に 努力 を し て いる

彼 の 調査 も その 一環 と 考え て ほしい

よろしい その 少年 に つい て は 一任 しよ う

時に 田村 さん 子供 は どう なった ね

ごく 普通 に 生き て いる

飼育 に は 人 間の手 を 借り て いる が

あら あら

よし よし

どう し た の かしら ね

おむつ も 替え た のに よし よし

あ ママ だ

どうも お かえり なさい

黙れ

よく 調教 し て ある でしょ

ご苦労様 また 明日 お 願い し ます

はい …

し … 失礼 し ます

何 か 実験 する に し て も もう 少し 育てる 必要 が ある な

一 週間 調べ まし た が 特に 変わった 点 は あり ませ ん ね

母親 が 失踪 し た らしい の と

例の 女子 高 生 殺害 事件 に 関わって いる の は 気 に なり ます が

当人 は ごく 普通 の 高校 生 で し て

ええ そうです

わかり まし た 引き続き 調査 を お 願い し ます

普通 の 高校 生 か

人間 の 観察 力 も 大した こと は ない な

しかし 人間 だ から こそ や れる こと も なる

島田 秀雄 で は 試せ なかった が

ひと つ 仕掛け て みる か

泉 新一 だ な

誰 に 頼ま れ た ん だ

そ その … 女 の …

女 ?

名前 は

知ら ねえ 今日 は 初めて 会った ん だ

嘘 じゃ ねえ よ

よ ぉ

上条

朝っぱら から 何 しけ た ツラ し てる ん だ よ

別に しけ た ツラ なんて

彼女 と は うまく やって ん の か

うまく って 何 を

とぼけ ん な よ

アレ に 決まって ん だ ろ

止せ よ そんな わけない だ ろ

からかう な

その あんまり 言い たく は ない けど

泉 くん の 噂 聞い てる でしょ

え ?

この 間 の 殺人 現場 の 第 一 発見 者 で

殺さ れ た 子 と は 知り合い だった らしい って

うん 知って る よ

それ が どう し た の

お 兄さん 何 か 言って た

そう じゃ ない けど

ただ あんな 事件 が あった ばかり な のに

落ち着 い てる って いう か 普通 すぎる って いう か

お は よ

じゃ じゃ あね 里美

どう し た ん だ ろ う

なんでもない よ

あの 時 あたし を 助け て くれ た 時 も

とても 冷静 で 強く て

まるで 別人 みたい だった

でも あの 加奈 って 子 と は 本当 に 何 も

う うん そんな こと じゃ ない

あの 人 と は 何も なかった と して も

ちょっと 冷たい ん じゃ ない の

村野

ごめん あたし 用 が ある から

いや 驚き まし た

あの すばやい 動き 人間 離れ し て ます ね

それ で 他 に は 何 か 気 が づき ませ ん で し た

と 言い ます と ?

つまり 不自然 な 点 は

例えば 右手 の 動き が 妙に 目立って いる と か

そう です ね

特に 変わった ところ は

と なる と やはり 何 か 特有 の 変化 が

どう し ちゃ った ん だ ろ う

やっぱり 気 に し てる の か な 村野 は 加奈 の こと を

そう だ そうだ よ

気 に し ない ほう が おかしい

あんな 事件 が あった の に 平然 と して い られる 俺 の ほう が 変 な ん だ

普通 じゃ ない よ

何 を 一 人 で

君 は 立派 な 人間 だ よ

私 や 私 の 仲間 たち と は 違う

お前 に 言わ れる と 余計 自信 を なくす な

そう で なく と も 私 と の 会話 で 多少 声 が 漏れる

その うえ 君 の 独り 喋り が 加わった 日 に は

賑やか すぎ て 父親 が 変 に 思う ぞ

父さん

ちょっと 出 て くる

あんまり 遅く なる な よ

うん

こんな 時間 に どこ へ

ここ は 確か 女子 高 生 殺害 事件 が 発生 し た 町 だ

第 一 発見 者 の 泉 新一 が 事件 現場 に

何 か ある

昼間 の あの 身 の こなし と いい この 行動 と いい

泉 新 一 に は 何 か 大きな 謎 が

シン イチ なん だって こんな ところ に

うまく 言え ない けど

今 の 俺 って

つらい こと と か 悲しい こと を どんどん 忘れ て しまう よう な ところ が 確かに ある

いけない の か それ が

前 は こう じゃ なかった

つまらない こと に 拘ったり

いつ まで も 悩 ん だ り

それ こそ 時間 の 無駄 と いう やつ だ な

そう じゃ ない

誰 と 話し を

独り言 か

加奈 が あの 化け物 を 俺 だ と 勘違い し て 近づ い た ん だ と 思う

そして 殺さ れ た

俺 の せい で

そんな 風 に 考える べき じゃ ない

いや もっと あの 子 の ため に

変 な 言い 方 かも しれ ない けど

加奈 が 死 ん だ こと を もっと 悲しみ たい ん だ

その 悲し み を 忘れ ず に いたい

人間 と して

ば … 化け物

ミギー 何 する 気 だ

決まって る だ ろ 殺す の さ

待て やめろ

逃げろ 早く

シン イチ 邪魔 する な

何 する ん だ 走って

体 が 軽 すぎ て 両 断 でき ん

まずい

これ 以上 離れる と

誰 か

ミギー

おい 自分 が どういう 立場 に なった か 分かって る の か

どこ の 誰 と も わから ん やつ に 見 られ た

しかも カメラ まで

走れ 追う ん だ

そして 殺す

ダメ だ 殺す なんて

ミギー やめろ

これ まで 君 の 周り で は 多く の 人間 が 死 ん で いった

いまさら 一 人 ぐらい なん だって 言う ん だ

しかも 我々 の 安全 の ため な ん だ ぞ

ためらう 問題 で は ない

ダメ だったら ダメ だ

それ だけ は

疲れ た

人 を 殺す なんて ダメ だ

例え どんな 理由 が あって も

逃げ られ た

今 から で は もう 間に合わ ん

ずいぶん 遅かった な

何 か あった の か

何も

何も ない よ

なら いい が

あの 男 は 君 一 人 に 照準 を 合わせ 嗅ぎ 回って い た よう だ

つまり 向こう は こっち を よく 知って いる が

こっち は 相手 を まるで 知ら ない

あの 男 が マスコミ 関係 者

あるいは 警察 など 公的 機関 の 人間 だ と し たら

もはや 致命 的 だ

我々 は 間違い なく 実験 材料 に さ れる

実験

泉 くん …

この 化け物 め

て め え が 人間 を 食った の か

嫌 だ 近寄ら ない で

泉 新一 は 寄生 生物 よ

泉 が ?

泉 ?

泉 ?

おい 泉

次 の ページ だ よ

聞い て なかった の か

った く やる 気 ない なら 帰れ よ

いや だ 本当 に 行っちゃ っ た

泉 くん

来る

きっと 来る

誰 か が 俺 を 実験 材料 に する ため に

だが その 前 に 寄生 生物 の 仲間 に 消さ れる かも しれ ん

いずれ に せよ 我々 は もう ただ で は 済ま ん の だ

どう すれ ば

どう すれ ば いい ん だ

いっそのこと ミギー が 眠って いる 今 の うち に この 腕 を 切り落とせ ば

できる わけない よ

誰 な ん だ

どこ の 誰 が 俺 を 俺 たち を

まさか 今日 も 今 この 瞬間 も 見張って いる の か

ママ こっち こっち

待ち なさい さき ちゃん

続 い て 交通 情報 です 警視 庁 の …

お 届け 物 です

待って くれ 話 を

俺 の 話し を 聞い て くれ

なんで

なんで こんな 目 に

なんで

なんで 俺 ばっかり

気持ち だけ は すぐ 落ち着く

俺 の 心 は そう なって る ん だ よ な

もう 後戻り は 出来 ない

それ なら 今 の うち に

どう し た の いきなり 呼び出す なんて

あい や … その …

立川 の こと だ けど

だから えっ と …

すっかり 元気 に なって 顔 に 傷 も 残ら なかった みたい だ し

そんな こと 言う ため に わざわざ ここ へ 呼 ん だ の

あ … いや … 別に

君 と 話 を し て おき たかった ん だ

なんだか まるで この先 会え なく なる みたい ね

そ … そんな わけない じゃ ない か

泉 くん なんだか モヤモヤ し てる

実は あたし も ちょっと モヤモヤ し て い て

ねぇ あたし から 話し て いい

うん

気 に し ない よう に し て い て も どうしても 気 に なっちゃ っ て

その 加奈 さん の こと

あの 日 あたし と の 約束 を 断って 加奈 さん と 会った ん だ よ ね

何 か 大事 な 用 だった ん でしょ

少なくとも あたし と 映画 を 観る こと な ん か より は

色々 話し たい と 思って た ん だ だ けど

言え ば

なん だって 言ったら

全部 言っちゃ え ば いい よ

泉 くん ずっと 悩 ん でる でしょ

加奈 さん の 事件 と 別 の 何 か で

いや

わかる もん

その 悩み が 大き すぎ ちゃ って さ

人 が 死ぬ ぐらい の こと じゃ 大して 驚か なく なって る ん じゃ ない の

そんな そんな こと は ない よ

泉 くん って 強い ほんと 強い と 思う

それなのに とても 見て い られ ない って 思う 時 が ある ん だ

何 か を 必死 に なって 力 で ねじ伏せよ う と して いる

ねぇ 何 が あった の

一 人 で 無理 し ない で 話し て ごらん よ

村野

ない

別に 何も ない

何も ない って 言わ れ て も 信じ られ ない よ

こんな ん じゃ もう 普通 に 話 なんて でき ない

そんな こと 言う な よ

お前 に まで そんな こと 言わ れ たら 俺 は …

話す よ

話す から

里美 俺 の 体 …

俺 の 体 に は …

本当 に 何も ない よ

あ たし って まるで 信用 ない ん だ

信じ て もらえ ない ん じゃ しょうがない な

泉 くん の 目 って なんだか 乾 い てる

次回 「 利己 的 な 遺伝子 」


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.